スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「響はダンスやってるからな」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:27:33.58 ID:x37FDfvP0

P「今日の営業もおわったなー」

真「でも、事務所の近くでお仕事って変な感じですよね」

P「あー、いままで割と遠くだったもんな」

響「でもそのお陰で歩いて移動できてよかったぞ!」

P「確かに、それはあるな」

千早「あら?」

P「どうした」

千早「プロデューサー……、あんな所に水溜りが」

真「あ、ホントだ。それに凄く大きい……」

P「…………まいったな。このままいったら泥が跳ねる」

響「自分、これくらいなら飛び越えられるかも?」

千早「まさか……、いくらなんでも」

響「せーの、……えいっ」 ヒョイッ

真「と、飛び越えた!?」

P「響はダンスやってるからな」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:33:03.78 ID:2XtURdJO0

完璧だな


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:33:09.71 ID:MGVG16Eg0

まあダンスやってればな


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:35:33.34 ID:x37FDfvP0

P「ただいまー、営業おわりましたぁ、っと」

小鳥「おかえりなさい。……あら、どうしたんですか?ズボンが……」

P「あー、帰り道に水溜りがありまして響はそれを飛び越えられたんですけどね」

小鳥「プロデューサーさんはムリだった、と?」

P「真たちもムリだったんですけどね」

小鳥「……プロデューサーもムリだったんですよね?」

P「………ま、負けたとかおもってませんから」 プルプル


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:40:59.61 ID:x37FDfvP0

P「……で、皆は何を?」

小鳥「そ、それが……」

春香「くぬぬぬぬぬぬぬぬっ!」

P「春香。アイドルがしちゃいけない顔になってるぞ。まるで鬼瓦か羅刹だ」

春香「プ、プロデューサーさん!?」

P「何やってんだよ」

春香「それがこのジャムのビンが空かなくて……」

P「なんでまた急にジャムのビンを?」

春香「食べるために決まってるじゃないですか」

P「おぉう……、まさかそういう返しでくるとは」

春香「ホント、蓋が堅くて…。くぬぬぬぬぬぬぬぬっ!」

律子「春香、もう諦めなさい……、かれこれ一時間はやってるわよ?」

P「一時間って。そんなもん。こう、蓋を熱すれば……」

P(いや、律子がいるんだ。とっくに試してるか)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:47:06.77 ID:x37FDfvP0

P「……しょうがない、せっかくの男手だ。俺がやってやろう」

春香「あ、じゃあお願いしてもいいですか?」

P「まかせろ!……はああああああっ!」

P「……?」

P「ぐぬぬぬぬぬっ!」

P「……おーけぇ、わんもあ」

P「ふぅぅうんんぬうううぁあああ!」

P「……Jesus fucking christ!」

P「もういい、真。頼んだ」

真「ええっ!?……プロデューサーでもムリなのにボクにできるわけ……」 ググッ

真「うーん、ちょっと手ごたえはあるような……?でも、やっぱりダメですよ」

響「じゃあ、次は自分がやってみるぞー」

響「……よ、いっしょ……」 パカッ

響「あ、空いた」

P「…ひ、響はダンスやってるからな」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:52:42.87 ID:x37FDfvP0

P「はーぁ……」

響「プロデューサー……?」

P「なんでもない、なんでもないんだ……」

小鳥「プロデューサーさんは今、男のプライドに傷がついてしまったのよ……」

律子「……いや、流石にたまたま緩んでただけなんじゃ?」

P「……そ、そうですよねえ!」

春香「わ、いきなり元気になった」

真「……プロデューサーって割と単純なのかな」

千早「……割と、なのかしら?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:57:13.47 ID:x37FDfvP0

P「あ、そろそろオヤツにしないか?」

春香「あ、いいですね」

小鳥「じゃあ、ジャムはどうしましょう?」

P「……クラッカーとかあったらつければいいけど。春香、どうやって食べる気だったんだ?」

春香「うーん。……てへっ」

P「おい!」

春香「だって、その。ちょっとどういう味かなー、と開けようと思ったら……」

P「あかなかったわけ、か」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:01:48.47 ID:x37FDfvP0

P「で、肝心のオヤツだけど。確かここに小鳥さんのが……」

小鳥「ピヨッ!?最近お菓子の減りが早いなーって思ってたら……!」

P「お、チョコバットじゃないか……、これでいいや。いっぱいあるし」

小鳥「プロデューサーさん、そんな殺生な……!」

P「じゃあ、くばりまーす」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:08:46.98 ID:x37FDfvP0

P「それにしても懐かしいな、これ当たりつきなんだよなー」

P「……アウト。春香は?」

春香「私もアウトでした……」

律子「私も、ダメだったわ」

小鳥「……アウトです」

真「…あ、ボクヒットだ……」

P「何ぃ!?」

響「うわっ!自分、ホームランだぞ!」

P「え…………」

P「……響はダンスやってるからなー」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:22:56.89 ID:x37FDfvP0

P「でも、こういうので当たるの初めてみたかもしれない」

響「え、そう?」

春香「私も、小さいときはよくこういうお菓子かったけど、あまり当たらなかったなあ」

P「……いやー、いいもん見させてもらった」

響「お、大げさだなー」

小鳥「そういえば、こういう場合。辺りはどうすればいいんでしょうね」

P「と、いいますと」

小鳥「スーパーで買ったんですよね、これ」

P「あー、スーパーだと確かに交換しに行き辛いですもんね」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:33:33.98 ID:x37FDfvP0

P「……ふう、オヤツも終わったことだし」

春香「ん、何かするんですか?」

P「いや、明日の準備でも」

小鳥「毎日大変ですねえ」

P「なんで他人事っ!?」

千早「早くトップアイドルになってプロデューサーの負担を減らしたいわね」

真「仕事増えちゃって、逆に負担になっちゃうかも……?」

響「うーん、難しい問題だなぁ」

P「いいって、これでも充実してっから」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:40:16.28 ID:x37FDfvP0

P「よし、終わった……」

小鳥「お疲れさまです、プロデューサーさん」

P「いやあ、今日は早く終わってよかったですよ」

春香「プロデューサーさん、トランプしません?」

P「お、いいね!小鳥さんはどうですか?」

小鳥「私は……、さすがに仕事しないと」

P「えー、律子は?」

律子「私も。まだやらなくちゃいけないことがあるので」

P「じゃあ、俺たちだけでやろうか……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:51:49.61 ID:x37FDfvP0

P「トランプ、トランプっと……」

春香「ここにありますよー」

千早「あら、新品なの?」

真「よく切らないと、偏っちゃうね……」

P「じゃあ、シャッフルせにゃならんな」

響「じゃあ、自分が切るぞー」  チャッチャッチャッチャ バラララララッ

P「おいおい。リフルシャッフルは止めとけ。カードを痛めるぜ」

響「えっ、そうなの?」

P「ちなみに、ショットガンシャッフルは間違いだ」

千早「で、何のゲームをしましょうか?」

P「無難にポーカーあたりで」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:55:58.71 ID:x37FDfvP0

P「……」

P(何の役もできてない)

P(っていうか、奇麗にバラけてるな……、シャッフルうますぎやしない?)

P(響はダンスやってるからな……)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:07:02.85 ID:x37FDfvP0

P「とりあえず、全部チェンジ」

春香「私は、3枚で」

千早「私は全部ね」

真「ぼ、ボクはこのままで!」

響「自分は一枚……かな」

P(真は役ができてるな、それもそれなりに強いのが)

P(春香はワンペアか?千早もだめだったようだ、響は賭けにでもでたか?)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:19:13.25 ID:x37FDfvP0

P「……じゃ、いくぞ。……ワンペア」

春香「やった、プロデューサーさんには勝った!スリーカード!」

千早「くっ、ツーペア」

真「やりぃ!ストレート!」

P「なにっ!?……くそっ!」

真「流石にこれはボクの勝ちだよね?」

P「くぅ~、……響、お前は?」

響「ま、まだ一枚めくってないぞー」

P「はよせんかいっ!……どれどれ、スペードの10に、…スペードの……えっ」

春香「これって……」

真「もし、スペードのエースがきたら……」

千早「ロイヤルストレートフラッシュ……」

P「(まさか、そんなわけが……)よし、じゃ、めくるぞ」 ペラッ

P「……」

P「響はダンスやってるからな」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:22:35.88 ID:x37FDfvP0

P「くそっ!もういっかいだ!」

春香「プロデューサー、何回やっても響ちゃんの1位ですよ!」

千早「そしてなぜか真が二位なのね」

P「なんでだよ、ダンスってそんなに偉大かぁ!?」

響「まあ。自分、完璧だし」

P「……ギャーギャー言ってたら腹へったぞ」

千早「……いつのまにかこんな時間ですね」

響「じゃあ、自分がみんなに夕食ご馳走するぞー!」

P「えっ、まじ!?」

響「うんっ!」

P「うひゃっほーいっ!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:27:37.29 ID:x37FDfvP0

響「ただいまー!今日はみんなを連れてきたぞー!」

ハム蔵「ヂュ!」

響「ハム蔵、いい子にしてた?」

ハム蔵「ヂュイ!」

響「よしよし、えらいぞー」

ハム蔵「ヂュ」

春香「ハム蔵とナチュラルに会話してる……」

ハム蔵「ヂュイ!!」

P「えっ、なんて?」

真「……えっと、絆がどうとか」

響「自分とハム蔵には深~~~~い絆があるから、対話できて当然さー」

千早「絆……」

P「まあ、響はダンスやってるからな」

春香「ダンスで片付けた!?絆でいいじゃないですか!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:38:51.37 ID:x37FDfvP0

響「さ、特製チャンプルーが出来たぞー」

P「わ、うまそっ」

春香「いただきまーすっ」

P「……んぐんぐ、もぐ、はふはふっ、へふぉ、……うまい」

真「うん、美味しいよ響!」

千早「さすがね、響」

響「いやー、自分完璧だし」

P「響はダンスやってるからな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:48:20.33 ID:x37FDfvP0

千早「それじゃ、私達はそろそろ……」

真「そうだね、響、ごちそうさま!」

春香「それじゃ、響ちゃん。また明日!」

響「うん、また明日ー」

響「さて……」

響「今日はいろいろあったから、プロデューサーも疲れちゃったんだな」

P「Zzz……」

響「……」

響「……じ、自分も寝よう」

P「……Zzz」

響「……」  ギュッ

P「う゛~~~~~ん」

響「!?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:53:42.00 ID:x37FDfvP0

チュンチュン……

P「ふーぁーあー、よく寝た」

響「すぅ、すぅ……」

P「……げっ、響の家に泊まってしまったのか」

P「まずいな、バレたら大事だ」

P「しかし、……寝顔かわいいな」

P「まあ、響はダンスやってるからな」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 23:59:37.99 ID:x37FDfvP0

P「……ちょっとくらい、チューしても怒られないよな?」

P「そーっと、そっーっと」

P「……そっと」

P「んっ~~~……」

響「……ほぇ」

P「えっ」

響「えっ」

P「……やあ、おはよう?」

響「…う」

響「うぎゃーーーーーっ!!!!?」  バチンッ

P「すびばべんっ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:03:10.76 ID:2ONg3hRf0

響「はぁはぁ、び、びっくりした……」

P「いやはや、なんとお詫びしたらいいか」

響「ね、寝てる女の子にチューしちゃだめさー!」

P「返す言葉もないです」

響「もう、どうせなら起きてるときに……」

P(怒ってる響もかわいいなあ……)

P(響はダンスやってるからな……)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:07:10.84 ID:x37FDfvP0

P「さて、じゃあそろそろいこうか」

響「あっ、待ってよプロデューサー!」

P「はやくしないと遅刻するぞー」

響「待って、……よし、準備できたぞー」

P「何やってたんだ?」

響「はいっ、プロデューサーのお弁当」

P「えっ、いいの?」

響「うんっ!」

P「いやあ、助かるよ!響は気が利くいいこだな~」 なでなで

響「えへへ……」

P「響はダンスやってるからなー」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:13:44.72 ID:2ONg3hRf0

P「おはよーございまーす」

響「はいさーい!」

真「あ、プロデューサー、……」

P「ん、どうした?うかないかおして」

千早「プロデューサー、知らないんですか?」

P「何が?」

春香「プロデューサーさん、隕石ですよ、隕石!」

P「はあ?」

千早「巨大隕石が、地球にむかってきてるそうなんです」

P「うそだろ、おい」

小鳥「それが、本当なんです。ニュースでずっとやってますよ?」

P(ありゃ、朝はニュースみなかったからなあ)

響「プ、プロデューサー……」

P(あー、これはまずい)

P(だが、なんくるないさー!)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:16:22.67 ID:2ONg3hRf0

P「響。おまえ、隕石をぶっ壊す……まではいかなくても軌道をかえられるか?」

春香「えっ!?」

真「ちょっと、流石にそれはムチャなんじゃ……」

千早「そうですよ、プロデューサー!」

P「……どうだ、響?」

響「自分、完璧だけど……さすがに」

P「……大丈夫、お前ならできる!だって」

P「響はダンスやってるからな!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:22:48.78 ID:2ONg3hRf0

響「……うん、自分やってみるぞ!」

P「よしきた!」

千早「でも、どうやって宇宙空間まで?」

P「そこはぬかりない。響ならひとっとびさ」

千早「ですが、着地は?」

P「そ、それは……」

伊織「話はきかせてもらったわよ」

P「お前は、伊織!?」

伊織「安心しなさい、落下位置の予測さえできれば、あんたが受け止めるでしょう?」

伊織「予測の方は、NASAを買収しておいたわ」

P「伊織、おまえってやつは!さすがだぜ!」

伊織「にひひっ♪」

春香(そんなお金がどこに……)

真(むちゃくちゃやるなー)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:26:16.45 ID:2ONg3hRf0

響「……」

P「響、いけそうか?」

響「うんっ、大丈夫だぞー」

P「よし、いけっ!」

響「………はぁッ!」  ピョーーーーーーーーーーーーーーーーンッ

P「おー、飛んでった飛んでった」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:28:41.80 ID:2ONg3hRf0

響(うっ、空気がッ……)

響(それに、さむっ)

響(!!)


ドドドドドドド


響(あれが隕石……よーし、早く終わらせてみんなのところにかえるぞー!)


ドドドドドドド


響(……えーいっ!)   バキッ


バコォオオオン  グググググッ  ガクンッ


響(やった!向きがかわった!)

響(プロデューサー、自分、やったぞーーーーー!)   ヒューーーーーンッ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:34:23.06 ID:2ONg3hRf0

P「……ここが落下位置か」

千早「……!プロデューサー、上!」

P「…あれは、響だ!」

響「プロデューサアアアアアアアアアアア!」  ゴゴゴゴゴオオオオオオ!

P「響イイイイイイイイイイイイイ!!」  ガシイッ!

千早「……よかった、ちゃんと戻ってこれたのね」

春香「……ねえ、大気圏ぶっちぎってきたはずなのにまったく燃えた様子ないんだけど」

真「それに、プロデューサーもナチュラルに受け止めたよね」

千早「はっ!そんなことより、隕石は!?」

伊織「……安心しなさい、予定通り軌道修正は成功よ」

春香「よ、よかった……一時はどうなるかと」

真「ほんとにね……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:37:34.05 ID:2ONg3hRf0

P「やったな、響!おまえ、世界を救ったんだぞ!」

響「えへへー。だって、プロデューサーが自分を信じてくれたからさー」

P「よーし!今日はこれから祝賀会だぁ!皆いくぞお!」

伊織「あ、ちょっと待ちなさい!」

千早「でも、本当に……」

真「どうしてこんな事ができたんだろう?」

春香「……まあ、たぶん」

P「決まってるだろ、響はダンスやってるからな」



終わり


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:38:49.84 ID:T/xixoy00

ダンスって凄い


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:40:44.31 ID:hn7vsF9Z0

ちょっとダンス始めてくる


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:42:38.28 ID:2ONg3hRf0

おまけ


P「……というプロモーションビデオでどうだろう」

律子「いや、いいわけないじゃないですか」

P「大丈夫だって、絶対これで新規アイドル獲得まちがいないって!」

律子「こんなのに釣られるわけが」

P「……わからないだろ?やってみなきゃ」

律子「それはそうですけど。……じゃあ、一応。これをウチのPVとして」

P「うん、お願いするな」

─────

数日後


冬馬「おい、お前ら!ダンスレッスンやるぞ!」

北斗・翔太「え?」



おわり。


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 00:43:46.00 ID:2ONg3hRf0

つーわけで、終わりです。
見てくれた人はありがとうございます。おまけは本編と切り離してくれてもかまわんです。
おやすみなさいませ。


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 我那覇響

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。