スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「最近やよいのパンチラが激しい」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:48:53.67 ID:rZIpM1rLO




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:49:28.96 ID:kjcG1a+Q0

空には


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:50:25.56 ID:axuJDmBQ0

夢がある


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:50:44.42 ID:oQyCu2Ph0

海には


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:53:07.48 ID:/gPASmyj0

持病がある


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:53:19.11 ID:t489wn1O0

魔物が住む


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:53:19.58 ID:Vj+ycw//0

神秘がある


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:53:50.54 ID:qy3b4aRJ0

そしてタロウが


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:53:53.89 ID:ch/zBzPR0

さぁ、行こう


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:54:35.05 ID:WAo+xAxd0

はやくしてください


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:54:48.54 ID:dqNQJ6fgO

そう呟く


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 20:55:55.63 ID:vYVcMFO+0

今日の皆のポエムスレ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:14:23.92 ID:ch/zBzPR0

P「やよい、今日もお疲れ様!」

やよい「おつかれさまでーす!」

やよい「えっとぉ、今日の私…どうでした?」

P「文句無し。バッチリだ」

P「よく頑張ったな」

やよい「わぁっ…♪」

やよい「うっうー!プロデューサーにそう言って貰えて嬉しいですっ♪」ピョン…

P「…!!」

やよい「えへへー♪」フワッ…

P「……」

P「(またか…)」

P「(最近、やよいは俺に褒められるたびにジャンプして喜ぶ…)」

P「(そのたびに俺にパンチラを見せつけてくる…)」

P「(これは由々しき事態だ…)」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:17:22.03 ID:ch/zBzPR0

春香の場合

P「おっ?春香、今日のスカート可愛いな」

春香「あっ!本当ですかっ!」

春香「えへへ♪お気に入りなんですよー♪」

春香「プロデューサーさんにも気に入って貰えて嬉しいですっ♪」

P「……」

P「(うむ。ジャンプしない)」

P「なぁ、春香?」

春香「はい?なんですか?」

P「ちょっと思いっきりジャンプしてみてくれないか?」

春香「えっ?」

春香「……」

春香「ええっ!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:20:08.30 ID:ch/zBzPR0

春香「ど、どうしてですか…?」

P「あぁ、いやな」

P「最近、やよいが喜ぶたびにジャンプしててさ」

P「その姿がまた可愛らしくてさ」

P「だから春香にもやってみて欲しくて」

春香「そ、そうなんですか…」

春香「で、でも…今日はダメですよー…」モジモジ…

P「どうしてだ?」

春香「だ、だって…」

春香「……見えちゃうかも、しれないし」ゴニョゴニョ…

P「……」

P「(うん。普通の反応だ)」

P「(春香はセーフだ)」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:21:31.27 ID:W/niwZov0

やっぱ春香さん最高やで


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:21:59.69 ID:yOvhfaBh0

わた春香さんかわいいです!


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:22:12.73 ID:ch/zBzPR0

春香「…そ、それに今日のはその…」

春香「あんまり可愛いのじゃないっていうか…」

P「春香、すまない。もう大丈夫だよ」

春香「えっ?」

P「変な質問をして悪かった」

P「俺、これからちょっと他の子達に用事があるから、またな」スッ…

春香「あっ…」

春香「……」

春香「(…可愛いパンツ、穿いてくれば良かったなぁ……)」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:42:44.70 ID:ch/zBzPR0

響の場合

響「はいさい、プロデューサー!」

P「おっ、響。スカートなんて珍しいな」

響「あっ…」

響「う、うん…」

響「たまには良いかなって思ってさ…」

響「ちょっと、そわそわして落ち着かないけど…」モジモジ…

響「(プロデューサーに、こういう自分も見てもらいたくて…)」

P「良いな。パンツルックも似合ってるけど…」

P「スカート姿も可愛いぞ」

響「う、うぎゃっ…!?」

響「う、うー…」

響「…ホント?」

P「(可愛いけどジャンプしないな)」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:46:04.79 ID:ch/zBzPR0

P「あぁ、可愛いぞ。響」

響「あ、ぅ…///」

響「そ、そんなの…あ、当たり前さ…」

響「だって自分…か、完璧だし…」モジモジ…

P「その完璧な可愛さを見込んでお願いがあるんだけどさ?」

響「うが?」

P「響、ちょっと思いっきりジャンプしてみてくれないか?」

響「え?」

響「……」

響「ええっ!?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:47:06.28 ID:lZiH5pK00

                _____
            , : '´ : : : : : : : : : : `丶
           /: ::l l: : : l : : : ヽ、 : \: :\
      __.   //: : : :| |: : : | : : : : l.ヽl、|、ヽ: :ヘ
   /´: : `ヽ/: /: : : : ::l l: : : |i: l : : :|  ヽ-\: :∧
   ,': : : : : : :!: :l: : : : : :ハlヽ|、l ̄ノ川    ,--、: ∧
   ! : : : : : : }: :|: : : : : : l_,,. イ 二ヽ:: : : : :(:::) ', :ハ     ノ)     ジャンプ、してみ?
  .|: : : : : : ::l: ::l: : : : : :∧ / (::::::::)_:: : : : : ̄ ',: :!  (⌒  `ヽ
   !: : : : : : :l: : ',: : : : : : ∧ : : -‐''"´        }:::l  (     ⌒)
   l: : : : : : :ハ: :ハ: : : : : : :∧: :    、__,. -┐  ,' __)   )  )
.   ',: : : : :/: :}/l ∨: : : : : :∧:      ` ̄  ./: : :| ̄ ̄`'''''''''''´
    ヽ: : : : : |: |\ヽ : : 、 : :∧____,,.. ィl"ヽ: :|: |
      V : : ::!ハ `ヽ|、: \: :∧    l : : :|__ :l: l          ニニ| |ニニ!ニコ
      }: : : :l: : ヽ   \l \:ハ 、  ヽ ̄/ }:`l/            | | |
      l: : : : : : : }     / .ヽ!  \  / /: /: \     r‐、‐、,} | |
      `ー-、: : ::l   /`丶、       /::/`ヽ: :     {_Y    /
         ',: :,'  /:: ̄`丶、  ̄ ̄ ̄ ̄_.ノ   \     /    /」
          ヽl  l: : : : : : : :| ̄ ̄ ̄ ̄ 
               |: : : : : : : :|


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 21:50:21.91 ID:ch/zBzPR0

響「ななな…!?」

響「何を言ってるんだプロデューサー!?」

P「いや、だからジャンプして欲しいって」

響「そ、そんなの…!」

響「(プ、プロデューサーに見えちゃうよ…)」キュッ…!

響「せ、セクハラだぞっ!」

響「ヘンタイっ!!」

P「……」

P「良かった。お前もセーフだったか」

響「…えっ?」

P「いきなり変なこと言ってすまなかったな」

P「それじゃあ、俺は他の子達に用事があるから、またな」スッ…

響「あっ…」

響「……」

響「(……自分の…み、見たかったのかなぁ…?///)」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:05:45.96 ID:ch/zBzPR0

美希の場合

美希「おはよっ、ハニー!」

P「おっ、美希」

美希「ねぇねぇ、どう?このミニスカート!」

P「また随分と露出が多めな…」

美希「セクシーなミキでハニーを悩殺っ☆」

P「でも、確かにグッとくるな…」

美希「ホントっ!?やったぁ☆」

P「(ふむ。美希でさえ褒めてもジャンプはしないか)」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:08:46.65 ID:ch/zBzPR0

P「なぁ、美希。ちょっと俺のお願いを聞いてくれるか?」

美希「ん?なになに?」

美希「ハニーの為なら、ミキなんでもしちゃうよっ!」

P「じゃあ、今この場で思いっきりジャンプしてみてくれないか?」

美希「えっ?」

美希「……」

P「…美希?」

美希「……ハニーのえっち///」

P「えっ?」

美希「そんな回りくどい言い方しなくても、ミキならハニーにいくらでも…///」スッ…

P「タンマ!スカートは、たくしあげなくて良い!」

美希「えっ?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:10:21.01 ID:tIVMeNQM0

俺「えっ?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:10:39.85 ID:Y11fs0AN0

美希はエロいなあ!


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:11:39.65 ID:ch/zBzPR0

美希「だって、ミキのパンツが見たいんじゃないの?」

P「いや、そういうわけじゃないんだよ」

美希「なにそれ!ヒドイのっ!」

P「えっ?」

美希「失礼しちゃうっ!」

美希「ちゃんと毎日、ハニーに見られても良いように可愛いの穿いてるもんっ!」プンプン…

美希「こうなったら意地でもっ…!」スッ…

P「すまん美希!これから他の子達に用事があるんだっ!」ダッ…!

美希「あっ!?まてー!」

P「(美希は俺になら見られても構わない…か…)」

美希「むーっ!ハニーのばかー!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:28:39.97 ID:ch/zBzPR0

千早の場合

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう。千早」

P「今日は学校帰りだから制服か」

P「なんだか新鮮だな」

千早「そうですね…こういった姿で事務所に顔を出すことも少ないですし」

P「パンツルックも似合ってるけどスカート姿も可愛いぞ」

千早「そ、そうですか?」

千早「えっと…ありがとうございます」

P「(まぁ、千早が自主的に飛び跳ねるなんてことは無いよな)」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:32:23.95 ID:ch/zBzPR0

P「ところで千早。ちょっと頼みごとがあるんだが良いか?」

千早「頼みごと…ですか?」

千早「仕事関係のことでしょうか?」

千早「私が出来る限りのことはしようとは思いますが…」

P「ちょっと、その場で思いっきりジャンプしてみてくれないか?」

千早「えっ?」

千早「ジャンプ…ですか?」

P「うん」

千早「……」

P「(まぁ、流石に千早はしないか…)」

千早「その行為が必要とあればしますけど…」

P「えっ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:38:00.73 ID:ch/zBzPR0

千早「えっと…思い切りというのはどれぐらいの強さで…」

P「い、いや!千早、今の話は忘れてくれ!」

千早「えっ?」

千早「ですが、私に頼みごとと…」

P「すまない…スカート姿なのにそんなことを頼む俺が間違ってた…」

千早「…あっ」

千早「…そ、そうですね……」

千早「私ったら…うっかり…」モジモジ…

P「ごめんな!この件はまた今度!」

P「俺、他の子に用事があるからまたな!」ダッ…

千早「あっ…プロデューサー…」

P「(…まぁ、今のは恥じらいを確認出来たからセーフ…かな?)」

千早「……」

千早「……」ピョン…

千早「(…確かに見えちゃうわね…)」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:47:40.68 ID:ch/zBzPR0

貴音の場合

P「貴音はいるか?」

貴音「此処に」

P「おお、貴音」

P「(ふむ…ロングスカートか…)」

P「(これならパンチラの危険性は少ないが…)」

貴音「お呼びでしょうか、あなた様」

P「あぁ、いやなに」

P「ちょっとお前の顔が見たくてな」

貴音「まぁ…///」ポッ…

P「(でも貴音みたい子こそ飛び跳ねたら凄い可愛いんだろうな)」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:52:10.96 ID:ch/zBzPR0

P「あぁ、そうだ。貴音」

P「ちょっとお前に頼みごとがあったんだ」

貴音「まぁ、そうでございましたか」

貴音「あなた様の命ならなんなりと…」

P「そうか、ありがとう」

P「じゃあ、今この場で思いっきり飛んでみてくれないか?」

貴音「飛ぶ…ですか?」

P「うん。ぴょーんって」

貴音「ぴょーんですか」

貴音「かしこまりました」

P「(まぁ、ロングスカートだからパンチラは無いだろう)」

P「(さて、貴音のジャンプ姿をと…)」

貴音「……」

貴音「はっ!!」ピョーン!

P「…!?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:58:10.26 ID:ch/zBzPR0

貴音「……」フワァッ…

P「(ろ、ロングスカートが空圧に押されて…!?)」

P「(いや、それ以上に貴音のジャンプが高い…!)」

貴音「……」フワッ…チラッ…

P「(びゅーてぃふるほわいと…)」

貴音「……」ストッ…

P「(そして、この優雅な着地…)」

P「(流石だよ、お姫ちん…)」

貴音「…如何でしたでしょうか?」

P「…なんていうか、ごめんな?」

貴音「はて?」

P「そ、それじゃあ俺、他の子に用事があるからっ!」ダッ…

貴音「あっ…」

貴音「……」

貴音「(…あなた様の破廉恥っ///)」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:19:01.36 ID:Ae5EHS0p0

律子「……」カタカタ

P「……」カタカタ

P「(おっと…ペン落としちまった)」

P「……」

P「ぶふっ」ガタッ

律子「プロデューサー…?大丈夫ですか?」

P「あぁ…はは、何をびっくりしてるんだろうな…俺は」

律子「ふふ、お疲れですか」

律子「ちょっと休憩します?」

P「そうだな、うん…」

P「(見えてしまった…)」
いきり立つ股間。今夜は長くなりそうだ…。


108: >>86 2012/10/25(木) 23:27:06.64 ID:i5aeVqh9P

P(俺は責められた。たかがパンツを見たいがために貴音を大気圏外まで飛ばしてしまったことを)

P(俺は見たかった。銀色の女王の艶やかな髪と豊満な胸に似合わぬ跳躍を)

P(そこから繰り広げられるスカートの乱舞、乱舞……まさに音を奏でるかのような揺らめき)

P(幻想的な動きを保ちながら貴音のスカートはさらに上昇を続け、予想以上の角度を見せた)

P(そしてついには俺の頭上を越え、スカートの下に広がる……それは宇宙だった)

P(まぎれもない、世界の真理がここにすべて集結しているのではないかと錯覚するような)

P(だが、その感動も束の間、我に返ると貴音は空の彼方へと消え、見上げるとそこには一筋の光だけが見えた)

P(ふと、視線を下げ、あたりを見回しても何が起こったか、想像もつかないほど変わり映えのしない)

P(ただひとつ、貴音が空へ還ってしまったこと。そしてそれを知るのは俺だけであること)

P(日を追うにつれて貴音の安否を心配する声が強くなり、そのたびに俺は説明するも取り合ってもらえず)

P(結果として、今俺は容疑者と言う形で拘留されている。そしてこれは解かれることはないだろう)

P(それでも俺は、あの日のことを後悔していない。あの跳躍を、宇宙一のパンチラをこの目で、肉眼でとらえることができたのだ)

P(それが今、この俺の脳に記憶として残っていることが奇跡で、生きる意味なのだ)

P(俺がこの先どうなるとも、お前が見せてくれたことを決して俺は忘れない)

P「ありがとう、貴音」   完


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:39:07.96 ID:tIVMeNQM0

雪歩の場合


雪歩「お疲れさまですぅ」

P「おう、お疲れ」

P「(雪歩か…。なかなか跳んでくれなさそうだよな)」

雪歩「あ、プロデューサー。今お茶淹れますね」

P「あー、雪歩。その前にちょっといいか?」

雪歩「はい…?」

P「いや、頼みたいことがあってさ…」

雪歩「は、はいぃ…」

P「そんな大仰なことじゃないんだけど…。跳んでみてくれないか?」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:41:58.81 ID:tIVMeNQM0


雪歩「…へ?」

P「いや、ちょっとその場でジャンプをしてみてくれないか?」

雪歩「ジャンプ…?」

P「…」

雪歩「…」

P「(あ、こりゃダメだな)」

雪歩「…」フルフル

雪歩「…プロデューサーの」

P「ん?」

雪歩「プロデューサーのお願いもきけない私なんて穴掘って埋まってますぅぅぅぅぅ!!!」ドドド

P「あ、見えた」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:53:42.00 ID:tIVMeNQM0

春香の場合


春香「プロデューサーさん!おはようございます!!」

P「(パンチラといえば春香だよな)」

春香「?プロデューサーさん?」

P「(あれだけ転ぶのに、誰も見たことがないパンチラ)」

春香「プロデューサーさーん!!」

P「(伝説と言っても過言ではない、な)」

春香「考え事してるのかな…?」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:56:28.48 ID:tIVMeNQM0


P「(その伝説はただジャンプするだけで破られるものなのか?…否)」

P「(確実に死守してくるだろう)」

P「(ならばどうする…?)」

春香「ここにクッキー置いて、と。…よしっ」

P「(考えろ、考えるんだ…)」

春香「レッスン行ってこよっ」タタッ

P「っ!閃いたぁ!!!!」

春香「きゃ…あっ」ガッ

春香「きゃあああああああ」ドンガラガッシャーン

P「普通に見えた…」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:11:03.68 ID:04HLFQZy0

真の場合


真「へへー、やっぱいいなこういう服」クルッ

P「俺もいいとは思うけど、仕事では着せられないからな」

真「分かってますよ。…はぁ」

P「なんだ、やっぱり不満か?」

真「いえ、不満ってわけじゃないんですけど…」

真「ただ僕って結局自分の理想にはなれないのかなぁ、と思って」

P「フリフリの服着て変な…げふんげふん、可愛いポーズ決めてってことか?」

真「そうです。けど僕に求められてるのはかっこよさ、なんですよね…」

P「まあ、そういう路線で売り出していくべきだと判断したからな」

真「はぁ…」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:12:00.61 ID:04HLFQZy0

P「…とりあえず今はその服を楽しんだらどうだ?」

真「はいっ!」

真「あぁ、この服着てステージで踊ってみたいなぁ。…こんな感じで」クルッ

P「(っおうふ!)」

真「ふふ、こうやって…こう!」バッ

P「(ぱ、パンツが…)」

真「ふんふ~ん」クルッ

P「(また…、これはそろそろ言わないとやばいな)」

P「あー、真?」

真「は、はい」

P「その言い辛いんだが…下着が…」

真「へっ?」

真「あ…っ!!!」ババッ

P「…」ポリポリ

真「プロデューサーの…えっち」


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。