スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「……ひょっとして光のおっぱいってでかくね?」 

カテゴリ:モバマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:19:07.20 ID:8sgn8/I10

ちひろ「あ、もしもしちひろさんですか?お休みの所申し訳ないんですが事務所に来ていただけますか?」

P「いやいやいやいやちょっと待ってくださいよ誤解です誤解!仕事の話です今後の!!方針の!!」

ちひろ「今の一言で仕事の話だと普通は思わないと思いますよ」

P「いや、真面目な話ですよ!いいですか?この光の3サイズを見てください!」

ちひろ「……」←ゴミを見る目

P「待って下さいよ!こんなことで一々そんな目で見られたらアイドルのプロデュースなんかできないじゃないですか!!?」

ちひろ「冗談ですよ。で、これが光ちゃんの3サイズですか?」

P「ええ…見てください……」




P「……おっぱい…大きいでしょう?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:20:04.71 ID:8sgn8/I10

ちひろ×
早苗○


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:23:45.95 ID:8sgn8/I10

ちひろ「もしもし早苗さんですか?え?渋滞?それは困りました」

P「待って!!待ってください!!話を最後まで聞いて!!」

ちひろ「あまり同じ空間にいたくないので手短にお願いします」

P「酷くないですか?……いいですか?これが光の3サイズです」

B-W-H 79-58-80

ちひろ「……」←ゴミを見る目

P「ここで重要なこ…その目やめてください。重要なことが一つあります」



P「光の身長……140センチなんです……!!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:26:28.05 ID:JlRmvJ4k0

ごめんなさい
出来ればモバPSSは最初に画像を貼ってくれると有難いのですが


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:28:17.23 ID:8sgn8/I10

>>7
no title


うpれてます?


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:30:42.10 ID:JlRmvJ4k0

>>11
ありがとです! 見れてます


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:26:50.90 ID:8sgn8/I10

ちひろ「Pさん…ロリコンは病気です」

P「いや待って下さいよ!!話を聞いてくださいってば!!」

ちひろ「しかもよりによって光ちゃん……一番その手の話と縁遠そうな子なのに…そんな目で見てたなんて」

P「見てません!!今後の仕事について!アイドル全体のプロフィール云々見て考えてたんです!!」

ちひろ「どうだか」

P「信用なくないですか!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:29:45.14 ID:eQ8vrJIa0

光(14)
身長:140cm 体重:41kg
B:79 W:58 H:80
no title


↓同年代比較

幸子(14)
身長:142cm 体重:37kg
B:74 W:52 H:75
no title


晶葉(14)
身長:148cm 体重:39kg
B:75 W:53 H:74
no title


蘭子(14)
身長:156cm 体重:41kg
B:81 W:57 H:80
no title


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:33:18.28 ID:8sgn8/I10

P「いいですか?今の光…もとい南条の仕事は本人の希望もありますがヒーローショーの司会や、そういう番組のお手伝いが多いです」

ちひろ「光ちゃんホントに楽しそうにお仕事してますよね」

P「ハイ。すごい微笑ましいです。で、ちょっと前は私服グラビアとかもやってましたよね?」

ちひろ「少年っぽい服装が多かったですね。あれも可愛かったです」

P「はい。でも本人のイメージと合わないから水着系のグラビアは殆ど無かったじゃないですか」

ちひろ「あー…そういえば」

P「はい。でも、このスタイルならそういう仕事ももっと入れていいんじゃないかと思うんですよ」

ちひろ「えー……?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:36:45.63 ID:8sgn8/I10

P「いいですか?アイツの身長は140、それでこのスタイルということはどういうことかわかりますか?」

ちひろ「あ、Pさん口臭いです」

P「え…あ……」←ちょっと離れる

ちひろ「冗談です。どうなるんですか?」

P「千枝の身長に美嘉(姉ヶ崎)のおっぱいがあるということです」

ちひろ「通報します」

P「ちょっ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:41:21.04 ID:8sgn8/I10

P「いやいや考えて下さいよ!!今のアイツのファン層はちびっ子とそのお父さんお母さん、あとおじいちゃんおばあちゃんですよ?」

ちひろ「広いですねー…やっぱり光ちゃん孫みたいで可愛いとかもあるんですかねー」

P「顔から素直さがにじみ出てますからね……アイツ以前の総選挙で俺になんて言ったと思います?」

ちひろ「?」

P「俺が誰に入れるか迷ってたらアイツ真っ直ぐな目で『皆誰かの一番なんだからそれを順位付けなんてできない』って…そんな感じのこと言ったんですよ」

ちひろ「天使ですね」

P「天使ですよ」

ちひろ「可愛いですね」

P「可愛いですよ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:45:21.23 ID:8sgn8/I10

ちひろ「もしもし早苗さんですか?」

P「誘導尋問やめてくださいよ!!…でも俺マジで感動して投票券破り捨てましたもん」

ちひろ「ばかじゃねーの」

P「さっきから厳しくないですか!?…話戻しますけど、あのスタイルなら水着系のグラビアでなくても、そういうスタイルを見せる仕事も有りだと思うんです」

ちひろ「…まぁ、一理ありますね」

P「でしょう?ファン層や仕事の幅が広がれば、当然仕事自体が増えます。あいつがもっと売れるチャンスに繋がると思うんです」

ちひろ「うーん……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:47:41.92 ID:8sgn8/I10

ちひろ「それ肝心の光ちゃんがやりたがりますか?」

P「ですよね」

ちひろ「でしょう?もし本人がやりたがらなきゃ意味ないですよ」

P「わかってますよ。嫌がる人間に嫌な仕事をさせないのがウチのモットーですから」

ちひろ「三船さんの動物園は?」

P「このモットー今日からなんで」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:52:51.68 ID:8sgn8/I10

ガチャッ

南条「おはようございまーす!!」

ちひろ「あら光ちゃんおはよう」

P「お、おはよう!」

南条「うん!さぁ、今日も皆に夢を届ける為のスーパーレッスンタイムだ!!」

P「おう!あ、それとは別に光。ちょっと相談なんだが」

南条「……ん?相談?どうしたんだ?プロデューサーさん!何か悩み事?」

P「あのさ、光……光は……」

光「?」

P「……」

光「……?どうしたの?」

P「……」



P「水着の仕事とかやるきないか?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 00:58:03.99 ID:8sgn8/I10

光「……え?」

P「……実は、最近これ、新しくできた温水プール施設の宣伝用のイメージキャラクターをうちの事務所から出すことになってな」

光「……」

P「そんであっちが求めてるのが10代前半~後半の女の子でさ、光こういう仕事あんまなかっただろ?どうかなって……」

光「……ごめん、プロデューサー」

P「? あ、やっぱ嫌か?ゴメンな、恥ずかしいとかやっぱあるかな…」

光「…うん、それもあるんだけど……アタシ…」

P「?」




光「水着…学校のしか持ってない……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:01:05.90 ID:8sgn8/I10

P「……」

ちひろ「……えーっと…一着も?」

光「うん。昔は友達と夏休みプールに行く時とかそれで充分だったし、お小遣いは特撮グッズで消えちゃうし…」

P「……こっちで用意しようか?」

光「……うん…でも…やっぱり…その……」

P「……?」

ちひろ「……?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:02:34.80 ID:8sgn8/I10

光「……は…」



光「…恥ずかしい…かも…」


P「……」
ちひろ「……」




P&ちひろ(こーら天使やでホンマ……)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:07:09.02 ID:8sgn8/I10

P「(ボソッ)普段アレだけ元気な光が恥ずかしがってますよ」

ちひろ「(ボソッ)耳まで真っ赤でしたね。破壊力があります」

光(ヒソヒソ話してる……がっかりさせちゃったかな…)

光「や…やっぱりやるよプロデューサー!ヒーローは逃げちゃダメなんだ!!」

P「いや、いいよ。」

光「! でも…」

P「いや、ホントにいいんだ。そっか…嫌なもんはさせられないからな!適当に仕事なくて暇な奴探すよ」

光「……ごめんなさい」

ちひろ「全く悪くないのに…光ちゃん可愛い…」ハァハァ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:10:54.05 ID:8sgn8/I10

光「……ホントにいいの?プロデューサー?」

P「いや、いいんだ。お前がいくべき方向性が見えた。お前は今のままでいい」

光「……」

P「いや、正直お前は身長の割りにスタイルがいいからそういう仕事もアリかと思っただけだ」

光「……なんか、恥ずかしい…」

P「でも、恥ずかしいなら仕方ない。そういう子にそういう仕事させないのがウチの事務所のモットーだ」

光「三船さん……」

P「さっき決まったんだ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:15:08.41 ID:8sgn8/I10

光「……ホントにいいの?」

P「ああ、いいんだ」

P(適当に幸子辺りにでもやらせときゃOKだろ)

幸子『全く冬でもボクのカワイイ水着姿が見たいだなんてワガママな人ですね!』←イメージ

P(なんか腹立つな…雫とコンビでこの仕事やらせるか)

光(プロデューサーはやっぱりいい人だなー)

ちひろ「……2人とも何考えてるか大体わかりますね」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:20:37.55 ID:8sgn8/I10

ちひろ「でも正直ビックリしました。光ちゃん中学2年生なんだし水着の2、3着は持ってるかと」

光「……うん、お母さんと買いにいったりしたこともあったけど…なんか恥ずかしくって…あとはアタシ以外にも学校の水着とか着てた子もいたし…いいかなって」

P「まぁ光は私服も男の子っぽいのが多いしな」

光「へへ…スカートじゃヒーローっぽくない気がして…昔から特撮でだとさ、ミニスカートで戦う人とかいたんだけど……どうしても恥ずかしくって」

P(あー可愛いわー)

ちひろ(可愛いっすねー)

P(なにナチュラルに俺の思考よんでんすか)

ちひろ(それPさんもです)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:23:49.74 ID:8sgn8/I10

P「そっか…女の子らしい光もちょっと見たかったけど……うん。しょうがない」

光「……!」

ちひろ「そうですね。光ちゃんには光ちゃんのウリがあるんですから、そっちで頑張ればいいんです!」

P「そうですね。……よし光!お前がもっともっっっと輝く為の!!スーパーレッスンタイムだ!!」

光「……っ!うん!!アタシ頑張るよ!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:31:15.44 ID:8sgn8/I10

光「よーし!じゃあレッスン行って来ます!!」

ガチャッ

バタンッ

P「……」

P「……ダメですね、俺は」

ちひろ「知ってます」

P「……仕事の幅が広がって南条光ってアイドルがもっと知られれば…アイツがやりたがってる特撮関係の仕事とか、もっとオファーが来ると思ったんです」

ちひろ「…ええ、そういう理由だったって知ってます」

P「……なんか、焦っちゃったんですよ…皆頑張って、色んな仕事が来てるのに、アイツはずっとおんなじ仕事ばっかで…それも充分幸せなことなんですが、同年代の小梅達は色々経験してるでしょ?」

ちひろ「……」

P「……アイツが真っ直ぐ頑張ってるんだから…俺がブレちゃいけなかったのに……」

ちひろ「……」

P「……駄目な奴ですね…俺は」

ちひろ「……ええ、皆知ってますよ」

ちひろ「でも、だから皆一生懸命なアナタを信頼してるんですよ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:36:30.65 ID:8sgn8/I10

P「……っ!」

P「……ありがとうございます」

ちひろ「そういうお礼ならアイドル達に言ってください。私に言われても困ります」

P「はは…そうですね。そうしm」

ちひろ「あと口でお礼を言うのも大事ですけど、行動で、ちゃんと示してくださいね?」

P「厳しいなー…」

ちひろ「あれ?知らなかったんですか?私はアイドルには優しいちひろさんですけどそれ以外には厳しいちひろさんなんです」

P「存じてます」

ちひろ「フフッ…アナタの働きで女の子が輝けるかどうかがかかっているんですから」

P「……ハイ。どしどし、厳しくしてください!」

ちひろ「あ、言質とりましたよ?」

P「男に二言はありません!」


P「どんとこいです!!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:40:13.64 ID:8sgn8/I10

P「ははっでも今日は珍しいものを見れましたね」

ちひろ「そうですね…女の子らしい光ちゃんが見れましたし、カメラもってくればよかったと思います」

P「そうですね。あと欲を言えば……」

ガチャッ

早苗「いやー遅れてごめんねー!で、何の用?」

P「光のスク水も見たかったなーなんて」

早苗「……」

P「」

ちひろ「早苗さんこの人です」

早苗「全て理解した」

P「ちょ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:43:16.21 ID:8sgn8/I10

後日








ガチャッ

光「こんにちわー!」

ちひろ「あら、こんにちわ光ちゃん。……あら、その格好…」

光「……うん、制服。なんかここにスカートで来るのって…なんかやっぱ恥ずかしいな……」

ちひろ「そんなことないわ!ちょー可愛いわよ!」

光「へへっ…うん、ありがとうちひろさん!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:46:13.10 ID:8sgn8/I10

光「……」

ちひろ「……?」

光「……やっぱり、女の子っぽい格好って恥ずかしいね…」

ちひろ「!」

光「……アタシらしくなくって、変かな?」

ちひろ「…そんなことないわよ。Pさんが見たら小躍りして喜ぶわよ」

光「えー…?そうかな…?」

ちひろ「そうよ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:49:37.84 ID:8sgn8/I10

光「へへっ…そっか…うん、たまには、ね?」

ちひろ「うん、たまには、ね」

光「アタシはアイドルで、ヒーローを目指してるけど……」

ちひろ「うん、今日は、女の子の光ちゃん、ね」

光「うん!……へへっ」

ガチャッ

P「ただいまーって…おー光!制服か!」

光「あ!Pさん!…うん、似合う?」

P「……ああ、似合ってるぞ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:54:08.25 ID:8sgn8/I10

光「!ホントに!?」

P「ああ、すごく良く似合ってる」

光「……っ!」

光「そっか……へへっ…」

P「……いつもヒーローお疲れ様、光」

光「!…Pさん……」

P「うん。……可愛いぞ」

光「!!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 01:58:36.43 ID:8sgn8/I10

光「……うん、ありがとうPさん!」

P「ああ。……でも改めて思ったけど…光ってやっぱ女の子なんだな」

光「あ!同意意味だよPさん!」

P「いや、やっぱりお前ってアイドルなんだなーって、さ」

光「!! 当然!なんたってアタシは!!弱い者の味方!夢と希望を与える」




光「ヒーローで、アイドルなんだからな!!」

ニッ

終わり


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 02:00:22.35 ID:8sgn8/I10

同意→どういう

最後に誤植しちゃったけど!!

ナンジョルノファンは!!いつまでも南条の新カードを待ち望んでいます!!

読んでくれてありがとうございました!!m(_)m


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 02:08:09.59 ID:8sgn8/I10

あと、支援してくださった方も本当にありがとうございましたm(_)m

南条のSSもっと増えればいいのになー…と思いつつ寝ます

ありがとうでした、オヤスミなさいです


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 02:45:14.48 ID:jRIyfNcE0

南条ルノは純情ルノ


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。