スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「違う、そういう時期だけどそうじゃないんだ」 

カテゴリ:モバマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:10:59.45 ID:6EkVLXgy0

P「……」

       ぽひぽひぽひぽひ

P「……」

           もぞもぞ
                   ごそごそ

P「……仁奈」

仁奈「なんでやがりましょーか」

P「無理やり俺の背中に上るのはやめなさい。危ないから」

仁奈「駄目ですか?」

P「遊ぶのは書類の整理が終わったらな、ほら、降りて」

仁奈「はーい」

               ごそごそ

                        ぽふっ

仁奈「えへへへ~♪」

P「……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:17:00.20 ID:6EkVLXgy0

P「……」

          trrrrrr  trrrrrr

                     pi!

雫{はぁーい、雫ですー!}

P「あ、もしもし、雫か? 俺だ」

雫{あ、プロデューサーさん、こんばんわ! どうかなさいましたかー?}

P「いや、実は最近仁奈の様子がおかしくてな」

雫{仁奈ちゃんですか?}

P「ああ、なんか……冬に入ってからかな、俺の背中に上りたがるようになってるんだ」

雫{おんぶですかぁー? 楽しそうですねー!!}

P「おんぶ……なのかな? 座ってる時にさ、こう、俺の方に寄ってきて、背中にしがみつくんだよ。
  やめなさいって言ったらすぐに降りて、そのあとぽふぽふ頭を当ててくるし」

雫{へぇー、仲がいいんですねぇ}

P「仲がいい……のかどうか分からないんだけど、冬過ぎからそういう行動が妙に増えてな。
   こういうのの知識が豊富な雫なら、何か知ってるのかなぁって思ってさ」

雫{んー、少し詳しく聞かせてもらってもいいですかぁ?}


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:22:33.76 ID:6EkVLXgy0

―――

P「ってなカンジで……」

雫{あのー、プロデューサー、少し質問なんですけどー}

P「ん、どうした?」

雫{仁奈ちゃんのキグルミ、今、羊さんですよねぇ? ツノ、ついてましたっけー?}

P「ツノ? えーっと……仁奈、ちょっとこっち向いて」

仁奈「なんでやがりますかー?」

P「あー、ついてるな。立派なのが二つ」

雫{だったら、もしかしたらナジングとマウンティングかもしれませんねぇ!}

P「ナジング……マウンティング?」

雫{えっとー、なんて言うんでしょうねぇ……繁殖期の羊さんによく見られる行動でですねぇ}

P「……成程、つまり、仁奈は今繁殖期なのか」

雫{たぶん、ですけど……ほら、羊さんも繁殖期は冬ですしー!! あ、でも、もし本当にそうだとしたら、ちょっと厄介ですよー}

P「厄介、って、何が厄介なんだ? そんなに迷惑は被ってないが……」

雫{いえいえ、それがナジングとマウンティングならですねぇ、たぶん仁奈ちゃん、自分の事オスだと思ってますからー}


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:30:32.68 ID:6EkVLXgy0

P「……は?」

雫{そもそも羊さんはですねぇ、オスの方から積極的にアプローチを行う生き物なんですよー。
   ナジングも、マウンティングも、オスが行う繁殖へのアプローチで……}

P「待て、待て……雫、仁奈って女だよな?」

雫{女の子ですねぇ。でもぉー、キグルミはもしかしたら、オスかも知れませんし!}

P「……そうなのか?」

雫{羊さんはですね、ツノが確実に生えてるのはオスだけなんですよ!! メスの方は生えてたり生えてなかったりで}

P「……で、仁奈は『オスの羊のキグルミを着てるから、オスの羊の気持ちになりきってる』と」

雫{おそらくそうです! もし本当にそうだったら大変ですよ、プロデューサー!! なんとかしないと!}

P「えっと……問題あるのか?」

雫{体の性の不一致と、心の性の不一致は難しい問題に発展しちゃいますからねぇー!」

P「……マジで?」

雫{私は牛さんたちが専門ですから、はっきり『そうだ』とは言えませんけどね}

P「……へぇー、そうなのか」

雫{んーと、とりあえず羊さんの繁殖期の行動メモ送りますねー! 当てはまったら要注意ですよー!! なんとかしてあげてください!}

P「ああ、分かった」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:37:00.91 ID:6EkVLXgy0

―――

P「……」

仁奈「えへへ、プロデューサー! もうちょっとじっとしててくだせー!!」

          よじよじ

P(背中に乗る行為、これがマウンティング……)

P「満足したか?」

仁奈「もうちょっとここに居てーです!!」

P「ダメだ、はい、降りて」

仁奈「……プロデューサーはケチでやがりますね。じゃあ、仁奈、ここでいいです」

              ぽふっ     ぽふっ

P(小突くように体を当ててくる……これがナジング)

仁奈「えへへ、プロデューサー♪」

P(顔は若干赤みを帯びていて……あ、ヤバい、これもしかしたら本当に本当かも)

P(雫の話が本当なら、このまま放置しておくと仁奈の健やかな成長に悪影響を与えるかもしれない……)

P(となると……なんとかして仁奈自身はメスである事を意識させるのが俺の仕事か)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:45:18.72 ID:6EkVLXgy0

P「うーん」

仁奈「難しい顔してどうしたんですか、プロデューサー?」

P「ちょっと仁奈のことで考え事しててな。あと、仁奈、俺の体に鼻をひっつけるんじゃありません」

仁奈「やーれふー♪」

            すりすり

P(メスの体に鼻をつける、これも性行動の一つ……もはや議論の余地なしとみてよさそうだな)

P「仁奈」

仁奈「なんでやがりますか?」

P「そろそろ寝るか。明日も早いし」

仁奈「……んー、ですねぇ! そうしましょー!!」

P「じゃあ仁奈、ヒツジキグルミ、洗濯に出しときなさい。最近ずっとそれ着っぱなしだろー」

仁奈「えー!! やーです! 今日もヒツジキグルミで寝ます!」

P(キグルミを脱がせることもできない……脱がすことができれば正気に戻すのも楽だったんだろうが、だとすると……)

仁奈「プロデューサー、仁奈、お布団出してきますね!!」

P(仕方ない……ここはいつも通り、強硬手段しかないか)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 00:52:12.10 ID:6EkVLXgy0

P「困ったな、こういう日に限って手元にゴムが無い……手元にあるのはこの極悪イボ付きごん太ディルドーと極悪イボ付きごん太バイブだけ、か」

仁奈「プロデューサー、寒いからはやくお布団に入ってくだせー!」

P(……まぁ、なんとかなるか。仁奈だし)

P「じゃあ、電気消すぞー」

仁奈「はーい!」

―――

P「……」

           ぽふっ

P「……肩に顎乗せるなー」

               すりすり

P「……鼻をこすりつけるのもやめなさーい」

             ぽふっ     ぽふっ

P「……イタズラばっかりしていつまでも寝ない子にはお仕置きだぞー!」

         がばっ!

仁奈「きゃー♪」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:02:20.19 ID:6EkVLXgy0

仁奈「わわわ、捕まっちまいました!」

P「大人しく寝るか?」

仁奈「捕まっちまったらしょうがねーですね……大人しく寝ます!」

P「よろしい、じゃあ早く寝なさい」

              ごそごそ

P「……」

P(ここまではいつも通り……寝る前に一回注意すれば、仁奈もその後はきちんと寝るから……今から始めるのがいいか)

P(えーっと、まずは顎乗せ)

         ぽふっ

仁奈「……? プロデューサー、どうかしましたか?」

P(フレーメン反応……は、流石に無理……接近はもうしてる……だから次は、乗駕か。まずは仁奈をうつむけに寝かせて……)

                ごろーん

仁奈「プロデューサー? この格好だと、仁奈、寝苦しいですよ?」

P(そして、背中の上に俺が乗る)

        ぼふっ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:08:17.06 ID:6EkVLXgy0

仁奈「……ん、やーです! プロデューサー、乗っちゃやーです!!」

P(そして鼻をくっつけた後、ナジング……)

            ぴとっ
                   ぷにっ     ぷにっ

仁奈「ぷ、プロデューサー!? めーっですよ! それ、仁奈がプロデューサーにやることですよ!!」

P「……」

         ぷにっ    ぷにっ

仁奈「駄目なんですー!! 仁奈、仁奈がやんないとめーっ!! なんです!!」

P「……」

         ぷにっ    ぷにっ

仁奈「は、話……話を聞いてくだせー、プロデューサー……」

P「ダメだ」

仁奈「えっ!?」

P「仁奈は何か勘違いしてるみたいだからな。俺がしっかりと教えておかないと」

                   ぷにっ    ぷにっ

仁奈「な、なにも勘違いしてねーですよ! 仁奈はヒツジの気持ちになってやってるだけで!!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:15:36.05 ID:6EkVLXgy0

         ぷにっ    ぷにっ

仁奈「駄目なんです……仁奈、仁奈がぁ……」

              ぷにっ    ぷにっ

仁奈「うぅぅぅぅ……うぅぅぅぅううう!!!」

P(部屋暗くしたのは失敗だったな……仁奈が繁殖の状態に入ってるのかどうかが顔色を見て判断できん。
  ……ん、待てよ? 確か羊の性行動に……)

P「仁奈」

仁奈「……なんでやがりましょーか」

P「少し前のチャック開けるぞ」

仁奈「……いいですけど、もう乗っかっちゃめーっ! ですよ? 仁奈と約束です!」

P「分かった、やらないよ。約束する」

仁奈「むー……しょうがねーですね……じゃあ、特別に開けてもいいですよ」

P「ありがとう」

                   ジジジジジジジジィ―――――ッ

仁奈「……んー……寒いからすぐに閉めてくださいね?」

P「ああ、分かってる」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:29:02.97 ID:6EkVLXgy0

P「仁奈、ちょっとパンツも下ろすぞー」

仁奈「そんなことしたら風邪ひいちまいますよぅ……」

P「大丈夫大丈夫、すぐに終わるから」

                          ずりっ

P(で、外陰部に対して鼻付け……)

         ぐにゅっ
                    ぬちっ

仁奈「あっ……♥ ……も、もう、プロデューサー……そういうのはもうしないって約束ですよ!」

P(若干湿ってる……仁奈としても体の方はしっかり準備できてるのか……だとすれば、ここから気持ちの方を上手くシフトさせれば……)

仁奈「まったく、言う事きかねーと、仁奈、怒っちゃいますよ?」

P「ごめんごめん、ほら、お詫び」

              ちゅっ

仁奈「ん……♥ ……く、首にちゅーもダメです……」

P「なんでだ? 仁奈、首にキスされるの好きだろ?」

            ちゅっ        ちゅっ

仁奈「ん、んっ……♥ やっ……♥ だ、だから……ちゅーはふわふわしてきますから、めーっ、なんですってばぁ……♥」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:38:03.60 ID:6EkVLXgy0

P「……」
                ちゅっ       ちゅっ

仁奈「ほ、ほっぺもめーっ、です……♥ そ、そんなにちゅーされると、ひ、ヒツジの気持ちが……ぁっ♥」

     ぺろ       ぺろ

仁奈「あ、あっ♥ ダメです、ぺろぺろはもっと、も、やっ♥」

             ちゅっ

P「……ほら、仁奈、こっちむいて」

仁奈「ひぅっ♥ ……な、なんですか……? 言っとくけど、口にちゅーはダメですよ……? あ、赤ちゃん、できちゃうかも知れませんから……」

P「……ダメか?」

                    ちゅっ     ちゅっ

仁奈「ん……♥ だ、だめ……♥ だめ、です……赤ちゃんできちゃうのは、めーっ、なんです……んんっ♥」

P「そうか、じゃあ他の所ならいいか?」

仁奈「……もう、いっぱいしてるじゃねーですか……プロデューサーのばか」

P「ごめんごめん、仁奈にもいっぱい気持ちよくなってもらいたかったんだよ」

        ちゅーっ    ちゅっ       ちゅっ

仁奈「気持ちよくなんか……ひ、んっ♥ ねーですよぉ……♥ こ、こんなの、ふわふわするだけ、あっ♥ する、だけです……♥」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:49:15.55 ID:6EkVLXgy0

―――10分後

仁奈「フ――――……♥ フ―――――……♥」

P(……だいぶ出来上がってきたな……これならそろそろ『オスヒツジの気持ち』も折れる頃だろうな)

P「仁奈ー」

仁奈「ふっ、ぅ……♥ な、なんですか……?」

P「仁奈の背中、乗っかってもいいか?」

仁奈「……だ、だめ、です……乗っかるのは、仁奈だから……プロデューサーは、乗っかっちゃ、ダメ、なんです……」

P「そうかー、ダメなのかー……よいしょっ」
                                         ごろーん

仁奈「あ、わわわっ……ぷ、プロデューサー……? だ、ダメですよ……? 背中乗っかっちゃ、ダメですからね……?」

P「……」

仁奈「……ほ、本当に、本当ですよ? 今、乗っかられちゃったら、仁奈、また、ダメになっちゃうから……」

P「そうか、でも乗るね」

            ぼふっ

仁奈「あっ♥ や、やぁ……♥」

P「仁奈にはこれから朝までの間、たーっくさん、ダメになってもらいます」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 01:59:37.25 ID:6EkVLXgy0

仁奈「……♥ ……♥♥」

P「仁奈、分かったか? 分かったら返事、いっつも言ってるだろ」

                   ぎゅーっ
P「おっ?」

仁奈「も、もう、無理です……♥ ヒツジ、ヒツジの気持ち♥ プロデューサーに乗っかられて、無理になっちまいましたぁ……♥♥」

P「おお、そうか」

仁奈「プロデューサー、今日だけ、今日だけ……♥ 明日からは、ヒツジの気持ちになるから♥♥」

P「別に無理してそのキグルミの気持ちに合わせなくてもいいんだぞ。仁奈は立派な女の子なんだから」

仁奈「だ、ダメなんです……♥ ヒツジの気持ちで、ヒツジのっ……」

P「あー、はいはい。じゃあ分かった。仁奈がヒツジの気持ちになろうとしたら……」

仁奈「なろうと、したら……?」
                              くにゅっ

仁奈「ひ、ぅっ……♥ あ、プロデューサー……お、お股は……♥」

P「その度にいーっぱい、気持ちよくなって、ヒツジの気持ちを忘れてもらう。
  とりあえず今日もいーっぱい気持ちよくなって、ヒツジの気持ちの事、忘れちゃおうな」

         ぐにゅっ    ぬちゅっ

仁奈「あ、あっ♥♥ やーです♥ そっち、そっちにさわられたら♥ 仁奈、ふわふわして、どっか飛んでっちゃうんです♥♥」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:14:50.13 ID:6EkVLXgy0

          ぐちゅっ! ぐりっ! ぬちゅっ!

仁奈「フ、ゥゥゥ――――ッ♥♥♥ あ、ダメ♥ プロデュー、さ、ぁっ♥ 力いっぱい、だ、だめっ♥♥」

             ぐにぃっ!    こりっ

仁奈「ひぁっ♥ て、手前、手前だめっ♥ やだ、お、おもらし、おもらし、やーっ♥ やー、ぁーっ……♥♥♥」

           ずにゅっ! ぐにゅっ!      くにぃっ

仁奈「あ、ぁぁぁぁぁ……♥ ぁぁぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙……♥♥ も、やっ♥ ぷ、でゅ、さ、ぁっ♥」

              ぐちゅっ!  ぐりゅっ!         こにゅっ   こしゅっこしゅっ

仁奈「く、ゃ、ぁっ♥ ~~~~~――――――――ッ♥♥♥」

                  プシッ     プシップシッ

P「おお、今日はきちんと吹くのとイくののタイミング合わせられたなー。偉い偉い」

仁奈「――――――……♥♥  ――――――……♥♥」

P「……さて、と」

仁奈「ぁ、ぷ、ろでゅー、さぁ……♥ に、仁奈、また、おもらし……♥」

P「いいんだよ。キスでいーっぱい溜めて、下も気持ちいいとこ触られて……すっごく気持ちよかったんだもんな」

仁奈「は、はい……♥ と、空、飛んでる、みたいに♥ からだ、ふわふわで……♥♥ すごかった、です……♥」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:24:27.39 ID:6EkVLXgy0

P「さて、と……それじゃあ」

           ぬちぃっ……

仁奈「ぁっ……♥ い、挿入れちゃうん、ですか……?」

P「いーっぱい気持ちよくなって貰わなきゃいけないからな」

仁奈「に、仁奈、ちょっとおやすみしてーです……♥ 今、まだ、ふわふわで……♥」

P「大丈夫大丈夫」

          ずにゅぅぅぅぅぅぅううう……

仁奈「ぁっ、か、は、ぁ♥♥♥ ぁ、ぁぁ、ぁぁぁぁ――――っ♥♥♥」


                 ビクンッ! ビクッ ビクンッ!!


P「……さ、流石に、ヤバいか? おーい、仁奈、息、大丈夫か?」

仁奈「フッ、フ―――――ッ♥♥♥ フ――――――――ッ♥♥♥」

P「そうだ。大きく吐くんだ。はい、吸ってー……吐いてー……」

仁奈「ヒッ、ふぅぅぅぅ……♥ ぷ、ぷ、プロデューサー……♥ い、いきな♥ いきなりは、ひ、ひでーです、よぉっ♥」

P「……それは、ごめん……俺も今度から気を付けるよ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:33:29.01 ID:6EkVLXgy0

―――

P「落ち着いたか?」

仁奈「は、はい……♥ もう、大丈夫、ですよ……♥」

P「そうか……じゃあまず、ゆーっくりから慣らしていこうなー」

仁奈「はい……あ、プロデューサー……」

P「ん? どうした?」

仁奈「……その……ん、と……」

                    ぎゅーっ

P「……」

仁奈「ゆーっくりも、いいけど……ちゅ、ちゅーも一緒に、お願い、します……」

P「……分かってるよ。仁奈は甘えん坊だなぁ」

         ずにゅぅ……        ぐにぃっ……

仁奈「ん……♥ ん、んん……♥♥」

            ぐにゅぅっ……         ぬぷっ……
     ちゅっ               ちゅっ

仁奈「んっ♥ ぁっ……♥ ん、は、ぁっ……♥」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:44:04.39 ID:6EkVLXgy0

―――
―――

仁奈「はっ♥ あ、あぁっ♥♥ ん、ふっ、んんん♥♥」

          ずじゅっ!   ぬちゅっ!  ぐりゅっ!!

仁奈「ぷ、ぷろ、でゅーさぁっ♥♥ に、にな、にな……♥♥♥」

      ちゅっ   ちゅっ        ぺろ       ぺろ

P「ん、ちゅ……俺ももう少しだから、もうちょっと頑張って」

        ぐにゅっ!  ぬぷっ!    ちゅっ    ちゅーっ

仁奈「は、ひぃっ♥ や、ぁ♥ だ、だめっ♥♥ も、むり、で♥♥」

             ずぱんっ!   ぐしゅっ!   ぐにぃっ!

P「よし、よく頑張ったな。よーしいくぞー、とー」

                   びゅるっ      びゅっびゅっ        ぴゅっ

仁奈「ッ♥ ッ♥♥ ~~~~~~~~―――――ッ♥♥♥♥」


―――
―――
―――


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:51:04.45 ID:6EkVLXgy0

雫「おはよーござーまーす!」

P「おお、雫、おはよう」

雫「……あれ、プロデューサーさん、寝不足ですかぁ?」

P「ああ、昨日あの後ずーっと、仁奈の『オスヒツジ』を矯正してたからな」

雫「あ、そういえばー……どうでした? 直りそうですかー?」

P「いや、それがな……ちょっと背中の方見てくれ」

雫「背中ですかぁ? ……あっ」

              よじ   よじ   よじ   よじ

仁奈「ふっふっふ、今日もヒツジ仁奈は諦めませんよ!!」

雫「あらー……どうしてなんでしょうねぇ?」

P「……気になって聞いてみたらだな……『自分ばっかり漏らすのはイヤだ。それにPを自分と同じくらい気持ちよくさせたい』。
  『だから自分がオス役になって、Pを徹底的に気持ちよくさせる』って意気込んでるらしい」

雫「あ、そうなんですかぁ! だったら……安心、ですかねぇ?」

P「いや、それはそれで問題だろ……この歳で男を掘りたいとか性癖歪み過ぎだぞ……」

雫「それはー……まぁ、飼い主さんに似たんじゃないでしょうかねぇ?」

P「言うな」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:55:19.06 ID:6EkVLXgy0

おわった
若葉ちゃんで「ハリネズミは毎日危険日」ってネタを書こうとしてたのにどうしてこうなったのか誰か説明しなさい


ちなみにこの話の前段階として

P、風俗に行きたいが金がない

雫「むかーしむかしは、性処理を羊さんやヤギさんで行ってたんですよぉー」

P、ニナチャーンを養う

って物語があったけど、膜付きを開発する過程を書くと一晩じゃ終わらないから割愛


あと、事前に一応調べたけど、雄ヒツジの性行動やナジングについては半分テキトー。間違ってたら申し訳ない


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 02:57:34.95 ID:6yhXWHXU0

最初から性処理目的かよ!このPただの下種じゃねーか!



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:モバマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。