スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「ほむらちゃんがリムジンで登校してきた」 

カテゴリ:まどかSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:43:07.20ID:41Ol7JVD0
まどか「即座に生徒指導室に連れていかれてて盛大に吹いた」 

ほむら「……」 


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:44:28.86ID:41Ol7JVD0
ほむら「まどか、今度の休日、私の車でドライブに……」 

まどか「ごめんほむらちゃん、無免許運転の車になんて乗りたくないよ」 

ほむら「……」 




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:45:25.86ID:IKxQvt6f0
そういや魔法で車運転できるんだっけ 




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:47:17.58ID:41Ol7JVD0
ほむら(まどかに喜んで欲しくて頑張って買ったのに……) 

ほむら(運転テクニックも、GBのドラえもんカートでたくさん練習したから大丈夫なのに……) 

ほむら(悲しいわ……) 




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:52:41.18ID:41Ol7JVD0
ほむら(地図も買ってきたわ……) 

ほむら(ナビの便利さもいいけれど……) 

ほむら(まどかと一緒に地図を見ながら行き先を決めたら、凄く楽しそうだから……) 

まどか「あれ? 地図なんか抱えてどうしたの、ほむらちゃん?」 

ほむら「まどかとのドライブで使おうと思ってたの」 

まどか「だから車は駄目だって。法律は守らなくちゃ駄目だよ」 

ほむら「……」 

まどか「でも……」 

ほむら「??」 

まどか「魔法での運転なら、事故は起こさないよね?」 

ほむら「ええ」 

まどか「そっか。それなら―――」 




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:58:13.57ID:41Ol7JVD0
―――― 

土曜日 


ぷっぷー 

まどか「あ、クラクション!」 

ほむら「迎えにきたわ、まどか」 

まどか「ありがとう! それにしてもやっぱりリムジンは目立つねー」 

ほむら「ええ……」 

まどか「それじゃ乗せてもらうねー」 

ほむら「どうぞ」 




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 20:59:51.79ID:Q19Rgq6oO
車の運転が上手い人はあっちの方も上手い 




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:03:21.39ID:41Ol7JVD0
まどか「わぁー! すっごい広い!」 

ほむら「……」ホムホム 

まどか「シートも座り心地抜群!」 

ほむら「……」ホムホム 

まどか「これなら一泊二日のドライブもずっと快適に過ごせそう!」 

ほむら「一泊二日?」 

まどか「え、違うの? 土日ずっと小旅行するつもりでいたんだけど」 

ほむら「……いえ、それでいきましょう」 

ほむら(棚から苺大福ね……) 




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:04:13.89ID:r4QB4Acy0
棚からまどか 




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:06:58.90ID:41Ol7JVD0
ぶろろろろー 

まどか「ところでほむらちゃん。そこらへん曖昧だったけど、行き先はどうする?」 

ほむら「そこに昨日私が持っていた地図があるわ。開いてみて」 

まどか「あ、本当だ。えっと……、いくつか折り目がついてたり、ペンで印がつけてあったりするのは」 

ほむら「良さそうな場所をいくつかピックアップしてみたの……」 

まどか「なるほどー!」 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:10:08.72ID:41Ol7JVD0
まどか「ふふっ」 

ほむら「??」 

まどか「色々な場所が候補にあがってる」 

ほむら「……」 

まどか「ほむらちゃん、今日のドライブを本当に楽しみにしててくれたんだね」 

ほむら「……ええ」 

まどか「そんなほむらちゃんのために、今日はお昼をつくってきたよ」 

ほむら(まどかの手作りお昼!?) 

まどか「どこか落ち着く場所で食べようね」 




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:15:08.26ID:41Ol7JVD0
まどか「あ、ここいいな!」 

ほむら「何ページ?」 

まどか「えっと、78ページのペンで印がつけてあるとこ!」 

ほむら「ああ。海の方ね」 

まどか「ほむらちゃんページ数で分かるの!?」 

ほむら「たくさん地図と睨めっこしたから……」 

まどか「すごーい! なんかかっこいいね!」 

ほむら「……」ホムホム 




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:19:21.44ID:41Ol7JVD0
ほむら「そのページに、蛍光ペンで四角く囲ってあるところがあるでしょう?」 

まどか「えーと。あ、これ? ○○公園ってとこ?」 

ほむら「そこであっているわ。その公園には、海を一望できる展望台があるそうなの」 

まどか「わぁー! いいね!」 

ほむら「……」 

まどか「それじゃあまずはそこに行ってみようか!」 

ほむら「ちょうどお昼頃には到着できると思うわ」 




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:23:43.84ID:41Ol7JVD0
まどか「通り過ぎる人通り過ぎる人、みんなこっちの方を見ていくね」 

ほむら「気になる?」 

まどか「うーん、だんだん慣れてきた」 

ほむら「もしも落ち着かないならカーテンを閉めるといいわ」 

まどか「じゃあ、そうしよう」 




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:27:13.17ID:41Ol7JVD0
ほむら「……」 

まどか「ふわぁー……」 

ほむら「ごめんなさい、退屈かしら……」 

まどか「あ、違う違う! わくわくしてるよ!」 

ほむら「……」 

まどか「ただ、お弁当作るために早起きしたから、眠くって……」 

ほむら「公園に着いたら起こすから、寝ていても構わないわよ」 

まどか「でもそれだとほむらちゃんが退屈じゃない?」 

ほむら「大丈夫。私は……」 

まどか「ほむらちゃんは?」 

ほむら「いえ。やっぱりなんでもないわ」 

まどか「??」 

ほむら(私はまどかと一緒にいられるだけで幸せだから……) 




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:28:38.55ID:xb3BUraI0
戦闘機で登校 




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:39:57.83ID:6BscTK9U0
>>27 
どこの御曹司だよ 




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:31:52.81ID:r4QB4Acy0
これは良いほむら 




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:32:29.38ID:41Ol7JVD0
ほむら「……」 

まどか「すーすー」 

ほむら「……」ホムホム 

まどか「すー、すぅー」 

ほむら(そろそろ国道にのるわね……) 




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:38:00.27ID:41Ol7JVD0
ほむら(よく晴れた空……) 

ほむら(この天気が明日までもてばいいのだけれど) 

まどか「ん、んんー……。もうついたぁー?」 

ほむら「いいえ。もう少しよ」 

まどか「そっかぁ」 

ほむら「もう海沿いを走っているから、カーテンを開けて景色を見てみたらどうかしら」 

まどか「どれどれ……。わあっ、綺麗な海!」 

ほむら(まどかの方が綺麗よ……) 

まどか「日光できらきらして、きれーい」 

ほむら「そうね」 

まどか「あっ、船だ! おっきーい!」 

ほむら(はしゃぐまどかも可愛いわ……) 




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:39:46.82ID:41Ol7JVD0
ほむら「そろそろ到着するわ」 

まどか「おっ、あれだね! あの灯台みたいな建物が展望台かな?」 

ほむら「だと思うわ」 

まどか「あそこからだったら水平線の向こう側まで見えちゃいそうだね」 




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:44:22.77ID:41Ol7JVD0
ききーっ 

まどか「わっ!?」 

ほむら「……」 

まどか「きゅ、急に止まったからびっくりしちゃった」 

ほむら「ごめんなさい……。まだリムジンの運転になれていなくて……」 

まどか「あ、責めてる訳じゃないから大丈夫!」 

ほむら「ほむぅ……」 

まどか「それじゃ、降りよっか」 

ほむら「そうね」 




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:47:54.43ID:41Ol7JVD0
まどか「潮風が気持ちいいー……」 

ほむら「そうね……」 

まどか「海鳥の鳴き声といい、いかにも海の近くー! ……って感じだよね」 

ほむら「公園といっても遊具はないわね」 

まどか「どちらかというと広場のような感じの場所だね」 

ほむら「あら。あそこに屋根付きのベンチがあるわ」 

まどか「お昼はあそこでにしよっか!」 




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:52:02.25ID:41Ol7JVD0
ほむら「そうそう。腰を落ち着ける前に、自販機で飲み物を買いましょう」 

まどか「お弁当はサンドイッチ中心だから、お茶でもジュースでもどっちでも合うと思うよ」 

ほむら「じゃあ……、コーラで」 

まどか「わたしはおーい、お茶に」 

ほむら「それだけは止めなさい」 

まどか「えっ?」 

ほむら「おーいお茶は良くないわ」 

まどか「そうなの……?」 

ほむら「許せないわ、おーいお茶」 

まどか「ほむらちゃんがそこまで言うなら止めておくけど……」 




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:53:25.88ID:xLbSxXs+0
ちょっとワロタ 




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:55:45.75ID:LCKMbqMy0
どんだけ買ったんだwww 




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:56:05.50ID:41Ol7JVD0
まどか「けっきょくわたしもコーラにしちゃった!」 

ほむら「おそろいね……」 

まどか「飲みあいとかできないね」 

ほむら「……」 

まどか「さて、お待ちかねのお弁当です! じゃーん!」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら(ぐっ、ぐちゃぐちゃに崩れているわ……) 




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 21:59:33.75ID:41Ol7JVD0
ほむら(もしかして、さっき私が急気味にブレーキをかけたから……) 

まどか「てへへ……。なんか、ごめんね。こんなに汚くって」 

ほむら「もぐもぐ……。いえ、とっても美味しいわ」 

まどか「本当……?」 

ほむら「ええ。ありがとうまどか」 

まどか「そっか。なら、よかった」 

ほむら「……」ホムホム 




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:04:04.38ID:41Ol7JVD0
ほむら「お昼を食べ終えたら展望台に登ってみる?」 

まどか「そうしよう! その後は、砂浜の方に降りてみよっか」 

ほむら「ここは泳ぐにはあまり適していないそうだけど……」 

まどか「ちょっと砂浜でちゃぷちゃぷするぐらいなら平気平気ー。 
      それにどちらにしろ、水着が無いから本格的に泳ぐことはできないしね」 

ほむら「いえ、水着なら用意してあるわ」 

まどか「ほむらちゃんは水着があってもわたしが……」 

ほむら「まどかにぴったりの水着も用意してあるわ」 

まどか「……なんでサイズが分かったの?」 

ほむら「ほむぅ……」 




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:06:03.45ID:41Ol7JVD0
まどか「あ。ほむらちゃん、ちょっとじっとしてて」 

ほむら「!?」 

ほむら(ど、どどど、どうしてそんなに接近して!?) 

まどか「はい。口の端にサンドイッチの卵がついてたよ」 

ほむら「あ……」 

まどか「勿体ないし食べちゃえ」パクッ 

ほむら「!!」 




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:10:52.70ID:41Ol7JVD0
まどか「あれ? どうしてほむらちゃん顔が赤いの?」 

ほむら「……」 

まどか「なっ、なんだかわたしまで恥ずかしくなっちゃうよ……」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「少しもたれかかってもいいかしら……」 

まどか「うん。展望台へは、もう少しぼーっとしてからいこっか」 




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:14:11.53ID:41Ol7JVD0
―――― 


まどか「わーっ! 凄い景色ー!」 

ほむら「写真をでも撮る?」 

まどか「カメラ持ってきてたの?」 

ほむら「ええ。愛用のポラロイドカメラを持ってきたわ」 

まどか「何故ポラロイド!?」 

ほむら「ほむぅ……」 

まどか「あ、そうだ。せっかくだし、青空と海をバックに2人で写ろうよ!」 




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:21:23.97ID:41Ol7JVD0
まどか「もっとこっちに寄って寄って!」 

ほむら(ほとんど密着状態だわ……)ホムホム 

まどか「はい、チーズ!」 

ぱしゃっ 

まどか「あれ? 失敗した?」 

ほむら「いえ。現像は徐々に進んでいくのよ」 




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:24:22.99ID:41Ol7JVD0
まどか「こ、こんなにくっついてたんだ、わたし達……」 

ほむら(一生の思い出ねの品……) 

ほむら「写真の裏かはじっこに、ペンで日付でも記入しましょうか?」 

まどか「いいねいいねー!」 

ほむら「筆記用具は車の中にあるから、また少し後でになるけれどね」 




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:27:23.28ID:41Ol7JVD0
まどか「この100円双眼鏡使ってみようよ!」 

ほむら「いいわよ。はい」チャリン 

まどか「えっ? お金出してもらっちゃっていいの?」 

ほむら「勿論よ。そんなことより、早く覗かないと時間が勿体ないわ」 

まどか「わぁー! そうだった!」 

ほむら(そうしてはしゃいでいるまどかを後ろからじっと観察するの)ホムホム 




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:33:14.23ID:41Ol7JVD0
まどか(遠くの景色が、まるで目の前にあるみたいに見える……) 

まどか(世界って広いなー、なんちゃって) 

まどか(あ、レンズが遮られた) 

まどか「ほむらちゃーん、終わったよ」クルッ 

ほむら「!?」ホムッ 

まどか「ちかっ!?」 

ほむら(い、いいい、今唇が当たりそうになった!!) 

ほむら(ほむーっ! ほむーっ!) 




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:35:28.02ID:41Ol7JVD0
まどか「そろそろ浜辺に降りていこう?」 

ほむら「……」 

まどか「ん? どうしたの?」 

ほむら「その……、よかったら、手を」 

まどか「ああ! うん、いいよ。繋ごう!」 

ほむら「……」ホムホム 




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:39:15.38ID:41Ol7JVD0
ほむら(少しずつ……指を絡めて……) 

ほむら(できたわ、恋人繋ぎ!) 

ほむら(これでもう傍から見たら、仲の良い恋人……には、見えないわよね) 

ほむら(せいぜい仲のいい友達ぐらいにしか見えないのでしょうね……) 




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:41:45.78ID:41Ol7JVD0
まどか「ここまで海に近付くと、波の音もよく聞こえるね」 

ほむら「海沿いなのに人の喧騒がないから、余計に音が際立つわね」 

まどか「靴、そこらに脱ぎ捨てちゃおっか?」 

ほむら「邪魔だものね」 

まどか「えいっ」 

ほむら(まどかの足、ちっちゃくて可愛いわ……) 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:45:23.79ID:41Ol7JVD0
まどか「あはは、お水つめたーい!」 

ほむら(いつまでもこの笑顔を見守っていたい……) 

まどか「あっ! 見てみてほむらちゃん、カニさんだよ!」 

ほむら「つかまえてみる?」 

まどか「うーん。可哀想だからいいや」 

ほむら(優しいわ) 




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:48:06.86ID:0TgmSctX0
こういうの最高や 




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:48:45.90ID:41Ol7JVD0
まどか「それにしてもほむらちゃんって脚きれいだね」 

ほむら「そうかしら……」 

まどか「クラスのみんなにはナイショにしちゃお。わたしだけの秘密」 

ほむら「……」 

まどか「そうだ! 砂でお城でもつくってみない?」 

ほむら「いいわよ。それは私の得意分野だし」 

まどか「へえー。でも確かにほむらちゃんって、手先器用そうだもんね」 




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:53:06.17ID:41Ol7JVD0
まどか「よいしょ、よいしょ」 

まどか(できた! まどか城!) 

まどか(ほむらちゃんは……) 

ほむら「……」ホムホム 

まどか「本気で上手っ!?」 

ほむら「小さい頃よく砂場でつくっていたから……」 

まどか「それにしても凄いよ……。ああ、まどか城がまどかハウスぐらいに見えてきた」 

ほむら「ほむら城に移住してくればいいわ。まどかなら歓迎よ」 

まどか「本当ー? それなら一緒にほむら城に住んじゃおっかな」 

ほむら(まどかと1つ屋根の下だなんて……) 

ほむら(なんという天国なのかしら……) 




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 22:59:39.49ID:41Ol7JVD0
ほむら「完成したわ」 

まどか「凄いすごーい! せっかくだしこれも写真にとっちゃおうよ!」 

ほむら「まどかが撮りたいというのなら……」 

まどか「よーし。それじゃあ早速―――」 

ザザーン 

ほむら「波で……お城が……」 

まどか「あ、あはは……、潮が満ちてきてるみたいだね」 

ほむら「ほむぅ……」 

まどか「でも大丈夫。ほむら城はなくなっちゃったけど……」 

ほむら「??」 

まどか「ほむらちゃんの隣は、まだ残ってるもんね!」 

ほむら「……」ドキドキ 




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:06:16.09ID:41Ol7JVD0
まどか「だいぶ陽も落ちてきたねー」 

ほむら「夕暮れ時の海は綺麗ね……」 

まどか「こうして波の音を聞きながら、2人で並んで座ってると……」 

ほむら「??」 

まどか「なんだか、世界中にわたし達しかいないみたいに思えてくるね」 

ほむら「ふふ。そんな世界じゃ、退屈なんじゃないかしら」 

まどか「どうかな。それはそれで、悪くないかなって思うよ」 

ほむら「……」 

まどか「ねえ、ほむらちゃんはどう思―――」 

まどか(えっ!?) 

まどか(なっ、なんでだろう……) 

まどか(ほむらちゃんの横顔が、とっても綺麗に見える……) 

まどか(オレンジ色の光で染まって……、少し、いつもより大人っぽいかも) 




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:13:06.98ID:41Ol7JVD0
ほむら「少し、考えたのだけれど」 

まどか「うん」 

ほむら「貴女にそんな寂しい世界は似合わないんじゃないかしら」 

まどか「そう、かな……」 

ほむら「ええ。貴女には、優しい人達に囲まれて、 
      いつまでもきらきら輝いた笑顔を絶やさずいて欲しいの」 

まどか「その、優しい人達って言葉の中には……」 

ほむら「……?」 

まどか「ほむらちゃんも入ってなくちゃ嫌だからね」 

ほむら「まどか……」 

まどか「だから約束して。突然いなくなったりしないって」 

ほむら「……約束するわ」 

まどか「ゆーびきりげんまん」 

ほむら「うそついたらはりせんぼんのーます」 

「「ゆびきった!」」 




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:16:34.53ID:6h8ShNx90
なんとなく嫌な予感がしたんだけど気のせいだよね 




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:19:00.37ID:41Ol7JVD0
ほむら「そろそろ車に戻りましょうか。 
      できれば暗くなりきる前に銭湯に着きたいわ」 

まどか「あ、ちょっと待って」 

ほむら「??」 

まどか「最後に1つやってみたかったことがあるの」 

ほむら「やってみたかったこと?」 

まどか「こうね、足で砂をぐりぐりーって削って」 

ほむら(これってまさか……) 

まどか「砂浜にかいた相合傘ー、なんてね!」 

ほむら「ほびゃあああああああ!!!!」 

まどか「ちょっ、ほむらちゃん!? 大丈夫!?」 

ほむら「失礼。取り乱したわ」 

まどか「平気なら良いんだけど……」 




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:23:38.41ID:41Ol7JVD0
まどか「砂浜にかいた文字なんて、すぐに消えちゃう。 
      世界中の誰も……、わたしとほむらちゃん以外は、誰ひとり知ることのないままに」 

ほむら「そうね……」 

まどか「それでもね。たとえ形に残らなくっても」 


ざざーん 


まどか「相合傘が存在したことは、事実だから」 


ざざーん 


まどか「けっして無意味なんかじゃないって、そう感じるんだ」 

ほむら「……私も、同感よ」 

まどか「この相合傘は、あえて写真には残さないでおこうか」 

ほむら「クラスのみんなにはナイショね」 

まどか「うん。世界中で2人だけの秘密」 




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:27:57.83ID:41Ol7JVD0
―――― 

ぶろろろろろ 


まどか「銭湯まではどのぐらいなの?」 

ほむら「車なら……、10分とかからないんじゃないかしら」 

まどか「近いんだね!」 

ほむら「お風呂に入ったらそのまま夕食をとりましょう。 
      せっかくだし、美味しい海鮮料理屋さんでも見つけられるといいわね」 

まどか「海鮮料理! 海鮮料理!」 

ほむら(まどかとお風呂! まどかとお風呂!) 




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:30:27.91ID:41Ol7JVD0
ききーっ…… 

ほむら「到着よ」 

まどか「今度はゆっくり停車だったね」 

ほむら「……」 

まどか「えらいえらい」 

ほむら「ほむぅ……」 




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:32:57.10ID:4E6A6fTC0
こんなデートがしたい… 




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:35:14.19ID:IhpwX8jJ0
>>92 

良いよ・・・一緒に行ってやるよ・・・ 




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:34:28.12ID:41Ol7JVD0
まどか「露天風呂もあるんだー」 

ほむら「身体を洗ったらそっちも入ってみましょうか」 

まどか「だね!」 

ほむら(汗ばんだ服を脱ぐとすっきりするわね……) 

まどか「んしょ、っと」 

ほむら(まどかが服を脱ぐ音を聞いただけで胸が高鳴るわ) 

まどか「それじゃ行こう、ほむらちゃん」 

ほむら「ええ」 

ほむら(まどかの身体に巻きついてるタオル、そこかわって) 




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:39:20.97ID:41Ol7JVD0
まどか「シャンプーが目にはいったぁぁ……、染みるぅー」 

ほむら(今なら裸をじろじろ見てもばれないんじゃないかしら!?) 

まどか「ううぅ」 

ほむら「……」ホムホム 

まどか「ようやくひりひりがとれてきた」 

ほむら「さっ、さあ。ボディーソープボディーソープ」 

まどか「??」 




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:42:07.77ID:41Ol7JVD0
まどか「お風呂上がったらさ」 

ほむら「??」 

まどか「あれやろっか。コーヒー牛乳一気飲み」 

ほむら「私はいちごミルクにしようかしら」 

まどか「それもいいねー」 

ほむら「さて、と。身体を洗い終わったわ。まどかは?」 

まどか「もうちょっとかかるから、先に露天風呂に行ってていいよ」 

ほむら「いえ。せっかくだしまどかが洗い終わるのを待つわ」 

まどか「そう? なら急いで洗っちゃうね」 




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:46:04.16ID:41Ol7JVD0
まどか「う……外への扉、重いぃー。えいっ!」 

がらがらがら 

ほむら「ああ、ほてった身体に夜の空気が心地いいわ。ね、まどか」 

まどか「……」 

ほむら「まどか……?」 

まどか「ほむらちゃん、お空を見て」 

ほむら「空?」 

まどか「うん」 

ほむら「……綺麗な星空」 

まどか「おうちの近くじゃこんな空絶対に見れないよ……」 

ほむら「そうね……」 




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:53:27.18ID:41Ol7JVD0
ちゃぽん…… 

まどか「あったかーい……」 

ほむら「こんなに幸せでいいのかしら……。 
      宝石みたいな星空と、あったかい温泉と、それから……」 

まどか「それから?」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「今日は一緒に着いてきてくれてありがとう、まどか」 

まどか「ううん! こちらこそ、とっても楽しかったし、綺麗なものも見れたし……。 
      今日は1日ありがとう。それと……、運転お疲れ様」 

ほむら「星が、手に掴めそうね……」 

まどか「そうだね……」 




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/04(月) 23:59:33.13ID:41Ol7JVD0
―――― 


ほむら「いいお湯だったわ……」 

まどか「はい、ほむらちゃん。いちごミルク」 

ほむら「お金、払うわね。いくらだった?」 

まどか「秘密だよーん。さ、いいから飲もう飲もう」 




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:12:30.04ID:uLh1uyTU0
まどか「あー。ほむらちゃん牛乳でひげができてる!」 

ほむら「ふふっ。そういうまどかだって」 

まどか「うそっ!? うわー、人にいっておきながら恥ずかしい……」 

ほむら(まあそういう少し抜けてるところが可愛いのよね) 

まどか「それじゃ、お食事どころを探しに行こうか!」 




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:16:09.70ID:uLh1uyTU0
―――― 

かたかたかた 


ほむら「このお店なんてどうかしら?」 

まどか「おおっ、なんとなく地元の漁師さんと繋がりのありそうな感じのお店だね」 

ほむら「決定ね」 

「いらっしゃいませー」 

ほむら「2人でお願いします」 

ほむら「はい。座敷の席で」 




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:22:15.39ID:uLh1uyTU0
まどか「きたきた、海鮮丼! 具が多いー!」 

ほむら(しまった。ついまどかと同じものを頼んでしまったわ) 

ほむら(お昼のジュースの時と同じ轍を踏んでしまうなんて……不覚) 

まどか「はい、あーん」 

ほむら「……え?」 

まどか「あーん」 

ほむら「あーん……」 

まどか「美味しい?」 

ほむら「ええ。とっても美味しいわ」 

まどか「よかった!」 

ほむら(まどかああああああああ!! 好きぃいいいいいいいいいいい!!) 




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:28:59.75ID:uLh1uyTU0
―――― 


ほむら(もう頭がまどか一色で食べ物の味が分からなかったわ……) 

まどか「美味しかったね!」 

ほむら「そっ、そうね……」 

まどか「さて、と。夜はどうしよっか?」 

ほむら「いまから宿を探せるかは分からないし……。 
      車の中で、ということになっても大丈夫かしら?」 

まどか「うん、平気平気! あのリムジン、とっても広いもん!」 

ほむら「……」ホムホム 

まどか「ね。車まで、また手を繋いで歩こう?」 

ほむら「ええ……!」 




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:33:38.50ID:uLh1uyTU0
まどか「お店から車までだから、ほんの一瞬だったね」 

ほむら「そうね。さ、今鍵を開けるわ」 

まどか「……」 

ほむら「まどか?」 

まどか「ね! 車に戻るのは、やっぱり少し散歩してからにしようよ!」ギュッ 

ほむら「別に構わないけれど……」 

ほむら(気のせいかしら、まどかの指にこもる力が強くなったような) 

ほむら(それにしても、まどかと手つなぎデートだなんて、まさしく至福の時だわ) 

ほむら(まどかは、どう感じているのかしら) 




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:46:24.42ID:uLh1uyTU0
まどか「流れ星はないかなー」 

ほむら「うーん。狙って見つけられるようなものではないから、難しいんじゃないかしら」 

まどか「そうだよねぇ」 

ほむら「……」 

まどか「だけど……、だけどもし、流れ星が落ちてきたら」 

ほむら「??」 

まどか「ほむらちゃんは、何をお願いする?」 

ほむら「一泊二日の旅行を二泊三日にでも引きのばしてもらおうかしら」 




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:48:11.62ID:uLh1uyTU0
まどか「あはは、謙虚だねー」 

ほむら「謙虚なんかじゃないわ。この上なく欲張りなお願いよ」 

まどか「そうかなぁー」 

ほむら「で、まどかだったらどんなお願いをするの?」 

まどか「わたし? わたしはね……」 


かたかたかた 


まどか「永遠をお願いするかな」 

ほむら「永遠……?」 

まどか「うん。永遠。ほむらちゃんとの永遠」 

ほむら「……」 

まどか「見つかるといいね、流れ星」 

ほむら「そうね……」 




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:54:29.60ID:uLh1uyTU0
まどか「はっくちゅん!」 

ほむら「湯ざめしてしまったのかしら?」 

まどか「そうかも……」 

ほむら「そろそろ車に戻りましょう」 

まどか「うん……」 




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:54:35.35ID:6PMeLZ7G0
永遠…… 




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 00:56:42.11ID:uLh1uyTU0
まどか「ううぅ、いつの間にかだいぶ気温が下がってた……」 

ほむら「……こうすると、あったかいわ」 

まどか「ほっ、ほむらちゃん!?」 

ほむら「私に抱きしめられるなんて嫌だったかしら?」 

まどか「あ、ううん! 嫌なんかじゃないよ! ただ……」 

ほむら「ただ?」 

まどか「急だったから、驚いただけ」 

ほむら「そう……」 

まどか「このままだと歩きにくいね」 

ほむら「手を繋ぐだけに戻す?」 

まどか「ううん。歩きにくいけど、このままがいい」 

ほむら「私もよ」 

まどか「流れ星見つけたかったなぁ……」 

ほむら「見つけたかったわね……」 




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:06:19.40ID:uLh1uyTU0
―――― 

からからからから 


まどか「なーんか、不思議」 

ほむら「何が?」 

まどか「ついちょっと前まで、リムジンはさすがに無いよー、なんて思ってたのにさ」 

ほむら「ほむぅ……」 

まどか「今、車内に戻ってきたら、なぜか凄くホッとした気持ちになった」 

ほむら「そう……」 




153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:15:10.42ID:uLh1uyTU0
ほむら「まどか。これは提案……、そう、あくまで提案なのだけど」 

まどか「何かな?」 

ほむら「別に歩いている時でなくても、手は繋げるわ」 

まどか「……とっても素敵な提案だと思うよ」 

ほむら「まどかぁぁ……」 

まどか(リムジンよりもっと不思議なのはね、ほむらちゃん) 

まどか(わたしの貴女に対する気持ち) 

まどか(これって恋、なのかなあ……) 

まどか(そんなわけないよね、女の子相手に……) 

まどか(そう、そんなわけないのに……) 

まどか(胸の中がほむらちゃんでいっぱいなのは、なんでだろう……) 




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:24:49.76ID:uLh1uyTU0
まどか「ほむらちゃんさ、好きな人いる?」 

ほむら「……」 

まどか「ほむらちゃん……?」 

ほむら「わっ、私の、胸に……」 

まどか「??」 

ほむら「触ってみて……、くれるかしら?」 

まどか「……」 

ほむら「これが……、答えよ」 

まどか(どくどくどくどく、って、ほむらちゃんの音がする) 

まどか(張り裂けそうなぐらいに、指に伝わってくるよ……) 




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:25:56.69ID:uLh1uyTU0
まどか「全然不思議なんかじゃなかったんだね」 

ほむら「えっ?」 

まどか「ううん。なんでも」 

まどか(女の子だからとか、男の子だからとか、そういうのじゃなくて) 

まどか(ほむらちゃんだから、わたしは大好きで) 

まどか(きっとほむらちゃんも、同じなんだ……) 

まどか(だから……) 

まどか「今度はわたしの胸に触ってみて、ほむらちゃん」 




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:37:22.42ID:uLh1uyTU0
まどか「どう、かな……?」 

ほむら「伝わってきたよ、まどかの鼓動」 

まどか「……」 

ほむら「とっても……、とっても嬉しい……」 

まどか「わたしも。えへへ……」 

ほむら「私、さっきまで自分の気持ちは間違っていると思っていた」 

まどか「えっ?」 

ほむら「凄く独りよがりで、おまけにその、一般的な嗜好じゃないから……。 
      どこかでまどかに触れることを後ろめたく感じる自分がいたの」 

まどか「……今は?」 

ほむら「前より躊躇わずに、まどかに触れられるわ」 

まどか「じゃ、もう一回抱きしめてくれる?」 

ほむら「ええ。今夜は……、抱き合ったまま眠りましょう」 

まどか「そうだね。そうしよう」 




174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:42:31.74ID:uLh1uyTU0
からからから 


まどか「あったかい……」 

ほむら「暑い、じゃなくて?」 

まどか「身体は暑いけど、心があったかいの」 

ほむら「なんとなく分かる気がするわ」 

まどか「ふぁあー……」 

ほむら「あら、もしかして眠くなっちゃった?」 

まどか「うん……。ごめんね、夜更かしは苦手で……」 

ほむら「気にしないで。貴女は無理せず、ありのままのまどかでいてくれればいいのよ」 

まどか「ありがとう……」 

ほむら「それじゃあ、おやすみなさい」 

まどか「うん。おやすみ」 




179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:49:45.68ID:uLh1uyTU0
―――― 

翌朝 


まどか(ん……、ぐるじい……) 

ほむら「うぅー……」 

まどか(って、うわっ!? ほ、ほむらちゃんの顔近っ!?) 

ほむら「ううーん……、まろかぁ……」 

まどか(寝言でまでわたしの名前呼んでるや……) 




180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:50:09.00ID:uLh1uyTU0
まどか(ほっぺつついちゃおうかな) 

まどか「えいっ」 

ほむら「はむっ……」 

まどか(く、くくく、口で咥えられた!?) 

まどか(あわわわわわわ) 

ほむら「ちゅぷちゅぷ……、まろらぁ……」 

まどか(や、やっと抜けた!) 

まどか(朝からどきどきしちゃった……) 

まどか(指についたほむらちゃんのよだれ、どうしよう……) 




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 01:55:56.91ID:uLh1uyTU0
まどか(直接口でなめとっても……) 

ほむら「ほむー……、ほむー……」 

まどか(だめだめ! そんなことしたら、なんかほむらちゃんに悪い気がする!) 

まどか(わたし達は、そう……、プラトニックラブ? とかいうのなんだから!) 

まどか(きちんとタオルか何かで拭こう、うん!) 

まどか(ほむらちゃんのよだれに惑わされちゃうなんて、わたし変態なのかな……) 




186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:00:28.85ID:uLh1uyTU0
まどか(でも……) 

ほむら「ほむぅ……」 

まどか(指で唇をなぞるぐらいなら、いいよね?) 

まどか(よーし。そーっと、そーっと) 

ほむら「……」パチッ 

まどか「わっ!? お、おお、おはようほむらちゃん!」 

ほむら「おはよう、まどか……。あら? どうしてそんなに慌てた顔をしているの?」 

まどか「なっ、なんでもないよ! あはははは……」 

ほむら「??」 




189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:07:48.98ID:uLh1uyTU0
まどか「これからどうする?」 

ほむら「そうね……。とりあえず歯を磨きたいわ」 

まどか「泊まるつもりで来たから、歯ブラシなら持ってきたよ!」 

ほむら「さすが保健委員ね。用意がいいわ」 

まどか「保健委員関係ないような……。あっ、でも1本しかなかった」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「コンビニで買ってくるわ」 

まどか「どちらにしろ水は必要だしね」 

ほむら・まどか(まあ、私(わたし)はまどか(ほむらちゃん)と同じ歯ブラシを使ってもいいんだけど……) 




193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:16:12.31ID:uLh1uyTU0
―――― 


まどか「ドーナツ美味しいー」 

ほむら「……」モッサモッサ 

まどか「ほむらちゃんはカロリーメイトのポテト味?」 

ほむら「ええ」 

まどか「ポテト味って美味しいの?」 

ほむら「……まずいわ」 

まどか「あ、そうなんだ……」 

ほむら「朝食が済んだらどこに行きましょう」 

まどか「ほむらちゃんにお任せ、っていうのは、ありかな?」 




194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:21:45.33ID:uLh1uyTU0
ぶるるるる 


まどか「しゅっぱーつ!」 

ほむら「行き先は、本当に私に任せてくれていいのね?」 

まどか「うん。ほむらちゃんの行きたいところがわたしの行きたいところだよ」 

ほむら「そう……。わたしの行きたい場所は帰りの方角と一致しているから、 
      夕方までには貴女を家に送れると思うわ」 

まどか「じゃ、あと何時間かしたらこの旅行も終わりかぁー」 

ほむら「……」 

まどか「なんだかあっという間だったね」 

ほむら「そうね……。まるで昨日という一日が、丸ごと1つの夢みたい」 

まどか「でも、夢なんかじゃないよ」 

ほむら「……うん」 




195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:25:29.97ID:uLh1uyTU0
まどか「朝の海も爽やかで綺麗だねー」 

ほむら「いいものよね」 

まどか「またこようね」 

ほむら「……これたらいいわね」 




197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:31:45.57ID:uLh1uyTU0
―――― 

からからから 


ほむら「さ、到着よ」 

まどか「ほむらちゃんのきたかった場所って……、学校?」 

ほむら「そう、学校よ」 

まどか「でもどうして……?」 

ほむら「ここが私と貴女の始まりの場所だから……」 

まどか「あ」 

ほむら「魔法を使えば施錠は外せるわ。こっそり侵入してしまいましょう」 

まどか「ふふっ。なんだかわくわくしてきたよ」 




199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:39:27.99ID:uLh1uyTU0
まどか「誰もいない校舎って、靴の音がよく響くんだね」 

ほむら「まったく別の場所みたいね」 


かつかつかつ 


まどか「あ。気が付いたら自分のクラスの教室にきてた」 

ほむら「ふふっ。私の最初の目的地はここだからいいのよ」 

まどか「そうなの?」 

ほむら「……まどか。自分の席についてくれるかしら」 




202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:50:44.14ID:uLh1uyTU0
まどか「席に着いたよー!」 

ほむら「そう。それじゃあいくわね」 

まどか(いくって、何を……?) 

がらがらがら……、かつかつかつ、ぴたっ 

ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」 

まどか(これって、転校初日の……) 

ほむら「……何もかも、ここから始まったわ」 

まどか「うん……、そうだね」 

ほむら「隣の席に失礼してもいいかしら?」 

まどか「うん!」 

ほむら「よいしょ、と。……これが本当の私の席だったらよかったのにね」 

まどか「てへへ。そうだね」 

ほむら「まったく、先生ときたら気がきかないんだから」 

まどか「あはは、ホントだよー」 




204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 02:57:11.45ID:uLh1uyTU0
まどか「わーい、座りながらほむらちゃんに手が届くー!」 

ほむら「せっかくだし少しの間だけ隣の席を満喫しましょうか」 

まどか「だね!」 

ほむら「こんなに近かったら……、手を繋ぎながら授業を受ける、なんてこともできるかもね」 

まどか「そしたらクラス中から噂になっちゃったりして!」 

ほむら「その前に2人して先生に怒られるでしょうね」 

まどか「2人で廊下に立ってろー、なんて?」 

ほむら「それじゃあご褒美じゃない」 

まどか「確かに!」 

ほむら「とにかく、とっても楽しそうね」 

まどか「だね。一緒なのがほむらちゃんになるだけで、こんなにも違うんだね」 




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:10:32.64ID:uLh1uyTU0
ほむら「そうだわ。記念に黒板に落書きでもしていかない?」 

まどか「ほむらちゃんいけないんだー」 

ほむら「無免運転、不法侵入ときたら、もう怖いものなしよ」 

まどか「そしてわたしもその片棒を担いでいるのでしたー!」 


からからから 


まどか「見てみて。ほむらちゃんだよー」 

ほむら(まどかの絵はいつ見ても可愛いわ……) 

まどか「ほむらちゃんは何描いてるの?」 

ほむら「私? 私は……、まどかのつもり、だけど……」 

まどか「なんで羽が生えてるの!? しかも頭にわっかまで!」 

ほむら「まっ、まどかが天使すぎるのが悪いのよ!」 

まどか「ええーっ!?」 




211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:18:20.82ID:uLh1uyTU0
ほむら「さて、次はグラウンドへ行きましょう」 

まどか「その前にあれもやろうよ!」 

ほむら「あれ?」 

まどか「鹿目まどか。貴女は自分の人生が、貴いと思う? 家族や友達を、大切にしてる?」 

ほむら「……よくそこまでしっかり覚えていたわね」 

まどか「だってインパクトあったもん」 

ほむら「あれは勘弁してもらえないかしら……」 

まどか「ええーっ」 




215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:35:00.50ID:uLh1uyTU0
―――― 

グラウンド 


ほむら「さて。まどか、今から貴女に魔法をかけてあげるわ」 

まどか「魔法を?」 

ほむら「そう。少し走ってみてくれる?」 

まどか「走ってって……わっ!? は、早っ!?」 

ほむら「その状態でジャンプしてみて。大丈夫、着地の衝撃は和らげるから」 

まどか「わ、分かった! えいっ!!」 

まどか(やっぱり高っ!?) 

まどか(でも……、風を切る感覚がとっても気持ちいい) 




216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:35:41.03ID:uLh1uyTU0
ほむら「ずるっこだけど、いいものでしょう?」 

まどか「あーっ! もしかして……、体育の時は、いつも魔法を使ってたの?」 

ほむら「ふふっ、ばれなければいいのよ」 

まどか「ほむらちゃんやっぱりいけないんだー」 

ほむら「まどかだって人のことは言えないのよ?」 

まどか「えっ……?」 

ほむら「さあ。次に行きましょう」 

まどか「あ、うん!」 




217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:43:09.55ID:K4ZD8kns0
一周目のアレか 




218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:45:38.34ID:uLh1uyTU0
―――― 

からからから 


まどか「屋上まできて、何をするの?」 

ほむら「私ね。前から一度やってみたいことがあったのよ」 

まどか「やってみたいこと?」 

ほむら「この場所で、2人きりでのんびり話してみたかった」 

まどか「えーっ。そんなのいつだってできるよー!」 

ほむら「ううん。やっておける時にやっておかないと」 

まどか「……」 

ほむら「美樹さやかと貴女は、時々ここでお喋りしてたわよね」 

まどか「ああ……、うん。」 

ほむら「実はあれにちょっと嫉妬しちゃってたんだ。 
      それで、同じことを私もまどかとやりたいなって」 

まどか「嫉妬だなんて、わたしとさやかちゃんはただの仲の良い友達だよー!」 




221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:56:06.44ID:uLh1uyTU0
ほむら「空が綺麗ね……」 

まどか「魔法の力で空を飛んだりできないの?」 

ほむら「それはちょっと……」 

まどか「そっかぁ。ちょびっと残念」 

ほむら「案外不便なものなのよ、魔法って」 

まどか「そっかぁ……」 




222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:56:19.08ID:uLh1uyTU0
ほむら「まどかは今、幸せ?」 

まどか「幸せだよ。ほむらちゃんは?」 

ほむら「私もよ」 

まどか「こんな幸せがいつまでも続けばいいのにね」 

ほむら「ええ。本当に……」 




224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 03:59:14.12ID:uLh1uyTU0
まどか「なんだか少しうとうとしてきちゃった……」 

ほむら「膝枕してあげるわ」 

まどか「ありがとう、ほむらちゃん」 

ほむら「どういたしまして」 

まどか「ほむらちゃんのお膝、気持ちいい……」 

ほむら「まどか。そのままでいいから聞いてくれる?」 

まどか「うん……」 




226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:05:56.15ID:uLh1uyTU0
ほむら「来週、この町に……」 

まどか「この町に?」 

ほむら「……」 

まどか「ほむらちゃん……?」 

ほむら「……ねえ。まどか」 

まどか「うん……?」 

ほむら「すぐに形が消えちゃった砂浜の相合傘にも、意味はあったのよね?」 

まどか「あったよ。少なくとも私は、そう信じてる」 

ほむら「そう。それならいいの……」 

まどか「……」 

ほむら「それなら私は、頑張れる……」 




229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:09:40.73ID:uLh1uyTU0
ほむら「さて、と。それじゃあそろそろ行きましょうか」 

まどか「待って」 

ほむら「……?」 

まどか「キスしようよ」 

ほむら「……」 




232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:16:30.54ID:uLh1uyTU0
からからから 


まどか「こっ、こんなに恥ずかしいんだね……、キスって」 

ほむら「そ、そそ、そうね……」 

まどか「……」 

ほむら「でも……、キスして良かったと思うわ」 

まどか「うん。同じく」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「来週」 

まどか「??」 

ほむら「来週、もう一度ここで、お話ししましょう」 

まどか「えっ?」 

ほむら「そしてそこで……、二度目のキスを、しましょう」 

まどか「……うん。いいよ」 




233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:19:25.41ID:uLh1uyTU0
―――― 


からからからから 


まどか「嘘つき!!」 

まどか「ほむらちゃんの馬鹿ぁ!」 

まどか「黙っていなくならないって言ったのに!」 

まどか「来週もう一度屋上で話そうって約束したのに!」 

まどか「こんな……」 


ぶつっ 




234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:21:33.26ID:ju9Z36H80
ぶつっ・・・? 




235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:22:45.92ID:uLh1uyTU0
―――― 



「思い出の上映会はどうだった、ほむらちゃん」 

「今のは全て幻なの?」 

「砂浜にかいた相々傘と同じだよ」 

「……」 

「わたしにはあらゆる並行世界が見える」 

「その並行世界の内の1つから、更に一場面だけを切り出したものが、今のフィルムなの」 

「だから、幻だけど幻じゃない」 

「つまり……、どこかで確かに存在した出来事なのね」 

「そう。だから、思い出上映会」 




236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:24:08.18ID:uLh1uyTU0
「わたしの魔法少女絡みの仕事は、ほむらちゃんを導いたことでひと段落ついた」 

「ほむらちゃんも、ここにきたということは……、もう役目を終えたといっていいよね」 

「そうなるのでしょうね……」 

「それじゃさ。これから2人で、思い出上映会をのんびり楽しもうよ」 

「2人で?」 

「うん、2人で。これからずーっと、ずーっとね」 

「そんなに幸せで……、いいのかしら……」 

「いいんだよ」 

「まどか……」 

「……さ、次の思い出が始まるよ」 

映画館のような装いの空間に、ぽつりと2人だけ、隣り合わせで座る少女達 
2人の手は、指と指で深く繋がっている 




239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/05(火) 04:26:29.58ID:uLh1uyTU0
黒塗りの細長い車がスクリーンから消え、一瞬だけ、場が完全な暗闇に支配された 

―――その僅かな隙をついて 
黒い長髪の少女は、桜色の唇で、現在進行形の思い出をつくった 

「てへへ。ほむらちゃんにキスされちゃった」 

「愛してるわ、まどか」 

「うん。わたしも」 

かたかたと、次の思い出のフィルムが回り始める 
フィルムの中では、桃色の髪の少女と黒髪の少女が、2人肩を並べて歩いていた 

「やっと見つけられたね、わたし達の永遠」 

「ええ……」 

2人の視線は、再びスクリーンにそそがれた 





おわり 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

That is a superb suggestions specially to these new to blogosphere, temporary and correct information… Many thanks for sharing this 1. A should go through report.

No title

日本語でおk

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。