スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅莉栖「はぁ…岡部」 

カテゴリ:シュタインズゲートSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 11:54:34.62 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「グッモーニーンって」

紅莉栖「…誰もいないじゃないの」

紅莉栖「って…これは!」

紅莉栖「お、岡部の白衣!!」

紅莉栖「…」キョロキョロ

紅莉栖「…」クンクン



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:01:18.68 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「…誰もいないし、ちょっとだけ、なら…」

紅莉栖「んっ…はぁおかべぇ」

紅莉栖「はぁ///」

紅莉栖「んっ!」

>>15「ガチャ」

紅莉栖「!!」

>>15入ってきたラボメンは?
コンマ奇数でオ○ニーばれるor偶数でばれない


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:02:08.84 ID:oKavgyYc0

すずは


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:06:12.66 ID:My1q/qYD0

鈴羽「おいーっす」

紅莉栖「ひっ!!」

鈴羽「…牧瀬紅莉栖だけか」

紅莉栖「そ、そうよ!なんなのいきなり!」

鈴羽「…何あわててるの?」

紅莉栖「な、なんでもない!なんでもない!」

鈴羽「?」

紅莉栖「ところで何の用?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:09:49.54 ID:My1q/qYD0

鈴羽「別にー今日は岡部倫太郎と一緒に出かける予定だったからさ」

鈴羽「でもいないんならいいや」

紅莉栖「ちょ、ちょっと待ちなさい!今何ていった!?」

鈴羽「?岡部倫太郎がいないんならいいやって言っただけだけど」

紅莉栖「何で岡部が出てくるのよ!岡部と、で、デー…かけるの?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:16:43.78 ID:My1q/qYD0

鈴羽「ちょっとねーこないだ一緒にご飯食べてるときさー」


岡部『ぬぁに!?この街のお勧めスポットを教えろだと?』

鈴羽『そー、ほらこの本に秋葉には見所がいっぱいあるって書いてあるじゃん』

岡部『それで…この鳳凰院凶真の力を借りたい、と』

鈴羽『うん!』

岡部『フフフ、ハァーハッハッハ!よかろう!』

岡部『確かにこの街は異界…バイト戦士程度の力では生きて帰ることは…不・可・能・だ』

岡部『俺に付き従え!』


鈴羽「ってことで、今日行く予定だったんだけど」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:19:45.16 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「岡部…私も頼めば一緒に出かけてくれるのかな…」

鈴羽「?」

鈴羽「まーいいや。いないんならまた出直そーっと」

ガチャ

紅莉栖「岡部…ハァハァ」

紅莉栖「おかべ、おかべ///」クンクン

>>30「」

>>30入ってきたラボメンは?
コンマ奇数でばれるor偶数でばれない


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:23:27.08 ID:rzOta6yE0

岡部


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:30:01.31 ID:My1q/qYD0

岡部「こちら鳳凰院凶真ただいま任務を達成した!全員集合!」

紅莉栖「ひぁゃあ!!」ガタガタ

岡部「ん?ぬぁにをやっている助手よ」

岡部「この鳳凰院凶真の帰還に心が高ぶるその忠誠…んふーなかなか悪くないぃ」

岡部「どぅあが!かしこまる必要はない!そのままそこに座していろ」

紅莉栖「はぁはぁ」

紅莉栖(ば、ばれた?…でもこの態度、ばれてない…よね)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:35:58.53 ID:My1q/qYD0

岡部「って何をしている助手!それは俺の白衣ではないか!返せ!」

紅莉栖「ちょ!だ、ダメ!」グイ

岡部「な、なんだこの力!か、返せぇ」

紅莉栖「ん~!」

紅莉栖(い、今白衣をどかされたら…スカートが///)

岡部「な、何だこのか細い助手の腕から発せられる腕力!」

岡部「ぐっ!聞こえるか!?あぁそうだこっちはもうダメだ、どうやら俺一人ではどうにもならんらしい!」

紅莉栖「と、とにかくこの白衣は…ほらここ!ほつれてるから、縫っておいてあげる」ビリッ

岡部「ぬぁ!今何かが破けた音がしたが、フッあえて詮索はしまい」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:40:31.93 ID:My1q/qYD0

岡部「それよりもまずはゥエネルギーの摂取だ」ガサゴソ

岡部「って!ドクペがないではないか!」

岡部「バカな!まゆりには常に補充を欠かさぬよう指令を与えていたはず!」

岡部「あぁ俺だ!間違いない機関による市場介入だ!何!シンガポールも既にやられただと!」

岡部「助手よ!このラボの留守という任務をお前に授ける!」

紅莉栖「え?」

岡部「俺は…フッ…逝ってくる」ガチャ

紅莉栖「あっちょっと…岡部」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:44:09.20 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「何よ騒がしいんだから」

紅莉栖「さっき白衣取ろうとして、岡部に腕掴まれた…」

紅莉栖「えへ///」

紅莉栖「岡部、んっ///」

>>43「」ガチャ

奇数でばれるor偶数でばれない


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:48:18.45 ID:ZWtvZBR20

萌郁


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:52:00.32 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「はぁ。おかべ、おかべっ」

萌郁「」カシャ

紅莉栖「んっ、寂しいよ…おかべっ、いつも一人なんて」

萌郁「」カシャ

紅莉栖「おかべっ!おか…」

萌郁「」カシャ

紅莉栖「」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 12:55:10.19 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「ディディデDメール、メールを…メールを過去に……私が生まれていない世界線へ…」

萌郁「」カシャ

紅莉栖「もう止めてぇ!!ライフはゼロよ!!」

萌郁「」カチャカチャ

萌郁「┐(-。ー;)┌ヤレヤレ」

紅莉栖「いやぁーーーーーー!!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:03:18.36 ID:My1q/qYD0

萌郁「大丈夫だよ(⌒-⌒)女の子だってそんな気持ちになることあるよ!(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ」

紅莉栖「…」

萌郁「大丈夫だよ(^○^)誰にも言わないからね=^-^=」

紅莉栖「はぃ…」

萌郁「」カチャカチャ

紅莉栖「…今誰にメールしてます?」

萌郁「…」

紅莉栖「岡部にメールしてるでしょ!!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:07:50.16 ID:My1q/qYD0

萌郁「してないよ( ̄□ ̄;)」

紅莉栖「嘘!携帯見せてください!」

萌郁「いや!」

紅莉栖「…じゃ、じゃあせめて写真だけは消してください」

萌郁「」

紅莉栖「何とか言って!!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:11:32.70 ID:My1q/qYD0

萌郁「(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!」

紅莉栖「待って!どこ行くんですか!!」

萌郁「今日わねー岡部君と買い物行くんだ(o^∇^o)ノ」

萌郁「私の部屋の家具一緒に買いに行くって約束したんだぁ(・・。)ゞ テヘ」

紅莉栖「さらっっと重大発言が!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:16:54.65 ID:My1q/qYD0

萌郁「じゃあね(*⌒∇⌒*)」

紅莉栖「あっちょっと!待っ…て」

萌郁「」ガチャ

紅莉栖「行ってしまった…」

紅莉栖「ていうか!写真消してもらってないじゃない!」

紅莉栖「ど、どうしよう…もしこんなことが岡部にバレたら」

紅莉栖「岡部に…岡部に…ハァハァ」

紅莉栖「あぁ…どうしようハァハァ…バレたら…」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:19:25.92 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「あぁ、どうしよう凄くドキドキしちゃう///」

紅莉栖「こんなとこ岡部に見られちゃったら…ハァハァ」

紅莉栖「んぅっ…」

>>70「」ガチャ

奇数でばれ
偶数でばれない


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:21:38.29 ID:VQks17QnI

ダル


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:25:03.04 ID:My1q/qYD0

ダル「グッモーニーン」

紅莉栖「ぐはぁぁ!!」

ダル「がはぁぁ!!」

ダル「こ、これは…」

紅莉栖「い、いや違うっ、これ、これは///」

ダル「なん…だと…」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:29:32.15 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「いや///いやぁ///」

ダル「って、おいそこのお前!」

ダル「そうだ!モニターの前のお前だお!!」

ダル「お前は次にこう言う『オ○ニーバレキターーーーーーーーーーー』と!」

ダル「はぁ」ヤレヤレ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:37:03.95 ID:My1q/qYD0

ダル「お前はこう思っているはずだお!」

ダル「このまま僕が欲望のまま牧瀬氏を襲うと!」

ダル「エ○同人のように!!」

紅莉栖「ひっ!」ビクッ

ダル「そういう妄想はチラシの裏にでも書いとけよなJK」

ダル「僕は紳士なんだお!紳士という名のHENTAIなんだお!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:40:57.11 ID:My1q/qYD0

ダル「人間の三大欲求の一つであるもの性欲」

ダル「人間は自慰行為をもってしてそれを発散している」

ダル「つまり!」

ダル「自慰行為を行っているということは己で己の性欲をコントロールできるということ!!」

ダル「逆に考えるんだ、『性欲が何かを知らない少女に手取り足取り教えることのほうが興奮する』と考えるんだ」

紅莉栖「…こいつヤベェ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:45:40.61 ID:My1q/qYD0

ダル「ふおおおおおおお」

ダル「みなぎってきたーーーーーーーーーーーーーー!!」

ダル「こうなったら積みゲーを一つ残らずクリアせずにはいられない!」

ダル「集合!解散!!」ガチャ

紅莉栖「…た、助かった…の?」

紅莉栖「今回ばかりは命の危機を感じたわ」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:49:13.98 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「はぁ…流石にラボで…じ、じぃ…は危険ね///」

紅莉栖「もし今のが岡部だったら…岡部の目の前でしちゃったら…」

紅莉栖「岡部…も、ドキドキしてくれるの…かなぁ」

紅莉栖「もし、岡部に、岡部に…ハァハァ」

紅莉栖「あぅ!んっ…」

>>97「」ガチャリ

奇数でばれ
偶数でばれない


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:50:40.52 ID:6+r0+8Za0



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 13:59:08.77 ID:My1q/qYD0

綯「こんにちはー」

紅莉栖「あおっ!!」

紅莉栖「ハ、ハーイグッモーニーン」

綯「あ、お姉ちゃんこんにちはー」

綯「まゆりお姉ちゃんは?」キョロキョロ

紅莉栖「ま、まゆりならまだ来てないけどっ…」

綯「そっかー」

紅莉栖「…」

紅莉栖(さっきHENTAIが言ってたけど…)

紅莉栖(確かにこの子になら見せてみても良かったかも!)

紅莉栖「こ、興奮しますた」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:05:21.86 ID:My1q/qYD0

綯「?」

紅莉栖「はぁはぁ」

綯「お姉ちゃん?」

紅莉栖「って!ダメよ牧瀬紅莉栖!これじゃああのHENTAIと同じじゃない!」

紅莉栖「落ち着いて、素数を数えるの1、2、3、4」

紅莉栖「ふぅー」スッキリ

紅莉栖「今日はまゆりと約束してたの?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:11:42.25 ID:My1q/qYD0

綯「今日はねまゆりお姉ちゃんとうーぱ買いに行くって約束してたの」

綯「でもお店から外見てたけどまゆりお姉ちゃんこないから上にいるのかと思って…」

 オーイ

綯「あっお父さんだ」

 ナエー オリテコーイ

綯「お父さん呼んでるから戻るねバイバーイ」

紅莉栖「バイバイ」

 ダメダロ ナエ ウエハヤツラノスダ キケンダカラチカズクナ


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:15:42.94 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「それにしてもさっきから出たり入ったりで慌しいわね」

紅莉栖「何だか疲れたわ…んっ」

紅莉栖「はっ!無意識に手が!」

紅莉栖「……んっ」

>>117「」ガチャ

奇数でばれ
偶数でばれない
いまさらだけど基本ラボメンで


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:17:29.10 ID:KJs8KJsm0

フェイリス「ニャニャ!?フェイリスもまぜるニャ!」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:22:42.11 ID:My1q/qYD0

フェイリス「ニャーン凶真いるかニャーン?」

紅莉栖「あら、フェイリスさん」

フェイリス「ニャニャ、クーニャンしかいないニャ」

紅莉栖「今日はみんな忙しいみたいだけど」

フェイリス「ニャーン」

紅莉栖「な、何?」

フェイリス「ニャニャン!フェイリスに隠し事はできないニャ」

紅莉栖「!」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:26:30.21 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「何のことかしら…」

フェイリス「見える…見えるニャ」

紅莉栖「!」

フェイリス「スバリ!クーニャンは大きな隠し事をしているニャ!」

紅莉栖「!!」

フェイリス「それは…ズバリ…」

紅莉栖「あぅ」

フェイリス「クーニャンは昨日お風呂に入ってないニャ!!」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:32:12.65 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「ほっ」

紅莉栖「って何でそれを!?」

フェイリス「ニャニャ、フェイリスの瞳と鼻腔は常に真実を捉えるのニャ」

紅莉栖「き、昨日は色々と忙しくて…」

紅莉栖「それよりも岡部を探しているみたいだけど?」

フェイリス「ニャ!凶真があまりにもこないからフェイリスが会いに来たのニャ!」

フェイリス「待っててもダメなら押しかけるのがフェイリスのやり方ニャ!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:38:06.14 ID:My1q/qYD0

フェイリス「それと凶真に貢物を届けにまいったのニャ」

紅莉栖「貢物ってこれドクペ…」

紅莉栖「そういえば岡部ドクペ買いに出かけたんじゃ」

フェイリス「ニャニャ!!」

フェイリス「フェイリスの行動が読まれてるニャ!これは凶真の言う機関の攻撃!!」

紅莉栖「はいはい」

フェイリス「このままではただでさえ少ない凶真の資金が無駄遣いで底をつきメイクイーン+ニャン2にこれなくなってしまうニャ!」

フェイリス「いまならまだ間に合う!フェイリス!GOニャ!」ドンッ


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:42:50.08 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「ちょっとこんなにドクペ置いてかれても困るんだけど…」

紅莉栖「…」

紅莉栖「だいたい岡部がドクペのこの辺りを持つとして」

紅莉栖「掌はここに…」ペロペロ

紅莉栖「キャップも外すときに掴むはずだからキャップも」ペロペロ

紅莉栖「えへへ///これで私の唾液が岡部の手に…」

紅莉栖「そ、その手で岡部が…ナニを///ハァハァ」

>>130「」ガチャ

奇数でばれ
偶数でばれない


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:44:56.65 ID:MNoU6fzw0

Mrブラウン


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:50:38.16 ID:My1q/qYD0

ブラウン「おい、バイトこっちに来てねぇか?」

紅莉栖「あっ…」ペロペロ

ブラウン「…」

紅莉栖「…」

ブラウン「はぁ」

紅莉栖「いや、違うんですっこれはアメリカではよくあることで…」

ブラウン「フランスではなかったぜ…それにここは日本だ」

紅莉栖「うぅ」

ブラウン「いや、いきなり入ってきちまった俺も悪かった」

ブラウン「俺も男だ。こういう場を見られる気まずさは…まぁわかる」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:53:38.24 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「あ、あのっ!」

ブラウン「いいんだ気にすんな」

ブラウン「悪かったな、俺は何も見てない」

紅莉栖「えと、はぃ」

ブラウン「それと…」

紅莉栖「は、はい!」

ブラウン「あんまり綯には変なことを教えないでくれ」ガチャ


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:58:06.25 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「ああああああああああああああ!!」

紅莉栖「何であんなこと言っちゃったんだろ」

紅莉栖「どう見てもペロリストです!本当にありがとうございました!!」ジタバタ

紅莉栖「もうこれから下に降りられないぃ!」

紅莉栖「…でもそうなったらここに住むしかないわけで…それはつまり」ゴクリ

紅莉栖「お、おお、岡部、と」

紅莉栖「えへ、えへへ///」

紅莉栖「岡部と、岡部と///あんっ」

>>146「」ガチャ

奇数でばれ
偶数でばれない


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:00:51.58 ID:Ph/oDjPe0

ルカ子


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:09:06.10 ID:My1q/qYD0

ルカ子「おじゃましまぁす」

紅莉栖「あら漆原さん。こんにちは」サササ

ルカ子「え!何か今スゴイ速い動きだったんですけど」

紅莉栖「そう?」

ルカ子「気のせいでしょうか、あっあの岡、凶真さんは?」

紅莉栖「出て行ったきり帰ってこないのよ」

ルカ子「そうなんですか…」

紅莉栖「何か用?伝えておこうかしら?」

ルカ子「あっ!///でもその僕の個人的なことなので…」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:12:26.03 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「そう?」

ルカ子「でも…あの…///」

ルカ子「ぼ、僕最近、きょ凶真さんのことを考えると…」

紅莉栖「え?」

ルカ子「胸がチクッとして…何だかボーッとしちゃって…」

紅莉栖「漆原さん…あなた」

ルカ子「その…した…のほうが大きくなるんです…びょ、病気なんでしょうか?」ジワ

紅莉栖「あ、そういう世界線か」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:17:54.69 ID:My1q/qYD0

ルカ子「す、すませんこんなこと…女の人に言っちゃいけないのに」

ルカ子「きょ今日は帰ります!」

紅莉栖「待って漆原さん」ガシッ

ルカ子「えっ」

紅莉栖「気にしないでおかしなことじゃないもの」

ルカ子「そ、そうなんでしょうか…」

紅莉栖「そういう性欲っていうのは…そう人間の正しい欲求の一つなのよ?」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:22:21.69 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「それに漆原さんはしっかりとそのことを意識できているんだもの」

紅莉栖「そういうコントロールができているんならちっとも悪いことじゃないわ」

紅莉栖「適度な発散はストレスの解消にも繋がるのよ」

ルカ子「そ、そうなんですか」

ルカ子「僕、僕…ずっと悩んでて」グスッ

ルカ子「でも何だかすっきりしました」

ルカ子「これで岡、凶真さんにも恥ずかしがらずに伝えられそうです!」

紅莉栖「それはやめたほうがいいわ」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:25:52.60 ID:My1q/qYD0

ルカ子「え?何でですか?」ハァハァ

紅莉栖「何でって…それは」

ルカ子「僕、岡b凶真さんにも知ってもらいたいんです僕の気持ちを!」ハァハァ

紅莉栖「わかった、わかったわ漆原さん。だからすこし鼻息を抑えて」

ルカ子「ぼ、僕、凶真さん探してきます、僕のことをよく知ってもらいたいです!」ダッ

紅莉栖「アッー」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:30:52.27 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「行ってしまったわ」

紅莉栖「ごめんなさい岡部。でも私は傷ついた岡部だって癒してあげるから」

紅莉栖「それにしても…漆原さんと岡部…」

紅莉栖「ウル×オカ…これは捗る!」

紅莉栖「普段気弱な漆原さんが岡部に丘に手をかけて…あぁっ」

まゆり「」ガチャ

>>167
とりあえずラボメンは一通り
安価はまゆりにばれるか
奇数でばれ
偶数でばれない


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:32:16.89 ID:l6mZscws0

バレルタイター


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:36:20.87 ID:My1q/qYD0

まゆり「トゥットゥルー」

紅莉栖「アッー!」

まゆり「紅莉栖ちゃん?」

紅莉栖「ま、まゆり!?違!これがシュタインズゲートの選択なの!?」

紅莉栖「あのね、まゆり?こ、これは///」

まゆり「紅莉栖ちゃん~気にしなくていいのに」

紅莉栖「え?」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:40:55.16 ID:My1q/qYD0

まゆり「まゆしぃもよくあることなのです」

紅莉栖「えぇ!」

まゆり「可愛い子のコスプレを見たり、本を読んでると何だかお腹の方がジンワリしてくるんだよねぇ~」

まゆり「でも、そういうときには自分で触ったりするといいんだよね~?」

紅莉栖「え、ええ。そうこれは己をコントロールするために必要なことで…」

紅莉栖「でも意外だったわ。まゆりが、その…こういうこと知ってるなんて」

まゆり「前にオカリンに相談したら教えてくれたのです」

紅莉栖「え」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:45:03.44 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「ど、どういうことだってばよ…」

まゆり「ん~とね、前にそんな話をオカリンにしたらね?」


岡部『んなっ!…フフフ、ハァーハッハッハッ!』

岡部『俺だ、ああどうやらそのようだ。計画は既に第二までフェイズまで移行しているようだ』

岡部『やつら本気のようだな。何?フッわかっている俺の封印はそこまで脆くはない』

岡部『ああ、わかった…エル・プサイ・コングルゥ』

まゆり『?』


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:51:36.45 ID:My1q/qYD0

岡部『まゆりよ!どうやら機関の妨害電波がお前の肉体を侵食しているようだ』

まゆり『えぇ~』

岡部『案ずるな、直ちに影響はぬぁい!』

岡部『当面は、その異変を感じたら…自分で触ってみろ…』

まゆり『え~汚くないのかなぁ』

岡部『そんなこと俺が知るわけないだろ!』


まゆり「って教えてもらったんだ」

紅莉栖「お願いまゆり、今度からそういう相談は一度私を通してちょうだい!」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 15:57:31.04 ID:My1q/qYD0

まゆり「あれ~ドクペがこんなに一杯」

まゆり「まゆしぃもたくさん買ってきてしまったのです」

紅莉栖「それはさっきフェイリスさんが置いていったものなんだけど」

まゆり「そっかぁオカリンこんなに一杯飲めるかぁ」

まゆり「まゆしぃはこれから綯ちゃんとうーぱ探しに出かけなければならないので処理ができません」

紅莉栖「大丈夫よ、私も貰うから」

まゆり「ありがとぉ~紅莉栖ちゃん」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:01:27.17 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「まゆりも行ってしまったわ」

紅莉栖「それにしてもまさかまゆりにもそんな知識があったなんて…」

紅莉栖「それに教えたのが岡部なんて…」

紅莉栖「もし、私が岡部に聞いたらちゃんと教えてくれるのかしら」

紅莉栖「ハァハァ…お、岡部に教えてもらえる…んっ」

>>186「ただいま~」

帰って来たのは?
奇数でばれ
偶数でばれない


186: エアロダイン ◆18l91MfJ0Y 2012/12/02(日) 16:03:24.24 ID:Kuob5Uym0

おかべ!


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:10:48.46 ID:My1q/qYD0

岡部「鳳凰院凶真がぁ今!機関の攻撃を退け戻ったぞ!」

岡部「危険な戦いだった、どぅあが、この俺を力をもってすれば、問題ない」

紅莉栖「お、岡部ぇ!?」

岡部「んん?どうした助手よ」

岡部「む!そういえばさっき渡した白衣、縫い終わったのだろうな!?」

紅莉栖「えっ?あ!?」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:15:01.41 ID:My1q/qYD0

岡部「ぬぁ!!何だこれは何一つ処置されていないではないか!」

紅莉栖「ご、ごめん忘れてた…」

岡部「何てことだ、今日一日白衣を我慢していたというのに…これが機関の真の狙いか!」

岡部「んあ!!な、なんだこの冷却機から溢れているドクペの群れは!?」

紅莉栖「そ、それはまゆりとフェイリスさんが…」

岡部「がはっ!お、俺の衣服と金…まさかふたつを同時に責める多段攻撃とは…」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:19:13.56 ID:My1q/qYD0

岡部「えぇい!こちら鳳凰院凶真、逃げろ俺達は既に機関の攻撃を受けていたんだ!」

岡部「ここは俺が食い止める!だから!」

紅莉栖「ちょ、岡部」

岡部「それと助手!いい加減その白衣を返せ!」グッ

紅莉栖「えっあっ!や!」バサッ

岡部「まったく…ん?」

紅莉栖「あっ///」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:22:54.63 ID:My1q/qYD0

岡部「じょ、助手…お前」

紅莉栖「あっ///ダメ見ないでって!ちょ!」ガサゴソ

岡部「おい!聞こえるか!?機関はラボのメンバーを狙っていたんだ!」

岡部「ああそうだ!助手がやられた!ぐっ!クリスティーナは既にクリト○スティーナとなっていたんだ!!」

紅莉栖「////」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:29:06.41 ID:My1q/qYD0

岡部「落ち着け俺、この精神攻撃を避けるためにはまずドクペを…」ゴクゴク

岡部「ぷはぁ!…だ、だめだ!まさか機関の精神汚染攻撃がここまでの威力とは!」

紅莉栖「お、岡部…私はおかしくないよ…?」

岡部「いや!違う助手!おかしさに気づけていない時点でお前は既に機関の攻撃を受けている!」

紅莉栖「そ、そんな、岡部は…私がこういうことしてるの…き、気持ち悪いって思うの?」ジワッ

岡部「んな!」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:35:24.38 ID:My1q/qYD0

岡部「おい聞こえるか?タイムマシンを発明していたが俺はもうダメかも知れない…」

紅莉栖「岡部!こっちを見ていいなさいよ」

岡部「ぐっ…」

紅莉栖「ねぇ、どうなの?そのこいうことをする私って…」

岡部「…そ、率直に言えば動揺した」

紅莉栖「そう…」

岡部「だが、決して嫌悪感はない…これは俺の素直な気持ちだ」

紅莉栖「お、岡部…」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:42:11.77 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「わ、私も…岡部がしてても…嫌ではない」

岡部「な、何の話だ…」

紅莉栖「岡部のこと…そういう風に思ってるから」

岡部「何だこれは…はっこれはまさか機関の生み出したサイボーグクリスティーナ!?」ボソボソ

岡部「それならば全てのつじつまが合う、いや間違いない…」

紅莉栖「岡部、話聞きなさいよ」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:49:44.27 ID:My1q/qYD0

岡部「機関はラボの頭脳である俺を混乱させることでラボの崩壊を狙っていたのだ!」

岡部「フハハハ!残念だったなこの勝負!俺の方が一枚上手だったようだ!!」

紅莉栖「岡部!!」

岡部「はい」

紅莉栖「ちゃんと聞きなさいよ」

岡部「す、すまん」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:53:45.86 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「岡部、岡部はその…これ以上のことに興味はあ、あるの?」

岡部「なん…だと…」

紅莉栖「だ、だからぁ岡部は、ひ、一人でする以上のことは…したいの?」

岡部「お、俺…俺は…」

紅莉栖「うん…」

岡部「お、俺は負けん!」

紅莉栖「ふぇ!?」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 16:58:31.09 ID:My1q/qYD0

岡部「何?イヤこっちは問題ない」

岡部「ああ、機関の狙いはわかった。やはりこの俺のようだ」

紅莉栖「ちょ、ちょっと!」

岡部「ああ、いや問題ない。俺が行くしかないようだからな」

岡部「フッ…エル・プサイ・コングルゥ!」

紅莉栖「岡部ってば!!」

岡部「むあっていろ!!助手よ!今お前を助け出すぅ!」

岡部「この、鳳凰院凶真がなぁ!!」ダッ

紅莉栖「ちょ!岡部逃げるなぁ!!」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 17:02:24.29 ID:My1q/qYD0

紅莉栖「お、岡部…」

紅莉栖「岡部ぇ…」グスッ

紅莉栖「やっぱりイヤだよね…こんな女なんて」

紅莉栖「うぅ…あっ」

紅莉栖「こ、これは…さっきの岡部の飲みかけドクペ…」ゴクリ

紅莉栖「も、もったいないから…食べ物は…ゴクゴクゴク」

紅莉栖「プハ…んっおかべったら、さっきは照れちゃっててて///」

紅莉栖「んっ…あっ…岡部、おかべ///」



おわり


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 17:03:32.40 ID:evtcwJNJ0

は?


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 17:06:39.25 ID:gE/iO0+u0

最後のチャンスを逃した岡部が悪い


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 17:07:27.64 ID:gKITLOQ50

やれよぉぉおおおおお


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 17:08:30.71 ID:mjPInmDzO

これから無限ループがはじまります


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:シュタゲSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。