スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかり「昔の呼び方してくれるまで京子ちゃんを無視するよっ」 

カテゴリ:未分類

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 20:56:45.48 ID:LQRHxJo80

あかり「あかりちゃんってまた呼ばれたいもんっ!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 20:58:46.64 ID:LQRHxJo80

~ごらく部~

京子「あれ、あかり1人なの?」

あかり「……」

京子「ちなつちゃんは~?」

あかり「……」

京子「……あかり?」

あかり「……」

京子「なんだ~、あかり、ひょっとして寝ちゃってるのか?」ポフポフ

あかり「……」

京子「……?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:01:53.65 ID:LQRHxJo80

京子(なんだろ、ひょっとしてあかり、何か具合悪いのかな)

京子「あかり、大丈夫?」

あかり「……」

京子「保健室行く?」

あかり「……」



ガラッ



ちなつ「すみません、掃除が長引いてて遅れましたっ」

京子「あ、ちなつちゃ……」

あかり「あ、ちなつちゃん、御苦労さま~」

京子「……あれ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:05:47.10 ID:LQRHxJo80

あかり「ちなつちゃん、お掃除頑張って偉いよねぇっ」

ちなつ「別に普通だよ?」

あかり「ううん、掃除を頑張るって凄く立派な事だと思う!」

あかり「きっと、ちなつちゃんいいお嫁さんになるよっ!」

ちなつ「も、もう、あかりちゃんったらっ///」

あかり「えへへ、あ、今日はあかりがお茶いれて来るねっ」トテトテ

京子「……」

ちなつ「あかりちゃん何かあったんですかね、凄く機嫌よさそうです」

京子「う、うん、そだね~」


ガラッ



結衣「遅れてごめん、ちょっと先生に用事言いつけられてて」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:14:43.93 ID:LQRHxJo80

ちなつ「結衣先輩、先生に頼られるなんて流石です!」

結衣「べ、別にそんな大したことじゃ……」

京子「ぬうう、私だってよく職員室に来てくれーって感じで放送で呼ばれたりするよ!」

結衣「お前の場合は提出物出してなかったりするからだろ」

ちなつ「あはは、京子先輩らしいですっ」

あかり「みんな、お待たせ~、お茶入ったよっ!」トテトテ

あかり「はい、ちなつちゃんっ」コトッ

ちなつ「ありがと、あかりちゃん」

あかり「はい、結衣ちゃんっ」コトッ

結衣「ん、あれがとうね、あかり」

あかり「これは、あかりの分っ」コトッ

京子「……あれ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:23:09.15 ID:LQRHxJo80

あかり「今日は寒いから、温かいお茶が美味しいねえ」ホクホク

京子「あかり~?私の分は?」

あかり「身体の芯から温まるよねっ!」

京子「あかり?」

あかり「今日はハーブティだから、身体にも良いんだよぉ」

京子「……」

ちなつ「あかりちゃん?」

あかり「ん?どうしたの、ちなつちゃん」

ちなつ「え、えっと……」

結衣「あかり、お茶が一つ足りないようだけど……」

あかり「え?なにが?」

京子「……」

結衣「だから、京子の分が……」



ドタバタドタバタッ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:23:36.37 ID:LQRHxJo80

綾乃「としのー!きょーこーー!」バーンッ

京子「う、うわっ、綾乃?」

綾乃「貴女また生徒会に提出するプリント出してなかったでしょ!」

京子「え、あのプリント期限今日だっけ?」

綾乃「そうよ!早く出しなさい!」

京子「ごめん、家に忘れて来ちゃった……」

綾乃「もうっ、仕方ないわね歳納京子はっ!」

綾乃「生徒会に予備のプリントがあるから、取りに来なさいっ!」

京子「う、うん……」チラッ

あかり「……」ズズズー

京子「あ、あの、あかり、私の分のお茶はいいから」

あかり「……」ズズズー

京子「ほら、私今から生徒会に行かなくちゃならないしさ」

あかり「……」ズズズー

京子「だから、うん、いらないよ……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:45:47.03 ID:LQRHxJo80

~1時間後~


京子「ううー、綾乃に足止めされて部室に戻れなかった……」

京子「まあ、プリン食べれたからいいけどさ~」

京子「……」

京子「……」

京子(今日のあかりは、何か様子が変だったな……)

京子(何時もは私のボケとかに欠かさずリアクションしてくれるのに)

京子(お茶入れてくれなかったし……)

京子「はぁ……」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:47:22.38 ID:LQRHxJo80

京子(この時間なら、もうみんな帰っちゃってるかなぁ)

京子(私ももう帰ろうっと……)

京子(あかりの様子も、多分明日には元に戻ってるよね)

京子(きっと、今日は何かタイミングが悪かただけで……)

京子「……あれ」

京子「部室の土間に靴が残ってる……」

京子「まだ誰か残ってるのかな」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:59:01.70 ID:LQRHxJo80

京子「こんな時間まで残ってる悪い子は誰だー!」ガラッ

あかり「……」

京子「……あかり」

あかり「……」

京子「あ、あれ、もしかして待っててくれたのかい?」

あかり「……」

京子「や、やっぱりあかりは優しいなあっ!」

あかり「……」

京子「……待ってて、くれた……んだよね?」

あかり「……」スクッ

京子「あ、あかり?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:02:13.40 ID:LQRHxJo80

あかり「……」スタスタ

京子「あ、あかり、帰るの?だったら一緒に……」

京子「わわっ、その前に荷物っ」ガサゴソッ

あかり「……」スタスタ

京子「ま、まって!あかりちょっとだけ待ってっ!」ドタバタッ

あかり「……」スタスタスタ

京子「も、もうっ!そんな急がなくてもっ!」トテトテッ

あかり「……」

京子「はぁ……はぁ……やっと追いついたっ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:08:32.57 ID:LQRHxJo80

あかり「……」トテトテ

京子「……」トテトテ

あかり「……」トテトテ

京子(な、なんだろ、凄く空気が重い)

京子(あかりとこんな空気になった事なんて、今まで無かったのに)

京子(何か、何か喋らないと……)

あかり「……」トテトテ

京子「い、いやあ、こうやってあかりと二人で帰るのって、新鮮だよねえ」

あかり「……」トテトテ

京子(う、うう、どうしてあかり喋ってくれないの……)

京子(あかりとは子供の頃からの仲だからあかりの考えてる事なら何でもわかると思ってたけど)

京子(そんなの自惚れだったのかな……)

京子(今のあかりが何考えてるのか、判んない……判んないよ……)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:11:29.62 ID:LQRHxJo80

京子(そ、そうだ、子供の頃の話題、子供の頃の話題を出そうっ)

京子(そうすればきっと、あかりだって食いついてくるはずっ)

京子(ちょっとでも喋ってくれたら、きっとあかりが何考えてるのか判るはずっ)

京子「さ、さっき二人で帰るのは新鮮だって言ったけど、子供の頃はわりと二人で帰ったりしてたよねえっ」

あかり「……」ピクッ

京子(あ、いま、何か反応した?)

京子(この調子でっ)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:15:34.08 ID:LQRHxJo80

京子「懐かしいよねっ、あかりっ!子供の頃はさ、足の速い結衣から置いてけぼり食らってっ」

京子「良く二人で迷子になってたよねっ!」

あかり「……」

京子「あ、あの時はさ、私も弱虫だったから……」

あかり「……」

京子「いっぱい、泣いて、あかりに迷惑かけちゃってたけど……」

あかり「……」

京子「あかりは、私の事を見捨てずに……」

あかり「……」

京子「何時も励ましてくれたよね……」

あかり「……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:16:25.36 ID:LQRHxJo80

京子「今は……今は、泣かないように、強くなったから……さ……」

あかり「……」

京子「だから、だから、あかりと二人で帰る時も、あかりに迷惑かけることは、無いかなって……」

あかり「……」

京子「は、はは……」

あかり「……」

京子「……ねえ、あかり」

あかり「……」

京子「どうして……どうして、返事してくれないの」

あかり「……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:18:38.93 ID:LQRHxJo80

パラッ


パラパラッ


京子「あ、雨だ……」

あかり「……」

京子「あかり、雨だよ、どっかで雨宿りして……」

あかり「……」ガサゴソ

京子「あかり?」

あかり「……」パサッ

京子「お、おおー、流石あかり、折り畳み傘持ってたのかっ」

あかり「……」

京子「ね、あかり、傘入れて?」

あかり「……」トテトテ

京子「……あかり?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:21:25.51 ID:LQRHxJo80

あかり「……」トテトテ

京子「あかり、傘入れて?ね?」

あかり「……」トテトテ

京子「で、でないと、わたし濡れちゃうよっ」

あかり「……」トテトテ

京子「あかり、ご、ごめん、私が何か悪いことしたんだよね」

あかり「……」トテトテ

京子「ごめんなさい、あかり、ごめんなさいっ、あやまるからっ」ウルッ

あかり「……」トテトテ

京子「あかり、謝るからっ、もう、もうっ」グスッ

あかり「……」トテトテ

京子「ゆるして、よっ……あかりぃっ」ヒック

あかり「……」トテトテ

京子「へ、返事してよっ、。あかりぃっ」グスッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:26:05.63 ID:LQRHxJo80

あかり「……」トテトテ

京子「うっ、ううっ、ひっく、あ、あかりっ、あかりっ」


コッ


京子「あうっ」


ビシャーンッ


京子「う、うぁ……ころんじゃった……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:26:26.35 ID:LQRHxJo80

京子「び、びしゃびしゃだ……」

あかり「……」

京子「あ、あかり、わたし、ころんじゃったよ」

あかり「……」

京子「ま、また、子供のころみたいに、手かして?」

あかり「……」トテトテ

京子「ま、まって、いかないでっ……」

あかり「……」トテトテ

京子「いかないでっ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:26:47.40 ID:LQRHxJo80

京子「あかりちゃんっ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:30:02.37 ID:LQRHxJo80

あかり「……」

京子「ううっ、ひっく、あかりちゃん行かないでよ、いかないでよぉっ」グスッ

あかり「……」

京子「も、もう、いたずらしないからっ」ヒック

あかり「……」

京子「そんざいかんないとか、言わないからっ」グスッ

あかり「……」

京子「あ、あかりちゃん?」ズビッ

あかり「……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:30:17.92 ID:LQRHxJo80

あかり「……」スタスタスタ

京子「あ……」

京子「……」

京子「……」

京子「……」

京子「……」

京子「あかりちゃん、いっちゃった……」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:36:20.86 ID:LQRHxJo80

~結衣宅~


結衣「うーん、今日のあかりは何か様子が変だったなあ……」

結衣「京子と何かあったのかな……」

結衣「けど……」


ピンポーン


結衣「はーい」

結衣(誰だろこんな時間に……)


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:36:35.91 ID:LQRHxJo80

結衣「どちらさんで……」キィ

京子「……」

結衣「なんだ京子か……」

京子「……」

結衣「何で黙って……って」

京子「……」ポタポタ

結衣「お、お前ずぶ濡れじゃないか!」

京子「……」ポタポタ

結衣「傘持ってなかったの!?」

京子「……ゆい」ポタポタ

結衣「いいから入って!今バスタオル持ってくるからっ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:36:52.08 ID:LQRHxJo80

結衣「あー、もー、こんなに冷たくなって」フキフキフキ

京子「……」

結衣「電話でもしてくれたら迎えに……」フキフキ

京子「……ゆい」

結衣「……なに?」フキフキ

京子「……どうしよ」

結衣「なにが?」フキフキ

京子「……わたし、あかりちゃんにきらわれちゃった」

結衣「……は?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:54:53.84 ID:LQRHxJo80

>>56の直後に>>67入れ忘れてた……


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:41:51.45 ID:LQRHxJo80

~10分後~


結衣「あかりが返事してくれない?」

京子「うん……」グスッ

結衣「確かに今日のあかりは様子が変だったけど……」

京子「……」ヒック

結衣「けど、お前が戻ってくるまで部室で待ってるって言って残ったんだぞ、あかりは」

京子「ふえ……?」

結衣「本当に嫌ってるなら、そんな事言わないだろ」

京子「け、けど、けどぉっ」グスッ

結衣「というか、あかりがお前を嫌うなんてありえないからな」

京子「けど……ほんとなんだもん……」ヒック

結衣「うーん……」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:44:38.88 ID:LQRHxJo80

結衣「……判った、じゃあ直接あかりに聞いてみるよ」

京子「……あ、あかりを呼ぶの?」ビクッ

結衣「そんな怖がらなくても……」

京子「だ、だってっ」グスッ

結衣「……じゃ、電話で聞いてみるよ、これならいいでしょ?」

京子「……うん」

結衣「まったく、しょうがないなあ、京子は……」ピッピッ


トゥルルルー


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:45:46.13 ID:LQRHxJo80

『はい、もしもしあかりです』


結衣「あー、あかり?結衣だけど」


『結衣ちゃん?どうしたの?」


結衣「うん……実は、京子の事なんだけどさ」


『ん、京子ちゃんがどうかしたの?』


結衣(あれ?)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:53:05.05 ID:LQRHxJo80

結衣「なに言ってるのお前」

京子「……あかりちゃんに、きらわれちゃったの、わたし」

結衣「おい」

京子「わ、わたし、わたしっ」グスッ

結衣「ちょ、京子?」

京子「うえええええええええええええええええええええええええええええええんっ!」ビーッ

結衣「うわっ、京子、泣くなってっ」

京子「ふええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええんっ」ビーッ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:56:42.42 ID:LQRHxJo80

結衣「実は、京子がさっきずぶ濡れで私の家に転がり込んできたんだ」

『ええ、京子ちゃん大丈夫なの?風邪とか引いてない?』

結衣(あれれ)

結衣「えっと……それで、京子がね……」

『うん』

結衣「あかりに嫌われたーって言って、めっちゃ泣いてるんだ」

『……ええ!?』

結衣「あかり、何か心当たりとか、ある?」

『あ、あかりは京子ちゃんが大好きだよぉっ!嫌いなんて、そんな事絶対ないよ!』

結衣「そ、そうだよね……けどさ、あかり」

『?』

結衣「今日、京子の分のお茶、淹れてあげてなかったでしょ?」

『え、そうだった?』


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:57:07.15 ID:LQRHxJo80

結衣「うん」

『ご、ごめんなさいっ、あかり今日はちょっと考え事してて、ボーっとしてたからかもっ』

結衣「あー……そうなのか」

『ど、どうしよう、その事で京子ちゃん、傷ついちゃったのかなっ』

結衣「うん、そうかも、京子って繊細な所あるしね」

『ううう、京子ちゃんに申し訳ないよぉっ……』

結衣(なんだ、やっぱり京子の勘違いじゃないか……人騒がせな)ハァ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:57:26.81 ID:LQRHxJo80

『ゆ、結衣ちゃんっ!』

結衣「ん?」

『京子ちゃん、そこにいるんだよね?』

結衣「うん、いま、コーヒー飲んでちょっと落ち着いた所」

『あの……あかり、謝りたいの』

結衣「けど、あかりも悪気があったわけじゃないだろ?」

『そ、そうだけど……けど、知らない間に京子ちゃんを傷付けたのなら……やっぱり、あやまりたいよ……」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:05:39.90 ID:LQRHxJo80

結衣「……ん、判った、あかりがそう言うなら」

『あ、ありがとう!結衣ちゃんっ!』



結衣「おーい、京子~」

京子「な、なに?」

結衣「あかりが、京子に謝りたいって」

京子「……え?」

結衣「やっぱり京子の勘違いだったんだよ、あかりには何の悪気も無かったみたい」

京子「え……けど……え?」

結衣「あかりもちょっと考え事してたみたいでさ、それで返事がおざなりになってただけみたい」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:05:59.69 ID:LQRHxJo80

京子「……」

結衣「京子?」

京子「……ほ、ほんと?」

結衣「うん、何時も通りのあかりだったよ」

京子「……私の事、嫌いじゃないって?」

結衣「大好きだって言ってたよ」

京子「ほんと!?」

結衣「ほんとだって」

京子「……そ、そっかぁ」

結衣「だから、ほら、電話出てあげて、あかり待ってるから」

京子「そうだよ……そうだよね、あかりちゃんが私の事嫌うはずないもんねっ」

京子「えへへへ///」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:07:43.28 ID:LQRHxJo80

京子「も、もしもし!あかりちゃん!」


『……』


京子「きょ、京子だけどっ!さっき結衣から聞いたよっ!あかりちゃん私のこと大好きだってっ!」


『……』


京子「あ、あのね、私もあかりちゃんのこと大好きだよっ!」


『……』


京子「あのっ、あのっ、あかりちゃん?」


『……』


京子「……あかり、ちゃん?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:12:35.04 ID:LQRHxJo80

京子「あ、あかり、ちゃん……」グスッ


『……』


京子「や、やっぱり、やっぱりおこってるの?あかりちゃんっ」ヒック


『……』


京子「あか……あか……」グスッグスッ

京子「あかいちゃ、ゆ、ゆるいて、ゆるいてよぉぉぉっ」グスッ


結衣「え?」


京子「ゆいのうそつきぃぃぃぃ、あかいちゃ、あかいちゃ、おこってるもんっ、おこってるもぉぉぉぉんっ!」ビーッ


結衣「なんて?」


京子「ふえええええええええええええええええええええええええっ!!!!!!」ビーーッ


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:27:42.33 ID:LQRHxJo80

結衣「え、え、ちょっと待って、あかりっ!」カチャッ

『ゆ、結衣ちゃん?』

結衣「どうしたのあかり!京子がまためちゃくちゃ泣き始めたけどっ!」

『う、うん、ごめん……あの、京子ちゃんが何時もと様子が違うから、なにを言っていいのか判らなくなっちゃって……』

結衣「た、確かに何時もと様子は違うけど……」

『それで、あの、京子ちゃんに上手く返事できなかったの……』

結衣「そ、そうか……」チラッ


京子「ううっ、ひっく、あかりちゃん、あかりちゃんっ」グスッ


結衣「ごめん、あかり、今日はもう京子が駄目そうだからさ」

結衣「明日、部室で話してあげてくれないかな」

『う、うん、勿論だよっ!京子ちゃんの為ならどんなことだってするよっ!』

結衣「ありがと、あかり」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:59:09.04 ID:LQRHxJo80

京子「ひっく、ひっく……」グスッ

結衣「ほら、京子、元気出して」

京子「けど、けどあかりちゃんがっ」ヒック

結衣「大丈夫、明日になったらちゃんと誤解だって判るから、ね?」

結衣「私も一緒をに行ってあげるからさ」

京子「う、うん……ゆいちゃん、いつもありがと……」ゴシゴシ

結衣「……うん」

結衣(京子、何か子供の頃の雰囲気に戻ってる……)

結衣(結衣ちゃんなんて呼ばれたの何年ぶりかな……)

結衣(懐かしいな……)


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:00:10.41 ID:WvLAvgVh0

~翌日~

~ごらく部~


結衣「お待たせ」

あかり「あ、結衣ちゃんこんにちわぁ」

京子「……あ、あかりちゃん、こんちにわ」ビクビク

あかり「……」

京子「……ふぇっ」ウルッ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:01:37.59 ID:WvLAvgVh0

結衣「あ、あかりっ、返事してあげてよっ」コソッ

あかり「……けど、あかりが何かしたらまた京子ちゃんが傷つくんじゃないかなって、不安でっ」コソッ

結衣「大丈夫、大丈夫だから、勇気を出してっ」コソッ

あかり「う、うん」コソッ


京子「あ、あかりちゃん、ゆいちゃん、なにはなしてるの?」

結衣「あ、な、なんでもないよ、京子っ!」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:03:09.17 ID:WvLAvgVh0

あかり「……結衣ちゃん、お願いがあるの」コソッ

結衣「なに?」コソッ

あかり「あかり、京子ちゃんと二人っきりでお話ししたいの」コソッ

結衣「え、けど……」コソッ

あかり「多分、こんな事になったのは、普段からあかりと京子ちゃんが心を開いてお話してなかったからだと思う」コソッ

あかり「だから、だから二人っきりで、心を開いてお話すれば、京子ちゃんもきっと……」コソッ

結衣「あかり……」コソッ

あかり「お願い、結衣ちゃんっ」コソッ

結衣「うん……わかった、ここはあかりに任せるよ」コソッ

あかり「ありがとう……結衣ちゃん」コソッ


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:13:37.18 ID:WvLAvgVh0

結衣「……京子」

京子「な、なあに、ゆいちゃん」ビクビク

結衣「私、ちょっと用事が出来たから」

京子「え……」ビクッ

結衣「あかりと二人で、ここで仲良くお留守番してて」

京子「え、そ、そんなっ、一緒に居てくれるって言ったのにっ」ウルッ

結衣「……京子、あかりを信じてあげて」

京子「え……」

結衣「あかりだって、京子にそんな対応されて、悲しいんだからさ……」

京子「あかりちゃんが……悲しい……」

結衣「ちゃんとお話して、理解しあえば、昔みたいにまた仲良くできるはずだからさ……」

京子「むかしみたいに……」

結衣「ね?」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:15:55.68 ID:WvLAvgVh0

京子「……う、うん、わかった、ゆいちゃん」

結衣「よし、いいこだ」ナデナデ

京子「ん……」

結衣「あかり」

あかり「うん、結衣ちゃん……あとはあかりに任せて」

結衣「ありがと、あかり……」

結衣「二人とも、仲良くね?」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:19:39.80 ID:WvLAvgVh0

京子「……ゆいちゃん、いっちゃったね」

あかり「……」

京子「あ、あの、あかりちゃん?」

あかり「……」

京子「あかりちゃんも悲しいって、ほんとう?」

あかり「……」

京子「ごめんね、あかりちゃん……」

あかり「……」

京子「……あかり、ちゃん」グスッ


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:25:12.00 ID:WvLAvgVh0

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」

あかり「……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:25:37.70 ID:WvLAvgVh0

あかり(京子ちゃん可愛い)


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:26:09.58 ID:WvLAvgVh0

あかり(涙を流してる京子ちゃん可愛い)

あかり(泣きながらあかりの事を呼んでくれてる京子ちゃん本当に可愛い)

あかり(何も悪い事してないのに許しを請うてくる京子ちゃん可愛い)

あかり(あかりがずっと返事しなかったら)

あかり(京子ちゃんはずっとあかりの事を求めてくれるのかな)

あかり(ずっとあかりちゃんって呼んでくれるのかな)

あかり(ずっと追いかけて来てくれるのかな)

あかり(子供のころの京子ちゃんみたいに)

あかり(あかりと居てくれるのかな)

あかり(きっと、きっとそうだよね)

あかり(なら、ならもうあかりは返事しないよ)

あかり(京子ちゃんに返事せず、京子ちゃんとずっと一緒に居るの)

あかり(京子ちゃん京子ちゃん京子ちゃん京子ちゃんっ)


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:26:26.45 ID:WvLAvgVh0

あかり(大好きだよっ)










137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:26:48.17 ID:arRqFQEA0

ガクガク


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:26:48.91 ID:o9iQcfeR0

後味悪すぎwww


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:27:02.49 ID:5RxcRLzX0

なんだこりゃあああああああああああ


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:27:15.38 ID:IZxzQmaP0

おわぁ…乙


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:27:52.95 ID:zXQRRVBg0

これはキチゆり


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:28:23.42 ID:td/St7l70

後味悪い終わり方だな.....
まあ乙


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:ゆるゆりSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。