2011年10月 の記事リスト

≪前月 |  2011年10月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「戻りすぎた」マミ「貴女誰ですか?」 

カテゴリ:まどかSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 10:35:52.44ID:HEPmwe3eO
まどか「ごめんねほむらちゃん……ワルプルギス、倒せなくて……」 

ほむら「まどか……!」 

ほむら「まだよ、諦めたりなんかしない……!何度でもやり直してみせる」 

~~~ 

新しい時間軸 

ほむら「さて、また一からか……すっかり慣れたのが嫌になるわね」 

ほむら「それにしても、いつもとは景色や雰囲気が違う……?私だって病院にいるはずなのに」 

ほむら「まさか失敗?」 
関連記事
スポンサーサイト

岡部「お前をボディーガードに任命しよう!」 

カテゴリ:シュタインズゲートSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/28(金) 23:06:46.28ID:RxsS6qmDO
鈴「やっほー。岡部倫太郎いる?」 

まゆり「あ、スズさんだ!とぅっとぅるー♪」 

紅莉栖「ハロー、橋田さん」 

ダル「オカリンオカリン、今日も彼女が来てるお。リア充爆発しろってレベルじゃねーぞ」 

岡部「か、彼女ではない!奴は神がこの世に具現せし(略)…鳳凰院凶真の唯一無二たるボディガード…スーパーSPなのだっ…!」 



関連記事

マミ「ティロ・フィナーレ!!」まどか「え?なんて?」 

カテゴリ:まどかSS

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/05(土) 22:26:14.71ID:q0cBylYY0
マミ「え?」 

まどか「いや、こっちが聞いてるんですけど」 

マミ「何かしら?」 

まどか「マミさん、今何か言いましたよね?」 

マミ「な、何かって……」 

まどか「今魔女倒す瞬間、何か言いましたよね。何て言ってたんですか?」 

マミ「……」 
関連記事

杏子「さやかの汗を煮詰めてをご飯にかけてお茶漬けにしたい」 

カテゴリ:まどかSS

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(内モンゴル自治区)2011/03/15(火) 21:15:20.08ID:pBuUrMtZO
さやか「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」 

杏子「あ、さやか!」 

さやか「ん…ああ、あんたかぁ」 

杏子「ほら、今日はメロンパンだぞ!ちゃんと自分で買ってきたんだ、食え!」 

さやか「ここんとこ毎日それだよね…。昨日はラスクだし、その前はアメリカンドッグだっけ?」 

杏子「ちゃんと自分で買ってきたんだからいいだろ!あっ、言っとくが一口だけだかんな」 

さやか「あーはいはい。もきゅもきゅ……これでいい?」 

杏子「うまいか?」 

さやか「普通に美味しいよ」 

杏子「よしよし…」 
関連記事

さやか「ほむほむー!」杏子「ほむら!」マミ「暁美さん!」 

カテゴリ:まどかSS

2代行サンクス2011/03/18(金) 21:12:15.97ID:Xg+rTk6A0
杏子「なあなあほむら!ほら、お前のためにポッキー買ってきたんだ・・・んっ・・・食うかい?」 

ほむら「そのお菓子は普通口にくわえながら上目遣いで差し出すものではないわ、佐倉杏子」 

杏子「固いこと言うなって!その・・・私とほむらの仲だろ?///」 

ほむら「・・・あなたとそこまで親密になった覚えはないわ」 

さやか「もーっ、杏子なんかほっといてさあ、私と喫茶店でお話でもしようよ、ほむほむ!」 

ほむら「美樹さやか、あなたと話すことは今のところないのだけど」 

さやか「私にはいっぱいあるよ!今度の日曜日にほむほむと二人っきりでどこに遊びに行くのかとかぁ!」 

ほむら「生憎だけど、休みの日は用があるわ。・・・あとそのほむほむっていうのはよしてもらえないかしら」 

さやか「くぅ~、ほむほむはクールだねえ!まあそんなところも魅力的なんだけど!」 

杏子「お前は平日ず~っと学校でほむらと一緒にいるんだから休みの日くらい私に譲れよな!」 

さやか「嫌ですよーだ!恋に遠慮は無用なんですよーだ!べー」 



ほむら「(・・・おかしい)」 

ほむら「(どうしてこの時間軸の美樹さやかと佐倉杏子はこんなにも馴れ馴れしいのかしら・・・)」 
関連記事

さやか「あーんこはね♪」杏子「は?」 

カテゴリ:まどかSS

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(大阪府)2011/03/16(水) 00:20:06.86ID:8Xn4Adll0
さやか「きょうこって言うんだほんとはね♪」 

杏子「……」 

さやか「だけどちっちゃいから」 

杏子「てめ今胸見ただろおい」 

さやか「自分のことあんこっていうんだよ♪」 

杏子「言わねーよ」 

さやか「かわいいね♪」 

杏子「えっ……」 

さやか「餡子」 

杏子「やっぱ殺す」