スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQN「ギャハハwwこいつちびってやがるww」 俺「卍…解…」 

カテゴリ:糞SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 20:17:41.36 ID:Y6AzHV1G0

電車の中


DQN「おい、どけ」
俺「え、え?」

DQN「座りてーんだよどけ」
彼女「ちょっと~かわいそうだよww」

俺「…(ス~)」

DQN「あんがとwwww」
彼女「ごめんねw」


DQN「んでさ~…ん…!?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 20:24:34.82 ID:Y6AzHV1G0

DQN「おいなんだよお前」

お婆「今のはなかったんじゃないのかえ~…」

DQN「あん?何がだよ」

ざわ…ざわ…

お婆「いやだから…」

俺「……」

DQN「うっせーんだよどっかいけ!ドン!」

お婆「あいたたた…」

俺「…!!!!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 20:31:26.03 ID:Y6AzHV1G0

ざわ…ざわ…


俺「お、おばあちゃんだ、だいじょうぶですか?ぷるぷる」

お婆「あいた…た…」

ざわ…ざわ

彼女「ちょ、ちょっとやばくない?何も飛ばすことは…」

DQN「ちっちょっと押しただけじゃねーかよあーーーーーんすいません。すいませんすいませんすいませんすいませすいません」

彼女「何回すいません言うのさwwwwww」

DQN「wwwwwwwwwww」

お婆「もうあたしゃ大丈夫だから…次で降りるたい」

俺「……(グオオオオ)」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 20:46:23.28 ID:Y6AzHV1G0

ウィーン・・

お婆「あんたも降りたほうがいいんじゃないかえ・・最近の若者は怖いっちゃねえ・・」

俺「・・・」

お婆「じゃあね」

DQN「おうおりのかばあさんごめんよwwwwww傘忘れてんぞーーーーバン!うおwwなんか異様に冷たい傘だったなww」

ガシャン!

お婆「ひっ!!・・こりゃあたしのじゃないたいねえ・・」

俺「・・のだ」

DQN「?」

俺「そ、それは俺の傘・・です」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:01:02.43 ID:Y6AzHV1G0

俺「おばあちゃんごめん・・」

お婆「・・?ブルッ ブルブル あんた唇が・・」

ウィーーーーン・・(ドア)

俺「(スタスタスタ)」

DQN「何?何だよ?wwwwwww」

彼女「きゃ~w」

DQN「危ねえてwwそれで目突くつもりかよwwんwww」

DQN「ギャハハwwこいつちびってやがるww」

俺「卍・・・解・・・」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:19:29.54 ID:Y6AzHV1G0

俺「床下乱調雲沫吐(ゆかしたランチョンマット)!!!!!」

DQN「どわっ!!!!!」

彼女「きゃん!!」

お婆「!!! うう・・」

DQN「か、かさが・・なんだってんだよその形・・つ、つか」

DQN「寒い!!!!!!!」

俺「死ぬ前に教えておく・・」

俺「これはかさではない、俺の斬魄刀だ。そして」

DQN「あ、あん?ざんぱく・・・何??ブルッ」

俺「俺は漏らしてなどいない・・この液体は凝縮によってできたもの」

DQN「な、なにいってんだお前ひーーーーーーーーーぃっっっっ!!」

俺「卍解状態の俺はすべての状態変化を操る・・今からお前を・・」

俺「蒸発させる!!!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:34:15.91 ID:Y6AzHV1G0

スーーーーーーーー・・・・・・

彼女「キャーーーーーーーーーー!!」

俺「ばあちゃんに謝れ・・謝れドン!!!!」

DQN「あ、あつい!!!あついいいいいいからd・・うぁぁああああ」

俺「謝れ!!!!!!!」

DQN「ご、ごめんなs・・うああああああ」

俺「ゆるさねええ!!!し・・!?」

お婆「は、はわわや、やめてくれぇーーーーーーーい!!」

お婆「もうやめておくれよぉ・・ごめんよお・・お願いだから・・ギュッ」

俺「・・ばあ・・ちゃん・・」


スーーーーーーーーーゥーーーー・・・


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:41:55.94 ID:Y6AzHV1G0

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


お婆「ごめんねえ・・わたしのために・・」

俺「こ、こっちのセリフだよ・・俺さ、嬉しかった。それに・・とめてくれてありがとう」

お婆「・・ううん(あのかさのことは・・)」



ーーーーーースタスタスタスタ・・

俺「そうだ、ばあちゃん冷え性とか大丈夫?」

お婆「へ、へぇえ??うーん 寝るときは寒いねえ 足元から冷えるし靴下はいても寒いし・・」

俺「ははっ その冷え性治してあげるよ!」




DQNとの遭遇~おばあちゃんとの出会い~ 完


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:53:47.10 ID:Y6AzHV1G0

のちにまたこのDQNが出てきて俺と戦う
ばあちゃんが実は・・
てきな感じで想像してください疲れた ざんぱくとうの名前が特に迷った
なんでもよかったんだけどめっちゃ迷った  疲れた終わり


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:56:36.68 ID:i7fOecHG0

フルボッコだドン!


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 22:05:40.85 ID:r9GQxzos0

もう一回謝れるドン


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 22:07:16.77 ID:ZdVhykl/0

終わったドン?


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。