スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪歩「プ、プロデューサーなら触られても……だ、大丈夫です」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 11:53:28.81 ID:jAk2QlFv0
P「え?」

雪歩「だ、大丈夫ですぅ」

P「いやいやいや、まずいでしょ」

雪歩「で、でも……今、誰もいないですし」

P「確かに誰もいないが……ダメだろ」

P「そもそも触る意味がないし」

雪歩「わ、私が男の人に慣れる為じゃダメですか?」

P「ぐぬぬ」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 11:59:43.48 ID:jAk2QlFv0
P「は、犯罪だし」

雪歩「私誰にもいいませんから……」

雪歩「二人だけの秘密ですぅ、えへへ」

P「おぅ……」

雪歩「じゃ、じゃあまずは……」

P「結局やるのか……」

雪歩「胸を触って欲しいです」

P「しょっぱなからハードですがな」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 12:05:06.26 ID:jAk2QlFv0
雪歩「ど、どうぞぉ……」

P「えぇー……いやいや……」

雪歩「お、お願いしますぅ。人並みのアイドルになりたいんです」

P「わ、わ、わかった」

P「い、いくぞ?」

雪歩「は、はいぃ」プルプル

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 12:08:11.08 ID:jAk2QlFv0
モニュ…
雪歩「んっ……」

P「こ、これでいいか?」

雪歩「も、もうちょっとやってもらわないと、分からない……です」

P「マジカ」

雪歩「お、お願いします」

P「……」

モニュモニュモニュ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 13:01:43.16 ID:jAk2QlFv0
雪歩「はぅ……はぁ……はぁ……」

P「大丈夫か雪歩?」もみもみ

雪歩「は、はい……んっ……」

P「息か荒いぞ、本当に大丈夫なのか?」もみもみ

雪歩「……はっ……んっ、つ、強いですプロデューサー……」

P「ごめん」シュン

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 13:12:28.83 ID:jAk2QlFv0
P「けど、もうこれでいいだろ?」

雪歩「はい……」

P「ふぅ……」

雪歩「じゃあ次は……」スルッ

P「むぎゃ!?」

雪歩「し、下着の上から……」

P「それはさすがにマズイぞ!」

P「俺でもわかる! これはマズイ!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 13:21:27.65 ID:jAk2QlFv0
P「それはさすがにダメだって」

雪歩「え……」

P「落ち着いて普通に考えよう。な?」

雪歩「で、でも、この前事務所で千早ちゃんの胸を……もんでましたよね?」

P「お、おおう、見てらっしゃったんですか?」

雪歩「はい、偶然……」

P「そっかー、見てたのか……まじかぁ……」

雪歩「そ、それで千早ちゃん『lこれで成長しますね』って笑顔で言ってたし……レッスンなのかなって……」

P「はい、レッスンです」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 13:24:48.06 ID:+6I684bt0
下はリンパが集中してるもんな

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 13:40:00.83 ID:jAk2QlFv0
P「あれは千早が頼んだことなんだ」

雪歩「千早ちゃんが?」

P「そう、なんか『男の人に揉まれると大きくなる』とか迷信じみた事を聞いてきたみたいで」

P「俺にお願いしてきたんだ! だから俺は悪くないんです」

雪歩「ち、千早ちゃんから頼んできたんですか……?」

P「はい」

P「千早は大きくなってる気がするとか言ってガ、一ヶ月く揉んでもそんな気配は一切ないぞ」

雪歩「……」

P「はは、む、無駄なレッスンだったな」

雪歩「い、一ヶ月じゃダメでも一年くらい揉めば大丈夫になるかも」

P「ほげぇ!?」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 13:56:43.62 ID:jAk2QlFv0
P「それはダメだって誰かに見つかっちゃうよ」

雪歩「なら、プロデューサーのお家でゆっくりと」

P「なーるほど、それなら誰も来ないな……とはならないぞ!! そっちの方がまずいですぞ」

雪歩「じゃあ、事務所で」

P「そうなるのか……」

雪歩「プ、プロデューサー早く、早く揉んでください」

P「うぅ……わかったよ」もみもみ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 14:32:18.84 ID:jAk2QlFv0
雪歩「んぁ……さっきより感触が……」

P「やばい……もみもみがもみゅ~もみゅ~って感じに……」もみゅもみゅ

雪歩「あっ……ふぅ……はぁ」

雪歩「えへへ、もう少し強くても大丈夫ですよ」

P「お、おう」ぐにゅ

雪歩「あぁ///」





一ヵ月後~

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 14:41:11.11 ID:jAk2QlFv0
はぁ……はぁ……クチュクチュ……んぷぁ……

プロデューサー……もっと……もっとキスしてください……

あぁ……ちゃぷ……ちゅぷ……


貴音「はて? 事務所でなにやら音が聞こえますね」

38: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:15) 2013/10/01(火) 14:46:11.97 ID:4Gqqd+a60
\(^o^)/オワタ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 14:47:10.67 ID:cO2H2eRI0
※Pはイケメン

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 14:53:02.83 ID:DlaP/anpI
らぁめんもってきて時間を稼げ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 15:06:05.40 ID:jAk2QlFv0
プロデューサー……もp、もうキスも慣れてきました……次のレッスンがしたいんです

つ、次?

はい、私と──

貴音「レッスン? こんな時間までレッスンとはさすがは雪歩です」

ガチャ
貴音「雪歩、あなたはこんな時間まで自分を高めようと……」

P「……!?」

雪歩「んっ……はぅ……///」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 15:20:32.12 ID:jAk2QlFv0
貴音「何をやっているのです……」

P「いや、これは……」

雪歩「プロデューサー……プロデューサー……」

P「ゆ、雪歩! 後ろ後ろ」

雪歩「え……た、貴音さん!?」

貴音「何をやっているのです?」

P「ち、違うんだ……」

雪歩「レッスンですぅ」

貴音「今の行為がですが?」

雪歩「はい!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 15:26:09.47 ID:S27Nv8Shi
こいつ……言い切りやがった………

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 15:26:12.10 ID:lDQrNsYH0
レッスンなら仕方ないな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 15:26:31.26 ID:0vBGOH2Ii
俺もちょっとレッスンいってくる

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 15:29:18.39 ID:jAk2QlFv0
P「そ、そうそうレッスンなんだ」

貴音「レッスン……真なのですね?」

P「はい」

雪歩「そうです」

貴音「でしたら──」

P「……」

貴音「私のレッスンにも付き合ってもらいましょうか?」

P「んあー!?」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 16:21:03.07 ID:jAk2QlFv0
雪歩「えっ……」

P「レッスンて何をするんだ?」

貴音「最近、らぁめんを食べ過ぎてしまい運動をしなくてはいけないと思っていたのです」

P「ダンスとかか?」

貴音「いえ、運動をしながら美の向上ができるものがあるのです」

P「へ~、そんなのがあったのか。なんなんだ?」

貴音「性行為」

P「ちょっとまて、そんな事誰に聞いた?」

貴音「小鳥嬢に」

P「あのアラサー……」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 16:33:17.95 ID:jAk2QlFv0
P「それはダメだ」

貴音「ですが私もレッスン……」

P「お、俺達はそんなことはやってないよな雪歩?」

雪歩「……次のステップでしたいと思ってました」

P「……」

貴音「ならば丁度いい。早速はじめましょう」

P「やめて!!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 16:43:53.15 ID:jAk2QlFv0
P「ダメだ、そんな事言うなら俺は帰るぞ」

ガシッ
P「ぬわぁ」

貴音「ふふっ、逃がしませんよ?」

バタン
P「てて、何をするん──んー」チュ

貴音「──っ、ふぅ……なにやらあなた様と違う味も……あぁ雪歩の味ですね」

雪歩「ふ、ふわぁ///」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 16:53:55.00 ID:jAk2QlFv0
貴音「ハムッ」アムアム

P「ぅぁ……耳やばい……」

貴音「ほうへふかぁ?」アムアム

P「やばいやばい」

貴音「はぅ……ふふっ、顔を真っ赤にしてかわいいですよあなた様」

P「ら、らめぇ……」

貴音「では、次は唇を……」

雪歩「はわわ……うらやましいですぅ……」

P(もうダメだ……犯される……)





ガチャ

P・貴音・雪歩「!?」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 17:04:40.34 ID:jAk2QlFv0
響「はいさーい」

P「……」

雪歩「ひ、響ちゃんまで」

響「な、なな、なにやってるんだ!?」

貴音「見て分かりませんか?」

響「……え、えっちな──」

貴音「レッスンです」

響「え!? レッスン!?」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 17:15:15.11 ID:jAk2QlFv0
響「そ、そっかー。自分なんか変な勘違いしちゃったぞー」

貴音「いいのですよ響。こんな状況ではしょうがないことです」

響「そっかー、そうだよなー」

P「おい、響! 騙されるな。助けてくれ」

響「え!?」

貴音「いきなり大声を出すなんてあなた様はダメな子ですね」

貴音「それでは私の口で静にしてさしあげましょう……」チュ

P「ひ、ひびk——んー……んー……」クチュッ

響「わ、わー!?///」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 17:21:03.39 ID:jAk2QlFv0
響「た、貴音。プロデューサー嫌がってるぞ」

ジュルジュル……チャプ……はぁはぁ……ピチョ……

響「う、うぅ///」

雪歩「四条さんばかりずるいですぅ」バッ

雪歩「わ、私だって……」

貴音「ゆ、雪歩!? あなたは先ほど一人で楽しんでいたでしょう!?」

雪歩「えへへっ、プロデューサー///」

P「ちょ、待──ー」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 17:33:15.70 ID:jAk2QlFv0
響「な、なにやってるんだよ二人とも!!///」

雪歩「ぷろでゅーさー……」チュッチュッ

貴音「はむっはむっ……響もどうです?」

響「そ、そんなの……」

P「────やめっ、んっ……」

貴音「見ているだけで満足なら、別にいいのですが……はみゅ」

P「──!?」

響「う、うぅ……うがー、じ、自分もプロデューサーに──」



律子「プロデューサーになんだって?」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 17:56:19.84 ID:jAk2QlFv0
律子「なぁーにをしているのかしら?」

雪歩「は、はぅ……レ、レッスンを……」

貴音「んむっ……」クチュ

律子「もー、貴音もいい加減離れなさーい」

貴音「あぁ……何をするのです律子嬢」

律子「そーれは、こっちのせりふよー!!」


律子「事務所で何をやってるのよ!?」

貴音「ですからレッスンを……」

律子「今のがどう見たらレッスンになるのよー!!」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:02:51.16 ID:jAk2QlFv0
響「……」ガクブル

雪歩「ひぅ……」プルプル

律子「 もー、プロデューサーもプロデューサーですよ! ちゃんと止めてください!」

P「力づくだったんだよ……」

律子「いい訳しない」

P「しゅいません」

律子「はぁ……しょうがないわね、あんた達はもう今日は帰りなさい」

響「えっ、帰っていいのか!?」

律子「もう時間も時間だし」

律子「プロデューサーだけお説教です」

P「ふぇぇ……」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:07:02.65 ID:jAk2QlFv0
律子「あんた達は明日お説教だからねー」

響「説教はさせられるのか……自分は何もしてないのに……」

雪歩「ひぅぅ……」

貴音「手厳しいです」

律子「ほーら、早く帰りなさーい」

響「わかったぞー」

P「ふぅ助かった……ん?」

貴音「ふふっ、この続きはまた今度ですよ……あ・な・た・さ・ま♪」コソコソ

雪歩「プ、プロデューサー、私も次はきっと次の……ステップですよ?」コソコソ

律子「いいかげんにしなさーい!」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:12:03.74 ID:jAk2QlFv0
律子「はぁ……やっと帰った」

P「り、律子……」

律子「……」テクテク

ぽふっ
律子「もー、ここは私の場所なんですよー? 他の人を入れるなんて酷いじゃないですかー」

P「入れてない入れてない。俺は律子だけ」

律子「……キスしてたくせに」

P「うっ……ごめんなさい」

律子「……許しません」

P「ほんとごめん。律子が一番好きだから」

律子「……それだけ言うなら」

P「許してくれるのか?」

律子「今日一日、ちゃーんと態度で示してくださいね♪」

おわり

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。