スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「カラーコンタクトですか」小鳥「この前の撮影のあまり物ですよ」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 20:50:37.79 ID:34mky2qn0

P「この前の…ああ、あの雪歩の」

小鳥「そうそう、中二病でも穴を掘りたいですね」

P「いやぁ…中二病美少女化石発掘物ドラマなんてどうなるかと思いましたけど…」

小鳥「雪歩ちゃんの演技力はすごいですねぇ…オッドアイの雪歩ちゃん…可愛かったなぁ…」

P「まったく、俺も驚きです。でそのときの」

小鳥「はい、なんでもあまったけどもういらないとかでついついもらっちゃいました」

P「へぇ…いろんな色があるんですね」

小鳥「ふふ、カラーコンタクトなんて普段つける機会ないですからね」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 20:54:05.43 ID:34mky2qn0

小鳥「ではためしに」スッ

小鳥「深淵の闇に染まれっ!」

P「………」

小鳥「………」プルプルプルッ

P「………」

小鳥「なにか言ってください…」

P「すっごい恥ずかしいですね」

小鳥「はい…歳を考えるべきでした」

P「なに、まだ若いですよ」

小鳥「我は永遠の時を生きる存在、年齢など記憶の遥か彼方に逝ってしまったのだ…ふっふっふ…」

P「………」

小鳥「………ごめんなさい」

P「いえいいです、ちょっとかわいいかなって思っちゃった自分もいますので」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 20:58:12.69 ID:34mky2qn0

P「それでこれどうするんですか?」

小鳥「んー、もらっちゃってなんなんですけど捨てちゃおうかなって」

小鳥「目に入れるものですし…間違いが起こったら怖いですからね」

P「それもそうですね、うちには律子以外メガネかけてる子はいないから触らないとは思いますけど…残念なことに」

小鳥「あら?プロデューサーさんメガネっこがお好きで?」

P「はは…実は」

小鳥「むむむ…メガネでもかけてみようかしら」

P「音無さんはそのままでも十分魅力的ですよ」

小鳥「え?そうですかぁ~やだぁ~プロデューサーさんったら~えへへ」

P「…俺もつけて見ようかな、これ」

小鳥「あ、一ついります?どうせ捨てちゃいますしどうぞどうぞ」

P「じゃあ一つもらいますね」

小鳥「ふふ、プロデューサーさんも中二病ですか?」

P「いえいえ、オッドアイにあこがれただけですよ」

小鳥「ふふふ…我眷属がまた一人増える…これで我一族も安泰だ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:02:02.15 ID:34mky2qn0

P「結構気に入ってます?それ」

小鳥「………ちょっとだけ」

P「好きそうですものね」

小鳥「それは褒められてるのでしょうか?」

P「もちろん」

小鳥「もう…プロデューサーさんったらそういうところ卑怯なんだから」

P「大人はそういうものですよ」

小鳥「私のほうが大人ですぅ~」

P「はいはい、音無さんは大人ですねぇ」ナデナデ

小鳥「も!もう…そうやっていつも…嫌いじゃないですけどっ」

P「くっくっく…我右腕の魔力に魅せられし者がまた一人…」

小鳥「い…いいムードが台無しですよ!」

P「あはは、じゃあ俺そろそろ帰りますね?」

小鳥「あ、はーい。お疲れ様でした」

P「じゃあまた明日、お疲れ様でーす」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:06:05.57 ID:34mky2qn0

P自宅

P「ふぅ…後は寝るだけなんだが…」

P「…もらったコンタクト付けてみるか、そういえばこれ何色なんだろう?」

P「…『あの目色』?」

P「なんだ?あの目って…とりあえずあけてみるか」パカッ

P「…透明?うーん…これ普通のコンタクトかなぁ…付けてみるか、よっと…」

P「かがみかがみ……oh…」

P「目のハイライトが完全に消えてる…」

P「これじゃまるで…ああ、あの目ってそういうことか」

P「最近はこんなカラコンもあるんだなぁ…演技ってのも大変だ」

P「さて…はずしてねよう………ん?はずれない?」

P「ん?ん?あ…あれれ…おかしいな…」

P「と、取り扱い説明書!俺コンタクトつけるの初めてだからとりかたがわからない!」

P「えーっとなになに…」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:09:56.17 ID:34mky2qn0

P「『このカラーコンタクトは最新のテクノロジーを使用しており』」

P「『衛生的で違和感無く、また長期的に使えるようになっています』」

P「『そのため、コンタクトをつけてから3日は絶対に取れません、3日たったら自然とはがれます』」

P「『あなたの素敵なコンタクトライフを応援する、水瀬ライフサポートグループ』」

P「………まじか…つか伊織の会社の系列か…」

P「…まぁ、いいか。べつに目が見えないとかじゃないし」

P「それに…ふむふむ、目とかには影響がないらしいし…問題ないだろう」

P「音無さんに馬鹿にされちゃうくらいか…はは、困ったな」

P「…寝よう、なんだか無性に疲れた…」

P「Zzzzzz.....」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:12:32.16 ID:34mky2qn0

翌日

P「ふぁぁ…よく寝た…」

P「…なんか忘れてる気がするな…なんだっけ?」

P「………あ!今日は朝1で事務所に行って書類整理するんだった!」

P「これは急がなきゃいけん!もうこんな時間だっ!」

P「いってきまーす!!」

<ガチャ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:14:51.98 ID:34mky2qn0

<ガチャ

P「おはようございまーす!」

小鳥「あ、おはようございまーす」

小鳥「今日はずいぶんとはや…いん…で…すね、ぷ…プロデューサー…さん?」

P「はは…今日はちょっと書類の整理をしたくて」

小鳥「あ、ああ…そうなんですか…」

P「ええ、じゃあすみません」

小鳥「ええ…頑張ってくださいね」

P「ありがとうございます…よっこらせっと」

小鳥「………」

小鳥「(プロデューサーさんがレイプ目で事務所に入ってきた)」

小鳥「(え?え?どうすればいいの私?え?)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:20:04.79 ID:34mky2qn0

小鳥「ぷ…プロデューサーさん?」

P「はい?どうかしましたか?」

小鳥「いえその…昨日なにかありました?」

P「昨日って、帰ってからですかね?」

P「うーん…あ、特になにもないですよ」

小鳥「そうですか…いえ、それならいいんです」

P「(そういえば昨日洗剤切れちゃったなぁ…帰り買っていこう)」

小鳥「(今あって言ったわよね…しかもなんだか悩ましげな顔…)」

P「…なくなっちゃったんだよなぁ…」

小鳥「!?(なくした!?何を!?)」

P「はぁ…(俺の使ってる洗剤ってちょっと遠いスーパーにあるんだよねぇ…面倒だ)」

小鳥「(物憂げにため息…これはまさか)」

小鳥「(プロデューサーさんは昨日帰った後になにものかによって襲われた!?!?!?)」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:25:08.80 ID:34mky2qn0

小鳥「(それに無くした…なくしたってなに?)」

小鳥「(お金?いえ財布?それともなにか別のものかしら…)」

小鳥「(お金だったら取られたとかいうわよね…そもそもそのくらいなら警察に行ってても…やっぱり)」

小鳥「(お…お尻の…しょ…しょしょ…うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!)」

小鳥「(そんな…プロデューサーさんの始めては…私が奪うはずだったのに…)」

小鳥「(もちろんわたしの初めても捧げて…いやん☆)」

小鳥「(そ、そうじゃないわ小鳥、そうじゃないのよ…)」

小鳥「(きっとプロデューサーは昨日の帰り道にがたいのいい男に襲われてその純潔を散らしてしまったんだわ)」

小鳥「(それでこんなに落ち込んでいるのね…)」

小鳥「プロデューサーさん」

P「なんですか?」

小鳥「私が…ついてますからね!」

P「?は、はい(書類整理追いつかなかったら手伝ってくれるってことかな?)」

小鳥「(今度は私が守るわ!プロデューサーのお尻は私のものよ!!)」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:28:42.87 ID:34mky2qn0

<ガチャ

律子「おはようございまーす」

小鳥「あ、律子さんおはようございます」

律子「ふぅ、今日も寒いですね」

小鳥「ええ…身も心も寒いですね…」

律子「?…ま、まぁそうですね」

律子「あ、プロデューサー殿居たんですか、挨拶くらいしてくれてもいいんじゃありません?」

P「お、律子か、おはよう。ごめんちょっと書類に集中してて」

律子「!?!?!!?」

律子「(え?プロデューサーの目が…死んでる!?)」

P「はは…ごめんな、今日中に仕上げたくてさ…時間ないから…」

律子「!?!?!?!?」

律子「(時間ない!?そんな急な用件あったかしら…)」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:33:13.21 ID:34mky2qn0

律子「(いえいえ律子、そもそもこの目は尋常じゃないわ)」

律子「(一切目の光が感じられないっていうか…そうまるであの目よね)」

律子「(…時間がない…?今日中に仕上げたい…なにか理由が)」

P「あ、そういえば医者にも行かなきゃなぁ…」

律子「(医者!?)」

P「まさか…俺がなるとは…なさけないな」

P「(顎関節症ってストレスでもなるんだぁ…最近忙しかったし)」

律子「(ま…まさか…プロデューサーどのは…びょ…病気!?それも生命に関わる!?)」

律子「な…なんてことなの…」フラッ

P「おおい!律子大丈夫か!」

小鳥「(ああ…気が付いてしまったのね…律子さん)」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:36:53.77 ID:34mky2qn0

律子「す…すみません、ちょっとめまいがして」

P「おいおい大丈夫かー?」

P「俺みたいに…なるなよ?」

律子「!?!?!?」

律子「や…やっぱりそうなんですか!?」

P「!?…知ってたのか」

律子「いえ…その私も今さっき気が付いて…」

P「…内緒な?」

律子「!?な、なぜですか!」

P「そりゃ…心配かけたくないし」

P「(というより顎関節症で病院にかかるってちょっとなんだか恥ずかしい)」

律子「(なにか…考えがあるのね…)」

律子「…ちょっと一人で考えさせてください…」

P「??あ…ああ、くれぐれも内緒にな?」

律子「はい…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:38:55.66 ID:34mky2qn0

律子「………」ズーン

小鳥「………律子さん…」

律子「音無さん…」

小鳥「…私たちが…支えてあげましょう、プロデューサーさんを」

律子「!?…お…音無さぁ~ん」ダッ

小鳥「律子さん!!」ギュ

律子「うう…ううぅ!!」

小鳥「私も悲しいわっ!!」

P「(二人とも朝からなに抱き合ってるんだろう…)」

<ガチャ

P「お、誰かきたな」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:43:39.16 ID:34mky2qn0

春香「おはようございまーす!」

千早「おはようございます」

P「おう、おはよう」

小鳥「ううぅぅ!!律子さん!!!」

律子「音無さんっ!!うぅぅぅ!!」

春香「な…なにやってるんですか?」

千早「…なきながら抱き合ってるわね」

P「さ…さぁ…」

春香「あ、プロデューサーさん!今日クッキー作ってきたんですよ!」

P「お!本当か?春香のクッキーおいしいからなぁ…」

春香「えへへ…そういってもらえると嬉しいです、はいどう…ぞ?」ポロッ

P「うおっと!危うく落とすところだった…キャッチできてよかった」

春香「(え?プロデューサーがレイプ目?え?)」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:49:24.68 ID:34mky2qn0

P「はは、春香はおっちょこちょいだなぁ」

春香「あ、え、えへへ…すみません(乾いた笑み…)」

P「じゃあさっそく1枚……うん、やっぱりおいしいなぁ…」

春香「(なんだかいつもより味わって食べてる気がする…)」

P「いつもありがとう、春香」

春香「は、はい(生気が篭ってない笑顔…なにがあったんですかプロデューサーさん…)」

春香「じゃ、じゃあ…ソファでレッスンまで時間潰してますね!」

P「ああ、あんまり相手して上げられなくてごめんな」

春香「!?」

P「今…あんまり余裕無くてな(書類結構時間かかりそうだし)」

春香「!?…き!気にしないでください!本でも読んでますから!」

春香「(余裕?余裕がないってなに!?)」

千早「…どうかしたの?春香?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:53:38.33 ID:34mky2qn0

春香「千早ちゃん…」

千早「なにか悩み事?相談くらいなら乗るけど」

春香「う、うん…そのね…プロデューサーさんがね」

千早「プロデューサーがどうかしたの?」

春香「その…目が…なんていうかな」

千早「目?」

春香「う、うん…その…れ…れ…」

千早「れ?」

春香「(レイプ目なんていえないよぉ!!)」

春香「…な、なんだか千早ちゃんとか雪歩がたまになる目になってるの…」

千早「…?私や萩原さんがたまになる目?」

春香「う…うん…それいがいちょっと表現のしようがないかなって…」

千早「…意味がわからないわ、直接見てきましょう」

春香「ま、まって!!そ…そっとしてあげてほしいの…」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:58:36.68 ID:34mky2qn0

千早「なぜ?私もプロデューサーが心配になのよ?」

春香「その…今余裕ないみたいだから…プロデューサーさん…」

千早「………そう、じゃあさっきの目の話を春香から詳しく聞くことにしましょう」

春香「う、うん…そのなんていうかなぁ…」

<今日の巷アンケートのコーナー!

春香「あ、千早ちゃんちょっとこれみて!テレビ!」

千早「わかったわ」

<本日は、世の男性はやはり胸の大きい女性に惹かれるのか徹底アンケート!

<東京100人に聞きました!あなたは巨乳の女性が好きですか?

春香「………」

千早「………」

<男「やっぱり大きいほうが好きですね、貧乳なんてありえませんよ」

<男「大きいほうがなんか安心しますよねぇ…母性にあふれるっていうかー…やっぱ巨乳っすわ」

千早「………」ペタペタ

春香「(あ、プロデューサーさんと同じ目をしてる)」ピロリロリーン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:02:37.64 ID:34mky2qn0

春香「ち、千早ちゃん?」

千早「なに?春香?私は今すこしこの男性を呪うのに忙しいのだけれども」

春香「こ…これみて」

千早「なに?………私ね」

春香「こ…これとおんなじ目!今のプロデューサーさん!」

千早「………なるほど、というより私こんなに死んだ魚のような目をしてたかしら?」

春香「あ、あはは…光の加減かもね…」

千早「そうね…でもこんな精気の無い目をしてるだなんて…なにかあったのかしら?」

春香「それが…よくわからないけど…余裕が無いって私に…」

千早「余裕…どういうことかしら?」

春香「やっぱりお仕事のことかな?」

千早「プロデューサー、一人で今9人ものアイドルを抱えてるもの…」

春香「よくよく考えてみたら…異常なことだよね、それ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:08:47.51 ID:34mky2qn0

千早「そうね、それに最近みんなのランクもあがってきて忙しくなってるし」

春香「自分の時間どころか…寝る時間もないのかな?」

千早「ありえるわね…それで限界が来ているってことなのかもしれないわ」

春香「いつも私たちに悩みとか絶対言わないのに…余裕が無いって言っちゃうくらいだもんね」

千早「ええ…これは…まずいかもしれないわ」

春香「そうだよね、もしプロデューサーさんに倒れられたりしたら…」

千早「ええ、うちはまず終わりね」

春香「それもそうだし!なによりプロデューサーさんが心配だよぉ~…」

千早「ええ…どうすればいいか考えましょう、心配してたってしょうがないわ」

春香「…うん、そうだね!私たちができることを探そう!」

<ヤイノヤイノ

P「(春香と千早、なにか一生懸命話し合ってる…仕事のことかな?熱心なこと…感心感心)」

<ガチャ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:12:45.48 ID:34mky2qn0

美希「おはよーございますなのー!」

響「はいさーい!みんなおはようだぞ!」

貴音「おはようございます」

P「おお、おはよう」

小鳥「悔しいわねぇ!!そうよねぇ!!」

律子「ほんとうです…なにもできない自分が…くやしくてっ!!」

美希「………なにしてるの?」

春香「やっぱり…頼りすぎなのかな?」

千早「そうね…なにかと相談を持ち掛けすぎている面はあると思うわ…」

響「こっちはなんだかすごい重たい空気で話あってるぞ…」

貴音「め…面妖な雰囲気ですね…」

P「なんか今日はみんなちょっと変だよな?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:17:41.17 ID:34mky2qn0

P「(あ…そういえばこの3人はこの前仕事でちょっとやらかしたんだよなぁ…)」

P「(社長にも締めるときは締めないとだらだらしてよくないって言ってたし)」

P「(あさからあれだけど…ここはびしっと言っておかないとだめだよな、うん)」

P「美希、響、貴音、ちょっと会議室に…話がある」

美希「あ、おはようなのは…にぃ…?」

響「ひっ!ぷ…プロデューサー?」

貴音「…あなた様…ご機嫌でもよろしくないのですか?」

P「いいから、ちょっと来なさい。大事な話があるんだ」

美希「(ハニーが…すごい目なの…大事な話ってなにかな…)」

響「(なんだかプロデューサー…ちょっと怖いぞ…目が死んでるみたいだ)」

貴音「(何事でしょうか…異様な目をしていました)」

P「さぁ、入れ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:24:41.74 ID:34mky2qn0

P「お前たち…この前なにした?」

P「(ちょっと心は痛むけど…ちょっと高圧的にいわないとな…こいつらのためだ)」

美希「な…なにって…なんのこと?美希わかんないよ…」

響「自分も…こころあたりないぞ…」

貴音「わたくしも、存じ上げません」

P「(はぁ…いつもあんまり言わなかったからなぁ…)」

P「…本当にか?」

美希「!?(な…なんだかハニーが怖いの…すっごい冷たい目…)」

響「(プロデューサー本当に怒ってる!?ま…まずいぞ…自分本当になにかしちゃったかな…)」

貴音「(いつに無く真剣…いえ、これは怒りでしょうか…感情の篭ってない瞳がこんなにも恐ろしいものだとは…)」

美希「ほ、本当にわからないの!」

響「自分も…最近のこと思い出してみたけど…思いつかないぞ…」

貴音「………わたくしもです、すみません」

P「はぁ…そうか…」チッ

3人「!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:31:21.49 ID:34mky2qn0

P「(3人の将来のためにも、ちゃんと言ってあげなきゃなのに…俺はなにをしてるんだ…糞)」

美希「(は…ハニーの舌打ち…初めて聞いたの…)」

響「(思い出さなきゃ思い出さなきゃ思い出さなきゃ自分なにしたさ自分何したさ)」

貴音「(何か重要なことを見逃してしまって怒らせてしまったのでは…)」

P「美希…この前の○○テレビでの収録、遅刻しただろ?」

美希「あ…あ、あれはその…寝坊…して…しましたなの…」

P「響、なんどもハム蔵やペットをちゃんと管理できないならつれていくなって言ったよな?」

響「あ、あのときみんなが驚いて暴れちゃった時のことか!…う…その…ごめんなさいだぞ…」

P「貴音、マイペースなのもいいが収録中に興味のわいたからってまた勝手にふらふらどこかに行ったな?」

貴音「…とても美味しそうな移動販売がありましたので…いえ、いいわけですね」

P「お前たち…今言ったことは1回目じゃない、何度もだ」

P「俺もあんまり強く言ってこなかったけど…そろそろ…な?」

P「仏の顔も三度までっていうし…いい加減俺もちょっとどうかなって思ってたんだ」

P「だから…こうやってちょっと言わせてもらったんだ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:39:38.43 ID:34mky2qn0

P「…すこし、俺がプロデュースするの…すこしやめようか」

3人「!?」

P「(社長がびしっとやるよ君ぃって言ってたし、すこし環境を変えたほうが美希たちもなにか見えるものがあるだろう)」

P「(俺だとどうしても甘やかしちゃうしなぁ…それじゃためにならんよね…俺も反省しなきゃだな)」

P「ちょっと…俺、お前たちに…いや、なんでもない」

美希「い、いやなの!美希を捨てないで欲しいの!!」

響「自分もい、いやだぞ!!謝るから!もうハム蔵もみんなもちゃんと家に留守番させるから!」

貴音「私も、少々我が過ぎました…反省いたします、ですからなにとぞお考えを…」

P「(ううっ…じゃっかん涙目の三人…良心が痛む…でも…お前たちのためなんだ!!)」

P「…前もそういうこと言って…そして今回だろう?」

3人「!?」

P「…俺も…すこし考えたいんだ…お前たちとの接し方…」

美希「そ…そんな!美希もう遅刻しないから!お仕事も頑張るから!」

響「自分ももっと頑張る!迷惑かけないようにするぞ!だから自分を…捨てないでほしいさ!」

貴音「あ…あなた様…わたくしも…あなた様とでなければ…い、至らぬことがありましたら直します、直しますので!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:45:23.43 ID:34mky2qn0

P「(くぅ…俺にしがみついて懇願しないでくれ…決心が揺らぐ…)」

P「は…離せ!」

美希「きゃ…ハニー…」

P「…すこし…頭を冷やせ、3人とも…時間が…必要なんだ」

P「(こういうのって自分と見詰め合う時間が必要なんだよな)」

美希「…は…にぃ…美希…美希…」ポロポロ

響「ぷろでゅーさぁ…じぶん…じぶ…う…うぅぅ…」ポロポロ

貴音「…もうしわけ…ありません…私が至らぬばかりに…」ポロポロ

P「(言いすぎ…ちゃったかな…くっ、でもしょうがないんだ!!)」

P「じゃあ…俺、仕事するから…」

<ガチャ

美希「はにー…いつもなら怒るけど、最後にはちゃんと頭をなでてくれて…許してくれてたのに…」

響「あんな目で…自分たち、本当におこらせちゃったんだな…」

貴音「日ごろ…甘えすぎたのですね…そのつけが…来てしまったのですね…」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:47:04.67 ID:34mky2qn0

P「い…いいすぎちゃったかな…俺そんなに怖い顔してたかな…」

P「貴音までも泣くなんて…うう…大人げなかったか…」

P「で、でもしょうがない、うん。ちょっと時間を置いたら…俺も謝ろう」

P「はぁ…仕事しよう…」

<ガチャ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:57:14.90 ID:34mky2qn0

真「おはようございまーす!」

雪歩「おはようございますぅ!」

P「ああ、おはよう」

小鳥「私もねぇ!いろいろ道具とかよういしてたのにぃ!!」

律子「い…今からでも病院にぶち込んで…」

春香「はぁ…やっぱりわたしたちって頼りないかな?」

千早「…かもしれないわ、どうすればいいのかしら?」

<ウワーン!ハニィィィィ!アナタサマァァァァ!

真「きょ…今日の事務所はいつにもましてにぎやかだね…」

雪歩「ちょ…ちょっと怖いですぅ…」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:04:52.21 ID:34mky2qn0

P「そうだな、まぁなんだ、仕事までしっかり休んで今日も頑張ってくれ」

真「はい!朝から元気ばくは…つ…です…はい…」

雪歩「今日は寒いですねぇ…はい、お茶でひぃ!!」

P「わわっ!ゆ、湯のみが…あぶなかったぁ…今日はよくキャッチできるな、うん」

P「どうかしたのか?二人とも?」

真「な、なんでもないですよ!へへっ!(プロデューサーの目が…やばい)」

雪歩「あ、あわわわわ…なななななんでもないでしゅぅ!!(きょきょきょ今日のプロデューサーは目め目が怖いですぅ!!)」

P「そうか?まぁならいいんだけど…」

真「ゆ、雪歩!ちょっとみんなの分のお茶淹れようか!!」

雪歩「そそそうだね!!うんそれがいいよマコトチャン!」

真・雪歩「じゃあ失礼しましゅぅ!!」

P「…あわただしいなぁ…」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:09:39.84 ID:34mky2qn0

真「…ね、ねぇ雪歩…なんだかプロデューサーの目…おかしくなかった?」

雪歩「よ…よかったぁ…真ちゃんもそうおもったんだぁ…なんだかすっごい…怖い感じで…」

真「だ、だよね!なんだかこう…目に光が無いって言うか…」

雪歩「目を合わせられると…なんだか吸い込まれそうな…暗闇って言うか…ううぅ…怖いですぅ…」

真「…なんだっけな…ああいう目ってなんか呼び方が…」

雪歩「な…なにかな…お、怒ってるのかな?」

真「ううん…違う…たしか…そう少女マンガで…えーっと…」

真「そう!ヤンデレだ!あんな目をした人をヤンデレっていうんだよ!」

雪歩「や…ヤンデレ?」

真「そう、なんだっけな…『あなたを殺して私も死ぬ!』みたいな」

雪歩「ひぃぃぃ!!」

真「『私のものにならないなら…あなたなんていらない』…とか」

雪歩「こ、こわいからやめてよぉ!!!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:14:17.46 ID:34mky2qn0

真「で、でもそういう風に書いてあったんだよ!」

雪歩「で、でも…それって女の人がなるんだよね?」

真「う…うん…たぶん…ちがうのかな?」

雪歩「私にわかるわけないぉ!!」

真「………ぷ、プロデューサーを観察してみよう!」

雪歩「ええぇ!!」

真「だ、だってその…ヤンデレだったら怖いし…た、確かめないといけないじゃないか!」

雪歩「こ…怖いよ真ちゃん…」

真「だ、だいじょうぶだよ…だってあのプロデューサーだよ?」

雪歩「…そ、そうだよね…うん、大丈夫だよね?」

真「そ…そうさ!それにいざとなったら雪歩だけでも守るよ!」

雪歩「真ちゃん…ううん、私もいざとなったら…」スコップ

真「うん…じゃあプロデューサーを見てみようか」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:18:35.00 ID:34mky2qn0

P「ふぅーむ…あたらしい写真集どうするかなぁ…」

真「…い、今のところ普通だね…目以外」

雪歩「真剣に書類を見つめてますぅ…」

P「…崖とかで撮影してもいいかなぁ…白いワンピースで…青空と海…うん」

真「が…崖っ!!」

雪歩「そ…それってまさか…」

真「『雪歩…お前が俺のものにならないのなら…』」

真「『この崖からお前と一緒に死ぬっ!!一緒になろう!!』とか」

雪歩「ひぃぃぃぃぃ!!」

P「…でも結構かかるよなぁ…(ドラマとかによく使われるあの崖、遠いんだよね…)」

真「か…かかるってなにかな…」

雪歩「…水に落ちてから…し…死ぬまで…」

真「やめてよ雪歩!!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:24:15.14 ID:34mky2qn0

P「あ、そういえば昨日オークションで入札したのどうなったかな」

真「なにか…パソコンを見始めたよ」

雪歩「も…もうやめようよ真ちゃ~ん…」

P「あ…くそっ…俺のあとに入札はいってて取られちゃった」

真「な…なにか悔しがってるよ…」

雪歩「なにか失敗でもしたんだよぉ…」

P「俺の…俺のものにならなかったか…欲しかったんだけどなぁ…新しいテレビ…」

真「!?…」

雪歩「な…なんて言ってたかよく聞こえなかったよ…」

真「い…いま…お…俺のものに…ならなかったって…」

雪歩「!?そ…それって…」

真「俺のものに…ならないなら…」

雪歩「ひぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:27:15.17 ID:34mky2qn0

P「はぁ、いらいらしてもしょうがない…」

P「そういえば、このまえディレクターさんからもらった青森のりんごがあったな…剥いて食べるか」

真「わわ!プロデューサーがこっちにくるよぉ!!」

雪歩「ひぃいいいいいいいいい!!すこっぷぅううう!!すこっぷぅううううう!!」

P「な、なにしてるんだ?」

真「な…なんでもないですよ?」

雪歩「は…はは…はい…ちょっとお湯が沸くのを待ってて…」

P「そうか、いつもわるいなぁ…」

P「あ、お前たちも食べるか?りんご」ホウチョウシャキーン

真「ほ…ほうちょう…」

雪歩「あ…あ…くぅぅん」バタリ

真「ゆきほおおおおおおおおおおおおおお!!」

P「!?ど…どうした雪歩!」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:31:05.19 ID:34mky2qn0

雪歩「わ…わたしは食べても美味しくないですぅ…」

P「いきなり倒れて…どうしたんだ雪歩…」

真「ど…どうしちゃったんでしょうね…」

P「…なんで真は俺に対してファイティングポーズをとってるんだ」

真「い、いえ…体が勝手に…」

P「俺なにかしたか?」ズィ

真「わわっ!!ぷ!プロデューサー!まず!まず包丁をおきましょう!」

P「ん?ああそうだな、危ない危ない」

真「ふぅ…」

P「やっぱりりんご剥きって言ったらこの小さなナイフだよな」

真「うわぁああああああああ!!」

P「うおぉ!!いきなり叫んでどうした!!」

真「し!失礼しますぅ!!」ダッ

P「お…おう…」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:33:52.97 ID:34mky2qn0

P「りんご…美味しい…」シャクシャク

P「あれから真は雪歩を抱えて部屋の隅でなんだかつぶやいてるし」

<ヤンデレコワイヤンデレコワイヤンデレコワイヤンデレコワイ

P「春香たちにはりんご渡そうとしたらすっごい遠慮されるし…」

P「律子と音無さんにあげたらなんだか号泣しながら食べてるし…」

P「美希と響と貴音は…泣きつかれて寝てたな…悪いことをした…」

P「はぁ、なんだか今日はへんな日だなぁ…」

<ガチャ


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:38:27.48 ID:34mky2qn0

亜美「おつかれーしょーん!」

真美「おはおはー!」

P「こら、ちゃんとあいさつしなさい」

亜美「へへー、ごめんよ兄ちゃん」

小鳥「プロデューサーさん…自分も辛いのに…」シャクシャク

律子「心配かけまいとこんなことまで…ううぅ!!」シャクシャクシャクシャク

真美「…え?なにかあったの?」

亜美「おーい!まこちん大丈夫?」

真「雪歩おきてよだめだよこのままだと僕たちホルマリン付けにされてコレクションにされちゃうよ」ブツブツブツブツ

P「な…なんか今日はみんなへんなんだよ」

真美「ふ~ん、まぁさむいしちかたないね」

亜美「うんうん、お布団から出るのがひじょ~に大変ですなぁ…頭も働かないしね」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:45:27.98 ID:34mky2qn0

P「そうだよなぁ…お前たちもレッスンまでちゃんと体あっためとけよ」

真美「うん、怪我したくないしね」

亜美「スートーブ!ストーッブ!ありゃチャッカマンがない…」

真美「にいちゃーん!チャッカマンど…こ…」

P「ん?チャッカマンならほら、音無さんの机の上」

亜美「んもう!兄ちゃんのほうが近いんだからとってくれてもいい…じゃ…」

P「やだよ、俺いまお仕事中なんだから」

真美「(にいちゃんがなんだかやばい目でパソコン見てる…)」

亜美「(…マウスをカチカチしてるのはいつもどおりなんだけど…なんだかふいんき違う…)」

P「………ふひひっ」

真美「こ…こりゃやばい空気ですぜ亜美隊員」

亜美「お…おう…ちゃ、チャッカマンとるね?」

P「おーう」カチッカチ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:49:46.32 ID:34mky2qn0

真美「………あったかいねー」

亜美「………うん…やっぱ石油ストーブが一番だね」

P「………ぷ…くくく…」カチッカチッ

真美「…亜美亜美」

亜美「なに?」

真美「兄ちゃんさ…今日ちょっとやばくない?」

亜美「う…うん…なんかこう…暗いよね」

真美「暗いっていうか…なんか根暗な感じ…」

P「……やっぱりおもしろいなぁ…」

亜美「亜美しってるよ、あんな目でパソコンを見て笑ってる人」

真美「うん…真美も知ってる…ニートだっけ?」

亜美「引きこもりじゃないの?」

真美「うーん…よくわかんない」

亜美「でも…やばいよね」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:53:43.26 ID:34mky2qn0

亜美「携帯でちょっと調べるね…」

真美「う…うん…」

P「…(事務所の日常って感じでビデオとってたけど…息抜きに見直してみるとおもしろいな…企画にしてみるか)」

亜美「んとね…ニートは働かないでずーっと部屋にこもってるひとだって」

真美「うんうん、それで」

亜美「引きこもりは、部屋に閉じこもってずっとパソコンしたり、なんか意味もなくわかってたりするひとだってさ」

真美「ほうほう」

亜美「…そして今の兄ちゃんは…」

真美「………」

P「…ぷ…くふふ…」

真美「…ひ…引きこもり?」

亜美「で…でも事務所にいるよ?」

真美「でも事務所なんて亜美たちにとってももう自分の部屋みたいなもんだし…」

亜美「じゃあ兄ちゃん…引きこもりになっちゃったの!?」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:58:27.06 ID:34mky2qn0

真美「そうかも…だってほら…あんなに無気力な目してるもん…」

亜美「…だよね…なんかやる気がまったくかんじられないよ…」

真美「こ…このままだと…まずいよね」

亜美「うん…プロデュースしないでずっとパソコンなんていけないよ!」

真美「じゃ、じゃあ…真美たちで兄ちゃんの気力をとりもどしてあげなきゃ!」

亜美「そ!そうだね!うん!やるぞい!」

真美「にいちゃん!」

P「んー?どうしたー」

真美「ま、真美~もっとお仕事したくなちゃったんだよね~」

P「そうかー、やる気があっていいことだな」

真美「う!うん!だからぁ~…兄ちゃんもこうびし!っと行こうよ!ね!」

P「そうだなぁ…でも真美ここ最近仕事いっぱい入ってただろ?」

真美「へ?うん…真美のソロCD発売したからね!」

P「だろ~?だからちょっとくらい休憩しててもいいんだぞ?」


171: 猿食らってしもた、書けるかな? 2013/01/30(水) 01:00:40.00 ID:Jlt8PwPb0

P「や…やめるって…」

伊織「あんた…辛いときくらい…頼りなさいよ!!」

伊織「普段なんにもないですってへらへらして!!」

伊織「裏で必死こいて仕事とったり!頭下げたり!」

伊織「全部知ってるんだから!!ちゃんと見てるのよ!!」

伊織「だから…だから!!」

伊織「本当に辛いときくらい頼りなさいよ!!」

伊織「頼ってよぉ…だって…そうじゃないと…さびしすぎるじゃない…」

P「い…伊織…」

あずさ「伊織ちゃんの言うとおりです」ギュ

P「あ!あずささん!!」

あずさ「私たちだって…プロデューサーさんが私たちを見てくれてるのと同じくらい」

あずさ「プロデューサーさんを見てるんですよ?」

あずさ「だから…悩みとか、苦しいこととかがあったら話してください」

あずさ「だって私たち…同じ事務所のなかまじゃないですか…」


175: 書けててよかった、あとちょっとでおわるから 2013/01/30(水) 01:05:18.95 ID:Jlt8PwPb0

P「…いったいなんのことだか…」

伊織「まだそういうこというってわけ!?」

あずさ「…ひどいですよ…ぷろでゅーさーさん…」

やよい「ううぅ!!やだったらやです!!」

P「わ、わかった!なんだかわからないけどわかったから…」

P「おれはやめないし、相談もする、頼るから…な?3人とも離れて…」

伊織「…本当ね?」

あずさ「うそついたら許しませんよ?」

やよい「ううー…許しません…」

P「嘘なんかつかないですって!じゃあほら、書類!書類手伝ってもらおう!な!?」

P「ほらやよい、いこう!プリントを日付順に並べ替えてもらいたいんだ」

やよい「は、はい!頑張ります!」

伊織「………あいつ、まだ隠していくつもりね」

あずさ「ええ…なんとかしないといけないわね…」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:10:53.75 ID:Jlt8PwPb0

その日以来、Pに対するアイドルのアプローチが始まった

春香「あ、大丈夫です!現場まで一人で行けますから!」

千早「私も付いてますし、大丈夫です」

P「そ…そうか?」

美希「美希ね!今日もちゃんと現場に1時間前に入ったの!」

響「自分も、ちゃんと家族のみんな留守番させて、一生懸命頑張ったぞ!」

貴音「私も仕事に精神を集中させました」

P「お…おう、すごいやる気だな」

亜美「にいちゃん!肩揉むよ!」

真美「はい兄ちゃんお茶だよ!熱いから注意してね!」

P「なんだかやさしいなぁ…ありがとう」

真「ぷ、プロデューサー!今日もがんばりましょう!」

P「なんでファイティングポーズのままなんだ」

雪歩「ひぃいいいいい!!まだ目がぁ!ひぃぅ…」

P「ゆきほおおおおおおおおお!!」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:15:10.42 ID:Jlt8PwPb0

二日後

伊織「あいつ…まだだめかしら…」

あずさ「ええ…どうしても…目に光がもどらないわね」

やよい「いつもより元気なくらいに見えるんですけど…空元気なんですかね…」

伊織「…このままじゃ…あいつに限界がきて…」

やよい「やっぱり居なくなっちゃうんですかぁ!!そんなの…そんなの…」

あずさ「大丈夫よやよいちゃん、そんなことは絶対に無いわ…させないわよ…」

伊織「あたりまえよ…もうこうなったら直接言ってやったほうが手っ取り早いわね」

伊織「ちょっとあんた!!」

P「は!はい!!」

伊織「会議室に来なさいっ!大事な話があるの」

P「え?でもこれから営業」

伊織「い・い・か・ら・き・な・さ・い!」

P「は…はい」

あずさ「ほかのみなさんもきてくださいねぇ~」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:20:33.04 ID:Jlt8PwPb0

P「その…なにようでしょうか」

伊織「…あんた…言ったわよね?頼りなさいって」

P「はい、言われました」

伊織「じゃあ…なんで、なんでそんな目をしてるのよ!!」

P「へ?」

伊織「なによ!!変態に犯されて死の病を患って!こんなに大勢のプロデュースまで死ぬ気でやって!」

伊織「それで疲れたの一つも言わないで勝手につぶれて!全部捨てて!投げ出して逃げつもり!?」

伊織「じょうだんじゃないわよ!わたしたちを舐めるのもいいかげんにしなさいよ!!」

伊織「あんたの悩みくらい!全部!全部受け止めてあげるっていってんでしょ!!」

伊織「だから!だから…もっと頼りなさいよ…そんな悲しい目…しないでよぉ……」

春香「そうですよ…プロデューサーさん…」

亜美「にいちゃん…もっとみんなに頼っていいんだよ?」

律子「そうですよ…私たちなかまじゃないですか…」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「………」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:23:55.36 ID:Jlt8PwPb0

P「お…犯されたって何の話だ?それに死の病って…」

伊織「!!まだ白をきるつもりなの!!」

P「いやだって…あ、いたっいたたたたた!!」

やよい「ま!まさかびょーきが!!」

真美「にいちゃん!しんじゃやだ!!」

あずさ「プロデューサーさん!!まだなにも言ってないのにっ!」

P「うおっと…おお、やっと取れたか」

千早「………へ?」

雪歩「あ…目が」

真「戻ってる!いつものプロデューサーだよ!!」

P「ああ…そういえばみんなに言ってなかったんだな…」

美希「どういうことなの?」

響「わ…わかんないぞ…」

貴音「説明、お願いしますね?あなた様」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:28:18.25 ID:Jlt8PwPb0

千早「………つまり」

春香「ここ三日ほど目に光がなかったのは」

雪歩「カラーコンタクトのせいだったんですねぇ…ほ…」

律子「ま!まったく人騒がせなんだから!!一体どれだけ人が心配したと思ってるんですか!」

P「いやはや…面目ない」

亜美「もー!あんな目じゃなにしてても変に見えるよー!」

美希「じゃ!じゃあ!ハニーは美希のこと捨てようってわけじゃなかったの!?」

P「あたりまえだ、そりゃちょっと怒ったのは本当けど…お前たちを見捨てるなんて絶対にしないよ」

美希「はにー!」

響「プロデューサー!」

貴音「あなた様ぁ!!」

P「うぉ!!三人で飛び掛ってくるな!!」

やよい「…でもよかったです…本当に」

伊織「~っ!!/////////////////」

あずさ「あらあら~…伊織ちゃん顔真っ赤…うふふ」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:32:06.62 ID:Jlt8PwPb0

真「でもじゃあなんでこんな話が出回ったんですかね?」

真美「そりゃ最初のに兄ちゃんが襲われたって言われて…」

律子「あれ?確かそれを最初に言っていたのは…」

小鳥「そろ~っと、そろ~っと」

千早「逃がしません」ガシィ

小鳥「ピヨォ!!」

律子「もとはといえば音無さんがカラーコンタクトなんてもってきて…」

小鳥「そ!それはジョークグッツとして!」

あずさ「でも、襲われたって言ってたのは…」

小鳥「だって!男の人がレイプ目で居たらもうそれはお尻の処女を散らされたのかと思うのが普通じゃないですかぁ!!」

春香「普通じゃないと思います」

小鳥「ご、後生よみんな!誤解なの!」

伊織「みんな、準備はできてるわね?」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:35:47.17 ID:lsklMIJO0

こんな感じで仕事してたのか

no title


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:36:43.45 ID:xhdjZzkt0

>>204
違和感ないけど怖すぎワロタ


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:36:57.06 ID:QTbUpcqt0

>>204
こらあかん


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:51:08.19 ID:GtyG8r3Q0

>>204
こえーよ


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:36:11.64 ID:Jlt8PwPb0

雪歩「ええ…ちょーっと…お仕置きしないといけないですぅ」スコップ

千早「ふふ…みんなにこんな心配をかけた罪は大きいですよ?」

亜美「こりゃだめだ、あきらめなよぴよちゃん」

小鳥「み…みんな?目のハイライトが死んでるわよ…?」

P「あ…あはは…」

律子「あなたも、同罪ですよ?」ニコォ

P「えぇ!?」

あずさ「うふふ…うふふふふ…」

伊織「あんたたち…いっぺん!!」

「「「「「「「「「「「「ほんとうにあの目になりなさーい!!」」」」」」」」」」」」

P・小鳥「ぎゃあああああああああああああ!!」


カラーコンタクトの悪用はやめましょう



終わり


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:39:39.90 ID:Jlt8PwPb0

たまにはアイドルじゃなくてPをレイプ目にしたかったんです
長くなってごめんなさい、支援保守ありがとうございました


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:39:42.64 ID:7f/yduJF0



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:42:26.46 ID:8fo/OsgS0

乙乙
レイプ目の破壊力はすごいな


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:42:31.00 ID:RjN5sHryO

乙でござった!!


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:45:18.97 ID:XpIoLPAP0

no title

こんな感じ?


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:47:11.30 ID:i6WA4tAJO

>>217
表情とのミスマッチが怖いよぉ


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:47:19.14 ID:Jlt8PwPb0

>>217
そんな感じ、とてもイメージに近い、すばらしいありがとう


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:48:25.86 ID:lsklMIJO0

>>217
わろたw

no title


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:49:02.35 ID:8fo/OsgS0

>>217
あーこれは前触れなく自殺する顔ですわ


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 02:28:26.28 ID:GOgkSVVD0

no title

まあ、レイプ目でまだよかったのかもしれんな。金の瞳とかいやすぎるし。


238: ビチグソ-ゼットン=花太郎 ◆9UlGNuCAWSPE 2013/01/30(水) 02:30:20.71 ID:hYfvWcEr0

>>237
きもすぎる


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 02:32:06.52 ID:uKVxwJqd0

>>237
雑魚さんの親戚かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 20:54:05.43 ID:34mky2qn0

小鳥「ではためしに」スッ

小鳥「深淵の闇に染まれっ!」

P「………」

小鳥「………」プルプルプルッ

P「………」

小鳥「なにか言ってください…」

P「すっごい恥ずかしいですね」

小鳥「はい…歳を考えるべきでした」

P「なに、まだ若いですよ」

小鳥「我は永遠の時を生きる存在、年齢など記憶の遥か彼方に逝ってしまったのだ…ふっふっふ…」

P「………」

小鳥「………ごめんなさい」

P「いえいいです、ちょっとかわいいかなって思っちゃった自分もいますので」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 20:58:12.69 ID:34mky2qn0

P「それでこれどうするんですか?」

小鳥「んー、もらっちゃってなんなんですけど捨てちゃおうかなって」

小鳥「目に入れるものですし…間違いが起こったら怖いですからね」

P「それもそうですね、うちには律子以外メガネかけてる子はいないから触らないとは思いますけど…残念なことに」

小鳥「あら?プロデューサーさんメガネっこがお好きで?」

P「はは…実は」

小鳥「むむむ…メガネでもかけてみようかしら」

P「音無さんはそのままでも十分魅力的ですよ」

小鳥「え?そうですかぁ~やだぁ~プロデューサーさんったら~えへへ」

P「…俺もつけて見ようかな、これ」

小鳥「あ、一ついります?どうせ捨てちゃいますしどうぞどうぞ」

P「じゃあ一つもらいますね」

小鳥「ふふ、プロデューサーさんも中二病ですか?」

P「いえいえ、オッドアイにあこがれただけですよ」

小鳥「ふふふ…我眷属がまた一人増える…これで我一族も安泰だ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:02:02.15 ID:34mky2qn0

P「結構気に入ってます?それ」

小鳥「………ちょっとだけ」

P「好きそうですものね」

小鳥「それは褒められてるのでしょうか?」

P「もちろん」

小鳥「もう…プロデューサーさんったらそういうところ卑怯なんだから」

P「大人はそういうものですよ」

小鳥「私のほうが大人ですぅ~」

P「はいはい、音無さんは大人ですねぇ」ナデナデ

小鳥「も!もう…そうやっていつも…嫌いじゃないですけどっ」

P「くっくっく…我右腕の魔力に魅せられし者がまた一人…」

小鳥「い…いいムードが台無しですよ!」

P「あはは、じゃあ俺そろそろ帰りますね?」

小鳥「あ、はーい。お疲れ様でした」

P「じゃあまた明日、お疲れ様でーす」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:06:05.57 ID:34mky2qn0

P自宅

P「ふぅ…後は寝るだけなんだが…」

P「…もらったコンタクト付けてみるか、そういえばこれ何色なんだろう?」

P「…『あの目色』?」

P「なんだ?あの目って…とりあえずあけてみるか」パカッ

P「…透明?うーん…これ普通のコンタクトかなぁ…付けてみるか、よっと…」

P「かがみかがみ……oh…」

P「目のハイライトが完全に消えてる…」

P「これじゃまるで…ああ、あの目ってそういうことか」

P「最近はこんなカラコンもあるんだなぁ…演技ってのも大変だ」

P「さて…はずしてねよう………ん?はずれない?」

P「ん?ん?あ…あれれ…おかしいな…」

P「と、取り扱い説明書!俺コンタクトつけるの初めてだからとりかたがわからない!」

P「えーっとなになに…」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:09:56.17 ID:34mky2qn0

P「『このカラーコンタクトは最新のテクノロジーを使用しており』」

P「『衛生的で違和感無く、また長期的に使えるようになっています』」

P「『そのため、コンタクトをつけてから3日は絶対に取れません、3日たったら自然とはがれます』」

P「『あなたの素敵なコンタクトライフを応援する、水瀬ライフサポートグループ』」

P「………まじか…つか伊織の会社の系列か…」

P「…まぁ、いいか。べつに目が見えないとかじゃないし」

P「それに…ふむふむ、目とかには影響がないらしいし…問題ないだろう」

P「音無さんに馬鹿にされちゃうくらいか…はは、困ったな」

P「…寝よう、なんだか無性に疲れた…」

P「Zzzzzz.....」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:12:32.16 ID:34mky2qn0

翌日

P「ふぁぁ…よく寝た…」

P「…なんか忘れてる気がするな…なんだっけ?」

P「………あ!今日は朝1で事務所に行って書類整理するんだった!」

P「これは急がなきゃいけん!もうこんな時間だっ!」

P「いってきまーす!!」

<ガチャ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:14:51.98 ID:34mky2qn0

<ガチャ

P「おはようございまーす!」

小鳥「あ、おはようございまーす」

小鳥「今日はずいぶんとはや…いん…で…すね、ぷ…プロデューサー…さん?」

P「はは…今日はちょっと書類の整理をしたくて」

小鳥「あ、ああ…そうなんですか…」

P「ええ、じゃあすみません」

小鳥「ええ…頑張ってくださいね」

P「ありがとうございます…よっこらせっと」

小鳥「………」

小鳥「(プロデューサーさんがレイプ目で事務所に入ってきた)」

小鳥「(え?え?どうすればいいの私?え?)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:20:04.79 ID:34mky2qn0

小鳥「ぷ…プロデューサーさん?」

P「はい?どうかしましたか?」

小鳥「いえその…昨日なにかありました?」

P「昨日って、帰ってからですかね?」

P「うーん…あ、特になにもないですよ」

小鳥「そうですか…いえ、それならいいんです」

P「(そういえば昨日洗剤切れちゃったなぁ…帰り買っていこう)」

小鳥「(今あって言ったわよね…しかもなんだか悩ましげな顔…)」

P「…なくなっちゃったんだよなぁ…」

小鳥「!?(なくした!?何を!?)」

P「はぁ…(俺の使ってる洗剤ってちょっと遠いスーパーにあるんだよねぇ…面倒だ)」

小鳥「(物憂げにため息…これはまさか)」

小鳥「(プロデューサーさんは昨日帰った後になにものかによって襲われた!?!?!?)」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:25:08.80 ID:34mky2qn0

小鳥「(それに無くした…なくしたってなに?)」

小鳥「(お金?いえ財布?それともなにか別のものかしら…)」

小鳥「(お金だったら取られたとかいうわよね…そもそもそのくらいなら警察に行ってても…やっぱり)」

小鳥「(お…お尻の…しょ…しょしょ…うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!)」

小鳥「(そんな…プロデューサーさんの始めては…私が奪うはずだったのに…)」

小鳥「(もちろんわたしの初めても捧げて…いやん☆)」

小鳥「(そ、そうじゃないわ小鳥、そうじゃないのよ…)」

小鳥「(きっとプロデューサーは昨日の帰り道にがたいのいい男に襲われてその純潔を散らしてしまったんだわ)」

小鳥「(それでこんなに落ち込んでいるのね…)」

小鳥「プロデューサーさん」

P「なんですか?」

小鳥「私が…ついてますからね!」

P「?は、はい(書類整理追いつかなかったら手伝ってくれるってことかな?)」

小鳥「(今度は私が守るわ!プロデューサーのお尻は私のものよ!!)」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:28:42.87 ID:34mky2qn0

<ガチャ

律子「おはようございまーす」

小鳥「あ、律子さんおはようございます」

律子「ふぅ、今日も寒いですね」

小鳥「ええ…身も心も寒いですね…」

律子「?…ま、まぁそうですね」

律子「あ、プロデューサー殿居たんですか、挨拶くらいしてくれてもいいんじゃありません?」

P「お、律子か、おはよう。ごめんちょっと書類に集中してて」

律子「!?!?!!?」

律子「(え?プロデューサーの目が…死んでる!?)」

P「はは…ごめんな、今日中に仕上げたくてさ…時間ないから…」

律子「!?!?!?!?」

律子「(時間ない!?そんな急な用件あったかしら…)」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:33:13.21 ID:34mky2qn0

律子「(いえいえ律子、そもそもこの目は尋常じゃないわ)」

律子「(一切目の光が感じられないっていうか…そうまるであの目よね)」

律子「(…時間がない…?今日中に仕上げたい…なにか理由が)」

P「あ、そういえば医者にも行かなきゃなぁ…」

律子「(医者!?)」

P「まさか…俺がなるとは…なさけないな」

P「(顎関節症ってストレスでもなるんだぁ…最近忙しかったし)」

律子「(ま…まさか…プロデューサーどのは…びょ…病気!?それも生命に関わる!?)」

律子「な…なんてことなの…」フラッ

P「おおい!律子大丈夫か!」

小鳥「(ああ…気が付いてしまったのね…律子さん)」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:36:53.77 ID:34mky2qn0

律子「す…すみません、ちょっとめまいがして」

P「おいおい大丈夫かー?」

P「俺みたいに…なるなよ?」

律子「!?!?!?」

律子「や…やっぱりそうなんですか!?」

P「!?…知ってたのか」

律子「いえ…その私も今さっき気が付いて…」

P「…内緒な?」

律子「!?な、なぜですか!」

P「そりゃ…心配かけたくないし」

P「(というより顎関節症で病院にかかるってちょっとなんだか恥ずかしい)」

律子「(なにか…考えがあるのね…)」

律子「…ちょっと一人で考えさせてください…」

P「??あ…ああ、くれぐれも内緒にな?」

律子「はい…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:38:55.66 ID:34mky2qn0

律子「………」ズーン

小鳥「………律子さん…」

律子「音無さん…」

小鳥「…私たちが…支えてあげましょう、プロデューサーさんを」

律子「!?…お…音無さぁ~ん」ダッ

小鳥「律子さん!!」ギュ

律子「うう…ううぅ!!」

小鳥「私も悲しいわっ!!」

P「(二人とも朝からなに抱き合ってるんだろう…)」

<ガチャ

P「お、誰かきたな」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:43:39.16 ID:34mky2qn0

春香「おはようございまーす!」

千早「おはようございます」

P「おう、おはよう」

小鳥「ううぅぅ!!律子さん!!!」

律子「音無さんっ!!うぅぅぅ!!」

春香「な…なにやってるんですか?」

千早「…なきながら抱き合ってるわね」

P「さ…さぁ…」

春香「あ、プロデューサーさん!今日クッキー作ってきたんですよ!」

P「お!本当か?春香のクッキーおいしいからなぁ…」

春香「えへへ…そういってもらえると嬉しいです、はいどう…ぞ?」ポロッ

P「うおっと!危うく落とすところだった…キャッチできてよかった」

春香「(え?プロデューサーがレイプ目?え?)」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:49:24.68 ID:34mky2qn0

P「はは、春香はおっちょこちょいだなぁ」

春香「あ、え、えへへ…すみません(乾いた笑み…)」

P「じゃあさっそく1枚……うん、やっぱりおいしいなぁ…」

春香「(なんだかいつもより味わって食べてる気がする…)」

P「いつもありがとう、春香」

春香「は、はい(生気が篭ってない笑顔…なにがあったんですかプロデューサーさん…)」

春香「じゃ、じゃあ…ソファでレッスンまで時間潰してますね!」

P「ああ、あんまり相手して上げられなくてごめんな」

春香「!?」

P「今…あんまり余裕無くてな(書類結構時間かかりそうだし)」

春香「!?…き!気にしないでください!本でも読んでますから!」

春香「(余裕?余裕がないってなに!?)」

千早「…どうかしたの?春香?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:53:38.33 ID:34mky2qn0

春香「千早ちゃん…」

千早「なにか悩み事?相談くらいなら乗るけど」

春香「う、うん…そのね…プロデューサーさんがね」

千早「プロデューサーがどうかしたの?」

春香「その…目が…なんていうかな」

千早「目?」

春香「う、うん…その…れ…れ…」

千早「れ?」

春香「(レイプ目なんていえないよぉ!!)」

春香「…な、なんだか千早ちゃんとか雪歩がたまになる目になってるの…」

千早「…?私や萩原さんがたまになる目?」

春香「う…うん…それいがいちょっと表現のしようがないかなって…」

千早「…意味がわからないわ、直接見てきましょう」

春香「ま、まって!!そ…そっとしてあげてほしいの…」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 21:58:36.68 ID:34mky2qn0

千早「なぜ?私もプロデューサーが心配になのよ?」

春香「その…今余裕ないみたいだから…プロデューサーさん…」

千早「………そう、じゃあさっきの目の話を春香から詳しく聞くことにしましょう」

春香「う、うん…そのなんていうかなぁ…」

<今日の巷アンケートのコーナー!

春香「あ、千早ちゃんちょっとこれみて!テレビ!」

千早「わかったわ」

<本日は、世の男性はやはり胸の大きい女性に惹かれるのか徹底アンケート!

<東京100人に聞きました!あなたは巨乳の女性が好きですか?

春香「………」

千早「………」

<男「やっぱり大きいほうが好きですね、貧乳なんてありえませんよ」

<男「大きいほうがなんか安心しますよねぇ…母性にあふれるっていうかー…やっぱ巨乳っすわ」

千早「………」ペタペタ

春香「(あ、プロデューサーさんと同じ目をしてる)」ピロリロリーン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:02:37.64 ID:34mky2qn0

春香「ち、千早ちゃん?」

千早「なに?春香?私は今すこしこの男性を呪うのに忙しいのだけれども」

春香「こ…これみて」

千早「なに?………私ね」

春香「こ…これとおんなじ目!今のプロデューサーさん!」

千早「………なるほど、というより私こんなに死んだ魚のような目をしてたかしら?」

春香「あ、あはは…光の加減かもね…」

千早「そうね…でもこんな精気の無い目をしてるだなんて…なにかあったのかしら?」

春香「それが…よくわからないけど…余裕が無いって私に…」

千早「余裕…どういうことかしら?」

春香「やっぱりお仕事のことかな?」

千早「プロデューサー、一人で今9人ものアイドルを抱えてるもの…」

春香「よくよく考えてみたら…異常なことだよね、それ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:08:47.51 ID:34mky2qn0

千早「そうね、それに最近みんなのランクもあがってきて忙しくなってるし」

春香「自分の時間どころか…寝る時間もないのかな?」

千早「ありえるわね…それで限界が来ているってことなのかもしれないわ」

春香「いつも私たちに悩みとか絶対言わないのに…余裕が無いって言っちゃうくらいだもんね」

千早「ええ…これは…まずいかもしれないわ」

春香「そうだよね、もしプロデューサーさんに倒れられたりしたら…」

千早「ええ、うちはまず終わりね」

春香「それもそうだし!なによりプロデューサーさんが心配だよぉ~…」

千早「ええ…どうすればいいか考えましょう、心配してたってしょうがないわ」

春香「…うん、そうだね!私たちができることを探そう!」

<ヤイノヤイノ

P「(春香と千早、なにか一生懸命話し合ってる…仕事のことかな?熱心なこと…感心感心)」

<ガチャ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:12:45.48 ID:34mky2qn0

美希「おはよーございますなのー!」

響「はいさーい!みんなおはようだぞ!」

貴音「おはようございます」

P「おお、おはよう」

小鳥「悔しいわねぇ!!そうよねぇ!!」

律子「ほんとうです…なにもできない自分が…くやしくてっ!!」

美希「………なにしてるの?」

春香「やっぱり…頼りすぎなのかな?」

千早「そうね…なにかと相談を持ち掛けすぎている面はあると思うわ…」

響「こっちはなんだかすごい重たい空気で話あってるぞ…」

貴音「め…面妖な雰囲気ですね…」

P「なんか今日はみんなちょっと変だよな?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:17:41.17 ID:34mky2qn0

P「(あ…そういえばこの3人はこの前仕事でちょっとやらかしたんだよなぁ…)」

P「(社長にも締めるときは締めないとだらだらしてよくないって言ってたし)」

P「(あさからあれだけど…ここはびしっと言っておかないとだめだよな、うん)」

P「美希、響、貴音、ちょっと会議室に…話がある」

美希「あ、おはようなのは…にぃ…?」

響「ひっ!ぷ…プロデューサー?」

貴音「…あなた様…ご機嫌でもよろしくないのですか?」

P「いいから、ちょっと来なさい。大事な話があるんだ」

美希「(ハニーが…すごい目なの…大事な話ってなにかな…)」

響「(なんだかプロデューサー…ちょっと怖いぞ…目が死んでるみたいだ)」

貴音「(何事でしょうか…異様な目をしていました)」

P「さぁ、入れ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:24:41.74 ID:34mky2qn0

P「お前たち…この前なにした?」

P「(ちょっと心は痛むけど…ちょっと高圧的にいわないとな…こいつらのためだ)」

美希「な…なにって…なんのこと?美希わかんないよ…」

響「自分も…こころあたりないぞ…」

貴音「わたくしも、存じ上げません」

P「(はぁ…いつもあんまり言わなかったからなぁ…)」

P「…本当にか?」

美希「!?(な…なんだかハニーが怖いの…すっごい冷たい目…)」

響「(プロデューサー本当に怒ってる!?ま…まずいぞ…自分本当になにかしちゃったかな…)」

貴音「(いつに無く真剣…いえ、これは怒りでしょうか…感情の篭ってない瞳がこんなにも恐ろしいものだとは…)」

美希「ほ、本当にわからないの!」

響「自分も…最近のこと思い出してみたけど…思いつかないぞ…」

貴音「………わたくしもです、すみません」

P「はぁ…そうか…」チッ

3人「!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:31:21.49 ID:34mky2qn0

P「(3人の将来のためにも、ちゃんと言ってあげなきゃなのに…俺はなにをしてるんだ…糞)」

美希「(は…ハニーの舌打ち…初めて聞いたの…)」

響「(思い出さなきゃ思い出さなきゃ思い出さなきゃ自分なにしたさ自分何したさ)」

貴音「(何か重要なことを見逃してしまって怒らせてしまったのでは…)」

P「美希…この前の○○テレビでの収録、遅刻しただろ?」

美希「あ…あ、あれはその…寝坊…して…しましたなの…」

P「響、なんどもハム蔵やペットをちゃんと管理できないならつれていくなって言ったよな?」

響「あ、あのときみんなが驚いて暴れちゃった時のことか!…う…その…ごめんなさいだぞ…」

P「貴音、マイペースなのもいいが収録中に興味のわいたからってまた勝手にふらふらどこかに行ったな?」

貴音「…とても美味しそうな移動販売がありましたので…いえ、いいわけですね」

P「お前たち…今言ったことは1回目じゃない、何度もだ」

P「俺もあんまり強く言ってこなかったけど…そろそろ…な?」

P「仏の顔も三度までっていうし…いい加減俺もちょっとどうかなって思ってたんだ」

P「だから…こうやってちょっと言わせてもらったんだ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:39:38.43 ID:34mky2qn0

P「…すこし、俺がプロデュースするの…すこしやめようか」

3人「!?」

P「(社長がびしっとやるよ君ぃって言ってたし、すこし環境を変えたほうが美希たちもなにか見えるものがあるだろう)」

P「(俺だとどうしても甘やかしちゃうしなぁ…それじゃためにならんよね…俺も反省しなきゃだな)」

P「ちょっと…俺、お前たちに…いや、なんでもない」

美希「い、いやなの!美希を捨てないで欲しいの!!」

響「自分もい、いやだぞ!!謝るから!もうハム蔵もみんなもちゃんと家に留守番させるから!」

貴音「私も、少々我が過ぎました…反省いたします、ですからなにとぞお考えを…」

P「(ううっ…じゃっかん涙目の三人…良心が痛む…でも…お前たちのためなんだ!!)」

P「…前もそういうこと言って…そして今回だろう?」

3人「!?」

P「…俺も…すこし考えたいんだ…お前たちとの接し方…」

美希「そ…そんな!美希もう遅刻しないから!お仕事も頑張るから!」

響「自分ももっと頑張る!迷惑かけないようにするぞ!だから自分を…捨てないでほしいさ!」

貴音「あ…あなた様…わたくしも…あなた様とでなければ…い、至らぬことがありましたら直します、直しますので!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:45:23.43 ID:34mky2qn0

P「(くぅ…俺にしがみついて懇願しないでくれ…決心が揺らぐ…)」

P「は…離せ!」

美希「きゃ…ハニー…」

P「…すこし…頭を冷やせ、3人とも…時間が…必要なんだ」

P「(こういうのって自分と見詰め合う時間が必要なんだよな)」

美希「…は…にぃ…美希…美希…」ポロポロ

響「ぷろでゅーさぁ…じぶん…じぶ…う…うぅぅ…」ポロポロ

貴音「…もうしわけ…ありません…私が至らぬばかりに…」ポロポロ

P「(言いすぎ…ちゃったかな…くっ、でもしょうがないんだ!!)」

P「じゃあ…俺、仕事するから…」

<ガチャ

美希「はにー…いつもなら怒るけど、最後にはちゃんと頭をなでてくれて…許してくれてたのに…」

響「あんな目で…自分たち、本当におこらせちゃったんだな…」

貴音「日ごろ…甘えすぎたのですね…そのつけが…来てしまったのですね…」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:47:04.67 ID:34mky2qn0

P「い…いいすぎちゃったかな…俺そんなに怖い顔してたかな…」

P「貴音までも泣くなんて…うう…大人げなかったか…」

P「で、でもしょうがない、うん。ちょっと時間を置いたら…俺も謝ろう」

P「はぁ…仕事しよう…」

<ガチャ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 22:57:14.90 ID:34mky2qn0

真「おはようございまーす!」

雪歩「おはようございますぅ!」

P「ああ、おはよう」

小鳥「私もねぇ!いろいろ道具とかよういしてたのにぃ!!」

律子「い…今からでも病院にぶち込んで…」

春香「はぁ…やっぱりわたしたちって頼りないかな?」

千早「…かもしれないわ、どうすればいいのかしら?」

<ウワーン!ハニィィィィ!アナタサマァァァァ!

真「きょ…今日の事務所はいつにもましてにぎやかだね…」

雪歩「ちょ…ちょっと怖いですぅ…」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:04:52.21 ID:34mky2qn0

P「そうだな、まぁなんだ、仕事までしっかり休んで今日も頑張ってくれ」

真「はい!朝から元気ばくは…つ…です…はい…」

雪歩「今日は寒いですねぇ…はい、お茶でひぃ!!」

P「わわっ!ゆ、湯のみが…あぶなかったぁ…今日はよくキャッチできるな、うん」

P「どうかしたのか?二人とも?」

真「な、なんでもないですよ!へへっ!(プロデューサーの目が…やばい)」

雪歩「あ、あわわわわ…なななななんでもないでしゅぅ!!(きょきょきょ今日のプロデューサーは目め目が怖いですぅ!!)」

P「そうか?まぁならいいんだけど…」

真「ゆ、雪歩!ちょっとみんなの分のお茶淹れようか!!」

雪歩「そそそうだね!!うんそれがいいよマコトチャン!」

真・雪歩「じゃあ失礼しましゅぅ!!」

P「…あわただしいなぁ…」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:09:39.84 ID:34mky2qn0

真「…ね、ねぇ雪歩…なんだかプロデューサーの目…おかしくなかった?」

雪歩「よ…よかったぁ…真ちゃんもそうおもったんだぁ…なんだかすっごい…怖い感じで…」

真「だ、だよね!なんだかこう…目に光が無いって言うか…」

雪歩「目を合わせられると…なんだか吸い込まれそうな…暗闇って言うか…ううぅ…怖いですぅ…」

真「…なんだっけな…ああいう目ってなんか呼び方が…」

雪歩「な…なにかな…お、怒ってるのかな?」

真「ううん…違う…たしか…そう少女マンガで…えーっと…」

真「そう!ヤンデレだ!あんな目をした人をヤンデレっていうんだよ!」

雪歩「や…ヤンデレ?」

真「そう、なんだっけな…『あなたを殺して私も死ぬ!』みたいな」

雪歩「ひぃぃぃ!!」

真「『私のものにならないなら…あなたなんていらない』…とか」

雪歩「こ、こわいからやめてよぉ!!!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:14:17.46 ID:34mky2qn0

真「で、でもそういう風に書いてあったんだよ!」

雪歩「で、でも…それって女の人がなるんだよね?」

真「う…うん…たぶん…ちがうのかな?」

雪歩「私にわかるわけないぉ!!」

真「………ぷ、プロデューサーを観察してみよう!」

雪歩「ええぇ!!」

真「だ、だってその…ヤンデレだったら怖いし…た、確かめないといけないじゃないか!」

雪歩「こ…怖いよ真ちゃん…」

真「だ、だいじょうぶだよ…だってあのプロデューサーだよ?」

雪歩「…そ、そうだよね…うん、大丈夫だよね?」

真「そ…そうさ!それにいざとなったら雪歩だけでも守るよ!」

雪歩「真ちゃん…ううん、私もいざとなったら…」スコップ

真「うん…じゃあプロデューサーを見てみようか」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:18:35.00 ID:34mky2qn0

P「ふぅーむ…あたらしい写真集どうするかなぁ…」

真「…い、今のところ普通だね…目以外」

雪歩「真剣に書類を見つめてますぅ…」

P「…崖とかで撮影してもいいかなぁ…白いワンピースで…青空と海…うん」

真「が…崖っ!!」

雪歩「そ…それってまさか…」

真「『雪歩…お前が俺のものにならないのなら…』」

真「『この崖からお前と一緒に死ぬっ!!一緒になろう!!』とか」

雪歩「ひぃぃぃぃぃ!!」

P「…でも結構かかるよなぁ…(ドラマとかによく使われるあの崖、遠いんだよね…)」

真「か…かかるってなにかな…」

雪歩「…水に落ちてから…し…死ぬまで…」

真「やめてよ雪歩!!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:24:15.14 ID:34mky2qn0

P「あ、そういえば昨日オークションで入札したのどうなったかな」

真「なにか…パソコンを見始めたよ」

雪歩「も…もうやめようよ真ちゃ~ん…」

P「あ…くそっ…俺のあとに入札はいってて取られちゃった」

真「な…なにか悔しがってるよ…」

雪歩「なにか失敗でもしたんだよぉ…」

P「俺の…俺のものにならなかったか…欲しかったんだけどなぁ…新しいテレビ…」

真「!?…」

雪歩「な…なんて言ってたかよく聞こえなかったよ…」

真「い…いま…お…俺のものに…ならなかったって…」

雪歩「!?そ…それって…」

真「俺のものに…ならないなら…」

雪歩「ひぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:27:15.17 ID:34mky2qn0

P「はぁ、いらいらしてもしょうがない…」

P「そういえば、このまえディレクターさんからもらった青森のりんごがあったな…剥いて食べるか」

真「わわ!プロデューサーがこっちにくるよぉ!!」

雪歩「ひぃいいいいいいいいい!!すこっぷぅううう!!すこっぷぅううううう!!」

P「な、なにしてるんだ?」

真「な…なんでもないですよ?」

雪歩「は…はは…はい…ちょっとお湯が沸くのを待ってて…」

P「そうか、いつもわるいなぁ…」

P「あ、お前たちも食べるか?りんご」ホウチョウシャキーン

真「ほ…ほうちょう…」

雪歩「あ…あ…くぅぅん」バタリ

真「ゆきほおおおおおおおおおおおおおお!!」

P「!?ど…どうした雪歩!」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:31:05.19 ID:34mky2qn0

雪歩「わ…わたしは食べても美味しくないですぅ…」

P「いきなり倒れて…どうしたんだ雪歩…」

真「ど…どうしちゃったんでしょうね…」

P「…なんで真は俺に対してファイティングポーズをとってるんだ」

真「い、いえ…体が勝手に…」

P「俺なにかしたか?」ズィ

真「わわっ!!ぷ!プロデューサー!まず!まず包丁をおきましょう!」

P「ん?ああそうだな、危ない危ない」

真「ふぅ…」

P「やっぱりりんご剥きって言ったらこの小さなナイフだよな」

真「うわぁああああああああ!!」

P「うおぉ!!いきなり叫んでどうした!!」

真「し!失礼しますぅ!!」ダッ

P「お…おう…」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:33:52.97 ID:34mky2qn0

P「りんご…美味しい…」シャクシャク

P「あれから真は雪歩を抱えて部屋の隅でなんだかつぶやいてるし」

<ヤンデレコワイヤンデレコワイヤンデレコワイヤンデレコワイ

P「春香たちにはりんご渡そうとしたらすっごい遠慮されるし…」

P「律子と音無さんにあげたらなんだか号泣しながら食べてるし…」

P「美希と響と貴音は…泣きつかれて寝てたな…悪いことをした…」

P「はぁ、なんだか今日はへんな日だなぁ…」

<ガチャ


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:38:27.48 ID:34mky2qn0

亜美「おつかれーしょーん!」

真美「おはおはー!」

P「こら、ちゃんとあいさつしなさい」

亜美「へへー、ごめんよ兄ちゃん」

小鳥「プロデューサーさん…自分も辛いのに…」シャクシャク

律子「心配かけまいとこんなことまで…ううぅ!!」シャクシャクシャクシャク

真美「…え?なにかあったの?」

亜美「おーい!まこちん大丈夫?」

真「雪歩おきてよだめだよこのままだと僕たちホルマリン付けにされてコレクションにされちゃうよ」ブツブツブツブツ

P「な…なんか今日はみんなへんなんだよ」

真美「ふ~ん、まぁさむいしちかたないね」

亜美「うんうん、お布団から出るのがひじょ~に大変ですなぁ…頭も働かないしね」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:45:27.98 ID:34mky2qn0

P「そうだよなぁ…お前たちもレッスンまでちゃんと体あっためとけよ」

真美「うん、怪我したくないしね」

亜美「スートーブ!ストーッブ!ありゃチャッカマンがない…」

真美「にいちゃーん!チャッカマンど…こ…」

P「ん?チャッカマンならほら、音無さんの机の上」

亜美「んもう!兄ちゃんのほうが近いんだからとってくれてもいい…じゃ…」

P「やだよ、俺いまお仕事中なんだから」

真美「(にいちゃんがなんだかやばい目でパソコン見てる…)」

亜美「(…マウスをカチカチしてるのはいつもどおりなんだけど…なんだかふいんき違う…)」

P「………ふひひっ」

真美「こ…こりゃやばい空気ですぜ亜美隊員」

亜美「お…おう…ちゃ、チャッカマンとるね?」

P「おーう」カチッカチ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:49:46.32 ID:34mky2qn0

真美「………あったかいねー」

亜美「………うん…やっぱ石油ストーブが一番だね」

P「………ぷ…くくく…」カチッカチッ

真美「…亜美亜美」

亜美「なに?」

真美「兄ちゃんさ…今日ちょっとやばくない?」

亜美「う…うん…なんかこう…暗いよね」

真美「暗いっていうか…なんか根暗な感じ…」

P「……やっぱりおもしろいなぁ…」

亜美「亜美しってるよ、あんな目でパソコンを見て笑ってる人」

真美「うん…真美も知ってる…ニートだっけ?」

亜美「引きこもりじゃないの?」

真美「うーん…よくわかんない」

亜美「でも…やばいよね」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:53:43.26 ID:34mky2qn0

亜美「携帯でちょっと調べるね…」

真美「う…うん…」

P「…(事務所の日常って感じでビデオとってたけど…息抜きに見直してみるとおもしろいな…企画にしてみるか)」

亜美「んとね…ニートは働かないでずーっと部屋にこもってるひとだって」

真美「うんうん、それで」

亜美「引きこもりは、部屋に閉じこもってずっとパソコンしたり、なんか意味もなくわかってたりするひとだってさ」

真美「ほうほう」

亜美「…そして今の兄ちゃんは…」

真美「………」

P「…ぷ…くふふ…」

真美「…ひ…引きこもり?」

亜美「で…でも事務所にいるよ?」

真美「でも事務所なんて亜美たちにとってももう自分の部屋みたいなもんだし…」

亜美「じゃあ兄ちゃん…引きこもりになっちゃったの!?」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 23:58:27.06 ID:34mky2qn0

真美「そうかも…だってほら…あんなに無気力な目してるもん…」

亜美「…だよね…なんかやる気がまったくかんじられないよ…」

真美「こ…このままだと…まずいよね」

亜美「うん…プロデュースしないでずっとパソコンなんていけないよ!」

真美「じゃ、じゃあ…真美たちで兄ちゃんの気力をとりもどしてあげなきゃ!」

亜美「そ!そうだね!うん!やるぞい!」

真美「にいちゃん!」

P「んー?どうしたー」

真美「ま、真美~もっとお仕事したくなちゃったんだよね~」

P「そうかー、やる気があっていいことだな」

真美「う!うん!だからぁ~…兄ちゃんもこうびし!っと行こうよ!ね!」

P「そうだなぁ…でも真美ここ最近仕事いっぱい入ってただろ?」

真美「へ?うん…真美のソロCD発売したからね!」

P「だろ~?だからちょっとくらい休憩しててもいいんだぞ?」


171: 猿食らってしもた、書けるかな? 2013/01/30(水) 01:00:40.00 ID:Jlt8PwPb0

P「や…やめるって…」

伊織「あんた…辛いときくらい…頼りなさいよ!!」

伊織「普段なんにもないですってへらへらして!!」

伊織「裏で必死こいて仕事とったり!頭下げたり!」

伊織「全部知ってるんだから!!ちゃんと見てるのよ!!」

伊織「だから…だから!!」

伊織「本当に辛いときくらい頼りなさいよ!!」

伊織「頼ってよぉ…だって…そうじゃないと…さびしすぎるじゃない…」

P「い…伊織…」

あずさ「伊織ちゃんの言うとおりです」ギュ

P「あ!あずささん!!」

あずさ「私たちだって…プロデューサーさんが私たちを見てくれてるのと同じくらい」

あずさ「プロデューサーさんを見てるんですよ?」

あずさ「だから…悩みとか、苦しいこととかがあったら話してください」

あずさ「だって私たち…同じ事務所のなかまじゃないですか…」


175: 書けててよかった、あとちょっとでおわるから 2013/01/30(水) 01:05:18.95 ID:Jlt8PwPb0

P「…いったいなんのことだか…」

伊織「まだそういうこというってわけ!?」

あずさ「…ひどいですよ…ぷろでゅーさーさん…」

やよい「ううぅ!!やだったらやです!!」

P「わ、わかった!なんだかわからないけどわかったから…」

P「おれはやめないし、相談もする、頼るから…な?3人とも離れて…」

伊織「…本当ね?」

あずさ「うそついたら許しませんよ?」

やよい「ううー…許しません…」

P「嘘なんかつかないですって!じゃあほら、書類!書類手伝ってもらおう!な!?」

P「ほらやよい、いこう!プリントを日付順に並べ替えてもらいたいんだ」

やよい「は、はい!頑張ります!」

伊織「………あいつ、まだ隠していくつもりね」

あずさ「ええ…なんとかしないといけないわね…」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:10:53.75 ID:Jlt8PwPb0

その日以来、Pに対するアイドルのアプローチが始まった

春香「あ、大丈夫です!現場まで一人で行けますから!」

千早「私も付いてますし、大丈夫です」

P「そ…そうか?」

美希「美希ね!今日もちゃんと現場に1時間前に入ったの!」

響「自分も、ちゃんと家族のみんな留守番させて、一生懸命頑張ったぞ!」

貴音「私も仕事に精神を集中させました」

P「お…おう、すごいやる気だな」

亜美「にいちゃん!肩揉むよ!」

真美「はい兄ちゃんお茶だよ!熱いから注意してね!」

P「なんだかやさしいなぁ…ありがとう」

真「ぷ、プロデューサー!今日もがんばりましょう!」

P「なんでファイティングポーズのままなんだ」

雪歩「ひぃいいいいい!!まだ目がぁ!ひぃぅ…」

P「ゆきほおおおおおおおおお!!」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:15:10.42 ID:Jlt8PwPb0

二日後

伊織「あいつ…まだだめかしら…」

あずさ「ええ…どうしても…目に光がもどらないわね」

やよい「いつもより元気なくらいに見えるんですけど…空元気なんですかね…」

伊織「…このままじゃ…あいつに限界がきて…」

やよい「やっぱり居なくなっちゃうんですかぁ!!そんなの…そんなの…」

あずさ「大丈夫よやよいちゃん、そんなことは絶対に無いわ…させないわよ…」

伊織「あたりまえよ…もうこうなったら直接言ってやったほうが手っ取り早いわね」

伊織「ちょっとあんた!!」

P「は!はい!!」

伊織「会議室に来なさいっ!大事な話があるの」

P「え?でもこれから営業」

伊織「い・い・か・ら・き・な・さ・い!」

P「は…はい」

あずさ「ほかのみなさんもきてくださいねぇ~」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:20:33.04 ID:Jlt8PwPb0

P「その…なにようでしょうか」

伊織「…あんた…言ったわよね?頼りなさいって」

P「はい、言われました」

伊織「じゃあ…なんで、なんでそんな目をしてるのよ!!」

P「へ?」

伊織「なによ!!変態に犯されて死の病を患って!こんなに大勢のプロデュースまで死ぬ気でやって!」

伊織「それで疲れたの一つも言わないで勝手につぶれて!全部捨てて!投げ出して逃げつもり!?」

伊織「じょうだんじゃないわよ!わたしたちを舐めるのもいいかげんにしなさいよ!!」

伊織「あんたの悩みくらい!全部!全部受け止めてあげるっていってんでしょ!!」

伊織「だから!だから…もっと頼りなさいよ…そんな悲しい目…しないでよぉ……」

春香「そうですよ…プロデューサーさん…」

亜美「にいちゃん…もっとみんなに頼っていいんだよ?」

律子「そうですよ…私たちなかまじゃないですか…」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「………」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:23:55.36 ID:Jlt8PwPb0

P「お…犯されたって何の話だ?それに死の病って…」

伊織「!!まだ白をきるつもりなの!!」

P「いやだって…あ、いたっいたたたたた!!」

やよい「ま!まさかびょーきが!!」

真美「にいちゃん!しんじゃやだ!!」

あずさ「プロデューサーさん!!まだなにも言ってないのにっ!」

P「うおっと…おお、やっと取れたか」

千早「………へ?」

雪歩「あ…目が」

真「戻ってる!いつものプロデューサーだよ!!」

P「ああ…そういえばみんなに言ってなかったんだな…」

美希「どういうことなの?」

響「わ…わかんないぞ…」

貴音「説明、お願いしますね?あなた様」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:28:18.25 ID:Jlt8PwPb0

千早「………つまり」

春香「ここ三日ほど目に光がなかったのは」

雪歩「カラーコンタクトのせいだったんですねぇ…ほ…」

律子「ま!まったく人騒がせなんだから!!一体どれだけ人が心配したと思ってるんですか!」

P「いやはや…面目ない」

亜美「もー!あんな目じゃなにしてても変に見えるよー!」

美希「じゃ!じゃあ!ハニーは美希のこと捨てようってわけじゃなかったの!?」

P「あたりまえだ、そりゃちょっと怒ったのは本当けど…お前たちを見捨てるなんて絶対にしないよ」

美希「はにー!」

響「プロデューサー!」

貴音「あなた様ぁ!!」

P「うぉ!!三人で飛び掛ってくるな!!」

やよい「…でもよかったです…本当に」

伊織「~っ!!/////////////////」

あずさ「あらあら~…伊織ちゃん顔真っ赤…うふふ」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:32:06.62 ID:Jlt8PwPb0

真「でもじゃあなんでこんな話が出回ったんですかね?」

真美「そりゃ最初のに兄ちゃんが襲われたって言われて…」

律子「あれ?確かそれを最初に言っていたのは…」

小鳥「そろ~っと、そろ~っと」

千早「逃がしません」ガシィ

小鳥「ピヨォ!!」

律子「もとはといえば音無さんがカラーコンタクトなんてもってきて…」

小鳥「そ!それはジョークグッツとして!」

あずさ「でも、襲われたって言ってたのは…」

小鳥「だって!男の人がレイプ目で居たらもうそれはお尻の処女を散らされたのかと思うのが普通じゃないですかぁ!!」

春香「普通じゃないと思います」

小鳥「ご、後生よみんな!誤解なの!」

伊織「みんな、準備はできてるわね?」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:35:47.17 ID:lsklMIJO0

こんな感じで仕事してたのか

no title


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:36:43.45 ID:xhdjZzkt0

>>204
違和感ないけど怖すぎワロタ


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:36:57.06 ID:QTbUpcqt0

>>204
こらあかん


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:51:08.19 ID:GtyG8r3Q0

>>204
こえーよ


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:36:11.64 ID:Jlt8PwPb0

雪歩「ええ…ちょーっと…お仕置きしないといけないですぅ」スコップ

千早「ふふ…みんなにこんな心配をかけた罪は大きいですよ?」

亜美「こりゃだめだ、あきらめなよぴよちゃん」

小鳥「み…みんな?目のハイライトが死んでるわよ…?」

P「あ…あはは…」

律子「あなたも、同罪ですよ?」ニコォ

P「えぇ!?」

あずさ「うふふ…うふふふふ…」

伊織「あんたたち…いっぺん!!」

「「「「「「「「「「「「ほんとうにあの目になりなさーい!!」」」」」」」」」」」」

P・小鳥「ぎゃあああああああああああああ!!」


カラーコンタクトの悪用はやめましょう



終わり


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:39:39.90 ID:Jlt8PwPb0

たまにはアイドルじゃなくてPをレイプ目にしたかったんです
長くなってごめんなさい、支援保守ありがとうございました


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:39:42.64 ID:7f/yduJF0



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:42:26.46 ID:8fo/OsgS0

乙乙
レイプ目の破壊力はすごいな


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:42:31.00 ID:RjN5sHryO

乙でござった!!


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:45:18.97 ID:XpIoLPAP0

no title

こんな感じ?


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:47:11.30 ID:i6WA4tAJO

>>217
表情とのミスマッチが怖いよぉ


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:47:19.14 ID:Jlt8PwPb0

>>217
そんな感じ、とてもイメージに近い、すばらしいありがとう


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:48:25.86 ID:lsklMIJO0

>>217
わろたw

no title


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 01:49:02.35 ID:8fo/OsgS0

>>217
あーこれは前触れなく自殺する顔ですわ


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 02:28:26.28 ID:GOgkSVVD0

no title

まあ、レイプ目でまだよかったのかもしれんな。金の瞳とかいやすぎるし。


238: ビチグソ-ゼットン=花太郎 ◆9UlGNuCAWSPE 2013/01/30(水) 02:30:20.71 ID:hYfvWcEr0

>>237
きもすぎる


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 02:32:06.52 ID:uKVxwJqd0

>>237
雑魚さんの親戚かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 765PRO

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。