スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴音「本日はおやつに」 

カテゴリ:アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:02:47.31 ID:XP2KXwO+0

貴音「すあまを持って来ました」

響「すあま?」

貴音「すあまです」

響「食べたことないぞ」

貴音「なんと」

響「はい」






貴音「響はすあまを食べたことがない、と」

響「うん」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:03:55.28 ID:XP2KXwO+0

貴音「それはそれは」

響「なにさ」

貴音「見たことも聞いたこともありませんか」

響「今日が初めて」

貴音「ほぅ」

響「貴音?」






貴音「んふっ」

響「」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:04:36.46 ID:XP2KXwO+0

貴音「わたくし、すあまは詳しいですよ」

響「いいから食べようよ」

貴音「響が知らないすあまをわたくしは知っていました」ドヤァ

響「かしこいなー、貴音はかしこいなー」

貴音「……心がこもっていませんが」

響「えっ」






貴音「心からの敬意がなくては、このすあまは渡せませんね」

響「」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:05:06.18 ID:XP2KXwO+0

響「……貴音は本当に頭が良いぞ」

貴音「だめです」

響「なっ」

貴音「復唱してください」






貴音「あぁ、貴音様貴音様」

響「」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:05:53.25 ID:9VBZUIRw0


ますますすあまが気になる響




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:06:17.39 ID:XP2KXwO+0

貴音「ほら響、言うのです」

貴音「あぁ、貴音様貴音様」

響「嫌だぞ」

貴音「なんと愚かな」

響「」

貴音「ではわたくし一人ですあまを楽しむとします」パク

響「どうしてお菓子一つでここまでしなきゃいけないんだ!!」

貴音「美味」

響「ぐぬぬ」






響「あむっ!!」パク

貴音「」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:06:47.78 ID:XP2KXwO+0

貴音「ああああ!!」

響「んぐんぐ」

貴音「出すのです!! 今すぐ出すのです!!」

響「んぐぐ!!」

貴音「いけません!!」ペシ

響「っ」ゴクン

貴音「」






貴音「はやー!!」ギュム

響「いひゃひゃひゃひゃ!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:07:28.42 ID:XP2KXwO+0

貴音「響」

響「で、でもね貴音」

貴音「食べ物の恨みは」

響「よく味が分かんなかったんだけど……」

貴音「恐ろし」






貴音「……はい?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:07:34.82 ID:ba0o127W0

中の人出てきてるぞ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:08:30.56 ID:XP2KXwO+0

響「あ、あまりに早く食べちゃったから」

響「全然味が分かんなかったぞ」

響「だからね、貴音」

響「出来ればもう一つ欲しいかなー、って」

響「えへへ」キャピ






貴音「響、こ、こちらに」フルフル

響「うんっ!!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:09:13.93 ID:XP2KXwO+0

貴音「どうして響はこんなにも」ダキッ

響「ふみゅ?」

貴音「……っ!? あぁ、あぁ!!」ナデナデ

響「ふわぁ……」






貴音「はやあああああ!!」ガブッ

響「うぎゃああああ!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:10:12.25 ID:XP2KXwO+0

響「ご、ごめんなはい!!」

響「ほっぺがぁ!! ほっぺがぁ!!」

響「ゆるしへ!! じぶんがわるわったからぁ!!」

響「いひゃああああ!!」






貴音「美味」

響「は、歯形が」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:10:59.84 ID:XP2KXwO+0

貴音「えへへ、うんっ、ふみゅ、ふわぁ」

響「ごめんなさい」

貴音「ふみゅ?」






響「本当にごめんなさい」

貴音「分かればよろしいのです」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:11:55.30 ID:XP2KXwO+0

貴音「まったく」

響「だからって噛むなんて」

貴音「響は食い意地が張っていますね」

響「……ちょっと待って」

貴音「はて」

響「食い意地担当は貴音だぞ!!」

貴音「な、なんというでたらめを!!」

響「デタラメなんかじゃない!!」

貴音「響、嘘つきは泥棒のはじま」






響「自分知ってるんだぞ」

貴音「……はい?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:12:40.00 ID:XP2KXwO+0

響「貴音ってさ」

貴音「はい」

響「Do-Daiの英語のコーラス歌えてないよね」

貴音「」






貴音「」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:14:36.66 ID:XP2KXwO+0

貴音「そ、そんな、ひび」

響「バレてるぞ」ボソッ

貴音「」

響「ふははは」

オハヨウゴザイマァス

貴音「あっ」

響「……うん?」

貴音「うわーん、うわーん」

響「えっ」






あずさ「た、貴音ちゃん?」

響「」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:15:50.02 ID:XP2KXwO+0

貴音「あずさぁ!!」ダキッ

あずさ「どうしたの?」

貴音「響がいじめてくるのです……、ふみゅみゅぅ……」

響「」

あずさ「……響ちゃん」






あずさ「めっ」

響「」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:17:49.35 ID:XP2KXwO+0

貴音「……ふふっ」チラッ

響「っ!? 貴音に騙されちゃダメだぞ!!」

あずさ「だめよ、響ちゃん」

貴音「えーん、えーん」ギュ

響「ぐぬぬ」

あずさ「貴音ちゃん」

貴音「はいぃ」

あずさ「詳しいわけを聞かせてちょうだい?」






貴音「えっ」

響「ほぅ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:19:29.71 ID:XP2KXwO+0

あずさ「いったいなにがあったのかしら?」ナデナデ

貴音「そ、それは」

響「あのね、ぐすっ、ふわあぁ」

貴音「」

響「貴音がね、ぐしゅ」

あずさ「うんうん」

貴音「ぽへぅ」

響「なっ!?」

貴音「ぱぅ」

響「たうー!!」






あずさ「落ち着きましょうね」ギュ ギュ

貴音「ふぁい」

響「ひゃい」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:21:10.53 ID:XP2KXwO+0

あずさ「貴音ちゃんが?」

貴音「い、いけません響!!」

響「Do-Daiの英語の」

貴音「いやあああああ」









貴音「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

あずさ「よしよし」ナデ

響「……今度は本気だ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:22:59.29 ID:XP2KXwO+0

貴音「びびぎ!! どうじでいっでじまうのでずが!!」

響「で、でも、あずささんも」

あずさ「えっ」

貴音「あ、あずざ……?」






あずさ「し、知らなかったわー」

貴音「」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:24:22.57 ID:XP2KXwO+0

あずさ「と、とってもびっくりしちゃったわー」

あずさ「まさかそんな秘密があったなんてー」

あずさ「貴音ちゃんはやっぱり天才ねー」

貴音「やめなさい!!」

あずさ「ひっ」

貴音「なんですかその棒読みは!!」

響「た、貴音落ち着いて」






貴音「あいせいあげいん!!」ベチン

響「うぎゃあああああ」

あずさ「」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:26:50.60 ID:XP2KXwO+0

貴音「他は歌えずとも……、あいせい(ryの部分だけは……」グスッ

あずさ「辛かったのね」ヒシッ

貴音「わたくしは……、そこだけは誰よりも大きな声で……」

あずさ「大丈夫よ、貴音ちゃんの頑張りはみんな分かってたもの」

貴音「あずさ……」






響「美希もそこの貴音の声量に」

美希『うるさっ!?』

響「ってビックリしてたぞ」

貴音「」

あずさ「ひ、響ちゃん!!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:27:34.34 ID:XP2KXwO+0

貴音「うわあん、あうあうあう!!」

あずさ「意地悪しないの」

響「つ、つい」

貴音「うぅ」

あずさ「大丈夫よ、貴音ちゃん」






貴音「……わたくし、横文字は苦手で」

あずさ「誰にだって苦手な物はあるわ」

響「気にしちゃダメだぞ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:29:21.63 ID:XP2KXwO+0

貴音「ですから最近は英語の勉強をしているのです」

あずさ「あら」

響「偉いぞ貴音」

貴音「ふっ」ドヤ

あずさ「どうやって勉強してるのかしら?」

貴音「まずは英単語を、と思いまして」

響「覚えたやつ教えてよ」

貴音「えぇ、よしなに」

あずさ「はい?」

貴音「い、いえ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:31:17.92 ID:XP2KXwO+0

貴音「いんてんしょん」

貴音「意味は、意図、意向」

あずさ「む、難しい単語ね」



貴音「へぶんりぃかふぇ」

貴音「意味は、星座のお茶会」

響「……ん?」



貴音「はなび」

貴音「由実は、かわ」

響「こらあああああ!!」



貴音「あずさぁ」ダキッ

あずさ「た、貴音ちゃん?」

響「っ!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:32:14.37 ID:XP2KXwO+0

響「あずささんどいて!! そいつちぎれない!!」

あずさ「で、でも」

貴音「怖い……、怖由実……」ヒシッ

響「やめろォ!!」






あずさ「乱暴はダメよ、響ちゃん」ムッ

響「」

貴音「トェェェェイ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:33:32.55 ID:XP2KXwO+0

響「くっ、ここは一旦……」ダッ

貴音「あずさ、わたくし達の勝利です」

あずさ「うふふ、よくわからないけどやったのね」

貴音「では、勝利のすあまを楽しむとしましょう」

あずさ「まあ」

貴音「あずさ、お口を」

あずさ「あーん」






響「待てぇ!!」

貴音「っ!?」サッ

あずさ「あっ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:35:30.43 ID:XP2KXwO+0

響「ぴよ子、お願い」

貴音「こ、小鳥嬢?」

小鳥「……プリン」

貴音「ぷりん?」

小鳥「えぇ、プリンよ」

貴音「はて」

小鳥「……ねぇ、あずささん?」






あずさ「あ、あぁ……」ガクガク

貴音「あ、あずさ?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:37:19.12 ID:XP2KXwO+0

貴音「あずさ、しっかりしてください!!」

あずさ「私は……、私はっ……!!」

小鳥「貴音ちゃん、あずささんはね……」



あずさ『音無さん、私は罪深い女です……』

小鳥『続けなさい』

あずさ『私は……、事務所の一人一つづつのプリンを……』






あずさ『全部一人で食べてしまいました……!!』ポロポロ






貴音「」

あずさ「いやあああああ」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:38:00.96 ID:XP2KXwO+0

あずさ「た、貴音ちゃん、これは」

貴音「……あずさ、わたくしは信じていましたのに」

あずさ「っ!? ち、違うの、違うのよ!!」

貴音「失望しました、三浦あずさ」

あずさ「」






あずさ「うわあん、あうあうあう!!」ポロポロ

響「……あずささん」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:39:57.91 ID:XP2KXwO+0

あずさ「びびぎちゃん……、わだじ……」

響「大丈夫」ダキッ

あずさ「私は……、どうすれば……」






響「戦おう、自分達と一緒に」

あずさ「……えっ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:42:11.47 ID:XP2KXwO+0

あずさ「で、でも私は」

小鳥「私達は仲間、でしょう?」ポンッ

あずさ「音無さん……!!」

響「行くぞぉ!!」






響「どうだ貴音!! これで三対一だぞ!!」

小鳥「だぞー!!」

あずさ「ぞぉー!!」

貴音「」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:42:55.51 ID:XP2KXwO+0

響「降参するなら今のうちだからなー!!」

小鳥「そうよ、今のうちよー!!」

あずさ「よぉー!!」

貴音「ぐぬぬ」






貴音「あっ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:43:51.44 ID:XP2KXwO+0

響「面妖にも程があるぞー!!」

小鳥「あるぞー!!」

あずさ「ぞぉー!!」

貴音「では、このすあまはわたくしが独り占めするとしますね」






響「えっ」

小鳥「」

あずさ「」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:45:06.48 ID:XP2KXwO+0

響「ねぇ、貴音ぇ、自分にも分けて欲しいかなー、って」

貴音「真、美味です」パク

小鳥「お肩をお揉みいたしましょう」

あずさ「あぁ、貴音様貴音様、お茶を淹れてきましたわ」






雪歩「な、何やってるのかな?」

春香「さぁ……」

千早「今日も平和ね」

                    終


50: おまけ 2014/02/13(木) 21:46:47.94 ID:XP2KXwO+0

貴音「で、でぃいすいず……、むぅ」

響「本当に苦手なんだな」

貴音「難しいですね」



貴音「うぇんまいだうん、どんびぃあふれいおぶまいでしじょん♪」

響「」

貴音「うぇいとぅごぉのん、えんとぅびぃまいうぇいとぅざはぴねぇす♪」

響「」

貴音「ふっ」ドヤ






響「貴音、いけませんよ」ギュム

貴音「……ふぁい」
           
                    今度こそ終


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:49:43.57 ID:cnzWv4Cg0


ニヤニヤした


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:09:05.48 ID:zhdrwhVz0

すあまって素甘?
でも貴音がひらがなで表現するんだから横文字っぽいんだよなぁ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:49:09.43 ID:XP2KXwO+0

ありがとう、すあま
ごめんなさい、はらみー

正直すあまって食べたことありません
素甘って書くのも>>13で知りました


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:59:15.49 ID:bV4PAROi0

貴音が横文字苦手って始めて知ったぞ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:03:13.00 ID:XP2KXwO+0

>>60
たしか2のお仕事イベントであったと思う
携帯新機種発表会だか何だかで
新機種の紹介文を読もうとするんだけど台本が横文字だらけでどうしよう
みたいなやつ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。