スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「アイドルのオシッコが飲みたい」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:17:03.85 ID:gGn0YEnM0

P「飲尿健康法ってあるじゃないですか」

小鳥「はぁ……」

P「いやね、前からオシッコに興味がありまして、どうせ飲むなら女の子のを飲みたいなと」

小鳥「それなら私のオシッコを」

P「それは遠慮します。もっと若い、十代の娘のしぼりたてを飲みたいのです」

小鳥「ピヨ……」

P「あー、どこかにオシッコ飲ませてくれるアイドルはいないかなー」

小鳥「さすがにいないと思いますよ」

P「そこを何とかしたいと思ってこうやって知恵を絞ってるんですよ」

小鳥「その知恵を仕事に活かせばいいのに……」

P「全く!小鳥さんらしくないですね!もっとノリノリで行きましょうよ!」

P「理想はスジに口を押し付けての直飲みだが……さて、どうしたものか」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:24:46.74 ID:gGn0YEnM0

ガチャ

響「はいさーい」

P「おぉ、響!いいところに来たな!」

響「プロデューサー、どういうことさー?」

P「ストレートに言おう、響、オシッコ飲ませてくれないか?」

響「はぁ?な、な、な、何言ってるんだ!」

P「なぁー響ー、いいだろー?飲みたいんだよぉ……この通り!」

響「うぎゃー!何土下座してるさ!へんたーい!」

P「頼むよぉ……実はとっても重い病気で、若い娘のオシッコを飲まないと死んじゃうんだよぉ……」

響「えっ?ほ、本当なのか?」

P「あぁ……飲まないと……うっ……く、苦しい……」

響「ぷ、プロデューサー!わ、分かったぞ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:29:27.71 ID:gGn0YEnM0

P「ほ、本当か!?やったー!」

響「仕方ないさー……プロデューサーに死なれたら自分も困るし……」

小鳥(響ちゃん……なんてチョロイ子……)

響「で、どうすればいいさ?」

P「じゃあこの場でパンツおろして直飲み……」

響「ば、バカー!そんなことできるわけないぞ!」

P「じょ、冗談だよ。この俺の愛用の湯飲みに入れてきてくれないか?」

響「うぅ……そ、それなら……」

P「よし、じゃあ早速入れてきてくれ。あふれるぐらいいれちゃっていいぞ?」

響「へ、変態さー!は、恥ずかしいからもう行くぞ!」

ガチャ

P「いやぁ、直飲みからレベルを下げての自然なオシッコ採取、どうでしたか?」

小鳥「その交渉術を仕事でも活かしてください」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:34:04.05 ID:gGn0YEnM0

響「い、勢いで返事しちゃったものの……いつもプロデューサーが使ってる湯飲みにオシッコなんて……」

響「で、でもあげないとプロデューサーの命が……」

響「よし、オシッコするぞ!」

チョロ……チョロロロ……

響「///」フルフル

響「こ、これぐらいでいいかな……///」

響「ふぅ……ちゃんと拭いて……」ゴソゴソ

響「……ほ、本当にオシッコ入れちゃったぞ……///」

響「っと、早く持って行ってあげるさー!」

ガチャ、タッタッタッ……

響「プロデューサー!持ってきたぞ!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:38:01.44 ID:gGn0YEnM0

P「おぉ、待ってたぞ響!」

響「はい、これ……///」

P「こ、これぞまさしく響の一番搾り汁!」

響「うぎゃー!そういういい方はやめるさー!///」

P「適度に湯気を立たせ、色は澄んだレモン汁のような薄い黄色……」

P「そしてどこか南国を感じさせるフルーティーな香り……」

P「これぞまさしく沖縄が生んだ奇跡!」

響「///」カァァ

P「それじゃ早速……」グビッ

P「ふぉぉぉぉぉぉ!口いっぱいに広がる響の味!」

P「そしてこのさわやかなのどごし!これぞまさに天然娘のしずく!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:42:36.98 ID:gGn0YEnM0

P「あぁ、俺の胃が、腸が、そして全身が……響の太陽パワーを受け取って……」

P「こんなに元気になっちゃいました!」ギンギン

響「へ、変態!変態!そんなとこ膨らませるなんて!」

P「すまない、響のオシッコがあまりにも俺の想像を超える逸品だったものでな」

P「もしかしたら通販でこれを売れば一儲けできるかもしれないぞ?」

P「天然娘!売出し中の新人アイドル響ちゃんの一番搾りオシッコ!200ミリリットル500円!」

響「な、何考えてるさー!そんなこと絶対に許さないぞ!」

P「冗談だよ、響のオシッコは俺だけが味わう」

響「も、もうダメだぞ!元気になったみたいだし、次は絶対にオシッコなんてあげないからな!」

P「うっ、苦し……」

響「だ、だまされないさー!今度お願いしてきたら社長に訴えるさー!」

P「そ、それは……ほら!もう元気!大丈夫!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 16:46:00.61 ID:gGn0YEnM0

響「な、ならよかったさー」

P「よし、それじゃあ今日も頑張って行こう!」

響「オシッコの件は忘れないぞ!」

P「忘れてください……」

響「ふふふ、じゃあ今度自分はお願いを聞いてほしいさ」

P「ん?なんだ?俺のオシッコか?」

響「ば、ばかー!違うぞ!その、こ、今度……ショッピングに付き合ってほしいさ……」

P「なんだそんなことか、今週の土曜日はオフだったよな、そこで一緒に行こう」

響「ほ、本当か!?」パァァ

P「あぁ、だから今日のレッスンも頑張ってこいよ」

響「分かったさー!それじゃ行ってくるぞ!変態プロデューサー!」アッカンベー


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 17:06:28.31 ID:aWWsy9XD0

雪歩「お、おはようございます」

P「雪歩、ちょっといいか?」

雪歩「はっ、はい!なんでしょう、プロデューサー」

P「えっとな、実はだな――」

雪歩「ええっ!?お、おしっ!?」

P「しー!しー!雪歩!声がでかい!」

雪歩「すっ、すみません…あんまりビックリしたので…」

P「別に変な意味じゃない、アイドル達の健康チェックの為にだな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 17:10:32.50 ID:aWWsy9XD0

10分後

雪歩「あ、あの…プロデューサー」

P「お、採れたか」

雪歩「はぁ、恥ずかしくて、わたし穴掘って埋まってしまいたいです…」

P「恥ずかしがることはないさ、さ、渡して」

雪歩「あっ、あの、こんな紙コップのままじゃなくてせめて何かで隠して…!」

P「それじゃ意味がないんだ、うん、いい色、いい香りだな」

雪歩「プ、プロデューサー…?」

P「雪歩、こっちを向くんだ」

雪歩「なっ…何を…」

P「んぐっんぐっ…プハァ!美味い!」

雪歩「(卒倒)」

P「ご馳走さま」


ゆきぽおわり


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:35:26.71 ID:OeIzLCVQ0

P「律子さん」

律子「な、なんですか。急に改まって」

P「お願いがあります」

律子「はあ」

P「おしっこを飲ませて下さい」

律子「は?(威圧)」

P律子のおしっこを飲ませて下さい!」

律子「ちょ、うるさ・・・!」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:36:20.63 ID:OeIzLCVQ0

P「お願いします!お願いします!!」

律子「うっさい!馬鹿!出来るわけないでしょ、そんな事!」

P「お願いします!お願いします!!」

律子「出来ません!」

P「どうしても駄目なんですか!こんなに這いつくばって頼んでも駄目なんですか!!」

律子「当たり前でしょうが!」

P「こんなに愛してるのに!」

律子「はあああ!?」

P「ビビアン・スーかく語りき!『ゲロが飲めたら本物だ』と!」

律子「・・・だ、だから?」

P「俺は律子のおしっこを飲んで、この愛が本物である事を証明する!」

律子「あ、アホかああああ!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:39:24.79 ID:OeIzLCVQ0

P「愛の為なんです!愛の為なんです!!」

律子「ちょ、パンツ掴むな!だ、駄目ですってば・・・!!」

P「どうしたら飲ませてくれるんですか!?」

律子「逆切れ腹立つゥ・・・!何したって絶対飲ませません!!」






P「・・・果たしてどうかな」

律子「何を・・・ッ!?」

P「美味しそうに飲んでましたね。グレープフルーツジュース」

律子「ま、まさか!!」

P「はい。利尿剤を少々」

律子「お、女の身体をなんだと・・・!ん・・・くう・・・・・・」

P「ちなみに、これはトイレの鍵です」

律子「な、なんでそんなもの・・・まさか!?」

P「あーん・・・」 ゴクン


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:41:47.15 ID:OeIzLCVQ0

律子「な、吐き出し、なさい・・・!」

P「どうした律子?そんな所で蹲って。顔色が悪いぞ?」

律子「こ、んの・・・!」

P「おっと。手が滑った」プニ

律子「ひぃッ!下腹、お、押しちゃ駄目・・・!」

P「おいおい。顔が蕩けてきちゃってるじゃないか」

律子「そんな事、ありません・・・!」

P「そうか?鏡に写ったお前は、そうは言ってないみたいだがなあ」

小鳥 つ姿見⊂

律子「・・・嫌、いやぁ!見せないでぇ・・・」

P「へへへ、女ってのは不便だなぁ・・・。我慢出来ないんだろう?へへへ」

律子「・・・最低!アンタって最低のクズよ!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:45:48.61 ID:OeIzLCVQ0

P「そんな潤んだ目で睨まれてもなあ・・・。そろそろ、限界なんじゃないのか?」

律子「・・・・・・めば、いいでしょ」

P「んん~?聞こえんなぁ?」

律子「・・・ッ!!私のおしっこ飲めばいいでしょ!!」

P「・・・なんか、気分じゃなくなってきたな」

律子「はぁ!?」

P「考えてみればおしっこって飲むものじゃないしな」

律子「な、なら鍵を・・・」

P「まあ、律子がどうしてもって言うなら飲んでもいいけど」

律子「・・・あ、あんたって人は」キッ








P「あ、手が滑った」プニプニ

律子「あ、ふ・・・!やめ、ぇ・・・・・・」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:48:21.69 ID:OeIzLCVQ0

P「あー、どうしようかなぁ・・・。帰ろうかなあ・・・」プニプニ

律子「っふ!、あっ、くう・・・!お、お願いします・・・」

P「ん?」






律子「わ、私のおしっこ飲んでください!お、お願いします!!」















P「頂きます」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:52:20.52 ID:OeIzLCVQ0


律子「こ、コップをお願いします」

P「俺が、コップ、です」

律子「ど、どこまで・・・!」

P「あ、手が滑っ」

律子「わ、分かりました!分かりましたぁ!」

P「はい」

P「そのまま。ゆっくり腰を下ろして、・・・そう」

律子「あぁ、いや、もうイヤ・・・・・・」フルフル

P「・・・可愛いショーツだね」

律子「うっさい!」

P「さあ!遠慮せずに!」

律子「く、ぅ・・・・・・」プルプル

P「はよはよ!」

律子「ふ、ふ、ぅ・・・・・・」

P「はよはよはよはよ」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:55:05.45 ID:OeIzLCVQ0

律子「で、」




律子「出来ません・・・!」ブルブル




P「・・・・・・」

律子「もういい!そこら辺でするっ!」

P「・・・・・・」ガッシ

律子「あ!?いや!放して!放して下さい!」

P「・・・汗でムレてショーツ張り付いちゃてるぞ、ここ」ペロペロ

律子「ヒッ、あ、あっ」

P「形までくっきり分かんだね。ここ、ヒクついてる」チロチロ

律子「あっ、ふ、うう、ぅ」

P「・・・可愛いぞ」

律子「ふぁっ!?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 18:57:39.77 ID:OeIzLCVQ0


P「顔真っ赤にして我慢する律子」ペロペロ

P「涙目で睨む律子」ペロペロ

P「口の端から雫を零して耐える律子」ペロペロ

P「可愛い。大好きだ」ペロペロ

律子「やめて・・・、やめ・・・やめてください・・・」

P「律子のおしっこが飲みたい」ペロペロ

律子「なる・・・なっちゃう、からァ・・・!やめてぇ・・・・・・やだ!やだー!!」

P「飲みたい!飲みたい!!」チューチュー

律子「あァー!もう変態になるうぅー!!あぁぁ!!」

P「なれ!変態になれぇー!!」

律子「あっ」プシャア

P「ジュルルルルルー!」

P「チュー!チュー!」

律子「あ、はぁ」ビクンビクン

P「じゅるるるるっるるるるうるるる!!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 19:03:09.28 ID:OeIzLCVQ0

律子「はっ・・・はぁ・・・」

P「ぶっはーーー!うンめええええええええ!!」

律子「死っ、ね・・・・・・」ゲシ

P「ははは!恥ずかしがる事はない!これぐらいで俺の愛は揺るがないぞ!律子ォ!」

律子「うっさいバカァ!」

P「ははは!」

律子「うう、もうヤダ・・・お嫁に行けない・・・・・・」

P「・・・律子」

律子「うっさい・・・」

P「律子」

律子「なんですかぁ・・・もう・・・」

P「小鳥さんと同じくらい美味かった!良かったぜ!律子」

律子「ん?(威圧)」

P「あっ、(震え声)」

END


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 19:18:37.35 ID:hotz1S+1O

P「なぁやよい、ちょっと頼みごとがあるんだが」

やよい「なんですか?」

P「…嫌だとか言わないか?」

やよい「はい!プロデューサーにはお世話になってますから!」

P「じゃあ……やよいのおしっこを飲ませてくれ!」

やよい「……え…」

P(ヤバい)

やよい「なんだ、そんなことですか」

みたいな感じのを


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 19:40:45.99 ID:I1VQvyhMO

>>91から

P「え?そんなこと…え?」

やよい「じゃあトイレ行ってきますね」

P「う、うん」

やよい「あ、やっぱり直の方がいいですかー?」
P「う、うん」

やよい「わかりましたー、じゃあ脱ぎますねー」
P「う、うん」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 19:45:49.44 ID:I1VQvyhMO

やよい「パンツははいてる方がいいですかー?」
P「えぇ…おまかせします…」

やよい「じゃあ脱ぎますね」ヌギヌギ

やよい「はい!脱ぎ終わりましたー!」ポンポンスー
やよい「プロデューサーは立ってする派ですか?それとも座ってる派ですか?」

P「あ、じゃあ僕寝てますんで股がってもらっていいですか」

やよい「はーいわかりましたー」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 19:51:38.06 ID:I1VQvyhMO

P(やよいの秘部が目の前にあるのに…なんか…変な気分)

やよい「プロデューサーいきますよー」

P「あ、はいお願いします」

やよい「んっ…」

チョロ…チョロチョロ…ジョボボボ
P「んっ…んぐ…」ゴクゴク
やよい「ふふっプロデューサー?おいしいですか?」

P「んぐっんぐっ」コクコク

やよい「プロデューサーそんなに必死に首振ってるから顔の周りびしょびしょですよ?」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 20:04:17.70 ID:I1VQvyhMO

チョロチョロ……チョロ…

やよい「んっ、全部出たかな?」ブルッ

P(美味かったよ美味かったけど…」

やよい「プロデューサーちゃんとキレイにしてくださいよ?」

P「」じゅるるるん

やよい「あんっ」ビクッ

やよい「プロ、デューサー?おいしかったですか?」

P「うん、おいかったよ…うん」

やよい「よかったーじゃあ飲ましてあげたので、ハイ!」

P「うん?ハイタッチか?よし、たーっ…」

やよい「違いますよプロデューサー、お金、ハイ」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 20:06:43.07 ID:mrtZNDBe0

えらく手馴れてるな……


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 20:06:56.29 ID:5LOg13FE0

やよいはこんなバイトしてたんだな…


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 20:08:14.35 ID:I1VQvyhMO

P「あ、はいそれではおいくらでしょうか?」

やよい「うーん、まあ初回ですし一万でいいですよ」

P「あ、じゃあこれで」ピラッ

やよい「うっうー!諭吉さんですー!」

P「あ、あはは…喜んで貰えて嬉しいよ…」

やよい「それじゃあプロデューサー、また飲みたくなったら言ってくださいね!まいどありがとうございましたー!」ガチャ
P「美味かったよ嬉しいよ?でもさぁ…ナニコレ?」

おわり


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 閲覧注意

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。