スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真美「ちょっ、兄ちゃっ・・・くすぐっ・・・///やっ・・・///」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 19:36:24.39 ID:jK7W5wM30

 


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 19:40:23.22 ID:jK7W5wM30

P「真美」チョイチョイ

真美「ん?どったの兄ちゃん、真美になんか用事?」

P「……」ポンポン

真美「……ひざ?座れってこと?」

真美「……よっと」ボスッ

P「……」ニヤリ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 19:48:02.92 ID:jK7W5wM30

P(ククク……まんまとおびき寄せられたな)

P(いい加減、真美のイタズラにはウンザリさせられていたところだ……たっぷりお返ししてやるからな)

P(まずは脇の下から……)

真美「んくっ!?……」

P「……」コチョコチョ

真美「!!……兄ちゃ、どこ触って……」

P「……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 19:55:05.60 ID:jK7W5wM30

P「……」コチョコチョ

真美「んくっ……」

P「……」コチョコチョ

真美「……っ」

P(反応が鈍いな……)

P(場所を変えてみるか……もうちょい下、わき腹のほうを)

P「……」コチョコチョ

真美「んひっ……!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 19:59:56.00 ID:jK7W5wM30

P「……」コチョコチョ

真美「っ!!……んひっ…………っ!!」プルプル

P(真美のやつ、なかなか頑張るじゃないか……)

P(ならば……次はへその辺りを……)

P「……」コチョコチョ

真美「あっひぃ!!んっくぅ……っ!!」バタバタ

P(お、好感触か)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:03:57.42 ID:jK7W5wM30

P「……」コチョコチョ

真美「んふっ……っ……!!」

P「……」コチョコチョ

真美「んひっ……やっ、そこっ……!!」

P「……」コチョコチョ

真美「んくぅぅ……っ!!」

P(真美のやつ、顔真っ赤にして……)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:08:24.49 ID:jK7W5wM30

P(緩急をつけるように……)

P「……」コチョコチョ

真美「あはぁっ!!……んふ、ふひゅひっ……」

P「……」コチョコチョ

真美「んっ、くっ……うぃひっ……!!」

P(……そろそろ限界って感じだな)

P(この辺りで仕掛けてみるか)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:13:37.33 ID:jK7W5wM30

P(耳に向かって……)

P「ふーっ」

真美「んぃひっ!!??」

真美「ぃひっ、ひっ、ひゃははは!!」

P(お、我慢できなくなったみたいだ)

P「……」コチョコチョ

真美「うっひひひひ!!ふふっ、ふひゅひひっ!!」

真美「んひっ、ひひひ……にっ、兄ちゃ、くすぐっ……あっひひひひ!!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:18:34.92 ID:jK7W5wM30

P「……」コチョコチョ

真美「うひっ、ひゃっひひひひ!!」

真美「もっ、やめ……ふひっひひ!!……まみ、真美のまっ、負けで、いいから……ひひっ!!」

P(誰がやめるもんか)

P「ふーっ……」コチョコチョ

真美「んひゃっ!!に、兄ちゃ、息……ふひっ!!当たってふひゅひゅ!!」

真美「ひひっ、ひひひ!!ひぃ、ひぃ……っ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:25:33.00 ID:jK7W5wM30

P(なんだろ、今更だが……凄くいけないことをしてるような気が)

真美「あっははは!!ふふっ、ふひひひ!!ひゃっ……」

P(真美、よだれ出てるよだれ……って、言っても無駄だろうな)

P(……なんかチンコ勃ってきた)

真美「ぃやっ、ひひっ……!!そ、そろそ、ひゃめっ……にいちゃ……っひ!!」

真美「っ……ぅあっ……ひっ……!!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:30:16.88 ID:jK7W5wM30

P(もう、なんか……いいよな?ここまで来ちゃったんだし)

P(手を、服の中に……)

真美「ん、そっ、にいちゃ、何して……っひひひ!!」

真美「や、服のなか、ぅひっ……だ、めっ……っひゃ!!」

P(今更だろ、真美が暴れるせいで既にスカートも上着もメチャクチャだ)

P「……」コチョコチョ

真美「ふ、ひゅひひ……っ!!にいちゃ、なんか手つきがやらし……ぃひっ、ひひひ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:37:42.71 ID:jK7W5wM30

P(胸とか触ってみたりして)

P「……」サワサワ

真美「うっひゃあ!?」

真美「んっうう、そこちがっ……にいちゃ、どこ触って……んっ」

P「……」コチョコチョ

真美「あっひひひ!!そこ、やだっ……んっ、ひっ」

P「……」サワサワ

真美「ちょ、ちがっ……それ、なんかちがっ……んっ!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:44:37.11 ID:jK7W5wM30

真美「にいちゃ、ヘンなとこ、あっ……さわ、触んないで、よっ……!!」

P「……」サワサワ

真美「なっ、なんか言って……んぅっ……!」

真美「これ、なんかヘン……あっ……ヘンだよぉ……っ」

P(すまん真美、許せ……もう後戻りできないんだ)

P(ブラをずらして……)

P「……」クニクニ

真美「ひ、あっ……これだめぇ……っ!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:51:25.00 ID:jK7W5wM30

P(さりげなく、片方の手を股間に……)

P「……」サワッ

真美「ぅあっ……!!!だっだめ、そっちはホントにぃ……っ!!」

真美「ん、ふっ……!!」ビクビク

P(縞パンとは……定番だな)

P(股間を触るだけじゃ芸がないな……ふとももを)

P「……」サワサワ

真美「んっ……!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 20:57:38.13 ID:jK7W5wM30

真美「はっ、はっ……にいちゃん……っ」

P「……」サワサワ

真美「まみ、なんかヘンな感じっ……あっ……!」

P「……ふふふ」

真美「ん、あっ……にいちゃん……!」

P「可愛いよ、真美」

真美「んんぅ……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:05:31.21 ID:jK7W5wM30

P(ん……?これは……パンツが湿っている……?)

真美「あっ、はぁ……っ……!!」ビクッ

P「……」スッ

真美「ああっ、にいちゃ……っ!!」

真美「だめ、だよ……パンツのなかぁ……っ!!」

P「……」ピチャピチャ

真美「んぃっ……!!!っはぁ……っ!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:14:11.34 ID:jK7W5wM30

P「おいおい真美……パンツの中、こんなにビチャビチャじゃないか」

真美「そっ、それ……にいちゃんが、ヘンなとこ、触るからぁ……」

P「俺が触ったから?気持ちよくて、濡らしちゃったのか?」

真美「き、気持ちいいとか……そんなんじゃ……」

P「……そうか」

真美「……」

P「それじゃ、ここで終わりにするか。降りろ」

真美「え……?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:21:34.36 ID:jK7W5wM30

P「変なとこ触って悪かったな、気持ち悪かったろ?」

真美「……」

P「ほら早く降りて、着替えて来ていいんだぞ」

真美「……う、うん」

P「ふう……そんじゃ、俺もちょっとトイレ行ってくるな」

真美「……うん」

真美(うそ、ホントにこれで終わりとか……)

真美(中途半端すぎるっしょ……物足りないなぁ)モンモン


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:27:19.67 ID:jK7W5wM30

真美「んっ……んっ」クチュクチュ

真美「んぅ……にいちゃ……っ!!」

真美「んはっ……あ……っ」

真美「あっ……んぃ……っ!」

真美「ん……はぁ……っ」ビクビク

P「……」

P(な、なんだこれ……トイレから戻ってきたら……)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:32:22.88 ID:jK7W5wM30

P「あの、真美……?真美さん?」

真美「ん……にいちゃん……」

P「うん、兄ちゃんだけど……何してるんだ?」

真美「んっ、そんなのっ……見たらわかるっしょ……」

P「うん、まあ、そうなんだが……」

真美「……兄ちゃんのせいだかんね」

P「へ?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:36:20.62 ID:jK7W5wM30

真美「真美のこと、その気にさせといてさ……」

P「……」

真美「中途半端なとこで、勝手にどっか行っちゃうし……」

P「……」

真美「……真美をこんな風にしたセキニン、取ってもらうかんね」

P「そ、そう言われてもなぁ……」

真美「兄ちゃん……そこに横になって」

P「はい」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:41:35.43 ID:jK7W5wM30

P(なんか……完全に真美のペースに乗せられてるような)

真美「そんじゃ、ズボン脱いで」

P「あのさ、真美……こういうのって、中学生にはまだ早いと思うんだが」

真美「ふーん……兄ちゃん、さっき真美にあんなことしといて」ジトッ

P「うっ」

真美「いいんだよ?このこと、社長や律っちゃんに報告しても」

P「すみませんごめんなさいそれだけは勘弁してください」

真美「わかればよろしい」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:50:34.49 ID:jK7W5wM30

P(ダメだ、完全に弱みを握られている……)

真美「真美はさ……確かにまだ中学生だし、まだまだ子供だなーって思うことはあるよ?」

真美「でも、体はこの一年でめっちゃ大きくなったし……」

真美「背はひびきんよりおっきいし、胸だって千早お姉ちゃんより……」

P「……」

真美「だから、さ……きっと兄ちゃんにも、満足してもらえるって思うんだ」

P「……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 21:59:42.99 ID:jK7W5wM30

P(確かに、真美のボディは……胸こそあずささんや美希なんかの比じゃないが)

P(どことなく、まだ13歳とは思えない艶がある……バランスの取れたスレンダーボディだ)

P(それに、普段の無防備な振る舞いとのギャップも相まって……)

P(いきなり抱きつかれた日には、帰ってからその感触や匂いをオカズに自家発電に耽ったこともしばしば)

真美「ねえ、兄ちゃん……目つぶって?」

P「……おう」

P(……もう何でもいいや、流れに身を任せよう)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:06:35.45 ID:jK7W5wM30

真美「ん……」

P「……」

ちゅっ

真美「……えへへ、真美のファーストキス……」

P「……」

真美「兄ちゃん、触るよ?」

P「……おう」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:13:44.21 ID:jK7W5wM30

真美「よっ……」ズル

p「ボロン」

真美「わっ……これが兄ちゃんの……」

P(なんか……チンコを他人に見られるのって恥ずかしいな……)

真美「……」ツン

p「ビクッ」

P「おうっ……!」

真美「おお、すごい……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:19:38.13 ID:jK7W5wM30

真美「兄ちゃん……これ、どう触ればいいの?」

P「その……普通に、手で握るんだ」

真美「こう?」ムンズ

P「そうだ、それでそのまま上下に……」

真美「よっ……ほっ……」シコシコ

P「っ……そう、そんな感じ」

真美「んふふ、兄ちゃん気持ちいいんだ」シコシコ

P(……なんかぎこちないんだよな……まあ、中学生ならこんなもんか)


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:25:05.69 ID:jK7W5wM30

真美「そんで、次は……?」シコシコ

P「ん……あー、もういい真美、こっからは俺がやる」ムク

真美「え……?ちょ、兄ちゃん!ここは真美がリードするとこ……」

P「真美……目つぶって」

真美「……う、うん」

P「ん……」

ちゅっ……

P「はむ……」

真美「! んむっ……!!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:33:40.12 ID:jK7W5wM30

P「んっ……あむっ」チュル

真美「んぐっ……!!んむ……っ!」

P「はっ……んむ……」ムチュッ

真美「んは……っ!!ぁむ……っ!」



P「……ぷはぁ」

真美「はぁ……はぁ……」

P「どうだ?これが大人のキスってやつだ」ドヤ

真美「すごい……なんかっ……クセになりそう……」

P(見よう見真似だったが、上手くいったようだな……)


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:39:52.13 ID:jK7W5wM30

P「それじゃ真美、口あけて」

真美「……ふぉ、ふぉう?」

P「そう、そのまま……こいつを咥えるんだ、歯立てないでくれよ」

真美「……んっ」パク

P「動くぞ」ズン

真美「!!んんっ……んぐっ」ジュプ

P「おお……これ、すごいな……っ」ズンズン

真美「んんぐ……っ!!」ジュプジュプ

P(オナホより気持ちいいぞ、これ……)


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:46:01.27 ID:jK7W5wM30

真美「んん!!んぐぅ……!!」ジュプジュプ

P「ああっ……いいぞ真美……っ」ズンズン

真美「んん……!!んぐ……ぅ!!」ジュプジュプ

P(真美のやつ、涙目になって……すまん、もう少しだけ耐えてくれ)

P「真美の口マンコ、いいぞ……最高だっ……」

真美「ん゛んっ……!!んむぅ……っ!!」ジュプジュプ

P「いいぞ、そのまま……っ」ズンズン

真美「んぐむぅ……!!むぐっ……!!」ジュプジュプ


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 22:56:07.48 ID:jK7W5wM30

P「く……真美っ……!!」

真美「んぐっ、む……!!むぅ……!!」ジュプジュプ

P「そろそろ出るぞ……受け止めてくれ!」グッ

真美「んぅ……!?ぐむっ……!!」

P「うおっ…………!!」

ドビュッ、ビュルル……

真美「ん゛ん゛ん゛ん゛っ!!!」

P「……ふう」

真美「んがっ……ゲホッ、ゲホッ!」

真美「にいちゃ、何すんのっ……エホッ、ゴホッ!」

P「……すまん、ついスイッチが入っちまったみたいだ」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:05:13.73 ID:jK7W5wM30

P「……真美、パンツ脱がすぞ」スルスル

真美「へ?あっ、ちょ、いきなり何して……」

P「……」ペロ

真美「んひゃっ……!!」

P「……」ペロペロ

真美「ちょっ、そんなとこ舐めちゃ、きたな……っ!!」

真美「ひゃう……っ!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:11:23.17 ID:jK7W5wM30

P「……」

真美「ん、くっ……!!あっ……」

真美「んぁ……!う……」

真美「んっ、はっ……あああっ……!!」

P「……」ビチャビチャ

真美「んぃっ……ああぅ……っ!!」

P「……」ビチャビチャ

真美「んひぁっ……!!なんかっ、ヘンなの……来ちゃうぅ……っ!!」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:19:06.88 ID:jK7W5wM30

P「……」

P(そろそろか……)

真美「ん、あっ……」

真美「ぃあっ……!!あっ、あああっ……!!」

真美「や、だめっ……!!あ、ああああああ……っ!!」

真美「っあ………………っ!!」ビクッビクッ

P(よし、イッたな……)

P「ふう……」

真美「はっ、はっ……」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:29:02.90 ID:jK7W5wM30

P「それじゃ、こいつを……」ボロン

P「真美……いいか?」

真美「ん……ここまできて、ダメって言うわけないっしょ……」

P「……痛いかもよ?」

真美「……平気だもん、兄ちゃんがいてくれれば……ちょっとくらい」

P「そうかい」

P「そんじゃ、行くぞ……」

真美「うん……いいよ、来て」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:36:15.17 ID:jK7W5wM30

P(なんかもう、アイドルとプロデューサーが云々以前に法律の壁を越えちゃってる気がするが……)

P(今更何を言ってもしょうがない、なるようになるだろ……多分)

P「よっ……と」ズプ

真美「い……っ!!!」

P「大丈夫か?」

真美「う、ん……平気、思ってたより……」

P「そうか、良かった」

真美「んいっ……!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:42:08.72 ID:jK7W5wM30

P「ゆっくり行くぞ……」ズプ

真美「うん……んぎっ……!!」

真美「いったぁ……っ!あ……っ!!」

P「お、おい……本当に大丈夫か?耐えられないならやめても……」

真美「う、ううん……だいじょぶ、だから……っ」

真美「しばらく、このままで……」

P「お、おう」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:52:36.60 ID:jK7W5wM30

真美「兄ちゃん……」

P「真美……」ギュッ

真美「えへへ、兄ちゃんあったかい……」

P「……」

真美「ねえ、兄ちゃん」

P「……なんだ、真美?」

真美「真美ね、兄ちゃんの子供が産みたい……」

P「……それは流石に、気が早すぎるだろ」

真美「今はそりゃ、無理だけど……真美が大人になったらの話」

真美「兄ちゃん、それまでさ……真美のこと、待っててくれる?」

P「……」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 23:58:52.04 ID:jK7W5wM30

P「もちろん待つさ……」

P「5年だろうと、10年だろうと」

P「ずっと真美のそばにいて、待っててやる」

真美「兄ちゃん……!」

P「……動くぞ、真美」ズッ

真美「うん……っ」

P「どうだ、まだ痛いか?」

真美「う、ううん……さっきより、全然……っ」

P「よし……ゆっくり行くぞ」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:08:01.12 ID:YiOJdFXF0

P(真美は……まあ当然ではあるが処女であり、あまり激しい動きはできない)

P(それでも締め付けは強く……)

P(なんだろう、これは……オナホとは比べ物にならない……!)

真美「んっ……兄ちゃん、気持ちいい?」

P「真美……すごく、気持ちいいよ」

真美「そっか……良かった……」

P「よっ……」ズプ

真美「ん……っ!!」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:17:46.77 ID:YiOJdFXF0

P「うっ……そろそろ、出そうだ」

真美「ん……そっ、か……」

P「外に出さないと……いったん抜くぞ」

真美「うん……」

P「ゆっくりな……よっ……と」ズリュッ

真美「っ……!」

P「す、すまん……痛かったか?」

真美「ううん、平気だよ……」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:23:20.84 ID:YiOJdFXF0

真美「兄ちゃん……んむっ」パク

P「お、おい真美……っ」

真美「んっ……むっ……」ジュプジュプ

P「うおっ、出るぞ……っ!!」


ドピュッ、ビュル……


真美「んぐっ……!!むぐっ…………ぷはぁ……」

P「ま、真美……?」

真美「えへへ……飲んじゃった。ヘンな味だね~……うえっ」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:29:48.98 ID:YiOJdFXF0

P「吐き出しゃ良かったのに」

真美「だって、さっきは吐いちゃったし……今度はどんな味か、確かめときたいなーって思って」

P「うーん、わからん」

真美「分かってくれなくたっていいもん!」

真美「それより兄ちゃん……真美、こういうの初めてでさ……」

P「ああ大丈夫、俺も……そんなに経験があるわけじゃないし」

真美「そっか、それじゃ……これから一緒に慣れていけばいいんだね!」

P「まあ、そういうこった」

P(色々問題はあるだろうけどな……)


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:47:36.53 ID:YiOJdFXF0

―――

P「……なんて時代もあったんだよな」

真美「そだね……あの頃は私も若かったなぁ」

P「イタズラ好きなのは変わらないけどな」

真美「えー!昔より全然大人しくなったっしょー!」

P「……ま、そういうことにしとくか」

真美「なにさ、腹立つなぁ」

P「ハハハ、あんまり怒ると体に毒だぞ?」

真美「むぅ……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:53:01.56 ID:YiOJdFXF0

P「真美……思えば、年を重ねるほどに魅力的になってきたよな……」

真美「……い、いきなりそういうこと言わないでよ……」

P「だって本当のことだし」

真美「……もー」

P「かわいいよ、真美」

真美「……Pちゃん」

P「ところで……生まれる子供さ、男の子がいい?それとも女の子?」

真美「んー、どっちも欲しいかな」

P「俺もそう思ってたとこ」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:57:16.10 ID:YiOJdFXF0

真美「双子だといいね」

P「そうだな。女の子だと、真美に似て可愛くなるんだろうな」

真美「男の子は、Pちゃんに似てイケメンなんだろうねー」

P「あはは、ははははは!」

真美「ふふっ、ふふふふふ!」



―――数ヶ月後、二人は元気な双子の男女を授かったという

おわり


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 00:59:17.72 ID:YiOJdFXF0

なんか強引に終わらせたけど、読んでくれてありがとう


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 双海真美

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。