スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「961プロ…?」 

カテゴリ:クロス(~×~とかです)SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 14:45:36.42 ID:3+HNDz2o0

岡部「…で、俺にプロデューサーをやれと?」

黒井「ウィ。その通りだ岡部とやら…貴様には何か光るものを感じたのでな」

岡部「俺が街中でスカウトされてホイホイついていく男だと思うのか?」

黒井「貴様、今の芸能界を何と見る?」

岡部「……闇の陰謀が渦巻く、混沌の極み」

黒井「…その通りだ岡部よ、そしてその混沌をお前の手で収束させたいとは思わんか?」

岡部「……なに?」

黒井「貴様の言った通り、今の芸能界はどこぞの者とも知れぬ奴らがはびこっている」

黒井「…その芸能界で、自らの力を示してみたいとは思わんか?」

岡部「……!!」

ゴロゴロゴロ ピッシャーン(雷の音)


スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS シュタゲSS

岡部「紅莉栖!」千早「はい?」 

カテゴリ:クロス(~×~とかです)SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 21:37:26.48 ID:qXRpVtxx0

岡部(β世界線に行けば、まゆりは助かるが紅莉栖が死ぬ)

岡部(α世界線に残れば、紅莉栖は助かるがまゆりが死ぬ)

岡部(どちらかを選ぶなんて、出来るわけないじゃないか)

岡部(…………)

岡部(なんで、こんなことになってしまったんだろうな)

紅莉栖「どちらも救うなんて無理なのよ。だから、まゆりを助けてあげて」

岡部「だがそれではお前が!」

紅莉栖「アンタ、今まで何のために頑張ってきたか分かってるの? まゆりを助けるためでしょーが」

岡部「それは分かっている! だがそのためにお前を犠牲になど出来るはずがないだろう!」

紅莉栖「じゃあまゆりが死んでもいいって言うわけ?」

岡部「そんなことは言っていない!」

紅莉栖「言ってるじゃない!」



関連タグ:アイマスSS シュタインズ・ゲート

響「自分、プロデューサーを殺したくない」 

カテゴリ:クロス(~×~とかです)SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:03:22.05 ID:o76u3j190

※ヤンデレなし
※関連SSあるけど、知ってる必要ない。ひっそり投稿させてくれるだけで嬉しい



関連タグ:アイマスSS クロスSS

春香「お名前は?」 よつば「こいわいよつばです!」 

カテゴリ:クロス(~×~とかです)SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:07:01.76 ID:yWFzO4A40

ドンガラガッシャーン

春香「あぅっ!・・・いたた、またやっちゃった・・・」

パシャッパシャッ

春香「え?カメラ!?」

よつば「・・・」ジー

春香「え、えっと・・・?」

よつば「あ!しゃしんとってもいいですか?」

春香「それは撮る前に聞こうね・・・」

よつば「そうだった・・・」

春香「君、名前は?」

よつば「よつば!よつばこいわいです!」

春香「私は春香!天海春香だよよろしくね!」



関連タグ:アイマスSS

真「プロデューサー、コールドケースですよ?」 

カテゴリ:クロス(~×~とかです)SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 11:39:44.81 ID:qllVzT7C0

1982 6月14日

 某駅前

 真美『うぅ……はりきって1時間前に来ちゃったけど早かったかな』

 真美『昨日だって、今日のこと考えるだけで悶々として……』

 真美『力みすぎなのかなぁ』

 ?『おーい、真美~』

 真美『あ!まこちん!』



関連タグ:アイマスSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。