スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「千早ってヤンデレが似合いそうだよな」千早「え?」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 15:59:19.80 ID:d+5BYiUPO

P「ヤンデレ知らないか?」

千早「いえ…少しなら知ってますがどうして私が?」

P「いやーなんというか千早は好きになった人に凄い一途な気がするからな」ナデナデ

千早「あっ…///」

P「そうだ!もしかしたら今後そういう役が千早にくるかも知れないからちょっとだけ練習してみるか!」

千早「練習…ですか?」

P「あぁ!一週間俺の彼女になりきって千早なりにヤンデレみたいな素振りを練習してみるんだ!俺なんかじゃ嫌かもしれないけどな」

千早「プロデューサーの…わかりました。やってみます」

そうして俺と千早の嘘の恋人関係が成立した
思い返せばこんなことを言わなければあんなことにはならなかったといくら悔やんでも悔やみきれない…


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:27:00.19 ID:5T5zQj3PP

一日目

P「ただいま」

千早「お、おかえりなさい、プロデューサー」

P「そんな緊張しなくていいんだぞ?」

千早「いえ……と言われても」

P「まあ、徐々に慣れて行ってもらえばいいさ」

千早「はい……」

P「それで、何かあるか?」

千早「あ、えっと料理を作ってみたんですけど……」

P「ほうほう、それは楽しみだな」

千早「……食べますか?」

P「何言ってるんだ、千早が作ったものを食べれるなんてこんなご褒美他にあるか」

千早「い、言い過ぎですよ! ……でも、ありがとうございます」

P「あはは、こちらこそ」

P(一日目はまだ、ヤンデレというより普通の恋人同士。というか、ヤンデレのこと覚えてるのか?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:31:35.48 ID:5T5zQj3PP

P「それで、千早」

千早「はい」

P「ヤンデレ、について覚えてるか?」

千早「一応考えてはみました。えぇと……」

P「ほうほう」

千早「……料理がおいしくできなくても、私のこと嫌いにならないでくれますか?」

P「!」

千早「……こ、こんな感じでしょうか」

P「い、いいぞ! そうだ、そういうカンジだ!」

千早「でも、やっぱり少し恥ずかしいと言うか……」

P「大丈夫! どうせ練習だし、役なんだから気にすることない!」

千早「役……そう、ですよね。わかりました」

P「おう! まあ、とりあえず料理いただいちゃうか!」

千早「は、はい!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:35:11.20 ID:5T5zQj3PP

P「……」

千早「どう、ですか?」

P「うまいよ、普通にうまい!」

千早「よかった……」

P「よくここまで……普段料理とかするのか?」

千早「いえ、でもせっかく作るなら……と思いまして」

P「ありがとうな千早」

ギュッ

千早「ひゃっ! プ、プロデューサー、何を……」

P「俺たちは恋人同士なんだ、これくらい普通だろ?」

千早「……そう、ですね」

P「よし、それじゃ寝る仕度するか」

千早「……え?」

P「どうした?」

千早「ま、まさかここで一緒に泊まるんですか!?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:39:00.52 ID:5T5zQj3PP

P「まあ恋人同士だし……一応言っておくと別にいかがわしいことはしないけどさ」

P「そういう雰囲気作りって大事だろう? でも、千早が嫌っていうなら別に……」

千早「い、いえ……わかりました、役ですもんね……」

P「そうそう」

千早「そういうことでしたら、家から着るものを……」

P「今から行くのか? 寒いだろうし……あれだったら俺の……って下着がないか」

千早「プロデューサーの……」

P「よし、なら車をだそう」

千早「でも、もうこんな時間ですし……」

P「大丈夫だ、ちょちょっと回せばすぐ付く」

千早「……すみません」

P「気にするな。それに、俺の恋人のためなんだから」

千早「……プロデューサー、大丈夫です」

P「え?」

千早「下着は、替えがありますから。その……寝間着だけ貸していただければ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:43:16.18 ID:5T5zQj3PP

P「でも、そりゃ男物だぞ?」

千早「大丈夫です! ……プロデューサーのですし」

P「千早……わかった、お互いに明日早いしな」

千早「はい、風呂場をお借りしますね」

P「あ、あぁ」

P(全く考えてなかった、そうだシャワーまで使わせるんだ……)

千早(……ここで着替えたくなかったからつい言ってしまったけど、シャワーまで共用なのね)

千早(でも、プロデューサーは嫌じゃない、って言ってるし……ヤンデレ、っていう事はもっともっと甘えても……)


千早「……上がりました」

P「お、おう」

千早「……」

P「ど、どうした?」

千早「一緒に寝ても、いいですか?」

P「なっ!?」

千早「こんな機会ないですから……プロデューサー?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:47:09.25 ID:5T5zQj3PP

P「あ、いや、それは構わないというかなんというか……」

千早「見たところそれほど小さい布団ではなさそうですし」

千早「もともと、プロデューサーは他で寝る予定だったんでしょう?」

P「……まあ、そりゃ」

千早「それとも……プロデューサーは私と寝るのが嫌ですか……?」

P「……そういうわけじゃない」

千早「それに、さっきいかがわしいことはしないと言ってくれましたから」

P「いや、それは話の流れで……って違う! それは本当だ! やましい気持ちなんて!」

千早「私は、いいですよ?」

P「……はい?」

千早「ふふっ……寝ましょう、プロデューサー?」

P「……は、はい」


千早(……こ、これでいいのかしら)ドキドキ

千早(この服、やっぱり大きい……それに、プロデューサーの匂い、布団からも、それに……・)

千早(……近くに、プロデューサーがいる。……温かい……プロデューサー


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:50:04.09 ID:5T5zQj3PP

二日目

P「まあ一応、同棲してると言うのがばれると困るしな。俺は後から行こう」

千早「わかりました」

P「それじゃ、また後でな」

千早「はい! あ、プロデューサー」

P「ん?」

千早「……なんでもないです、それでは」

バタン

P「……千早、あったかかったな」

P「1週間って言ったけど、そこまで千早が我慢してくれるかだよなぁ」

P「……寝てくださいって言われたときは本当にトキメイちゃったけど」

P「まあ大丈夫だ! ただ、ヤンデレ感が足りないし、もう少し!」

P「この調子で行けば大丈夫だろう! さて、俺もそろそろ仕度かな」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:53:43.54 ID:5T5zQj3PP

千早(……昨日、ずっとドキドキしていた)

千早(誰かと一緒に寝るなんて、何年振りかしらね)

千早(……プロデューサー。それは、今まで気になったこともあったけど)

千早(あぁやって一緒に過ごすと……よりありがたみがわかるというか)

千早(……私は、プロデューサーのこと)

P「よっ、千早お疲れ!」

千早「ひゃぁ!!」

P「な、なんだ?」

千早「び、びっくりするじゃないですか!」

P「あ、いや、すまん……」

千早「あ、い、いえ……その……」

P「……うん」

千早「……今日は何が食べたいですか?」

P「え? そうだな……ハンバーグとか?」

千早「わかりました」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 16:57:09.27 ID:5T5zQj3PP

千早「他に、何か希望は?」

P「いや、特には……」

千早「……そうですか」

P(いや、どうしてそこでそんな顔をする!)

P「あーできればその、男一人で過ごしてたし、部屋がきれいになってると嬉しいな、なんて……」

千早「は、はい! わかりました」

P(一瞬だけテンションが上がった……もう、恋人という役にハマりつつあるな)

春香「あ、プロデューサーさんと千早ちゃん! おはよう!」

千早「え? あ、は、春香おはよう」

P「おう、春香おはよう」

春香「あれ? なんだか二人で話してたみたいですけど」

P「ん? いや、別に」

春香「むむ、怪しいですよ? ダメですよプロデューサーさん! 千早ちゃんに手、出しちゃ!」

千早「ちょ、ちょっと春香……」

P「な、何馬鹿な事を! そんなわけないだろ! あれは単に役なだけだしさ……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:00:55.61 ID:5T5zQj3PP

春香「役?」

P「あ、いやなんでもない!」

千早「……役」ズキッ

千早(……そうか。そうよね、私とプロデューサーの恋人同士っていうのは役だもの)

春香「千早ちゃんはそういうの、意外と気を使うんですから!」

P「まあ、お前と違ってな~」

春香「あ、ひっどい! そこまで言いますか!!」

千早(春香はそうやって、普通の状態でもプロデューサーと楽しそうに……)

千早(……私も、もう少し)


千早(……役に、なりきればいいのかも)

P「あぁ、悪かった悪かった! でもお前……ん? どうした千早?」

千早「……」

P「千早? 袖、つかんで……」

千早「……こっち、来てください」

P「え? いや、ちょっと千早?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:06:19.20 ID:5T5zQj3PP

春香「千早、ちゃん?」


P「千早、どうしたんだ急に?」

千早「……いえ」

P「何かあったのか?」

千早「……」

P「千早?」

千早「なんでも、ありません……」

P「一体どうしたんだ……? 俺、何か言ったか?」

千早「……プロデューサーは、私のこと好きですか?」

P「え?」

千早「答えてください」

P「そ、そりゃ……好きだけど」

千早「それは、どういう好きなんですか?」

P「お、おい千早……」

千早「……あ、わ、私……すみません」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:10:08.12 ID:5T5zQj3PP

P「……千早」

千早「……仕事に戻りますね」

P「あっ……なんだったんだ……」



千早(……何をしてるのかしらね)

千早(私はあの時……春香に嫉妬してた?)

千早(違う……役って言われたのが、すごくつらくて……)

千早(私は、プロデューサーのことが好きか、まだよくわからないけど)

千早(……プロデューサーには私のこと好きであってほしいから、きっと)

千早(だったら、もっともっとプロデューサーのために……)


千早(頑張らなきゃ……)


――

P「ふぅ、仕事も終わったし帰るか……」

P「……千早、大丈夫かな」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:15:59.02 ID:5T5zQj3PP

千早「おかえりなさい」

P「……これ、どうしたんだ?」

千早「その、仕事が思ったより早く終わったのでできるところだけでもと……」

P「……新築みたいだ」

千早「ど、どうでしょうか……」

P「どうもこうも、千早」

千早「は、はい」

ギュッ

千早「ふぁ……」

P「……ありがとう、なんてすぐこんな、ごまかしてるみたいで申し訳ないけど」

千早「……いえ、でも私はどちらかと言えば」

P「ん?」

千早「……頭をなででもらう方が、好きです」

P「……わかった」

スッ
千早「……ん」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:20:31.45 ID:5T5zQj3PP

P「それにしても……」

千早「私の部屋にほとんど物がないので、これでもまだ……」

千早「あまりプロデューサーの物を動かさないようにしたことと、どうしても動かさなきゃいけない物があそこにまとめてあります」

P「いやいや、本当に理想の部屋だ……」

千早「それと、お風呂も沸かしておきましたので」

P「なっ!」

千早「夕食もできてますから……その」

P「……まさか」

千早「……お、お風呂にします? それとも、ご飯にしますか?」

P「……」

千早「……」

P(もじもじしてる千早が本当に可愛い。もう、選択肢は1つ)

P(千早!と即答したかったが……千早もそれを言うのを躊躇ってたようだから)

P「……夕飯で、頼む!」

千早「は、はい!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:25:10.21 ID:5T5zQj3PP

P「そして、ハンバーグか……素晴らしい」

P「いや、正直失礼かもしれないけどさ。ここまですぐ上達するもんなのか?」

千早「私にもわからないです……でも、プロデューサーのことを考えて、頑張りました」

P「……ありがとう」

千早「いえ……」

P「……味も申し分ないよ」

千早「よかった……」

P「なんていうか、申し訳ないな。いろいろしてもらってさ」

P「これじゃ恋人同士って言うより、お世話しに来てもらってるみたい……ってそれも失礼だな」

千早「いえ、私も家じゃボイストレーニングくらいしかやることがないので、新鮮です」

P「……何か、したいことがあったら言ってくれ。俺にできることならさ」

千早「……そうですね」

P「オフが近いだろうし、その時は二人で過ごせる」

千早「……今は、こうして一緒に暮らしてるだけで、十分ですよ」

P(あぁもう、どうしてそういうことを言う。どこまで演技かわからないだろうが)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:31:22.64 ID:5T5zQj3PP

P「ごちそうさまでした」

千早「お粗末様でした」

P「よし、それじゃ風呂もいただこうかな」

千早「……」

P「どうかしたか?」

千早「あ、いえ……どうぞごゆっくり」

P「あ、うん」


P「うわぁ、風呂もピカピカになってる……」

P(これが千早流のヤンデレなのだろうか?でも確かに家庭的な千早もいいな)

P(って、今の感じだとただ家政婦さんになってるし……何かお礼をしたいよな)


P「風呂上がった、ありがとうな千早」

千早「いえ、喜んでもらえてよかったです。それじゃ私も」

P「おう、ゆっくりあったまってこい」

千早「ありがとうございます」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:36:51.34 ID:5T5zQj3PP

千早「……」

千早(嬉しい……)

千早(プロデューサーからありがとうと言われるのが、すごく嬉しい)

千早(プロデューサーから頭をナデられるのが、今の幸せ)

千早(……今の私は、私なのかしら。まだ演技をしてるのかもしれないけど)

千早(でも、いいのよ。今が幸せなんだから)

千早(次は何をして……もっとプロデューサーに……)

千早「……ブクブク」


千早「上がりました」

P「おう、言い忘れてたがいい湯だったよ。浴槽まで綺麗になってて」

千早「私にできるのはそれくらいですから」

P「そんなことないさ、それじゃ寝るとするか」

千早「はい」


P「……なぁ千早」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:40:58.02 ID:5T5zQj3PP

千早「なんですか?」

P「次のオフ、よかったら出かけないか? いろいろご馳走するよ」

千早「え?」

P「別に千早の料理に問題があるわけじゃないし、今のままでも満足してるけど」

P「だからこそ千早とゆっくりしたいなって思ったんだ。どうかな?」

千早「……私とでいいんですか?」

P「そりゃ、恋人同士だし」

千早「……」

P「千早?」

千早「……わかりました。私も楽しみにしてます」

P「そうか、よかった」

千早「……」

P「それじゃ、おやすみ」

千早「おやすみなさい」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 17:57:18.30 ID:5T5zQj3PP

三日目

千早「おはようございますプロデューサー」

P「千早、おはよう。なんて、朝挨拶したばっかりだけどな」

千早「ふふっ、事務所で今日はこれが初めてですから」

P「ま、確かにな。えっと今日のスケジュールは……」

千早「レッスン後に収録ですね」

P「ち、千早?」

千早「はい? どうかしましたか?」

P「いや、よく把握してるなと思ってさ」

千早「できるだけ自分でできる事は自分で、と思いまして」

P「そうか、いやありがたいけどますます引け目を感じてしまうというか」

千早「そんなこと、私はただプロデューサーに少しでも楽をしてもらおうと思って」

P「助かるよ、ただここじゃなでてやることもできないからな。また、後で」

千早「……はい」

真「あ、プロデューサー!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 18:15:39.70 ID:5T5zQj3PP

P「お、真どうした?」

真「今日のスケジュール、レッスンってどこでしたっけ?」

P「そりゃいつものところだろう?」

真「あれ? でもこの前変わるとか」

P「あぁ、それはほら、収録場所が変わるって話で」

真「あぁ! そういうことだったんですね! ありがとうございます!」

P「頑張れよ、それじゃ」

真「はい! あれ? 千早?」

千早「え? ど、どうしたの真?」

真「千早って、レッスンじゃなかったっけ?」

千早「あ、そうだけど……」

真「それじゃ一緒に行こうよ!」

千早「そ、そうね……えっと、それじゃまた」

P「あ、うん。頑張ってこい」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 18:46:23.47 ID:5T5zQj3PP

千早(プロデューサーにまたありがとうって言われた)

千早(嬉しい……嬉しいけど)

千早(頑張れば頑張るほど、プロデューサーとの接点が薄くなっていくような)

千早(でも、それは仕方ないわ。プロデューサーのため)

千早(……仕事が終われば会える)

千早(それまでの辛抱……でも)

真「千早?」

千早「え? あ、いえなんでもないの」

真「ふーん、なんていうか珍しいね千早が考え事なんて」

千早「ちょっとどういう意味?」

真「あーいや、別にそういう意味じゃなくてさ。レッスンっていうと真剣なイメージだから」

千早「あぁ、まあ……そうね、集中しましょうか」

真「へへっ、それでこそ千早だよ!」

千早(……早く、終わらせないと)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 18:58:28.35 ID:5T5zQj3PP

ちょっと離れる


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/01(火) 21:05:55.68 ID:5T5zQj3PP

書く気はあるんだがもう少し待ってくれ
落ちたら立て直す


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 03:45:15.21 ID:YXBRtZusP

残ってるとかすげぇな
書けるとこまで書く


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 03:53:37.85 ID:YXBRtZusP

真「ふぅ! 完璧だったね、千早! って、もう帰るの?」

千早「えぇごめんなさい真。また」

真「あ、うん」


千早「あ、今日の夕飯の希望を聞いておくのを忘れたわね……」

千早「でもきっと、なんでも喜んでくれる……と思う」

千早「それに、明日はオフだもの」

千早「……ふふっ」


千早(なんだろう、すごく楽しい。プロデューサーのことを思って、私が頑張ること)

千早(会えなかった時間でさえ、プロデューサーのこと考えて……なんて、これって)

千早「……プロデューサーが言ってた、”ヤンデレ”っていうものかしら」

千早(でも本当、自分でも信じられないくらい一途になってて……)

千早(……本当に私には、合ってるのかも。でも、そんなことは今はいいわ)

千早「明日出かけるのに必要そうなものも買っておきましょうか」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 03:58:40.07 ID:YXBRtZusP

P「よし、終わり! ……なんだか最近仕事が楽しいな」

P(まあ比較的楽しい職場で、毎日ある程度充実してるんだが)

P(やっぱりこう、家で待っていてくれる人がいるってなるとまた)

P(今日はどんな料理を準備して待ってくれてるんだろう、とか。自然に考えちゃったりして。って)

P「……俺いつの間にか千早のこと好きになってたりして」

P(……いや、まあまだ結論を出すには早い。でも)

P(毎日、家事に近いこと、いやそれ以上のことをしてくれて)

P(確かになんていうか、俺の求めてるヤンデレというよりはソフトだけどさ)

P(千早らしい……無理してる風はないんだ。それでいて、すごく生き生きとして自然)

P(千早も嫌で演技してるわけではなさそうだし、もしそれがもう演技でないとしたら……)

P「……うん、とりあえず深く考えたってしょうがない!」

P「っと、そうだ。明日何をするか少し考えてから帰るか。夕食が出来てから帰りたいし、なんて贅沢だが」

P(……そうだな、明日のオフ。賭けてみるか)

P(千早の本当の気持ちを……もし、そういう流れがあったらな)


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:01:42.49 ID:YXBRtZusP

――
P「ただいま」

千早「おかえりなさい」

P「……」

千早「どうかしましたか?」

P「あ、いや……なんていうか、嬉しくてな」

千早「え?」

P「今日も千早が出迎えてくれたこと」

千早「まあ、その……そういう約束ですから」

P「うん、そうだな。ありがとう」

千早「……」

P「千早?」

千早「私、待ってました。プロデューサーが帰ってくるの」

P「うん、お待たせ」

千早「いえいいんです、私……その」

P「ん?」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:04:50.54 ID:YXBRtZusP

千早「……今朝の時の、ご褒美を」

P「ご褒美……あぁ」

千早「……」

P「こんなご褒美で申し訳ないけどな、おいで」

千早「……はい」

スッ

千早「……やっぱり、プロデューサーの手、大きい」

P「そうか?」

千早「大きくて、暖かいんです……」

P「それはよかった」

千早「……もう、大丈夫です。夕飯の準備できてますから」

P「あぁうん、ありがとう」


千早「今日は希望を聞くのを忘れてしまったので、思いつくまま」

P「いやこれさ……お祝いじゃないんだから。って、もちろん嬉しいんだけど」

千早「できるだけプロデューサーに喜んでもらおうと……その、時間も結構あったので」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:09:03.83 ID:YXBRtZusP

P「そっか、うん。それじゃ一つずついただくとするよ」


千早「……」

P「ふぅ、流石に腹いっぱい、満足満足!」

千早「その、流石に量が……」

P「まあ多少な、でもうまいからあっという間に食べちゃったよ。でも、ここまでガンバらなくてもいいぞ?」

P「もちろん嬉しいけど、俺としては千早のことも考えてあげたいし。自分のために時間使ってくれていいんだ」

千早「はい、でも今はこれが一番……」

P「そう言ってもらえるなら俺も食べた甲斐があった、って何様だけどさ」

千早「いえ……」

P「どうかしたか?」

千早「あ、いえ……全部食べてもらえるなんて思ってなくて……」

P「……千早、おいで」

千早「……はい」

P「俺としても、もう少し具体的にお礼をしたいんだけど、不思議な事に俺もなでたいと思うようになった」

千早「いえ、十分……それだけで」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:11:47.71 ID:YXBRtZusP

P「……どうやって撫でてあげるのが一番いいんだろうな」

千早「……」

P「髪、サラサラで俺が触るのもったいないくらい」

千早「……プロデューサー」

P「どうした?」

千早「……その、やっぱり」

P「やっぱり?」

千早「……抱きしめてもらいたいです」

P「……うん。正直俺も、この距離もどかしくてさ」

ギュッ

千早「んっ……プロデューサー」

P「あはは、撫でやすい」

千早「……プロデューサーが飽きるまで撫でてください」

P「それ、いつまでも終わらないぞ?」

千早「なら、いつまでも……」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:16:11.85 ID:YXBRtZusP

P「……さて、おなごりおしいがこれくらいにして」

千早「そう、ですね……お風呂ですけど」

P「あぁ、っと。たまには千早が先に使ってもいいんだぞ? 男が入った後よりはさ」

千早「……なら」

P「ん?」

千早「……い、いえ。それじゃお言葉に甘えて」

P「あ、うん。ゆっくりくつろいできな」


チャポ…

千早「……」

千早(プロデューサーの手で髪を梳いてもらった、優しく頭を撫でてもらった感覚がまだ残ってる)

千早(……もっと、本当はもっともっと触ってもらいたい)

千早(ありがとう、って言ってもらいたい。そのためにはどうすればいいんだろう)

千早(……一緒にお風呂に入ろう、というのは流石に言い出せなかったけれど)

千早(明日、何か……もっと、頑張ることができれば)

千早「……」パチャパチャ


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:20:46.25 ID:YXBRtZusP

千早「先にいただいてしまって、すみません」

P「それくらい全然。頑張ってくれてる千早へのお礼の一つになるかどうか」

千早「いえ、その気持ちだけでも」

P「うん、それじゃ俺も」

千早「はい、ごゆっくり」


P「さて、と……」

P(今日の千早はまたこう、一段と腕を上げたというか)

P(積極的で……うん、ダメだ。俺完全に呑まれてる)

P(でも、それが悪いことかって言われると……)

P(今悩んだってしょうがない、順序良く……そう、順序良くだ)

P(そうと決まればさっさと上がって、話をしないとな)


P「上がった、毎度のことながら風呂ありがとうな千早」

千早「いえ、これくらいでしたら」

P「それで、明日の話なんだけどさ」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:25:10.45 ID:YXBRtZusP

千早「あ、はい」

P「遊園地、水族館、ショッピングにコンサート。どれがいいかな」

千早「……」

P「なんていうか、こういうのは男がビシッ!と決めるところなんだろうけど」

P「千早とだったら、話し合って一番行きたいところに行きたい、と思ってな」

千早「私は……正直どこでもいいです、けど」

P「うん」

千早「静かなところがいい……ですかね」

P「それだと、水族館?」

千早「でも、せっかくなので二人で過ごせる時間がもっと……」

P「だったら気ままにショッピングか? お礼がてら何か買ってもいいし」

千早「いえ、そういうのではなく……あ、なら遊園地がいいです」

P「お、遊園地か。こう言ったらあれだけど、意外だな」

千早「やっぱり、そうでしょうか?」

P「コンサートには目もくれなかったし。もしかして俺のこと気遣ってくれてる?」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:29:44.35 ID:YXBRtZusP

千早「い、いえそんなことは! ただ……今はそういう気分と言いますか」

P「なら、いいさ。遊園地で決まりな。それぞれ目星は立てておいたから、それくらいは任せてくれ」

千早「あ、はい。一応出かけるのに必要そうな、折り畳み傘やレジャーシートなどは買い揃えておいたんですけど」

P「本当か? なんていうか、もう完璧超人だな千早は!」

千早「それは褒められてるんですか?」

P「もう、そりゃ! っと、下手に褒めるくらいならありがとう、って言った方がいいか?」

千早「そうですね」

P「おっと、即答と来たか……なら、ありがとうな。千早」

千早「……いえ、こちらこそ」

P「よし、そういうことで明日は思いっきり楽しむぞ!」

千早「は、はい!」

P「それじゃ、そろそろ寝るとしようか」

千早「はい」


千早(……正直私は、どこでもよかったし遊園地はそこまで好きじゃないけれど)

千早(二人で何かするということが一番できそうだったから。それだけ……でも、それだけで十分だもの)


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:34:31.45 ID:YXBRtZusP

四日目

P「さてと、準備万端だな」

千早「そうですね、でもいいんですかそんな軽装備で」

P「別にハイキングに行くわけでもないしな。せっかく揃えてもらったけど」

P「それに、飯も外で食べた方が荷物も減る! たまには千早に楽してもらわないと!」

千早「いえその、私は別に……」

P「まあまあ、千早の料理がおいしいのは俺の折り紙つきだ。帰ったら堪能させてもらうさ」

千早「わ、わかりました」

P「まあ、一応変装はしてもらって。二人でいる分にはオフだしそんな言われることはないと思うが」

P「千早、ってことがバレると人だかりができるしな。いくらでも目立たない方がいい」

千早「それはそうですよね。私も、せっかくのオフ邪魔されたくないですし」

P「うんうん、それじゃ出発だ!」

千早「よ、よろしくお願いします!」


191: >>190 二日目仕事終わりに 2013/01/02(水) 04:40:45.18 ID:YXBRtZusP

P「あっという間に到着したわけだが、さてまず何に乗る?」

千早「……えっと、その」

P「ん? まずはジェットコースターか?」

千早「あ、いえ……」

P「大丈夫、別に遊園地を楽しむっていう企画じゃない。俺は千早とオフを過ごしたいわけだし」

千早「プロデューサー……」

P「いいぞ、ずっとコーヒーカップでも! って、流石にそれは辛いけどさ……」

P「あ、というか絶叫系が苦手ならキャラクターがいる系のランドに行けばよかったか!」

千早「い、いえいいんです! プロデューサーがそう思ってくださるのなら……」

P「そうか? なら何から行こう?」


P「よ、よりによってお化け屋敷からか……」

千早「プ、プロデューサー怖いんですか!?」

P「いいや、そんなことはない! むしろ千早、千早怖いんじゃないのか! どうしてわざわざ!」

千早「い、いえ私は別に! っていやああ!! な、何今の!」

P「お、おい急に大声を出すな……う、うわあああ!!!」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:44:17.23 ID:YXBRtZusP

P「はぁ、はぁ……け、結構クるな……」

千早「え、えぇ……」

P「さて、次はどうする?」

千早「……あれに」

P「……いやあれ、フリーフォールだけど」

千早「プロデューサー、お願いします」

P「……え? お、俺だけ?」

千早「はい!」

P「……」


P「ああああああああああ!!!」

千早「プロデューサー!!」

P「ちはやああああああ!!」

千早「ふふっ……」

千早(……楽しい、楽しいな)

千早(なんていうことないのに、こうして馬鹿みたいにはしゃいでプロデューサーと過ごしてる時間、すごく楽しい)


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:47:53.62 ID:YXBRtZusP

P「……つ、次は」

千早「それじゃ、あれに」

P「……バイキング」

千早「ふふっ、冗談です。少し休みましょう、というかそろそろお昼じゃないですか?」

P「千早、腹減ったか……?」

千早「大丈夫です、プロデューサーが落ち着くまで待ちます」

P「すまん……うぅ……」


P「なんとか、落ち着いてきた……」

千早「それにしても、プロデューサーも絶叫系が苦手なんて」

P「……まあ、誘っておいて苦手とは言いずらいだろう」

千早「でも、そこまでする必要は……」

P「なんていうか、普通に大笑いしてる千早を見るのも久々な気がしてな」

千早「えっ?」

P「普段のその、はにかんだ顔もすごく好きなんだけど、笑顔もいいよなって」

千早「な、なっ!?」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:53:03.85 ID:YXBRtZusP

P「あーまだ治ってないのかもしれん……何アホなこと抜かして……」

千早「……私」

P「うん?」

千早「プロデューサーの前で、確かにあんまり笑うというか、そもそも人前で笑うことが少なくて」

P「……まあ、確かにそうかもな」

千早「事務所に入って、ようやく。双子がくだらないことをしてるだとか、そんなちっぽけなことで笑って」

千早「……でも、プロデューサーと暮らしてる今、すごく幸せで」

千早「今更笑う必要なんてないのかな、なんて。笑わなくても、すごく幸せだったので」

P「……そうか、それはすごくうれしいというか」

P「でも、ここまで贅沢してるから言うけどさ、もっと贅沢を言うならやっぱり笑顔の千早も見たいな」

千早「プロデューサー……」

P「言ってしまえば、泣き顔も、怒った顔も、全部。……なんか、聞いてるだけだと変態だけどさ」

千早「……」

P「……千早、俺」

千早「それじゃ、次はあれに乗りませんか?」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 04:54:46.78 ID:YXBRtZusP

P「観覧車


200: 眠くて手元がヤバイ 2013/01/02(水) 05:00:01.78 ID:YXBRtZusP

P「……トロッコ?」

千早「私、やっぱりあまり速いのには乗れないので」

P「うん、わかった」

千早「それじゃ、行きましょう!」

P「お、おいちょっと待ってくれ!」

千早「遅いですよ、プロデューサー!!」


千早(……プロデューサーは私に何か言おうとしてくれた)

千早(でも、嫌だった。怖かった。今私は、今のままで幸せなのに)

千早(また……何か、壊れてしまうような一言を言われたらと思ったら)

千早(だから、ふいに逃げて。それでもプロデューサーは私のこと煙たがらずに)

千早(余計プロデューサーと一緒に居たいと思っちゃうんですよ)

千早(その後、お昼を食べて。またいろんなアトラクションに乗って)

千早(絶叫したり、プロデューサーにしがみついてみたり、一緒に乗って恋人のように手を組んだり)

千早(もうそんなことが当たり前にできてるのに、言葉にするのが辛くて、怖かったから。私は)

千早「……結構いろいろ乗りましたね」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 05:04:03.87 ID:YXBRtZusP

P「なんだかんだ、ジェットコースターにも乗っちゃったしな」

千早「あれはもう、絶対に乗りません」

P「だってあの時の千早ったら」

千早「聞こえません!」

P「あーもう、拗ねないでくれよ~」

千早「……すごく楽しかった」

P「ん?」

千早「私、正直どこでもよかったんです。その中でも、遊園地は特に好きでもなくて、乗れるものもないし」

千早「でも、プロデューサーとだったら。そう思って、ある程度覚悟はしてきたんですけど」

千早「初めに楽しめればいいって聞いて、もう吹っ切れちゃったというか」

P「……そうか」

千早「ありがとうございました」

P「いや、俺も楽しんでもらえたならよかった。というか、遊園地やっぱりあんまり好きじゃないか」

千早「あ、いやそれは別に……」

P「ま、もう知ってる通り俺も正直嫌いだったからな。おあいこ、ってことにしてくれ。でも、気は遣わなくていいんだぞ?」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 13:17:36.18 ID:YXBRtZusP

千早「……でも」

P「そう、言いたかった」

千早「……」

P「同棲、に近い生活になってから。千早は俺のためにいろいろしてくれてさ」

P「自分のことは後で、それで十分だって。俺、最初はそれすごくうれしかったけど」

P「だんだんわからなくなって。俺、ただ付き合わせてるだけなんじゃないかって」

千早「そんな……」

P「俺のために、してくれることはすごくうれしい。でも、俺だって同じなんだ」

P「千早のためにしてあげたい。そう思うし、それで俺も十分だって思うから」

千早「……」

P「だから、気を使わずにお互い同じようにさ……」

P「……千早、俺」

千早「プロデューサー」

P「……」

千早「……最後に、あれに乗りませんか?」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 13:25:50.19 ID:YXBRtZusP

P「観覧車……」

千早「……お願いします」

P「……」

千早「あそこで、話ましょう」

P「……わかった」


千早「……私、高いのもあまり得意じゃないんですよね」

P「……そうか」

千早「なので、しゃべれるうちに」

P「わかった」

千早「……正直、怖かったんです」

千早「今のこの関係が……あの……」

P「……役、か」

千早「違います!!」

P「千早……」

千早「あ、いえ……違わない、です……でも」


283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 13:32:51.88 ID:YXBRtZusP

千早「こんな気持ちになったことなかったので、もし何か言われて傷つくだけならまだ」

千早「……気持ちを抑えきれなくなったらどうしよう。それが怖かったんです」

千早「だから何度もプロデューサーの言葉をさえぎって……すみません」

P「いや、いいんだ」

千早「……ここなら、逃げられませんから」

P「……そうだな」

千早「もう一度聞かせてもらえますか?」

P「……」

千早「勝手ですけど……もし難しいなら私から」

P「いや、大丈夫だ」

千早「……はい」

P「……俺は、千早のことが好きです」

千早「……」

P「今の気持ちは少なくとも演技とかじゃない。俺は今の千早が好き、これは本心だから」

千早「……私」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 13:35:52.83 ID:YXBRtZusP

P「大丈夫か?」

千早「はい……」

P「……震えてる」

千早「大丈夫、大丈夫です……」

ギュッ

千早「あっ……」

P「……大丈夫」

千早「……好きです」

P「……うん」

千早「プロデューサーのことが好きです」

P「……よかった。俺もだ」

千早「プロデューサーのことが好きなんです」

P「うん、俺も」

千早「私は、プロデューサーのこと、が……好き、で」

P「大丈夫だ、大丈夫……聞こえてるよ」


286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 13:41:16.41 ID:YXBRtZusP

千早「もう、プロデューサーのことしか考えられなかったんです」

千早「プロデューサーにありがとうって言われるだけで元気がでて」

千早「……もう、気が付いたら。好きなんて通り越して、好きになってました」

千早「いつか言われた、一途だっていうのがそのままで……少しやられた気分です」

P「……俺だって不安だったんだ」

千早「プロデューサーも?」

P「俺からそういう関係にして、勝手に俺が好きになってて」

P「千早が、俺に付き合ってくれてるだけだったらなんて勘違い男だろう?」

千早「そんな、私は……」

P「うん、わかってるさ」

千早「……ぁ」

グラッ

P「お、おい千早!?」

千早「す、すみません……もう私、今頭が、何も考えられなくて……」

P「うん、きっと頑張りすぎたんだ。ゆっくり休んでいい」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 13:53:54.87 ID:YXBRtZusP

千早「大丈夫です……」

P「お、おい無理はするなよ?」

千早「……」

P「……千早?」

千早「もうそろそろ、頂上ですか?」

P「……あ、あぁ」

千早「私、もう外見れないですけど」

P「あ、そうか」

千早「……もう、プロデューサーしか見れないですね」

P「……それはちょっと卑怯だな」

千早「……いいですよね、だって私たち恋人同士なんですから」

P「そうだな、これでもう遠慮することはない」


P(きっと外から見たら夕日に重なって、観覧車の頂上で唇を重ね合う一組のカップルにしか見えないだろう)

P(回数なんて覚えていない、お互いにどちらからという事もなく、ただ愛を確かめ合っていた)

P(……もしかしたら観覧車2周してたかも? いや、まさかそこまでとはいかないだろうが)


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 14:49:18.17 ID:YXBRtZusP

――
千早(まだドキドキしてる)

千早(遊園地から帰ってくるまで、ずっと手をつないでた)

千早(運転中も、嫌な顔一つしないでプロデューサーはずっと)

千早(運転の邪魔になるかしらと思ったけれど、それでも私は手をつないでたかった)

千早(プロデューサーの家について、ようやくその手を離した)

千早(手汗が……私のか、プロデューサーのかわからない。でもそれくらいずっと心拍数が上がったままで)

千早(観覧車で告白して、お互いに想いあってることを知って……キスをして)

千早(私はもう、完全にプロデューサーの虜になってた)

千早(”役”ってことを理由にして、抱えこんでいたこの気持ちが少しずつ強くなってるのがわかる)

千早(あぁ、私はどこまでプロデューサーのことが好きになるんだろう)

千早(プロデューサーはどこまで私の気持ちを受け入れてくれるんだろう)

千早(……トイレから戻ってきたプロデューサーと、一度目を合わせてから座る)

P「お待たせ、って数分だけど」

千早「……はい」

P「どうかしたか? 家に帰ってきたっていうのに、落ち着かないな」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 14:53:03.21 ID:YXBRtZusP

千早「……まだ信じられなくて」

P「何が……って、あぁ」

千早「すみません……」

P「大丈夫、俺も似たようなもんだ。こういうとき何してあげればいいかわからないし」

千早「……それじゃ、また撫でてください」

P「……うん、わかった」



千早「……ご飯、作らないとですね」

P「あ、そうだよ食べてくればよかったな……あれだったら今から行くか?」

千早「いえ、食べてもらいたいんです」

P「……そうか、じゃお言葉に甘えて」


P「ご馳走さま」

千早「……プロデューサー」

P「ん?」

千早「……お風呂、一緒に入りませんか?」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 14:55:54.90 ID:YXBRtZusP

P「あ、いやそれは……」

千早「……ダメ、ですか?」

P「……むしろ、いいのか?」

千早「何の問題もありませんよ」

P「……うん、わかった」

千早「……ええと、それでは」

P「あ、それじゃ俺が先に入ってる」

千早「……はい」



P「……どうしてこんなことに」

P(いや嬉しいけどさ、こういうのって順序を……ってそうか)

P(下手にセーブしてたせいで、反動かな。でも、それだけ好かれてるってのは嬉しい)

P(俺だって好きなんだし。まだ温度差はあるかもしれないけど、行く末は……行く末?)


千早「……失礼します」

P「……お、おう」


300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 14:58:12.94 ID:YXBRtZusP

千早「……」

P「……」

サー…

千早「……プロデューサー」

P「な、なんだ?」

千早「……やっぱり恥ずかしいですね」

P「そ、そりゃな」

千早「でも、プロデューサーなら……私は」

P「……」

千早「……お湯、溢れちゃうかもしれないですけど」

P「あ、いや、それは別に構わないというか……」

千早「……では」

ザパー…

P「……温かいな」

千早「……はい」


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:00:41.47 ID:YXBRtZusP

P「……」

千早「プロデューサー」

P「ん?」

ギュッ

P「ん!?」

千早「……すみません」

P「あ、いや……ち、千早?」

P(後ろから……抱きつかれている……)

P(……流石に裸同士だ、千早を感じる……とても柔らかくて、それでいて)

千早「……プロデューサー」

P「どうした?」

千早「……好きです」

P「……うん、俺も」

千早「……」

P「……」


303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:05:21.84 ID:YXBRtZusP

P(今日、千早から何度好きと言われたか)

P(……それ以上のことを求められたらどうしようかと思ったがただ名前を呼ばれるだけで)

P(名前を呼ばれるたびに俺も千早のことが愛おしくなって、それ以上何も言えなかった)

P(ある程度時間がたって、背中に抱き着いた千早の声が、聞こえなくなった)


P「……千早」

千早「……」

P「……千早?」

千早「……大丈夫、です」

P「いや、流石にのぼせてないか?」

千早「……」

P「お、おい?」

千早「……大丈夫ですよ、プロデューサー」

P「いやいや、相当時間経ってるし、上がるぞ。立てるか?」

千早「……はい」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:09:02.11 ID:YXBRtZusP

P「いやいや、一瞬ヒヤッとした」

千早「すみません……」

P「いいんだ別に……」

ギュッ

P「……千早」

千早「プロデューサー……」

P「……」

千早「もっともっとプロデューサーと……できることなら」

P「……流石にな、順序っていうのがあるし」

千早「……」

P「千早なら、わかってくれるだろ?」

千早「……」

P「……そのかわり、これで許してくれ。なんて卑怯かもしれないが」



千早「……んっ」


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:11:55.66 ID:YXBRtZusP

P「さて……そろそろ寝ようか」

千早「……」

P「大丈夫だよな、千早?」

千早「全然大丈夫です、ただもう……」

P「ん?」

千早「……プロデューサー、私」

P「大丈夫、明日になればまた。でもいいオフだっただろう?」

千早「はい……」

P「これからはご褒美が撫でるだけじゃなくて、キスになりそうで怖いが」

千早「……はい」

P「おいおい、そこは否定してほしかったな」

千早「プロデューサーは嫌ですか?」

P「……嫌なわけあるか。歯止めが利かなくなったら困るだろう?」

千早「私はそれでも……」

P「はいはい、もう寝よう! おやすみ!」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:16:02.78 ID:YXBRtZusP

千早「……プロデューサー?」

P「ん?」

千早「……ありがとうございます」

P「うん、こちらこそだ」

千早「……はい」


千早「……よかったら、手だけでも握ってもらえませんか?」

P「うん、わかった。これでいいか?」

千早「ありがとうございます……おやすみなさい」

P「あぁ……」


P(こんな華奢な女の子、それも千早のような仕事に対してストイックで、クールで)

P(どんなことも真面目にこなし、そのギャップ、ただの笑顔でさえ眩しいのに)

P(……自分の言ってることがわかっているのか。何度そのまま押し倒したいと思ったか)

P(そう、この後を考えなければいけない……プロデューサーである以上、正直これ以上は……でも)

P(……悲しませたくはない、ここまできてしまった以上……どうすれば一番)


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 15:21:33.16 ID:YXBRtZusP

五日目

千早「……プロデューサー」

P「ん?」

千早「その、一緒に行くというのはダメでしょうか?」

P「え?」

千早「……」

P「……確かにここまでしてて別々っていうのもな」

千早「それじゃあ……!」

P「ただ、手はつなげないぞ?」

千早「あ、は、はい。大丈夫です」

P「よし、それじゃ行こうか」



P(歩くたび揺れる手が……微かに当たる)

P(気のせいか、千早との距離も近いような……)

P(見つかると面倒になりそうだが、それを伝えるのも少し……)


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:28:51.17 ID:YXBRtZusP

さるさん厄介


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 16:51:47.47 ID:YXBRtZusP

P「おはようございます」

小鳥「あらプロデューサーさん、と千早ちゃん?」

P「あはは、偶然そこで会いまして」

千早「……えぇ」

小鳥「そうだったんですか! でも、なんていうか二人ともすごく仲がよさそうで」

P「えっ!? そ、そうですか? ま、まあ仲はいいですよ?」

千早「……」

小鳥「あ、そういえば噂で聞いたんですけれどプロデューサーさんと千早ちゃんが何やら面白いことしてるって」

P「え?」

P(なんでそんなこと知れ渡ってるんだ……)

P「いやいや、そんな! あ、もしかしてあれですかね。最近ボイストレーニングに付き合ってるんですけど」

小鳥「あぁ、そういうことだったんですね」

律子「おはようございます、小鳥さん、プロデューサー。それに千早、おはよう」

千早「おはよう律子」

P「律子、おはよう。さてと千早今日のスケジュール……は、もうわかってるんだよな」


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:32:40.96 ID:YXBRtZusP

千早「はい、もちろん」

P「流石だな、それじゃ頑張って」

千早「あ、プロデューサー、今日はその……」

P「ん? あぁ……ま、千早に任せるさ」

千早「そ、そうですか? わかりました、それじゃ」

律子「千早、スケジュール管理するようになったんですか?」

P「え? あ、まあな」

律子「確かに千早だったら不思議じゃないですけど、今日は~とか意味深な話もしてましたし」

P「そ、そうか?」

律子「なんだか仲いいじゃないですか。まさかとは思いますが、変な事しないでくださいよ?」

P「な、何言ってるんだ! 俺がそんな……」

千早「私とプロデューサーはそんな関係じゃないわ、律子」

P「ち、千早?」

律子「ま、まだいたの、千早?」

千早「悪いですか?」


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:35:55.43 ID:YXBRtZusP

律子「そ、そういう意味じゃないのよ? それに冗談でしょ、今のは」

千早「……ならまあ」

律子「頑張ってきてね」

千早「えぇ、それじゃプロデューサー。また」

P「ん?あ、あぁ」

律子「……」

P「あ、その、律子?」

律子「私、そんな変な言い方しましたか?」

P「え? いや、別に……」

律子「すごくこわかったんですよね、今の千早……まあ確かに冗談にしては品がありませんでしたけど」

P「いやいや、気にすることはない。きっと気が立ってただけか、気のせいだって」

律子「それならいいんですけど……」





千早「……」


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:41:34.26 ID:YXBRtZusP

P「ふぅ……なんだかなぁ」

P(仲が深まるのはいいことで、俺としても願ったりかなったり)

P(だが……事務所で気まずくなるのは勘弁願いたいというか)

P(……さっきの、明らかに律子につっかかってたしなぁ)

P(一度、話し合った方がいいのかもしれないが……)

千早「プロデューサー」

P「うわぁ!!」

千早「す、すみません」

P「あ、いやいいんだ。どうしたんだ急に?」

千早「いえ、休み時間なので。それと……」

P「……律子のことか?」

千早「はい……私も、あそこまでつっけんどんな態度を取るつもりはなかったんですが」

P「わかるよ、今の俺たちにとってあれはちょっとな」

千早「……」

P「でも、この際だから言っておこうと思う。事務所ではできるだけ控えよう」


329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:46:27.48 ID:YXBRtZusP

千早「えっ……」

P「俺だってもっと千早との時間を大事にしたい。だからこそ事務所では大人しくしてさ」

P「帰ったらゆっくりする、っていうのじゃダメかな?」

千早「……それは、事務所では今まで通りの態度を取れっていうことですか」

P「あ、う、うん」

千早「……正直、嫌です」

P「……そうか」

千早「今だって、今すぐにプロデューサーの胸に飛び込みたくてたまらないのに」

千早「そんなの……わがままかもしれないですけど」

P「いや、俺が悪かったよ……うん、でもあまり目立つのはやっぱり良くないとは思うんだ……」

千早「なら、”役”でいいです」

P「え?」

千早「他の人には恋人同士の”役”なんだ、と言ってください」

P「……しかし」

千早「プロデューサーが本当に想っていてくれるなら、私はそれで……十分です。だから」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:51:59.16 ID:YXBRtZusP

P「……うん」

千早「……ありがとうございます」

P「よし、それじゃそろそろ……」

ギュッ

P「……千早」

千早「……すみません、でも、我慢できなくて」

P「……誰か来たら」

千早「その時は、恋人と言います」

P「役なんて噂になったら意味ないだろ……」

千早「……それでも」

P「……」

千早「……こっちを向いて、撫でてもらえませんか」

P「……わかった。そのかわり、そしたら仕事に行けるか?」

千早「……」

P「千早」


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 17:58:49.44 ID:YXBRtZusP

千早「……わかりました」

P「よし、いい子だな」

スッ

千早「ん……」

P「……俺だってお前を失いたくない」

千早「……私もわかってるんです。でも、止められなくて」

千早「昨日からずっと、プロデューサーが私の中で……」

P「……ありがとうな。今日は早く帰るようにするからさ、千早も頑張ってくれ」

千早「……わかりました」

P「うん、それじゃな」

千早「……」

P(手を振っても表情は暗いまま、しぶしぶ行ったが)

P(……いよいよ仕事に支障をきたす……なんて、千早が流石に本番でやらかすことは無いと思うが)

P(あぁ、俺も苦しいよ千早。一途すぎるお前の愛をうまく受け止められるか心配だ)

P(……それこそ、いっそ”役”だったらよかったなんて思うんだ。情けないよなぁ)


343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:44:09.99 ID:YXBRtZusP

千早「ありがとうございました」

千早(……思えば相当ワガママを言ってしまった)

千早(でも、私は……)

千早(仕事は全部終わったけれど流石に早いし事務所に寄ろうかしら……)


ガチャッ

千早「プロデューサー……」

P「いや、だからそれは……」

伊織「だって見たって言ってるのよ? 別に私はいいけれど後で困るのはアンタと千早じゃない」

P「うむ……」

伊織「何を考えてるのか知らないけど……事務所で下手な事しないことね」

千早「……」

P「ち、千早」

千早「早く終わったので、ついでにと思いまして」

P「あ、うん仕事がもう少しあるからさ……その」

伊織「ちょうどよかったわ千早」


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:55:27.71 ID:YXBRtZusP

千早「……水瀬さん」

伊織「実はね、さっき事務所で千早とプロデューサーが言い争いをしてるのを見たって」

P「い、言い争いってなぁ……」

伊織「私が聞いた話だと、イチャイチャしてるようにも聞こえたわ。それに、小鳥や律子からも変だって話を聞いてね」

千早「……」

伊織「どうなの、千早?」

千早「恋人よ」

伊織「そう……へっ?」

千早「……プロデューサー、帰りましょう」

P「え? いや、でも俺まで仕事が……」

伊織「ちょ、ちょっと待ちなさいよ! あんたたちその、プロデューサーとアイドルでしょ!」

千早「だからどうしたっていうの? 今から私は、プロデューサーの家に帰るの」

伊織「なっ!! しょ、正気? 千早、どうしちゃったのよ!」

千早「さぁ、プロデューサー」

P「……すまん、伊織。またそのうち話す……行くか千早」


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 18:59:17.72 ID:YXBRtZusP

伊織「ちょ、ちょっと千早! 無視する気!?」

千早「……何?」

伊織「な、何よ……」ゾクッ

千早「……プロデューサー」

P「……あぁ」

伊織「……何なのよ」



P「……千早、流石にさっきのは」

千早「いいんです、というかプロデューサーにはあそこで千早が勝手に言ってる。と言ってもらいたかったのですが」

P「いや、でもさ……」

千早「どうせ疑われてるんです。違う違う言ってもしょうがないと」

千早「それができないなら……いえ、それしかないです」

P「……」

千早「……しかし、仕事中だったのにすみません。ついそのことを言われて、動揺してしまって」

P「あぁいや、もう終わるところだったし明日やればいい……うん、今日は休もう」


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 19:15:25.80 ID:YXBRtZusP

P(その後帰ってからはあっという間に昨日の千早に戻った)

P(常に俺の名前を呼んでは、離さない)

P(別にそれが煩わしいとか、そんなこと思うはずない)

P(愛おしい、たまらなく愛おしいと感じるも)

P(明日、また仕事があると考えるとそれも一変して気持ちは暗くなる)

P(……どちらか選ばないといけない時期がきてしまったのか)

P(できることなら千早が自制してくれたら、申し分ないんだが……)

P(寝静まるまで、ずっと千早と俺は触れ合っている)

P(甘えてきたり、ちょっとした冗談に拗ねてみたり)

P(過ごしていると、明日のことなんでどうでもよくなる。でも)

P(……とにかく、明日千早に仕事をさせること)

P(そして、徐々に千早を制御することを目標に)

P(……頑張ってくれよ、千早)


372: 保守申し訳ない 2013/01/02(水) 20:14:50.11 ID:YXBRtZusP

千早(……水瀬さんの言っていることは正しい)

千早(でも、それは今の私たちにとって障害でしかないわ)

千早(私は今、この幸せが続くならそれでいいの)

千早(……でも、もし。もしプロデューサーがそう思っていたとしたら?)


千早(もう、別れようなんて言われたら……?)


千早(嫌、それは絶対に嫌……演技でもいい、役でもいい)

千早(だから、私からプロデューサーを奪わないで……)

千早(プロデューサー、私を見捨てないでください)

千早(私が求めれば、それに応えてくれる)

千早(優しくしてもらうと、それだけ満たされて、でももっともっと欲しくなって)

千早(足りない分だけ……不安になってしまうんです)

千早(……プロデューサー)


千早(プロデューサー……大好きです)


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:19:43.92 ID:wwMWc48F0

ちーちゃん可愛い


375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:24:46.51 ID:YXBRtZusP

六日目

P「……千早、行く前に話があるんだ」

千早「……はい」

P「辛いかもしれない。でも、これからのため」

千早「……」

P「今でも十分頑張ってくれてると思うよ。だから、このままで行こう」

P「昨日の分があるから少し遅れるかもしれない。でも待っててくれ」

千早「……わかりました」

P「……ありがとな」

千早「いえ、わかります……わかるんですけど」

P「よし、それじゃ行こうか」

千早「嫌……」

P「……千早」

千早「プロデューサー……」

P「……大丈夫だ。お前なら1日くらいこなせる」


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:28:06.50 ID:YXBRtZusP

千早「……」

P「……俺先にいくから」

千早「待って……」

P「おかえりって言われるの、楽しみにしてるから……」

バタン

千早「プロ、デューサー……」



P(ちょっと強引だったか……いや、大丈夫だろう)

P(今日も収録か。歌だけならなんとかやってくれる、何せ千早だぜ?)

P(俺が心配しすぎるのもよくない。俺は俺ができることをやらないとな)


P「おはようございます」

小鳥「あ、プロデューサーさん! 大変ですよ、大変!」

P「え?」

小鳥「伊織ちゃんから噂が広まっちゃって。今日は千早ちゃん一緒じゃないんですね」

P「あ、あぁ……」


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:43:57.66 ID:YXBRtZusP

小鳥「あ、その伊織ちゃんも悪気があるわけじゃないと思いますよ?」

小鳥「終始千早ちゃんのこと心配してましたし」

小鳥「話を聞いたっていうやよいちゃんも心配してました」

P「あ、やよいだったのか……通りでそれほど知れ渡ってないわけだ」

小鳥「何やら難しいことになってますけど、律子さんに知れたらどうするんですか?」

P「どうと言われても……」

律子「言い訳とかは別に聞きたくないですし」

P「って律子!?」

律子「詳しく聞かせていただきたいんですけど、また千早に怖い顔されるのも嫌なので」

律子「要点だけ聞きますが、お二人は恋人なんですか?」

P「……」

律子「プロデューサー」

P「それは……」

律子「はぁ……わかりました」

P「り、律子?」


383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:01:00.46 ID:YXBRtZusP

律子「……もう聞きません、ただ約束してください」

律子「しっかり責任を持って千早の面倒を見ること」

律子「他のメンバーに迷惑をかけない、大ごとに発展させないこと」

律子「仕事はちゃんとこなすこと。それさえ守ってくれれば何も言いません」

P「い、いや俺まだ付き合ってるも何も……」

律子「私も何も言ってないですけど」

P「あ、うむ……」

律子「……貴方に限って担当アイドルを不幸にさせるような、無計画なことはしてないでしょうから」

律子「任せて大丈夫ですよね、プロデューサー殿?」

P「……うん、大丈夫。任せてくれ。何かあったらすぐに相談するさ」

律子「それじゃ、私は外回ってきますので」

P「……ありがとな、律子」


小鳥「えっと……」

P「……音無さんもそういうことでいいですか?」

小鳥「あ、私は全然それで!」


394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:51:32.61 ID:YXBRtZusP

P(ある程度信頼は得られた)

P(あとはやはり……千早次第か)

――

千早(プロデューサーは私のためを思ってあんな風に言ったのよね)

千早(……頭ではわかってても、やっぱり辛い)

千早(それでも、頑張らなきゃ……頑張らなきゃプロデューサーに会えないもの)

雪歩「千早ちゃん?」

千早「あ、ご、ごめんなさい」

雪歩「大丈夫? 具合が悪いとか……」

千早「いえ、そういうことではないの……大丈夫だから」

雪歩「それならいいんだけど……真ちゃんも心配してたから」

千早「真が?」

千早(……思えばそう、真も、皆心配してくれた。でも)

千早(心配してくれるだけで……私たちの障害にしかなってない)

千早(その話をしている時間がもったいないの)


396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:57:16.77 ID:YXBRtZusP

千早(例えばスケジュールだってそう、私がせっかく自己管理をしているのに)

千早(あのとき真はわざわざ聞いていた。それだけでプロデューサーの負担になる)

千早(……それを、あの人は負担を思っていない。本当に、素晴らしい人)

千早(でも、それは私以外の人にとっても優しさになってしまう)

千早(……もし、私が事務所の中で、ただ私だけが”恋人”と言い張るような存在で)

千早(他の皆は何気ない日常の中で、プロデューサーと過ごしているの)

千早(……それなら私はどうすればいいの? それなら、今何をしなきゃいけないの?)

千早(会いたい……プロデューサーに会いたいの。会わなきゃいけない……)


千早「……会わなきゃ」

雪歩「ち、千早ちゃん?」

千早「……萩原さん、ごめんなさい私」

雪歩「あ、もしかして……」

千早「何か、知ってるの?」

千早(プロデューサーのこと、何か知ってるの?)

千早(それとも……邪魔をするの?)


400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 22:00:19.31 ID:YXBRtZusP

雪歩「あ、うんごめん、あまり広めない方がいいって言われてたんだけど……」

雪歩「昨日、伊織ちゃんと会ったでしょ? その話が、結構広がっちゃったみたいで」

千早「……そう」

雪歩「あ、べ、別に私はなんとも思ってないよ? でも……やっぱり、大変そうだなって」

千早「……」

雪歩「……正直私も、プロデューサーのこと嫌いじゃなかったし、うらやましいな」



千早「……何?」

雪歩「え? あ、そ、その……」

千早(うらやましい? 何が? 私とプロデューサーの関係が?)

千早(私がプロデューサーのことをどこまで理解して、好きでいるか、わかって羨んでいるの?)

千早「ねぇ、萩原さん」

雪歩「な、何? 千早ちゃん」

千早「プロデューサーのこと、好き?」

雪歩「えっ?」


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 22:02:44.90 ID:YXBRtZusP

千早「ねぇ」

雪歩「あ、う、その……き、嫌いじゃない、けど……」

千早「そう」

雪歩「あ、あの……千早、ちゃん?」

千早「それだけ?」

雪歩「そ、それだけ、だよ?」

千早「……そう」

雪歩「う、うん……」


千早「……プロデューサーは皆から好かれるものね」

雪歩「そ、そう、だね……」

千早「萩原さんもそう思う?」

雪歩「えっ!? あ、その、私は……」

千早「……そうよね。あんな人、滅多にいないもの」

千早「私のこと、ここまで理解してくれて、愛してくれて、受け入れてくれて」

千早「……きっと、プロデューサーのことを好きな人はいるでしょう」


405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 22:13:38.68 ID:mRM8FEZk0

千早と結婚して仕事場から30分おきに電話をかけさせられたい


409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 22:25:42.09 ID:YXBRtZusP

雪歩「ち、千早、ちゃん……」

千早「……」

千早(プロデューサーが好きな人がいることは、正直仕方のないこと)

千早(でもそれは、”役”を超えてはいけない。いえ、できれば役以前で終わるべきよね)

千早(……でも、それ以上求める人がいるなら)

千早「……まだ時間あるかしら」

雪歩「え? そろそろ時間だと思うけど……」

千早「……」

千早(何が大事なの?)

千早(……仕事は後でもできる。歌は変わらないもの)

千早「後、お願いね萩原さん」

雪歩「えっ? ちょ、ちょっと千早ちゃん!」

雪歩「……ほ、ホントに行っちゃった……ってど、どうしよう!!」

――


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:09:42.40 ID:YXBRtZusP

P「……さて、そろそろ昼か」

P「たまにはどっか食べに行くかな……」

亜美「ふむふむ、一体どこに行かれるので?」

P「そうだな……かつ丼でも食べようか……って!」

真美「えー真美パスタがいい!」

亜美「あ~亜美も亜美も!」

P「お、おい……お前たちいつから」

亜美「さっきだよ?」

真美「休憩中! ていうか聞いたよ兄ちゃん!」

亜美「そーそー! 千早お姉ちゃんと付き合ってるんだって~?」

P「ばっ! ……まあお前らに今まで伝わらなかったのが不思議っちゃ不思議か」

亜美「ちょっとー! それどういう意味~!」

真美「てか否定しないの兄ちゃん!」

P「……いや、その、いろいろあるんだよ! 子供には関係ありません!」


424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:15:36.42 ID:YXBRtZusP

亜美「そんなこと言って亜美たちを丸めこもーったってそうはイカんのタコですぞ!」

真美「そうそう! 真美たちを黙らせるならね! パフェの一つでも持ってこなきゃダメっしょ!」

P「いや、お前ら結局それか……」

真美「ま、まあそれは置いといて!」

亜美「そうだよ~千早お姉ちゃんのこと、どうなのさ」

P「……どうなんだろうな」

P「でもお互いに頑張ってるし……何とかなると思うんだが」

亜美「何が?」

真美「なんかムズカシイ話っぽいですな、亜美殿」

P「だから言っただろ? お前たちにはまだ早い~」

亜美「むっ! そんなこと言って! もうケータイの壁紙は千早お姉ちゃんとのツーショットだったりして!」

真美「あー! あり得るあり得る! となれば……」

P「な、なんだよお前ら……」

亜美「かかれー!!」 

P「う、うおっ!!」


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:22:01.05 ID:YXBRtZusP

千早「……」

千早(事務所まで来たけれど、プロデューサーに何て言えば……)

千早(会いたかったなんて言っても、特に軽く叱って慰めてくれるだろうけど……)

千早(それじゃ意味がないの……私は、私は……)


千早「プロデュー……」

真美「そこだそこだー!」

亜美「あ、あった!」

P「お、おい返せお前たち! ……って、え?」

千早「……サー?」

P「千早……? なんでお前……?」

亜美「あ、ホントだ」

真美「千早お姉ちゃんじゃん! やっほー!」




千早「……貴方たち、何をしているの?」


430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:29:34.39 ID:YXBRtZusP

亜美「何って……まあ強いて言うなら……捜査、ですかね」

真美「そう……いえね、実は私たちこういうものでして」

亜美「今回……どうやらご結婚された、とか。あ、いえ新婚さんを邪魔するわけじゃあ、ないんですよ」

真美「ただ……その、昔の奥さんがね。どうしても、っていうものだから」

亜美「そうそう、今の奥さんの写真を見たい、とか」

真美「どうです奥さん、捜査に協力しては、いただけませんかぁ?」

千早「……」

P「ち、千早……」

亜美「もー千早お姉ちゃん~ノリ悪いっしょー!」

真美「そーだよ、真美たちは兄ちゃんとイチャイチャしてただけー」

千早「……」

亜美「千早お姉ちゃん?」

千早「……さい」

真美「え?」

千早「今すぐそこから離れなさい!!!!」


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:37:10.87 ID:YXBRtZusP

亜美「!!!」ビクッ

真美「ち、千早おね……」

P「ち、千早……落ち着け……」

亜美「ち、違うんだよ千早お姉ちゃん! さっきのはちょっとした冗談で!」

真美「そ、そうだよ! 別に真美達、兄ちゃんを取ろうとか思ってないから!」

千早「……プロデューサー?」

P「な、なんだ?」

千早「この二人に勝手にくっつかれたんですか……?」

亜美「ち、違うって! どっちかっていうと、兄ちゃんも一緒に遊んでたっていうか!」

P「お、おい亜美」

亜美「だ、だってさぁ……」

真美「あ、え、えっと……」

千早「……別に、貴方たちの冗談に腹が立ったわけじゃないの」

亜美「千早お姉ちゃん……」

千早「私のいないところで……楽しそうにする貴方が……」


436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:40:16.96 ID:YXBRtZusP

真美「千早お姉ちゃん違うの! 真美たち、いつもみたいに遊んでただけで!」

亜美「亜美達、千早お姉ちゃんと兄ちゃんがそういう風なの、知ってるから!」

千早「……知ってた、の」

P「千早……」

千早「プロデューサーは黙っていてもらえますか」

P「……」

千早「どうして、知っているならこんなことになってるの、亜美?」

亜美「あ、い、いやだってさ……」

千早「私がどう思ってるか知ってる上で、プロデューサーのことを誑かしたの?」

亜美「ち、ちが……」

真美「ち、千早お姉ちゃん!」

千早「貴方もよ真美……どうして自分は関係ないみたいにして。どうして止めなかったの?」

千早「二人ならプロデューサーがなびくとでも思ったの?」

千早「若さを駆使すれば何とかなるとでも思ったの!?」

千早「勢いを付けていつものノリで絡めばなんとかなるとでも思ったの!!!?」


437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:42:03.24 ID:Uj2ZjwtR0

(´;ω;`)怖いよぉ


438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:42:25.13 ID:suPwCikC0

可愛い
可愛い


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:44:10.12 ID:6ZMZIIA00

すばらしい


すばらしい


440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:45:29.78 ID:YXBRtZusP

真美「あ、い、いや……」

亜美「ごめ、なさい……あ、亜美たち……」

千早「泣いたって……泣いたら余計プロデューサーは優しくなるのよ」

千早「それをわかって、貴方たち……ねぇ、ねぇ!!」

真美「あ、うぅ……」

P「千早……もう辞めるんだ……」

千早「……プロデューサー」

P「……俺が悪かった、だからもうやめてくれ」

千早「……プロデューサーが、そういうなら」

P「とりあえず、話そう」

亜美「千早、お姉ちゃん……ぐすっ」



P「……まず、聞きたいことが一つある。先にいいか?」

千早「はい、どうぞ」

P「……仕事はどうした」


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 23:57:28.32 ID:YXBRtZusP

千早「抜けてきました」

P「……どうして」

千早「……伊織からの噂が広がっていると聞いて、いてもたってもいられなくなったんです」

P「……それだけ」

千早「それだけ?」

P「あ、い、いや……」

千早「……私はプロデューサーのことを信じていました」

千早「だから、ただ終わってから会う事だけを考えて。頑張ろうと決めたんです」

千早「でももし私が知らないところで、裏切られていたらと思うと……もしそうだったら私はもう生きていけない」

千早「それを確認するために、抜け出してきました。それだけ、それだけと言えばそうかもしれないですが」

千早「……見事に、嫌な予感が当たって」

P「い、いやあれは誤解だって!」

千早「……あれだけじゃれていて」

P「双子が絡んでくるときはいつもあんなもんだろう……?」

千早「……男の人が浮気をする理論をご存知ですか」


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:04:11.99 ID:yu/cCS85P

P「う、浮気って……」

千早「根本的に男女の恋愛に対する意識の違いがあるそうです」

千早「価値観の違い、それが離婚や破局に繋がる大きな原因」

千早「……別に私は、それを推し量ってまで相手を選びたいと思いません」

千早「ですが、少なくとも確証にはなると思っています。理にかなってますから」

P「……」

千早「……プロデューサーはいつも私に合わせてくれている」

千早「だから私は、すべて任せることができたし私ができることはやろうと思えたんです」

千早「……好きです。今でも好きなんです」

千早「役とか、そんなものどうだっていい。私がプロデューサーのことを好きでいる事」

千早「……それを認めてくれるなら、プロデューサーがどう思っていてもいいんです。でも」

千早「……他の女性がそう思うことを認めるのは、許したくない」

P「……」

千早「例え担当アイドルだろうと、双子のような子供であろうと……気を許さないでほしいんです」

千早「私のことを……今でも思ってくれているのなら」


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:09:58.78 ID:yu/cCS85P

P「それは……難しくないか」

千早「どうしてですか?」

P「相手の気持ちを……縛り付けるようなことが、そりゃ俺だって千早の意思を尊重したい!」

P「これっぽっちも、他の女性のことを想ったりしてない!」

千早「そんなことどうだっていいんです」

P「ど……」

千早「プロデューサーのことを想う人が、私のことを知ったらどう思いますか?」

千早「そんなことは避けたいんです……そんな争いごとをプロデューサーに見せたくありません」

P「……」

千早「それでも無理なようなら、いいんです。私が恨まれます」

千早「プロデューサーの心神を浪費させてまで、するような有意義なことじゃないですから」

P「……千早」

千早「……私の言いたいことは以上です、あ、いえもう一つ」

P「……なんだ」

千早「……朝より強く、抱きしめてください」


455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:16:37.71 ID:yu/cCS85P

P「……あぁ」

千早「……プロデューサー」


P(俺の腕に包まれると、それは今までの天使のような千早そのもので)

P(抱きしめていると、いつものように愛おしく感じるのに)

P(……さっきまで、確かに俺は恐怖を抱いていた)

P(……歪んでる。着眼点からして、常識から少しずつ)

P(もう千早の愛情のキャパシティは限界を超えてる)

P(耐えられなくなって……あふれた感情が、歪みを作ってる)

P(この流れで抱きしめてなんて言われて、震えが止まらなかったのに)

P(震えてることがバレたら何て言われるか、怯えていたのに)

P(どうして抱きしめたら……こんな)

P(……それでも俺はまだ、千早のことが好きなのか)

P(どこまでお前の愛情を受け止められる……)

P(それができなくなったら俺はもう……)


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:13:20.04 ID:yu/cCS85P

千早(プロデューサー……こんな私でも怒らないでくれるんですね)

千早(やっぱり、私にはプロデューサーしかいない)

千早(思ってることを全部口にしたら、吹っ切れたっていうのかしら)

千早(亜美と真美を見た瞬間、鳥肌が立った。今まさに、想像していた最悪のシナリオが目の前に存在してたから)

千早(だからつい怒鳴ってしまった。確かに少し大人げなかったかもしれないけれど)

千早(これを機に、私への復讐と称してプロデューサーのことを本格的に狙い始めるかもしれない)

千早(……絶対にさせない)

千早(本当なら、他のアイドルへの接触も、できるだけ避けたいけど……)

千早(とにかく目標は一つ。私はプロデューサーのために生きて行くの)

千早(それが、正しいことなの。そういう風に頑張って……もし)

千早(プロデューサーがいつまでも私を愛してくれるなら、例え生きたまま埋められようとも)

千早(私は、構わないですから)


千早(愛しています、プロデューサー)


493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:18:11.15 ID:yu/cCS85P

P「……落ち着いたか、千早」

千早「はい、すみません……」

P「……いつだったか、こうして落ち着かせたときがあったな」

千早「……そうですね」

P「あの時の顔とはまた、違った顔をしてる」

千早「そうですか?」

P「あぁ。でも、変わらず……俺の好きな、千早の顔だ」

千早「……はい」

P「それでこの後なんだが……流石に仕事に穴をあけるのはまずい、行ってくれるか?」

千早「……」

P「亜美と真美には、きつく言っておく。おふざけも大概にしておけとな」

千早「……それだけで、すむでしょうか」

P「あれなら千早も一言……っと、まああまりきつくないので頼む」

千早「……わかりました」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:24:04.69 ID:yu/cCS85P

P「……お待たせ」

亜美「……」

真美「……」

P「まあ、その。わかったと思うが、あまりふざけすぎないことだな」

亜美「……ごめんね、兄ちゃん、千早お姉ちゃん」

真美「真美たち、悪気があったわけじゃないんだ……ごめんなさい」

P「亜美と真美は、こう言ってるが」

千早「……」

亜美「千早お姉ちゃん……」

千早「もう、大丈夫ね?」

真美「……う、うん」

千早「そう、それなら大丈夫。そういう年頃だもの、わかるわ」

亜美「お、お姉ちゃん……」

千早「まあ私もちょっと大人げなかったから。ごめんなさい、亜美、真美」


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:29:32.76 ID:yu/cCS85P

真美「う、うん、こちらこそごめんなさい」

亜美「ごめんなさい……」

P「よしよし、仲直りもできたし。それじゃ千早、送るよ」

千早「あ、大丈夫です。それじゃ、亜美、真美、あなたたちも頑張ってね」

バタン

亜美「ふぁ……」ヘタッ

P「お、おい亜美?」

亜美「う、うえぇ……だって、だって怖かったんだもん……」

真美「真美も、千早お姉ちゃんのあんなとこ、初めてみた……」

P「……まあ、気が立ってたってことだろう」

亜美「……その、兄ちゃんのことについて言ったから、だよね?」

真美「……多分」

P「あ、いや……気にするな。そうそう、お前ら、日々そういうことしてるから罰が当たったと思えばいいんだよ」

亜美「罰どころじゃないよー……心臓止まるかと思ったんだから……」

真美「真美なんてちょっとちびりそうだった……先生でもあんな怖い人いないもん」


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:32:58.06 ID:yu/cCS85P

P「ま、これに懲りたら気をつけることだな……って俺の携帯は?」

亜美「……なーんて亜美があきらめると思った!」

真美「ふふっ、甘いよ兄ちゃん! 真美たちはね、やると言ったらとことんやる男だから!」

P「おいおい、喉元すぎればなんとやら……早速やけどしてもしらんぞ?」

亜美「大丈夫大丈夫~! えへへ、返して欲しかったら……」

真美「ん? どったの、亜美?」

亜美「……」










千早「 ・  ・ 」

亜美「……兄ちゃん、これ返す」

P「え? あ、うん」

亜美「……もう、帰るね」


503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:38:56.07 ID:yu/cCS85P

真美「え、亜美どしたのさ」

亜美「いいの……もう帰るの……やだよ、もう……」

真美「あ、待ってよ亜美!」

P「……あ、気をつけて……って帰るっつったか?」

P「……全く、なかなかに面倒をかける双子だこと」

P「あとは、千早が仕事をしてくれればいいんだが……」

P「……電話してみるか。でも、信用してないわけじゃないんだが……」

P「あの様子だと、仕事にいかずに……他のアイドルのところに行く、なんてことはないだろうけど」

P「……うん、確認だ。電話してみるとしよう」



千早「ここにいますよ、プロデューサー」

P「……千早」

千早「すみません、でもやっぱり……」

P「……頼む千早、こればっかりはさ」


505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:44:40.62 ID:yu/cCS85P

千早「違うんですプロデューサー……」

P「俺は正直お前とずっと一緒にいたいよ。でもな、仕事をちゃんとしないと難しくなるんだ」

P「それくらい、わかってくれると思ったんだけど……なぁ、千早?」

千早「違うんです……」

P「律子が認めてくれたんだ。俺たちのこと」

千早「……え?」

P「というよりは、目をつぶってくれたという方が正しいが、ただその条件として迷惑を欠けないこと」

P「責任を持って行動すること、そう約束したんだ。なのに……このままじゃ他の人にまで迷惑がさ」

千早「プロデューサーは」

P「……なんだ?」

千早「他の人の了解がないと、私とつきあえない、と……?」

P「違う、そういうことを言ってるんじゃない……」

千早「じゃあ、そんなのどうでもいいじゃないですか! こちらが迷惑をかけられてるわけでもない……」

千早「どっちにしたって、私たちが今こうやって会ってることが、難しいって時点で……条件なんて飲む意味がないんです」

P「それは違う、違うよ千早……俺はお前のためを思ってさ」


506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:46:31.30 ID:NgyU7vo+0

亜美トラウマもんだろこれ


507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:47:26.28 ID:5Micw/6L0

なんてスレを見つけてしまったんだ俺は


509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:48:32.67 ID:yu/cCS85P

千早「私のためなんていらないんです! 私は、私はプロデューサーのために!」

P「俺にためにしてくれることが、お前のためにもなるんだ!」

P「それは俺が望んでることなんだ! わからないか?」

千早「わかりません……私にはできることが限られてるから……」

千早「もっともっとプロデューサーに喜んでもらうためにはどうすればいいか……」

千早「今のこの状況をよりよく維持していくにはどうすればいいか、一生懸命考えてるんです!」

千早「なのに……どうして……」

P「俺は、千早に何かをしてくれと求めた覚えはない……」


千早「……うそ」

P「あ……い、いや、ち、違うんだ、今のは!」

千早「じゃあ……私は、なんのために、今まで過ごしてきたんですか?」

P「違う、今のは言葉の綾だ! 千早!」

千早「私は本当に、プロデューサーの中で役どまりだったんですね……」


513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:53:06.40 ID:yu/cCS85P

P「役なんてもんじゃない! 俺の人生にとってかけがえのないものだ!」

千早「じゃあどうして、私のことを受け入れてくれないんですか……」

千早「もう、私は私がわかりません……」

千早「いっそ、プロデューサーの好きに……してください……」

P「あぁ……千早……」

千早「役で、いいって思ってました。でも、心の底では”恋人”になれてたかなって」

千早「ずっと、ずっと思ってたのに。なのに、結局は他のアイドルと私は一緒の立場で」

P「違う……」

千早「結局は、双子でも律子でも、私でも、誰でもよかったんじゃないですか……」

P「違う!!」

千早「なら!!!」

P「……」

千早「私は、どうすれば……プロデューサー……」

P「……仕事に行って、欲しいが。今はもう、無理そうだ」

P「……一回、家に戻ろう。それから、考えよう、な?」


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 02:59:29.22 ID:yu/cCS85P

—
千早「……」

P「千早? 寝てる?」

P「よいしょ、と……ついたぞ?」

P「……起きない、か」

P「そりゃあれだけ神経すり減らすようなことしてたら、熟睡もするさ。お前の愛は、重すぎる……」

P「それでも嫌いになれない、いや。どんどん好きになる俺がいるからどうしようもないんだ」

P「……俺が思ってる以上にお前はいろんなことを考えてて」

P「……それを、俺が受け入れきれなかった」

P「このままだと、本当に終わりかもしれない、な……」

P「それがお互いに、最善の策なら、仕方がない」

P「……お前はまだ若いし、将来も有望なんだ」

P「こんなところで……埋もれたら、ダメだ……」

P「……」

—


516: ダッシュ化けた 2013/01/03(木) 03:04:16.56 ID:yu/cCS85P

千早「……」

千早「……プロデューサー」

千早「寝てるんですか?」

千早「それは、あれだけいろんな話をして、疲れたんでしょう」

千早「私、寝ながら夢を見てました。とても、とても悲しい夢を」

千早「私に堪え兼ねて、プロデューサーがいなくなってしまう夢です」

千早「……これって、予知夢って言うんですか?」

千早「そんなことになったら、私はどうなるんでしょうか」

千早「……知りたくなんてない。ただ、やるべきことがわかりました」

千早「……あなたを失ってはいけない、ということ」

千早「だから、こうするしかないんです」

千早「……そうしたら、もう少し、おやすみなさい」

---


520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 03:16:53.03 ID:yu/cCS85P

七日目

P「……ん」

P「……ん?」

P「なんだこれ……手、と足……」

P「……嘘、だよな」

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「千早……」

千早「……すみません、でもこうするしか思いつかなくて」

P「いや、千早……その、冗談にしてはなかなかいい線いってるとは思うんだが、流石にちょっとさ」

千早「……冗談に見えますか?」

P「見える、とかじゃなくて、仕事に行かなくちゃ行けないだろ?」

千早「いいんです、行かなくて。私も行きませんから」

P「お、おい千早……」

千早「とりあえず、朝ご飯の用意ができたので、食べさせてあげますね」

P「……頼む千早、話を聞いてくれ」


525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 03:38:16.03 ID:Dq70dCgF0

千早…いいぞ千早


530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 04:04:05.40 ID:qv/YkMON0

もう千早を取ってそれ以外を捨てるしかないのか…?


531: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/03(木) 04:05:37.32 ID:DEZlCLB30

世紀末救世主春香はまだか…


615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 14:54:53.84 ID:yu/cCS85P

千早「……」

P「なぁ俺が悪かった……だから、こんなこともうやめよう」

P「まだ、なんとかなる。千早だってこのままでいいなんて思ってないだろ?」

千早「……」

P「なあ……だったら」

千早「でも、このまま仕事を続けていたらお互いが離れてしまいます」

P「そんなことないって……な、千早」

千早「……」

P「俺がいかないとわかれば、それだけで警戒される。俺たちもこうして一緒にいづらくなるんだ」

P「それをわかってくれないのか?」


616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 14:57:21.25 ID:yu/cCS85P

千早「……わかります、でも」

P「でもじゃないんだ千早! いいからこの縄を解いてくれ!」

千早「プロデューサーは仕事と私、どっちが大事なんですか……」

P「どっちもに決まってるだろ! だから俺がこんなにも悩んで!!」

千早「……なら、縄を解くわけには行きません」

P「千早……なぁ千早!!」

千早「叫んだって無駄ですよ……ご近所の人と、最近仲良くなりまして」

千早「私のことや歌、知ってるって言ってくれて。きっと、ボイストレーニングをしてるんだとしか思われない」

P「千早……どうして……」

千早「プロデューサーの気持ちもわかります……でも、これしかないってこと、プロデューサーもわかってくれます」

千早「それまでしばらくお一人にします、また後でご飯食べさせに来ますね」

P「千早……」


618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 15:01:50.32 ID:yu/cCS85P

P「……」

P(これはいわゆる監禁、だよな……)

P(手足を縛られて、動けない……頑張れば跳んで動くか這えば移動はできるが……)

P(……少し千早を自由にしすぎた)

P(こうなる前に、もっと強く言っておくべきだったのに……)

P(いくらでもタイミングはあったじゃないか。それなのに……)

P(……ともかく今後悔したって仕方ない、最悪今日はごまかせたとして)

P(このまま万が一毎日こんな状態じゃ……警察沙汰になりかねない)

P(なんとか大事になる前に……できることなら自力で脱出したいが……やはり、縄は固い)

P(どんだけ俺は爆睡してたんだ……というか、千早にそんな知識があることに驚きだが)

P(……これも俺のため、なら千早にとってはなんてことないのかもしれないな)

P(……となれば、油断したところを狙うしかあるまい)


千早「……もう大丈夫ですかプロデューサー?」

P「あ、うん。確かに千早の言う通りかもしれない……でもさ」

P「この状態だと不便だし……せめて足だけでも縄を解いてくれないか?」


629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:08:21.42 ID:yu/cCS85P

千早「ふふっ……」

P「ど、どうかしたか?」

千早「もしかしてまだ冗談だとか思ってます?」

P「そ、そんなわけ……」

千早「私はこのまま生活していくつもりですよ、プロデューサーと」

P「な、なんで……って、ち、違う! そんなの無理に決まってるだろう!」

千早「そんなことはないです。今までプロデューサーの身の回りのことはたくさんこなしてきましたし」

P「そ、そうだ! トイレとかはどうするつもりだ! まさか……」

千早「えぇ、もちろんやったことなんてありませんけど、プロデューサーのためなら」

P「嘘だろ……」

千早「だから安心してください。しばらくはそのまま、縛ったままですみません」

千早「私はプロデューサーのためを思ってやってるんです。それに……」

千早「その状態じゃ……抱きしめてもらうことも、撫でてもらうこともできませんから」

千早「それじゃあまず、朝ご飯、食べますよね?」

P「……いらない」


632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:12:49.00 ID:yu/cCS85P

千早「……どうして?」

P「……」

千早「プロデューサー……食べないと」

P「まだ、平気だ……腹が減ってない」

千早「そうですか、それじゃ何をしますか?」

P「……いい」

千早「お風呂は、夜ですものね。なら、顔を拭きましょうか?」

P「いらないんだ……何も」

千早「それと、喉が渇いたら言ってください、一通りそろえて……」

P「いらないんだ!!!」

千早「……」

P「……しばらく、放っておいてくれ」

千早「……そういうわけには行きません。何のために私がプロデューサーのために」

prrrr

千早「すみません、出てきますね」


634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:21:24.21 ID:yu/cCS85P

P「……」

P(……ダメだ、どこかで見たような脱出もできやしない)

P(それこそ、油断した隙に千早に何かしようものなら、懐からスタンガンでも出てくる気さえする)

P(万事休すか……いや、でもまだだ……)

P(千早の希望通りに立ち回ることができれば……)


千早「……」

P「千早、電話誰からだ?」

千早「……どうぞ、持ってますから」

P「あ、ちょ、ちょっと……えっと、もしもし?」

律子「プロデューサー!!」

P「お、おわ……ちょ、いま耳、離せないんだよ、大声ださないでくれ……」

律子「は? 何言ってるんですか、というかどうして千早が出るんですか! 遅刻ですよ、遅刻!!」

P「あ、いやそれが……その、なんて言ったらいいか」

律子「今日何の日か知ってますよね? もうなんでもいいですから、早く来てください! それに千早もです!」

P「あ、う、うん……それが……って、お、おい千早?」


635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:28:35.53 ID:yu/cCS85P

千早「律子?」

律子「ちょっと千早? プロデューサーはどうしたの? あぁもう、あなたでもいいわ」

律子「早く来て! 今日はバラエティの収録だっていうのに亜美がこないわ、あずささんはいなくなるわ」

律子「とにかく、プロデューサーにそう伝えて! いいわね!」

千早「プロデューサーに、なんて言ったの?」

律子「え? 今そんなことどうだっていいじゃ……」

千早「良くないわ。ねぇ、何て言ったの?」

律子「な、何なのよもう……遅刻です、って言ったの。それだけ」

千早「遅刻も何も、もうプロデューサーは来ないから」

P「なっ!!」

律子「は、はぁ? ちょっとどういうこと千早!」

千早「そういうことなの」

律子「ち、千早、今あなたプロデューサーの家にいるのよね?」

千早「えぇ、そうよ」

律子「……わかった、もういいわ。それじゃ」


637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:35:17.31 ID:yu/cCS85P

千早「何、くるの?」

律子「……あなたが何か企んでるのはわかったわ、いえまさかとは思うけど」

千早「他のアイドルをほったらかしにして?」

律子「どちらにしたってこのままじゃ……」

千早「それなら、もしここまできてプロデューサーをつれていけなかったら?」

律子「な、何……」

千早「あなただって、プロデューサーと同じよね? 遅刻することに代わりはないもの」

律子「……千早貴方」

千早「大丈夫、プロデューサーは無事よ?」

千早「でも、わざわざここに仕事を放り出してここまでくるってことなら……」

千早「私と同じ気持ちだってみなすわ」

律子「そうやって屁理屈を並べたって……貴方がやっていることは、下手したら犯罪なのよ!」

千早「……犯罪」


639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:41:23.18 ID:yu/cCS85P

千早「私は、何も悪いことしてないのに……?」

律子「してるじゃない……皆のプロデューサーを、独り占めにして」

千早「皆、の……?」

律子「そうよ! 皆千早ほど愛情はないかもしれないけど! 皆プロデューサーの仲間、それくらいわかるでしょう!」

千早「……それは、律子の意見よね」

律子「私の意見も何も……もう、千早! お願い、どうしてそんな風に!」

千早「……来なさいよ」

律子「えっ……」

千早「……許さない」

律子「なっ……」

千早「許さない……プロデューサーは私の……私のことを思ってくれてるの」

千早「それを、皆のもの……? 律子……私は、許さないわ……許さない」

律子「ち、千早……」

千早「来なさい……貴方がこないなら、私が今からそっちに向かいましょうか……ねぇ、ねぇ!」

律子「い、いやっ……!」
ツーツー…


647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:48:01.24 ID:yu/cCS85P

千早「……」

P「ち、千早……」

千早「律子は」

P「……」

千早「律子は、プロデューサーを皆のものと言いました」

P「あ、そ、そうなの、か」

ガッ

P「なっ!?」

千早「プロデューサーは皆のものなんですか!?」

千早「私だけ……私だけ見てくれていたんじゃないんですか!!」

P「や、やめっ……千早、落ち着いて……」

千早「どうなんですか! プロデューサー!!」

千早「ねぇ、どうなの……どうなのよ! ねぇ!!!」

P「お、俺は……千早の、ものだ……千早しか、いない……から」

千早「はぁ、はぁ……」


648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:48:50.35 ID:gzc9bgog0

マジもんのヤンデレじゃまいか・・・


649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:54:03.61 ID:OnfEV2nQO

ヤンデレ論は色々あるから難しい


651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:54:52.66 ID:yu/cCS85P

P「千早……」

千早「……そう、ですよね」

P「あぁ……心配しなくていい、律子はほら、あぁいうやつだから……」

千早「……もう、その名前を口にしないでください」

P「あ、あぁ……」

P(……生きた心地がしなかった)

P(鬼気迫る表情で電話口に、まるで憎悪の塊を投げ込むような)

P(……電話を切ったあとの数秒の沈黙、息を殺していた)

P(まさか、このまま律子の元へ走っていくのではないだろうか……)

P(それとも、逆上して俺に襲いかかってくるのではないか……)

P(幸い、誰も傷つかずにすんだが……これは非常に危険だ、これから行動しないとも限らない)

P(今は落ち着いているが、こうなったらできるだけ刺激を与えないようにし)

P(……俺はせめても、自由を手にいれなければ。……万一にも逃げられそうにないが、せめても自己防衛だ)

P(……この千早は、元に戻るのか?)

P(俺には……わからない、わかりたく……ないのかもしれない)


653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:02:46.75 ID:yu/cCS85P

千早「もう、時間的に昼ご飯になってしまいましたね」

P「あ、いや大丈夫。ちょうどいいよ」

千早「おいしく作れているといいのですが……」

P「千早の料理だ、心配してないよ」

千早「そういってもらえると……それでは、その……口を」

P「あ、そうか……あ、あー」

千早「あーん……少し恥ずかしいですね」

P「ま、まあな。うん、おいしいよ」

千早「よかった……」

P(味なんてわからない……恥ずかしさも感じない……)

P(でも、思い返せば確かにおいしかったと思う、というかこの流れで恥ずかしがれる千早に驚く)

P(千早の中ではきっと、完成された空間なのだろう、手足を縛られ膝枕をされながら飯を食べる俺もパーツの一つ)

P(そして定期的に、俺に甘えてくる。それは今までと変わりない千早で……)

P(今何を考えているのか……俺のことか。でも、その次に何をするかわからないから恐ろしい……)


654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:12:34.36 ID:yu/cCS85P

P(正直流石の俺も愛情というものに関して、少し温度が下がった)

P(千早の性格のみに惚れたとするならばとっくに破局しているだろう)

P(だが俺は、千早の癖や、その表情一つ一つ、ある程度の月日を重ねて今に至ってる)

P(……言い方が悪いが、顔はそのままだし、根本から嫌いになるわけがない)

P(それでも、積もっていく非日常的な状況によるストレス、ほんのり残る千早への感情)

P(仕事の不安、他のアイドルの心配……そして何より、千早の今後を考えると……どうしても憂鬱になる)

P(だがそんなことでさえ現実逃避だ。今、俺は自由を奪われている)

P(このままでは千早が何らかで倒れ、万が一誰もこなければそれで終了)

P(……死ぬ気で努力すれば縄を解くこともできるだろうし、警察か身内がくるだろうが)

P(そんな現状観察をしていたって仕方がないわけで……今手元で寝息を立てている千早をどうするか)

P(相変わらずの寝顔を見て、愛おしさ、それと煩わしさ、忌々しさを感じた)


千早「……プロデューサー」

P(ふと気がついたら俺もまどろんでいたようで)

P(面倒だし、寝ていれば何をされることもない、と。狸寝入りを決め込んだ)


656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:22:43.96 ID:yu/cCS85P

千早「……すみません」

千早「私、迷惑かけてばかりですよね……」

千早「わかってるのに……プロデューサーに甘えてしまうんです」

千早「プロデューサーなら許してくれる……そう思って」

千早「考えようと思った2歩目には、もうプロデューサーのことしか考えてなくて」

千早「……なんど、この縄を解いてあげよう、って思ったか」

千早「でも、これは私に対する戒めでもあるんです。いつまでも甘えてちゃ、ダメだっていう」

千早「なのに……プロデューサーが恋しくてたまらない……」

千早「プロデューサーが、欲しい……プロデューサー」

千早「……私」


P(……千早?)

P(な、何を……抱きつくのは構わないが……)

P(……やめろ、それはやめるんだ千早)


662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:42:37.17 ID:yu/cCS85P

P(執拗に千早は俺の体に触れてくる)

P(その感覚にどうしても慣れなくて、何度か顔をしかめてしまったが)

P(千早はそれには気がついていないようで、変わらず俺の体を弄ぶ)

P(目を開けたところで抵抗できる訳でもない、俺はそのままじっと耐えた)

P(……しかし、千早はどんどんエスカレートしていき、軽い息づかいまで聞こえてくるような)

P(そして……千早の小さく、暖かい手が下に、下に……と、そこで、ふと、動きが止まった)

P(水でもかけられるんじゃないかと体をこわばらせていたが)

千早「……ダメ、ですよね」

千早「やっぱり私も、プロデューサーと繋がるときはプロデューサーからも求められたい」

千早「……きっと、その時がきますよね」

P(そう言い残し、千早の足音が徐々に遠のいていくと、急に寒気が襲ってきた)

P(……本来なら喜ぶところだが、今の千早は俺にとってまるで得体の知れない怪物で)

P(それに体を弄ばれ、危うく好き勝手にされてしまうところだったと思うと、身の毛がよだった)

P(その後、遠くから軋むような……よく聞けば自らを慰める声のようなものが聞こえた)

P(俺は必死に、それは違うと自分に言い聞かせ、それ自体聞こえないように……再び意識を落とした)


663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:45:28.99 ID:QdQJNk8G0

ヤンデレ似合いそうとか言っといて何言ってんだこいつ……


665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:52:29.57 ID:yu/cCS85P

---
P(目を覚ました、と思うが夢のような気もする)

P(とても不思議な感覚だ……記憶はしっかりしている)

P(……俺は1週間前にちょうど千早とこんな約束を交わした)

P「一週間俺の彼女になりきって、千早なりにヤンデレみたいな素振りを練習してみるんだ!」

P(千早は承諾してくれた、序盤は本当に”役”のまま。だが、徐々にそれを通してお互いの気持ちを知って)

P(本当に、恋人同士になってしまった。それなら、それでよかったのに)

P(……そうだ、これが確かに、俺の求めていたヤンデレ像かも知れない)

P(一途で、その人のことを思ったら何でもするような。そんなのが、千早に似合うと)

P(似合っているかどうかは正直わからないが、今の千早は確かに千早だ)

P(……どうしてこんなことになった)

P(ただの恋人同士のときも、それより前も……いや、今もそうだ)

P(なんだかんだ言って、結局千早に助けてもらってる。これだけ、愛してもらってるじゃないか)

P(なのに……千早、千早と自分の発言を棚に上げて……)

P(その上、その愛情すら邪魔だと……最低な人間だ、俺は)


666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:55:50.63 ID:ajohnwWV0

Pも順調に壊れてますな


667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:57:56.99 ID:iLNZY0apO

完全にPの自業自得じゃないですかー
だがちゃんとそれを認識できてるだけマシ……なのか?


668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 17:58:37.18 ID:yu/cCS85P

P(常識や周りのことにとらわれて、俺は何をした?)

P(何もしてないじゃないか……ただ千早の愛を受け入れるとだけ言って)

P(それに比べて千早は……病むほど俺のことを思い、何をすべきか考えて)

P(例えそれが歪んでいたとしても、俺はそれを受け入れるべきなのに……)

P(それができないなら、矯めなければ、その役目は俺にある。それもしないで……)

P(縛られて当然……いや、これが最善じゃないか。千早が怒るのも当然のことだ)

P(……それなら俺はこれから千早の為に何ができる?)

P(何をすることが千早への償いになるんだ……)

P(何がどうすれば、千早は元に戻る。だ)



P(千早をこんな風にしたのは……俺じゃないか----)

P「……ん」

千早「プロデューサー、おはようございます」

P「……おはよう、千早」


670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:04:40.38 ID:yu/cCS85P

P(さっきのは夢だったのか)

P(……それとも俺の心の天使か何かがお告げにきてくれたのか?)

P(なんでもいい……ただ、それでも弱い俺は最後に一つだけ)

P「……今、朝か?」

千早「そうですね、まだ暗いですが日付は変わったと思います」

P「……随分寝てたな」

千早「はい」

P「……千早」

千早「なんですか、プロデューサー?」

P「……1週間経った。恋人同士も、ヤンデレも、やめてもいい」

千早「……え?」

P「……あはは、ちょっとした冗談だ」

P(冗談だ、なんてあらかじめ用意してた逃げ道)

P(これが、演技だったら。なんてまだ思ってたんだ。本当に情けない)

P(でも、これでもう思い残すことはない)


675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:17:21.82 ID:yu/cCS85P

P「千早」

千早「なんですか?」

P「今まですまなかった」

千早「……いえ」

P「たくさん、たくさん迷惑をかけた。いろんなこと、考えさせちゃったな」

千早「……」

P「……正直謝っても足りないと思う」

千早「そんなこと……」

P「いや、いいんだ。俺、何も見えてなくて」

P「自分のことしか考えてなくて……千早のこと、何も考えてあげてなかった……」

千早「プロデューサー……」

P「……正直、縛られてどうしようかと思った。一瞬千早を恨んだりもした」

P「でもそれはお門違いだって。仕事と千早……今の俺に選ぶ資格なんてないけど……」

P「だからこそ、選ばなきゃいけないんだろうなって……だから、言わせてくれ」

P「俺は、千早のことが好きだ」


676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:20:48.65 ID:yu/cCS85P

千早「プロデューサー……私も、私もです……好きです」

P「あぁ……」

千早「……縄を」

P「いや、まだだめだ……」

千早「えっ……?」

P「……少しでも自由になったら、また心が変わってしまうかもしれない」

千早「……」

P「だから、足はそのままでもいい。手だけ……もし千早が許してくれるなら」

P「……俺も、抱きしめてあげたい。撫でてあげたいか」

千早「……はい」

P(……手の縄が外されて、久しぶりに動かせる両腕)

P(うまく結ばれていたおかげか、それほどでもなかったが手は軽くうっ血し、麻痺して上手く動かせない)

P(それでも、やる気を出せば拳を作って思い切り千早の後頭部へ襲い掛かることだってできる)

P(……もちろんそんなことはしない。これは今までの分を埋めるための”両手”だ)

P(今までより長く千早と触れ合って、今までより強く抱きしめて)


677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:28:04.10 ID:yu/cCS85P

P「千早……」

千早「あぁ……プロデューサー……」

P「……ただ、足がこれじゃまだ生活には支障がある」

千早「はい、私に任せてください……任せて、もらえますか?」

P「もちろんだ、これからもよろしく頼む」

P(それは心から思ったことで)

P(その日はほとんどずっと、お互いに何も食べずに抱きしめ合っていた)


P(別の日、急に電話が鳴り響き、つい千早が取ってしまい大変なことになった)

P(というのも、俺の携帯が遠いところに置いてあり、そのナンバーディスプレイを見た千早が激昂したのだ)

P(相手は、律子……それはもう、阿鼻叫喚で)

P(部屋の中を歩き回りながら、言い争ってる千早を、こちら側に来たのを見計らって両手で必死に取り押さえ)

P(律子へは俺から、もう行かないと伝えた。律子がなんて返事をしたか、覚えていない)

P(……それを見たとき、足が動けばと何度思ったか)

P(それでも、まだ俺は自分が逃げる可能性を疑わなかった)

P(これは償い、戒めだ。それなしでも千早を守らなければ)


679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:34:14.55 ID:gvprOZlBO

Pが病んでもうた


680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:36:26.91 ID:yu/cCS85P

P(来る日も来る日も、千早と愛し合う日々)

P(それはお互いに安定を取り戻して)

P(ふとしたことで発狂する千早を見て、つい号泣したことがあった)

P(今じゃ、そんなこともなく、三食以外は常に寄り添っている状況で)

P(……気が付いたら、足の縄も必要ない生活が当たり前になっていた)

P(……が、ついにそのままいくというわけにもいかない)

P(テレビ的にもいよいよ噂になっていることを知った)


P「……流石に、もう厳しいか」

P(律子だけならまだしもだ、事務所全員……もしくは千早の親御さんに突っ込まれたらタダでは済まない)

千早「私たちは、どうなるんでしょう……」

P「……」

P(どうするもこうするも、ここに居たままでは結果は見えている。テレビでも俺と千早の名前はしっかりと出ているし)

P(きっとスポーツ誌ではプロデューサー、アイドルと禁断の恋!まさかの駆け落ちか!? とか騒がれてるに違いない……)

P(……駆け落ち?)

P「……そうだ」


681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:37:53.66 ID:PA8p19Za0

Pの目から光が消えた


682: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:47:38.25 ID:PYesfRQ20

千早可愛いよ


683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:48:25.03 ID:yu/cCS85P

千早「どうかしましたか?」

P「千早、俺と駆け落ちする気は有るか?」

千早「……」

P「……こんな俺だから、今のお前を幸せにするにはこれしかないと思うんだ」

P「ここにいたら、またお前と離れての生活になってしまう」

P「ならそうだな……どこか遠くの村、いや外国に行って千早の歌を聞いてもらいながら暮らそう」

P「もちろん俺も、控えめながら働く……どうかな」

千早「……プロデューサー」

P「千早……」

千早「……私で、いいんですか?」

P「お前じゃなきゃダメだ」

千早「……ふふっ、信じられません」

P「……俺もだ。今までで十分幸せだった。でも、だからこそこれからも幸せに暮らせたらって思うんだ」

千早「私も全く同じ気持ちです……」

P「本当か? 本当に、いいのか?」


685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:53:47.09 ID:yu/cCS85P

千早「断る理由が……見つかりません」

P「……わかった。それじゃ、準備しよう、どこがいい?」

千早「私はどこでもいいですよ、でもどうせならできるだけ遠いところ……」

P「うん、そうだな」



P(このご時世に駆け落ち。なんて思われるかもしれないがこのご時世だからだ)

P(名前もそれなりにあっという間に変えられる時代)

P(千早とは、もう結婚もできる)

P(……振り返ると、すこしだけ寂しさ、名残惜しさを感じる)

P(アイドルの皆、名前だって覚えてる)

P(ごめん。そんな風に謝ることすら躊躇われるくらい、勝手なことをしてるのはわかってる)

P(でも、不思議と罪悪感はなかった。これからのことが、楽しみすぎて仕方がなかった)

P(知り合いの誰とも、挨拶を交わさず俺たちは静かにその町を後にした)

――


686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 18:59:07.37 ID:yu/cCS85P

P「……昨日だったかな、後悔してた。でも今は違う」

P「人生ってのは不思議なもんだ。似合いそうだ、なんて言っただけでこんなにも生活が変わる」

P「遊園地で遊んでた時はこんなことになるなんて夢にも想ってなかった」

P「……この町では千早の名前を知る人間はいない」

P「居たとしても、風貌が変わってしまってる今、それを千早だと断定できるのは俺くらいだろう」


P「……足にはまだ、昨日ほどいたばかりの縄の跡が微かに残っている」

P「できることなら二人が同じ部屋で過ごしていた証として、残しておきたいくらいだけどな」

P「……さて、千早はどこに行ったかな」


千早「……プロデューサー」

P「おっと、噂をすれば」

千早「また独り言ですか?」

P「うん、ここからの景色を見てると人恋しくなってな」

千早「私を呼んでくれればいいんですよ」

P「まあ、独り言は一人でしゃべるからいい、っていうのもさ」


688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:06:38.96 ID:yu/cCS85P

千早「あら、でもそれで話すことが減るのも嫌ですよ?」

P「千早と話すことはいくらでもあるさ。ところでさ」

千早「なんですか?」

P「俺、もうプロデューサーじゃないけど、どうする? 名前で呼ぶか?」

千早「……私は、プロデューサーという呼び方で定着しちゃいましたからそれでもいいんですけど」

P「まあ別に、俺も嫌いな呼び名じゃないからいいけどさ」

千早「……それなら、こういうのはどうですか?」


千早「愛してますよ、貴方」

P「俺もだよ、千早」

――


690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:11:00.84 ID:yu/cCS85P

P(一人がいい、なんてこと、例えばなしや冗談でもちょっと前の千早なら疑い、喧嘩になってただろう)

P(でも今この自由な環境で悠々と暮らせているからか、千早の”ヤンデレ”は比較的おとなしい)

P(近所の人から話しかけられ、ちょっと話が弾むと千早の目線が怖くなるが、まあそれくらいの制御はできる)


P(きっと俺たちはこの町で結婚をして、子供を作って、産んで)

P(そのまま楽しく幸せに暮らしていけると思う)

P(千早がこれからどうなるか、俺には想像もつかないし俺自身わからない)

P(また起きたら縛られてるかも……なんていうのは流石に勘弁だが)

P(それでも俺は思うんだ、これくらいでも”ヤンデレ”だし、それが一番千早らしいって。結果論でちょっとズルい気もするけど)

P(千早は近所で歌を歌ってる。たまに教会で歌ったりもしてるみたいだ)

P(俺は小さな工場で、のんびりと働きながら酒をあおって、歌い終わった千早が遊びに来たりして)

P(そんな生活、幸せすぎて怖いけど、紛れもなく幸せなんだろうって)

P(もちろん千早と過ごすのも楽しみだが、余裕ができた俺はまた別の楽しみが最近できたんだ)


P「千早にはヤンデレが似合う、そして”ヤンデレ”というものがどういったものか、職場の人間にノロケと共に語り合うのが今の楽しみだ」




693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:14:40.38 ID:yu/cCS85P

長くてグダリつつあったからできるだけ爽やかに終わりたかったの
事務所は今頃死屍累々だろうけど犠牲はヤンデレにつきものというか

乗っ取り即興連日かかったのに書き切れたのは保守のおかげ
改めて感謝 読んでくれた人ありがとう


696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:21:03.24 ID:6lXd+1nD0

乙よく頑張った


698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:25:05.65 ID:K21f6dDI0

素晴らしい完走だった
千早や他のキャラでもよく書いてるの?


706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:39:18.44 ID:yu/cCS85P

>>698
千早は滅多に書かないな


707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:41:07.22 ID:K21f6dDI0

>>706
他にどんなの書いてるの?
過去のアーカイブ読んでみたい
もしよければタイトルなど


714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:56:49.19 ID:yu/cCS85P

>>707
一つ晒すとわかっちゃうしな
末尾で探してくれ


699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:27:19.16 ID:OnfEV2nQO

おつ


704: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/03(木) 19:35:00.36 ID:iRMIcG5B0

素晴らしい
完結して良かったぜ


709: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:44:37.26 ID:P+NHKhDH0

よかった!乙です


712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:50:34.93 ID:oSrRLC0+0



713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 19:53:44.85 ID:psOHUjUZ0



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。