スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「ニュージェネレーション三本勝負!」 

カテゴリ:モバマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:25:33.24 ID:KGPBSsw20

no title

本田未央(15)

未央「ふんふふ~ん♪」フキフキ

未央「ん~ん~♪」サッサッ

未央「……よしっ、掃除終わった!」

未央「あとはなにしよっかなー。うーん……」

ガチャ

P「ただいま戻りましたー」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:28:11.54 ID:KGPBSsw20

未央「あ、おかえりプロデューサー!」

P「あぁ、ただいま。ってどうした、バンダナなんかつけて」

未央「お掃除! えへへ、レッスンの時間まで暇でさっ」

P「そうなのか。お疲れさま、未央」ポン

未央「んふー、褒められたー♪」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:30:52.41 ID:KGPBSsw20

P「ほんとならスタッフを雇いたいんだけどなぁ。アイドルにやらせるなんて、心苦しいよ」

未央「んーん、いいっていいって! デビュー前もやってたことだしねっ」

P「ん……そっか」

未央「うーん、思えば遠くまで来たぜぃ……しみじみ」

P「……ごめんな。俺がしっかりしてれば、もっと早くデビューさせられたのに」

未央「え……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:33:46.84 ID:KGPBSsw20

未央「う、ううん、全然っ! 私気にしてないから!」

P「未央……」

未央「あっはは、やだなープロデューサー……その、そんなつもりじゃ……ごめんなさい……」

P「……いや、俺こそすまん」

未央「……え、と」

P「と、とりあえず掃除、疲れたろ? ソファーにでも……」

未央「うん……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:38:20.32 ID:KGPBSsw20

P「ほい、紅茶」

未央「ん……」

P「隣、いいか?」

未央「……」コクッ

P「ん、失礼します」ポフ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:40:05.39 ID:KGPBSsw20

未央「……」

P「……未央も、すごく頑張ってたぞ。凛や卯月にだって負けないくらいにさ」

未央「……そっかな」

P「ああ。だから、俺の力不足で……」

未央「……ううん、違うよ。……そうじゃないよ、プロデューサー」

P「未央……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:42:21.28 ID:KGPBSsw20

未央「そんなこと言わないで? プロデューサーだって、いつも頑張ってたもん。知ってるよ、私」

未央「私だけじゃないよ。凛も卯月も、みんなだって知ってる」

未央「今も私達のために、お仕事を持ってきてくれる。そうでしょ?」

P「……当たり前だよ。それが、俺の誇りだ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:45:18.62 ID:KGPBSsw20

未央「……うん。みんな、そういうプロデューサーのこと感謝してるし、大好きなんだよ?」

P「……」

未央「だからね、俺が俺がー、って捻くれちゃダメだよっ?」

P「……うん、分かった。俺がこんなんじゃ、みんなに示しがつかないよな」

未央「そうそう、プロデューサーはそうでなくっちゃね!」

P「ああ! ……ありがとう、未央」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:47:55.28 ID:KGPBSsw20

未央「ふふ、さっきみたいに落ち込んだら、私がまたお説教してあげるね!」

P「……待て待て、何言ってんだ。最初に落ち込んだのは未央だろ?」

未央「えええ、違うよプロデューサーでしょ! 弱々しい声でごめーん、ってさ!」

P「似てないし弱々しくないし! 未央が先だし!」

未央「私じゃないし! プロデューサーだし!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 19:52:51.53 ID:KGPBSsw20

P「真似すんな!」

未央「真似じゃないし!」

P「こんにゃろう!」

未央「なにをー!」

ギャーギャー

―――
――


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:00:23.80 ID:KGPBSsw20

未央「あーあ、紅茶冷めちゃった」

P「くそぅ、15の娘と喧嘩しちまった……我ながら大人げない」

未央「むふー、じゃあ私の勝ちでいいよねー♪」

P「へいへい、俺の負けだよ……まったく」ナデナデ

未央「えへへー」

P「でもな、未央」

未央「うん?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:02:37.22 ID:KGPBSsw20

P「今お前がこの場所にいるのは、間違いなくお前の力だ。それだけは言っておく」

未央「!」

P「どんなこと言われても、未央の努力が認められたんだってこと、忘れるなよ?」

未央「うんっ! ありがとプロデューサー!」ダキッ

P「あ、おいっ! ったくもう……」

未央「んぅー、大好き大好きー!」スリスリ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:05:22.26 ID:KGPBSsw20

未央「ねープロデューサー」ギュー

P「んー?」

未央「これからも一緒にいてくれる?」

P「そうだなぁ……。未央やみんなに嫌われない限りは一緒だろうなぁ」

未央「それじゃ、一生一緒にいることになるねっ」

P「……その理屈はおかしいと思うな」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:08:20.46 ID:KGPBSsw20

未央「なんにもおかしくないよ? だって嫌いになるわけないもん」

P「あぁそうかい……」

未央「あ、本気にしてないなー? うりうり、どうだー」ポヨポヨ

P「ちょっ、こら胸押し付けるなっ!」

未央「んーどうですかー、お客さん?」ポフポフ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:11:13.15 ID:KGPBSsw20

P「結構なお点前で、って違うわ!」

未央「あはは、プロデューサー真っ赤ー♪」

P「あのなぁ、軽々しく男に身体を預けるな!」

未央「む、軽々しくなんかないよっ、プロデューサーにだけ!」

P「ぐぬぬ……ああ言えばこう言う……!」

未央「にゅふふー、ほれほれぇ!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:13:39.45 ID:KGPBSsw20

P「だーもうやめー! お前アイドルって自覚あるのか!?」ドキドキ

未央「えへー、ないー♪」

P「ないー、じゃないの! アイドルなの! おらレッスン行け!」グイッ

未央「暴力はんたーい! あはははっ!」タタタッ

くるっ

未央「じゃあねプロデューサー、行ってきまーすっ!」ビシッ

P「……おう、行ってこい」

未央「はーい♪」



ちゃんみお編おわり


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:16:08.24 ID:KGPBSsw20

no title

渋谷凛(15)

P「……」カタカタ

凛「……」ペラ…

凛「……へぇ……」ペラ…ペラ…

P「……ふー。休憩するかな」

P「コーヒーでも飲むかー」

凛「……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:18:36.01 ID:KGPBSsw20

―――

P「ココアしかなかった……ずずー」

凛「……プロデューサー」

P「ん? なんだ凛。お前もなんか飲むか? 淹れてくるぞ」

凛「ううん、えっと……」

P「うん」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:22:59.69 ID:KGPBSsw20

凛「プロデューサーってさ、その……お付き合いしてる人っているの?」

P「どした、突然。お付き合いって……男と女の、ってことか?」

凛「……」コクコク

P「いや、今はそういう相手はいないけど」

凛「! そっか、そうなんだ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:26:39.88 ID:KGPBSsw20

P「それがどうかしたのか?」

凛「なんでもないよ。気にしないで、プロデューサー」

P(なんだ、急に嬉しそうに……。そういえば凛が読んでた雑誌)

『大人の恋愛特集』

P(なんて書いてあったっけ。凛もそんなお年頃かね)

凛「~♪」

P(でも、アイドルが恋愛ってのはちょっとなぁ。釘さしとくか)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:28:49.43 ID:KGPBSsw20

P「あー、凛。少しいいか?」

凛「うん。なに、プロデューサー」

P「さっきの話なんだけど……そういうこと聞くってことは、凛も好きな人がいるのか?」

凛「うえっ!?」

P「ああいや、ダメとかそういうことを言いたいんじゃないが、やっぱりアイドルだしな。……凛?」

凛「そそそそ、そんなひととと!」

P「お、おい!? 落ち着け!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:31:48.74 ID:KGPBSsw20

凛「はぁ、ふぅ……。え、えっと、私の好きな人だっけ?」

P「あ、あぁ。いないならいないで――」

凛「い、いるよ」

P「いいんだけど、ってえええええ!?」

凛「驚き過ぎだよ……」

P「あいや、す、すまん。だ、誰だそんな羨ましい奴はっ」

凛「うらやまっ!? ぷ、プロデューサーは私に想われてたら、嬉しい……?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:34:48.96 ID:KGPBSsw20

P「そりゃとうぜ、こほん! そ、そうだ、俺は年上が好みだし!」

凛「えっ……」

P「そう、年上がいいなっ! 頼りたくなっちゃうような……あれ?」

凛「そう、なんだ……そっか……年上……あは、は……」ズーン

P「おーい凛ちゃーん?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:37:03.52 ID:KGPBSsw20

凛「年上……年上……」ブツブツ

P(やばい地雷踏んだ……っていうか、凛の反応見てたら……凛が好きなのは……)

凛「……はっ、そうだ!」ティン

P(いやそんなまさか! はは、さすがにないない!)

凛「プロデューサー!」

P「はっはい!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:39:52.79 ID:KGPBSsw20

凛「私……私ね……」

P「……」ゴクリ

P(ま、まさか告白……っ!)

凛「私、ほんとは25歳なんだ!」

P「えっ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:41:40.13 ID:KGPBSsw20

凛「うん、25歳! すごく若く見られるからサバ読んでたの」

P「……いやいやいや」

凛「ほ、ほんとだよ?」

P(何言ってんのこの子)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:43:22.97 ID:KGPBSsw20

P(うーん……ここまで必死になるなんて、やっぱり……嬉しいけど)

凛「プロデューサーの好きな年上なんだよっ。ど、どう?」

P「どうと言われても……」

P(……こんな凛は初めてだし、少し遊んでやろう)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:46:13.11 ID:KGPBSsw20

P「……その制服はどうしたんだ?」

凛「えーと……そ、そう、コスプレ。コスプレが趣味なんだ。大人だし」

P「へー、知らなかったよ。大人だもんなー」

凛「ご、ごめんね、嘘ついてて。Pくん」

P「Pくん?」

凛「うん、だって、と、年上だしねっ!」

P「そっかー、そうだなー年上だもんなー」

P(ちょっと楽しい)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:50:31.00 ID:KGPBSsw20

P「じゃあ、カバンから見え隠れしてる教科書とかは?」

凛「え、あっ! えっと、うんと……」

P「凛?」

凛「……ちょ、ちょっと待って考えるから……えっとね……!」

P「……」

凛「……」

P「……降参?」

凛「……………………はい」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:53:18.13 ID:KGPBSsw20

P「よーしよしよしよし」ナーデナーデ

凛「うぅ……」

P「嬉しいなぁ、凛にここまで想われてるなんて」ナデナデ

凛「気づいて、たの……?」

P「気づくよそりゃ……。でもな、凛はアイドルだから。恋愛はご法度だ」

凛「……うん……」

P「だからもっと大人になって、恋愛しても許されるような歳になったら……その時は、な?」

凛「……!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:56:50.61 ID:KGPBSsw20

P「ま、そのときはお前にもいい人ができてるかもな」ポン

凛「……ううん、待ってて。すぐに追いつくから」

P「俺、鈍くさいからなぁ。あっという間に追い越されちゃうよ、きっと」

凛「ふふっ。そしたら、私がプロデューサーを引っ張ってあげるね」

P「おう、よろしく。……よし、そろそろレッスン終わりの子を迎えに行ってくるよ」

凛「うん、行ってらっしゃい……あ、ココアどうするの?」

P「あげる」

凛「……へっ?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 20:59:05.88 ID:KGPBSsw20

P「ココア、凛にあげるよ。行ってきまーす」

ガチャ バタン

凛「あ、ちょっ……行っちゃった」

凛「……こくこく」

凛「……あまい。……えへ、プロデューサーと間接キスだ……ふふ♪」



しぶりん編おわり


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:02:04.49 ID:KGPBSsw20

no title

島村卯月(17)

P「ずずず……」

卯月「ずず……」

P「はふー」

卯月「はふー」

P「美味いなー、緑茶」

卯月「美味しいですねー、緑茶」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:05:40.43 ID:KGPBSsw20

P「こうやってのんびりするのも、たまにはいいなぁ」

卯月「はい……えへへ、プロデューサーさんー」コテン

P「ん、どうした卯月。寄りかかってきて」

卯月「んー……今日はなんだか、甘えたい気分なんですよー」

P「そっか。いつも頑張ってるご褒美だ、いいぞ」

卯月「はいっ♪」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:08:44.41 ID:KGPBSsw20

卯月「……」

P「……」ナデ

卯月「……えへへっ」ギュッ

P「……よしよし」ナデナデ

卯月「ねぇ、プロデューサーさん?」

P「なんだ卯月」

卯月「たまーに、こうして甘えさせてくれます?」

P「うーん……ダメ、って言ったら?」

卯月「ええっ、そんなぁ!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:11:41.11 ID:KGPBSsw20

P「はは、うそうそ。卯月のお願いなんて滅多にないから、つい意地悪をな」

卯月「むぅ……」

P「ふくれっ面も可愛いなぁ」

卯月「ふーんだっ。えいっ」

P「あ、おいこら!」

ポフン

卯月「うふふ、プロデューサーさんの膝枕~♪」

P「はぁ……はいはい、もう存分にどーぞ」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:15:26.37 ID:KGPBSsw20

卯月「わー……、なんだか安心しますね」コロン

P「そうかぁ? 男の太ももなんて硬くて寝にくいだろ」

卯月「そうでもないですよ。きっと、プロデューサーさんが見ててくれるからですね!」

P「太もも関係ないぞ、それじゃ」

卯月「ま、まぁいいじゃないですか!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:17:42.21 ID:KGPBSsw20

P「卯月が満足してるならいいけどさ」ポンポン

卯月「あ、それ……頭ぽんぽんって、気持ちいいです……」

P「ん、このまま寝ちゃうか?」

卯月「いえ、もうすぐ凛ちゃんや未央ちゃんが来るだろうし……」

P「来たっていいだろ、別に」

卯月「よくありませんよぅ。私、ユニットでは年長なんですからっ」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:21:04.97 ID:KGPBSsw20

P「ふーん」ナデナデ

卯月「あれっ? き、聞いてますかプロデューサーさん」

P「はーいおやすみおやすみー」

卯月「ちょっと待っ、ふ、ぁ……」

P「ほれ、欠伸。疲れてんのバレバレ」

卯月「う……違います欠伸じゃないです!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:23:54.34 ID:KGPBSsw20

P「なら起きていいぞ? 寝転がったままじゃ説得力ないなぁ」

卯月「あぅ……無理ですよぉ、こんなに寝心地いいんですもん」

P「じゃ大人しく寝なさい」

卯月「それはイヤですっ」

P「寝ろ」

卯月「やっ!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:26:26.30 ID:KGPBSsw20

P「ぬぬぬ、意地っ張りめ」

卯月「プロデューサーさんだって……ふわぁ」

P「……根比べだ」

卯月「……いいですろも……」ウト

P「ろれつ回ってないぞ」

卯月「むむ……むんっ」パッチリ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:29:45.92 ID:KGPBSsw20

―――

P「……」ジー

卯月「おきて……ま……す、よー……」ウトウト

―――

P「……」ポン ポン

卯月「め……つむってる…………だけ……」

―――

卯月「すー……すー……」

P「おやすみ、卯月」ナデナデ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:33:51.83 ID:KGPBSsw20

―――

ガチャ

未央「こんちゃー!」

凛「こんにちは」

P「ん、こんにちは。二人とも、ちょっとシー、な」

凛「どうし……あ」

卯月「ん……くー……くー……」

未央「あれ、うづきん。……なんてこった、プロデューサーの膝枕だとぅ」

凛「……ずるい、卯月」

P「あのな……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:36:05.89 ID:KGPBSsw20

卯月「ん……むにゃ……んふ、ぷろでゅぅさぁさん……すきぃ」

P「照れるなぁ」

凛「……む」

未央「……うり」ムニッ

卯月「ん、うにゅぅ……」

P「ああ、ホッペが……可哀想だろ?」

未央「ほらしぶりんも!」

凛「うん。……とう」プニッ

P「こらこら」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:39:07.30 ID:KGPBSsw20

卯月「ふにょ……んん、ぁりゅ? ぷろりゅ、はれ? ぅにー! にゃにー!?」ガバッ

P「ああ、起きちゃったじゃないか……」

未央「おのれー! プロデューサーの膝枕はどうだ、気持ちいいんか! ええ!?」ムニー

卯月「いひゃ、いひゃいっ! やみぇへー!」

凛「この柔らかいほっぺたで誘ったの? どうなの卯月!」ムニー

卯月「うええぇ、ひゃふけへぷおりゅーはーひゃーんんっ!」

P「あはは、変顔可愛い!」ナデナデ

卯月「うにゅぁー!」



しまむらさん編おわり


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:42:39.43 ID:KGPBSsw20

P「……あの」

卯月「……」ギュー

未央「……」ギュー

凛「……」ギュー

P(出勤して事務所のドアを開けたらアイドル三人に抱きつかれた)

P(なんだこの状況)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:45:42.37 ID:KGPBSsw20

P「えーと……ど、どうした? 朝から積極的だなぁ」

凛「……ん」コシコシ

P「ちょ、頭擦りつけちゃダメだ凛、可愛いから」

未央「……!」

卯月「……!」

未央「……♪」コシコシ

卯月「……♪」コシコシ

P「わぁ、感染した」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:48:53.78 ID:KGPBSsw20

十分後

P「……まだ?」

卯月「……」コクコク

P「そう……」

未央「……くぅ」

P「未央、顔押しつけたまま寝るな」

凛「……す、すぅ」

P「なんで真似するんだ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:51:17.32 ID:KGPBSsw20

P「と、トイレ行きたいな」

凛「!」パッ

卯月「!」パッ

未央「!」パッ

凛「……」スッ

卯月「……」スッ

未央「……」スッ

P「いやそんな、どうぞどうぞってしなくても」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:53:08.50 ID:KGPBSsw20

P「ふいー、危なかった」フキフキ

ガチャ

未央「……」ギュッ

凛「……」ギュッ

卯月「……」ギュッ

P「ああ油断してた」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:56:05.60 ID:KGPBSsw20

P「なぁ、俺仕事が……って、お前たち今日オフじゃなかった?」

未央「……」コクッ

P「それなのに来たのか……どうして、って聞くのは野暮か?」

未央「……」ニパー

卯月「……」エヘー

凛「……」ニコニコ

P「可愛いなぁ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 21:59:56.30 ID:KGPBSsw20

P「そういえば、なんで喋らないんだ?」

卯月「えへへ、なんとなく気分です」

未央「うん。プロデューサーなら分かってくれるからね!」

凛「ふふ、以心伝心だよ」

P「あれ? 普通に喋った」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:03:16.56 ID:KGPBSsw20

ガチャ

ちひろ「おはようごz、え?」

P「ちひろさん、おはようございます」

ニュージェネ「おはようございまーす」ギュー

ちひろ「……」

パタン

P「ちひろさーん!?」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:05:44.69 ID:KGPBSsw20

そんなこんなで夕方

P「いやぁ今日も疲れたなぁ。精神的に」

P「さて、どうしようか……」チラッ

未央「……」ジー

卯月「……」ジー

凛「……」ジー

P「一緒に帰ろう! と目で訴えかけてくるアイドル、可愛いですね」

ちひろ「ええ、まったくもって可愛らしいです」

P「あ、ちひろさんも一緒に帰りましょう」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:08:28.15 ID:KGPBSsw20

P「というわけで」

凛「私が」グイグイ

未央「いや私が」グイグイ

卯月「ここは私が」グイグイ

P「俺の車の助手席に誰が座るか選手権、開催中です」

ちひろ「早く行きましょうよー」

P「んじゃ、ちひろさんが助手席に座ってください」

ちひろ「はーい」ガチャ

ニュージェネ「あっ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:11:50.79 ID:KGPBSsw20

運転中

卯月「今日もまたプロデューサーさんに勝てなかったねー」

未央「やっぱ抱きつくだけじゃダメかな?」

凛「あえて距離を置くのはどう?」

未央「アリかも」

卯月「でも私たちが我慢できるか……」

凛・未央「あー……」

ちひろ「もはやアイドルってこと忘れてますよねきっと」

P「可愛いなぁ」

ちひろ「プロデューサーさんも大概ですね」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:14:23.07 ID:KGPBSsw20

ちひろ「送ってくれてありがとうございます。また明日ー」

P「お疲れさまでしたー。よーし、行くぞーって」

未央「じゃーんけーん!」

卯月「ポン!」

凛「あーいこーで!」

P「早くしてなー」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:17:05.02 ID:KGPBSsw20

卯月in助手席「島村卯月、人生で一番頑張りました!」

凛「……」

未央「……」

P「後ろの二人は死相が見えそうなくらい落ち込んでるけどな」

未央「……はっそうだ! 次の電柱で交代ね、うづきん!」

凛「あっ、じゃあ私その次」

卯月「えー、しょーがないなー」

P「いちいち停まれと?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:19:54.20 ID:KGPBSsw20

―――

未央「じゃね、ありがとプロデューサー! 大好き!」

―――

卯月「また明日、プロデューサーさんっ! 大好きです! えへへへっ♪」

―――

凛「ばいばいプロデューサー。そ、その……だ、大好き……あぅ」



P「あいつらには勝てそうにありません、と。それでもいいけどね!」



おわり


103: ふぇぇ紳士 ◆Gzzr1HcUEI 2013/01/25(金) 22:21:19.93 ID:Cixh6u180

未央!未央!未央!未央ぉぉおうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!
未央未央未央ぉううぁわぁああああ!!!
?あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん?んはぁっ!
本田未央たんの84センチメートルの柔らか巨乳をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!
あぁあ!!?間違えた!モミモミしたいお!モミモミ!モミモミ!ペロペロモミモミ!ペロペロモミモミ…きゅんきゅんきゅい!!?
クリスマスSRの未央たん可愛かったよぉ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
?ボイス付きアイドル化されて良かったね未央たん!あぁあああああ!かわいい!
未央たん!かわいい!あっああぁああ!?第3弾CDも発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!
にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!?ぐあああああああああああ!!!ソーシャルなんて現実じゃない!!!!
モゲマスもコミックもよく考えたら…?未 央  ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!?
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!
はぁああああああん!!シンデレラガールズぅうううう!!?この!ちきしょー!やめてやる!!
現実なんかやめ…て…え!?見…てる?フロントの未央ちゃんが僕を見てる??
リーダーのSR+【ニュージェネレーション】本田未央ちゃんが僕を見てるぞ!未央ちゃんが僕を見てるぞ!
コミカライズの未央ちゃんが僕を見てるぞ!!?ボイス付きの未央ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!
よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!?いやっほぉおおおおおおお!!!
僕には未央ちゃんがいる!!やったよ凛!!りゅうせぇええ☆☆★!!!?あ、モゲマスの未央ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
?あっあんああっああんあレイナ様ぁあ!!う、卯月ィ!!
藍子ぉおおおおお!!!茜ェええええ!!?ミツボシパッて弾けて飛びのって流星ぇえええ!!俺の想いよ未央へ届け!!
パッション一の素直っ子の未央☆☆★へ届け!?


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:23:45.98 ID:l1kctFcX0



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:23:52.86 ID:MZJsOfek0

おっつおっつ!!
やっぱニュージェネ組はいいね、ほっこりする


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:モバマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。