スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイス「シェリルいじめが楽しい」  シェリル「・・・?」 

カテゴリ:未分類

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 17:13:49.25 ID:WoEMgzi40

~シャワールーム~

ザー ザー

シェリル「・・・・・・」

シェリル「ふぅ・・・、やっぱり一日の最後のシャワーは気持ちいいわね~」

シェリル「(シャンプー、シャンプー、・・・と・・・・)」

シェリル「・・・・・」スコスコ

シェリル「何よ、シャンプー切れてるじゃない!」スコスコ

シェリル「(仕方ない、グレイスを呼んで取って来てもらおう)」ピッ


シェリル「グレイス~?グレイスぅ~!?」

グレイス「・・・・・」

シェリル「シャンプーがないの!取ってきて~!!」

グレイス「・・・・・」

シェリル「グレイスったらぁ!!・・・・いないの?」

グレイス「・・・・・」ニヤニヤ

シェリル「ぐれ・・・・へっくしょん!!・・・・グレイス~?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 17:26:03.85 ID:WoEMgzi40

~リビング シャワー後~

シェリル「もう!呼んだらすぐ来てよね!」ホカホカ

グレイス「ごめんなさい。あなたの夕飯を作っていたものだから」

シェリル「今日のごはんは何?」

グレイス「今日はカレーライス」

シェリル「おぉ~」

シェリル「まぁいいわ。早く、早く!お腹減っちゃった!」

グレイス「ふふっ・・・今よそうから・・・、はい、どうぞ召し上がれ」コトッ

シェリル「いただきまーす!」パクッ

シェリル「・・・・!? か、辛い!!激辛じゃない!!」

シェリル「ぐ、グレイス!水、みず!!」

グレイス「・・・・・」

シェリル「水を頂戴って!!早くぅ!!」

グレイス「え~っと、コップはどこやったかしら・・・?」ニヤニヤ

シェリル「はやくぅ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 17:35:15.24 ID:WoEMgzi40

シェリル「まったく・・・」

グレイス「ごめんなさいね・・・辛い方がいいと思って」

シェリル「限度があるでしょ、限度が!」


シェリル「そうだ、明日の準備しないと・・・」ガサゴソ

グレイス「明日・・・?あぁ、お出掛けするのよね」

シェリル「そうそう、大事な日になりそうだからちゃんと用意しておかないと」

シェリル「って、あれ・・・?」ガサゴソ

グレイス「どうしたの?」

シェリル「帽子がないの!!お気に入りの帽子が!!」

シェリル「あれ・・・?いつもここに掛けてあるのに・・・・」ガサゴソ

シェリル「ねぇ、グレイス知らない!?私の帽子!」

グレイス「さぁ・・・・?」

シェリル「えぇ~?どこ言っちゃったのよぉ・・・。私の帽子・・・?」ガサゴソ

グレイス「(実は私が隠したんですけどね)」ニヤニヤ

シェリル「むぅ・・・、どこよぉ~・・・もぉ~・・・・」ガサゴソ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 17:41:39.80 ID:WoEMgzi40

グレイス「あっ、こんな所にあるわよ?帽子・・・」

シェリル「えっ!?」

グレイス「はいっ」スッ

シェリル「あ・・・・!よ、良かった~。ありがとう、グレイス・・・・」

グレイス「どういたしまして」ニコッ


グレイス「それにしても、やけに張り切ってるわね・・・?」

シェリル「言ったでしょ?明日は大事な日になりそう、って」

グレイス「もしかして、彼(アルト)とお出掛け?」

シェリル「ち、違うわよ!!////」

シェリル「明日はランカちゃんと女同士のお出掛けよ」

グレイス「あら、珍しいわね・・・?」

シェリル「えっ?どうして・・・?」

グレイス「だって、あなたとランカさんって・・・、仲良さそうには見えないし」

シェリル「!?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 17:53:25.97 ID:WoEMgzi40

シェリル「な、何言ってるのよ・・・・?」

シェリル「私とランカちゃんは友達よ?一緒に歌ったりしてるし・・・・」

グレイス「・・・確かに、劇場版のランカさんはあなたに良く懐いていたわ」

グレイス「いつもあなたを憧れに置いているし、落ち込んだり体調が悪かったら励ましてくれるし」

シェリル「ほら、そうでしょ?仲良しなんだから」

グレイス「でもアニメ版では、あなたの顔を見る度に嫌な顔してたじゃない」

グレイス「ガリア4の一件の時なんか、倒れたあなたの体の心配もしてなかったわよ?」

シェリル「うっ・・・・」


グレイス「あの頃よね~、人気落ちたの」

シェリル「うっ、うるさいわね!!確かにランカちゃんとは仲が悪いイメージはあるけど・・・」

シェリル「そのイメージを、明日のお出掛けで変えてみせるわ!!」

シェリル「ほら・・・、そのためにデートプラン考えたし・・・」

グレイス「へぇ・・・?見せて?」

シェリル「完璧過ぎて、驚くわよ?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 18:02:54.65 ID:WoEMgzi40

グレイス「・・・・・」

シェリル「・・・ど、どうかしら・・・・?」

グレイス「そうね・・・。良くできてると思うわ」

シェリル「でしょ!?流石わたし!!」


グレイス「でも、なんだか恋人同士で廻るコースみたいね・・・・」

シェリル「ふっふっふ、それには理由があるのよ」

グレイス「理由?」

シェリル「おかしいと思ったことはない?今の三角関係について」

グレイス「三角関係って、 シェリル→アルト←ランカ のこと?」

グレイス「あなたも彼が好きなら、さっさとそう言っちゃいなさい」

シェリル「ま、まぁ、それは置いておいて・・・///」

シェリル「今のままだとランカちゃんと喧嘩になるでしょ?」

シェリル「でも、私がランカちゃんを魅了してしまえば・・・・」

グレイス「ははぁ~ん、 アルト→シェリル←ランカ になると言うわけね」

シェリル「そう!私が三角関係の中心になれるわけ!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 18:12:17.56 ID:WoEMgzi40

グレイス「でも、中心になったらなったで大変じゃない・・・?」

シェリル「心配しないで!アルトと違って、私なら両立可能よ!」

グレイス「それに、あんなに彼に依存してるランカさんが簡単に落ちるとは・・・・」

シェリル「むぅ・・・」

シェリル「できるわ!そのデートプラン通りにいけば!!」

シェリル「ちゃんと下調べもしたし、予約するところはしたし・・・」

シェリル「それに、ランカちゃんも三角関係に迷ってるはずよ」

シェリル「そこに私が手を差し伸べれば・・・」

グレイス「ランカさんの心はあなたのモノに・・・・?」

シェリル「そういうこと!」


シェリル「じゃあ準備もできたし、寝るわ!明日遅れそうになったら起こしてね」

グレイス「えぇ、わかったわ」

シェリル「おやすみ~」

グレイス「おやすみなさい」

グレイス「(明日、デートプラン通りにいけば上手くいく・・・・・か)」ニヤリ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 18:23:16.18 ID:WoEMgzi40

~次の日 待ち合わせ場所~

ランカ「・・・・・」

シェリル「ランカちゃ~ん」

ランカ「あっ、シェリルさん。おはようございます」

シェリル「おはよ。待った?」

ランカ「いえ、そんなことはないですけど・・・」

ランカ「急に『二人で出掛けたい』って言うからビックリしました」

シェリル「・・・?どうして?それにそんな急に言ったかしら?」

ランカ「あっ!そ、そういう意味じゃなくて・・・」

ランカ「まさか、シェリルさんが私の事を友達・・・というかなんというか・・・そんな風に思ってくれてたなんて」

シェリル「もう、当然でしょ?一緒に何回も仕事してるし、後えっと・・・同じクラスだし」

ランカ「そ、そうですよね////・・・す、すみません・・・変なこと言って・・・・」

シェリル「(ん・・・?もしかして脈アリ?)」

シェリル「(同年代の女の子も余裕でおとしちゃうなんて、流石わたし!)」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 18:35:22.56 ID:WoEMgzi40

シェリル「よーし、じゃあ早速行きましょうか!」

シェリル「私の後ろについてくるのよー?」スタスタ

ランカ「はっ、はい!」トコトコ

ランカ「(・・・・ん?)」

シェリル「ん?どうしたの?ランカちゃん?」

ランカ「あっ、いえ・・・・」

シェリル「も~、言いたいことがあるなら言わなきゃ」

ランカ「そ、そのシェリルさんが着てる服、最近買ったんですか?」

シェリル「あぁ、これ?この服はね~、私のお気に入りなの!似合うでしょう?」ミセビラカセ

ランカ「あ、あの・・・・」

シェリル「ん?」

ランカ「後ろに・・・・タグ(値段の札)・・・くっ付いてますけど・・・・」

シェリル「えっ!?う、ウソ!?」

シェリル「ちょ、ちょっ!と、取ってぇ!!取ってランカちゃん!!」

ランカ「は、はい!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 18:43:22.02 ID:WoEMgzi40

シェリル「うぅ・・・・・////」

ランカ「も、もう取れましたよ・・・」

シェリル「ありがとう・・・・」ウルウル

ランカ「き、気にしないでください!私も良くありますから」

シェリル「でも・・・・・」ウルウル

ランカ「まぁまぁ、これから一日楽しむんだから落ち込んでも仕方ないですよ」

シェリル「・・・そうね、ごめんなさい」

ランカ「元気出してください!」

シェリル「うん・・・・じゃあ気を取り直して、行きましょう!」

ランカ「はーい!」


シェリル「(それにしても、なんでタグなんかくっ付いてるのよ・・・)」

シェリル「(朝着るときには付いてなかったのに・・・・)」

シェリル「(恥ずかしくて、死にたい・・・・・////)」


グレイス「・・・・・」ニヤニヤ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 18:52:00.96 ID:WoEMgzi40

ランカ「これからどこに行くんです?」

シェリル「最近オープンした自然公園よ!」

シェリル「今は平日の朝だから、混んでもいないし気持ちいいと思うわ」

ランカ「わぁ~、楽しみ!」

シェリル「ランカちゃんは自然大好きだもんね!」

ランカ「えぇ!?ど、どうして・・・?」

シェリル「なんか自然が好きそうな顔してるし」

ランカ「どういう顔ですか!!それぇ・・・」

シェリル「あははっ」

ランカ「もう・・・・」


グレイス「こちらグレイス・・・・そちらの用意はいいかしら?」


ブレラ「・・・・了解」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 19:03:20.40 ID:WoEMgzi40

~自然公園~

ランカ「わぁ・・・!スゴイ、凄いですよ!シェリルさん!」

シェリル「ふふっ・・・、そうね・・・・」

ランカ「綺麗なお花がいっぱい・・・・緑も・・・・」

シェリル「(良かった。ランカちゃんはここを気にいってくれたみたい)」


シェリル「よーし、ランカちゃん!あっちの方へ行ってみましょ!」スタスタ

ランカ「はい!」トコトコ

シェリル「あ、やっぱりこっちに行きましょ」スタスタ

ランカ「こっちですか~?」トコトコ

シェリル「(ふふ、ランカちゃんったら・・・。あっちへ行ったりこっちへ行ったりしても健気についてくるのね・・・)」スタスタ

シェリル「(親についてくる子犬みたい///)」

シェリル「(意地悪して、走っちゃお!)」タッタッタ

ランカ「あっ!待ってくださいよ!シェリルさぁん!」ダッ

シェリル「ふふっ、置いていっちゃうわよ~?ランカちゃん!」タッタッタ

三(U・ω・)マッテーシェリルサーン   三( ´∀`)アハハ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 19:15:10.23 ID:WoEMgzi40

シェリル「ほ~ら、捕まえてごらんなさい?」タッタッタ

ランカ「しぇ、シェリルさぁん、待ってぇ~」タッタッタ

シェリル「あははっ!ランカちゃ~ん、こっちこっち!」

ランカ「もぉ~、絶対捕まえてやるぅ!」

三(U・ω・)マテー   三( ´∀`)アハハ


ソフトクリーム~ ソフトクリームはいらんかね~

 (⊂・ω・)ソフトクリーム?   (´∀` )?

甘くて 美味しい ソフトクリーム~

(・ω・U)三 ソフトクリーム!  Σ(´Д`;)ランカチャン!?


店員に扮したブレラ「・・・・いらっしゃいませ」

ランカ「わぁ、美味しそう! シェリルさぁん、ソフトクリーム食べましょ~?」

シェリル「え、えぇ・・・・」

シェリル「(せっかく楽しく追いかけっこしてたのに・・・。こんのソフトクリーム屋・・・・ッ!)」


グレイス「・・・・・」ニヤニヤ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 19:27:08.02 ID:WoEMgzi40

ランカ「どれがいいかな~?」

ブレラ(店員)「当店はジャンボフロンティアソフトクリームがオススメです」

ランカ「うわぁ!それ食べたい!」

シェリル「・・・・わかったわ。『ジャンボフロンティアソフトクリーム』ね?」スッ

ランカ「えっ?は、はい・・・・」

シェリル「私が買って持って行ってあげるから、ランカちゃんは先にそこのベンチに座っていて」

ランカ「で、でも・・・。いいんですか?」

シェリル「いいに決まってるでしょ?」

シェリル「今日は私が誘ったんだから、ランカちゃんは存分に私に甘えて♪」

ランカ「!? は、はい・・・・////」モジモジ

シェリル「ふふっ(よしっ!今ので1ポイント加点ね!)」グッ

ランカ「じゃあ、先に座ってますね~?」

シェリル「はいは~い」


シェリル「というわけだから、店員さん。超お急ぎで頼むわよ?私に恥かかせないように」

ブレラ(店員)「かしこまりました」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 19:37:03.17 ID:WoEMgzi40

ブレラ(店員)「・・・・・」 ブイーン

シェリル「(もう少しで出来るわね・・・・)」

シェリル「(そうだ、お金・・・・)」パカッ

シェリル「!?」

シェリル「(お、お財布の中に現金がない!?)」

シェリル「(う、ウソッ!?昨日銀行で下ろしておいたはずなのに・・・・。どうして無いのよ!?)」オロオロ

ブレラ(店員)「ジャンボフロンティアソフトクリーム、お待たせいたしました」スッ

[ジャンボフロンティアソフトクリーム]

シェリル「うっ!・・・あ、あのぅ・・・カードで!」

ブレラ(店員)「ウチはカードの取り扱いはしておりません」

シェリル「うぅ・・・・(そりゃそうよね・・・・)」

シェリル「(ど、どうしよう・・・。出来ちゃったし、今更お金ないとも言えないし・・・・)」オロオロ



ランカ「あれ・・・・?なんかシェリルさん困ってるみたい・・・・?」


グレイス「・・・・・」ニヤニヤ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 19:46:04.60 ID:WoEMgzi40

シェリル「(ど、どうしたらいいの・・・・?)」

ブレラ(店員)「・・・・溶けますよ?」

シェリル「わ、わかってるわよ!」

シェリル「え、え~っと・・・。実は私、シェリル・ノームなの!!私のサインが代金代わりじゃダメかしら?こんなサービス滅多に・・・」

ブレラ(店員)「ダメです」サラリ

シェリル「」ガーン

ランカ「あ、あのぅ・・・・」

シェリル「ハッ!ラ、ランカちゃん!?」アセッ

ランカ「ど、どうかしたんですか・・・?」

ブレラ(店員)「このお客様が・・・」

シェリル「ちょっとアンタは黙ってて!!」

シェリル「あ、あのね・・・・ランカちゃん・・・・」

ランカ「・・・・・?」

シェリル「お、お金貸してぇ・・・・・」ウルウル


グレイス「・・・・・・」ニヤニヤ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 19:55:20.25 ID:WoEMgzi40

シェリル「・・・・・」ショボーン

ランカ「げ、元気出してください!お金忘れることなんて良くありますよぉ」

シェリル「後で・・・必ずお金返すから・・・・」

ランカ「そんなぁ、わざわざ返さなくてもいいですよ!私が食べたかっただけですし・・・・」

シェリル「必ず返すから!!」

ランカ「あっ・・・はいぃ・・・・あはは・・・・」

シェリル「(もぉ~、恥ずかしいったらないわ・・・////)」ウルウル

シェリル「(どうして今日に限ってこんな目に・・・・)」


ランカ「と、とにかく、ソフトクリーム食べましょう?」

ランカ「こんなに大きいし、スプーンも2つ貰えたし、これ1つで2人分ですよ!」

シェリル「で、でも・・・・」

ランカ「ほ、ほらぁ・・・あーんしてください」

シェリル「・・・・あーん」ぱくっ

ランカ「どうですかぁ?」

シェリル「・・・・あまい」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:06:51.40 ID:WoEMgzi40

ランカ「ごちそうさまでした」

シェリル「美味しかったわね~」

ランカ「ふふっ、シェリルさん・・・元気になりましたね!」

シェリル「もういいわよ。銀行行けばお金あるし・・・・」

蝶「・・・・」ヒラヒラ~

ランカ「あっ!ちょうちょだぁ」

シェリル「可愛いわね~」

シェリル「!!(そ、そうだわ!)」

シェリル「よーし、ランカちゃんのためにあの蝶々を捕ってきてあげるわ!」スクッ

ランカ「えぇ!?そ、そんなことできるんですか?」

シェリル「任せなさい、この私に不可能はない!」ビシッ

蝶「・・・・」ヒラヒラ~

ランカ「あっ!行っちゃう!」

シェリル「こらっ!待ちなさい!!」ダッ


グレイス「(喰い付いた・・・)」ニヤリ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:14:40.83 ID:WoEMgzi40

蝶「・・・・・」ヒラヒラ~

シェリル「そこね!!」パシッ

蝶「・・・・・」ヒラヒラ~

シェリル「くっ・・・・」

ランカ「やっぱり無理ですよ~・・・・」

シェリル「いいえ!捕まえて見せるわ!!」

シェリル「(今日私いいところ1回も見せてないし・・・・)」


蝶「・・・・・」ヒラヒラ~

シェリル「とぅ!」パシッ

蝶「・・・・・」ヒラヒラ~

シェリル「このっ!」パシッ

ランカ「頑張ってくださーい」

蝶「・・・・・」ヒラヒラ

シェリル「(動きが鈍った!?チャンス!!) ・・・・貰ったぁ!!」バッ

ランカ「あっ!?だ、駄目ですよ!そっちには池が・・・・!!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:23:55.86 ID:WoEMgzi40

シェリル「(し、しまった・・・!)」

ランカ「シェ、シェリルさぁん!!」

シェリル「・・・・・ッ!ぎ、ギリギリ・・・」

ランカ「セーフ・・・・」

シェリル「あ、危なかったぁ・・・。もう少しで池ポチャするところだったわ」

ランカ「もぉー!!ヒヤヒヤしたじゃないですか!!」プンプン

シェリル「だって・・・もう少しだったのよ?蝶々」


グレイス「・・・・・」チッ


ランカ「でも、落ちなくて良かったですよ」

シェリル「本当・・・・って、うっ!!」

ランカ「・・・・?どうかしました?」

シェリル「な、なんでもない!なんでもないから!」

シェリル「(止まることに集中してたら、犬のウンチ踏んでた・・・)」ウルウル


グレイス「あら、お気の毒」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:31:42.04 ID:WoEMgzi40

ランカ「今何時だろう・・・・?」チラッ

PM12:28

ランカ「あっ!もうこんな時間」

シェリル「蝶々に夢中になってたから、すぐ時間過ぎちゃったわね~」

ランカ「じゃあ、そろそろお昼食べます?」

シェリル「そうね~・・・って、ハッ!」

ランカ「・・・・? どうかしました?」

シェリル「1時にレストラン予約してたんだったわ・・・!」

ランカ「ま、間に合うんですか・・・?」

シェリル「走ればイケる!」

ランカ「え?えぇぇぇぇ!?」

シェリル「ランカちゃん急ぐわよ!!付いてきて!!」

ランカ「は、はい!シェリルさん!」

タッタッタッタッタ・・・・


グレイス「・・・・・」コソーリ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:41:04.19 ID:WoEMgzi40

~PM12:57 レストラン前~

タッタッタッタ・・・・

シェリル「よし!ギリギリぃ!」

ランカ「はぁ、はぁ・・・・」

シェリル「ごめんね?走らせちゃって・・・」

ランカ「い、いえ!走るの結構慣れてますから・・・」


ランカ「それにしてもオシャレなレストランですね~」

シェリル「美味しいイタリアンで有名なの。ココ」

シェリル「平日でも予約必須なのよ?その予約も1か月待ちだし」

ランカ「えぇ!?い、1か月!?」

シェリル「ふふっ、驚いた?」

ランカ「だって・・・、私との食事の為に予約してくれたんですよね・・・・?」

シェリル「ま、まぁ・・・そうなるわね///」

ランカ「ありがとうございます!シェリルさん!」ペコリ

シェリル「・・・と、とにかく入りましょ!時間ギリギリだし・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:51:08.58 ID:WoEMgzi40

チリンチリン

店員「いらっしゃいませ~」

店員「ご予約は?」

シェリル「してるわ。13時から、名前はブレラ・スターンよ」

店員「かしこまりました。少々お待ちください」

ランカ「シェ、シェリルさん、ブレラ・スターンって・・・・」

シェリル「仕方ないじゃない。シェリル・ノームとは言えないし」

シェリル「グレイスの部下らしいし、無愛想なヤツだからこんな所来ないわよ」

ランカ「は、はぁ・・・・」


店員「え・・・っと、ブレラ様?」

シェリル「は~い!こっちよ」

店員「申し訳にくいのですが、ブレラ・スターン様は既にあちらに・・・・」

シェリル「はぁ!?」バッ

ブレラ「・・・・・・」

シェリル「(えぇ!?ど・・・どうして・・・・?)」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 20:58:37.38 ID:WoEMgzi40

シェリル「ちょっ・・・!ちょっとどいて!」

店員「お、お客様!?」


ブレラ「・・・・・」

シェリル「ちょっと、なんでアンタがここにいるのよ!?」

ブレラ「政府から命令されて・・・・」

シェリル「んなわけないでしょ!?もし護衛だっていうなら、護衛らしくしてなさいよ!」

ランカ「ちょ・・・ちょっとシェリルさん・・・・ッ!」

ブレラ「予約には・・・・俺の名前が書いてあったが・・・・?」

シェリル「そ、それは・・・・」

ブレラ「人の名前を勝手に使っていいのか?」

シェリル「(うっ・・・・)」

シェリル「い・・・、いいに決まってるじゃない!私はシェリルよ!?銀河のようせ・・・」

ランカ「シェリルさん!?それはマズいですって!!」

ざわざわ・・・・

客「おい、あれってシェリル・ノームじゃあ・・・・」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 21:06:15.55 ID:WoEMgzi40

シェリル「(し、しまった・・・・!)」

客A「もしかして、一緒にいるのランカ・リーじゃないか!?」

客B「す、すげぇ!!」

ランカ「(ば・・・、バレたぁ・・・・)」

客C「サインくれぇ!!」

シェリル「くっ・・・・!に、逃げるわよ!ランカちゃん!!」ダッ

ランカ「は、はいぃ・・・・」ダッ

ブレラ「フッ・・・・」

客D「待ってくれぇ!!」

店員「お、お客様方お会計をお願いします!!」


シェリル「(何よこれぇ・・・。明らかにおかしいわ!)」

シェリル「(そもそも今日不幸の連続な気がするし・・・・)」

シェリル「(それにしても・・・、せっかくランカちゃんのために予約したのに・・・)」ウルウル


グレイス「(流石に感付いてきたか・・・・。まぁ問題は無いけど・・・・)」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 21:15:39.00 ID:WoEMgzi40

ランカ「はぁ、はぁ・・・・・」

シェリル「はぁ、はぁ・・・・ごめんねランカちゃん。恥かかせちゃって・・・」

ランカ「へ、平気ですよ!これくらい・・・・」

ランカ「とりあえず別のお店探さないと・・・・」

シェリル「・・・・・」ショボーン

ランカ「ここから娘々は遠いし・・・・」キョロキョロ

ランカ「あっ!あそこのラーメン屋はどうですか?」

シェリル「(イタリアン→ラーメン・・・・かぁ・・・・)」

ランカ「じゃあ、あそこの牛丼屋さんは?」

シェリル「・・・・・・」

ランカ「じゃあ、あそこにしましょう!あのファーストフード!今ならマクロスグッズが付いてくる!」

シェリル「ランカちゃんに・・・、ついていくわ・・・・」

ランカ「じゃ、じゃあファーストフードで決まりぃ!あはは・・・」

シェリル「(うぅ・・・誘っておいて、まともにエスコートもできないなんて・・・・。何が銀河の妖精よ・・・・)」ウルウル


グレイス「・・・・・」ニヤニヤ


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:00:21.58 ID:WoEMgzi40

~ファーストフード~

ランカ「・・・・・」モグモグ

シェリル「・・・・・」モグモグ

ランカ「マクロスセット、もうありませんでしたね・・・」

シェリル「そりゃそうよ・・・。私たちがアレ撮影したの随分前じゃない」

ランカ「す・・・、すみません・・・・」ショボン

シェリル「べ、別にそういうわけじゃなくて、なんというか・・・」

シェリル「私こそごめんね。今日はランカちゃんに頼りっぱなしで・・・」

ランカ「いえ!むしろシェリルさんの可愛い部分が見れて良かったです!」

シェリル「あら?じゃあ普段は可愛くないっていうの?」

ランカ「そ、そういうわけじゃ・・・」

シェリル「うふふ・・・・」

ランカ「・・・・・?」

シェリル「(そうね・・・。落ち込んでるより挽回することを考えなきゃ・・・まだお昼なんだし)」

シェリル「よーし!これ食べたら次は映画を見るわよ!!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:09:46.94 ID:WoEMgzi40

~映画館~

ランカ「なんの映画を見るんですか?」

シェリル「昨日から公開が始まった、『劇場版マクロスZ~さらばまた会う日まで~』よ」

ランカ「あっ、それって前後編の後編ですよね?」

シェリル「えっ!?も、もう観たの?」

ランカ「いえ、前編をナナちゃんと観ただけで・・・」

シェリル「それなら良かったわ・・・・」ホッ

シェリル「一番いい席をネットで予約してあるからね」

ランカ「ありがとうございます」

シェリル「だ、大丈夫よ?今度はさっきみたいにはならないから!」

ランカ「ふふっ、別に疑ってませんよ!」

シェリル「じゃあ、手続きしてくるから、そこで待ってて」

ランカ「は~い」

シェリル「(大丈夫だと思うけど不安になってきた・・・)」


グレイス「・・・・・」コソーリ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:18:27.19 ID:WoEMgzi40

係員「え~っと、Fの13番と14番ですね」

シェリル「はい・・・・」ドキドキ

係員「ではこちらがチケットになります。マクロスZは5番館での上映になりますので、そちらのエレベーターから」

シェリル「ありがと・・・・」

シェリル「・・・・・・」

シェリル「(よ、良かったぁ・・・)」ホッ

シェリル「流石にこれは大丈夫よね・・・。カードで予約したんだもの」


ランカ「あっ、シェリルさんおかえりなさい」

シェリル「ただいま!はい、チケット」スッ

ランカ「ありがとうございます~」

シェリル「まーたさっきみたいになるかと思ってドキドキしたわ・・・」

ランカ「ふふっ、そんなに何回も悪いことは続きませんよ!」

シェリル「ありがとう、ランカちゃん」

ランカ「映画、楽しみですね!」

シェリル「えぇ!(アルトポジション・・・・。絶対なってやるわ・・・・)」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:29:45.99 ID:WoEMgzi40

~劇場 5番館~

ランカ「まだ上映まで時間がありますね・・・」

シェリル「あっ、ほら見て!ヒロインの服が飾ってあるわ」

ランカ「本当ですね~。かわい~」

シェリル「ねぇ、ランカちゃん並んでみてよ」

ランカ「えぇ!?は、恥ずかしいですよ・・・」

シェリル「もぉ~、ノリが悪いわね~!」

ランカ「だ、だってぇ・・・・////」


シェリル「あっ!売店もあるじゃない!」

係員「いらっしゃいませ~」

シェリル「キーホルダー2つとチャーム2つ」

係員「かしこまりました」ガサゴソ

シェリル「今日の記念にね!」

ランカ「えっ?もしかして1つは私の分・・・ですか?」

シェリル「そうよ~、お揃いのヤツ!・・・お金なら大丈夫よ?さっきATMから下ろしてきたから」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:36:59.83 ID:WoEMgzi40

シェリル「はい、ランカちゃん。プレゼント♪」

ランカ「あ、ありがとうございます・・・・////」

シェリル「大切にしてね?」

ランカ「も、もちろん!!」

シェリル「ふふっ」


ランカ「そ、そういえば・・・・」

シェリル「ん?」

ランカ「ポップコーン売ってませんね・・・?」

シェリル「あら?そういえばそうねぇ・・・」

シェリル「探しましょう!ランカちゃん!」

ランカ「は、はい!」

シェリル「どっこかしら~?」キョロキョロ

ランカ「(なんかシェリルさんって、急に子供みたいになるんだなぁ・・・)」

ランカ「(とっつきにくそうだと思ってたけど、実はそうじゃないのかな・・・?)」

シェリル「あっ!あったあった!きっとあれよ!あれ!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:48:44.36 ID:WoEMgzi40

ポップコーンの機械「・・・・・」ポコポコ

シェリル「どんどん出来てるわね・・・」ジーッ

ランカ「シェリルさんは飲み物何にしますか?」

シェリル「私烏龍茶がいいわ」ジーッ

ランカ「はーい」

ランカ「すみません、烏龍茶とオレンジジュースください。あとポップコーン2つ」

係員「・・・・かしこまりました」


ランカ「シェリルさ~ん、買ってきましたよ~」

シェリル「ありがと。このポップコーンどれくらい作る気かしらねぇ・・・?」ジーッ

ランカ「さぁ・・・・?」

シェリル「ま、いいわ・・・。そろそろ戻りましょう!もうすぐ上映時間だし」

ランカ「はい!」

トコトコトコトコ・・・・


係員に扮したブレラ「任務完了」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 22:57:13.67 ID:WoEMgzi40

~劇場内~

ざわざわ・・・


シェリル「やっぱり公開2日目だから混んでいるわね~」

ランカ「でもシェリルさんが予約してくださったおかげで、とても観やすいです!」

ランカ「以前ナナちゃんと来た時は最前列で、首が痛くなっちゃいましたよ・・・・」

シェリル「うふふ、最前列で観ると、見上げることになるからでしょう?」

ランカ「そうなんですよ~、って、あっ!!」

シェリル「!? どうかしたの?ランカちゃん!?」

ランカ「い、いえ・・・。ちょっとトイレに・・・・////」

シェリル「なんだぁ・・・脅かさないでよ・・・」

ランカ「えへへ・・・、シェリルさんはどうします?」

シェリル「私はいいわ・・・。凄い混んでるし、1回座っちゃうとね・・・」

ランカ「じゃあ私だけで行ってきますね」

シェリル「混んでるから、痴漢に気を付けてね」

ランカ「は~い」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 23:03:53.96 ID:WoEMgzi40

ランカ「ただいま~」

シェリル「おかえり~」

ランカ「もぉ~、トイレ混みまくりで大変でしたよ!」

シェリル「あははっ、でしょう?あぁいうのイヤよね~」

ランカ「でも上映ギリギリには戻れたみたいですね・・・」

シェリル「ランカちゃん帰ってくるの遅いから、誰かに誘拐されちゃったかと思ったわ~」

ランカ「ひえぇ・・・、そ、そんなのイヤですよ~」



シェリル「あっ、他の映画の宣伝始まったわ」

ランカ「これが長いんですよね~」

シェリル「ま、この間にポップコーン食べればいいのよ」

ランカ「ふぁーい」モグモグ

シェリル「・・・・・」モグモグ

シェリル「(気のせいか、ちょっとしょっぱいわね・・・・)」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 23:15:53.80 ID:WoEMgzi40

マクロスZ上映中~

主人公「くっ・・・なんて敵の数なんだ・・・」

バババーン ドカーン ボカーン

ランカ「・・・・・」ドキドキ

シェリル「(うぅ・・・、どうしよう・・・・)」

シェリル「(トイレ行きたくなってきちゃったわ・・・・)」モジモジ

シェリル「(さっきランカちゃんと行っておけば良かった・・・・)」モジモジ

シェリル「(で・・・、でも大丈夫よね?もうあと1時間くらいなはずだし・・・)」


主人公「・・・・?クソッ、敵をみうしな・・・」

ドガァッ!!!

シェリル「!?」ビクッ

ランカ「ひぃっ!」ビクッ

主人公「うわああああああ!」

脇役「主人公ーーーー!!!」

ランカ「(ビックリしたぁ・・・。静かな時にいきなり攻撃されるとか・・・・)」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 23:25:58.69 ID:WoEMgzi40

ランカ「(怖いからシェリルさんの腕に掴まっていよう・・・・)」

ランカ「シェリルさん、シェリルさん?」ヒソヒソ

シェリル「な・・・なに・・・?ランカちゃん・・・?」ヒソヒソ

ランカ「えっと・・・・、腕・・・借りてもいいですか?////」ヒソヒソ

シェリル「え・・・えぇ・・・いいわよ?」ヒソヒソ

ランカ「・・・・・」ぎゅっ

シェリル「(ど、どうしたらいいの・・・・?)」

シェリル「(さっきビックリしてちょっと漏れちゃったかも・・・・(未確認))」

シェリル「(もし、染みになるくらい出ちゃってたら・・・・)」

シェリル「(終わりよ・・・・何もかも・・・・・)」ウルウル

シェリル「(それにしても、なんで急に尿意が襲い掛かってくるのよ・・・・っ!!)」

シェリル「(確かに烏龍茶は飲んだけど・・・・・)」


グレイス「(どうやら、大洪水になるまでは至らなかったみたいね・・・)」

ブレラ「(命令通り、利尿剤は烏龍茶に・・・)」

グレイス「(まぁ、ここで終わっちゃあ面白くないし、構わないわ)」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 23:38:05.58 ID:WoEMgzi40

~映画が終わって~
~トイレ~

シェリル「(ふぅ・・・、何とか間に合った・・・・)」

シェリル「(我慢するのに精一杯で、全然お話見てなかったわ・・・・)」


シェリル「・・・・・」

ランカ「あっ、シェリルさん!ここです!」

シェリル「お待たせ・・・」

ランカ「いや~、凄かったですね!まさかヒロインがあんなことになるなんて!」

シェリル「そ、そうね・・・・」

ランカ「終盤で主人公と離ればなれになるところで、私ボロボロ泣いちゃって~」アハハ

シェリル「えぇ・・・私もよ・・・・」

ランカ「凄い良くまとまってましたね~!」

シェリル「本当ね・・・・」

ランカ「あぁ~、また観たくなってきちゃった!」

シェリル「私もよ・・・(ほとんど把握できなかったし)」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 23:46:00.10 ID:WoEMgzi40

~外~

シェリル「えっと・・・じゃあ次は・・・・」

ランカ「・・・・・」ジーッ

シェリル「・・・・?どうかしたの?ランカちゃん?」

ランカ「あ、あそこ・・・・」

シェリル「・・・・?ゲームセンター・・・?」

ランカ「・・・・・」コクリ

シェリル「行きたいの?」

ランカ「楽しそうだから・・・・。ダメですか?」

シェリル「何言ってるの!ランカちゃんが行きたいところなら、どこへでも♪」

ランカ「あ、ありがとうございます!」

シェリル「何か目当てのゲームがあるの?」

ランカ「クレーンゲームなんですけど・・・・」


グレイス「あら、二人ともプランと別の行動を取り始めてる・・・?バレてはいないはずだけど・・・?」

ブレラ「・・・・・」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/24(火) 23:55:36.37 ID:WoEMgzi40

~ゲームセンター~


ランカ「え~っと・・・・」キョロキョロ

シェリル「目当ての物はあった?」

ランカ「んと・・・・あっ!ありました!」

シェリル「どれどれ・・・?って、これ私のフィギュアじゃない」

ランカ「そ、そうなんです・・・////大きいから飾りたいな、って」

シェリル「ふぅ~ん、私のフィギュアをねぇ・・・・」ニヤニヤ

ランカ「でも私じゃ全然取れなくて・・・・」

シェリル「よーし!じゃあ、私が取って・・・・ハッ!」

ランカ「・・・・・?」

シェリル「(嫌な予感がする・・・・。今日はツイてないし、クレーンの設定がキツい日かも・・・・)」

シェリル「(こういうのって、取れない時は全然取れないし・・・・)」

シェリル「(もし何度もやって、取ることができなかったら・・・・・?)」

ランカ「・・・?どうしたんですか?シェリルさん?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:05:48.27 ID:m5KuWSDC0

シェリル「つ・・・、次こそ・・・・!!」

ピロリロリーン ピロリロリーン

シェリル「行って!行って!」

スカッ

シェリル「くぅ・・・・・。ごめんね、ランカちゃん。両替に行ってくるわ・・・」

ランカ「え~?またですか~?私もう待ちくたびれちゃった」

シェリル「つ、次は取るから!」

ランカ「そんなこと言って、何回目の両替ですか?」

ランカ「タグは付けっぱだわ、お金は忘れるわ、昼の予約はしてないわ・・・最低ですね」

シェリル「うぅ・・・・」

アルト「まったく、そんなんで、良く『銀河の妖精』とか大口叩いてるよな~」

シェリル「ア、アルト!?どうしてここに!?」

アルト「シェリルとデートしたら、こっちまで恥かいちまうよ」

ランカ「もうシェリルさんなんかほっておいて、行こう?アルトくん」スタスタ


シェリル「そ、そんな!待ってぇ!2人とも!!」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:12:52.67 ID:m5KuWSDC0

シェリル「待ってぇ!置いていかないでぇ・・・・」ウルウル

ランカ「あ、あの・・・・シェリルさん?」

シェリル「うぅ・・・・・・」ウルウル

ランカ「シェリルさん!!」

シェリル「ハッ!ランカちゃん・・・・?」

ランカ「ど、どうしたんですか?行かないで、とか言ってましたけど・・・」

シェリル「な、なんでもないから・・・////」アセアセ

シェリル「(とりあえず、こういう運要素が絡むものはやめておいた方がいいわね・・・)」

シェリル「ランカちゃん、私のフィギュアって、来月も出るでしょう?」

ランカ「え・・・・?は、はい・・・・・」

シェリル「その時に一緒にプレゼントするわよ!」

ランカ「本当ですか!?」

シェリル「えぇ。だから、今は違うゲームやりましょう!」


グレイス「何でか知らないけど、あの子勝手に凹んでたわね・・・」

ブレラ「・・・・・」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:20:55.60 ID:m5KuWSDC0

~ビデオゲームコーナー~

ランカ「・・・・・」キョロキョロ

シェリル「・・・?どうしたの?ランカちゃん」

ランカ「だ・・・だって、私たち・・・浮いてる感じが・・・・」

シェリル「大丈夫!確かにオタク共ばっかりだけど、大したことないんだから!」


シェリル「よし!これをやりましょう!」


マクロスvsマクロス~


ランカ「あっ!このゲーム知ってます!」

シェリル「あら、ランカちゃんもやったことあるの?」

ランカ「お兄ちゃんが休みの日、良くウチでやってるから・・・・」

シェリル「(よーし!これはいいところを見せるチャンスね)」

シェリル「(ランカちゃんと協力プレイして、活躍すれば・・・・)」ニヤリ

シェリル「よーし!早速協力プレイやりましょ!」

ランカ「はいっ!シェリルさん!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:31:11.71 ID:m5KuWSDC0

シェリル「あっ、ちょうど2席空いたわ」

ランカ「うわ~、なんかドキドキする・・・・」

シェリル「ふふっ、大丈夫。私がなんとかしてあげるから!」

ランカ「は、はいっ!」

ランカ「(シェリルさんって、こういう時も頼りになるなぁ・・・)」

シェリル「よーし、私はイサム・スペシャルを使おうかしら」

ランカ「じゃあ私はアーマードメサイア(オズマ機)で・・・」

シェリル「渋っ!」

ランカ「こ、これしか使えないんですよ・・・・」


~向かいの相手と対戦開始~

シェリル「・・・・ッ!このっ!」カチカチ

ランカ「あわわ・・・・」カチカチ

YOU WIN

ランカ「や、やったぁ・・・!」

シェリル「なかなかやるじゃない、ランカちゃん!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:37:41.60 ID:m5KuWSDC0

~1時間後~

YOU WIN

シェリル「ふふっ、ま、こんなもんね」

ランカ「す、すごいです!対人戦で9連勝目ですよ!」

シェリル「ランカちゃんがサポートしてくれるおかげよ~」

シェリル「(で、次の対戦相手は・・・・)」


ルシファー×2


シェリル「(ちょっと!ルシファーとか厨機体選んでんじゃないわよ!)」

ランカ「ど、どうしましょう・・・?シェリルさん・・・・?」

シェリル「大丈夫!私に任せて!」

ランカ「は、はいぃ・・・・」

シェリル「(厨機体なんて使ってるヤツは大したことないのよ・・・!)」


ブレラ「・・・・・」

グレイス「フフフ・・・・」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:47:50.69 ID:m5KuWSDC0

シェリル「このっ!このっ!」カチカチ

ブレラ「遅い・・・!」カチカチッ

シェリル「うぅ・・・」カチカチ

グレイス「フフッ」カチカチッ

シェリル「しまっ・・・」

ドカーン


ランカ「(わ、私が・・・私が頑張らなくちゃ!)」ババババ

ブレラ「・・・・・」

シェリル「(何よ・・・!ランカちゃんはちゃんと当ててるのに、私はかわされてばっかりじゃない!)」

シェリル「(そのくせ被弾率は私の方が上だし・・・)」

シェリル「(いいところ・・・・いいところを見せなきゃ!)」

グレイス「・・・・」カチカチッ

バキッ ドカッ

シェリル「あぁ・・・!」

ブレラ「貰った!!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 00:54:36.09 ID:m5KuWSDC0

シェリル「・・・・・・」ショボーン

ランカ「あ、あの・・・・。惜しかったですね!あれに勝てれば10連勝だったのに・・・」

シェリル「足引っ張っちゃって、ごめんね・・・・」ショボーン

ランカ「そ、そんな事ないですよ!私だって・・・」

シェリル「・・・・・」

ランカ「・・・・・」

シェリル「・・・・出よっか・・・・?」

ランカ「・・・・・・・はい」


ブレラ「グレイス大佐」

グレイス「・・・・なにかしら?」

ブレラ「少々やり過ぎなのでは・・・・?」

グレイス「大丈夫。もうすぐファイナルステージだから」

ブレラ「・・・・?時間的には、まだ夕方・・・・」

グレイス「いいえ、そろそろ最終局面に入るわ」

グレイス「きっとランカさんだって、うずうずしているはずよ?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 01:02:31.71 ID:m5KuWSDC0

~外~

シェリル「ごめんね、なんか・・・・」

ランカ「い、いえ・・・・」

シェリル「なんかもう・・・今日はダメみたい」

シェリル「本当はこの後も楽しみたかったけど・・・・」

ランカ「・・・・・」

シェリル「ごめんね。私・・・、帰るわ・・・」

ランカ「ちょ・・・、ちょっと待ってください!」

シェリル「・・・・?」

ランカ「私・・・、今日シェリルさんに訊こうと思っていたことがあるんです・・・!!」

シェリル「訊きたいこと・・・・?」

ランカ「はい!2人っきりの時に・・・・」

シェリル「なるほど・・・。じゃあそれを最後に聞かせてもらうとするわ」


ランカ「アルトくんのことなんですけど・・・・」

シェリル「・・・・!?」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 01:12:29.63 ID:m5KuWSDC0

シェリル「ア、アルトのこと・・・・?」

ランカ「シェ、シェリルさんは、アルトくんの事をどう思ってるんですか!?」

シェリル「ど、どうって・・・・」

ランカ「・・・・・・」

ランカ「・・・・私は・・・、アルトくんの事が好きなんです」

シェリル「!?」

ランカ「もう嫌なんです!こんな関係・・・・」

ランカ「もしシェリルさんが、本気でアルトくんの事を好きじゃないのなら・・・」

ランカ「もう・・・・、アルトくんと仲良くしないでください!!!」

シェリル「」ガーン

シェリル「ラ、ランカちゃん・・・。急にどうして・・・・?」

ランカ「私・・・、気づいちゃったんです・・・」

ランカ「アルトくんは、シェリルさんが好きなんだって・・・・」ウルウル


グレイス「よし、そろそろ私たちの出番ね・・・・」

ブレラ「(こ、このタイミングで!?)」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 01:25:10.40 ID:m5KuWSDC0

シェリル「アルトが・・・・、私を・・・・?」

シェリル「で、でも・・・、アルトはランカちゃんにだって優しいじゃない!」

ランカ「アルトくんは・・・、誰にでも優しいから・・・・」

ランカ「でも・・・・、アルトくんはシェリルさんには特別な顔をしている・・・・」

ランカ「いつも見てるからわかる・・・・」

ランカ「だからっ!そんなアルトくんを弄ぶような気分で接しているなら・・・!」

ランカ「諦めてほしいの・・・・」

シェリル「(こ、これは・・・、予想外の展開だわ・・・・。まさか内気なランカちゃんがここまで言ってくるとは・・・・)」

シェリル「(けど、ここで正直に私のアルトへの気持ちを言ってしまえば、また三角関係に逆戻り・・・・)」

シェリル「(それどころか、『アルトは私のことが好き』であるなら、ランカちゃんの気持ちを踏みにじることになる・・・!)」

シェリル「(い・・・一体どうすれば・・・・)」

カラン コロコロ

シェリル「(ん・・・・?何か転がってきた・・・・あっちの方から・・・・?)」

グレイス「・・・・・」ニヤリ

シェリル「(グレイス!?)」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 01:37:00.28 ID:m5KuWSDC0

シェリル「(グレイス・・・!今日ツイてなかったけど何とかなったのは、グレイスが見守っていてくれたからなの・・・?)」

グレイス「(シェリル・・・、それを使いなさい・・・!)」

シェリル「これは・・・・?」

[ヘアマニキュア](要は髪染め)

シェリル「(これは!アルトの髪の色・・・・!?)」

シェリル「ハッ!? そういうことなのね!?グレイス!!」

ランカ「・・・・?いったい何を・・・?」

シェリル「・・・・・」スッ

ランカ「・・・!?シェリルさん!?なんで髪を・・・っ!?」

シェリル「(髪の色をアルトと同じにして・・・、後ろで束ねれば・・・・)」ササッ

シェリル「・・・・ランカちゃん・・・・。いや!ランカ!!」

ランカ「は、はいっ!?」

シェリル「俺が『早乙女アルト』よ!!」ビシッ


ブレラ「・・・・・・」

グレイス「・・・・・・」プークスクス


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 01:43:44.50 ID:m5KuWSDC0

ランカ「・・・・・・??」

シェリル「あ、あれ・・・・?」

ランカ「あの・・・、どういう反応をすればいいのか・・・」

シェリル「!?」

シェリル「(これだけじゃ駄目みたいね・・・・)」

シェリル「(グレイス!アルトの制服も持ってきて頂戴!!)」

グレイス「・・・・・・」

シェリル「(ちょ、ちょっとグレイス!?早く持ってきて・・・)」

グレイス「・・・・・・」ニヤニヤ

シェリル「(グレイスぅ!はやくぅ!)」

ランカ「あの・・・・、シェリルさん?」

シェリル「え・・・・・?」

ランカ「私を馬鹿にしているんですか・・・ッ!私は本気なのに・・・!!」ワナワナ・・・

シェリル「ち、違うわ!誤解よぉ・・・・」ウルウル


ブレラ「(終わった・・・・・)」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 01:58:04.05 ID:m5KuWSDC0

グレイス「面白いからビデオに撮って、後でシェリルに見せましょう」

ブレラ「(ひどすぎる・・・・・)」


ランカ「私、シェリルさんがそんな人だとは思いませんでした!!さよなら!!」

シェリル「(違う・・・、誤解よぉ・・・・。私はランカちゃんにも傷ついて欲しくなくて・・・・)」

シェリル「(こうなったら・・・・こうなったら、言いたいこと言ってやる!!)」

シェリル「そうよ!私だってランカちゃんと同じくらいアルトの事が好きよ!優しいし、頼りになるし、カッコいいし・・・」

ランカ「!?」

シェリル「だから、ランカちゃんの気持ちもわかる!だからこそ無下に扱いたくないの・・・」

シェリル「ランカちゃんに悲しい顔をして欲しくなくて・・・・、だから・・・、馬鹿になんかしてない!!」

ランカ「シェリルさん・・・・」

シェリル「だから・・・、私がランカちゃんの『アルト』になるから・・・・!私の・・・いや」

シェリル「俺の胸に黙って飛び込んで来い!!」バッ

ランカ「アルト・・・くん・・・・?アルトくぅん!」ダキッ

シェリル「ランカ・・・・ッ!」ぎゅっ

グレイス「あら、まぁ」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:05:08.86 ID:m5KuWSDC0

~午後22時~

ランカ「えへへ~、次はどこに行こうか?アルトくん!」

シェリル「ん~?おまえは行きたいところないのか?」

ランカ「勿論あるよ!」

シェリル「だからそれを言えって」

ランカ「アルトくんの行きたいところ!」

シェリル「はぁ?」

ランカ「アルトくんの行きたいところに、行きたい!」ニコニコ

シェリル「おいおい・・・・」ハァー

ランカ「えへへ~////」


ポヨポヨッ(携帯の着信)


ランカ「あっ、お兄ちゃんからメール・・・・」

ランカ「もう、帰らなきゃ・・・・」

シェリル「・・・・・・」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:10:58.72 ID:m5KuWSDC0

ランカ「えっと・・・あの・・・・」

シェリル「もう・・・帰らなきゃね?」

ランカ「はい・・・・」シュン

シェリル「仕方ないわよ。時間なんだから」

ランカ「・・・・・」

ランカ「あ、あの・・・・っ!シェリルさん・・・・」

シェリル「・・・・ん?」

ランカ「よ、良ければまた・・・・。また私の『アルトくん』になっていただけませんか・・・・?」

シェリル「(きた!これにOKすれば私は・・・・!!)」

ランカ「だ、駄目ですよね・・・。そりゃ・・・・」

シェリル「いいわよ」

ランカ「えっ!?」

シェリル「ランカちゃんが喜んでくれるなら・・・」

ランカ「シェ・・・シェリルさん!!」ウルウル

シェリル「よしよし。いい子いい子」ナデナデ


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:17:35.39 ID:m5KuWSDC0

ランカ「じゃ、じゃあ・・・さよならシェリルさん」

シェリル「うん、気を付けてね!」

ランカ「あ、あの・・・最後に・・・・////」

シェリル「ん?」

ランカ「ばいばい、アルトくん」フリフリ

シェリル「・・・・またな!ランカ」

ランカ「・・・・・」ニコッ

ランカ「・・・・・」タッタッタ


シェリル「ふふ・・・、ふふふ・・・・」

シェリル「やったぁ!当初の目的クリアー!」

シェリル「それどころか、ランカちゃんに『アルトくん』と呼ばせる背徳プレイ!」

シェリル「表ではアルトと・・・・、裏ではランカちゃんと・・・・!」

シェリル「こんなんで地獄に落ちないかしら?」

シェリル「ま、問題ないわよね・・・・」

シェリル「だって、私はシェリル。シェリル・ノームなんだから!!」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:24:11.73 ID:m5KuWSDC0

シェリル「らんらら~ん♪」



グレイス「・・・・・」

ブレラ「・・・・・」

グレイス「ふふっ・・・、まさかあの空気からあそこまで持っていくなんてね・・・・」

ブレラ「背水が味方したのでは」

グレイス「そうね。確実に仕留めるには、『逃げ場』という甘えも与えなきゃいけなかった・・・」

ブレラ「・・・・・」

グレイス「でも・・・・」

ブレラ「でも・・・・?」

グレイス「これはこれで、これから楽しめそうじゃない・・・・?」

ブレラ「・・・・・」


~おわり~


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:30:02.71 ID:m5KuWSDC0

ここまで読んでくれた人ありがとう

二郎は意外といたんだな


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:53:26.06 ID:SWcgTnnM0



ここのアルトは別世界の機体に好意を持ったりしてないよな?


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/25(水) 02:55:06.06 ID:QHkYJRJPO


アルトなシェリルじゃなくていっそエリクシアのシェリ男で一発じゃなイカ?


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:マクロス

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。