スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早「クーリスマスが今年もやぁて来るぅ♪」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:00:20.85 ID:kElUQ1OS0

千早「おはようございます」

小鳥「おはよー、千早ちゃん」

千早「今日も寒いですね」

小鳥「そうねー、けどもう年末だからあと少し頑張りましょう」

千早「えぇ」

千早(そうね今日は12/23でもうすぐ……)

千早(あっ、明日はクリスマスじゃない)

千早(……も、もしかして事務所でパーティとかやるんじゃないのかしら)

千早「ふふっ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:06:16.62 ID:kElUQ1OS0

千早(きっと春香あたりが「クリスマスパーティーやろうよー」とか言い出すはず)

千早(そこから皆が賛同した後、私がちょっと悩むフリをすればいいわ)

千早(そうすれば春香が私を気遣って誘ってくれるはず)

千早「完璧ね、ふふ、ははっ」


千早(そうと決まれば――)

千早「ねぇ、春香今日は何日だったかしら?」

春香「えっ、今日? 今日は12/23日だよ千早ちゃん」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:08:00.14 ID:kElUQ1OS0

千早「ふふっ、そうだったわね」

春香「そうだよ千早ちゃん」

千早「……」

春香「?」

千早「あ、あれ? 今日は12/23日ね」

春香「うん」

千早「あれれ?」

千早(もしかして春香は12/24がクリスマスだって分からないのかしら?)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:11:48.95 ID:kElUQ1OS0

千早(けど12/24がクリスマスよなんて言えないわよね……)

千早(暗にクリスマスパーティーをやりましょうと私が言っているみたいで、恥ずかしいし)

千早「そ、そういえばもうすぐあれね」

春香「あれ?」

千早「ほら、あの……皆が集まってワイワイするような感じの」

春香「ヴァイヴァイするような?……ああ」

千早(さすがの春香も私のさりげない誘導でクリスマスに気付いたようね)

春香「お正月! いいよね~私お年玉大好き」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:14:22.19 ID:kElUQ1OS0

千早「あばば、そうではなくて……」

春香「それにおせちも美味しいよね。栗きんとんとか大好き」

千早「いや、ああいう甘い物は邪道じゃないかしら?」

春香「へっ」

千早「かまぼことか数の子とか昆布を楽しむべきじゃないのかしら?」

春香「あっ、そ、そうだね」

千早「春香もまだ子供ね」

春香「千早ちゃんは大人だな―」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:17:00.95 ID:kElUQ1OS0

千早「ふふふ、そうかしら?」

春香「うん」

千早「ふっ//」

春香「あっ、じゃあ私そろそろ行くね」

千早「えぇ、分かったわ」




千早「ふふっ、大人だなんて春香ったら……あっ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:21:53.90 ID:kElUQ1OS0

千早(春香がいってしまったわ……)

千早「二度も同じ話題にふれるのは恥ずかしいし春香はもうダメね……」


千早「……」

千早「ケーキが食べたいわね……」

真「急にどうしたの千早?」

千早「えっ、あぁ、つぃ声が漏れてしまったようね」

真「はは、声に出るほどケーキを食べたかったの」

千早「そ、そうねなんだか最近ケーキ屋さんが目につくから」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:31:15.94 ID:kElUQ1OS0

真「そういえばそうだね」

千早「そうよね」

真「?」

千早「えっ、何かないの?」

真「へっ」

千早「真、あなた……」

真「な、なに?」

千早「もう少し、女の子のようになってほしいものね」

真「えっ!?」

千早「じゃあ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:33:51.15 ID:kElUQ1OS0

千早(真には女子力が足りないようね)

千早「我那覇さん」

響「はいさい、どうしたんだ千早?」

千早「いえ、特には用ってわけではないんだけど」

響「うん?」

千早「確か我那覇さん動物には強い方だったわよね?」

響「おお、自分動物の事ならいっぱい知ってるぞ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:37:45.28 ID:kElUQ1OS0

千早「ほら、名前を忘れちゃったんだけどあれは分かるかしら?」

響「なんだなんだー?」

千早「えっと、角が生えていて茶色の毛で寒い所にいる、あれよ」

響「ふむふむ、それは鹿じゃないか」

千早「お、おしいけれど……もっと違う感じで……あっ、ほら鼻が赤い」

響「鼻が赤い??」

千早「シャリンシャリーン♪って音が鳴ってそうな」

響「シャリンシャリン!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:41:13.92 ID:kElUQ1OS0

響「うーん」

千早「あと、何か大きな物を運んでいるイメージがあるわ」

響「えっと、何を運んでいるんだ?」

千早「えっと、夢とか希望とかおっさんとか」

響「??????」

千早「ほら、いるでしょ? 多分、世間一般でもしられている動物よ確か」

響「えっ、そんな動物みんな知ってるのか!?」

千早「えぇ、これが分からなかったら動物博士だなんて言えないわね」

響「……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:44:48.28 ID:kElUQ1OS0

響「……」

千早「ほら我那覇さん……我那覇さん?」

響「グスッ……わ、わ”か”ら”な”い”ぞ”……」

千早「!?」

響「自分動物の事いっぱい知ってると思ったけど、全然知らなかったぞ―」ダッ

千早「我那覇さんが走って行ってしまったわ」


千早「はぁ、皆世間には無頓着なのね」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:48:20.40 ID:kElUQ1OS0

千早「……久々にチキンでも食べたいわ」

貴音「チキン」

千早「四条さん」

貴音「チキンですか?」

千早「えぇ、美味しいですよねチキン」

貴音「そうですね、とても……とても美味しいですねチキンは」

千早「そういえば、この季節ってチキンを食べ――」

貴音「では行きましょう」

千早「えっ?」

貴音「チキンを食べに」

千早「は?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:53:49.37 ID:kElUQ1OS0

貴音「ほら見て下さい千早、イルミネーションが綺麗ですよ」

千早「……」

貴音「ふふっ、景色を見る事も忘れてチキンの事を考えているのですか?」

千早「いや、そうではなくて」

貴音「安心してください千早、チキンは無くなりませんから」

千早「……そうですか」

チリンチリーン♪


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 11:58:12.57 ID:kElUQ1OS0

貴音「ここです」

千早「……えぇ、キャンペーンしてますもんねケンタッキー」

貴音「なんと、千早もこのお店をしっていましたか」

千早「はい、多分日本の人なら9割知っていると思います」

貴音「では入りましょう」

千早「……うぅ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:00:58.38 ID:kElUQ1OS0

―――
――


千早「も、もう食べられません……」

貴音「そうですか?」

千早「残りは四条さんが全部食べてもいいですから」

貴音「千早!!」

千早「じゃ、じゃあ私はここで……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:05:38.99 ID:kElUQ1OS0

千早「はぁ、どうしたものかしらね」

千早「あっ、これを買っていけば……」

千早「「ふふふ、きっとあの二人なら気付くはずね」



―――
――


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:11:46.50 ID:kElUQ1OS0

亜美「ひーまー」

真美「だよー」

千早「亜美、真美」

亜美「ん、どったの千早お姉ちゃん」

千早「実はこんなものをもらってしまって」

千早「こういうの亜美と真美は好きでしょ? いらないかしら?」

亜美「おおう!! これは!?」

真美「クラッカーの詰め合わせ―!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:18:09.52 ID:kElUQ1OS0

千早(これを亜美と真美が使えばきっと皆も明日がクリスマスだと気付くはず)

千早(……私って天才かもしれないわ)

亜美「うっしゃー行くぞ真美隊員!!」

真美「ラジャ―亜美隊員!!」
クルっ


律子「どこに行くって?」

亜美・真美「」

千早「」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:51:50.60 ID:kElUQ1OS0

ごめん飯いってますた


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:55:53.78 ID:kElUQ1OS0

律子「ガミガミ」

真美「ちがうんだよーりっちゃーん」

律子「違くないでしょ! これは没収!!」

真美「これは千早お姉ちゃんがー」

千早「そう、私邪魔にならないように向こう行くわね律子」

律子「分かったわ。私はこの二人をたーっぷりと叱ってから行くわ」

亜美・真美「」ガクガクガク



千早「はぁ、失敗ね」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 12:58:33.22 ID:kElUQ1OS0

千早「……他にクリスマスパーティをやりそうな人」

千早「いや、パーティとかを頻繁にやってそうな」

千早「……あっ」

千早「そうよ、パーティと言ったら――」




伊織「どうしたのよ千早?」

千早「ちょっと伊織に聞きたい事があって」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:03:05.37 ID:kElUQ1OS0

千早「最近はどう?」

伊織「最近? そりゃースーパーアイドルのこの伊織ちゃんは忙しいに決まってるじゃない」

千早「アイドルとかどうでもいいの」

伊織「はぁ!?」

千早「その……プライベートの事で」

伊織「ちょっと、アイドルはどうでもいいってどういう事よ!?」

千早「えぇ、そういうのはいいから」

伊織「ちょ……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:06:58.27 ID:kElUQ1OS0

千早「ほら伊織ってお金もちでしょ? なんか最近あれなんじゃない?」

伊織「なによー」プ―

千早「色々とあるんじゃない? ほら、色々と」

伊織「……何が言いたいかわかんないわよ」

千早「ほら、その……パーティーとかがあるんじゃない?」

伊織「それくらいあるわよ。皆このスーパーアイドルの伊織ちゃんを見に――」

千早「そういうのはいいから」

伊織「……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:12:22.66 ID:kElUQ1OS0

千早「それであれなのかしら? 明日とかももしかしたらあるんじゃない……伊織?」

伊織「……グスッ」

千早「何を泣いているのよ

伊織「泣いてなんか……ないわよ」

千早「いや、泣いてるじゃない。なんで嘘ついているの?」

伊織「……」ポロ

千早「もしかして恥ずかしいのかしら? それなら大丈夫よ、伊織がよく泣く事くらい皆知ってるから」

伊織「……千早のバカァ!!」ダッ


千早「えっ、なんで私はいきなり罵られなきゃいけないの?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:18:53.09 ID:kElUQ1OS0

千早「ほんと、皆にはこまるわね」

あずさ「あらあらどうしたの千早ちゃn」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:23:42.07 ID:kElUQ1OS0

千早「あずささん……あっ、そうだ」

あずさ「どうしたの?」

千早「シャンパンってあずささんは飲んだ事ありますか?」

あずさ「あるわよ、パチパチして美味しいわよね~」

千早「う、羨ましいです。私シャンパンなんてハイカラの物飲んだ事ないから」

あずさ「そうなの?」

千早「えぇ、ほらシャンパンなんて飲む機会がないじゃないですか」

あずさ「そういえばそうね~」

千早「ここ一週間でシャンパンを飲むのに適した場所とかないですかね? ないですかねー?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:32:05.63 ID:kElUQ1OS0

あずさ「うーん……」

千早「飲みたいですねーシャンパンを」

あずさ「シャンパンを飲む場所……あっ」

千早「分かりました? さすがに分かりましたか?」

あずさ「私このまえ雑誌で読んだんだけどね」

千早「はい」

あずさ「工場とかに行くのがいいかもしれないわ~」

千早「は?」

あずさ「そういうお酒とか作っている工場に行くのが流行っているらしいの」

千早「あ?」

あずさ「だからシャンパンを作っている工場にいけばいいんじゃないかしら~」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:45:19.48 ID:kElUQ1OS0

千早「そう……ですか」

あずさ「うふふ、これで大丈夫かしら?」

千早「ありがとうございした」

あずさ「私も千早ちゃんに喜んでもらえて嬉しいわ~」

千早「はは……」




千早「ダメだわ、なんかもうダメだわ。いやきっと高槻さんなら、高槻さんならきっと……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:50:16.05 ID:kElUQ1OS0

千早「高槻さん」

やよい「どうしたんですか千早さん?」

千早「高槻さんて弟さんや妹さんがいたわよね?」

やよい「はい」

千早「大変じゃない その……プレゼントとか?」

やよい「プレゼント……?」

千早「ほ、ほら明日とか?」

やよい「?? 明日は誰も誕生日じゃありませんよー?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 13:54:37.84 ID:kElUQ1OS0

あっ雪歩か……


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:06:27.71 ID:kElUQ1OS0

千早「大変じゃない その……弟さんや妹さんのプレゼントとか?」

やよい「プレゼント……?」

千早「ほ、ほら明日とか?」

やよい「?? 明日は長介達は誕生日じゃありませんよー?」

千早「クリス……あっ」

千早「くっ……ごめんない高槻さん、ごめんなさい」

やよい「ほえー?」

千早「なんでもないの、今の話はなんでもないの……」

やよい「どうして泣いてるんですか千早さん? どこか痛いんですかー?」

千早「違うの、なんでもないのよ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:17:54.33 ID:kElUQ1OS0

千早「泣いたらすっきりしちゃったわ」

小鳥「どうかしたの千早ちゃん?」

千早「音無さん……あの」

千早(音無さん→アラサ―→彼氏いない→クリスマス一人→クリスマス爆発しろ)

千早「あっ、いや、なんでもありません」

小鳥「ううん? なになに? 悩んでる事があったらこのお姉さんが聞いちゃうわよ?」

千早「いえ、音無さんでは意味のない事なので」

小鳥「……えっ、けどさっきの千早ちゃんの様子からして明日のパー――」

千早「大丈夫です、無理をしないで下さい、では」

小鳥「」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:38:38.88 ID:kElUQ1OS0

千早「……!!」

千早「そう、美希なら!! こういうお祭りごとが美希が!!」




美希「すぴー……すぴー……」

千早「もうダメのようね……」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:42:39.52 ID:kElUQ1OS0

千早「……」

事務所「ガヤガヤ」

千早「……」


千早「クーリスマスが今年もやぁてくるぅ~♪」

アイドル「!?」

春香「ど、どうしたの千早ちゃん?」

千早「悲しかった♪ 出来事を♪ 消し去るように~♪」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:47:21.36 ID:kElUQ1OS0

千早「さあ♪ パジャマを脱いだら♪ 出かけよう♪」

あずさ「この歌は」

やよい「きゅ、急にどうしたんですか千早さん?」

千早「さあ♪ パジャマを脱いだら♪ 出かけよう♪」

律子「もしかして千早あんたさっきから変な事をしてたのは……」

千早「えぇ、そうです――」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:48:04.69 ID:kElUQ1OS0

千早「みんな、クリスマスパーティーをしましょう!!」















P「いや、明日雪歩の誕生日パーティだし」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:50:19.06 ID:kElUQ1OS0

千早「えっ……えっ」

P「えっ、メールしただろ?」

千早「へっ……へっ」
カチカチカチ

千早「……あっ」

P「そう言う事だ……プッそれにしてもいきなり歌いだすなよ」

千早「あわわ、それは///」

ガチャ
千早「!?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:52:48.61 ID:kElUQ1OS0

貴音「千早!! 千早の為にチキンをたくさん買ってきましたよ」

千早「ぶぇ!?」

ガチャ
真「千早―、ほら!! ケーキを買ってきたよ!! ねっ、ボクは女の子っぽいでしょ?」

ガチャ
あずさ「千早ちゃん、シャンパンが安かったから一本買ってきちゃったわ~」

律子「な、なんですか急に!?」


ガヤガヤ

P「チキンにケーキにシャンパンって……こりゃあ……」

千早「クリスマス前夜祭ですね!!」

おわり


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:57:25.23 ID:RopNQxrK0

おつおつ

前夜祭参加したい


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 14:58:36.51 ID:4PCJvSEL0

僕も行っていいかな


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 15:01:14.56 ID:MzQpJe660

空回りしたと思ったら皆に助けられるちーちゃんかわいい!
お疲れ様


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 15:23:06.33 ID:ut8xrzLi0

おつおつー
クリスマスイヴ・イヴか……シャンパンあけるかー


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 15:29:07.17 ID:B29L1BuRT

そしてパーティの主役の雪歩は一言もしゃべってない・・・


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマス如月千早

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。