スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜美「皆にラブな人がいるか聞いて回ろう」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 15:30:47.47 ID:OsAOTbSN0

亜美「はるるん、はるるん」

春香「どうしたの?」

亜美「はるるんって好きな人とかいるー?」

春香「す、好きな人!?」

亜美「うん」

春香「ど、どうしたの急に」

亜美「いいからいいから、教えてよー」

春香「え、えぇー」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 15:35:19.97 ID:OsAOTbSN0

春香「で、でも……」

亜美「その反応! やっぱりはるるん好きな人いんしょー」

春香「うぅ……」

亜美「おせーてよー、秘密にするからさーねっ? おねがーい」

春香「わ、わかった。わかったから」

春香「私の好きな人はプ──」

亜美「あっ、ちなみに真美は兄ちゃんが好きなんだYOー」

春香「」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:10:58.41 ID:OsAOTbSN0

>>24
亜美だったわ、


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 15:39:27.54 ID:OsAOTbSN0

亜美「へっへっへ、はるるんには後で兄ちゃんへの相談をきいてもらうかんね」

春香「」

亜美「で、はるるんは誰が好きなの?」

春香「」

亜美「ねー、はるるーん」

春香「えっと……わ、私は……プロ──」

亜美「えっ……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 15:43:42.79 ID:OsAOTbSN0

亜美「まさか兄ちゃんだなんて言わないよね……」

春香「え」

亜美「兄ちゃんは亜美が初めて好きになった人だよ……」

春香「……」

亜美「その兄ちゃんを奪うような事をはるるんはしないよね……?」

春香「……」

亜美「で、プロ 何さんなの?」

春香「……プ、プロ……ペラだよ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 15:49:24.39 ID:OsAOTbSN0

亜美「えっ、はるるんプロペラに恋しちゃってるの!?」

春香「……うん」

亜美「あっ、もしかしてリボンもプロペラをイメージしてるの?」

春香「……うん」

亜美「そっかー、はるるんはプロペラのどこを好きなったの?」

春香「……あの、クルクル回って騒音を撒き散らすところかな」

亜美「へー、はるるんはちょっと頭おかしいね」

春香「……」

春香「……亜美ごめん、本当はプロ──」

亜美「えっ………………………………………………………えっ、何?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 15:54:31.36 ID:OsAOTbSN0

亜美「……ぅっ」

春香「……」

亜美「えっ、何はるるん? 亜美、悲しい顔なんてしてないよ。泣きそうになったりしてないよ」

春香「えっと」

亜美「別にはるるんがもしかしたら兄ちゃんが好きでも全然泣かないけど……まじでまじで……」

春香「私はプロ──」

亜美「ひぐっ…」

春香「ペラの鋭利性もとても好きなんだー」

春香「なんでも切れちゃいそうだよね」

亜美「そ、そうだねはるるん」パァー


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:01:39.12 ID:OsAOTbSN0

亜美「じゃ、じゃあ亜美の質問なんだけど兄ちゃんって亜美の事どう思ってるかな?」

春香「ワタシニハ ワカラナイヨー」

亜美「そ、そっか……」

春香「うん」

亜美「やっぱり……兄ちゃんってはるるんみたいなかわいい子の方が好きなのかな……?」

春香「ど、どうだろ?」

亜美「……うぅ」グスッ

春香「! き、きっとプロデューサーさんは亜美のこと好きだよ思うよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:09:50.87 ID:OsAOTbSN0

亜美「ほ、本当にはるるん?」

春香「う、うん」

亜美「じゃあ亜美の事、手伝ってくれる?」

春香「ヴぇ!?」

亜美「……ダメなの?」ウルッ

春香「だ、大丈夫、私に任せて!」

亜美「ホント! ありがとうはるるん!」

春香「うん」

亜美「はるるんに相談してよかった!」ニコッ

亜美「これで亜美と兄ちゃんが上手く行ったらはるるんのおかげだね」ニコニコ

春香「ソウデスネ……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:17:52.04 ID:OsAOTbSN0

春香「私そろそろ行かなきゃ」

亜美「あっ、そっかー」

春香「じゃ、じゃあまたね」

亜美「うん」

春香「……」

亜美「はるるーん、兄ちゃんと亜美のことお願いねー♪」

春香「う、うん、じゃあ」


亜美「はるるん行っちゃったかー」

亜美「へっへっへっ」ニヤァ……


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:24:23.62 ID:OsAOTbSN0

亜美「やよいっちー」

やよい「どうしたのー亜美?」

亜美「えっとー、やよいっちってさー好きな人とかいる?」

やよい「いるよー」

亜美「えっ、本当に?」

やよい「うん、私はねー」

亜美「あっあっ、亜美は兄ちゃんが好きなんだよー」

やよい「えっ、本当に?」

やよい「私と一緒だねー」

亜美「」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:31:27.61 ID:OsAOTbSN0

亜美「えっ、あ、亜美も好きなんだよ?」

やよい「うん、プロデューサーカッコいいもんね」

亜美「亜美が始めて好きになった人だよ?」

やよい「あっ、私もだよー」

亜美「……」

やよい「?」

亜美「……アイドルが恋なんてしてたらダメなんじゃないかな?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:40:15.42 ID:OsAOTbSN0

やよい「えー?」

亜美「だって亜美たちアイドルだよ!」

やよい「うっうー、そうだけど……」

亜美「そんな亜美たちが恋なんかにうつつを抜かしたらファンの兄ちゃん姉ちゃん達が悲しんじゃうよ!!」

やよい「でも……私プロデューサーの事が好きだよ」

亜美「兄ちゃんだってきっと恋より亜美たちがトップアイドルになることを望んでるはずだよ」

亜美「やよいっち、一緒にトップアイドル目指そうよ!」

やよい「うっうー……」

亜美「亜美は……亜美はやよいっちとトップアイドルになりたいよ!」

やよい「うっうー、わかったよー。亜美と一緒にトップアイドル目指すよー」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 16:55:09.70 ID:OsAOTbSN0

亜美「よかったー、きっと兄ちゃんも喜んでくれるはずさっ」

やよい「うん」

やよい「でも亜美はすごいなー、好きな人よりアイドルを取るなんて」

亜美「……そ、そんなことないよ」

やよい「偉いよー、亜美は本当にアイドルの鏡だね」ニコッ

亜美「……」

やよい「私がアイドルやるのも亜美のおかげだよ」

亜美「うっ……」

やよい「どうしたの?」

亜美「ごめん……ごめんよやよいっちー」ダッ


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:00:07.54 ID:OsAOTbSN0

亜美「ダメだよ……」

亜美「亜美はダメな子だよ……」

亜美「やよいっちにあんな事いうなんてイケナイ子だよ……」

亜美「うぅ……」





亜美「次は簡単そうなひびきんに聞きに行こう」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:08:50.81 ID:OsAOTbSN0

亜美「ひーびきん」

響「おっ亜美、どうしたんだー?」

亜美「ひびきんにちょっち聞きたい事があって」

響「おっ、相談か? へへん、自分が話をきいてやるぞ」

亜美「じゃあ……えっと、ひびきんって好きな人とかいる?」

響「好きな人? あれ? 相談は?」

亜美「だ、だから相談するための質問だよー」

響「うーん……」

亜美「誰?」

響「にぃにかな」

亜美「あん?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:16:33.97 ID:OsAOTbSN0

亜美「いや、そこで冗談はないよひびきん」

響「冗談じゃないぞ、あっ、けどプロデューサーも好きだぞ」

亜美「あ、亜美も──」

響「亜美も真美も貴音も春香も皆好きさー」

響「あっ、ハム蔵達もだぞ」

亜美「そ、そうじゃなくてー」

亜美「ライクじゃなくてラブの話だよラブの!!」

響「ラ、ラブ!?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:27:59.54 ID:OsAOTbSN0

亜美「そ、そだよー」

響「好きな人……好きな人……」

響「亜美は好きな人いるのか?」

亜美「亜美はねー兄ちゃんだよ」

響「プロデューサー?」

亜美「そ、そうだよ」

響「へー、そうだったのか」

亜美「……それだけ? 何か他にないの?」

響「えっと、おめでとう?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:36:20.43 ID:OsAOTbSN0

亜美「そうじゃなくて……」

響「けど亜美がうらやましいな、自分ラブな人なんていないからさ」

亜美「はい?」

響「だからー、自分ラブな人がいないんだぞー」

亜美「えっ、ひびきん何言ってるの? バカなの?」

響「うがっ、なんだよー」

亜美「いやいやいや、前兄ちゃんとずっと一緒にいたいとか言ってたじゃんよ」

響「うん、言ってたぞ、けどそれとラブは関係なくないか?」

亜美(ひ、ひびきんは本当にバカの子だ!)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:42:08.49 ID:OsAOTbSN0

亜美「だ、だからそれがラブっしょ」

響「へっ? 全然違うぞ」

亜美「じゃあ、なんで一緒にいたいなんて言ったの?」

響「ただ一緒に暮らして、一緒にご飯食べたり遊んだりしたら楽しいだろうなーって思っただけだぞ」

亜美「……それが恋なんだって!!」

響「えっ」

亜美「ただ一緒にいたいなんて本当に好きじゃなきゃないじゃん! それが恋心じゃないなら、この世に恋なんて存在しないよー」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 17:46:57.84 ID:OsAOTbSN0

ハッ
亜美「わっ、亜美何言っちゃってんの!?」

響「これが恋なのか……」

響「ありがとな亜美! 自分、ずっと分からなかったからさ」

亜美「う、うん」

亜美(バカじゃん、も~亜美のバカバカバカ)

響「よーっし、それなら早速プロデューサーに自分の気持ちを伝えてくるさー」タッ

響「ありがとなー亜美、じゃあなー」

亜美「あっ……」

亜美「もー……けど、ちかたないよね」



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 765PRO

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。