スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「あー!貴音と響の貝合わせが見てえ!!」 

カテゴリ:人外SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 20:49:49.01 ID:2W5fLDGf0

P「……あー、貴音と響の貝合わせが見てえ」

P「百合なんてもんじゃないんだよ」

P「イチャラブチュッチュどころの騒ぎじゃない」

P「舌どころか下の粘膜まで絡ませてほしいよな」

P「互いの身体をこすり合わせて貪欲に快楽を求めてだ」

P「二人とも汗みずくになって、濡れた髪が頬に張り付く!」

P「そんなガチレズが見たいんだよな!!」

P「あー!貴音と響の貝合わせが見てえ!!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 20:51:49.58 ID:2W5fLDGf0

P「おっと、残業で事務所一人なのをいいことになかなかハズい独り言をいってしまったハハハハハ」

P「誰かに聞かれてないよな?」

貴音「聞いておりますよ」

P「聞かれてた」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 20:59:15.33 ID:2W5fLDGf0

P「たったかねっ……」ガクガク

貴音「あなた様」

P「い、いつからそこに」ガクガク

貴音「先ほど、戻ってまいりました」

P「……俺の独り言、どこから聞いてた?」ガクガク

貴音「わたくしと響の貝合わせが、どうとか……」

P「……」

貴音「……?」

貴音「あなた様?」

P「オエエエェェ!!」ドバー

貴音「あなた様!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:07:11.93 ID:2W5fLDGf0

P「うっ……ひっく……ぐすっ」

貴音「何も泣きゲロを吐くようなことでは……」

P「うん…すまない貴音、恥ずかしいところを見せてしまったな」

貴音「そのような……何も、気にしてはおりません」

P「そうか……」

貴音「……それにしても」

P「?」

貴音「貝合わせ、ですか……」

P「そ、その件は、貴音……!」

貴音「懐かしいですね」

P「!?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:14:11.48 ID:2W5fLDGf0

P「な、なつかしい……?」

貴音「はい」

P「それはっ……どういう?」

貴音「幼少の頃、故郷の者と幾度か……」

P「マジで?」

貴音「マジです」

P「マジで!!」

貴音「マジでございます」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:21:46.72 ID:2W5fLDGf0

P「そっそうなんだぁ……」

貴音「はい」

P「ど、どんな感じでやるの?」

貴音「どんな感じ、とは……」

P「激しくやるのかなぁ……なんて……」

貴音「それは……そのように乱暴にしては、貝が壊れてしまいます」

P「壊れちゃうんだ!!」

貴音「はい」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:28:36.68 ID:2W5fLDGf0

P「そっかぁ!そうだね子供の頃の話だもんね!」

貴音「はい」

貴音「それに、あまり騒いでは、貝合わせの雅な雰囲気が台無しとなってしまいます」

P「雅なんだ!」

貴音「はい、静かに、優雅に遊ぶものです故」

P「遊びなんだ!」

貴音「はい、遊戯にございます」

P「遊びと割り切ってたんだ!」

貴音「はい」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:34:19.21 ID:2W5fLDGf0

P「た、貴音は……アレだな!」

貴音「……? あれ、とは?」

P「いや、ガチ……」

P「じゃない、百合なんだな!!」

貴音「百合、ですか」

P「あ、あぁ」

貴音「あなた様……。わたくしなどが、その様な……」

P「い、いやぁ!貴音は百合だよ!百合!!」

貴音「……ふふ、そのように想って頂けるとは……有難う御座います」

P「い、いやお礼を言われるようなことじゃ」

貴音「百合は、好きですので」

P「やっぱり好きなんだ!?」

貴音「はい」

P「好きなんだ!!」

貴音「ふふっ、はい」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:40:06.64 ID:2W5fLDGf0

貴音「……そういえば」

P「ん?」

貴音「貝合わせの道具が一式、わたくしの家にあったかと」

P「道具!?」

貴音「はい」

P「道具使うタイプなんだ!?」

貴音「それはもちろん、はい」

P「もちろんなんだ!!」

貴音「はい」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:46:39.53 ID:2W5fLDGf0

貴音「それで、あなた様」

P「はいっ!」

貴音「今度のお休みに、どうでしょう?」

P「え?」

貴音「響も誘って、わたくしの家で貝合わせでも、と……」

P「えええぇぇぇぇ!?」

P「俺も!?いいの!?」

貴音「先ほど、おっしゃっていたではありませんか」

貴音「わたくしと響の、貝合わせが見たいと……」

P「……やった!いやったああああああぁぁぁ……!!」ポロポロ

貴音「ふふっ、その様に喜んでいただけるとは……」

P「ォウエエエエエエェェェ!!」ジャー

貴音「あなた様!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:52:16.95 ID:2W5fLDGf0

貝合わせ当日


P「いやー、ついに夢が叶うのかぁー……」

P「貴音には感謝しないとな!」

P「つい盛り上がっちゃって、俺も参加しちゃったりしてな!ハハハハハ!!」

P「貴音には顔射しないとな!!」

P「なーんちゃってウソウソ!プロデューサーたるもの、アイドル達との一線は守らないとな!!」

P「ビデオカメラもバッテリー満タンだしな!!」

P「おっと!ここが貴音の家だな!!」

ピンポーン

P「貴音ー、貴音ー!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 21:58:11.63 ID:2W5fLDGf0

P「……」

P「あれ?」

P「貴音、貴音ー」

ピンポンピンポーン

「あなた様?」

P「おう!きたぞ!貴音!開けて!」

「すみません……今、手が離せないのです……」

P「え?」

「申し訳ありません……待ちきれず、既に始めてしまい……」

P「な、なんだってぇ!?このいやしんぼめぇ!!」

「言葉もありません……鍵は開いておりますので、どうぞ、お上がりくださいませ」

P「言われずとも!!」


ガチャバーン


P「たったかたか貴音!響!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:04:05.82 ID:2W5fLDGf0

響「ひっ……あっ!? プロデューサー!?」

貴音「ほうら、響……プロデューサーが参りましたよ?」

響「あっあっ……いやっ! 見ないでプロデューサーぁぁぁ!!」

貴音「何を言うのです響……最初から、来ると言っていたではありませんか……」

響「そんなっ……ほ、ホントにくるなんてぇ……!」

貴音「それに響……先ほどから、腰が止まっておりませんよ?」

響「やあああっぁ!いわないでたかねええぇぇっ!!」

貴音「本当は、あの方に見てもらいたかったのでしょう?」

響「ひんっ……ち、ちがっ……」

貴音「本当にいやらしいですね、響は……!」ヌルヌル

響「んううぅぅぅ!! たかねそこらめええぇぇぇ!!」ヌルヌル


P「……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:08:20.46 ID:2W5fLDGf0

響「んっ!!くううぅぅん!!……はぁったかねだめっだめえぇぇ!!」ビクン

貴音「ふふっ、響は本当に敏感ですね」

響「ぅぅぅぅっ……ああぁぁぁっ……」ブルブル

貴音「気をやったのは、何度目ですか……?」

響「もうっ……わかんないっ……わかんないよぉ……はぁっ……」

貴音「ほら響、プロデューサーも呆れ返っておりますよ?」

響「ひっ……み、見られちゃった、自分……イッてるとこプロデューサーに見られちゃった……」

貴音「案ずることはありませんよ、響」

響「うぅ……?」

貴音「これより、もっと恥ずかしいところを見られるのですから……!!」カチ

ヴィィイィィィイ

響「っ!?……あぐ!?あぁっ!!たっ、たかねぇ!それ今ダメえええぇぇ!!」ビクビク


P「……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:13:38.04 ID:2W5fLDGf0

貴音「まぁ響、はしたないですよ?お尻でそのような感じ方をしてしまうなんて……」

響「ひあっ!?うううぅぅぅ!!はっ……!あぁぁぁぁぁ……ッ!!」ビクン

貴音「それに……小柄な身体で、このように大きな果実を実らせて……」ギュ

響「ぅぅんッ!!は、はっ……うぅっ…!」

貴音「男を誘っているとしか、思えませんよ?」

響「そ、そんなっ……いやぁっ……!」

貴音「響は本当に、男好きのするいやらしい身体ですね……?」ギュッ

響「んううううぅぅッ!!たかねぇ!!ひっぱっちゃだめえッ!!あうぅうぅぅ!!」


P「……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:19:47.02 ID:2W5fLDGf0

貴音「ふふっ、すこし、いじめすぎてしまいました……」

響「はぁッ……!うっ、たかねぇ、ひどい、ぞ……ッ」

貴音「響が愛らしいのがいけないのです……」

響「ふぅ……ふぅッ……た、たかねっ……お尻の、とめてぇ……ッ」

貴音「……まこと、響は愛らしいですね……」

響「た、たかね……むぐっ!? ……んんっ、んんうぅぅっ」

貴音「んっ……ちゅ、んむっ……」


P「……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:25:45.55 ID:2W5fLDGf0

響「んん……んむぅっ……んっ、んくっ……」

貴音「んちゅ……んっ、んっ……」

カチカチカチ

響「!?」

ヴヴヴヴヴヴ

響「んっ!? ぷああぁッ!? はっ、あああぁぁッ!!」

貴音「ふうっ……良いですよ、響……響の中の振動が、伝わってきます……」

響「ひああああぁぁッ!!あうッ!!やああぁぁッ!!いっ……あああぁぁぁ……あッ!!」ビクンビクン

貴音「ひびきっ……あッ、うっ……ッ!!」ビクン


P「……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:31:17.28 ID:2W5fLDGf0

カチ

響「はー……っ……かっ、はぁっ……はー……ッ」パクパク

貴音「まぁ響……そのようによだれをたらして……はしたないですよ……」

響「んっ……!……ちゅっ……ちゅる」

貴音「……っ……ん、ふっ……んちゅ……」

響「ぷぁっ…はっ……たかねぇ……」

貴音「ひびき……あぁ、ひびき……」


P「……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:39:46.22 ID:2W5fLDGf0

P「……」

P「…………」

P「……………………」

P「ちがああああああうぅぅ!!」

響「プロデューサー!?どうした!?」

貴音「あなた様!?」

P「ちがオエエェ……おうっ!? もっ……エ、ェーヴ!!ェ゛ーヴ!!」トシャー

響「プロデューサー!?なんでリアルに吐くんだ!?」

貴音「あなた様!?」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:42:31.11 ID:2W5fLDGf0

P「たかねぇ!!」

貴音「あなた様!!」

P「違うだろ!!」

貴音「はて……何のことでしょう?」

P「そこは違うだろ!!」

P「そこは、もっと、こっちだろ……!?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:46:15.86 ID:2W5fLDGf0

P「よ、よーし今日は貴音と響の貝合わせを拝む日だ!」

P「おじゃましまーす!」

P「いらっしゃいませあなた様、すでにはじめておりますよ」

P「え?」

P「さぁ、お上がりください」

P「それは?」

P「貝でございます」

P「絵が描いてある」

P「それはもちろん貝合わせ故」

P「そっちかーい!」ギャフーン


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:48:32.07 ID:2W5fLDGf0

P「こうだろ!?」

貴音「あぁ……そちらの貝合わせの方でしたか……わたくし、てっきり……」

P「いや! 合ってる! 合ってるんだけどさ!!」

貴音「……それでは、よろしいではありませんか?」

P「マジでやってるとは思わないじゃん!? 思わないじゃん!!」

貴音「あなた様が何をおっしゃっているのか、まるでわかりません……」

響「プロデューサー、どこ見てしゃべってるんだ?」

P「おっぱい」

貴音「あなた様は、すけべです……」

響「このドスケベプロデューサー!!」

P「……お前達の方がスケベだ!!」

貴音「恐悦至極」

響「自分、変態だからな!」

P「うるさいよ!!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:52:21.55 ID:2W5fLDGf0

貴音「しかしあなた様、そのように股間を膨らませながらいきり立っても、説得力がまるでございませんが」

響「股間もいきり立ってるぞ」

P「これはッ……」

P「誤解だ!!」

響「どんな誤解なんだ?」

貴音「さぁ響、そのような解を誤った殿方のことなど放っておいて、
   わたくしたちは今一度貝を合わせると致しましょう」

響「そうだなー」

P「ま、待ちなさい!!」

貴音「あぁ響……ひびき……!」ヌルヌル

響「貴音っ……たかねぇ……!」ヌルヌル

P「うわぁ……ヌルヌルだよぉ……!!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 22:58:59.96 ID:2W5fLDGf0

貴音「あぁっ……!ひっひびっ……!ひびきぃ!!」ヌルヌル

響「たったかったったかたかったかねええぇぇ!!」ヌルヌル

P「……」

貴音「あぁ……そんな、響……そこにそんなにがっついては……プロデューサーが見ております……」

響「へへへ、さっきのお返しだぞ貴音ぇー……」

P「…………」

P「……ウオオオオオォォォ!!」ビリビリビリ

響「うわっ!?」

貴音「まぁ……」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:08:01.26 ID:2W5fLDGf0

P「たったかかたかねええぇぇ!!」

貴音「あっ……いけません、あなた様……っ」

P「ひびきいいいいいいいぃぃ!!」

響「うぎゃー!!プロデューサー! ステイ! ステイ!」

P「はさめええええぇぇぇぇ!!」

貴音「あっ…! なんと、たくましい貝柱……!!」

響「んんっ……こらぁ! がっついちゃだめだぞ!!」

P「うわぁぁぁ!!貴音!ヌルヌルだよ!ヌルヌルだよ響!!」ヌルヌル

貴音「あなた様っ……そこ、そこをヌルっと! そこをヌルっと!!」ヌルヌル

響「プロデューサー!自分、甘いか?甘いか!?」ヌルヌル

P「響あまい!ひびきあまいよ!!貴音あまいよ!!」ヌルヌル


「「「ああああああああああぁぁぁぁぁ!!!」」」ヌルヌルヌルヌルヌルヌル


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:13:14.92 ID:2W5fLDGf0

チュンチュン チチチチチ……

P「ん……」

P「ぐあ~……夢か……」

P「いやー……我ながらハズい夢を見てしまったなハハハハハ」

P「誰もいないよな?」

P「……」

P「いないかー!!」

P「さて、はやく準備しないと遅刻しちゃうな」

P「……ん?」

P「準備ってなんだっけ」

P「どこに遅刻するんだっけ?」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:17:30.59 ID:2W5fLDGf0

P「えーっと……」

P「おかしいな……」

P「ここ俺の家……?」

P「玄関どこだっけ……」

P「……」

P「ないなぁ……」

P「…………」

貴音「夢ですよ」

P「貴音」

貴音「あなた様」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:20:11.87 ID:2W5fLDGf0

P「夢?」

貴音「はい」

P「なんだ夢か」

貴音「はい」

P「夢にしては……何も見えないぞ」

貴音「そこは、夢ですので」

P「貴音はどこにいるんだ?」

貴音「こちらです」

P「何も見えないぞ」

貴音「こちらです……」

P「おお」

P「月だ」

貴音「はい」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:23:37.49 ID:2W5fLDGf0

P「良い月だ」

貴音「はい」

P「月が貴音なのか?」

貴音「そうですね」

P「そうかぁ」

貴音「……そうでしたね」

P「でも貴音が見たいなあ」

貴音「月は落ちるものです」

P「そうだな」

貴音「はい」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:28:55.39 ID:2W5fLDGf0

貴音「わたくしは、月です」

P「似合ってるぞ」

貴音「しかし月は独りでは輝けず」

P「そうだな」

貴音「わたくしは、日になりとうございました」

P「でも日も落ちるぞ」

貴音「それでも」

P「そうかぁ」

貴音「はい」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:32:03.29 ID:2W5fLDGf0

貴音「しかし月と日など、表裏一体に見えて関連などはまったく無いのです」

P「そうだな」

貴音「月が月を辞めようなどと、馬鹿らしい考えでした」

P「そうかなあ」

貴音「そうなのです」

P「でも月も綺麗だぞ」

貴音「そうですか」

P「月が見たいなぁ」

貴音「そうですか……」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:36:09.54 ID:2W5fLDGf0

貴音「ですが月はもう二度と上りませぬ故」

P「どうして?」

貴音「……」

貴音「日に、ひどい仕打ちを」

P「そうか」

貴音「わたくしひとりでは、とても、あのようなまねは」

P「だから巻き込んだと」

貴音「本当はすべて知っておりました」

P「そうか」

貴音「その上で、あなたに抱かれる為にあのような、汚い真似を」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:38:55.72 ID:2W5fLDGf0

P「本当は俺も全部知ってたんだけどな」

貴音「また、そのような事を……」

P「知った上であんなことを」

貴音「嘘です」

P「響もきっと気が付いているよ」

貴音「そんな」

響「自分、天才だからな」

貴音「そんな」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:42:55.23 ID:2W5fLDGf0

P「ともかくスネるなよ」

貴音「すねてなどおりません」

P「顔を見せて」

貴音「とても見せられません」

響「低雲落月」

貴音「やめるのです響。今のわたくしに、そのような言葉は」

P「屋梁落月」

貴音「あなた様……やめて……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:47:32.41 ID:2W5fLDGf0

P「俺のためにしたんだろう?」

貴音「私は罪を負ったのです。あなたのため、という自身の欲を満たすために」

P「なら俺の罪でもあるじゃないか」

貴音「そうではありません」

P「そうなんだよ」

貴音「そうなのですか?」

P「いやわかんないけどさ」

貴音「あなた様……」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:50:35.46 ID:2W5fLDGf0

貴音「あなた様が何を見ているのか、何処を見ているのか、わからなくなりました」

貴音「ある時、響に尋ねました」

貴音「あの方は何処を見ているのかと」

貴音「すると響は答えました」

響「そういえば、貴音が月を見てるときの目と、貴音がプロデューサーを見てるときの目、そっくりだぞ」

貴音「あぁ、なるほど。と、思いました」

響「ほんとうだぞ」


P「ある日、響に聞いたんだ」

P「貴音は何を見ているんだろうと」

P「そしたら響は言ったんだ」

響「プロデューサーが貴音を見てるときの目と、貴音が月を見ているときの目、そっくりだぞ」

P「そうだろうな、と思った」

響「ほんとうだぞ」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:54:08.66 ID:2W5fLDGf0

貴音「あなた様は、いけずです……」

貴音「あなたの眼差しにからめとられ、わたくしはもう何処にも行けず」

貴音「わたくしはあなたとふたりで共にも生けず」

貴音「わたくしはあなたを独りにしても逝けず」

P「別にどこにもいかなくてもいいよ」

響「変わらなくてもいいと思うぞ」

貴音「そうなのですか?」

P「そばにいればいいよ」

貴音「……もう」

P「あぁー、月が見たいなぁ」

響「自分もー」

貴音「……」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 23:56:25.45 ID:2W5fLDGf0

チュンチュン チチチチチ……

P「ん……」

P「ぐあ~……夢か……」

P「いやー……我ながらハズい夢を見てしまったなハハハハハ」

P「誰もいないよな?」

P「……」

P「いないかー!!」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:00:38.52 ID:WXjQ8fk30

765プロ

P「おはようございまーす」

小鳥「おはようございます!」

P「音無さん、おはようございます」

小鳥「なんだか、疲れてます?」

P「いやぁーいい歳こいて変な夢みちゃいまして」

小鳥「淫夢ですか?」

P「……」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:03:41.77 ID:WXjQ8fk30

春香「おはようございまーす」

千早「おはようございます」

P「おはよう二人とも」

春香「うぅ……もう寒いですね……」

千早「ほんとうに……」

P「風邪とかひくなよ?喉にきたら大変だからな」

春香「はーい……あー、千早ちゃんの手ーあったかい……」

千早「もう、春香ったら……」

P「……うむ」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:06:13.98 ID:WXjQ8fk30

雪歩「おはようございますぅ」

真「おはようございまーす!」

P「おはよう二人とも」

真「はー、さむいさむい」

雪歩「真ちゃん、今からお茶入れるからちょっとまっててね」

真「うん、お願いゆきほー」

P「あ、俺の分も頼むよ」

雪歩「うふふ、はーい」

P「うむうむ」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:09:19.43 ID:WXjQ8fk30

やよい「おはようございまーっす!」

伊織「おはよう……元気ね、やよい」

P「おはよう二人とも。元気ないぞ伊織」

伊織「さむいのよぉ……」

P「子供は風の子だろ。なぁやよい」

やよい「はいー!」

伊織「誰が子供よぉ!!」

P「よしよし」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:13:22.37 ID:WXjQ8fk30

亜美「てぃーっす!!」

真美「ざーす!!」

P「おはよう二人とも。あいさつぐらいちゃんとしなさい」

亜美「おはよう!!」

真美「ございます!!」

P「二人は寒い中なんでこんなに元気なんだ……」

亜美「いやぁ……この時期は寒さを利用したイタズラがじゃんじゃか湧いてきてさぁ~」

真美「*おおっと*亜美よそれはトップシークレッツだぜぇ~……」

P「ほどほどにな……」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:15:54.71 ID:WXjQ8fk30

律子「おはようございます」

美希「おやすみ~」

P「おい!?」

律子「ちょっと!?」

美希「さみぃ……さみぃの……おコタに入るの……」

P「まだこたつは出してないぞ」

美希「そんなっ……あぁ、ミキもうだめかも……律子、さんの眼鏡がくもって見えるの……」

律子「寒いからよ!!」

P「うんうん」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:19:49.86 ID:WXjQ8fk30

あずさ「おはようございます~」

響「おはようございまーす!」

P「おはよう二人とも」

あずさ「途中で響ちゃんと会えてよかったわぁ~……もうちょっとで迷子になるかと……」

響「いや、完全に迷子になってたぞ……完全に逆走してたぞ……」

あずさ「あ、あら~……」

P「……この二人はあんまりしっくりこないぞ?」

あずさ「え?」

P「いや、なんでもないです」

響「……」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:22:55.44 ID:WXjQ8fk30

P「……うーん」

響「プロデューサー? どうしたんだ?」

P「……いや、なんでもない」

P「それじゃ、朝礼でも……」

響「かい……」

P「!?」ビク


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:24:21.58 ID:WXjQ8fk30

響「んー、かいぃ、耳がかいぃぞぉ~……」

P「……」

P「なんだ、しもやけか?」

響「んー、どうだろう?」

P「とりあえずよくあっためておけよ?」

響「……」

響「かい……」

P「!?」ビク

響「かいもの……するの、忘れてたなぁー、ハム蔵たちのエサがもう底をつくぞぉ……」ニヤニヤ

P「響っ……おまえ……」


ガチャバーン

貴音「遅れました!!」

P「!?」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:28:43.37 ID:WXjQ8fk30

P「あっ、たか、たか、たか」

貴音「あっ……あ、あなあなあな」

響「なにしてるんだ二人して……」

P「……」

貴音「……はぁ、いけませんね……このような……」

P「す、すまない……もうあんなまねはしないから」

貴音「えっ……」

P「えっ」

響「えっ」

貴音「……!!」

貴音「……違うのです! 違うのです!!」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:33:38.23 ID:WXjQ8fk30

響「……ねぇプロデューサー」

P「どうした響」

響「たまになら混ざってあげてもいいぞぉ……」ニヤニヤ

P「オエエエエッェェ!!」ビタビタビタ

貴音「……!!」

響「ウェヘヘヘwwwwwwwww」ダッ

貴音「ひびきっ……!!待つのです!!」

響「みなさーん!きーてください!!」

貴音「響!?まっま待ちなさい!!」

P「まっ……ひびゅゥエエエェ!!」ビュー

響「プロデューサーとー! 貴音がぁー!!」

貴音「!?」

響「貝……」

高木「貝?」

響「かい……」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:35:37.76 ID:WXjQ8fk30

高木「我那覇くん、貝がどうかしたかね?」

響「かいが……かいが……絵画」

高木「うん?」

響「絵画とかどうかなぁ……見たり……?」

高木「ほう……アイドルたれど、芸術に興味を持つのは良いことだ。アイドルもまた、芸術なのだからね!」

響「さ、さっすが社長!!」

高木「はっはっは、しっかり励みたまえ!」

響「はーい!」

高木「君らもね!」

P「は、はい!」

貴音「御意に!!」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:36:57.54 ID:WXjQ8fk30

響「……あぶなかったぞ」

貴音「ひびきっ……!」

P「ひびきぃ……!!」

響「はっ…!! うっひーこいつはやばいぞスタコラさっさだぞぉ~!!」ダダダ

貴音「まっまちなさぁーい!!」

響「ウフフつかまえてごらーん!!」

P「ま、まてぇ~こいつぅ~!!」


小鳥「まったくもう……何も変わらないわねぇ~うちの事務所も……」


THE IDOLM@STER  ~月と日と地の解合わせ~

おわり


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:38:51.44 ID:WXjQ8fk30

なんだこれは……


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:39:11.73 ID:L5Qw/HVk0

何だろう、この上手いこと背中から軟着陸させた感じ


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:39:41.77 ID:G1R+cK9d0

>>169
猫のようなSSだったな


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:39:20.13 ID:RztKWjyT0

これを理解することは
ぼくにはとてもできない


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:43:31.35 ID:EpL6Hsy+0

つまり、どういうことだってばよ…?


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:46:58.95 ID:rIJZTYyY0

SSにそぐわないレベルで高度だったのだろう(わかったふり)


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 00:59:04.96 ID:gGhZfqnN0

大して上手いことやってないのにやりきった感出してるのが腹立つ


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 01:08:18.79 ID:g3ri+/ps0

>>181
わかる
しかしなんかこう、表現しづらい敗北感が拭えない


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。