スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏海「今日は寒いから布団から出たくない」 

カテゴリ:のんのんびよりSS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 08:42:45.05 ID:hOGHnolX0

小鞠「夏海ー、もう朝だよ。朝ごはん出来てるよ」ユサユサ

夏海「夏海ちゃんは布団の中にイマセンヨー」

小鞠「何バカな事言ってんの?早く起きないとお母さんに怒鳴られるよ」

夏海「グーグー」

小鞠「もー、あたし知らないからね」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 08:50:23.51 ID:hOGHnolX0

夏海「姉ちゃんは行ったか・・・」

夏海「うー・・・寒い寒い、なんで朝起きたらいきなり寒くなっちゃうかな・・・」


夏海「夏海ちゃんは悪くないし、強いて言うなら布団が悪い!」

夏海「二度寝しちゃお・・・」zzz


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 08:57:06.50 ID:hOGHnolX0

ドタドタドタドタバタン

夏海「あ・・・」

雪子「夏海ー!!さっさと起きい!今日も学校あるやろ!」

夏海「グーグー!」

雪子「寝たふりしても騙されんからね!ホラ早く!」

布団奪い

夏海「グー!いやだぁぁぁ!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:03:18.67 ID:hOGHnolX0

食卓

小鞠「夏海、おはよう」

夏海「・・・姉ちゃんおはよ」

小雪「まったく、ちゃっちゃと食べんと学校遅れるけんね」

卓「・・・」

夏海「うー、あんま食欲わかない・・・」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:12:24.32 ID:hOGHnolX0

卓「・・・」スクッ

小雪「卓、食事中なのに勝手にどっか行ったら・・・」

夏海「ん・・・兄ちゃんどうしたん急に近づいてきて」

ピト

夏海「あう、冷た・・・」

小鞠「・・・?もっかして夏海、風邪引いてる?」

夏海「え?」

卓「・・・」コク

小雪「あら本当?よく見たらなんか顔も赤い気がする」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:19:56.70 ID:hOGHnolX0

夏海「イヤイヤイヤ、ウチが風邪?そんな事ありえないし」ドボドボ

小鞠「あんたそれ味噌汁!コップはこっち!」

小雪「もー何やっとんね!ちょっと温度計持ってくるけ大人しくしとき!」



夏海「・・・36.9度」

小雪「やっぱり風邪引いとるね、なんで自分の身体なのにあんたが最初に気づかんの」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:28:18.75 ID:hOGHnolX0

夏海「イヤ、このくらい平熱でしょ、余裕ですよヨユーヨユー・・・」

小鞠「なんたらは風邪ひかないって言うけど、
夏海のおかげで意味が分かった気がする」

夏海「ちょっと姉ちゃんそれどうゆう意味だよ」

小雪「馬鹿な事言ってないの、あんたよくそこから熱上がって大変だった事あったやろ。今日は大人しくしとき」

夏海「母さんまでウチの事馬鹿に・・・」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:40:32.66 ID:hOGHnolX0

雪子だったわ



夏海(ん・・・待てよ?元々ウチは布団から出たく無かった訳だし・・・結果オーライなのか?)

夏海(OKOK全然オーライじゃないか、だとすると、ここは大人しく言う事を聞くべき)


夏海「おやー?なんか急に体がフラついてきたぞー?今日はゆっくり布団に入って安静にしなければー」

小鞠「あんたそれ布団に入りたいだけじゃん」

雪子「はぁ・・・とりあえず制服脱ぎ、新しいパジャマ用意するけぇ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:45:27.36 ID:hOGHnolX0

夏海「ただいまお布団ちゃん!私戻ってきたよ!」ヌクヌク

小鞠「休めると思ったら急に元気になっちゃって」

夏海「いーのいーの!私病人だしー?熱あるしー?」

小鞠「まあそうだけどね、私は学校行くよ」

夏海「はーい姉ちゃんいってらっしゃーい!」フリフリ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 09:52:43.49 ID:hOGHnolX0

夏海「もうお粥食べて薬も飲んでおまけに今日はお休み、至れり尽くせりですなー」

夏海「でもバタバタやったら母さんにドヤされるし・・・」

夏海「暇だなぁ」


シーン


夏海「・・・とりあえず寝よう」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 10:06:00.27 ID:hOGHnolX0

学校

小鞠「おはよー」

蛍「おはようございます先輩!」

れんげ「おはようなのん!」

蛍「あれ、夏海先輩は今日も遅刻ですか?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 10:07:24.12 ID:hOGHnolX0

小鞠「いやー夏海、風邪引いちゃってさぁ」

れんげ「風邪なん?残念なのん・・・」

蛍「学校終わったらお見舞いに行きましょうか?」

小鞠「うーん、そんなに熱あるわけでも無いし、今日一日休めば治ると思うよ」

蛍「そうですか・・・」




飽きた


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 10:22:16.00 ID:hOGHnolX0

夏海(・・・ん?今何時だ?)

夏海(12時かぁ・・・二度寝する分には十分だなぁ)

夏海(心なしかまた熱が上がってきた気がする・・・)

夏海(姉ちゃん達は今なにやってるんだろ、まあ普通に勉強中かぁ・・・4時間目は数学だったな)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 10:28:14.15 ID:hOGHnolX0

夏海(そういえば、れんちょんが考えた遊びに付き合う約束してたなぁ・・・ごめんねれんちょん)

夏海(・・・いい事思いついた)

夏海(・・・別に謝る必要なんてないじゃん、よーし)




雪子「夏海ー。お昼だよ。うどん作ったからね、食べれるだけでいいから・・・」

雪子「あれ・・・夏海?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 10:35:27.80 ID:hOGHnolX0

夏海「へへへ・・・こっそり出てきちゃった」

夏海「丁度バスも来たし、母さんもまだ追ってこないな」

夏海「午後からだけでも学校行って、れんちょんと遊ぶぞー!」


雪子「制服が無くなってる・・・」

雪子「あの馬鹿、勝手に学校に行ったわね!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 10:58:35.86 ID:hOGHnolX0

家出るからID変わると思う


prrrrrr

一穂「グガー」zzz

れんげ「ねえねえ」

一穂「・・・んー?」

れんげ「ねえねえ、電話なってるのん!

一穂「うわっやっば!どうもすみません一穂です」

一穂「・・・夏海ちゃん?今日は来ないって聞いてますが」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:06:47.58 ID:hOGHnolX0

一穂「・・・はい、分かりました。来たらこちらから連絡しますー」ガチャ

蛍「なんの電話だったんですか?」

一穂「なんか夏海ちゃん家から居なくなったーって雪子さんから」

小鞠「えっ!?」

蛍「だ、大丈夫なんですか?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:15:12.05 ID:+x8OVu+x0

夏海「近道しよう。この橋ボロいなぁ」

夏海「あっ」フラッ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:23:03.82 ID:WEIyIGYLi

一穂「まー夏海ちゃんああ見えても割としっかりしてるし、学校に着いたら保健室に寝かしておけば大丈夫でしょー」

蛍「しっかり・・・」
れんげ「しっかり・・・」

一穂「コラコラ二人とも、夏海ちゃんは先輩でしょ、信じてあげようという気持ちを持ったげようね」

小鞠「・・・・・」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:35:50.62 ID:WEIyIGYLi

・・・・ん


夏海(・・・うん?)


・・・・さーん!


夏海(あれ?)


・・・・かーさーん!


夏海(・・・小さい頃の私だ)


おかーさーん!


夏海(・・・私が、泣いてる?)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:39:58.09 ID:WEIyIGYLi

夏海(私が泣いてる・・・地面に疼くまって・・・声を枯らしながら)


夏海(夢か・・・?だよなぁ、私ここいるし・・・)


夏海(でも・・・なんだか・・・)


夏海(・・・思い出せない)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:45:26.57 ID:WEIyIGYLi

・・・ちゃん

夏海(・・・確か、ずっと昔、私が姉ちゃんと同じくらいの身長だった頃)


・・・嬢ちゃん

夏海(・・・なんだようるさいな、がんばって思い出そうとしてるのに)


「お嬢ちゃん!」

夏海「・・・はっ!?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:49:57.55 ID:WEIyIGYLi

運転手「お嬢ちゃんやっと起きたかい、終点だよ」

夏海「ああ、なんだ運転手さんか・・・え、終点?」



ブロロロロ


夏海「終点までずっと寝ちゃってたのか・・・」フラ

夏海「普段定期だったから・・・お小遣いすっからかんになっちゃったよ・・・」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 11:59:33.49 ID:WEIyIGYLi

フラフラ

夏海(うわ・・・目が回る、また熱上がったっぽい)

夏海(どこだっけココ、終点まで来たこと私ないし・・・)

夏海(バスもまだ来ないし、お金もない・・・)

フラフラ

夏海(・・・歩いて帰ろう)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 12:05:02.26 ID:WEIyIGYLi

れんげ「・・・なっつん、遅いのん」

蛍「確かに・・・とっくに学校に着いててもおかしくない時間です」

一穂「うーん・・・ちょっと電話してみるかー」ピッピッ

小鞠「・・・やっぱり」

蛍「どうかしましたか?先輩」

小鞠「嫌な予感はしてたんだ、私もさっきまで忘れてたんだけど・・・」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 12:19:32.93 ID:WEIyIGYLi

小鞠「昔、夏海が微熱のまま外に遊びに行ったっきり、帰って来なかった事があって」

小鞠「お母さんもお兄ちゃんも私も一生懸命探して、やっと見つけて」

小鞠「夏海わんわん泣いてた・・・カラカラの声で、フラフラで」

小鞠「もしかしたら今頃どこかで・・・」

蛍「・・・・・」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 12:53:37.15 ID:WEIyIGYLi

蛍「・・・大丈夫ですよ、きっと先輩達のお母さんが夏海先輩を見つけてますって」

小鞠「ほたるん・・・」


一穂「学校にもまだ着いてないっぽくてー・・・そうですか、分かりました」ピッ

れんげ「ねえねえ、なっつんどうなったん?」

一穂「うーん、こりゃちょっとまずいかもしれんね」

蛍「え・・・」

卓「」ガタッダッ

小鞠「兄ちゃん!?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:05:14.34 ID:WEIyIGYLi

一穂「そうね、私も動いた方がいいかも。3人はそのまま自習してて」

小鞠「わ、私も夏海を探します!」

一穂「ダメ、単に動けなくなっただけと決まった訳じゃないし、1人で動いたら夏海ちゃんだけの騒ぎじゃなくなっちゃう」

小鞠「でも・・・」

一穂「先生からの注意です。生徒は言う事聞くように。じゃあねー」ガラッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:13:21.51 ID:WEIyIGYLi

小鞠「夏海・・・」

蛍「夏海先輩・・・」

れんげ「・・・?こまちゃん!ほたるん!なっつん探しにいくのん!」

蛍「れ、れんげちゃん!?でも先生が・・・」

れんげ「ねえねえはみんなで探すなとは言ってないん!3人で一緒に動けば大丈夫なん!」

小鞠「!」

蛍「な、なるほど」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:26:19.35 ID:WEIyIGYLi

小鞠「みんなごめんね、夏海の為に・・・」

れんげ「大丈夫なん、なっつんにはウチの考えた新しい遊びに付き合ってもらうん!居なくなったら困るのん!」

蛍「そうと決まれば、一緒に探しましょう!」





夏海(・・・もう、どのくらい歩いたかな?)フラフラ

夏海(・・・体がダルい)フラフラ

夏海(・・・寒いよ)フラフラ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:32:52.34 ID:WEIyIGYLi

夏海「ちょっち休憩っ・・・!」




夏海(さっきのあの夢、あれ、夢じゃなかった)

夏海(思い出した、すっかり忘れてた)

夏海(夏海ちゃん頭悪いから、またやっちゃった)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:40:06.16 ID:WEIyIGYLi

夏海(ウチ、あの日、少しだけ風邪を引いてて)

夏海(兄ちゃんと姉ちゃんがウチを置いて、二人で遊びに行くのを見て、ウチ、悔しかったんだ)

夏海(あの頃は兄ちゃんっ子だったからなぁ・・・うわー恥ずかしい・・・)

夏海(結果、二人を探してる内に風邪が悪化して・・・)

夏海(動けなくなって・・・)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:51:22.80 ID:WEIyIGYLi

夏海(はあ、ウチの思考回路はあの頃のまんまか・・・)


夏海(正直しんどくて、もう動きたくない・・・)

夏海(寒い、寒いよ)ブルブル

夏海(もう陽も落ちてきた・・・まだまだ寒くなる)


夏海「・・・歩こう」フラフラ

夏海(・・・歩ける内に、歩こう)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 14:03:41.12 ID:WEIyIGYLi

一穂「うーん・・・学校からバス停の間にはいないかぁ・・・」

一穂「家からバス停はもう雪子さん探してるだろうし・・・やっぱりなんか事件に巻き込まれて・・・ん?」

ブロロロロロ

一穂「卓のお兄ちゃん、バスに乗ってどこに行くつもり?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 14:14:17.92 ID:WEIyIGYLi

れんげ「なっつーん!」

蛍「夏海せんぱーい!」

小鞠「夏海ー!」

れんげ「返事がないのん・・・」

小鞠「夏海ー!夏海ィー!」ジワ

蛍「小鞠先輩・・・」

小鞠「夏海ィ・・・!なつ・・・」ポロポロ

れんげ「こまちゃん、泣いてるのん?」

小鞠「私の・・・私のせいだ・・・」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 14:22:12.22 ID:WEIyIGYLi

蛍「・・・小鞠先輩は悪くないです」

小鞠「今なら分かるの・・・あの日、なんで夏海が外に出ていったのか・・・」ポロポロ

小鞠「分かっていれば、忘れてさえいなければ、こんな事にはならなかったんだ・・・」ポロポロ

蛍「・・・それでも、小鞠先輩は悪くないです」

小鞠「夏海・・・」ポロポロ

蛍「・・・」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 14:34:23.39 ID:WEIyIGYLi

夏海(完全に陽が落ちちゃった・・・)

夏海(もうさっきから全然歩いてない、体が動かない)

夏海(寒い)

夏海(・・・見慣れた場所には、まだ着かない)

夏海(・・・もうダメっぽいな、ウチ)ジワ

夏海「ゴメンね、母さん、姉ちゃん、兄ちゃん・・・」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 14:50:23.76 ID:WEIyIGYLi

・・・ん!


夏海(・・・ん?・・・あれ?これさっきの夢?いや夢じゃなったけどさ)



・・・ちゃん!

夏海(そうそう。あの時は、兄ちゃんが私を見つけてくれたっけなぁ。嬉しかったなぁ)


お兄ちゃん!


夏海(あれからブラコンの拍車かかっちゃって・・・まあ今は別に、だけどさ)


夏海(走馬燈っていうのかなこうゆうの。なんだか、明るくて、心地よくて、あったかい・・・)


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 15:02:06.06 ID:WEIyIGYLi

夏海「あったか・・・ん?あれ?ほんとにあったかい・・・?」

卓「・・・」

夏海「これ、兄ちゃんの上着・・・」

卓「・・・」

夏海「・・・兄ちゃん、いたんだ」

卓「・・・」コク

夏海「・・・エヘヘ、あったかい」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 15:10:19.14 ID:WEIyIGYLi

・・・・・・・・

ブロロロロロ


夏海「ゴメンね兄ちゃん、バス賃払ってもらっちゃって」

卓「・・・」コク

夏海「・・・私さ、昔の事思い出してた。昔、おんなじ様に兄ちゃんに見つけてもらって、一緒に帰って」

卓「・・・」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 15:19:17.44 ID:WEIyIGYLi

夏海「兄ちゃんは、憶えてる?」

卓「・・・」

夏海「・・・」

夏海「・・・忘れててもいいんだ、ウチも忘れてたし。むしろ忘れててよかった。恥ずかしいもん」

卓「・・・」

夏海「・・・でもさ、もし忘れてなかったならさ」

卓「・・・?」

夏海「私、またあの頃みたいに、兄ちゃんと仲良くしたい」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 15:27:04.40 ID:WEIyIGYLi

卓「・・・」ワシャワシャ

夏海「うわー!髪の毛ワシャワシャすんなー!それはあれか?肯定として受け取っていいんだなー?」

卓「・・・」コクン

夏海「!?それって・・・」カァー

夏海「わ、忘れてないって事じゃんかよぉー・・・/////」

卓「・・・」ポンポン

夏海「ぐあー!ポンポンすんなー!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 15:38:09.93 ID:WEIyIGYLi

あの後、れんちょんとほたるんと、グチャグチャに泣いた姉ちゃんに謝った。

母さんには、風邪が治るまで怒られながら看病された。

先生にも迷惑かけてたので、風邪が治ってから謝りにいった。

色んな人に心配かけてた。


そして・・・


小鞠「夏海ー、もう朝だよ。朝ごはん出来てるよ」ユサユサ

夏海「うーん、夏海ちゃんは風邪なので布団から出たくありませーん」

小鞠「あんたそれ言えば出なくていいと思ってるでしょ!ほら早く!」布団ガバー

夏海「うひいい寒いよー!」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 15:47:45.91 ID:WEIyIGYLi

夏海「ふああ、おはよう」

雪子「また遅刻ギリギリに起きて・・・さっさと食べんさいよ」

夏海「へーい、あ、兄ちゃん、今日も一緒に学校いこうなー」モグモグ

卓「・・・」コクン

小鞠「夏海ったら最近お兄ちゃんとばっか絡んでー、何かいい事あっt・・・あったかー」ムフフ

夏海「うるせーやい!」

雪子「食事中に大声出すんじゃないよ!」



私夏海ちゃん、人生謳歌中です!



おわり


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。