スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香「プロデューサーさん!猫ですよ猫!」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:09:55.34 ID:cDdur7JL0

春香「ふぅ……やっと事務所に着い……た?」

猫「ニャーオ」

春香「わぁ……」

猫「ンナー」

春香「……」

猫「ナーオ」スリスリ

春香「……」ナデナデ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:15:34.00 ID:cDdur7JL0

P「春香のやつまだ来ないのか……?」

P「これから撮影なんだぞ……そろそろ事務所出ないと……」

P「ちょっと俺探しに行ってきます!」ガチャ



春香「うりうり、うりうり」コチョコチョ

猫「ンナーオ」ゴロゴロ

P「……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:19:26.55 ID:cDdur7JL0

P「……何やってるんだ春香」

春香「あっプロデューサーさん!見てください、猫ですよ猫!」

P「……撮影」

春香「……あ、ああああーーーーー!!!」

P「はぁ……もういいから早く準備しろ」

春香「す、すいませーん!」バタバタ

P「まったく……ん?」

猫「ニャーン」スリスリ

P「……」ナデナデ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:23:50.51 ID:cDdur7JL0

千早「あら春香、これから仕事?」

春香「あっ、千早ちゃん!そうなのこれから……」

P「なにやってんだはやくしろー!」

春香「ああああゴメン!また後でね!」

千早「ふふ、大変そうね……あら?」

猫「」ゴロゴロ

千早「……野良猫かしら」

猫「ンナー」

千早「……ナデナデ」

猫「♪」グルグル


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:30:15.76 ID:cDdur7JL0

亜美「あー疲れたぁー、アイドルも楽じゃありませんなあ」

律子「こーら、このぐらいで音を上げてちゃダメよ」

あずさ「あら?千早ちゃん、事務所の前に座り込んでなにしてるのかしら?」

亜美「ちはやおねーちゃん!何してんの!?」

千早「あら、みんなお帰りなさい」

猫「ニャー」

伊織「……猫?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:34:00.46 ID:cDdur7JL0

P「……よかったな、何とか間に合って」

春香「うう、すいません……」

P「ま、仕事は大丈夫だったし大目にみてやるさ。ほら着いたぞ」

春香「(やっぱりもう猫ちゃんいない……よね)」ショボン

P「(やっぱりもういない……か)」ショボン

P「ただいまー」ガチャ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:40:15.24 ID:cDdur7JL0

小鳥「あら、おかえりなニャーオ」

春香「?!」

P「あれ?音無さん、その抱いてる猫は……」

小鳥「ええ、実は亜美ちゃんたちが拾ってきちゃって……みんなで可愛がってるうちに止められなくなっちゃったんです」

真「小鳥さん、ボクにも抱かせてくださいよ!」

伊織「なに言ってんの?次は私なんだから!」

亜美「ふっふーん!亜美が拾ってきたんだからね!」

春香「さ、最初に見つけたのは私だよ!ね、プロデューサーさん!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:44:23.67 ID:cDdur7JL0

P「……で、どうするんですかコレ」

猫「ニー」

小鳥「……私にはとても捨てに行けとは言えません」

P「……なぁ律子、お前なら」

猫「ニャー?」

律子「無理です!人間にできることじゃありません」

P「とは言ってもなぁ…」

猫「ナーオ」スリスリ

P「……」ナデナデ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:49:27.67 ID:cDdur7JL0

あずさ「ここで飼ってあげるのはダメ……ですか?」

P「う……さすがにそこまでの余裕は……それに夜は誰も面倒見れないし」

響「なんなら家で預かってもいいぞ!家族が一人増えるくらいわけないさー!」

貴音「……確か響の家にはヘビがいましたね」

真「ワニもいるって聞いたことがある……」

やよい「そんなのダメです!食べられちゃいますー!」

響「ね、ねこ吉もいるから大丈夫だぞ!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 01:55:48.19 ID:cDdur7JL0

春香「でも……」

猫「ナァー」

真美「うぅ、そんな目で見られると……」

春香「プロデューサーさん、どうにかなりませんか?」

P「……じゃあ夜の間は事務所の外に出すってことなら、いいぞ」

亜美「やほー!兄ちゃん話せるぅー!」

雪歩「あの、名前とかってどうします?」

美希「そっか、猫ちゃんじゃデコちゃんとまぎらわしいの」

伊織「デコちゃん言うなー!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:05:18.13 ID:cDdur7JL0

亜美「じゃあ亜美が拾ったから亜美丸!」

真美「却下に決まってるっしょ→」

美希「おにぎりちゃんとかおいしそうで可愛いの!」

雪歩「食べちゃだめですぅ!」


ゲッターボロ!コーグ!ドラッグスランプサムライガー!コロコロポロレ!

小鳥「じゃあこういうのはどうかしら?765プロの猫だから……」キュッキュ

「ナム子」

亜美「えーなんかフツー」ブーブー

春香「私はいいと思うな、ナム子!」

猫「ンナーオ」

真「あ、返事したよ!」

貴音「よろしくお願いしますね、なむこ」

P「はい、じゃあナム子で決まり!もう遅いから、みんな帰るぞー」

ナム子「ニャー」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:09:19.06 ID:cDdur7JL0

春香「おはようございまーっす!」

ナム子「ニャアオ」

春香「おはようナム子~」スリスリ

小鳥「あら?春香ちゃん、今日はお仕事お昼からじゃなかった?」

春香「えへへ、ナム子と遊びたくって早めにきちゃいました!」

小鳥「まったく……すっかりうちのアイドルになっちゃったわねナム子は」ナデナデ

猫「ナー」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:15:12.96 ID:cDdur7JL0

コーチ「ハイ、1,2!1,2!」


雪歩「ふぅ、疲れちゃったね」

ナム子「ンナオー」

真「ええ、ナム子?!誰だよレッスンにまで連れて来たの!」

やよい「ご、ごめんなさい……さびしそうな目で見るからつい……」

ナム子「ナー」

真「た、確かに……」

雪歩「でもダメだよ、やよいちゃん」ナデナデ

やよい「ごめんなさい……」ナデナデ

ナム子「ナーオ♪」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:21:46.80 ID:cDdur7JL0

伊織「ねえ、今日も一日仕事なの?」

律子「そうねぇ……どうしたの?体調悪いとか?」

伊織「そ、そんなんじゃないわよ!」

美希「デコちゃんったら、みんなよりナム子と遊べないから悔しがってるの」

律子「ああそーいうこと……」

伊織「ち、違うわよ!でたらめ言ってんじゃな」

ナム子「ニャー」

伊織「あ、ナム子……」

ナム子「ニャーオ」スリスリ

伊織「……ふふっ」ナデナデ

あずさ「律子さーん、そろそろお仕事……あら?」

律子「そうですね、ほら伊織行くわよ」ナデナデ

伊織「はいはい」ナデナデ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:27:22.46 ID:cDdur7JL0

響「ハム蔵ー!どこ行ったんだハム蔵ー!」

千早「また逃げ出したの?」

響「うん……きっと自分がハム蔵のおやつ食べちゃったから……」

ナム子「ヌァー」

響「うん?ナム子……ってハム蔵!」

ハム蔵「ヂュヂュヂュヂュヂューーーー」

ナム子「ンヌァー」

響「千早見ろ!ナム子がハム蔵を見つけてくわえてきてくれたぞ!」

千早「そ、そうね。それよりはやくハム蔵を助けてあげたほうが……」

ハム「ヂュアー」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:36:03.97 ID:cDdur7JL0

貴音「……ナム子」チッチッ

ナム子「ナー」

貴音「ナム子、ほれナム子や」チッチッチッ

ナム子「ニャー」ストン

貴音「あ……」

雪歩「ふふ、四条さんの膝の上に座っちゃいましたね」

ナム子「ニー」

雪歩「……猫もお茶飲むのかなぁ……」

貴音「」グースカ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:45:39.93 ID:cDdur7JL0

千早「ラララ~♪」

ナム子「ナァー」

千早「あらナム子、あなたもいっしょに歌う?」

ナム子「ニィー」グルグル

千早「そうだわ、確かこの前春香が家からかつお節を持ってきてたはず……」ゴソゴソ

やよい「あれ?千早さん、何してるんですかー?」

千早「あら高槻さん、いまナム子にこれをあげてたところよ」

やよい「あ、かつお節ー!」

千早「はいナム子、いっぱいあるわよ」

ナム子「ンナァー♪」ハムハム

やよい「……いいなーナム子……おいしそう」

千早「……え?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 02:53:34.18 ID:cDdur7JL0

小鳥「じゃあお先に失礼しますね」

P「はい、お疲れ様です。俺もこれが終わったら帰りますから」

小鳥「では戸締りをお願いしますね。お疲れ様です」バタン

P「ハァー、よっしやるかあ」

ナム子「ンナーオ」

P「ん?どうしたナム子」

ナム子「ニャーオ」ゴロゴロ

P「まったく……ちょっとだけだぞ」コチョコチョ



P「仕事が進まない……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:01:03.12 ID:cDdur7JL0

ビュゴオオオオオオオオオオオオオオ

春香「すごい雨……ナム子大丈夫かな……」


春香「おはようございまーす……ってあれ?ナム子は?」

P「ああ、それが昨日から帰ってないみたいでな……」

春香「そんな!だってこんな雨の中……私探してきます!」

小鳥「でも、春香ちゃんはこの後レッスンの予定が……」

春香「う……でも!」

P「音無さんの言うとおりだ。ナム子は俺が探しに行くから、春香はレッスンに行け」

春香「……はい」トボトボ

P「さてと……ちょっと行ってきますね」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:06:18.11 ID:cDdur7JL0

ザアアアアアアアアアアアア

P「おーいナム子ぉー、ナム子やーい」

P「事務所の近くにはいないのか……どこ探せっていうんだよ……ん?」



黒井「」ナデナデ

ナム子「ナーオ♪」グルグル

P「……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:11:22.61 ID:cDdur7JL0

P「あの……黒井社長?」

黒井「んん?なんだ君か……何か用かね?」

P「いえ、その猫なんですけど……」

黒井「フン、雨宿りしているところにすり寄ってきただけだ……なんだ、765プロは猫のプロデュースでも始めたのかね?」

P「そ、そういうわけじゃ……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:17:22.64 ID:cDdur7JL0

黒井「フン、自分のところのアイドルの面倒ぐらい自分でみたまえ」ヒョイ

ナム子「ンナー」

P「うわっと!あ、ありがとうございます……?」

黒井「……雨が止んだな、では私は失礼する」

P「……はぁ。なあナム子、お前何を話してたんだ?」

ナム子「ニャーゴ」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:22:31.67 ID:cDdur7JL0

亜美「ナム子は亜美と真美どっちが好きー?」

真美「そんなの真美に決まってるじゃんねー?」

ナム子「ニャー」

亜美「そんな!亜美とはただの遊びだったってゆーの?!」

ナム子「ニーニー」

真美「ふっふーん!しょせんナム子のコンサイはこの真美ちゃんなのだよ!」

律子「なにやってんのあんたたち」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:31:39.80 ID:cDdur7JL0

P「ただいまー」

小鳥「あら、お帰りなさい。どうでした営業のほうは?」

P「ええ、けっこうな遠出でしたよ。そうだ、ナム子います?」

小鳥「今響ちゃんたちが散歩に連れていきましたよ」

P「なんだ……お土産買ってきたんですけど」ガサゴソ

小鳥「へー……あれ?ナム子ちゃんの分……だけ?」

P「あ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:37:50.49 ID:cDdur7JL0

千早「……最近、ナム子あんまり帰ってこないわね」

やよい「なんか元気なさそうな気がしますー」

真「ひょっとしたらもう年だったのかもね……」

真美「猫って、死にそうになると帰ってこなくなるんだよね……」

春香「や、やめようよ縁起でもない……」

小鳥「た、大変よ春香ちゃん!ナム子が……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:41:57.60 ID:cDdur7JL0

P「交通事故だって……」

雪歩「そんな……」

貴音「ナム子……」

小鳥「……実はね、ナム子、足をけがしてたみたいなの。それで……」

伊織「な……ならなんで病院に連れて行ってあげなかったのよ!」

P「すまない……まさかこんなことになるなんて」

春香「……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:44:55.10 ID:cDdur7JL0

P「あれからずっとみんな元気がないな……」

小鳥「無理もないですよ……あんなことがあっちゃ」



春香「……はぁー」

ニー

春香「……?」

子猫「ニーニー」

春香「……ナム子?」

子猫「ニー」

春香「ちっちゃいナム子だ……えへへ」ナデナデ

ナム子「ニャーオ」

おしまい


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:46:42.85 ID:OE96Pts10


アイマスSSでアイドル以外に癒されるとは


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:49:27.60 ID:cDdur7JL0

猫って知らないところで子どもつくってくるよね 去勢もせず放し飼いにしてたせいだけど

読んでくれた人乙


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 03:52:20.46 ID:8ck7H/RwO

乙でござった!


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。