スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父「兄、いい加減妹と付き合ってあげなさい」 

カテゴリ:姉妹とか兄妹とか SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:08:12.95 ID:YJMK2AnS0

妹「もう! お父さんってば止めてよ」//

兄「???」

父「なんだその顔は。私の顔に何か付いているか?」

兄「そうじゃなくて!」

父「なんだ?」

兄「普通妹がブラコンだからってそれを薦めたりしないだろ!」

兄「なぁ母さんもほら」

母「妹ちゃんと付き合ってあげたら?」

兄「???」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:14:13.56 ID:YJMK2AnS0

妹「お兄ちゃん。お父さんも認めてるわけだし……その……」//

兄「断る!」

父「なんて事をいうんだ!!」ビンタ

兄「いってぇーー!! なにすんだよいきなり!」

父「折角妹が勇気を振り絞って想いを伝えたというのに! それをお前ぇえ!!」

母「野暮な男だこと。誰に似たんだか……」

兄「や、でも近親相姦とかいろいろマズイだろう?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:21:16.00 ID:YJMK2AnS0

父「そうだな。まぁそういう問題も確かにあるよ」

兄「っていうかそれが全てだろ!!」

父「でもな。父ちゃんは可愛い娘をわけの分からん人間に取られるほうが嫌だ!」

兄「いやいやお父さん……」

父「お前にお父さんなんて呼ばれる筋合いは」

兄「あるだろ! っつーかどっちなんだよ!……母さん!いい加減目を覚ましてよ」

母「そうね。兄妹だったら、結婚しなくても家族な訳だし、お金かかんなくていいわぁ」

兄「どんだけ節約頑張りたいんだよ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:26:58.24 ID:YJMK2AnS0

妹「お兄ちゃん……だめぇ?」

兄「ダメっていうか……」

父「なにが嫌なのか言ってみろよ」

兄「えー……だからその……このまま結婚したとするだろ?」

父母「……」ニヤニヤ

兄「なんだよその顔は」

父「父ちゃんは結婚しろなんて言ってないぞ! 付き合ってあげなさいとは言ったけど」

兄「してやったりな顔するなよ!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:33:17.69 ID:YJMK2AnS0

父「分かった分かった。そんでそんで?」

兄「だからその……子供とかできるだろ?」

父「え? 聞こえない?」

兄「子供とか出来るだろ!?」

父「……母さん。今の発言どう思う?」

母「我が息子ながら情けないわー」

兄「???」

父「いいか? 兄。子供っていうのは出来るんじゃないんだよ。作るもんなんだよ」

兄「はっ」

父「つまりなぁ? お前と妹がセックスするってことだよな?」

妹「もう! お父さんってば止めてよ!」//

兄「なにがしたいのこのひと」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:44:01.21 ID:YJMK2AnS0

兄「とにかく子供が生まれて奇形だったらどうすんだって話だよ!」

父「なにを言うんだ兄。それを理由にしたら東日本の人間は子供なんて作れないぞ?」

母「そうね。高齢出産や遺伝病を患ってる人間もそうよ」

父「それにな……男。私はお前らが愛しあった結果生まれた子供ならどんな状態であっても責任くらいもつ気だ」

母「そうよ。それくらいの覚悟をもって私達は貴方に話してるの」

兄「んなこといわれても……」

母「隠さないで、私は分かってるんだから。貴方がいつも隠れて妹のパ……

兄「うおおおおおおおおい!!!」

妹「そんなの私に言えばいつだって本体でしてあげたのに……」

父「じ、実は私も……」

妹「おめーの分の私ねぇから!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:51:58.39 ID:YJMK2AnS0

母「兄、いい加減素直になりなさい……」

兄「そ、そんなこと言われても……」

父「さっきも言ったろう? 責任は私達が取る。と」

母「子供達の一番幸せが親の使命なのよ?」

兄「……わかったよ」

父「そ、それじゃあ」

兄「でも、本当に万が一そうなったら責任取ってくれるのか? いや二人の問題なのに親に丸投げも無責任だけど」

母「心配しないで、兄」

兄「そんな蓄えあったのか?」

父「なーに、万が一奇形児が産まれても、父ちゃんが責任もって赤ちゃんポストに捨ててきてやるよ!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:58:01.66 ID:YJMK2AnS0

>>20
ヒント 放射脳 


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:56:51.67 ID:YJMK2AnS0

兄「そうだよな! 赤ちゃんポストさえあればOK過ぎるわな! いやーコレは一本取られた」

母「ホントよ。全く兄ってばそういうところ真面目なんだから!!」

父「母さん! 俺の考えた作戦は成功したな!!」

妹「これで私も、お兄ちゃんのお嫁さんになれるの!? ありがとうお父さん! 私幸せになるね!」

兄「ってふざけんなよおおおおおおおお!!!!!」

父「なに怒ってるんだよ?」

母「どうかしたの?」

妹「お兄ちゃん?」

兄「あ・か・ち・ゃ・んポストってなんだよ!!!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:07:44.36 ID:YJMK2AnS0

父「それが?」

母「???」

兄「それのどこが責任ある行動なのかな!?」

父「そんなこといわれてもなぁ……」

母「ねぇ? あんた達の時もそうだったし……」

兄「え? 俺達の時?」

父「そうそう。お前らが産まれる時もな利用したんだよ」

兄「……? まさか」

母「いつか話そう話そうとは思ってたんだけどね。あなた達には姉がいたのよ」

兄「しょ、衝撃の事実が発覚した……」

父「ふぇふぇふぇwww」

兄「おいラリッてんじゃねー!!」

妹「良かった……ライバル減って」

兄「ちょ、ちょっと待てよ? 俺は今、恐ろしいことに気付いてしまった」

兄「今までの流れからするとまさか父ちゃんと母ちゃんって兄妹?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:11:58.91 ID:YJMK2AnS0

父「いや、それはない」

兄「……はぁ。心臓に悪い」

母「姉弟ね」

兄「……あ、そっちね」

兄「……」

妹「私、お父さんとお母さんのこと改めて尊敬したよ!」

兄「まんまじゃねーか!! 近親相姦が忌避されるテンプレまんまじゃねーか!!」

父「まぁ嘘だ」

母「嘘よ」

兄「アレレ?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:16:33.99 ID:YJMK2AnS0

兄「あれ? じゃあ俺達に赤ちゃんポスト行きになった姉がいたって言うのは?」

母「それは本当」

父「まぁ健常者同士でも障害児ってのは産まれるからなー」

父「ってゆーかそうだったとしたら、まずお前らに交際なんて薦めないさ」

妹「もうお父さんとお母さんってば!!」

兄「それよりお父さんポストとかってないのかな……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:18:37.22 ID:YJMK2AnS0

誰も読んでないからやめまつ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:25:44.80 ID:YJMK2AnS0

父「で、どうなんだよ。はっきりしろよ!!」

母「そうよ。はっきりしなさい?」

兄「いやいや、待とうよ。何一つ問題が解決してないだろ?」

父「そうかなー?」

母「細かい男は女に嫌われるわよ。……それが例え母でも」

兄「地味に怖いこというなよ! 無為な愛を見せろよ!」

妹「お兄ちゃん、私はどんなお兄ちゃんでも嫌ったりしないから安心してね」

父「あーいい子だなー妹は」

母「ホントホント、それに比べてどっかの誰かときたら……ちょーキモい」

兄「……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:36:03.47 ID:YJMK2AnS0

父「てゆーかもうバレてるから、言えって!」

母「それにさっき告白したようなもんじゃない! 何が気に入らないのよ?」

兄「それは……」

父「まぁ分からないでもないさ、近親相姦が忌み嫌われる理由だったよな?」

母「赤ちゃんポストじゃダメなのね……?」

兄「……俺、姉に会ってみたいんだ」

妹「まさかお兄ちゃん、姉フェチだったの!?」

兄「無責任な親が捨てた姉を見にいって、自分で責任とれるか考えたい」

父「さっきも言った通り、近親相姦よりも危険な生殖はあるが問題のすり替えにしかならんか……」

母「そうね。行って来なさい。兄」

父「そうだな。いってこい。親になるのはどういう事なのか考えなさい」

兄「お前らは行かないの?? ってゆーか子供捨てた人間の台詞じゃないよね!?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:43:47.66 ID:YJMK2AnS0

兄(俺は今新幹線に乗って姉の住む街へ向かっている)

兄(捨てられた姉を自分の目で見届けたい……子供を作るということがどういうことなのか考えたい)

兄(考えすぎという意見もあるだろう? しかし、妹と付き合うということは半端な考えでは出来ない)

兄(未来を見据えなくてはならない。つまり結婚、出産)

兄「ここか……あの姉という人物がここにいると伺って訪ねたのですが……」

職員「姉さん? それなら奥の部屋にいますよ」

兄(姉さん、初めまして。弟です)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:52:08.31 ID:YJMK2AnS0

??「どちら様ですか?」

兄(……綺麗な人だなぁ。でも何だろう? 懐かしい気持ちになる……)

??「?」

兄「あっす、すいません。あの姉という人物に会いに来たのですが……」

??「姉、ですか?」

兄「はい。もしかしてあなたが姉さんですが?」

兄(片足が無かったって、母さんは言っていたけど……)

近藤「違います。私は近藤です」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:00:46.32 ID:YJMK2AnS0

近藤「姉さんはあっちですね。あっちの鼻くそをほっぺたにつけてる人」

兄(……なんで??って隠したの?)

兄「は、はい」

姉「初めまして、兄。貴方の姉です」

兄「……初めまして」

兄(近藤さんより綺麗だ……近藤さんほんとなんだったの?)

姉「大きく……っておかしいわね。初めて会ったのに」

兄「……すみません」

姉「なんで貴方が謝るの? 私貴方を恨んでなんていないわ」

兄「すみません」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:06:47.60 ID:YJMK2AnS0

姉「また謝った」

兄「あ、すみません。アレ? でも今のすみませんはすみませんって言ったことにすみませんっていったわけで……」

姉「面白い人ね」

兄「いえ……」

姉「でも不思議ね。初めて会ったのに懐かしい気分」

兄「……」

姉「少し散歩にいかない? 私義足だから、歩くの遅いけど」

兄「是非ご一緒させてください」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:13:52.41 ID:YJMK2AnS0

姉「……お父さんとお母さんは元気?」

弟「……!」

姉「どうしたの? 驚いた顔して」

兄「いえ、自分を捨てた人間に対してお父さんだなんて……」

姉「そうよねー」

兄「僕は正直、見損ないました。赤ちゃんポストに自分の子供を捨てるだなんて」

姉「そんな事いってたの? それは間違いよ」

兄「え?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:23:20.40 ID:YJMK2AnS0

姉「―っていうわけよ」

兄「そうですか確かに―が―って状態なら―するしかないですよね……」

姉「そうよ。少しは見直した?」

兄「―では仕方ないですからね……でも隠す必要なんてなかったのに」

姉「でもね。―し終わったら私、貴方達と一緒に暮らせるのよ?」

兄「えっ!?」

姉「そうそう。私には妹もいるんでしょう? 早く会いたいわ」

兄「……それが妹は兄と結婚しようとするくらい重度なブラコンで……」

姉「なんですって!! 弟は姉のモノって決まっているのよ!?」

兄「そうなんですよね……ってはぁああああ!?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:27:17.35 ID:YJMK2AnS0

姉「こうしちゃ居られないわ!! 兄!さっさと支度して!」

兄「えっ? 姉さん?」

姉「妹に宣戦布告しなくちゃいけないわ!」

兄「それより―は?」

姉「もう、そんなの後回しよ。あ、その前に……」

     CHU!!

兄「今……き、キスを」

姉「しちゃったわね!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:31:09.12 ID:YJMK2AnS0

こうして兄は、姉と妹と近親婚かつ重婚をして、3人で暮らすことになった。
僕は世の中に近親相姦ブームが来ればいいなぁ。
オナニー捗るなぁでも俺童貞じゃないんだよなぁと思いました。

            完


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:40:45.41 ID:YJMK2AnS0

妹「ねえお兄ちゃん!! 早く起きて!」

兄「なんだよー夏休みなんだから、寝かせてくれよ……」

妹「今日はデートしてくれるって約束したじゃん!」

兄(忘れていた……)

兄「あの……明日にしないか?今日はほらあっついし」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:42:01.15 ID:YJMK2AnS0

妹「え? そんなことないよ?」

兄「ん?そういえば」

兄「ってまだ5時じゃねーか!!なんでこんな時間に起こしたんだよ」

妹「いいじゃん!早くいこ!今日はねー海行きたいな!」

兄(大体デートの取り付けだって半ば無理矢理だったよな)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:43:32.98 ID:YJMK2AnS0

兄「海は嫌だ!!臭いし、汚い」

妹「えーじゃあ、TDLがいいな!!いっぱい写真撮ろうね!お兄ちゃん!」

兄「お前は高校生のお財布事情ってものが全く分かっていない」

妹「んーじゃあ!ホテルがいい!!」

兄「予算オーバーだっていってんだろ!!」

兄「いいか!今日のデートはお家デートだ!」

兄「まず、最初に朝シャンして、テレビ見て、そうめん茹でて……」

兄「甲子園見ながら宿題して、水風呂入って、3時のおやつにはところてんだ!」

兄「これが今日のデートプランだ! わかったか妹よ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:44:22.73 ID:YJMK2AnS0

妹「わかった♪」

兄(あれ?意外とあっさり納得してくれたぞ?ま…いっか)

兄「というわけで俺は2度寝します」

妹「私も一緒に寝るー!」

兄「ってばか!布団に入ってくるな!!」

妹「だって、今日はデートなんだよー?私はおにいちゃんの恋人なんだよー♪」

兄「…全く」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 06:46:53.06 ID:YJMK2AnS0

            完


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:兄妹SS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。