スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「へー、あずささんのミルクか」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 18:49:00.03 ID:5Ly/cDqg0

P「ジュースとかならともかく、牛乳とアイドルがコラボするなんて珍しいな」

律子「でもだからこそ、なんですよ! 絶対にヒットするわ~!」

P「ふんふん……で、今日はそのサンプルが届いたって?」

律子「はい! えーっと……これです」スッ

P「おお、瓶詰めなんて粋じゃないか! どれどれ……商品名は……」

P「へー、あずささんのミルクか」


あずさ「……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 18:56:21.38 ID:5Ly/cDqg0

律子「いかがです? プロデューサーも飲んでみませんか?」

P「いいのかい?」

律子「ええ、たくさん届いてますから一本どうぞ」

P「どれ……」キュポンッ

律子「産地にはこだわっているので美味しいですよ。
   今朝絞りたてのものが牧場から直接届いたんです!」


ごきゅ……

     ごきゅ……


P「──うまい!」

律子「でしょう!?」

P「いやぁ、あずささんの絞りたてミルクはうまいなぁ!」


あずさ「……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:04:39.75 ID:5Ly/cDqg0

P「いつも飲んでる牛乳とは全然違うなぁ。濃厚というか……大地の味がする」

律子「都会では、なかなかこういう絞りたての牛乳を飲む機会がないですからね」

P「そうだな……こんなの、学生の頃マザー牧場に行った以来の経験だよ」ゴクゴク

律子「元々、この商品自体は都内でも一部で販売されていたんです。
   でも知名度の低さと値段の高さから、いまいち大ヒットとはいってなくて……」

P「なるほど。そこで、うちにコラボの話が来たってわけか」

律子「ええ。キャンペーンガールは商品の顔……
   ですからこれがヒットすれば、あずささんはもちろん、竜宮小町も人気アップ間違いなし!
   もしかしたらうまくいけば、765プロみんな揃って横浜アリーナでのライブも夢じゃないかも~!」

P「あはは! こりゃあ、俺もあずささんのミルクごくごくしてる場合じゃないな。
 律子に負けないように、アイドルプロデュースを頑張らないと!」

律子「ふふっ♪ まぁ今は、あずささんの濃厚ミルクをゆっくり味わってくださ


あずさ「……こほん!」


P「……」

律子「……」


あずさ「こほん! こほんこほん!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:12:09.53 ID:5Ly/cDqg0

P「……ところで、商品名までこんな風に変えちゃって良かったのかい?」

律子「ああそれは、逆にあちらからお願いされたことなんですよ。
   元の名前があまりにも地味だったから、キャッチーでインパクトのある名前を一緒に考えようって」

P「ふーん……」ゴクゴク

律子「最初は『ちあキングの生乳(なまちち)』という商品名でいこうと思ったんですけどね」

P「へー、名前の由来はさっぱり見当もつかないけど良いネーミングじゃないか!」

律子「そうでしょう? でも、なんでかわからないけど却下されちゃいました。
   実在の人物とはまったく関係ないっていうのに、さすがにそれはないって言われたのよ」

P「それは残念だなぁ」


ごきゅ……

     ごきゅ……


P「しっかしうますぎて夢中になってしまうな……キングの生乳(なまちち)」

律子「あはは! だからそれは、却下されちゃったんですって」

P「おっと、俺としたことが……あはは!」


あずさ「…………」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:18:24.09 ID:5Ly/cDqg0

P「ふぅ……ごちそうさま」

律子「いかがでしたか?」

P「いやぁ、あずささんのおっぱいは(瓶の底まで)むしゃぶりつきたくなるうまさだったよ」

律子「おっぱいって……ふふっ、牛乳をそんな風に言うなんて、まるで子どもみたいね。ふふふっ」

P「お、おいおい、そんなに笑うなって。ついつい口から
 ポロリしちゃっただけじゃないか、あずささんのおっぱい
 って言葉がさ」



あずさ「……」

千早「……? あずささん、どうかしたんですか? 顔が赤いですけど……」

あずさ「千早ちゃん……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:24:00.72 ID:5Ly/cDqg0

あずさ「……あれを見てちょうだい」

千早「あれ?」



P「もっとないのかい? あずささんのミルク」

律子「ありますけど……でも、他のみんなが飲む分も残しておかないと。
   亜美や真美の分まで飲んじゃったらあとが怖いわよ~」

P「あっはっは! そりゃ違いない! じゃあ残念だけど、
 あずささんの絞りたておっぱいをこれ以上ごっくんするのは自重しておくか」



千早「これはひどい」

あずさ「……でしょう?」

千早「私、あの二人にひとこと言ってきます!」

あずさ「えぇっ!? で、でも……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:32:22.23 ID:5Ly/cDqg0

あずさ「あんまり事を大きくするのは、私もいやだわ……もっとこう、やんわりと、穏便に済ませられないかしら」

千早「あずささんは優しすぎるんです! いいから、万事私に任せておいてください」

あずさ「千早ちゃん……」

千早「この戦いが終わったら、高槻さんの家でもやし祭りをしましょう。では行ってきます!」スタスタ



千早「プロデューサー! それに律子!」プリプリ

P「おっ、千早か。どうしたんだ、そんなにプリプリして。かわいい顔が台無しじゃないか」

千早「っ!? ……え、えっと、さっきから聞いていればなんですか! その……」

律子「あずささんのミルクのこと?」

千早「そうよ! あずささんが困って……」

P「そっか、千早も飲んでみたくなったんだな!」

千早「え? いやだから、そうではなくてですね……」

P・律子「「いいからいいから美味しいから」」

千早「え、えぇっ? ……まぁ、そこまで言うなら、一口だけいただこうかしら」

千早「でもそれが済んだら、ちゃんと私の話を聞いてもらいますからね!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:36:24.76 ID:5Ly/cDqg0

 
ごきゅ……

     ごきゅ……


千早「あずささんのおっぱいみるく、美味しい……!」

P・律子「「うん!」」


あずさ「……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:43:07.01 ID:5Ly/cDqg0

千早「牛乳には一家言持っている私が、出会ったことがない美味しさ……濃厚というか……大地の味がする」

千早「現代人が不足しがちなカルシウム(Ca)とビタミンB2、それに良質なタンパク質が五臓六腑に染み渡って、
   急に胸が大きくなった気さえします!」

P「あっはっは! いくら美味しくても、たとえ天がひっくり返ってもそれはないって!」

千早「そ、そうですね! 私としたことがつい……ふふっ、ふふふ!」

律子「遠慮せずに、一本まるごと飲んでいいわよ~」

千早「本当? それなら……もっと味わっちゃおうかしら。
   それこそ(瓶の底を)舐め尽くすくらいの勢いで、あずささんのおっぱいを……」


ごきゅ……

     くぎゅ……

           ティン……!


千早「……! リリックが降ってきました!」

P「なんだって!?」

千早「この美味しさに出会えた衝撃からでしょうか……。
   優しいメロディラインと心に伝わる歌詞が、ふっと頭に思い浮かんだんです。こんな経験初めて……」

あずさ「……あの……えっと……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:50:45.45 ID:5Ly/cDqg0

千早「プロデューサー……今ここで、歌ってみても?」

P「……ああ、ぜひ聴かせてくれ!」

千早「では……」スゥー

──────────────
   ♪いっぱいおっぱい

  SONG      PRODUCE
 如月千早    アサミンゴスP
──────────────

おっぱい おっぱい おっぱい おっぱい

あずさの乳を

そう いっぱい いっぱい いっぱい いっぱい

吸わせて欲しい

モー おっぱい おっぱい おっぱい おっぱい

他の乳より

んー いっぱい おっぱい いっぱい おっぱい

好きだと思う

まだそんなこと 言えないけど……


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 19:57:09.65 ID:5Ly/cDqg0

千早「……以上です。まだサビだけですけど……」

律子「千早……やっぱりあなたの才能には、恐ろしさすら感じるわね……!」

P「……よし! 決めたぞ!」

千早・律子「「え?」」

P「レコーディングだ! 千早のこの気持ちが冷めないうちに……!」

あずさ「あ、あの~……私、そろそろ、帰っても」

P「あずささんもですよ!」グイッ

あずさ「ええ!?」

P「あなたのおっぱいのおかげで、千早はこの歌に出会えたんだ……」

あずさ「……」

P「あなたのおっぱいのおかげで! 千早はこの歌に出会えたんだから!」

あずさ「もはや商品名にかすりもしていないように聞こえるんですけれど……」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:01:43.43 ID:5Ly/cDqg0

P「……この舞台(ステージ)にたどり着くまで、誰一人だって欠けてはいけなかった。
 俺達765プロダクションがここまでやってこれたのは、仲間との団結があったから……!」

P「そうだろうみんな!?」

春香「はいっ!」

あずさ「春香ちゃん」

美希「ミキもいるの」

あずさ「美希ちゃん」

響「あずささんだけにいいカッコさせないぞ!」

あずさ「響ちゃん……」

伊織「正義アイドルはあずさだけじゃないのよ」

亜美「コーホー」

あずさ「みんな……」


黒井「こ、これが友情パワーか」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:05:55.64 ID:5Ly/cDqg0

P(──その後発売されたあずささんのミルクは、近年稀に見る大ヒット商品となった)

P(そのCMソングとして使われた『いっぱいおっぱい』は、なんとトリプルミリオンを記録し……)

P(765プロダクションは、瞬く間にちょー売れっ子芸能事務所になったのである!)


P(そしてあれから、まぁ色々ありつつも数ヶ月後の時間が経過して……ついに今日……)



わーわー……

   キャーキャー……!


小鳥『……ご来場のみなさま、大変長らくお待たせしました』

小鳥『ただいまより、765プロオールスターズによる7thアニバーサリーライブ、
  「みるくといっしょに!」を開催いたします!』


ウォォォ……!!



P(まぁなんやかんやあって、ここ横浜アリーナで、ライブが開催されることになったのだ!!)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:06:33.70 ID:5Ly/cDqg0

夜ご飯食べる


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:21:43.26 ID:5Ly/cDqg0

保守ありがとうございます
再開する


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:26:52.41 ID:5Ly/cDqg0

──────
────
──

♪私たちはずっと…でしょう?


 ……私たちのミライ 探しに行かなくちゃ

 私たちはあきらめない

 こころが呼ぶミライ♪



あずさ『──私は「…」の中に、いっしょ、という文字を入れました!』

あずさ『私たちはずっと……いっしょでしょう~!?』

ウォォォ……!

あずさ『私たちはずっと、いっしょでしょう~!』

ワァァァ!!


P(色鮮やかなサイネリアさん。会場に駆けつけたファンたちの大歓声。まぶしいほどの光の海……)

P(誰もが夢見た、このきらめく舞台の上で……みんなは、本当に楽しそうに歌っていた……)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:33:17.67 ID:5Ly/cDqg0

P(そしてその後も、ライブは順調に続いていき……)


──────
────
──


あずさ『……夢の始まりは、ほんの小さな出来事』

あずさ『あのちょっと恥ずかしい名前のコラボ商品から、すべては始まったんです』

あずさ『これまで、つらいことも、逃げ出したくなることも……本当にたくさんありました』

あずさ『それでも私達が頑張ってこれたのは、ファンの皆さんの声援があったから……』


P(あずささん……グスッ)


あずさ『うふふっ……でもまさか、あれがこんなことになるとは、
    それこそ、夢にも思ってもいませんでしたけれど』

アハハハ……!


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:40:38.04 ID:5Ly/cDqg0

あずさ『……だけど、それだって……。どんなことだって、私達にとっては大切な思い出のひとつです』

あずさ『この舞台(ステージ)にたどり着くまで、誰一人だって欠けてはいけなかった……』

あずさ『スタッフの皆さんと、あのコラボ商品と……そしてなにより、ファンの皆さんの力があったから』

あずさ『だからいま、私達は、ここにいる全員の力で! この舞台を作り上げることができたんです!』


<あずささーん! 俺だー! 結婚してくれー!


あずさ『まぁ……ふふっ、どうしようかしら? こんなところでプロポーズだなんて、困っちゃうわね~』

アハハハ……


あずさ『……ここまで駆けつけてくれた皆さん、それに、LVで私たちのことを見てくださっている皆さんも』

あずさ『本当に、本当に……ありがとうございますー……!』


あずさ『私達は、これからも……私達のことを見守ってくれる、すべての人達に向けて……』

あずさ『ずっと、ずぅーっと! 精一杯の、感謝の気持ちを込めて……歌い続け、走り続けますー!』


ワァァ……!

  パチパチパチ……!


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:46:18.56 ID:5Ly/cDqg0

P(……そうだ)

P(この舞台は、確かにひとつの区切りではある。けれど……)

P(もっと輝きたいと願う女の子がいる限り、俺のプロデュースが終わることはない)



あずさ『ふふっ、それじゃあお話もこんなところにして……千早ちゃん、次の曲行くわよ~!』

千早『はい!』

あずさ『それではみなさん、聴いてくださーい!』



P(……だから、これからも俺は)

P(大切なアイドルたちと一緒に、一歩ずつ、ゆっくりと……。だけど、まっすぐに……!)

P(ずっと、ずっと……夢の先へ向けて、歩いていこう……!)



あずさ・千早『『いっぱいおっぱい!』』

ワァァァ!!!

~ HAPPY END ~


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:49:08.62 ID:5Ly/cDqg0

おわりです。読んでくれた方支援してくれた方ありがとうございました
あずささんのみるくごくごく


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:50:54.33 ID:9UqIApbL0

他になんかアイマス書いてる?
書いてたら教えて欲しい。


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:54:42.69 ID:5Ly/cDqg0

>>65
先月は、
小鳥「まるで、花が咲くように」
というのを書きました。あと雪歩の誕生日に
雪歩「プロデューサーと私と、時々、ケツの穴」

最近はそれくらい


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:05:03.84 ID:ZVhwTFJC0

>>68
> 雪歩「プロデューサーと私と、時々、ケツの穴」

仰っている事がよくわからないのてすが・・・・・・


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:アイマスSS 三浦あずさ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。