スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「えっ?トレさん達の部屋に?」マス「招待しよう」 

カテゴリ:モバマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:14:18.72 ID:xIDPXY+Y0

代行









スレッド情報
スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360170858/
スレッドが建てられた日付: 2013-02-07 02:14:18
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:15:01.71 ID:xIDPXY+Y0

P「しかし、なぜ突然に?」

マス「たまにはP殿とゆっくり話してみたくてな。家に泊まっていくといい」

P「泊りで……ですか?」

マス「幸いにも明日は全員オフだから気兼ねすることはない。誰か先約でもあるのか?」

P「い、いえ。そんなのはありませんよ。でも、女性の家に上がるというのは……」

マス「P殿もたまには誰かとゆっくり過ごすのも悪くないだろう」

P「しかし……」

マス「妹たちに不埒な行いをするようであれば叩き出す。もっとも君にその勇気があればだがな」

P「し、しませんよ!わかりました……それではお邪魔します」

マス「それでいい。プロデューサーも素直さが必要だ」

P(大変なことになったぞ……)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:18:12.51 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――マンションの前

マス「ついたぞ。ここだ」

P(でけええええ!俺のボロアパートが犬小屋に見えるぞ……)

マス「ちょっと、待っててくれ」

ピッ

P「何をされたんですか?」

マス「指紋認証と虹彩認証でしか扉が開かなくてな……これでよし」

ガーッ

P「SFみたいだな……」

マス「さあ、入りたまえ。部屋は最上階だ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:21:09.49 ID:xIDPXY+Y0

P「すごいですね……家賃、聞くのが怖いですよ」

マス「家賃などはない。一括購入だからな」

P「ええええっ!!」

マス「ベテがデイトレードで大金を手に入れたし、いい機会だから購入させた」

P(あの人何者なんだ……)

マス「と言ってもあいつは以前に私の預金をFXで一瞬にして溶かした。これでも足りないくらいだ」

P「……話してる次元がわからないです」

マス「あの時は流石に地獄を見せてやった。以来、随分大人しくなったよ……フフフ」

P(この人には逆らってはいけないな……)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:24:39.77 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――玄関

ガチャ

マス「今帰ったぞ」

P(玄関広いな……何畳あるんだよ?)

ベテ「姉さん、随分遅……おや?プロデューサー?」

P「ど、どうも ……」

ルキ「えっ?Pさん来てるの?!」

P「こ、こんばんわ……」

P(二人ともジャージ姿か……セレブ感が全くない)

トレ「もう、何を玄関で騒いで……えっ?Pさん?!」

P「す、すいません……トレさん」

トレ「や、やだ……どうして?Pさんが…はっ!!!」

トレ「す、すいません!!こんな格好で!!」ダダダ

P(トレさんのエプロン姿……貴重なシーンだった)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:27:34.60 ID:oVIubD1K0

no title

no title

マスタートレーナー(28)

no title

no title

ベテラントレーナー(26)

no title

no title

トレーナー(23)

no title

ルーキートレーナー(19)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:27:44.60 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――居間

ルキ「PさんPさん!あがって!こっちだよ!!」

ベテ「こら、ルキ!Pを引っ張るんじゃない!」

P(予想してたとはいえ天井の高い居間だな……しかもでかいし)

マス「私は荷物を置いてくるから、遠慮なくくつろぐといい」

P「は、はい……」

トレ「Pさん、お荷物と上着をお預かりします」

P「あ……すいません。それじゃあ……これを」

トレ(Pさんの荷物と上着……やだ、奥さんみたい……)

ルキ「お姉ちゃん、顔真っ赤だよ?」

トレ「な、な、なんでもないの!!」タタタ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:30:18.61 ID:xIDPXY+Y0

P「ソファもフカフカだ。すごいな」

ルキ「ねえねえ、Pさん?今日はまだいるんでしょ?」

P「えっ?ま、まあ……お邪魔じゃなければ……」

ルキ「ご飯は食べたの?」

P「あー、そういやまだだったな。昼にサンドイッチをつまんだくらいか」

ベテ「ならば、食べていくといいな。私たちもこれからだ」

P「でも、お邪魔では?」

ベテ「キミ一人が増えたところで大した問題ではない。なあ、トレ?」

トレ「ええ。ぜひご一緒にどうぞ。準備も変わりませんし」

P「では、お言葉に甘えさせてもらいます」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:34:29.37 ID:xIDPXY+Y0

マス「それでは、P殿。食事の準備ができるまで風呂に入ってくるといい」

P「さすがに、そこまでは……着替えも準備していないですし」

マス「下着なら父のために買ってある新品のやつがある。パジャマは父が置いていったものだが」

P「でしたら、みなさんが入られたあとにでも」

マス「3人とも風呂は済んでいる。私は最後にのんびり浸かりたい。あまり遠慮はよくないぞ」

P「わ、わかりました……それではお風呂をお借りします」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:37:27.11 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――浴室

P「浴室は普通だけど……浴槽はうちより大きいな」

ザバー

P「ふうぅー。全身伸ばせる浴槽って夢だったんだよなぁ」

P「お湯も気持ちいいし、落ち着くし……はっ」

P「これって、ルキちゃん、ベテさん、トレさんの残り湯……」

ほわわわわわわ

P「いかんいかん、何を考えてるんだ俺は?」

P「…………顔ぐらいならつけても」

トレ『Pさん!』

P「はいっ!ごめんなさいっ!」

トレ『ごめんなさい?』

P「い、いえ!こっちのことです!」

トレ『着替え、脱衣場においておきますね』

P「あ、ありがとうございます」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:40:36.38 ID:xIDPXY+Y0

トレ『お湯加減はどうですか?』

P「いやあ、最高です。久々にゆっくりできますし」

トレ『よかった………それで、ですね』

P「はい?」

トレ『よろしければ……わ、私が…お、お背中を流しても……いいですか?』

P「えええっ?」

トレ『その……たまには……きゃっ』

ルキ『お姉ちゃん、ずるいっ!私もPさんの体洗いたい!』

ベテ『体は洗えばいいというものじゃない。マッサージ効果も必要だ。私が代わりに』

トレ『もうっ!みんなお客様の前ですよっ!』

ルキ『抜け駆けしようとしたくせにー』

ベテ『子供は早く寝るんだ』

マス『どうかね?P殿、共に湯船で一杯というのもオツだぞ?』

ルキ・トレ・ベテ『『『ずるいっ』』』

P「落ち着けない……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:43:16.83 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――居間

P「ふーっ、お風呂、お借りしました」

マス「どうかね?パジャマのサイズの方は?」

P「ああ、ちょうどピッタリです。助かりました」

トレ「……」

ルキ「……」

ベテ「……」

P「あの?どうかしました?」

ルキ「すごーい。お父さんそっくり」

P「そ、そうなの?」

ベテ「うむ。若い頃の父によく似ている」

トレ「ここに来る男性の方は、父以外ではPさんが初めてなので……ちょっと驚いています」

P(褒められてるのかな?……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:46:23.27 ID:xIDPXY+Y0

マス「まあ、P殿。立ってないでここに座るがいい。食事にしよう」

P「うわっ!すき焼きですか?豪華ですねぇ」

マス「よし、全員揃ったな。それでは手を合わせて」

ベテ・トレ・ルキ「「「いただきます」」」

P「いただきますっ」

ルキ「おにく♪おにくっ♪」

ベテ「こら、ルキ。肉ばかり食べるんじゃない。野菜を食え」

ルキ「お姉ちゃんだって、しらたき食べてないじゃん」

P(いいなあ……こういう食卓も)

トレ「どうぞ、Pさん」

P「よそっていただいたんですか?ありがとうございます」

トレ「お口に合いますでしょうか、わかりませんが……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:49:35.88 ID:xIDPXY+Y0

P「それでは一口………」

トレ「……」

P「うンまいッ!!肉も柔らかいし、割り下も甘くてちょうどいいです!」

トレ「本当ですか?!」

P「すごいな、こんなうまいすき焼きは初めてだ。高級料亭に出ても不思議じゃないです」

トレ「そんな……褒めすぎですよ」

ルキ・ベテ「……」

ルキ「Pさん、今度は私が野菜とってあげる」

ベテ「P。しらたき食えしらたき」

P(肉が見えない……)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:52:26.45 ID:xIDPXY+Y0

P「ふううっ……満腹。ごちそうさまでした。大変おいしかったです」

トレ「いいえ、お粗末さまでした」

マス「さて、私は風呂に入ってこようかな」

トレ「私は片付けますね」

P「あ、僕やりますよ」

トレ「いいんですよ。お客様なのでくつろいでください」

P「いいえ、これだけしていただいて何もしないのは気が引けます。せめて手伝わせてください」

トレ「でも……うちには……」

マス「いいんじゃないか?たまにはP殿のご厚意に甘えるのも」

トレ「……わかりました。それじゃあ、洗い物をお願いしますね。私が拭きますから」

P「お願いされました」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:55:38.86 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――キッチン

トレ「Pさん、洗い物お上手なんですね」

P「学生時代に皿洗いのバイトやってましたんで。料理はからっきしなんですが」

トレ「洗い物してくれる男性って立派だと思いますよ」

P「あはは。初めて褒められました。今度から洗い物がめんどくさかったら言ってくださいね」

トレ「その時はまた料理も食べてもらいますよ」

P「もちろん、喜んで行きます」

トレ「約束ですよ」

トレ(……二人並んでキッチンに立つのって素敵……)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 02:58:36.44 ID:xIDPXY+Y0

P「よし、これで終わりっと……あれ?これって?」

トレ「あっ、それは!」

P「これって食洗機ですよね?収納型なので気づきませんでした」

トレ「えっと……」

P「言ってくださればよかったのに。余計なことしてすいません」

トレ「ち、違うんです!これは、こ、これ……壊れてるんです!」

ガンッ!

P「うおっ!何も蹴らなくても……」

トレ「ね?使えなくなっちゃって困ってたんです……あはは」

P(すごいキックだったぞ……余計壊れるような)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:09:02.44 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――居間

ルキ「……でね、Pさん。そのあとお姉ちゃんがね」

ベテ「またその話か。いい加減にしろ」

トレ「ふふふ」

P(居間でくつろぐ団欒か……やっぱりいいなあ)

マス「ふうぅ、いい湯だった」

P「!!」

マス「どうした?P殿?」

P「マスさんの髪をおろしたの初めて見たんで」

マス「まあ、風呂上がりだからな」

P「ちょっとここに座ってもらえますか?」

マス「なんだ?」

ベテ「どうしたんだ?」

P「いや、あまりにお二人が似ているもので」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:12:20.59 ID:xIDPXY+Y0

マス「おかしなことを言うな?姉妹だから似てて当然だろう?」

P(似すぎだろ……双子といってもいいくらいだぞ……はっ!)

P「ルキちゃんも髪をおろしたりするの?」

ルキ「うん。でもどうして?」

P「ちょっとみてみたいなあって……」

ルキ「こう?」ファサッ

P「やっぱり……トレさんそっくりだ」

ルキ「そうかな?」

トレ「気にしたことないですね」

ベテ「まあ、トレとルキなら胸を見ればすぐ判別できるだろう」

ルキ「!!……お姉ちゃんのばかああああっ!!!」

P(その方法があったか)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:15:27.34 ID:xIDPXY+Y0

マス「もうこんな時間か……お前たち、そろそろだぞ?」

ルキ「ええー?せっかくPさん来てるのにー」

ベテ「姉さん、たまにはいいんじゃないか?」

マス「ダメだ。例外はないと言っただろ?」

ルキ「ちぇー」

ベテ「仕方ないか……」

トレ「あの……Pさんのお休みの準備は?」

マス「P殿はこれから私と話がある。それが終わったら準備しよう」

トレ「わかりました……」

P「これから何かあるんですか?」

マス「22時から資料整理やトレーニングの準備。23時に就寝。私が定めた掟だ」

P「随分早いんですね?」

マス「規則正しい生活が健康と美に繋がる。我々には必要なことだ」

P「すごいな……あいつらに聞かせてやりたいですよ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:18:26.50 ID:xIDPXY+Y0

ルキ「じゃあ、Pさんおやすみー」

P「おやすみー」

トレ「寝るときは呼んでくださいね」

P「はい。ありがとうございます」

ベテ「夜這いなど非紳士的行為はするなよ」

P「しませんよ!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:23:33.13 ID:xIDPXY+Y0

マス「さて、P殿?キミはイケるクチかね?」

P「お酒ですか?下戸なんですが……では、ビールを一杯だけ」

マス「すまないな。付き合わせて」

P「それで……お話とは?」

マス「P殿、キミは初めてウチの事務所に来て皆の前で宣言したことを覚えているかね?」

P「ええ、忘れもしません」

マス「結構。キミはあの時『皆を必ずトップアイドルにする』と言った」

P「マスさん、それは…」

マス「まあ、聞きたまえ。あの時は我々もそれを聞いていた。大した自信だと思ったよ」

マス「正直私は君に疑問を感じていた。芸能界のことをロクに知らない新人が大言を吐いたと捉えた」

マス「だが、キミはよくやってくれている。能力的には下のランクだがそれをカバーする熱意がある」

マス「そんなキミの姿を見て、私たちも知らず全力以上の力で答えるようになった。だが…」

P「……」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:26:58.46 ID:xIDPXY+Y0

マス「キミの眼力が鋭いのか偶然なのかはわからん。しかし、君の連れてくる子たちにはいつも驚かされる」

マス「とてつもない能力を秘めていたり、我々の想像の及ばない成長を見せる子もいる」

マス「そういう時に思うのだよ。我々ではこの子の力を持て余しているのではないかと」

P「そんなこと……」

マス「アイドルの世界は過当競争だ。それは、我々トレーナーの世界も同様だ」

マス「毎年多くのトレーナーが誕生している。海外の敏腕トレーナーが来日している話も聞く」

マス「P殿、本気でトップアイドルを育てるのであれば、彼らの力を借りることも視野に入れるんだ」

マス「その上で私達がお役御免になろうと、決して恨んだりはしない」

P「そんなことは……できません」

マス「キミは優しい男だ。そう言う事はわかっていた」

マス「だが、本当にアイドルたちの成功を願うなら前だけを見て走れ」

マス「落し物をしても決して振り返るな。最短ルートを全力で駆け抜けるんだ」

マス「そうでなければトップアイドルは誕生しない」

P「……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:29:50.83 ID:xIDPXY+Y0

マス「これは老婆心ながらの忠告だ。わかるかね?」

P「……わかりません。僕からもいいですか?」

マス「何かね?」

P「今の僕にとって皆さんを失うことは考えられません」

マス「……」

P「皆さんは、すごくよくやってくれます。僕自身それは身をもって感じています」

P「ルキちゃんは幼少組のよき理解者になってくれています。薫や千枝も懐いています」

P「トレさんは栄養面からいろいろなアドバイスをくれます。涼や拓海に料理も教えてくれてます」

P「ベテさんは無理のない効果的なトレーニングをしてくれます。加蓮や小梅のような体力に不安のある子でもついていけます」

P「そしてマスさんは、あいつらの女性的なメンタル部分もサポートしてくれています」

P「これらは僕がやろうと思ってもできないことです。本当に助かっています」

マス「別に大したことではない……」

P「いいえ。皆、感謝しています。アイドル達も、ちひろさんも、僕も」

マス「……」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:32:40.87 ID:xIDPXY+Y0

P「それとマスさんの言葉に訂正があります」

マス「何かね?」

P「僕は皆の前で『皆”で”トップアイドルになる』と宣言しました。あの時はマスさんたちもいらっしゃいました」

マス「……」

P「先ほど言われたように僕はまだ、尻に卵の殻をつけたようなヒヨっ子です。何もわかりません」

P「だからこそ、マスさん達の強力なフォローが必要です。その意味で『皆で』と言いました」

P「仮に実力のあるトレーナーを皆さんの代わりに雇い、トップアイドルを出したとしても僕は誇りに思えません」

マス「……」

P「僕は楽譜もまともに読めません。ステップも踏めません。写真写り悪いです。でも、皆さんと共にトップを狙うアイドルを作りたいんです」

P「お願いします。こんな僕ですが、まだ力を貸してください!」

マス「……ふぅ」

P「……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:35:22.28 ID:xIDPXY+Y0

マス「…………お前たち、盗み聞きするくらいなら入ってこい」

P「えっ?」

ガチャ

ルキ「……グスッ」

ベテ「……」

トレ「……」

P「あれ?……皆さん、寝たのでは?」

ルキ「うわああああん!Pさああああん!!」ダキッ

P「おわっ!ルキちゃん」

ルキ「Pさん!私、頑張る!ドジばっかしてたけど、一生懸命頑張るから!!」

P「うん、ありがとう……ぐおっ」

ベテ「やれやれ、君はそんな情熱的な口説きで女性が落ちると思っているのかね?」グイッ

P「そ、そんなことは……」

ベテ「しかし、たまにはそんな男に引っかかってみるのも悪くないだろう」

P「えっ……あ、ありがとうございます」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:38:05.55 ID:xIDPXY+Y0

トレ「…………」チラッ

マス「……ふっ、どうやら、酔ってしまったかな?少し目がかすむな」

トレ「………Pさん」

P「は、はい」

トレ「あなたがプロデューサーで本当に良かった……」ギュッ

P「そ、そんな……」

P(トレさんの胸が……手に…)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:41:06.86 ID:xIDPXY+Y0

マス「わかった……P殿」

P「はい」

マス「我々姉妹は君の助けになるよう、今以上の全力を尽くすことを誓おう」

P「本当ですか?」

マス「君に5オクターブの声を出せとは言わない。難しいステップも麗しいポーズもいらない。ただし」

P「はい」

マス「君は彼女たちアイドルを、どのようにしたいのかを明確に伝えるんだ。そこに向かって我々は知恵を絞ろう」

P「大役ですが……頑張ります」

マス「それでいい。これからよろしくな……プロデューサー」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:44:09.13 ID:xIDPXY+Y0

――――――――――――翌朝、玄関

P「……いろいろ、お世話になりました」

マス「また、暇があれば招待しよう」

P「……ありがとうございます」

ルキ「Pさん、大丈夫?すごいクマだよ?」

P「ちょっと……寝付けなかったもので……」

ベテ「誰かが夜這いに来ると期待したんじゃないのか?」

P「ち、ち、違いますよ!」

P(なんでわかるの?)

トレ「Pさん、下着の方は洗ってまた渡しますね」

P「すいません、そこまでして頂いて…」

マス「では、また週明けににな」

P「はい。それでは失礼します」

ガチャン


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:47:08.64 ID:xIDPXY+Y0

マス「さて……お前たち、本当にいいのか?」

ルキ「もちろんだよ!」

ベテ「こちらから願いたいくらいだ」

トレ「わ、私もです!!」

マス「元よりわかりきっていたことだが、これではっきりしたな」

マス「これから多くのイベントが控えて一層忙しくなる。覚悟しておくんだな」

ルキ・トレ・ベテ「「「はいっ」」」

マス「私もさらに上を目指さなければならない。良いPを持つと疲れるな……ふふふ」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:50:06.05 ID:xIDPXY+Y0

トレ「それじゃあ…私はPさんの下着をお洗濯しないと♪」

ルキ「あっ!それ私が洗いたい!!」

ベテ「洗濯はただ洗えばいいというものはない。布質によって微妙に異なる。私が洗おう」

トレ「ダメよ!私の仕事なんだから!」

マス(妹達をすっかり虜にしてしまったな。こちらの競争も激しくなりそうだ…)


おわり


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:51:34.85 ID:xIDPXY+Y0

これで終わりです。
遅い時間まで支援ありがとうございました。
後半しんみりしましたが、トレさんたちに感謝の意味を込めて書きました。

読んでくださってありがとうございました。


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 03:53:34.65 ID:A9bkDKPr0

乙!

トレーナー達好きになったわw


74: 米田 ◆YONE/zixE6 2013/02/07(木) 05:02:01.03 ID:RkbKDDDe0

      _, ,_   
   r( ・∀・)   ドゾー
 +  ヽ    つ旦
     (⌒_ノ
      し'ゝ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 05:09:36.64 ID:dPM9Gm/X0


トレーナー姉妹好きだから嬉しい


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 04:11:32.41 ID:2sCQMO2j0


ていうか今気づいたが>>1代行じゃないじゃん


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 04:17:34.68 ID:xIDPXY+Y0

>>72
何故かPCの方でたてられなかったので、iPhoneから立てました
WiFiで同じIDだけど忍法帖が違うとは知らなかったんで


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ:モバマスSS トレーナーSS

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。