スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「自分、プロデューサーを殺したくない」 

カテゴリ:クロス(~×~とかです)SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:03:22.05 ID:o76u3j190

※ヤンデレなし
※関連SSあるけど、知ってる必要ない。ひっそり投稿させてくれるだけで嬉しい


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:03:59.23 ID:o76u3j190

 
やよい「あ、おはようございまーすプロデューサー!」

P「ああ、おはよう。こんな所で会うなんてどこに行くんだ?」

やよい「レッスンれう!」

P「そうかそうか。頑張ってこいよ」

やよい「はーい! プロデューサーはどこへ向かってるんですかー」

P「俺か? 俺は営業だよ。うちの事務所から、やっと千早と春香だけがデビューできたけど。それ以外は貴音のデビューが決まっただけだからな」

やよい「私のデビューはいつ頃になりますか?」

P「そうだなー。とりあえず、今はレッスンを重ねて欲しいんだが……」

やよい「うぅ……今月の給食費が……」

P「うっ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:05:52.95 ID:o76u3j190

 
P「できる限り早くデビューできるようにするからな!」

やよい「そう言って貰えるとすっごく嬉しいかなーって!」

P「すまん、今はまだ……な?」

やよい「はーい、レッスン頑張りまーす!」

P「やよいはもう少しダンスを鍛えれば大丈夫だからな」

やよい「ダンスは苦手です……」

P「ううーん。どうしたものか……」

やよい「でも大丈夫です! もやしを食べればパワーは付くし!」

P「もやしか」

やよい「もやしです!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:09:40.07 ID:o76u3j190

 
P「さぁ、行ってこい。元気いっぱいにな!」

やよい「でもでも、今日ははりきっちゃってまだ時間があるんですー」

??「見つけたぞ!」

P「ん……?」

??「お前、765プロのプロデューサーだな!?」

P「そうだが、えっと……君は?」

響「自分は961プロのアイドル、我那覇だぞ。候補生だけど……。そっちにいる貴音の親友さー」

P「えっと……961プロ……?。ってあれ、やよいは?……逃げたか?」

響「おぉい! 自分の話しを聞いているのか!?」

P「ん、ああごめんね」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:13:56.18 ID:o76u3j190

 
響「自分、知ってるんだぞ! お前が、貴音も美希も誘惑したんだろ! だから二人は961プロから765プロへ移籍したんだよね!?」

P「おいおい、それは違うよ。まぁ、貴音は……いいか」

響「なんだか含みがある言い方だぞ……。それに、美希までもそっちに行くなんておかしいさー!」

P「そうだな。よく考えればどうして美希がうちに来たんだろう……」

響「え、お前が誘惑したんじゃないのか?」

P「いいや。なんか知らんけど、社長がいつの間にか連れてきた」

響「じゃあその社長ってのが原因なのか!?」

P「まさか。あの社長が女性を誘惑するような人じゃないし」

響「そうなの?」

P「ああそうだ。これは言い切れる」

響「ふーん」


9: >>7ありがとう 2013/01/10(木) 00:16:03.00 ID:o76u3j190

 
響「でも、そんなの関係なしでもお前なんか大嫌い!」

P「なんだよ、えらい嫌われようだな俺」

響「貴音を誘惑した変態プロデューサーだからな。それに……」

P「いや、だから誘惑なんて。それになんだ?」

響「自分知ってるぞ……お前が貴音に……」

P「ん、どうした?」

響「なんでもない! とにかく、自分はお前を絶対に許さないからね!」

P「んー、困ったなこれは……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:20:58.91 ID:o76u3j190

 
P「それはそうと、君……どうしたんだその左腕」

響「べ、別にお前なんかが気にする必要ないさ!」

P「いや、でも、腕が包帯でぐるぐる巻きじゃないか」

響「……ふんだ」

P「言いたくないならいいんだけど……」

響「じゃあ言わない!」

P「そうか、すまんな」

響「……」

P「おいおい、そんなに睨まないでくれよ。あまりそういうの、慣れてないんだよ……」

響「じゃあもっと睨みつけてやる!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:25:57.21 ID:o76u3j190

 
P「なぁ……、それはそうと、俺、もう行っていいか?」

響「そ、そんなこと言って逃げようったってそうは許さないさー!」

P「いやいや、営業なんだ。うちのアイドルに関係するんだ」

響「そ、それが自分と何の関係が……」

P「うーん。君には関係ないけど……うちの女の子のデビューが遅れたりするかもな」

響「……それは困ったぞ。自分、他人を困らせたくない」

P「そうだよな。それに今日は忙しいし……」

響「そ、そんなになのか?」

P「ああ。午後には電車で貴音を迎えに行かなくちゃ」

響「……貴音」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:30:08.07 ID:o76u3j190

 
P「どうした?」

響「貴音は、もうデビューしたの?」

P「ああそうだ。今日がそのデビューになる番組の収録だけど、どうして?」

響「そっか、そうなんだ……」

P「貴音の事が気になるのか?」

響「な、なんくるないさー! とにかく、貴音と美希は961プロに連れて帰るからね!?」

P「えっとそれは」

響「じゃあ今日はこのくらいで勘弁してやる。じゃあね!」

P「あ、おーい……行っちゃった……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:35:20.20 ID:o76u3j190

 
やよい「すごい人でしたねー」

P「おお。お前どこに居たんだ?」

やよい「さっきの人、なんだか怖かったです」

P「あ、ああ……そうだな。ってだからお前は」

やよい「お金が落ちてたので、拾いに行ってましたー!」

P「俺よりお金が大切かよ!」

やよい「えへへ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:41:01.54 ID:o76u3j190

 
P「……うん、まぁいいや」

やよい「ところでプロロデューサー」

P「おい、ロが一つ多い」

やよい「うっうー! 噛みました!」

P「違う、わざとだ」

やよい「噛みまみた!」

P「わざとじゃない!?」

やよい「じゃあ行ってきまーす!」

P「おう、行ってらっしゃい」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:45:06.41 ID:o76u3j190

――――――

P「さてさて、営業も終わったし」

P「一度事務所に戻るか」


――――――



P「ただいま戻りました」

春香「あ、お帰りなさい!」

美希「お帰りなさいなのー」

P「おお、春香に美希か」

春香「えへへ、実はもうすぐ試験で、事務所で勉強してましたー!」

美希「ミキは春香に勉強を教えてもらってたの」

P「そうなのか。いいな、そういうの」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:50:09.41 ID:o76u3j190

 
春香「でも、美希ってばさっきからずっと眠たそうにしてて」

P「おいおい」

美希「……あふぅ」

P「あ、そうだ美希。一つ聞きたいことがあるんだけど」

美希「なぁにプロデューサー?」

P「ああ、実はな」

春香「お菓子食べますか? クッキー焼いてきたんですよ私!」

P「ん、おお本当か? 美味しいそうじゃないか!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 00:55:45.09 ID:o76u3j190

 
美希「それで、なにが聞きたいの?」

P「ああ。その、我那覇響って言ってたかな。知ってるか?」

春香「あー、またスカウトですか!? それとも新しいアイドル候補生ですか!?」

P「お、落ち着け!」

春香「えっと、ごめんなさい……えへへ」

P「もう。で、どうなんだ美希」

美希「……知ってるよー? 響のことでしょ?」

P「ああ、知っていたか」

美希「懐かしいの」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:00:32.22 ID:o76u3j190

 
美希「それで、響がどうかしたの?」

P「えっと、実は今日会ったんだよ」

美希「そうなの? 響、元気にしてた?」

P「ああ、すごく元気にしてたよ。やよいが怖がるくらいに」

春香「え、どうしてそこでやよいが出てくるんですか?」

P「そのときやよいといっしょに居たんだよ」

春香「そうだったんですか!」

美希「あふぅ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:05:24.72 ID:o76u3j190

 
P「それで、今日その我那覇さんにすごく絡まれたんだけど」

美希「なんて?」

P「どうもさ、俺が貴音を誘惑したとかなんとか……」

美希「あー……」

P「それにすごく怒ってた」

美希「うん。だって響、貴音のことすごく好きだったの」

P「好きだったんだ」

美希「別にレズって訳じゃないよ?」

P「分かってるよそんなこと!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:10:09.83 ID:o76u3j190

 
P「アイドルの移籍なんてよくある事だろ? それなのに、どうしてあんなに怒ってたのかなと思って」

美希「それはやっぱり……」

P「やっぱり?」

美希「貴音の移籍で、ミキたちのアイドルデビューが無くなったからじゃないかな?」

P「デビューが無くなった? それはどうして?」

美希「それはね、ミキたちあるユニットを組んでたの」

P「ユニット?」

美希「うん。プロジェクトフェアリーって言うの」

P「ほう」

美希「あとちょっとでデビューだったんだよ?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:15:08.24 ID:o76u3j190

 
美希「でも、突然貴音が事務所を辞めちゃったせいでユニットは解散しちゃった」

P「ああ、なるほど……それでデビューが破棄になったのか」

春香「だけど、それってどうして」

美希「貴音は辞めた理由を最後まで教えてくれなかったの。でも、貴音は必死だった。ミキたちも辞めようって誘われたくらいだったの」

春香「プロデューサーさんはどうしてか知ってますか?」

P「……いいや、知らない」

美希「貴音は本当に秘密だらけなの」

春香「そっか」

P「……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:20:15.88 ID:o76u3j190

 
美希「響も必死だったの。あんなに喧嘩した二人は初めてだったかな」

P「そんなに凄かったのか」

美希「うん……。でも、貴音はとうとう辞めちゃったの」

P「そんな事が……」

美希「それから、ミキたち、何にも出来ないままだったの」

P「どういうことだ?」

美希「言葉の通りだよ。アイドルデビューどころか、レッスンすらまともに受けさせて貰えなかったの」

P「……」

美希「だからミキ、こっちに来たんだよ。あっちじゃ、アイドルデビューが怪しかったから」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:25:06.24 ID:o76u3j190

 
P「それで、美希は移籍を決めたのか」

美希「ううん。候補生のときに、公園でぼーっとしてたら高木社長にスカウトされただけ」

P「え?」

美希「そのまま付いてきちゃった!」

P「お、おいおい……」

春香「じゃあ書類上だと……」

美希「書類? なにそれ?」

P「……はぁ」

春香「ええ!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:30:08.41 ID:o76u3j190

 
P「あとさ美希、我那覇さんは腕を怪我していたみたいなんだが」

美希「え? ミキ、それ知らないの」

P「そっか」

美希「酷そうだった?」

P「えっと、腕にこう、こんな感じで包帯が」

美希「……うん、思ったよりも酷くなさそうなの」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:35:05.90 ID:o76u3j190

 
P「お、もうこんな時間か。そろそろ行かなくちゃ」

春香「どこに行くんですか?」

P「ああ。今日は貴音の番組収録だったんだよ。迎えに付く頃はすっかり夜だし、危ないと思って」

春香「あ、そういえば今日でしたね! 新人アイドルの番組でしたっけ?」

P「そうそう。とりあえず、そろそろ収録も終わりだし、迎えに行かないとな」

美希「行ってらっしゃいなの、プロデューサー」

春香「行ってらっしゃい、プロデューサーさん!」

P「ああ。お前らもそろそろ帰れよー」



―――

P「うちも移動用の車、欲しいなー……。電車移動も疲れる」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:40:34.63 ID:o76u3j190

  
カンカンカンカン


P「さて、もうすぐ電車が来る……」


トン



P「え?」





人が落ちたぞ!





P「あ……」

  


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:45:31.77 ID:o76u3j190

 
貴音「貴女様!!」

P「え、何でお前が……」






P「おおー、上手く下の隙間に逃げ込めたな」

貴音「はぁはぁ……。な、なにを呑気な……」

P「すまない」

貴音「……はぁはぁ、し、心臓が止まるかと……はぁはぁ……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:50:06.21 ID:o76u3j190

 
P「どうしてお前がここに? 現場で待っていろって」

貴音「何やら嫌な胸騒ぎがしたので」

P「それだけでここまで来たのか?」

貴音「貴方様は電車で来ると仰っていましたので、こちらからも出迎えに行こうと思いました」

P「そうだったのか。おかげで助かったよ」

貴音「いえ」

P「ところで、俺の顔を胸に押し付けないでくれないかな」

貴音「今は身動きができません。しばらく耐えてくださいまし」

P「なんと!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 01:55:44.54 ID:o76u3j190

 
―――




貴音「……もう、すっかり夜中ですね」

P「そうだな」

貴音「貴方様が線路へと落ちなければ、こんな事には」

P「すまない貴音」

貴音「……疲れていらしたのですか?」

P「いや、そんなんじゃないんだけどな」

貴音「それでは何故」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:00:02.25 ID:o76u3j190

 
P「なんか、まぁ……ふらーっと?」

貴音「やはり疲れていただけではありませんか!」

P「すまんすまん。だからそんなに怒らないでくれ」

貴音「怒りもします! も、もし貴方様に何かあればわたくしは……」

P「大丈夫だよ、お前らをトップアイドルにしないで死ねるか」

貴音「しかし」

P「そうだ! 今からラーメンでも食いに行くか?」

貴音「それはなんと、まぁ、なんと! 宜しいのですか!?」

P「ああいいよ! じゃあ、行こうか」

貴音「はい!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:05:23.09 ID:o76u3j190

 
P「そうだ。なぁ貴音、我那覇響って知っているか?」

貴音「……今、なんと」

P「いや、だから我那覇響だけど」

貴音「プロデューサー、貴方様はどこでその名を……。まだデビューしていなかったはず……」

P「あの貴音、どうしてそんな鋭い視線で睨みつけるんだ?」

貴音「どうしてデビュー前の彼女の名を」

P「いや、だからな? 会ったんだよ!」

貴音「どこで?」

P「今日の昼過ぎ! 事務所から少し歩いたところの歩道で!!」

貴音「何故?」

P「分からないけど向こうから接触してきた!」

貴音「……なるほど」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:10:26.58 ID:o76u3j190

 
P「な、なんでそんなに怖い顔をするんだよ」

貴音「……以前、わたくしが961プロに置き去りにした親友が居たと言ったことを覚えておられますか?」

P「ああ、そういえばそんな事を言っていたな」

貴音「その親友こそが、我那覇響なのです……」

P「移籍問題のときのアレだよな」

貴音「その通りでございます。美希はこちらへ移籍したので、もはや憂いはありませんでした。しかし、響は……」

P「まだ961プロに居るな」

貴音「貴方様! 響は、響は元気だったでしょうか!?」

P「腕に怪我をしていたな」

貴音「……なんと」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:13:42.27 ID:o76u3j190

 
貴音「それは酷そうでしたか?」

P「美希と同じことを聞くんだな。やっぱりお前たち三人は仲良しだったんだな」

貴音「……」

P「美希にも説明したんだけど、これくらいの範囲を包帯で巻いていたよ」

貴音「……それでも心配です」

P「そりゃあ友達だもんな」

貴音「はい、響は強がりで、あと……寂しがりやな部分もありますので、離れているだけで心配なのです」

P「そうなんだ。想像がつかないな」

貴音「はい。響は弱い自分を隠したがる傾向にありますので……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:14:32.66 ID:o76u3j190

 
P「(ふむ、これは絡まれた事は言わないほうが良いかな?)」

貴音「して、どうして響は貴方様に会いにきたのでしょう?」

P「ん、貴音はデビューしたのかって聞かれた。だから、したよ、と答えた」

貴音「……そうでしたか」

P「ああ」

貴音「……」

P「どうしたんだ?」

貴音「いえ、特には……」

P「気になるのか?」

貴音「それは……」

P「プロジェクトフェアリーの事とかも含めてか?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:15:04.68 ID:o76u3j190

 
貴音「っ!?」

P「美希から聞いたよ。デビューまであと少しだったんだよな」

貴音「はい。ですが……黒井社長はわたくしに枕営業を」

P「そうだったな。だから、961プロを辞めてうちに来た」

貴音「はい……」

P「……しかし分からないことがある」

貴音「何でしょう?」

P「どうしてデビュー寸前のアイドルを枕営業に送る必要があった? ましてや、961プロっていう大きな企業が」

貴音「それはやはり、わたくしどもがデビューしてからも売れるように」

P「最初から枕に送るものかな……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:15:48.50 ID:o76u3j190

 
貴音「……何か、別の目的、いえ理由があったとでも?」

P「……まぁ気のせいかな」

貴音「わたくしには何も言えません」

P「とりあえず、この話題は置いておこうか」

貴音「そうですね。わたくしにとっても良い思い出ではありませんので」

P「そうそう、もう一つ気になることが」

貴音「わたくしのことですか?」

P「ああ。どうして俺の呼び方を、貴方様、にしているんだ?」

貴音「ふふ、知りたいですか?」

P「教えてくれるなら」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:16:31.76 ID:o76u3j190

 
貴音「……それは」

P「うん、それは?」

貴音「とっぷしーくれっと、でございます」

P「ここまで引っ張って置きながらそれかよ……」

貴音「ええ。ですが、いつか打ち明けたいとも思っているのも本音ですよ」

P「そんなに重要なことなのかよ」

貴音「わたくしにとっては、とても重要です」

P「じゃあその日が来るまで待つのもいいかな」

貴音「お待ち頂けるのであれば」

P「気ままに待つよ」

貴音「ふふ、有難う御座います」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:17:58.50 ID:o76u3j190

 
―――
―――
―――




響「また会えたね」

P「会えて嬉しいよ」

響「それで、どうしてこんな所に来たんだ?」

P「貴音に聞いたよ。どこに行けば君と会えるかなって」

響「そうなのか。それで、多分言いたいことは分かってるつもりさー」

P「うん。あの時、電車が来るとき、俺の背中を押したのは君だったんだろ?」

響「よく分かったね」

P「ああ。人ごみに紛れていく君を見つけたからね。小さいから、人ごみに紛れるのも得意そうだ。それに、あのとき電車を利用するってことは君も知っていたはず」

響「……すごいぞ、探偵みたい……。あーあ、お前を押してすぐに去ったんだけどなー」

P「この程度で探偵はないぞ……。なぁ、本気で俺を殺そうとしたのか?」

響「……」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:19:44.36 ID:o76u3j190

 
響「……違う」

P「そっか。それなら良かった」

響「……」

P「あー。俺がどうして生きてるかっていうと、貴音に助けられたからなんだけどね」

響「貴音に?」

P「線路に落ちた俺を追いかけて、貴音まで落ちてきたんだ」

響「嘘!? 貴音は無事なの!?」

P「ああ。二人とも怪我はなかったよ」

響「ああ、よかったさー……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:21:46.61 ID:o76u3j190

 
P「でも、どうしてあんなマネを?」

響「……それは言えない」

P「言えないじゃ困る。だって、俺は君に殺されかけた」

響「ごめんなさい」

P「いや、責めている訳じゃないよ。でも、理由くらいは教えて欲しいかなって思ってさ」

響「いやだ、どうしても言いたくない」

P「……困ったなぁ」

響「……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:25:12.57 ID:o76u3j190

 
P「ところでその犬はペットなのか?」

響「ん? ああ、この子はイヌ美って言うんだ。自分の大事な家族だぞ!」

P「へぇ、大きい犬だね」

響「あと、ハムスター、蛇、しまリス、オウム、うさぎ、ねこに」

P「も、もういいよ! たくさん買ってるんだね!」

響「そうさー!……でも、あと数週間だけだけどね」

P「え?」

響「収入がないからね。家族を養えるわけがないぞ」

P「……」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:30:16.59 ID:o76u3j190

 
バウっ


P「うお、吼えた」

響「こらイヌ美!」

P「あれ、頭に小さな……」

響「それがハム蔵。ハムスターさー!」

P「可愛いな」

響「イヌ美は?」

P「えっと」

響「犬は苦手なのか?」

P「昔ちょっとな……」

響「へぇー……」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:35:17.74 ID:o76u3j190

 
響「よっしイヌ美、この人にじゃれてもいいぞ!」

P「ま、待て待て待て!! どうしてそんなことをするんだよ!!」

響「へ? だって自分、お前のこと嫌いだし」

P「お前お前って、俺にだって一応プロデューサーっていう呼称がだなー!」

響「じゃあイヌ美、ぷろでゅ」

P「そういう事じゃなくてっ!」

響「なんだよー。文句が多いぞー」

P「文句だって言いたくなる! あんまり大人を苛めないでくれ!!」

響「自分はもっと酷いことされたぞ、プロデューサーに」

P「なんだって?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:37:14.43 ID:o76u3j190

 
響「ふん、それは自分の胸に聞いてみるんだな」

P「いやいや。だって俺と君」

響「君じゃない。響だぞ」

P「えっと、響さんとは」

響「うがー!! さん付けは鳥肌が立つからやめろー!」

P「……ああもう、響とは会って間もないだろ。何ができるっていうんだ」

響「やっぱりそう呼ばれるのが一番だな」

P「……」

響「確かに、自分はプロデューサーに直接的には何もされてないかもしれないね」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:40:12.61 ID:o76u3j190

 
響「でも、間接的にはいっぱい嫌なことされたぞ」

P「どういう……」

響「プロジェクトフェアリー」

P「……」

響「よかった。その顔は知っている顔だね。フェアリーすら知らないって言ったら、本気でイヌ美をけしかけるところだったぞ」

P「そ、それはよかった」

響「それで、フェアリーのことはどこまで知ってるの?」

P「デビュー直前で解散したことくらいだな」

響「へー、そこまで知ってたのか。美希や貴音に聞いたんだ」

P「よくわかったな。その通りだ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:44:56.57 ID:o76u3j190

 
響「ねぇ、どうして貴音は961プロを辞めたんだ?」

P「それは……」

響「教えて欲しい。じゃないと、自分……プロデューサーを殺してしまうかもしれない」

P「……なに?」

響「これでも自我を保てている方なんだからね」

P「どういうことだ」

響「自分、プロデューサーが憎い。嫌いだし、やっぱりすごく憎い。それで、我を忘れそうになる」

P「……」

響「だからって人を殺していい理由にはならないってのは知ってるぞ。だから殺さない」

P「……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:49:38.43 ID:o76u3j190

  
響「ねぇ、教えて。どうして貴音は」

P「すまん。どうしても言えないんだ」

響「自分、プロデューサーを殺したくない」

P「なっ!?」

響「どうして。黒井社長だって悪い人じゃないのに……どうして貴音は765プロに行っちゃったんだ!?」

P「……いいや。……黒井社長は、悪人だ」

響「…………」

響「……いま、なんて言ったの?」

P「黒井社長は悪人だよ」

響「……そんなことを、プロデューサーが言うんだ」

P「……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:50:33.41 ID:o76u3j190

 
響「今日はもう帰って」

P「でもだな……」

響「帰って欲しい! お願い、帰って!!」

P「……そこまで言うんなら」

響「それと、ごめんなさい」

P「え」

響「多分、次に会ったらプロデューサーのこと、殺すかもしれないから」

P「……ああ」

響「じゃあね」

P「さようなら」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:55:43.27 ID:o76u3j190

 
―――
―――
―――


響「自分、プロデューサーを殺したくない」





P「はぁ……」

春香「どうしたんですか?」

P「ああ、春香か」

春香「はい! さっき仕事から帰ってきました!」

P「春香は元気いっぱいだな」

春香「それだけが取り得ですから、えへへ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 02:59:19.50 ID:o76u3j190

 
春香「それで、どうしてそんなにため息を?」

P「ああ。知らない間にある女の子に悪いことをしちゃってさ」

春香「それはダメじゃないですかプロデューサーさん!」

P「そうだよなー」

春香「そこはやっぱり誠意を込めて謝らないと!」

P「酷いことをされると判っててもか?」

春香「え、えっとそれはー」

P「……」

春香「でもやっぱり、女の子を傷付けちゃダメです!」

P「はは。春香ならそう言うと思ったよ」

春香「えへへ」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:03:02.20 ID:o76u3j190

 
春香「でも、そんなに酷いことされそうなんですか?」

P「ああ。多分、俺の人生で一番きついかもしれない」

春香「うええ!? そ、それじゃあどうするんですか!?」

P「でも、やっぱり謝らないとな。何か知らんけど、俺が悪いみたいだし」

春香「本当にプロデューサーさんはその女の子に悪い事してないんですか?」

P「記憶にないんだよ。政治家じゃないけどさ……」

春香「……もしかして、知らない間に傷付けたとか?」

P「そうだと思うんだ。間接的に酷いことをされたって言ってたし」

春香「じゃあ、その子の大切なものを傷付けたとか……」

P「大切なもの、を?」

春香「はい。私も、自分のことじゃなくて千早ちゃんを悪く言われたらすっごく怒っちゃうと思うんですよ!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:05:45.12 ID:o76u3j190

 
P「……なるほどな、少し判った気がしたよ」

春香「本当ですか!? それは良かったかも、えへへ」

P「ありがとう。春香のおかげだよ」

春香「えっと、あの、その……は、はい……」

P「さてと、俺も覚悟を決めるかなー」

春香「た、大変なんですねプロデューサーさん!」

P「大変だよ、まったくもう……」

美希「あ、プロデューサーいたの。はいこれ、さっき響から預かってきたよ」

P「おお美希! って、響がきてたのか?」

美希「あれ、呼び捨てになってるね。どうして?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:09:51.86 ID:o76u3j190

 
P「いや、深い理由はないよ? それで響は?」

美希「事務所の前で会ったの。なんだか深刻な顔をして、この手紙をプロデューサーに渡すように言われたよ?」

P「ありがとう」

春香「もしかして、ら、ラブレターとか!?」

P「そんな生易しいもんじゃないと思うけどな」

美希「ミキ、ちょっと寝るの……あふぅ」

P「さてと、俺は少し出かけてくるかな」

春香「ああもう美希!? もう夜なんだから帰るよ! それと、プロデューサーさんもどこか行くんですか?」

P「ん、ああ。お前らも早く帰るんだぞ。俺はちょっとな」

春香「美希ってばーー! あ、はいプロデューサーさんも気をつけて!」

P「ああ、そうするよ。あー、あとな」

春香「はい?」

P「例え俺がいなくてもトップアイドルになれるよう、頑張るんだぞ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:11:36.58 ID:IEH0iwfw0



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:33:41.71 ID:v4b3Er4X0

>>70
マイマイはあずささんで蛇は雪歩なイメージだけどな


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:14:19.97 ID:o76u3j190

―――
―――
―――



P「……指定された場所はここでいいのかな」

P「うお。いっぱい動物がいるな……わ、ワニ!?」

P「と、とりあえず襲ってこないみたいだし……あれ、犬とハムスターがいない」

P「……まぁいいか。さて、この部屋だな。あからさまに入って来いって感じだし」





P「やぁ」

響「…………」

P「レインコートなんて着て、どうしたんだ? 今日の夜空は晴れているぞ」


  


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:15:45.15 ID:o76u3j190

 


ガチャンっ


P「ドアが閉まった!?……そうか、さっきの動物たちの仕業か」

響「…………」

P「まじか……。まさかそんなにでかいナイフを用意してくるとは」

響「…………」

P「本気で、俺を殺すつもりなんだな」

響「…………」

P「なんか言ってくれよ。独り言みたいで寂しいじゃないか」

響「…………」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:19:39.65 ID:o76u3j190

 
P「……」


ガチャガチャ


P「ドアは開かない。内側からは開かない仕組みなのかな」

響「…………」

P「……でもな。俺だってそんな簡単に殺されてやるつもりはない。貴音には死なないって約束したから」

響「…………」

P「せめて、俺が何をしたのか教えてくれないか?」

響「…………」

P「そっか。教えてくれないんだね……」

響「…………っ!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:20:56.62 ID:o76u3j190

 
P「いきなりかっ! よ、容赦ないなー……かすったぞ!?」

響「……――っ!!」

P「うおう!? 丸腰の相手にここまでするか普通……」

響「……っ――!!」

P「つぅっ! 腕……大丈夫、浅い……」

響「……がぁっ!」

P「なっ……くっそ……。的のデカイ胴体ばかり狙いやがるっ」

響「……うがーっ!!」

P「くっ、うりゃあ!」

響「…………っ!?」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:21:48.12 ID:o76u3j190

 
P「はぁはぁ……は、ははっ。マウントポジションだ! 男相手に無理すんな」

響「――――っ!!」

P「とにかく落ち着け!」

響「……っ!」

P「なんだ!? つ、唾……おいおい……」

響「……ふーっふーっ」

P「女の子がそんなはしたないことをするんじゃない」

響「――っ!!」

P「っ!? しまった、腕が……。て、手首のスナップだけでナイフを投げるなんて……」

響「…………」

P「ちっ、これでまた振り出しかよ」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:22:26.95 ID:o76u3j190

 
P「でもどうするんだ? ナイフは俺の腕に刺さったままだぞ」

響「…………」

P「お、おいおい。どうして背中から予備のナイフが出てくるんだよ……」

響「…………っ!!」

P「だっから!! 危ないって!!」

響「――――っ!!」

P「このままじゃ……すまん、響!!」

響「……っ……っ!」

P「な、バックステップで避けられた……」

響「…………」

P「はぁはぁ……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:23:17.49 ID:o76u3j190

 
P「なんでそっちは息切れ一つないんだよ、卑怯だぞ……はぁはぁ」

響「…………!」

P「だから、何度もそんな同じ手を……」

響「…………!!」

P「……あ、しまっ!」




P「くっ……」

P「(しまった。後ろ向きにこけたとき、背中をぶつけた)」

響「…………」

P「(万事休すか)」

響「…………」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:24:19.61 ID:o76u3j190

 
P「(あー。血を出しすぎたかな……ぼーっとする」

響「…………」

P「(俺、殺されるんかな)」

響「…………」

P「……なんだ。殺さないのか?」

響「…………!」

P「…………」

響「…………」

P「そうだ、そのままナイフを振り下ろせば、俺は死ぬ」

響「…………」


バタン

貴音「貴方様!! 響!!」


  


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:26:16.43 ID:o76u3j190

 
P「た、たか……ね……?」

貴音「ああ、なんという……」

響「…………」

P「どうして、ここに……」

貴音「美希から聞きました、響から手紙を受け取ったと。だから、恐らく貴方様は響に会いに行ったのではないかと」

P「……うそだろ」

貴音「はい。あと、春香から貴方様の様子が少しおかしいとも聞きました。ですので、わたくしは」

響「…………」

貴音「……響」

P「……で、でも……どうしてここが?」

貴音「その前に、今すぐ救急車をお呼びします」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:27:13.71 ID:phHZOjZU0

だれかやよいのやつスレタイ教えて


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:30:21.04 ID:IEH0iwfw0

>>83
やよい「迷子になっちゃったかなーって」

とかだった希ガス


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:43:12.64 ID:vajnVTCp0

>>83
貴音「わたくしの体重は、5kgなのです」

やよい「話しかけないで欲しいかなーって」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:28:34.36 ID:o76u3j190

 
P「やめろ。問題沙汰になると……響の、アイドル生命が……」

貴音「ですが!」

P「やめて……くれっ!」

響「…………」

貴音「……はい」

P「そうか……。少し、響のこと、頼んだ」

貴音「……お任せくださいまし、貴方様」

響「…………」

貴音「…………」

響「…………」

貴音「何も、言わないのですね響……」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:29:22.17 ID:o76u3j190

 
貴音「お久しゅうございます、響。お元気そう……ではないですね。少しやつれましたか?」

響「…………」

貴音「そのようなレインコートの帽子を被らずに、素顔をお見せください」

響「…………」

貴音「怖がらずとも宜しいのです。わたくしは、貴女を憎んでなどいない」

響「…………っ」

貴音「……響。どうしてこんなことを」

響「……じ、自分は……そいつが、嫌いだから……っ」

貴音「それはどうして」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:31:43.65 ID:o76u3j190

 
響「だって! 自分たちのデビューを、プロジェクトフェアリーを潰したんだぞ!? 貴音は悔しくないのか!?」

貴音「それは違います。わたくしは、わたくしの意思で961プロから離れたのです」

響「そんなのおかしいぞ! あんなに、あんなに必死になってレッスンしたのに、だってっ……」

貴音「いいえ、真です」

響「じゃあなんでさ!」

貴音「……言えません」

響「くっ! やっぱりそこの男のせいで!」

貴音「それは違います!!」

響「……貴音?」

貴音「あなたは一体何を誤解しているのでしょう」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:32:55.26 ID:o76u3j190

 
響「だって自分、聞いたもん……貴音が、765プロで、嫌なこと……汚いことさせられてるって!」

貴音「それは一体どこで……」

響「貴音が居なくなったあと、黒井社長が会議室で……よく聴こえなかったけど、枕なんてさせるか、って……」

貴音「…………」

響「だから自分、貴音が765プロで汚いことさせられてるって思って……」

貴音「そのようなこと、させられてはおりませんよ」

響「じゃ、じゃあなんであんな話題が会議室でっ」

貴音「枕営業を促したのは、黒井社長自身なのです」

響「え」

貴音「まさかあなたがそこまで知っているとは思いませんでした」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:34:15.19 ID:o76u3j190

 
響「そんなの嘘だ」

貴音「事実です。わたくしは、黒井社長に枕営業を促された、故に961プロを去りました」

響「そ……んな……。嘘だ、絶対に嘘だ!! 黒井社長は優しいんだぞ!?」

貴音「わたくしには、むしろそれが信じられません。どうして響はそこまで黒井社長を」

響「…………」

貴音「教えてはくれないのですか?」

響「……わかった。見せてあげる……。でも、嫌いにならないでね」

貴音「響?」

響「……包帯、外すから」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:35:17.90 ID:o76u3j190

 
響「…………」

貴音「それは……」

P「なんて酷い……傷跡だ……」

貴音「それは火傷? いえ、それとも……」

響「火傷だぞ。……二人が去ったあと、むしゃくしゃして、家族のご飯を準備してたら……あはは」

貴音「なんと……」

響「狭い範囲だけど、酷いでしょ? こんなんじゃアイドルなんて無理さー」

貴音「…………」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:37:13.84 ID:o76u3j190

 
響「でもね、黒井社長は自分のこの腕を、綺麗に治してくれる約束をしてくれたさ。もう治療も始まってる」

貴音「まさか、あの黒井社長が……」

響「本当だぞ。黒井社長、口は確かによくないけど、自分のこと本気で心配してくれてた」

P「…………」

響「それなのに、そこのプロデューサーは黒井社長を悪く言った。許せなかった。貴音だけじゃなくて、黒井社長には悪口なんて言うから」

P「それは、すまなかった」

響「…………」

貴音「…………」

響「あーあ。念願のデビューはなくなるし、家族は養えないからさようならだし、勘違いで人を殺しそうになるし、あまつさえ恩人には泥を塗っちゃったぞ」

貴音「響……」

響「自分、もうアイドルなんて無理だな」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:38:11.38 ID:o76u3j190

 
貴音「そんなこと」

響「言い切れる? 無理だぞ……。そういえば自分、ここまで怒ったの初めてだったなぁ。我を忘れるって、初めてだったかもね」

貴音「でも、わたくしはっ!」

響「だから無理」

P「無理なんかじゃない!」

貴音「……貴方様?」

響「ど、どうしたんだ」

P「無理なんかじゃ……あっ……」

貴音「貴方様!!」

P「……た、高木……社長に電話を…………」

貴音「気を確かに!? 貴方様、貴方様っ!!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:38:52.03 ID:o76u3j190

―――
―――
―――

P「…………」

P「……知らない天井だ」

貴音「はぁ……。何を言っているのですか」

P「あ、貴音。ここは?」

貴音「病院です」

P「どこの?」

貴音「双海総合病院」

P「ああ、よかった。高木社長には電話してくれたんだね」

貴音「……一体、高木社長の人脈とはどれほどなのやら……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:40:23.67 ID:o76u3j190

 
P「それで、お前はどうしてここにいるんだ」

貴音「……知りませんっ」

美希「それは貴音がずぅーっとそばで見守ってたからなの」

貴音「み、美希!!」

P「美希じゃないか」

美希「起きたんだねプロデューサー。まる一日も寝るなんて、ミキでも無理なの」

P「そんなにか」

美希「春香もすっごく心配してたよ。ちゃんと連絡してあげてね」

P「ああ。……ありがとうな貴音」

貴音「……はい」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:40:53.81 ID:o76u3j190

 
美希「あ、お姉ちゃんから電話なの」

P「へぇ、姉がいるのか」

美希「とーっても仲良しなんだよ! お姉ちゃんとだけはね」

P「ん?」

美希「じゃあ電話してくるの! ちょっと時間掛かると思うのー」

貴音「はい、わかりました」

P「あ、ああ」

貴音「……ふふ、行ってしまいましたね」

P「ああ。あいつは元気いっぱだな」

貴音「……そう、ですね」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:41:24.80 ID:o76u3j190

 
P「ああ、そうだった。一つ聞きたいことがあったんだよ」

貴音「何でしょうか」

P「どうしてあの場所がわかったんだ?」

貴音「……ハム蔵とイヌ美に連れて行って貰いました」

P「ああ、なるほどな。貴音は知っていたのか、あの二匹」

貴音「ええ。何度か響の自宅に遊びにいった際に、ふふ」

P「そうか。親友だったもんな」

貴音「ええ。……へび香は苦手ですが」

P「ん、どうした?」

貴音「な、なんでもありません!」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:43:53.24 ID:o76u3j190

 
貴音「それに、わたくしがきちんと響たちに説明さえしていれば……初めからこのような事は……」

P「過ぎたことは仕方ないさ。次からはちゃんと信じてあげればいい」

貴音「……はい」

P「ああ」
 
貴音「……ところで貴方様。もう二度とあのような真似をなさらないでください」

P「大丈夫だよ、約束したろ。……おい、貴音?」

貴音「わたくしが、どれほど……心配したかっ……」

P「……泣いているのか?」

貴音「泣いてなどっ……す、少し風に当たってきます!」

P「……ああ。わかった」




P「ごめんな、貴音」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:44:56.88 ID:o76u3j190

 
ネーネーアミー、ナンデアノネエチャンナイテタンダロウネー
ソウダネマミー、ワカンナイー


P「……ん、子供の声?」

??「誰が子供さー」

P「おお、響!」

響「ちょ、ちょっと馴れ馴れしいぞ!」

P「えっと、そうかなー」

響「じ、自分、プロデューサーを殺しそうになった人物なんだぞ!?」

P「こらこら大声出さない、ここ病院だから」

響「あ……ごめんなさい」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:46:34.18 ID:o76u3j190

 
P「それで、今日はどうした? まさか……」

響「うがー! そんな身構えないで欲しいさー! た、単純にお見舞い……」

P「そっかそっか。ありがとう」

響「だからなんで……」

P「まぁ、こういう性格だから仕方ないよ」

響「なんか調子狂うぞ……」

P「まぁ気にするなよ。あれはもう世間では無かったことになってるんだから」

響「……それもありがと」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 03:51:20.22 ID:o76u3j190

 
P「ここの医院長がな、高木社長の知り合いなんだ。それで、黙って治療をしてくれたよ」

響「そうだよね。普通、警察沙汰になるから」

P「ま、この傷は俺が自分で勝手に付けたものってこと」

響「……うん」

P「それで、そっちはどうだ?」

響「え?」

P「ほら、961プロで何か起きてないか?」

響「……自分、961プロ辞めたんだ」

P「……え?」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 04:31:58.74 ID:o76u3j190

 
響「この事件のこと、黒井社長に話したんだ」

P「…………」

響「するとね黒井社長、全部話してくれたぞ。貴音の移籍も、枕営業のことも……」

P「…………」

響「あはは、すっごく恥ずかしいさー……。全部、自分の勘違いだったからね……」

P「……これからどうするんだ?」

響「黒井社長は辞めなくていいって言ってたけど、もうアイドルは諦める。それに、家族も手放すことにした」

P「そんな」

響「自分、自分のこと完璧だって思ってたんだけど、実際はそうじゃなかったさー」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 04:35:40.77 ID:o76u3j190

 
響「これからは、故郷の沖縄でひっそりと暮らそうと思ってる」

P「し、しかし」

貴音「なりません」

響「貴音?」

P「戻ったのか」

貴音「なりません、響……」

響「うわっ、急に抱きつくなんてびっくりしたぞ!」

貴音「……わたくしは、まだあなたを許してなどいません」

響「……うん」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 04:38:33.39 ID:o76u3j190

 
貴音「ですので、765プロにきなさい」

響「そ、それは可笑しいぞ貴音。自分、どれだけの迷惑を……」

貴音「あなたが必死だったのは知っています。わたくしのため、家族のため、黒井社長のため、そしてプロジェクトフェアリーのために」

響「……」

貴音「とはいえ、響が行ったことは許されぬこと。ですので、その分を765プロで償いなさい」

響「で、でもそんなのどうやって」

貴音「それは響が見つけるのです」

響「……」

貴音「そして、いずれはわたくしと共にユニットを組みましょう」

美希「えー。そのときは美希もいっしょだよ!」

貴音「美希、いつの間に……ふふ。そうですね、いずれは新生プロジェクトフェアリーを結成致しましょう」

響「……うんっ、自分、今度は間違えないようにするさー!!」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 04:41:26.44 ID:o76u3j190

 
―――
―――
―――



P「おーい、お茶」

響「うがーー!! 人使い粗すぎる!!」

P「おいおい。765プロの雑用係として自給あげてるだろー」

響「くそー!」

やよい「うっうー! 頑張りましょうー!」

響「うぅ、やよいだけが味方だぞー……」

貴音「響、かっぷらぁめんは……」

美希「響ー、ミキのお気に入りのクッションがないのー!」

春香「あ、私も手伝うからね!」

響「あーもう! 早くデビューしたいぞ……。そのときはプロデュースお願いするからなプロデューサー!」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 04:43:05.91 ID:o76u3j190

 
貴音「それはそうと、あなたを抱きしめたときのことなのですが」

響「なぁに?」

貴音「胸、小さくなりましたか?」

響「うがーー!!」




終わり


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/10(木) 04:43:51.77 ID:o76u3j190

関連SS
貴音「わたくしの体重は、5kgなのです」
やよい「話しかけないで欲しいかなーって」

響がレイニーデビルのせいでアイドルデビューできないとか個人的に嫌だと思った
だからレイニーデビル要素は可能な限り抜いた

あと、支援とさる避け、まじありがとうございました

こんな糞クロスSSな駄文読んでくれてありがとう


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS クロスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。