スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香「プロデューサーさんって、ホントーに鈍いですよね」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 10:09:52.15 ID:a8hIuxMY0

P「俺が? 別に鈍くないだろ」

春香「鈍いです、鈍すぎです」

P「よく分からんな」

春香「もー、直接言わないと分からないんですかー?」

P「はは……」

春香「すー、はー、すー、はー……じゃ、じゃあ言いますけど──」
P「あっ、すまん、律子に頼まれた仕事があったんだ」

春香「えぇー」

P「悪い悪い、また今度な」

春香「はぁーい……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 10:17:35.96 ID:a8hIuxMY0

春香「ぶー、プロデューサーさんめー」

春香「……」

春香「けど、早くしないと千早ちゃん達にプロデューサーさん取られちゃうかも」

春香「クリスマスも近いもん……」

春香「頑張らなきゃ、よーっし、ファイトー! おー!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 10:34:27.88 ID:a8hIuxMY0

───────
春香「あっ、プロデューサーさんもどうぞ」

P「このお菓子春香が作ったのか?」

春香「はい、ちゃんと気持ちを込めて作ったんですよ」

P「うん、美味い。さすが春香だな」

春香「えへへ///」

───────
春香「はい、コーヒーです」

P「おっ、サンキュー」

春香「仕事するのもいいですけど、無理しないで下さいよ?」

P「あぁ」

春香「仕事も大切ですけど、私はプロデューサーさんの方が……その……大事ですから///」

P「ん、そっか、ありがと」

春香「ちゃんと意味分かってます?」

P「分かってるって」

春香「ホントかなー?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 10:48:06.80 ID:a8hIuxMY0

P「ホントだよ」

春香「じゃあ、プロデューサーさんは私の事どう思ってるんですか?」

P「俺?」

春香「そーでーすー、プロデューサーさんです」

P「春香は気の利いた可愛らしい子だと思うよ」

春香「ほ、本当ですか!?」

P「あぁ、立派な765プロのアイドルだぞ」

春香「そう言うことじゃなくて……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 11:08:33.70 ID:a8hIuxMY0

春香「だから……」

P「うっし、コーヒーありがとうな春香」

春香「は、はい」

P「仕事するぞー、春香もレッスン頑張れよ」

春香「うー、分かってますよーだ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 11:27:33.58 ID:a8hIuxMY0

春香「はぁーレッスン疲れた」

春香「でもでも、今日もプロデューサーにアタックしなきゃ」

春香「! あれは……千早ちゃんとプロデューサーさん?」



千早「プロデューサー今日、一緒に食事でもいきませんか?」

千早「あっ……これは、この前の食事のお礼で……」

千早「……だ、ダメだったらダメって言ってもらって大丈夫なんですけど……」

P「あぁ、悪いな仕事が残ってるんでまた今度だ」

千早「そ、そうですか……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 11:37:13.72 ID:a8hIuxMY0

春香「千早ちゃんも頑張ってるんだ……」

春香「でも、良かった……二人きりで食事なんてカップルさんと同じだもんね」ホッ

千早「あらっ、春香」

春香「わぁ!?」

千早「そんなに驚いてどうしたの?」

春香「な、なんでもないよ」

千早「そうなの……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 11:43:09.52 ID:a8hIuxMY0

春香「そうだ、千早ちゃん、今日クレープでも食べに行かない?」

千早「クレープ? 行ってみようかしら」

春香「えへへ、じゃあ決まりだね」

千早「えぇ……あっ」

春香「ん? どうしたの千早ちゃん?」
スッ

春香「あっ、雪歩と……」



P「どうしたんだ雪歩?」

雪歩「えっと、えっと……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 11:56:34.49 ID:a8hIuxMY0

雪歩「こ、これプロデューサーに……」

P「俺にプレゼントをくれるのか?」

雪歩「はいぃ」

P「おぉ、マフラーじゃないか」

雪歩「うぅ……」

P「しかもこれ手製……雪歩が作ってくれたのか?」

雪歩「す、すいません、やっぱり嫌ですよね?」

P「嫌じゃないよ、これから寒くなるし大切に使わせてもらうよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 13:32:25.50 ID:a8hIuxMY0

雪歩「本当ですかぁ!」

P「あぁ、ありがとうな雪歩」

雪歩「プロデューサーに喜んでもらえたなら、私もすごく嬉しいですから」

P「そうか」

雪歩「あ、あの、まだお仕事残ってるんですか?」

P「あぁ、まだまだ残っててな」

雪歩「そうなんですか」シュン

P「このマフラーのお礼は、また今度だ」
ナデナデ

雪歩「は、はいぃ///」


千早「……」

春香「……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 13:54:09.60 ID:a8hIuxMY0

雪歩「うふふ♪」


春香「……と、とりあえずクレープ食べに行こうか千早ちゃん」

千早「ごめんなさい春香、ちょっと気分が悪くなって……また今度でいいかしら?」

春香「ソ、ソッカー ワカッタヨ 千早チャン」

千早「えぇ、じゃあまた明日」

春香「ばいばい」


春香「はぁ……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:03:39.11 ID:a8hIuxMY0

春香「……」


やよい「ハイターッチ♪」

P「ハイターッチ」
パチン

やよい「えっへへ」

P「やよいはいつも元気だな」

やよい「はい、こーやってプロデューサーと話せてすっごく嬉しいんです」

P「俺もやよいと話せて嬉しいぞ」

やよい「うっうー! 私の方がずっと、ずーっと嬉しいですよー!」

P「俺だってやよいに負けないくらい嬉しいんからな」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:24:26.61 ID:a8hIuxMY0

やよい「実はですね、今日は家でもやしパーティーをやるんです」

P「へぇ……」

やよい「それで、プロデューサーが来てくれれば嬉しいかなーって」

P「あぁー、すまんやよい、今日はちょっと仕事があってな」

やよい「そうなんですか……」

P「また、今度な。今度は一日遊んでやるから」

やよい「本当ですかー!? うっうー絶対ですよー?」

P「あぁ、絶対な」

やよい「えへへ♪ じゃあまた明日ですねプロデューサー」

P「お、おう、気をつけて帰れよー」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:47:00.39 ID:a8hIuxMY0

春香「……」
コソッ

P「はぁ……」

小鳥「ため息なんてついてどうしたんですか?」

P「いえ、ちょっと……」

小鳥「『アイドル達にもて過ぎて疲れたー』って感じですか?」

P「それ俺の真似ですか?」

小鳥「あれ? 似て無かったですか?」

P「はは、全然」

小鳥「あれぇー?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:52:14.81 ID:a8hIuxMY0

P「まぁ、ぶっちゃけるとそうなんですよね」

小鳥「やっぱり、皆プロデューサーさんの事好きですもんね」

P「それが、ちょっと……」

小鳥「嫌なんですか?」

P「嫌なわけ無いじゃないですか!? ただ、応えられないのが……」

小鳥「あぁ、プロデューサーだからアイドルの愛情には応えられないから悩んでるんですか」

P「はい、無下に断るのも彼女達に悪いですし。どんどん入っていったら戻れなくなりそうですし」

小鳥「難しいですね」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:00:35.52 ID:a8hIuxMY0

小鳥「あっ」

P「どうしたんですか?」

小鳥「いい方法を思いつきました」

P「えっ、いい方法? どんな方法ですか?」

小鳥「えっと……プロデューサーさんがちゃんとした彼女を作るんです」

P「……悲しい事に、その相手が全然見つからないんですよ」

小鳥「じゃあ……私なんて、どうですか?」

P「えっ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:19:38.58 ID:a8hIuxMY0

P「えぇ、音無さんがですか!?」

小鳥「は、はい」

P「えぇっと……」

小鳥「や、やっぱり、こんなアラサー女嫌ですよね」

P「全然そんなことないです! ないですけど……」

小鳥「……」

小鳥「な、なんちゃって」

P「えっ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:23:23.95 ID:a8hIuxMY0

小鳥「う、嘘でしたー」

P「な、なんだそうだったんですか」

小鳥「冗談ですよ冗談、ジョークです」

P「びっくりしましたよー」

小鳥「えぇ、ほんとタダの世迷言です、忘れてください」

P「はは……」

小鳥「すいません……お茶入れてきますね」

P「はい、すいません……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:48:00.82 ID:a8hIuxMY0

P「何やってんだが……」

P「はぁ……」


春香「プロデューサーさん」

P「うぉっ、春香!?」

春香「はい」

P「な、なんだまだいたのか?」

春香「はい、ずっといました。さっきの話も聞いてました……」

P「そうか……」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:28:18.53 ID:3y3ITtgZ0

P「そうか…で春香はどう思う?」

春香「えっ!?私ですか…」

P「いや、俺実は音無さんの事ちょっと気になってて…」

春香「そうなんですか…プロデューサーさん音無さんの事…」

P「まあ、な…さっき言われて気づいたんだ、俺、音無さんの事…」

春香「やめてください!」

P「!?」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:47:50.14 ID:3y3ITtgZ0

春香「聞きたくないです!私だって!私だって!プロデューサーさんの事!」ダッ

P「おい春香!待てって!」

ガチャッ

小鳥「プロデューサーさんお茶が入りましたよー」

ワタシダッテプロデューサーサンノコト!

小鳥「どうしたんです!」

P「いや、ちょっと春香と…口喧嘩みたいになっちゃって…春香が出て行っちゃいました…」

小鳥「!(さっきの話をもしかしたら聞いていて…)」

小鳥「追いかけてください」

P「えっ、いやでも…」

小鳥「早く!」

P「はっ、はい!」ダッ



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:00:01.29 ID:3y3ITtgZ0

小鳥(これで…これでいいのよね…)

________

_____

__

俺、音無さんの事… 俺、音無さんの事… 俺、音無さんの事…

春香(私だって…私だって…)ダッダッダッ

オーイハルカーハルーカー!

春香(プロデューサーさん探しに来てくれ…今は…)ダッダッダッ


P「うーん…いないなぁーはーる」

P「んっ?あれは…春香じゃないか!おーい春香ぁー!」

オーイハルカーァ!

春香「追いかけてこないでください!今は一人になりたいんです!」ダッダッダッ


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:07:59.49 ID:3y3ITtgZ0

P「ちょっと待ってくれ!何かしたか俺が!」ダッダッダッ

春香「何でもいいじゃないですか!ほっといて下さいよ!」ダッダッダッ

P「ちょ、ちょっと待って…」ハァハァ

春香「待ちませんよ!」ダッダッダッ

P「も、もう、無理だって…」

バターン

春香「!ぷ、プロデューサーさーん!」

プロデューサーサンシッカリダイジョウブデスカ!プロデューサーサン!

P(あぁ…春香だいじょう)ガクッ

春香「ぷ、プロデューサーさん!」

ダレカタオレテルゾ、オイキュウキュシャヨバナイト、ザワザワ



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:16:02.87 ID:3y3ITtgZ0

プロデ…

P(う、うーん…)

プロデューサ…

P(なんか、呼ばれてるぞ…)

プロデューサーさん!

ガバッ ゴチーン

P「いてぇ!」ジンジン

春香「痛い!」ジンジン

春香「って、プロデューサーさん!」ダキッ

P「春香痛い!痛いです!春香さん!」

春香「良かった…本当に良かった…」

P「春香…」

ガラッ

小鳥「プロデューサーさん…」ウルッ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:21:17.10 ID:3y3ITtgZ0

小鳥「もう!びっくりしたんですよ!倒れたって言うから!」ポロポロ

P「音無さん…」

春香「…わ、私ちょっとジュース買ってきますね!」ニコッ

P「ちょっ、春香!」

小鳥「うぇぇぇぇん」

P「ちょっと音無さんも落ち着いてください」


_________

_______

_____

__

_



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:32:07.52 ID:3y3ITtgZ0

P「落ち着きましたか?」

小鳥「えぇ、すみません見苦しい姿を見せてしまって…」///

P「い、いえ(音無さんが俺なんかを心配して…泣いてくれるなんて…)」

小鳥「で、春香ちゃんの事ですがどうなりましたか?」

P「あ、いやその前にですね何で、俺病院にいるんですか?」

小鳥「あぁそれなんですが疲労がたまってたらしいですよ。」

P「あぁ…そうなんですか…俺、駄目だな…」ボソッ

小鳥「そんな事!ないですよ…だってアイドルのみんなのために
お仕事とってきたり、夜遅くまで一人で事務所に残って仕事して、私よりいえ
この事務所の中で一番頑張ってるプロデューサーさんが駄目なわけないじゃないですか!(集中線)」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:38:46.59 ID:3y3ITtgZ0

P「音無さん…」ジーン

小鳥「あらいやだ!わたしったら…えへへ…」

小鳥「そ、それよりも春香ちゃんの事は…どうなったんです?」

P「まぁ…春香を追っかけててご覧のありさまです」

小鳥「…そうですか…じゃあ春香ちゃん呼んでくるんでちょっとP「小鳥さん」

小鳥「は、はい!」

P「まだ、まだ呼ばないでください…今から小鳥さんに大事な事を話します…」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:47:48.38 ID:3y3ITtgZ0

小鳥(大事な話?大事な話ってハッ!まさかこくは…ないわよね…
だってプロデューサーさんは可愛いアイドル達に囲まれてるんだし…)

P「お、音無さん?」

小鳥「あぁ…すみません…」

P「俺はあの時、音無さんの事を相談してて喧嘩になったんです・・・」

小鳥「えっ!?私が原因で喧嘩に…」

P「は、はい…春香には悪いんですが…俺は春香や他のアイドル達の気持ちに、
答えることができないんです」

小鳥「ど、どうしてですか?あんなに可愛いのに!?」

P「俺、実は、他に好きな女性がいるんです」

小鳥「好きな人ですか…(どうせ、他の事務所のアイドルですよね…)」ハァ

P「その好きな人って言うのが…」

小鳥(もう早く幸せになって末永くばくはP「音無さんです!」

小鳥「はい?」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:55:09.44 ID:3y3ITtgZ0

P「えっと、俺音無さんが好きです!日本中の…いえ世界中の誰より愛してます!」

小鳥「私の事が…好き?」

P「はい!もう誰よりも!だから俺と…付き合ってください…」///

小鳥「…(私が…プロデューサーさんと付き合う?)」

小鳥「…ごめっ」ガラッ

春香「私の事は気にしないでください!」

小鳥P「春香(ちゃん)!?」

春香「でも、隙があったら私がプロデューサーさんを獲っちゃいますからね!」ニコッ

小鳥「…春香ちゃん…」

小鳥「…プロデューサーさん」

P「はい…」

小鳥「よ、よろしくお願いしますね!」///

FIN




111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:58:00.32 ID:3y3ITtgZ0

乗っ取りごめんなさいなの…

これ読んでたら音な…天から声が聞こえて

?「小鳥ちゃんをくっつけるのよ!」って声が聞こえたんです!

ごめんなさいね…あと真は僕の嫁です!(集中線)


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:05:28.63 ID:3y3ITtgZ0

6年後

P「おはよう!小鳥!P娘」

小鳥「あら、今日は早いのねPさん。ねぇP娘ちゃん」

P娘「そうだねーパパ珍しく早いねー」

P「おいおい…せっかく海へ行こうと思ったのになー」

P娘「海っ!」キラキラ

小鳥「海…私食べすぎで…」

P「小鳥はどこに出しても恥ずかしくない嫁だから大丈夫だ!」

小鳥「あら、Pさんったら…」///




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:09:39.59 ID:3y3ITtgZ0

P娘「海っ!海っ!」グイッグイッ

P「分ったから、わかったから引っ張るなって」ビローン

小鳥「P娘が…おち」

P「違う!断じて違う!パジャマだよパジャマ!」

小鳥「わかってますよ」フフッ



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:16:53.40 ID:3y3ITtgZ0

春香はその後Sランクアイドルに上り詰め、キラキラと今も輝き続けている…

他のアイドル達も今は引退したり、結婚したり女優になったりして輝き続けている…

そして俺は…小鳥と結婚し娘…P娘を授かった…

春香や765のみんなは素直に喜んでくれた…

そして…




120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:22:18.71 ID:3y3ITtgZ0

P娘「早く!海っ!」

P「わかった!わかったから!落ち着こうな!」

数十分後

__

_



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:23:24.11 ID:3y3ITtgZ0


P「じゃあ、用意できたし」

P娘「海へレッツゴー!」

小鳥「Pさん…」

P「ん?何?」

小鳥「手…手出してください…」

P「こうか?」

ギュッ

小鳥「フフッ」///

P「おぉう…」///

P娘「あぁーずるいパパとママ手ーつないでる!私も!」

ワカッタカラオチツケッテ、フフッ、ハヤクー

ほんとに終わりー

核の炎ww


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。