スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「あかんやつらが手を組んだ……」 

カテゴリ:モバマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:10:28.17 ID:4Y+JENPo0

事務所

モバP「お、もういるのか、おはよう日菜子」

日菜子「むふふ、おはようございますモバPさん」

モバP「はいよ~。それじゃひとまず奥で事務仕事してくるから、何かあったらいつでも呼ぶんだぞ?」

日菜子「了解ですー、むふふ」

???「ひーなっこちゃん!」ガハァ

日菜子「おっと、むふふ」ヒョイ

???「あう、かわされた……」

日菜子「むふふ、おはようございます。お待ちしていましたよ、むふふふ~」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:12:29.33 ID:4Y+JENPo0

日菜子「むふふ、せっかくなので今日はモバPさんで妄想しましょう」

???「おお、いいねいいね~!みなぎってきたよ!」

日菜子「あなたのおかげで妄想の幅が広がりました、むふふふ~」

???「そうでしょそうでしょ、それじゃ今日も張り切って妄想いってみよー!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:13:31.89 ID:4Y+JENPo0

日菜子「では早速、……ところでお相手はどうしましょうか?」

???「あ、じゃあ次に事務所に来た人で!」

日菜子「なるほど、……おやあれは楓さんですねえ、むふふふ~」

???「モバPさんと楓さんなら、こうかな?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:16:38.33 ID:4Y+JENPo0

。。。

居酒屋

楓「う~、店員さん、梅酒ロックお願いします」

モバP「ああちょっと楓さん、さすがに飲み過ぎですってば」

楓「……梅酒、おかわり」ムスッ

モバP「むくれたってダメです」

楓「……」ツンツン

モバP「あ、ちょ、脇腹止めて」

楓「こちょこちょ」

モバP「あははははーーってこらっ!?」

楓「もう、騒いじゃダメですよ? めっ!」

モバP「この人ひどい……理不尽だ……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:19:00.31 ID:4Y+JENPo0

楓「……ふふ、すみません。モバPさんにはつい甘えたくなっちゃうんです」

モバP「まったく……あと1杯だけですからね?」

楓「はい♪」

モバP「調子良いんだから、もう」

楓「調子はDo-Dai? なんて……ふふっ」

モバP「事務所違うしゲームも違うし……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:22:44.09 ID:4Y+JENPo0

帰り道

楓「……っ」フラフラ

モバP「わわ、だから言ったのに。……ほら、肩貸しますよ?」

楓「……お姫さま抱っこ?」ジッ

モバP「んな無茶な……」

楓「無茶じゃないれす、……私のプロデューサーさんなら出来ます」

モバP「いやいや、色々問題ありますからね?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:26:20.33 ID:4Y+JENPo0

楓「……問題ないです」ズイッ

モバP「ちょっと楓さん、近い近い!」

楓「……無問題です」ズズイッ

モバP「ダメですよ、ユーアイドル!ミープロデューサー!ていうかそもそも――」

楓「むぅ、……えいっ」グイッ

モバP「!?」

チュッ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:29:38.17 ID:4Y+JENPo0

楓「……ほら、問題ないでしょう?」

モバP「え、あの…えっ?」

楓「驚きましたか? ふふっ、でも私をこんな風にしちゃったのは、モバPさんなんですから」

楓「これからも、きちんとプロデュースしてくれなきゃ……めっ!ですよ?」

モバP「」クラクラ

楓「さあまだまだ夜は長いですよ? 今夜は頑張らナイト、……なーんて、ふふっ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:32:27.17 ID:4Y+JENPo0

。。。

???「っと、こんな感じで二人は夜の街へ消えていく訳よ!」ムフー

日菜子「良いですねえ、むふふ。描写の引き出しをどう仕入れたのか気になります」

???「そりゃあ、そういう系の漫画とか小説とかだよ~」

日菜子「なるほど~、日菜子も妄想ミネラルを蓄えないといけないですねえ、むふふふ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:39:35.61 ID:4Y+JENPo0

日菜子「おや、お次は凛さん奈緒さんに加蓮さんですねえ、むふふふ」

???「仲良し三人組だね!いいねいいね~」

日菜子「むふふ、では妄想スタートですよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:43:08.01 ID:4Y+JENPo0

。。。

凛「プロデューサーさ、最近良い匂いがするんだよね。シャンプー変えたのかな?」

奈緒「お、そうなのか? よく気づくなー」

加蓮「凛はモバPさんにべったりだからね」

凛「そんなこと、……まあ、あるけど」

奈緒「あるんだ」

凛「……うん」

加蓮「……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:46:56.21 ID:4Y+JENPo0

加蓮「でもあたしも最近さ、気付くとついモバPさんのこと考えちゃうんだ」

奈緒「はあ、なんだそりゃ?」

加蓮「なんていうか、些細なことでもドキドキしちゃうんだよね」

奈緒「へ?」

加蓮「後々それであることないこと考えちゃったりして、その……」

凛「……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:47:44.40 ID:8vcAPbA00

no title

no title

喜多日菜子(15)

no title

no title

高垣楓(25)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:51:04.25 ID:4Y+JENPo0

加蓮「やっぱり私、ちょっと変なのかな?」

奈緒「おいおい、変も何も、だってあいつは……」

凛「でも、わかるかも。私も、プロデューサーに褒めてもらえると嬉しいし……」

加蓮「……!」

凛「頭撫でてくれた時とかは、その……ドキドキも、するよ」

奈緒「り、凛まで?マジかよ……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:54:32.05 ID:8vcAPbA00

no title

no title

渋谷凛(15)

no title

no title

神谷奈緒(17)

no title

no title

北条加蓮(16)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 00:56:15.91 ID:4Y+JENPo0

凛「だってその、……ちょっと頼りなさそうだなって、初めて会った時は思ったけどさ」

加蓮「それに真面目ちゃんぽくって苦手かもって思っちゃったり。……最初だけ、だけどね」

奈緒「まあなあ……だけど蓋を開けてみたら結構熱血というか、案外強引というか」

凛「ああ、あれでしょ?『この仕事は凛にしか出来ない!やってくれるね!』ってこう、手をぎゅってしてきたりするやつ」

奈緒「そうそう、なんかこう、物理的にぐいぐい迫ってきたりして焦るよな。……まったく、こっちの気も知らないでさ」

加蓮「……なんだ、奈緒もちょっとはその気あるんじゃないの?」

奈緒「う、うるさいな……別に良いだろ!////」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:00:04.70 ID:4Y+JENPo0

凛「仕事に集中してる時は格好いいし、でも意外と抜けてるとこもあって可愛いし」

加蓮「私が風邪引いた時なんかすっごい心配してくれたりさ」

奈緒「あれはちょっと過保護すぎな気もしたけど、……まあそれがあいつの良いとこなのかもな」


凛「……それで?加蓮はプロデューサーでどんな妄想してるの?」

加蓮「も、妄想って……まあ、そうなんだけどさ」

奈緒「そうなのかよ……」アゼン


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:04:34.84 ID:4Y+JENPo0

加蓮「えっとだから、……こないだはお世話になっちゃったから……今度は逆に、モバPさんを看病してあげたいかもなって」

凛「なるほど、良いね。興奮するよ」

奈緒「いやいや、つーか病気なんてならん方が良いだろうに……!」

加蓮「だから、あくまで例えっていうかさ。……元気なのが一番だけど、たまには弱って欲しいっていうか、頼って欲しいというか」

凛「良いね、すごく興奮する」

奈緒「うぅ、今日の凛はどうしちゃったんだよ……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:08:07.07 ID:4Y+JENPo0

凛「奈緒は、そういうのしないの?」

奈緒「も、妄想か? しないって!しないしない!」

凛「そうなんだ、私はよくするけど」

加蓮「するんだ……ちなみにどんな?」

凛「えっと、例えばこんな……」スッ

奈緒「えっ、わわわなんだ急に隣に来て」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:12:07.34 ID:4Y+JENPo0

凛「……」コテン

加蓮「奈緒の肩に頭を乗せたね」

凛「……」ジィー

加蓮「お、ばっちり上目使い」

奈緒「り、りりり凛? あの、ちょ、顔ちかっ」

凛「やっぱり、……良い匂いがする」クンクン

奈緒「――っ!?」ビクッ

凛「ふふ、私の匂いもつけちゃえ」スリスリ

奈緒「ふにゃあ!?」ビビクンッ

加蓮「おお、二人とも違う意味でみくちゃんみたい」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:16:08.16 ID:4Y+JENPo0

奈緒「ななななな、ななななななな――!?」ギクシャク

凛「ふふっ、そうそう。そうやって焦らせてみたいんだよね」クンクンムギュー

奈緒「わ、わかった!わかったからもう離れ、あ、やめ、凛そこは……////」

加蓮「てゆーか二人だけずるい、えいっ」ズイガバァムギュー

奈緒「ぎぁああかれえええん頼むから落ち着けええぇ……////」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:20:12.36 ID:4Y+JENPo0

。。。

日菜子「むふふふ~、あえての想い人モバPさん不在パターンでしたが、いかがでしたか?」

???「妄想の中でさらに妄想させるとは……さすが日菜子ちゃんハイセンス!あとこういう触れ愛も大好物!」

日菜子「むふふ、楽しいですねえ、楽しいですねえ……!」テカテカ


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:24:32.67 ID:4Y+JENPo0

日菜子「さてお次は……おや、京町アイプロのちびっこコンビですねえむふふ」

???「千枝ちゃんに桃華ちゃんかあ、じゃあこんな感じ……かな?」ゴニョゴニョ

日菜子「むふふ、そっちもいけるんですねえ、流石ですむふふ」

???「ふっふっふ、女の子が可愛いければ何でも良いのだよ!」

日菜子「では行きますよお、むふふ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:28:58.77 ID:4Y+JENPo0

。。。

桃華「せっかく旅館に泊まるのですから、大浴場に行きますわよ千枝ちゃん!」

千枝「わわっ、わかったから押さないでよ桃華ちゃん」



大浴場、脱衣場

桃華「せっかくの浴衣、せっかくの和装ですもの。と言ったらやはりアレをですわね、アレ!」

千枝「えっと、アレって?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:32:54.29 ID:8vcAPbA00

no title

no title

櫻井桃華(12)

no title

no title

佐々木千枝(11)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:33:13.77 ID:4Y+JENPo0

桃華「アレと言ったらアレですわよ、アーレ~♪」

千枝「……?」キョトン

桃華「ほら、こうして帯を持ってですね……」ガシッ

千枝「ふぇ!? なな、何を? 」シュルシュル

桃華「それ!ですわ~、アーレ~♪」グイイッ

千枝「ひゃああぁ~!?」グルグル

桃華「ふわぁあ……!」パアア


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:38:20.46 ID:4Y+JENPo0

千枝「うぅ、世界がぐるぐる……」ヘナヘナペタン

桃華「さあ、早く!千枝ちゃん、早くわたくしにもやってくださいまし!」フンスッ

千枝「……ちょ、ちょっと待って、あぅ~」ユカタハダケ

桃華「(……わわ、色っぽいですわ千枝ちゃん)」






モバP「フンフンフフーン、フンフ……フゥ?」

桃華・千枝「ーー!?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:42:55.66 ID:4Y+JENPo0

千枝「なな、なんで隠れるの桃華ちゃん?」ヒソヒソ

桃華「みなまで言うな、ですわ!……Pちゃまと一緒にお風呂、入りたくありませんの!?」ヒソヒソ

千枝「そ、それは…… でも、こんな覗き見みたいに……」ヒソヒソ

桃華「お静かに!……Pちゃまがお召し物をお脱ぎになりますわ」ヒソヒソ


モバP「フンフフー♪」ボロン


千枝「う、うわぁ~! モバPさん……大人だ////」

桃華「これは、……お見事ですわね////」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:46:49.94 ID:4Y+JENPo0

。。。

???「覗かれる、ではなく覗かせるとは……! さすが思春期……エロエロコンビ……!」

日菜子「むふふ~、まだまだ行きますよお~!」

???「ううぅ~楽しいねえ、楽しいねえ……!」テカテカテカテカ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:52:08.62 ID:4Y+JENPo0

。。。

桃華「さて、Pちゃまは浴場に向かわれましたわね!」

千枝「ね、ねえ桃華ちゃん……ホントに行くの?」

桃華「もちろんです! ……あ、ですがその前に、その」

千枝「……?」キョトン

桃華「こんなことを頼むのは、はしたないとは思うのですが……」

桃華「千枝ちゃん、わたくしにも、その……してくださいまし////」

千枝「……えっ? ……ふぇ!?」






桃華「うふふふふ、アーレ~!」クルクルポワワ

千枝「……」ゲンナリ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 01:56:31.97 ID:4Y+JENPo0

大浴場

カポーン


千枝「ほ、他にお客さんいないみたいだね……」

桃華「むぅ、湯気で視界が曇って……あ、Pちゃまいらっしゃいましたわ!」

千枝「もうお湯に浸かって……じゃ、じゃあ千枝たちも」イソイソ

桃華「お待ちなさい千枝ちゃん!淑女たるもの、身体も清めぬうちに湯船に入ってはなりませんわ」

千枝「う、うぅ……でも、早くしないとモバPさん上がっちゃうかも……」

桃華「大丈夫ですわ!Pちゃまは長風呂なんですのよ」

千枝「そ、そうなんだ。……あれ、何で桃華ちゃんそんなこと知ってるの?」

桃華「えっ?」

千枝「えっ?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:00:37.20 ID:4Y+JENPo0

千枝「……」ジトー

桃華「ち、ちちち違いますわ!抜け駆けなんてしてないですの!ちょっと興味があって調べて頂いただけで……!」

千枝「……誰に?」

桃華「それは、えっと……ミ、ミルキィな探偵さんに…」

千枝「ふぅーん?」ズモモモ

桃華「(ドス黒いオーラ!? こ、怖いですわ千枝ちゃん! ……でも、なんだか身体が火照って)」ゾクゾク


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:05:05.71 ID:4Y+JENPo0

カポーン

モバP「ふぃ~気持ち良い! よーしそろそろ一回上がってサウナでも……」ザバァ

千枝・桃華「あっ」

モバP「……え?」ボンボロボロローン

千枝・桃華「」

モバP「」ボンボロボロローン


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:07:11.21 ID:8vcAPbA00

no title

安斎都(16)
探偵さ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:09:20.81 ID:4Y+JENPo0

。。。

事務所

早苗「やあ♪」

モバP「なんですか早苗さんそんなニコニコして」ガチャン

モバP「……ガチャン?」

早苗「不穏な気配を察知したから、とりあえずタイホかなって♪」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:13:44.49 ID:4Y+JENPo0

モバP「ーーい、言いがかりだ!冤罪だぁ!不穏ってなんですか!?」

早苗「うーん、いたいけな少女たちにセクハラしそうな気配?」

モバP「は、はあ!?」

早苗「心あたりない?ホントに?」

モバP「いや心辺りもなにも…… あの、だって」




モバP「……私、女なんですけど?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:13:57.03 ID:8vcAPbA00

no title

片桐早苗(28)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:14:03.11 ID:u5V2nHJ50

!?


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:15:05.53 ID:XIak27KA0

なんだって


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:15:08.87 ID:muYEYr8iO

ナニがボロロンしたんですかねえ…


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:15:30.83 ID:8zWkG9qh0

混浴じゃなかったのか


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:16:44.42 ID:4Y+JENPo0

早苗「あら? え、……マジ?」

モバP「マジですってば」

早苗「うーん、ちょっとボディチェックおーけい?」

モバP「ボディチェックって何を…ひゃあっ!?」モニュモニュ

早苗「ホントだ、胸ある……程よくたわわで、実にやわらかいボロロンおっぱい」ワキワキ


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:21:38.87 ID:4Y+JENPo0

モバP「も、もう……いきなり、確かに文字だけじゃわかりづらかったかもですけど////」

早苗「うん、でもやっぱ紛らわしかったからこそタイホかなって♪」

モバP「あれえ、それでもアウトなの!?」

早苗「詳しい話はうちでじゃないや署の方で聞くから……」

早苗「お姉さん頑張っちゃうんだから、……Pちゃん今夜は寝かせないぞ?////」ムラムラ

モバP「完全に私情だ!? ぎゃああこんなん不当逮捕だああ~」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:24:45.14 ID:4Y+JENPo0

日菜子「おやおや、早苗さんにモバPさんったら、むふふふ~」

???「これはまた……捗っちゃうねえ、モバPさんも早苗さんも可愛いもんねえ……じゅるりっ」

日菜子「女の子同士、そういうのもありだったんですねえ愛海さん。一粒で二度おいしいですよ~むふふふ」

愛海「ふっふっふ、やっぱり可愛い女の子って最高だよね!」


終わり


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:26:11.24 ID:8vcAPbA00

no title

no title

棟方愛美(14)


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/27(日) 02:27:48.75 ID:4Y+JENPo0

おまけ

日菜子「女の子同士もありですねえ、むふふ」

愛海「そう思う? なら日菜子ちゃん、……良いよね?」ワキワキ

日菜子「あらあら、これもまた妄想の続きですかねえ、むふふ~///」


終わろう


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:モバマスSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。