スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早「如月千早は止まらない」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 20:06:19.19 ID:vO+d8VbP0

ピンポーン

P「誰だ…こんな時間に」

ピンピンピンピンピンポーン!!

P「はいはいはい…そんなに鳴らさなくても出ますよ」

P「どちらさま…?」ガチャ

千早「こんばんは宅配です」

P「…何も持ってないけど?」

千早「ありますよ」

P「…どこに?」

千早「私です。千早をお届けにきました」ニコ

P「……」

千早「……」

P「間に合ってます」ガチャン

千早「あ…」


スポンサーサイト

貴音「本日はおやつに」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:02:47.31 ID:XP2KXwO+0

貴音「すあまを持って来ました」

響「すあま?」

貴音「すあまです」

響「食べたことないぞ」

貴音「なんと」

響「はい」






貴音「響はすあまを食べたことがない、と」

響「うん」



律子「ないない、それはない」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 21:56:23.62 ID:3X4957IZ0

事務所。

P「なぁー律子」

律子「はいはい、なんです」

P「この後開いてる?」

律子「何でですか?」

P「いや、夕飯でも!ってさ」

律子「ほー、良いですねぇ」

律子「…へ?」



雪歩「プ、プロデューサーなら触られても……だ、大丈夫です」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 11:53:28.81 ID:jAk2QlFv0
P「え?」

雪歩「だ、大丈夫ですぅ」

P「いやいやいや、まずいでしょ」

雪歩「で、でも……今、誰もいないですし」

P「確かに誰もいないが……ダメだろ」

P「そもそも触る意味がないし」

雪歩「わ、私が男の人に慣れる為じゃダメですか?」

P「ぐぬぬ」


響「貴音に告白された」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/09(金) 22:03:36.47 ID:NZtTPMU1O
律子「珍しいじゃない、響が私に相談してくるなんて」

響「というか、律子と話すことも少なかった気がするぞ」

律子「確かにね。で、なんで私なの?」

響「えっとね、ピヨ子とか春香とか千早に相談したらなんかこう、グワーッて感じで……」

律子「ぐ、グワーッ?」

響「うん、そんな感じで迫られちゃって、もう律子しかいないかなって」

律子「一体何相談する気だったのよ……」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。