スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香「プロデューサーさんアイドルパワーですよ、アイドルプァワァ―」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:21:12.92 ID:ry+EGzGn0

P「は? アイドルパワー?」

春香「はい! 今月もやってきました、アイドルバトルですよー」

P「アイドルバトル? なんだそれ?」

春香「はい、アイドルで殺しあいます」

P「ほう」

春香「アイドルのみが持つ力、『アイドルパワー』を使って、レッツバトルです♪」

P「アイドルバトルってのは初めて聞いたし、当然『アイドルパワー』なんて物も初めて聞いたんだが」

春香「えー、本当ですかプロデューサーさん!?」

P「うん」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:25:53.58 ID:ry+EGzGn0

P「つまり何だ……その「アイドルパワー」とやらは何なんだよ?」

春香「えっへへ、超能力みたいなものですよー」

P「ふむふむ」

春香「選ばれし者の力って感じですかね―」

P「あぁ、そう」

春香「さすがアイドルは選ばれし者ですよねー」

P「いや、もういいか。春香は特徴なくないから! 大丈夫だから!」

春香「それでですね私の力は『>>5』なんですよー」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:29:21.94 ID:O/rVPHHQ0

気配を完全に消す能力


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:33:38.26 ID:ry+EGzGn0

春香「『気配を完全に消す能力』なんですよ」

P「えっ、消えるだけなのか?」

春香「いえいえ、なんと、消えてる間に相手に触っても相手は気付かないんです」

P「何それコワイ……」

春香「ほらほらー」
シュン


P「んあ!?」









春香「えっへへ///」

P「おい何で顔真っ赤にしてる! 俺に何をしたっ!?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:36:45.36 ID:ry+EGzGn0

春香「そ、そんなこと言えませんよ~」

P「もじもじするな……もじもじするなっ!」

春香「えへへ……テヘペロ♪」

P(あざとい……)

P「で、なんだ? それで戦うのか?」

春香「はい! もうすでに、バトルはスタートしているんですよ、プロデューサーさん!」

P「へー」


ガサガサ

春香「あっ、さっそく……」

スッ
>>15「」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:41:21.21 ID:htBchg0qP

雪歩


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:45:24.46 ID:ry+EGzGn0

雪歩「ぷ、プロデューサーと春香ちゃん……」

P「な、なんだ雪歩か、雪歩ならそんな極悪な能力を――」

春香「下がって下さいプロデューサーさん!」

P「ピァ!?」

雪歩「えへへ……」

春香「もう雪歩の能力は発動されてます」

P「ゆ、雪歩の能力?」

春香「そう、雪歩の能力は『>>19』です」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:48:25.49 ID:V32rNstl0

空間上に見えない穴を発生させる


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:53:44.47 ID:ry+EGzGn0

P「なんだよ『空間上に見えない穴を発生させる』能力って」

春香「く、来る……」
スゥ……


P「な、何が起こるんだ……」

ブワン! ガタガタ……ドーン

P「木、木に穴が……」

ブワン! ブワン! ブワン!

雪歩「どこ~、春香ちゃん?」

ブワン! ブワン! ブワン!


P「くっそ、見えない春香と、見えない雪歩の攻撃で意味が分かんねぇ……」

P「俺と雪歩が、穴が空く怪奇現象見てるだけ見たいになってるじゃねーか」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:57:00.51 ID:ry+EGzGn0

雪歩「!」

ブワン! ブワン! ブワン!

P「雪歩が自分の周りに空間を!?」

雪歩「えへへ、これで春香ちゃんが近づけないでしょ?」


P「た、確かに! あの穴がある限り、春香は雪歩の元までたどり着けない!?」


スッ
春香「はっ……はっ……」

雪歩「そこだよぉ!」

ブワン!

春香「!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:00:52.63 ID:ry+EGzGn0

スッ……

雪歩「また、逃げられちゃいましたぁ」

P「な、なんで春香は姿を現したんだ? あいつバカなのか?」

雪歩「それは、春香ちゃんの能力が息をすっている間だけ発動するからですぅ」

P「あぁ、ちゃんと限定条件あるんだ」

雪歩「はいぃ」


……

雪歩(それにしても長いな……もしかして春香ちゃん、逃げたのかな?)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:07:53.94 ID:ry+EGzGn0

ブワン! ブワン! ブワン!

雪歩「ま、回りの空間が!」

P「なんだ、雪歩の周りの空間にドンドン穴が!?」

ブワン! ブワン! ブワン!

雪歩「そっか、私の回りに物を投げて穴を消してるんだね?」

雪歩「確かに私の穴は、一回物を吸いこんだら消えちゃうもんね」

P「そうか、雪歩の周りの穴に物を投げて、雪歩の穴を消そうとしてるのか」

雪歩「でも、これならどう?」

ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!
ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:12:36.97 ID:wgsWOLRl0

まるで意味がわからんぞ!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:20:29.76 ID:ry+EGzGn0

>>31描写不足ですまん
こんな感じ


●       '´   ヽ ●                   
  ●   i  ノノハ)i |  ●
●      ヽ (l゚ ヮ゚ノリ ●          P               \はるか~ん /
  ●    ⊂r‐iつ   ●        ⊂r‐iつ   
  ●     ノ拙ゝ  ●          ノ拙ゝ  
 ●       (´`し'ノ    ●        (´`し'ノ    


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:21:42.71 ID:wgsWOLRl0

ありがとう
しかしそのAAを作る暇があったら早く書くんだ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:21:51.65 ID:t0KJWOc00

ワロタ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:26:05.82 ID:ry+EGzGn0

P「雪歩の周りに穴がいっぱい! 穴がいっぱいだぁ!!」

雪歩「これで、春香ちゃんは攻撃できないよね♪ ほらもっと、もっとだよぉ」

ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!


P「こんなにあったんじゃあ雪歩に攻撃する事は  否! 触れる事すら出来ない!」

雪歩「ほらぁ、ほらぁ」

ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!ブワン! ブワン! ブワン!


スッ
春香「はぁ」

P「うおっ、春香」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:32:00.95 ID:ry+EGzGn0

春香「さっ、次に行きましょうかプロデューサーさん?」

P「えっ、だって雪歩は?」

春香「もう終わりですよ、雪歩の負けです」

P「?」

春香「だってほら、調子に乗った雪歩の周りは穴だらけ! 私達を見る事すらできないですよ」

P「確かに穴だらけで雪歩を確認する事すらできないな……」

春香「あの穴って物を吸いこまないと消えないんですよ。だからこのまま攻撃しなければ……」

P「雪歩はあそこから出られないって訳か」

春香「はい」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:39:25.79 ID:ry+EGzGn0

●●      '´   ヽ ●● 出られましぇ~ん              ,。、_,。、          
  ●●  i  ノノハ)i |  ●●                      .くッ'´⌒!jヾゝ
●●     ヽ (;´ロノリ ●●         P ゃょぃヵヮィィ     〈'jハハハィ'リ) 私可愛い!   
  ●●   ⊂r‐iつ   ●●       ⊂r‐iつ             リ゚ヮ ゚ (,ソ
 ●●     ノ拙ゝ  ●●         ノ拙ゝ               ⊂rォiつ  
●●●      (´`し'ノ   ●●        (´`し'ノ              〈iんンf 
                                             しヽ)

雪歩VS春香
勝者:春香


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:44:00.29 ID:ry+EGzGn0

P「ちゃんと能力には、条件があるんだな」

春香「はい、私の場合には『息を吸ってる間のみ能力が発動』」

春香「雪歩は『穴で吸い込めるのは物一つ、何かを吸い込むまで穴は消えない』です」


P「なるほどな~、しっかし春香の能力は微妙だな」

春香「えっ」

P「一人じゃなにも出来ないな」

春香「ヴァイ!?


春香「っと早速二人目か……」

>>50


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:49:03.44 ID:InU0V3JP0

千早


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:51:58.56 ID:ry+EGzGn0

春香「千早ちゃ――」

千早「なんで春香とプロデューサ―が一緒にいるんですか?」

P「あぁ、それは偶ぜ――」

千早「なんですか? 私じゃなくて春香の方がいいんですか? 何がいいんですか?」

P「いや、だから……」

千早「あぁ、そうですか春香が悪んいんですね、分かりました」

千早「春香は今すぐ排除しますね」ニコッ

千早の能力>>56


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:53:11.22 ID:ZbJqQDc80

正面からの攻撃には無敵


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:56:42.75 ID:ry+EGzGn0

千早「はるぅぅぅぅぅぅぅうぅぅぅぅぅぅぅぅかぁあぁっぁぁぁあぁぁぁぁぁっぁぁ!!!!!!」
ブン ブン

春香「うわぁ」
スッ……

千早「どぉぉぉぉぉlここおここぉぉぉぉぉおぉぉぉお!!!!!!」
ブン ブン ブン ブン

P「えっ、なにg――」
スッ……

P『は、はるか!?』

春香「」シ―

P「」コクコク


千早「ギィィィィィィ!! なんでプロデューサーまでいなくなるんですかかかあかかかかかっかかか!!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:02:18.23 ID:ry+EGzGn0

千早「どこぉぉぉぉぉぉ、プロデューサーはどこおぉぉぉぉおぉお!?」
ブンブンブンブンブン

スッ
春香「ここまでくれば大丈夫です」

P「なんだ今の?」

春香「えへへ、実は私の能力は私が触れた人も消すことが出来るんです」

P「だから千早からは俺が見えなくなったのか」

春香「はい!」

P「千早はあのままでいいのか?」


千早「んんんんんんんんんあああああああああああ!!!!!!!!!」
ブンブンブンブン

春香「あれだけ、ナイフ振り回されたら私も近づけないですよ、それに……」

千早「どこぉぉぉですかぁっぁあっぁぁぁあ! 、プロデューサーぁぁぁぁぁぁぁぁl!!!!」
ブンブンブンブン

春香「私も怖いですし」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:10:02.15 ID:ry+EGzGn0

, '´⌒´ヽ    
! 〈ル'ハ〉) んあああああああああああ!!!!!    \プっロデュー/  \はるか~ん/            
! (l゚ △゚ノ!=つ≡つ ))      
!i(っ 、     /              
/\ ヽ   /          
(_/⌒\_)/   

千早VS春香
勝者:なし(春香の逃走)

風呂に行ってきます
先に安価出しときます
次の相手>>90
能力>>100


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:23:25.26 ID:t0KJWOc00



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:25:48.05 ID:ry+EGzGn0

安価遠かったか
能力>>96


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:31:20.01 ID:ry+EGzGn0

響「はいさーい、自分だぞ!」

P・春香「」ビクッ!

響「えへへ、びっくりしたか? 自分、ここに隠れて待ってたんだぞ―」

P「そ、そうだったのかびっくりしたなー」

春香「ホント、ビックリだよー」


春香(隠れてるのなら、不意打ちすればよかったんじゃ……)

響「作戦成功さー」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:37:05.13 ID:ry+EGzGn0

春香(響ちゃんは甘いな~、これなら私の相手じゃないよ~)

春香「じゃあ、響ちゃん早速始めようか――」

アイドルバトルを!!


響「自分、負けないからな―」

春香「いっくぞー……」ダッ
ドサァ

春香「いったた~転んじゃったよ―」テヘ♪

春香(さぁ、不意打ちと言う物を見せてあげるよ響ちゃん)

響「……」スッ

春香「ありがとう、響ちゃん」

春香(その差し出した手は、私の物ってかな? 響ちゃん♪)


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:40:42.66 ID:ry+EGzGn0

春香「!?」

ドコォォォォォォオォォォォ

ドーン!
春香「くはっ!」


P「あの優しい響が、春香をブン殴った!? それに、あの力は……」

響「ぐがが……」

P「ファッ!?」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:44:49.56 ID:ry+EGzGn0

春香「くぅ……」

響「ぐがー!」

P「可愛いけど、怖い! 響ちゃんカワコワ!」


響「ガァ―!」ダッ

春香「!?」
スゥ……


ドンっ

響「くぅ?」キョロキョロ

P「辛うじて避けたか、けど……」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:50:11.29 ID:ry+EGzGn0

スゥ
春香「ハァ……ハァ……」

P「あの攻撃、一撃食らっただけで息が絶え絶えだぜっ!」


響「キ―!」ドゴン

P「また、避けた……けど」


スゥ
春香「くっ……はっ……」

P「消える時間もどんどん短くなっている、このままじゃあジリ貧だぜ」


響「ムキャー!」ダッ

P「それに引き換え響は体力十分だ! 響はダンスをやっているから!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:56:55.48 ID:ry+EGzGn0

春香(このままじゃあダメだ!)

春香(打開策を考えなきゃ……)

>>113


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:00:23.97 ID:8ThApXjX0

戦略的撤退


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:03:44.83 ID:re0fL6iy0

春香「はぁ……」
ゴソゴソ

響「うがぁ」ジリジリ

P「ん、春香が何かをしようとしてる」

響「んぐ!」クンクン

春香「それー」ブンっ


響「きゃうーん!!」

春香「今です逃げましょうプロデューサーさん」

P「えっ」

春香「戦略的撤退です」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:10:09.82 ID:re0fL6iy0

P「今、何を投げたんだ? 響はそれを拾いに行ったようだけど?」

春香「クッキーです、皆の為に作って来たものだったんですけど」

P「なるほど、凶暴化した分知能も獣並になったって事か」

春香「あれだけの強化ですからね。条件も難しいものだと思いました」

春香「いたた……」

P「大丈夫か、春香?」

春香「は、はいなんとか……」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:32:19.89 ID:re0fL6iy0

    ,く\/>ノ ナンクルナイザー!     ,。、_,。、 
    f,'´ ⌒´ヽ       ,ノし / .く/!j´⌒ヾゝ        P あざとい
   | ( ,イ从ヘ,〉∩.  .' /  .    ん'ィハハハj'〉       ⊂r‐iつ 
  ノ ヽソ゚ T゚ノ /  ./し' /     ゝノ´Д`ノ) ふぇぇ   ノ拙ゝ
 ( < つ''}二}'リ )  ./        ⊂rォiつ         (´`し'ノ 
  `'`-イ゙Y゚ヌ~ノ’/  '          〈iんンf         くノヽj 
    くノヽj                しヽ)         
  
響VS春香
勝者:響?(春香 戦略的撤退)


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:34:50.61 ID:re0fL6iy0

P「春香はここで少し休んでろ」

春香「はい……」



P「さて、誰か戦ってる奴はいるかなー?」

>>125 VS >>127


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:37:47.51 ID:LGSs0Lgr0

間違えた真美


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:38:12.98 ID:8Kh8KqVt0

あみ


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:42:56.63 ID:re0fL6iy0

P「んっ、あれは……」



真美「だーかーら、やよいっちとかを先に倒すんだよ」

亜美「まこりんとか強い人からの方がいいっしょ」

真美・亜美「むぅ」

真美「もう亜美なんか知らないかんね」

亜美「亜美だって!」

真美能力>>134
亜美能力>>135


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:47:44.21 ID:/3qH5UIx0

能力コピー


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:47:46.78 ID:2rkDpXtH0

真美なら亜美にダメージを押し付ける
亜美なら真美にダメージを押し付ける


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:51:23.55 ID:re0fL6iy0

亜美「いいの? やっちゃうよ?」

真美「いいよ~、けどいいの~? 真美の能力は強力だよ~」

亜美「ふ~ん」ニヤニヤ


真美「ほら、コピー」

亜美「で、『真美にダメージを押し付ける』能力を真美がコピーしてどうすんの?」

真美「」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:56:20.31 ID:re0fL6iy0

真美「ま、真美が死んだらその能力使えないじゃん!!」

亜美「」



真美「……」

亜美「……」


真美「じょ、冗談っしょ→」

亜美「だ、だよね→」


真美(いったん……)

亜美(様子見だね……)


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 00:58:26.10 ID:re0fL6iy0

     ヽ)        (,/
   <⌒8'´,,⌒ヽ   '´⌒ `'8'⌒> 
    レ'´iミイ ヾ)リ〉 〈リツ´`iミi`i/´ チョー仲良しっしょ→
     ノi(l^ヮ゚ノ(  人゚ヮ^l)!ゝ  
      ´`'⊂人つ  ⊂人つ´   
       (/_,,,)    (,,_ヽ)    
       し'ノ    しヽ)

亜美 VS 真美

引き分け

亜美・真美 VS >>152



上みたいなプチAAリストどっかにない?


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:01:00.51 ID:tWGjzLdI0

やよい


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:05:54.40 ID:re0fL6iy0

やよい「あれー、亜美と真美ー」

亜美「やよいっち!」

亜美(チャンスキタ―! ここはやよいっちを撃破っしょ→)

真美(チャンスキタ―! ここはやよいっちと協力して、亜美をフルボッコっしょ→)

真美「やよいっちー」ダキッ

やよい「わわわ、どうしたの真美!?」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:09:26.24 ID:re0fL6iy0

やよい「きゅ、急にどうしたのー!?」

亜美「ま、真美?」

亜美(さすが真美、いきなり攻撃とかやる→)


真美「やよいっち、静かに聞いて」ボソッ

やよい「えっ?」

真美「やよいっちってさー、どんな能力なの?」

>>158


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:10:27.36 ID:HD2MPWW30

双子を六つ子にする能力


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:14:06.95 ID:re0fL6iy0

やよい「えっと『双子を六つ子にする能力』だよー」

真美1「えっ!?」

やよい「『双子を六つ子にする能力』」

真美2「あっ!?」

真美3「いっ!?」

真美4「うっ!?」

真美5「えっ!?」

真美6「おっ!?」

真美1,2,3,4,5,6「あれっ!?」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:15:18.82 ID:s6nEfxfx0

七つ子になってないか?


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:20:16.56 ID:re0fL6iy0

>>166確かに……

亜美「決定でOK?」

真美1、2,3,4,5「うん」


ゾロゾロ

やよい「えっ」

真美1「……」

真美2「……」

真美3「……」

真美4「……」

真美5「……」

亜美「……」

やよい「えっ?」

ドカァ バキぃ


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:17:14.45 ID:A94XN7qQ0

何が起こっているんだ…


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:17:17.53 ID:re0fL6iy0

やよい「うわー、真美がいっぱいだ―」

真美1,2,3,4,5,6「……」

真美1「集合!」

真美―ズ「ひそひそ」

やよい「?」


真美―ズ「亜美も集合ー」

真美―ズ・亜美「ひそひそ」

やよい「??」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:27:03.90 ID:re0fL6iy0

 ヽ)        (,/   これなら         (,/    (,/    優勝間違い   
   <⌒8'´,,⌒ヽ   '´⌒ `'8'⌒>     '´⌒ `'8'⌒ '´⌒ `'8'⌒>
    レ'´iミイ ヾ)リ〉 〈リツ´`iミi`i/´      ´iミイ ヾ)リ〉 〈リツ´`iミi`i/´
     ノi(l^ヮ゚ノ(  人゚ヮ^l)!ゝ       ノi(l^ヮ゚ノ(  人゚ヮ^l)!ゝ 
      ´`'⊂人つ  ⊂人つ´        ´`'⊂人つ  ⊂人つ´ 
       (/_,,,)    (,,_ヽ)          (/_,,,)    (,,_ヽ)  
       し'ノ    しヽ)          し'ノ    しヽ)
        (,/        (,/  ないっしょ→
      '´⌒ `'8'⌒ '´⌒ `'8'⌒>    
      ´iミイ ヾ)リ〉 〈リツ´`iミi`i/´
     ノi(l^ヮ゚ノ(  人゚ヮ^l)!ゝ        , ‐、 , ‐、
      ´`'⊂人つ  ⊂人つ´        ノ ァ'´⌒ヽ ,
       (/_,,,)    (,,_ヽ)        ( (iミ//ハi)〉) 
       し'ノ    しヽ)         )ノ`(リ-_-ノ(  死ーん   


亜美・真美 VS やよい
勝者:亜美・真美


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:41:40.84 ID:re0fL6iy0

P「これはやばい……」

P「なにがやばいって俺の空気度がやばい」

P「つーか、あいつら凶暴すぎだろ」

P「これはまた……面白くなってきやがったぜ!」

P「ヒャッハ―、早速春香の所に戻るとするか」


そう言って俺は春香の元に向かい坂を上る

あいつらも登りはじめたのだろう。この坂と同じ様なはてしなく遠いアイドル坂を……


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:42:53.10 ID:2rkDpXtH0

>>184
まさかの男坂


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 閲覧注意

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。