スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほむら「戻りすぎた」マミ「貴女誰ですか?」 

カテゴリ:まどかSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 10:35:52.44ID:HEPmwe3eO
まどか「ごめんねほむらちゃん……ワルプルギス、倒せなくて……」 

ほむら「まどか……!」 

ほむら「まだよ、諦めたりなんかしない……!何度でもやり直してみせる」 

~~~ 

新しい時間軸 

ほむら「さて、また一からか……すっかり慣れたのが嫌になるわね」 

ほむら「それにしても、いつもとは景色や雰囲気が違う……?私だって病院にいるはずなのに」 

ほむら「まさか失敗?」 

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 10:45:25.01ID:HEPmwe3eO
ほむら「とりあえず家に戻れば何か……」ピキーン 

ほむら「魔女の気配ね……巴マミがいるはずだから任せても良いけど……行ってみましょう」 

~~~ 

ほむら「大した結界じゃないわね、すぐに済みそう」 
チュドーン! 

ほむら「もう戦ってるようね」 

マミ「えい!やぁ!」 

ほむら「やっぱり巴マ……ミ?」 

QB「おや、お客さんかい?魔法少女のようだけど……誰だい?」 

マミ「ティロ・フィナーレ!」 

ほむら(巴マミには違いない……でも随分幼いわね) 




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 10:51:47.41ID:HEPmwe3eO
ボガーン! 

マミ「ふぅ、なんとかなったわね」 

QB「お疲れ様マミ、また腕を上げたようだね」 

マミ「ありがとうキュゥべぇ。そちらの方は?」 

QB「さぁ?敵ではないようだけど、用心した方が良いよ。グリーフシード強盗かもしれない」 

マミ「えっ!?」サッ 

ほむら「そんな事はしないわ。それより、貴女に幾つか訊きたいのだけれど」 

マミ「はぁ」 

ほむら「貴女、巴マミ……よね?」 

マミ「は、はい、そうですが」 

ほむら「で、そこの薄汚いのがキュゥべぇ」 

QB「僕に感情があったらぶん殴ってるよ」 




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 10:58:02.45ID:HEPmwe3eO
ほむら(私を知らないキュゥべぇ、幼い巴マミ) 

ほむら(どうやら何らかのズレで戻りすぎたようね) 

ほむら(私の魔力ではここまでの時間移動は出来ないはずだけど……) 

ほむら(今は原因を考えても仕方ないわね、戻る方法を見つける方が先決だわ) 

マミ「あ、あの」 

ほむら「ん?」 

マミ「貴女も魔法少女なんですか?」 

ほむら「そうだけど」 

マミ「……」プルプル 

ほむら「?」 

マミ「やった!やったわキュゥべぇ!魔法少女のお友達よ!始めてのお友達よ!」ブンブン 

QB「よ、良かったね、わかったから振り回さないでほしいな」 




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:03:10.63ID:zYhESFFz0
news2ch918





10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:05:45.56ID:Oxp/K6py0
>>8 
ここは危ないから俺のおうちにいこうね 




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:04:47.63ID:HEPmwe3eO
マミ「えへへへへ、やったぁ!」グルグル 

QB「あががが」 

ほむら(お、幼すぎる……これがあの巴マミ?) 

ほむら(私とまどかを引っ張ってくれていた姿からは想像も出来ないわね) 

ほむら「悪いけどお友達にはなれないわ」 

マミ「えぇっ!?」 

ほむら「詳しくは言えないけど、私はすぐにでもここを離れて元の場所に戻らなければいけない」 

ほむら「長居はしないわ」 

マミ「そ、そうなんですか、色々教えてもらったりしたかったのに」シュン 




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:09:27.25ID:HEPmwe3eO
マミ「……」ジッ 

ほむら(そんな目で見られても) 

QB「マミはまだ魔法少女になったばかりなんだ。おまけに家族も亡くなってしまって寂しいんだよ」ヒソヒソ 

QB「仲間がほしいっていつも言っていたからね」ヒソヒソ 

QB「見たところ君はかなりベテランの魔法少女のようだし僕からも協力をお願いしたいな」ヒソヒソ 

QB「マミの才能は確かだけど、一人だけじゃ不安だからね」ヒソヒソ 

ほむら「……私には関係無いわ、あと汚いから肩から降りなさい」 

QB「やれやれ」ピョン 

ほむら「じゃあね……せいぜい魔女に殺されないように頑張りなさい」 

マミ「あっ、あの!また会えますか!?」 

ほむら「…………縁があればね」 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:19:34.49ID:HEPmwe3eO
マミ「行っちゃった……名前訊くのも忘れちゃったわね」 

QB「僕も知らない魔法少女だった。まぁ邪魔してこないなら問題は無いけど」 

マミ「大人っぽくて素敵な人だったわね。私もあんな風になれるかしら」 

QB「さぁねぇ、ティロ・フィナーレなんて言ってる内は無理じゃないかな」 

マミ「……」チャキ 

QB「まずはそうやって意外とすぐ激昂するとこから直そうか」 




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:26:07.68ID:HEPmwe3eO
ほむら(さて、どうしたものかしらね) 

ほむら(数年前にまで戻ってしまったのなら、家に帰るわけにもいかない) 

ほむら(いやそれよりどうやって現代に帰ればいいのかしら) 

ほむら(時間軸のズレや平行世界の隙間に入ってしまった?時が来れば自然に帰れるといいのだけれど) 

ほむら「あっ!」 

ほむら「そうよ!もう一度時間移動すればいいじゃない!」 

ほむら「ズレが修正されるかもしれないわ!」 




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:29:10.77ID:HEPmwe3eO
ほむら「さっそく試してみましょう」 

ほむら「あ、あれ?」 

ほむら「戻らない……魔力が作動しない?」 

ほむら「他の力は使えるのにどうして!?」 

ほむら「何で……?こんなのって……!」バンバン! 

ほむら「…………まどか」 

ほむら「まどか……まどかさえいれば」 




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:31:04.53ID:eyFBeH+RO
ほむほむは大人になっても小学生マミさんのおっぱいに勝てない 




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:34:26.65ID:HEPmwe3eO
小学校付近 

まどか「でね、強いメタモンを親にすると良いんだって」 

さやか「へぇー」 

ほむら(幼いまどかに美樹さやか……ちゃんと二人ともいるのね)コソコソ 

ほむら(だったらむしろ好都合かもしれないわね、あの時間よりもっと前からまどかを守れる) 

ほむら(たとえ何年かかろうと、まどかを守れるならそれでいい) 

ほむら(元の時代に帰れなかったとしても構わないわ) 

さやか「ねぇまどか、あの人さっきから着いてきてるよ」ヒソヒソ 

まどか「うん、何か怖いね」ヒソヒソ 




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:42:11.73ID:HEPmwe3eO
さやか「行こう!」 

まどか「う、うん」 

タタタタタ…… 

ほむら「あっ……」 

ほむら「仕方ないわね、誰でも不審に思うわ」 

ほむら(守るためになら嫌われてもいいと思っていたけど、幼い子にやられるのは辛いわね) 

ほむら「といっても、まどかが魔法少女と関わるのはまだまだ先。それまでは大いに暇ね」 

ほむら「幼い佐倉杏子でもからかいに行こうかしら」クスクス 

グー 

ほむら「……そんなことしてる場合じゃないわね」 




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:46:54.62ID:HEPmwe3eO
ほむら「考えてみたら夜露をしのぐ家も無い。お金も無いし……最悪魔法を使えばなんとかなるけど」 

QB「やぁやぁ、お困りのようだね」 

ほむら「キュゥべぇ……!」 

QB「そんなに身構えないでよ。話をしに来ただけだよ」 

ほむら「私には無いわ」 

ほむら(今の段階でまどかの話なんかしたら目を付けられるのが早まるだけだもの) 

QB「まぁまぁ話だけでも聞いてくれないかな。君にとっても悪い話じゃないはずさ」 




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:55:43.15ID:HEPmwe3eO
ほむら(何を考えているの?まさか私の正体に気付いた?) 

ほむら「……良いわ、聞くだけ聞いてあげる」 

QB「助かるよ」 

QB「実はだね、君にマミの教育係を依頼したいんだ」 

ほむら「教育係?」 

QB「さっきも言ったけど、マミはまだ魔法少女になったばかり。おまけに精神的にも未熟極まりない」 

QB「いくら才能があってもあれじゃ手がかかって仕方ないんだ」 

QB「マミにばかりかまけてるせいで他の魔法少女の勧誘も出来やしない」 

QB「そこで君の出番だ。君がマミを育ててくれたら余った時間で僕は契約を」 

ほむら「お断りよ」 

QB「最後まで聞いてよ」 

ほむら「あんたの言う通りにするのが……私はこの世で一番嫌なの、しかも、そんな理由で」シュタ 

QB「やれやれ、人間はすぐ感情任せで動くから困る」 




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:02:50.52ID:HEPmwe3eO
マミ「ど、どうだった?」コソコソ 

QB「全く、自分で頼めばいいじゃないか」 

マミ「だって……」 

QB「何故かは知らないけど彼女は僕を酷く嫌っているようだ。僕が頼むのはむしろ逆効果だったみたいだね」 

マミ「残念ね、キュゥべぇはいい子なのに」ギュ 

QB「なんたって僕は宇宙のために働いてるからね」 

マミ「またその話?大げさね」クスクス 




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:11:32.45ID:HEPmwe3eO
マミ「さ、帰りましょう。急がないとセールが始まっちゃうわ」 

QB「僕はシチューがいいなぁ」 

マミ「はいはい、わかったわ」 

~~~ 

店員「ありあとあしたー」 

ほむら「平成23年の硬貨も余裕で使えたわね……まぁバイトがいちいち確かめないか」 

ほむら「肉まん美味しい」ホムホム 

子ども「早く帰ってガンダム見ようぜ!」 

子ども2「俺、デュナメス好きだなぁロックオンかっけーし」 

ほむら(死ぬけどね)モグモグ 




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:17:39.94ID:HEPmwe3eO
ほむら「ふぅ、ごちそうさまでした」 

ほむら「次は寝床を探さなきゃ……どうせなら拠点になるようなところがあればいいけど」 

ほむら「まさかこの年で浮浪者になるなんて考えてもみなかったわ」 

ほむら「……無駄口叩いてないでさっさと探した方が良いわね」 

~~~ 

マミハウス 

QB「ごちそうさま」 

マミ「お粗末さまでした」 
ピキーン 

マミ「あら?ソウルジェムが」 

QB「魔女かな?それとも使い魔が現れたかな?」 

マミ「とにかく行きましょう!」 




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:24:03.91ID:HEPmwe3eO
マミ「これは……」 

QB「結界が大きい、君には少々荷が重い相手かもしれないよ」 

マミ「で、でも私が戦わなかったら何も知らない人が犠牲になるわ」 

QB「まぁそうなるね」 

マミ「だったら行かないと」 

QB「大丈夫かい?震えてるじゃないか」 

マミ「へ、平気よ」 

QB「責任感が強いのはけっこうだけど、死なないようにね」 

マミ「心配してくれるの?ありがとう」 

QB(まだまだ君には働いてもらわないとね) 




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:29:11.44ID:HEPmwe3eO
マミ「さぁ、いくわよ」ヘンシン 

~~~ 

マミ「どうしてこう結界の中って無駄にファンタジックなのかしら?」 

QB「いいじゃないか、君はこういうのは好みだろう?」 

マミ「魔女はお断りしたいけどね」 

使い魔「プォーン」 

マミ「さっそくお出ましね……はっ!」バキューン 

マミ「新技……てぇい!!」 

ババババーン 

QB「ジャグリングしながら撃つより普通に連射した方が」 

マミ「う、うるさいわね」 

QB「それに魔力は温存した方が良いよ」 




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:34:48.42ID:HEPmwe3eO
マミ「そうしたいのは山々だけど」 

使い魔「プォーンプォーン」 

マミ「……ちょっと数が多いわね」 

QB「確かに」 

マミ「よーし、まとめて一気にいくわよ!」 

マミ「ティロ・フィナーレ!!」 

ドカーン! 

マミ「ざっとこんなものかしら」 

QB「油断大敵だよ、まだ魔女がいるはずだ」 

マミ「わ、わかってるわよ、もう!」 

QB(やれやれ戦闘力の向上とメンタルの成長が釣り合ってないなぁ) 

魔女「……」ノシノシ 

マミ「おっきい……」 

魔女「パオーン!」 

QB「ゲー!?象の魔女!?」 




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:36:01.58ID:DaeT14ZM0
性質は男根。 




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:42:31.35ID:HEPmwe3eO
マミ「キュゥべぇ!?」 

QB「あ、いや、取り乱しちゃったね」 

QB「パワーはあるけど鈍重そうだ、動き回って撹乱するといい」 

マミ「わかったわ!」 

ヒュンヒュン 

魔女「パオーン!」ズシン 

マミ「踏み潰されたら一巻の終わりね……でも!当たらなければどうということは無いわ!」バーン! 

魔女「パオ?」 

マミ「……そっちは当たってもどうということは無いみたいね……嫌になるわ」 

マミ「だからって諦めるわけにはいかない、私がこの街を守るんだから!」 




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:51:13.17ID:HEPmwe3eO
マミ「ティロ・フィナーレ!!」 

ボカーン! 

魔女「プオォーン!!」 

マミ「はぁっ、はぁ……ピンピンしてるわね」 

QB「単純にパワーの差が有りすぎる。いつかは捕まっちゃうよ」 

マミ「そうなる前に決めるわ……」フラフラ 

QB(体力は限界に近いし、あんなに魔力を使っちゃソウルジェムも危ない) 

QB(マミが魔女になる前に逃げるかな) 

魔女「パオーン!」ドスドス 

マミ「そうだ、魔女の背中に乗れば踏みつけは当たらないはず」バッ 

QB「あっ!飛んじゃダメだよ!」 

マミ「へっ?」 

ギュイーン! 

マミ「は、鼻で……!」 

バチーン! 




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:57:46.90ID:HEPmwe3eO
マミ「うあっ!」 

QB「直撃しちゃったね」 

マミ「うっ、くっ……げほっ」ヨロヨロ 

魔女「……」ノシノシ 

マミ「にっ、逃げなきゃ……死ぬ……いやぁ」 

QB(マミのソウルジェムが……僕も逃げよっと) 

魔女「パオーン!」 

ズシン!! 

マミ「……!」 

マミ「あれ?生きてる?」 

ほむら「あんなの相手に情けないわね、それでも巴マミなの?」ギュッ 

マミ「あ、貴女は!」 




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:02:24.64ID:HEPmwe3eO
QB「おお!来てくれると信じていたよ!」 

ほむら「自分だけ逃げようとしてたくせに」ペッ 

マミ「そうなの?」 

QB「まっさかぁ、僕がマミを見捨てるはずないじゃないか」 

マミ「そ、そうよね」 

ほむら「……やっぱり貴女は巴マミね」 

マミ「?」 

ほむら「さてと、魔女退治といきましょう」 

マミ「わ、私も手伝います!」 

ほむら「いいわ、そんな体じゃ邪魔になるだけよ」 

魔女「パパパオーン!」 

ほむら「ワルプルギスに比べたら……小さい象さんね」クスッ 

QB(ワルプルギスを知っている?) 




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:12:28.96ID:HEPmwe3eO
ほむら「……」ヒョイヒョイボムボム 

魔女「プオーン!!」 

マミ「速い……」 

QB「誰かみたいに余計な事も言わないしね」 

マミ「……」チョップ 

QB「痛いよ」 

ほむら「確かに大した堅さね、でも……内部はどうかしら」 

魔女「パオーン!!」 

ほむら「バカみたいに大口あけちゃって、これでも食べなさい」ヒョイ 

魔女「プォ?」 

ほむら「離れて」 

マミ「えっ、は、はい」 

ボッカーン!! 




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:18:00.34ID:HEPmwe3eO
マミ「す、凄い。あっという間に」 

ほむら「これがマジカル手榴弾の威力よ」 

マミ「あ、いえ、戦い方が」 

ほむら「…………そう」 

マミ「やっぱり私なんてまだまだですね、助けていただいてありがとうございました」ペコッ 

ほむら「気にしないで良いわ。はいこれ、グリーフシード」 

マミ「そ、そんな!私が倒したわけじゃないのに貰えませんよ!」 

ほむら「いいから穢れを浄化しなさい。年上の言うことはきくものよ」 

マミ「は、はい」パアァ 

ほむら「勇気は認めるけど、戦うなら相応の力を持ちなさい。魔力だけじゃなく知恵と戦術もね」 

マミ「はい!」 

ほむら(って、昔誰かさんに言われたわね) 




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:22:44.03ID:HEPmwe3eO
ほむら「それじゃあ私はもう行くわ」 

マミ「あ、あの!お名前を!」 

ほむら(ここまで関わったならもういいか) 

ほむら「……暁美ほむらよ」 

マミ「暁美……ほむらさん」 

ほむら「じゃあね」グ~ 

ほむら(あっ……肉まんしか食べてないから……) 

マミ「あ、あの、お腹空いてるんですか?」 

ほむら「こ、これから食べるのよ」 

QB「おっとマミ、ここはお礼も兼ねてご馳走してあげたらどうかな?」 

マミ「そうね!ほむらさん、よかったら是非」 

ほむら「いえ、遠慮して」グギュルルル 

マミ「是非」 




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:28:05.22ID:HEPmwe3eO
マミハウス 

マミ「夕飯の残りですけど」 

ほむら「構わないわ。いただきます」 

ほむら「……」パクパク 

マミ「ど、どうですか?」 

ほむら「悪くないわ」 

マミ「ありがとうございます!」 

ほむら「どういたしまして」パクパク 

マミ「……」ジー 

マミ「……」ジー 

マミ「……」ジー 

ほむら「あまり見られてると食べ難いのだけど」 

マミ「す、すいません!うちに人が来るなんて珍しくて、つい」 

QB「普段は悪い勧誘とかばかりだからねぇ」 

ほむら「……好きにしたらいいわ」 




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:33:14.98ID:HEPmwe3eO
ほむら「ごちそうさま。正直言って助かったわ」 

マミ「デザートもありますよ。今紅茶淹れますね」 

ほむら「え、えぇ」 

マミ「良かったら泊まっていってくださいね。あ、ご両親が心配されますよね?」 

ほむら「それはないわ……家には帰れないもの」 

マミ「それって」 

ほむら「貴女と似たようなものよ」 

マミ「そ、そうなんですか。ごめんなさい余計なことを訊いてしまって」 

ほむら「気にしないで良いわ……せっかくだから、お言葉に甘えようかしら」 

マミ「はい!!遠慮なさらず」 

QB「良かったねぇ」 

ほむら(こいつも見張れるしね) 




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:42:42.72ID:HEPmwe3eO
マミ「お茶が入りましたー」 

ほむら「ありがとう」 

マミ「はいキュゥべぇ、あーん」 

QB「あむあむ」 

ほむら「まるでペットね」 

マミ「だ、大事なお友達ですよ」 

ほむら「飼い犬に手を噛まれないように気を付けることね」 

マミ「?」 

QB「……」 

ほむら「……美味しい」 

マミ「えへへ、練習したんですよ」 

ほむら(懐かしいわね、この感覚……実質的にどれくらい前だったかもう思い出せないけど) 

ほむら「こんな味だったんだ……」ボソッ 

マミ「あっ、テレビ観ますか?」ポチットナ 




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:46:18.88ID:HEPmwe3eO
マミ「あっ、テレビ観ますか?」ポチットナ 

アナウンサー「朝青龍はまたも圧倒的な強さを見せ……」ペラペラ 

ほむら「懐かしいわね」 

マミ「えっ」 

ほむら「何でもないわ」 

ピンポンパンポーン 

マミ「あ、お風呂沸いたんで入ります?」 

ほむら「そうね、借りてもいいかしら?」 

マミ「どうぞー」 

~~~ 

ほむら「ふぅ……何だかんだで結構疲れたわね」チャプン 

ガラッ 

マミ「お邪魔しまーす」 

ほむら「!?」 




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:50:56.74ID:OiBu4pun0
こうしてほむほむのSGが濁るわけですね 




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:54:02.73ID:HEPmwe3eO
マミ「お背中お流ししますよ?」 

ほむら「じ、自分でやるからいいわよ!」 

マミ「遠慮なさらず」 

QB「そうだよ」 

ほむら「なっ!?」 

QB「何を驚いているんだい?マミの成長を心身共に見守るためには一緒に入浴するのは当ぜ」 

ほむら「私の理性が残ってるうちに消えなさい」 

QB「きゅっぷい」スタスタ 

マミ「そんなに嫌ですか?」 

ほむら「別に……いいけど」 

マミ「えへへ」 

ほむら(…………これから、これからよ)ペタペタ 




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:00:39.89ID:HEPmwe3eO
ほむら「……大したものね」チラッ 

マミ「あはは……クラスの男子が見てくるから恥ずかしいんですけどね」 

ほむら「……ゴクリ」 

~~ 

マミ「良いお湯だったわー」 

QB「はいマミ、タオルだよ」 

マミ「ありがとう」 

ほむら(こいつ死ねばいいのに) 

マミ「ほむらさん、着替えは……」 

ほむら「あっ」 

マミ「貸しますね?」クスクス 

ほむら(笑うとほんとに幼いわね) 




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:05:56.46ID:HEPmwe3eO
マミ「じゃあ電気消しますね?」 

ほむら「えぇ」 

マミ「おやすみなさい」パチッ 

ほむら「おやすみなさい、ずいぶん助かったわ」 

マミ「いえいえ……」 

ほむら(とはいえいつまでも厄介にはなれないわね) 

ほむら(それともいっそ本当に巴マミを育てて、二人でワルプルギスを倒そうかしら) 

ほむら(私が仲間になれば巴マミもまどかを仲間にしたがらないはずだし) 

ほむら(まぁまだ時間はあるはず……じっくり考えるべきね) 

マミ「あの……まだ起きてます?」 

ほむら「えぇ」 

マミ「そっち、行ってもいいですか?」 




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:10:54.13ID:HEPmwe3eO
ほむら「ここの家主は貴女なんだから、好きにしたらいいじゃない」 

マミ「あっ……」 

ほむら「私には断る権利なんか無いわ」 

マミ(い、良いってことよね)モゾモゾ 

ほむら「……」 

マミ「えへへ……暖かい」ギュッ 

ほむら(しがみつきすぎ……) 

マミ「……スヤスヤ」 

ほむら(しかも自分だけさっさと寝る) 

QB「おやおや珍しい」 

ほむら「キュゥべぇ……」 




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:17:08.62ID:HEPmwe3eO
QB「事故を思い出すのかマミは寝付きが悪くてねぇ、よくあやしたものだよ」 

QB「今日はずいぶんはしゃいでいたしね。君の存在が余程嬉しかったみたいだ」 

QB「まるで姉に甘える妹だよ」 

ほむら「……」 

QB「目を開けたら手を離したらいなくなってしまうかもしれない」 

QB「それが怖くてしがみついているなら、何とも健気じゃないか」 

QB「まぁ、マミの事はよろしく頼むよ。僕は契約しに出掛けてくるからね」タッ 

ほむら「待ちなさい!」 

マミ「……」ギュッ 

ほむら「離し……!」 

マミ「……」グスッ 

ほむら「泣いてる……?あぁ……もう……振りほどかせてよ……」 




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:49:39.59ID:HEPmwe3eO
朝 

マミ「んっ……」モゾモゾ 

マミ「あ、おはようございま……す?」 

ほむら「……おはよう」ウトウト 

マミ「ね、眠そうですね」 

ほむら「貴女にずっとしがみつかれていたもの」 

マミ「ごめんなさい……」 

ほむら「ふあぁ、悪いけどもうしばらく眠らせてもらうわ」 

マミ「あのぉ、学校は……?」 

ほむら「行かなくていいのよ。というか行けないのよ」 

マミ「不良だったんですね」 

ほむら「そういう訳じゃ……まぁ何でもいいわ、おやすみなさい」モゾモゾ 

マミ「はーい」 




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:58:31.49ID:HEPmwe3eO
~~~ 

ほむら「あっという間にお昼ね」 

ほむら「いい加減起きないと」ムクリ 

ほむら「書き置き……?」 

マミ『ご飯作ってあるので温めて食べてください。出掛けるなら戸締まりお願いします』 

ほむら「鍵まで置いて……私が本当に悪い人間だったらどうするのかしら」 

ほむら「あの子にとっては初対面でしょうに……」 

ほむら「よっぽど魔法少女の仲間が嬉しかったのね」 

ほむら(私が初めてまどかに友達になってもらったように) 

ほむら「……」 

ほむら「……いただきます」 




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:09:28.00ID:HEPmwe3eO
学校 

女の子「巴ちゃん嬉しそうだね」 

マミ「うん、昨日良いことがあったの」 

女の子「彼氏でもできた?」 

マミ「そそそそんなわけないじゃない!私のことなんか誰も……」 

~~~ 

ほむら(暇だからつい見にきてしまったわ……) 

ほむら(まぁ元気でやってるようだし、武器とか調達しにいった方が良いわね) 

ほむら(ついでにまどかの様子でも見に行こうかしら) 

ほむら(昨日は気にしなかったけど小さいまどかをじっくり見れる機会もないでしょうし) 




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:19:01.73ID:HEPmwe3eO
先生「ではこの問題を鹿目さん」 

まどか「はーい」 

ほむら(平和ね……) 

まどか「消しゴム忘れたの?貸してあげる」 

ほむら(優しいいつものまどか) 

まどか「あー!私のプリン返してよ!」 

ほむら(あのちょっかい出してる男子の顔覚えておかなきゃ) 

まどか「あはは」 

ほむら(今度こそきっと守ってみせるわ……巴マミを使ってでも) 




139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:27:17.05ID:HEPmwe3eO
ほむら「さて、いつまでも眺めてるわけにはいかないわね」 

ほむら「と言っても何かやることがあるわけでもない」 

ほむら「武器の調達くらいか」 

ほむら「知り合いはいるようでいない、家にも帰れない、当面の目標も曖昧」 

ほむら「一人ぼっち、か」 

ほむら「これじゃ病室にいるのと大差無いわね」 

ほむら「……拳銃でも集めましょうか」 

ピキーン 

ほむら「……というわけにもいかないようね」 




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:40:33.31ID:HEPmwe3eO
路地裏 

ほむら「この辺りね」 

QB「おや、暁美ほむらじゃないか。仕事熱心だね」 

ほむら「黙りなさい」 

QB「君が来たならいいかな」 

ほむら「どういう事?」 

QB「新しい魔法少女の力を試そうかと思っていたんだ」 

ほむら「まさか……佐倉杏子!?」 

QB「誰だいそれは?」 

ほむら「い、いえ、違うならいいわ」 

ほむら「私は魔女を退治してくるから、邪魔だけはしないで」 

ほむら(皮肉ね、ある意味キュゥべぇが一番気安く話せるなんて) 

QB(ふむ……ワルプルギスを知っていて、しかも僕の知らない魔女少女資格者をも知っている) 

QB(どうやら彼女は……ま、利用出来るだけさせてもらおう) 




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:58:40.50ID:HEPmwe3eO
マミハウス 

マミ「ただいま」ガチャ 

QB「やぁ、お帰りマミ」 

マミ「あらキュゥべぇ、帰ってたの」 

マミ「お皿が綺麗に片付いてる……ほむらさん食べてくれたのね」 

QB「その暁美ほむらだけど、あんまり信用しすぎない方がいいかもね」 

マミ「えっ?」 

QB「こっちの話だよ」 

マミ「ちょっと変わってるけど、良い人だと思うわよ」 

QB「だといいね」 




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:05:48.21ID:HEPmwe3eO
マミ「さっ、夕飯にしましょ」 

アナウンサー「今日未明、自衛隊基地から大量の銃器が盗まれ、防衛大臣の更迭は確実とみられています」 

マミ「あらあら物騒ねぇ」 

QB「悪いやつもいたもんだ」 

ガチャ 

ほむら「あんたよりはマシよ」 

マミ「ほむらさん!」 

ほむら「鍵、返しに来たわ。色々と世話になったわね……」 

マミ「お帰りなさい!丁度夕飯の支度してたんですよ!」グイグイ 

ほむら「いや私はもうおいとましようと……」 




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:12:14.28ID:HEPmwe3eO
ほむら(結局押しきられてしまった) 

マミ「えへへ」 

QB「マミ、醤油をとってくれないかい?」 

ほむら「自分でとりなさいよ穀潰し」 

QB「人の事言えないんじゃないのかな」 

ほむら「何ですって?」 

マミ「ふふっ」 

ほむら「何がおかしいのよ」 

マミ「何だか……家族みたいで嬉しいなぁって」 

ほむら「こいつと家族なんて死んでも嫌よ」 

QB「きゅっぷい」 




154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:19:08.19ID:HEPmwe3eO
マミ「ごちそうさまでした」 

ほむら「じゃあ私はそろそろ……」 

マミ「行っちゃうんですか?」 

ほむら「いつまでも世話になっちゃ悪いわ」 

マミ「気にしないでください!なんだったらしばらく居てもらっても!」 

ほむら「ありがたいけど、そういう訳には」 

マミ「お、お願いします!」ガッシリ 

ほむら「ちょ、ちょっと」 

マミ「私……私、毎日不安で怖くて……だから、早く一人前の魔法少女になりたくて、でも……」ポロポロ 

ほむら「……」 

ほむら「……離しなさい」 

マミ「あぅ……」 

ほむら「私はパトロールに行くわ、別に、ついてくるなとは言わないけど」 

マミ「は、はい!」 




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:25:54.01ID:HEPmwe3eO
繁華街 

マミ「えへへ……」ニコニコ 

ほむら(嬉しそうに……気持ちは解らなくもないけど) 

マミ「ほむらさんは毎日パトロールしてるんですか?」 

ほむら「さすがに毎日とはいかないわ。でも大事なことよ」 

マミ「犠牲者が出る前に魔女をやっつけるんですね!」 

ほむら「それもあるけど、グリーフシードの確保が必要なのよ」 

マミ「浄化ってそんなに大事なんですか?」 

ほむら「えぇ……貴女も気を付けなさい」 

マミ「はい!」 

ほむら(穢れきると魔女になるなんて言ったら、今でも一瞬で絶望しそうね) 

マミ「あっ!あそこのケーキ屋さん美味しいんですよ!」 

ほむら(知ってる。未来の貴女にご馳走してもらったから) 




161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:30:56.56ID:HEPmwe3eO
ほむら「どうやら今日は特に何も無さそうね」 

マミ「平和が一番ですよ」 

ほむら「本当にね。じゃあ巴マミ、変身しなさい」 

マミ「へっ?」 

ほむら「無駄な魔力の消費は避けたいけれど、今の貴女は弱すぎるわ……少し鍛えてあげる」 

マミ「ほ、ほむらさんと戦うんですか!?」 

ほむら「別に殺し合いをするわけじゃないわ、中にはそういうおバカさんもいたけれど」 

ほむら「練習は練習よ、それに場合によっては貴女に強くなってもらわないと困るの」 

マミ「はぁ……」 




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:37:35.04ID:HEPmwe3eO
~~~ 

ほむら「思ってた以上にまだまだね……」 

マミ「だ、だって人間相手に撃てませんよぉ」 

ほむら(どの口が言うのよ) 

ほむら「いい巴マミ?魔女や使い魔だけじゃなく、本当にグリーフシード強盗の魔法少女だっているのよ」 

ほむら「そいつらが現れた時も撃てませんよぉで済むと思う?」 

マミ「お、お話すれば解ってくれるはずです!」 

ほむら(頭痛くなってきた……まどか並……) 

マミ「それに私にはリボンもありますから、撃たなくても動けなくするくらいなら出来ますよ」 

ほむら「そうね、でもそれにはそれなりの力量差が必要よ」 

ほむら「強くなりなさい巴マミ、自分を守るためにも」 

マミ「はぁい」 

ほむら(貴女は本当は、私よりずっと強いのだから) 




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:44:17.46ID:HEPmwe3eO
ほむら「じゃあ今日はこれくらいにして、帰りましょうか」 

マミ「あ……」 

ほむら「どうしたの?」 

マミ「今、『帰る』って」 

ほむら「あっ」 

マミ「えへへへへ」ギュ 

ほむら「……」 

マミ「帰りましょう、私たちの家に」 

ほむら「……えぇ」 

ほむら(これでいい、巴マミを育て上げて、二人でワルプルギスを倒せばいい) 

ほむら(年単位で準備できるなら負けはしない) 

ほむら(いざとなったら佐倉杏子だっている) 

ほむら(まどかさえ魔法少女にならないなら、それで……) 




172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:50:53.74ID:HEPmwe3eO
一週間後 

マミ「はあぁぁぁぁ!!」バキューン! 

使い魔「ウップス」ボカーン! 

ほむら(動きに無駄が無くなってる) 

魔女「カーカカカカ!」 

QB「ゲー!?三つの顔に六本腕の魔女!?」 

ほむら「私がやるわ」 

マミ「援護します!」バキューン! 

魔女「カーカカカカ!」サッ 

QB「避けられちゃったよ」 

ほむら「いいえ、ナイスフォローよ。爆風の範囲に移動させてる」 

ボカーン!! 

マミ「やったぁ!」 




177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:56:00.18ID:HEPmwe3eO
ほむら「一丁上がりね」 

マミ「私とほむらさんなら、ざっとこんなもんですよ!」 

QB(いやいや想像以上の急成長だ。手間を省いてくれて助かるよ) 

ほむら「言い付け通り、ティロ何とかは使わなかったわね、偉いわ」 

マミ「ティロ・フィナーレです!」 

ほむら「名前なんて何でもいいでしょ」 

マミ「よくないです!」 

ほむら「子どもねぇ」ポンポン 

マミ「あっ……」 




181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:58:58.77ID:HEPmwe3eO
ほむら「何とかフィナーレに頼りすぎないようにしなさい……どうしたの?」 

マミ「い、いや、何でもないです!帰りましょう!」 

ほむら(おかしな子……) 

マミ(頭撫でてもらうなんて、久しぶりだなぁ……ふふっ) 

ほむら「全く、グリーフシード拾い忘れてるじゃない」 

スカッ 

ほむら「えっ?」 




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:03:27.25ID:HRP0Z9iD0
ほむ? 




184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:03:44.57ID:HEPmwe3eO
ほむら「触れない……なんで……?」 

マミ「ほむらさん?」 

ほむら「い、今行くわ」ヒョイ 

ほむら(今度は拾えた……) 

ほむら(どういう事なの?) 

ほむら(まさか……時間軸のズレが戻りかけてる!?) 

ほむら(そんな、嘘でしょ!?これからって時なのよ!?) 

ほむら(こんなのって……あんまりよ……) 




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:38:48.03ID:HEPmwe3eO
マミハウス 

マミ「た、ただいま……」 

ほむら「……」 

マミ「お、お風呂入ってきますね」 

ほむら「えぇ」 

マミ(何だか思い詰めた顔……訊かない方がいいのかしら?)タタタ 

ほむら(今は何ともない……さっきのは偶然?) 

ほむら(まさかそんな都合の良い話があるわけないわよね……戻る時が、あるいはまたどこかへ飛ぶ時が近付いてる) 

ほむら(何を悩む事があるの?いつもの時間に戻って、またまどかを守るだけじゃない) 

ほむら(私にはいつもの事だわ、いつもの……) 

ほむら(いつも通り、まどかと出会って、さやかと喧嘩して、杏子と協力しようとして) 

ほむら(そしてマミは……) 




220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:46:32.47ID:HEPmwe3eO
QB「おやおや、神妙な顔をしているね」トテトテ 

ほむら「今はあんたの相手をしている気分じゃないわ、消えて」 

QB「嫌われたもんだ、覚えがないのに」 

ほむら「……」 

QB「君の方は覚えがあるようだねぇ」 

ほむら「何だって良いでしょ」 

ほむら(そうだ、マミの事もだけど、こいつの目をまどかから逸らすのも出来なくなる) 

ほむら(こいつさえいなければ……)ギリッ 

QB「そんなに睨まないでおくれよ、ソウルジェムが濁るよ」 

QB「君が魔女になったらマミが悲しむよ」 

ほむら「今さらこれくらいで絶望しないわ」 

QB(これも知ってるのか) 




223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:52:14.99ID:HEPmwe3eO
QB「まぁいいさ、手伝える事でもあれば言っておくれよ。僕は魔法少女の味方だからね」 

ほむら「……あんたの割り切りだけは羨ましいわ」 

マミ「あのぉ、お風呂空きましたよ」 

ほむら「えぇ……借りるわ」スタスタ 

マミ「何をお話ししてたの?」 

QB「どうやら彼女は思ってるより君が大事になりつつあるようだね」 

マミ「ふぇ?」 




231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:58:52.29ID:HEPmwe3eO
ベッド 

マミ「おやすみなさい」 

ほむら「おやすみ」 

マミ「……」ギュッ 

ほむら「強くなりはじめても、これは直らないのね」 

マミ「えへへ」 

ほむら(そういえば、自分より小さな魔法少女に接するなんてまずなかったわね) 

マミ「……zzz」 

ほむら(巴マミも、私とまどかを見ていてこんな気持ちだったのかしら) 

ほむら「……」ナデナデ 




242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:08:02.25ID:HEPmwe3eO
ほむら(なついてくる後輩、守るべき対象) 

ほむら(カッコつけたくなるのも解る気がするわ) 

ほむら(それに……なんで忘れてたんだろう) 

ほむら(まどかやさやかだけじゃない、私がどれだけあの人に憧れて頼りにしていたか) 

ほむら(巴マミだって私を救ってくれた一人なのに) 

ほむら「……」ナデナデ 

マミ「んくぅ……」スヤスヤ 

ほむら「マミ……」スカッ 

ほむら「またか……だったら、せめて戻るまでは私が守る」 

ほむら「決して死なせたりなんかしない……!」 




245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:14:31.20ID:HEPmwe3eO
翌朝 

マミ「はぁはぁ……」 

ほむら「しっかりしなさい、こっちはまだ本気じゃないのよ」 

マミ「ほむらさんにはまだ勝てませんよぉ」 

ほむら「何言ってるの、戦闘力に限れば私は強くない部類なのよ。さっさと越えてくれないと」 

マミ「そんなぁ」 

ほむら「一人でも戦えるように」ボソリ 

マミ「はい?」 

ほむら「なんでもないわ、さぁもう一本いくわよ」 

マミ「はい!」 




249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:20:38.40ID:HEPmwe3eO
マミ「それじゃ、学校行ってきますね」 

ほむら「えぇ、気をつけて」 

QB「マミ!リコーダー忘れてるよ!テストじゃないのかい!?」 

マミ「そうそう、ありがとうキュゥべえ!行ってきます!」 

ほむら「あんた、あの子には甘いわね」 

QB「一緒にいる期間が他の魔法少女より長いだけさ」 

ほむら「あっそ……私も出掛けるわ」 

QB「君も気をつけてね」 

ほむら「はいはい」 




254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:28:36.99ID:HEPmwe3eO
小学校 

まどか「お腹空いた~早く給食にならないかなー」 

ほむら「まどか……」 

さやか「今日はなんだっけ?」 

まどか「カレーライスだよ!」 

さやか「カレーライスで喜ぶとかガキかあんたは」 

まどか「えー」 

ほむら「美樹さやかぁ……!」 

QB「何を見ているんだい?」ヒョイ 




256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:31:42.78ID:HEPmwe3eO
ほむら「キュゥべえ!どうして!」 

QB「君が普段何をしているか興味があっただけさ、他意は無いよ」 

ほむら「別に何でもいいでしょ!」 

QB「あのピンク髪の子と水色の髪の子を見てたのかい?」 

ほむら「そ、そうよ、珍しい髪だからついね」 

QB「それにしては熱心だったねぇ」 

ほむら(最悪……!) 




259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:38:09.40ID:HEPmwe3eO
QB「まぁ、君がどんな趣味を持っていようと僕には関係無いからね」 

QB「同性愛なんてそんなに珍しくないそうじゃないか、好きにしたらいいんじゃないかな」 

ほむら「へっ……」 

QB「じゃあ僕は魔法少女のスカウトに行くから、邪魔しないでね」トテトテ 

ほむら(まどかを気にも止めなかった……?) 

ほむら(ううん、あいつは内心で何を考えてるか解ったものじゃないわ) 

ほむら(迂闊すぎたわね……もうまどかには近付かないようにしなきゃ) 



QB「あれが彼女の目的か。詳細は解らないけど覚えておくとしよう」 




263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:44:38.51ID:HEPmwe3eO
ほむら(学校観察してないと暇ね……)トボトボ 

ほむら(武器調達も当分は大丈夫だし、図書館でも行こうかしら) 

ほむら「あっ……」 

ほむら「私が入院してた病院……」 

ほむら「そうか、あそこを出てから1ヶ月ばかりを繰り返して」 

ほむら「強くなっても、何度繰り返しても、止まったままだったのかもしれないわね」 

ほむら「……いい加減、進まなきゃ」 




264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:49:00.06ID:HEPmwe3eO
夜 

QB「ゲー!?猛牛の魔女!?」 

魔女「ドーッドッド!」 

マミ「ほむらさん、いきましょう!」 

ほむら「……」 

マミ「ほむらさん!?」 

ほむら「一人でやってみなさい」 

マミ「そ、そんな!?」 

ほむら「ほら、くるわよ」 

魔女「ドーッドッドドッドッ!!」ドスドス 

ほむら「あの角に刺されたら終わりね」 

マミ「うわわっ」 




266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 19:56:20.56ID:HEPmwe3eO
ほむら「落ち着いて動きをよく見なさい」 

マミ「速いけど直線的……円を描くように動けば!」ダダダ 

魔女「ドドッ!!」 

QB「当たらないから怒りだしたよ」 

マミ「ここまでおいで」フリフリ 

ほむら(リボンの使い方……まぁいいか) 




271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:00:17.62ID:HEPmwe3eO
魔女「ブモー!!」 

ほむら「怒らせると余計速くなるみたいね」 

マミ「大丈夫です」バーン! 

魔女「ドーッドッド!?」ドスン 

QB「おぉ、足を撃って動きを!」 

マミ「よーし、久しぶりにティロ・フィナーレでフィニッシュよ」 

魔女「ブモー!!」ビュン 

QB「首だけ切り離した!?」 

ほむら「くっ!時間を……!」 

魔女「ブモッ?」ビーン 

マミ「私のリボン、無駄にひらひらさせてたわけじゃないわ。動けないでしょ?」 




272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:02:58.85ID:HRP0Z9iD0
マミさんすごい! 




273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:03:48.91ID:HEPmwe3eO
ほむら「あの子……」 

マミ「それじゃ、ごめんなさいね。ティロ・フィナーレ!」 

チュドーン 

~~~ 

ほむら「よくやったわね。最後は驚いたわ」 

マミ「えへへ、私も出来るか分からなかったですけど、上手くいって良かったです」 

ほむら「あのレベルの魔女なら、もう一人で十分ね」 

マミ「私、一人前になれそうですか?」 

ほむら「えぇ、きっとね」 

マミ「やったー!」ブンブン 

QB「僕も振り回されて嬉しいよ」 




313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:57:40.36ID:HEPmwe3eO
マミハウス 

マミ「一仕事した後のケーキは格別ね」マミマミ 

QB「あんまり食べると体によくないよ」 

マミ「大丈夫よ、一個だけだから」 

ほむら(まさかあの胸の秘密は……) 

ガッチャーン 

ほむら「あ……」 

ほむら(カップが、すり抜けて) 

マミ「だ、大丈夫ですかほむらさん!」 

ほむら「い、いえ、私なんかより床が」 

マミ「いいんですよこんなの!」 

ほむら(消える間隔が短くなってる……!もうあまり時間が無いようね) 




315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:59:41.69ID:Guz3JZ1q0
あーあ、服がすり抜けるとかそんなんないのかなー 




319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:03:20.20ID:Sgw9JrCa0
>>315 
お前…天才か 




320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:03:51.98ID:HEPmwe3eO
ほむら「マミ、ケーキなんて食べてる場合じゃないわ」 

マミ「ふぇ?」 

ほむら「特訓よ、支度しなさい」 

マミ「で、でも今日は魔女とも戦いましたし」 

ほむら「早くしなさい!」 

マミ「!」ビクッ 

ほむら「……怒鳴ってごめんなさい」 

ほむら「でも急がないといけないの」 

ほむら(せめて戦い方だけでも伝えきらなきゃ) 




323:>>315それはBD特典でお楽しみください:2011/10/26(水) 21:09:34.27ID:HEPmwe3eO
マミ「なんかほむらさん怖い……」ヒソヒソ 

QB「きっと嫌なことがあったんだよ」ヒソヒソ 

ほむら「いくわよ」 

マミ「は、はい!」 

~~~ 

どっかの公園 

マミ「じゃあ、いきますよー」ヘンシン 

ほむら「きなさい」ヘンシン 

マミ「てぇい!」 

ほむら「……」 




326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:16:22.48ID:HEPmwe3eO
マミ「やっ!たぁっ!」 

ほむら「……」ヒョイヒョイ 

マミ「ふー……」 

ほむら「全然ダメね、集中してないでしょ?」 

マミ「そ、そんなこと」 

ほむら「いつまでも私がいるわけじゃないのよ、しっかりしなさい」 

マミ「えっ?」 

ほむら「私は近い内にいなくなる。だから貴女は一人でも戦える力を……」 

マミ「嫌っ!!」 

ほむら「身に付け……」 

マミ「嫌っ!!嫌です!いなくなるなんて……また一人ぼっちなんてそんなの……絶対嫌!!」プルプル 

ほむら(ある程度予想はしてたけど……いきなり発砲しないだけマシか) 

ほむら「嫌なら力ずくでやってみなさい、一本取れたら残ってあげるわ」 

マミ「……」キッ 




332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:24:08.20ID:HEPmwe3eO
~~~ 

マミ「けほっ……」ダイノジー 

ほむら「最後は惜しかったわね」 

マミ「いつ……出ていっちゃうんですか」 

ほむら「ごめんなさい、私にも解らないの……でも、必ず」 

マミ「どうしても?」 

ほむら「……」 

マミ「わかりました」ムクリ 

マミ「いつまでも居てほしいですけど、わがまま言っちゃいけませんもんね」 

ほむら「マミ……」 




335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:29:52.59ID:HEPmwe3eO
マミ「あ、でも!ほむらさんが居なくなる前に一本取ればいいんですよね?」 

ほむら「え、えぇ」 

ほむら(それくらいなら安心して帰れるわ) 

マミ「よーし、頑張るぞ」 

ほむら「その意気よ」 

マミ「……嘘」 

ほむら「!」 

マミ「一本取っても……残ってなんかくれないくせに」 

マミ「それくらい、私にだってわかります」 

ほむら「……ごめんなさい」 

マミ「謝らないでくださいよ……謝るくらいならずっと一緒に……」 

マミ「うぐっ、ぐすっ、ひっく……」 

ほむら「……」ギュッ 

マミ「なんでっ……なんでぇ……やっと、せっかく、一人ぼっちじゃなくなったのにぃ……」 

ほむら(ごめんなさい……ごめんなさい!) 




492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 04:54:44.80ID:MYALdPuWO
マミ「ぐすっ……」 

ほむら「いい加減泣き止んでほしいのだけど」 

マミ「……」コクリ 

ほむら「帰りましょう、ほら、手を繋いであげるから」 

マミ「……」ギュー 

ほむら(ちょっと痛い) 

ほむら「その日が来るまでは、一緒に寝てあげる」 

マミ「……」コクコク 

ほむら「まぁもう既に寝床は一緒だけど」 

マミ「……」 

ほむら「離れないようにするわ」 




496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:03:21.93ID:MYALdPuWO
マミハウス 

ほむら「おやすみなさい」ナデナデ 

マミ「スヤスヤ」 

ほむら「泣き疲れたのね」 

ほむら(そういえばいつも大抵の時間軸で巴マミは遅かれ早かれ最初に死んでいた) 

ほむら(自分が仲間と別れる事はほぼなかった) 

ほむら(ひょっとしたら私は、とても残酷な事をしてしまったのかもしれない) 

ほむら(この子を利用してワルプルギスと戦おうとして、結果的にこの子の精神に大きな傷痕を残そうとしている) 

ほむら(罰を受けるべきは私なのに……救ってくれた人を失う辛さは知っているのに) 

ほむら(せめて記憶が消えてくれれば……) 

ほむら(なんて都合の良い考えかしら、自分が嫌になるわ) 




499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:12:03.05ID:MYALdPuWO
翌朝 

QB「マミの淹れたコーヒーは美味い。来週も僕と一緒に地獄に付き合ってもらうよ」 

マミ「なぁにそれ?」クスクス 

ほむら「……」 

マミ「あらもうこんな時間。じゃあ行ってきます」 

QB「行ってらっしゃい。車に気をつけるんだよ」 

ほむら「マミ……」 

マミ「大丈夫です、一晩寝たら立ち直りました」 

マミ「元々甘えすぎだったんです、私もいい加減しっかりしなきゃ」 

マミ「ただ……居なくなる時はちゃんと言ってくださいね?別れの挨拶くらいきちんとしたいですから」 

ほむら「約束……するわ」 




503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:23:44.01ID:MYALdPuWO
マミ「やだ、ほんとに遅刻しちゃう」ドタドタ 

QB「おやおや慌てちゃって。それに何だか無理して見えるよ」 

ほむら「そのよく回る舌を止めないと殺すわよ」 

QB「くわばらくわばら……と言っても君は僕を殺しても無意味な事も知っていそうだね」 

ほむら「うるさい」 

QB「何を知っていようと、何も変えられない。この宇宙のシステムはそうなってるんだからね」 

ほむら「うるさいって言ってるでしょ!」チャキ 

ゴトッ 

QB「どうしたんだい?銃が落ちてしまったよ?君はちゃんと構えたはずなのにねぇ?」 

ほむら「ぐっ……!」 




509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:35:15.36ID:MYALdPuWO
QB「落ち着きなよ暁美ほむら、僕は君と争う気は毛頭無いんだ」 

QB「そんな事をしても何のメリットも無いからね」 

ほむら「マミの事さえなければお前を何度でも殺してやるのに……」 

QB「やれやれ、君は頭が良いんだか悪いんだか」ヒョイ 

QB「そんなにマミが心配なら、『巴マミを魔法少女から普通の人間に戻せ』って願えば良いじゃないか」 

ほむら「何を言って……」 

QB「もっとも、そこまで強力な因果の持ち主の当てがあればの話だけどね」 

ほむら「お前!」 

QB「おっと、殺されない内に散歩にでも行こうかな」トテトテ 




511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:41:21.60ID:MYALdPuWO
ほむら「インキュベーター……!」ギリッ 

ほむら「……ダメよ、あいつのペースに乗っちゃダメ」 

ほむら「やけくそになったら本当に終わりだわ」 

ほむら「…………」 

ほむら「ふふ、ふふふっ」 

ほむら「いつの間にか、あの子といると落ち着くようになっていたのね」 

ほむら「だったら残り全ての時間をあの子の為に使おう」 

ほむら「この時間軸だけだから、許してねまどか」 




513:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:45:25.13ID:n0MsJOps0
じゃあこの時間軸のまどかちゃんは俺が守るわ 




514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:46:03.74ID:S6ahghGuP
ろりかちゃんだぞ 




516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 05:55:40.79ID:MYALdPuWO
学校 

女の子「今日は元気ないね?」 

マミ「うん……ちょっとね」 

女の子「保健室行く?」 

マミ「あ、ううん、そういうのじゃないから大丈夫。ありがとう」 

男子「物憂げな巴さんと御近づきになりたく候」 

男子2「お前じゃ二万年早いぜ」 

男子「俺のビッグバンはもう止められないんだが……」 

男子2「ブラックホールが吹き荒れない限り無理だろ」 

ほむら(思ったよりは元気そうね) 

ほむら(心配してくれる友達もいるようだし、普段の生活は問題無いか) 




517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:00:54.12ID:MYALdPuWO
キーンコーンカーンコーン 

女の子「じゃあねー」 

マミ「えぇ、また明日」 

マミ「……」テクテク 

ほむら「マミ」 

マミ「ほ、ほむらさん?何して……」 

ほむら「近くを通ったから、一緒に帰ろうかと思って」 

マミ「えっ」 

ほむら「嫌かしら?お友達に変な目で見られるかもしれないものね」 

マミ「い、いえ、ちょっと驚いただけです。一緒に帰りましょう!」 




519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:10:20.39ID:MYALdPuWO
ほむら「……」テクテク 

マミ「……」テクテク 

ほむら「巴マミ」 

マミ「は、はい」 

ほむら「貴女には感謝しているわ。この時間に来てしまって、ほとんど当ての無い私を無償で助けてくれた」 

マミ「この時間?夕方ってことですか」 

ほむら「いいから聞いて、私の知ってる方の貴女に再開したら、また言えないかもしれないから」 

マミ「?」 

ほむら「本当に……ありが」 

マミ「ま、待ってください!」 

マミ「い、居なくなるんですか?」 

ほむら「まだだけど、言えるうちに言っておこうと」 

マミ「だったら……その時までとっておいて下さい。今聞いたら私、きっとまた泣いちゃいます」 

ほむら「……わかったわ」 




523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:20:54.05ID:MYALdPuWO
三日後 

マミ「たぁっ!」 

ほむら「くっ……!」 

QB「おおっ、かすったね」 

マミ「やったやった!」 

ほむら「この程度で喜ばないの」ペシッ 

マミ「あぅ」 

ほむら「でもまぁなかなか様にはなってきたわね」 

マミ「本当ですか!?嬉しいなぁ」 

ほむら(未来の巴マミにはまだまだだけど……そもそも私流も混ぜてしまったわ) 

ほむら(それにしても消える時間がかなり増えてる) 

ほむら(恐らく明日か明後日には……) 

QB「マグロが食べたいなぁ」 

マミ「はいはい、安かったらね」 




524:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:21:57.55ID:ipoxHXKM0
マグロww 




526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:31:55.02ID:MYALdPuWO
夜、繁華街 

マミ「ティロ・フィナーレ!」 

チュドーン! 

マミ「どうでしたか!?」 

ほむら「見事ね、危なげない磐石な戦いぶりだわ」 

マミ「えっへへへ」 

QB「君でも目を細めるんだねぇ」 

ほむら「マグロの叩きみたいにしてあげる」 

QB「きゅっぷい」 

マミ「あはは……」 

マミ「最近私、ちょっと自信が出てきました!」 

ほむら「でも油断はダメよ。うっかりしてたら一撃であの世行きなんてこともあるんだから」 

マミ「はい!」 




528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:39:02.38ID:MYALdPuWO
マミ「さぁ帰りましょう」 

ほむら「そうね」 

マミ「汗かいちゃったから、もう一回お風呂入ろうかな」クンクン 

QB「いや大丈夫じゃないかな」クンクン 

マミ「やん、キュゥべえ、くすぐったいわ」 

ほむら「マミ……明日は休みよね?」 

マミ「えっ、はい」 

ほむら「だったら今日は夜更かしできるわね」 

マミ「お肌に悪いですよ」 

ほむら「最後かもしれないから、眠りたくないの……ダメかしら?」 




535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 06:46:30.25ID:MYALdPuWO
ベッド 

ほむら「……」ギュウ 

マミ「……」チョコン 

マミ「な、何だか改まると緊張しますね」 

ほむら「無理して話すことは無いわ。ただこうしているだけでもいい」 

ほむら「私の最後のワガママ」 

マミ「明日の夜には、居なくなっちゃう……」 

ほむら「恐らくね。正確な時間までは解らないけれど」 

マミ「寂しくなるなぁ」 

ほむら「……」 

マミ「でも大丈夫です、色々教えてもらったし、強くしてもらったし」 

マミ「一人でも平気です」 




541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:00:14.02ID:MYALdPuWO
ほむら「本当に?」 

マミ「本当に」 

ほむら「だったら私も、安心して帰れるわ」 

マミ「……」 

ほむら「貴女はとても強くて優しくて格好良くて、私達の憧れだった」 

ほむら「いいえ、本当は今でも憧れてる」 

ほむら「自分より他人を助けることを優先できる貴女に」 

マミ「私そこまで凄くないですよ」 

ほむら「じゃあ目標にしておいて。貴女ならなれるわ、そんな魔法少女に」 

マミ「うーん……頑張ります」 

マミ「頑張るから、私も最後のわがままいいですか?」 

ほむら「何?」 

マミ「もっと強く、ギュってしてほしいです」 

ギュー…… 




550:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:08:47.31ID:MYALdPuWO
チュンチュン 

マミ「……クー」 

ほむら「徹夜するにはまだ早かったみたいね」ナデナデ 

QB「いやぁおはよう暁美ほむら」 

ほむら「失せろ」 

QB「君ねぇ、僕が感情無いからって言い過ぎだよ」 

QB「まぁそんなことはどうでもいいんだ」 

QB「もう居なくなるみたいだから一応ね、信じてもらえないだろうけど」 

ほむら「はっきり言いなさいよ」 

QB「巴マミを育ててくれて感謝するよ。君のおかげでマミは心身共に飛躍的な成長を遂げた」 

QB「多くの魔法少女に関わってきた僕よりも遥かに合理的な指導だったよ」 

QB「まるでマミがどう成長するか知っているかのようだった」 




557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:16:32.01ID:MYALdPuWO
ほむら「お前に感謝されても少しも嬉しくないわ」 

QB「だろうね、だから一応さ。それじゃあ邪魔者は消えるとしよう」シュタ 

ほむら「地球からも消えてくれたらいいのに」 

~~~ 

マミ「ふあぁ……」ウトウト 

ほむら「眠いなら寝たら?」 

マミ「いえ起きてます……だって寝てる時に居なくなってたらやだもん……」ウツラウツラ 

ほむら「その時は起こしてあげるわ」 

マミ「やだぁ……」コックリコックリ 

ほむら(最後まで手のかかる子ね……) 

マミ「……」スヤスヤ 




560:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:24:08.42ID:MYALdPuWO
ほむら「結局寝ちゃって……」スカッ 

ほむら「お願いだから夜までもって……」 

ピキーン 

ほむら「……」 

ほむら「…………」 

ほむら「こんな時に限って、本当にもう……」 

マミ「……」スヤスヤ 

ほむら「布団くらいかけなさい、風邪ひくわよ」ファサ 

ほむら「妹が出来たみたいで、楽しかったわ」 

ほむら「じゃあ、いってきます」 




566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:34:47.11ID:MYALdPuWO
どこかの廃屋 

ほむら「ふぅ、ずいぶん大きな結界ね。ある意味マミがいなくて良かったわ……あの子にはまだ早い」 

QB「ほむら!マミはどうしたんだい!?」トテトテ 

ほむら「お昼寝よ、ここは私がやるわ」 

QB「大丈夫かい?」 

ほむら「ご心配無く」ヘンシン 

~~~ 

ほむら「殺風景な結界ね」 

QB「それに使い魔の気配も無いよ」 

ほむら「一対一でやる気かしら……なめられたものね」 

QB「お出ましのようだよ」 

魔女「バゴアバゴアバゴア」 

QB「ゲー!?将軍の魔女!?」 




569:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:43:26.90ID:MYALdPuWO
ほむら「わけがわからないわ」 

魔女「バゴアー!」ブン! 

ほむら「速い!?」サッ 

QB「ほむら!」 

ほむら「速いけど……がら空きよ!」ポイ 

ボカーン! 

魔女「バゴア?」 

ほむら「効いてない?」 

QB「単純な堅さか何か特殊な能力か……」 

ほむら「あるいは本体が別にいるのか」 

ほむら「いずれにせよ面倒な相手ね」 




575:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:51:51.82ID:MYALdPuWO
ほむら「こういう時は」ジャキッ 

ほむら「どこに当てれば効くのか試す!」 

ババババババーン 

魔女「バゴアバゴアバゴア」 

QB「ピンピンしてるよ」 

ほむら「そうね、でも頭だけは守ったわ。つまり頭が弱点の可能性が高いはず」 

魔女「バゴア!!」ブンッ! 

ほむら「そんな大振り、当たりはしないわ……」バーン! 

QB「ナイスヘッドショット」 

魔女「バゴアァッ!」 

QB「……頭生えてきたよ?」 

ほむら「一個一個試していくしかないでしょ、次いくわよ」 




582:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:04:38.09ID:MYALdPuWO
~~~ 

ほむら(時を止めて粉微塵にしても再生する……) 

ほむら(どこか明確な弱点があるわけではないのかしら?) 

ほむら(それにしてもマミがいなくて本当に良かった。徹夜明けにこんなのとやらせられないわ) 

魔女「バゴア!!」ヒュン! 

ほむら「剣なんか持ち出しても無駄よ」ヒョイ 

ポイッボカーン 

ほむら「かわして当てて再生して……そろそろ次のステップに入りたいわね」 

魔女「バゴアバゴアバゴア」ヒュン! 

ほむら「まったく人が考えてるのに、また手榴弾でも食らいなさい」スカッ 

ほむら「えっ」 

QB「ほむら!」 

チュドーン! 




588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:15:56.97ID:MYALdPuWO
ほむら「くっ!こんな時に……危ないじゃない!」 

QB「上だよ!」 

魔女「バゴアバゴアバゴア!」ブンッ! 

ほむら「時間よ……間に合って……!!」 

バキューン! 

魔女「バゴアッ!?」ズシン 

QB「魔女の足が吹っ飛んだ!」 

ほむら「まさか……」 

マミ「こんなの相手に情けないですよ、暁美ほむらさん?……なんてね」 




589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:18:22.69ID:pK9DK3gBO
>>1-1000 
お巡りさん僕たちです 




590:お巡りさん、ぼくは違います:2011/10/27(木) 08:22:07.66ID:MYALdPuWO
ほむら「マミ……どうして」 

マミ「それはこっちの台詞ですよ!!どうして置いていったんですか!?」 

マミ「私、そんなに頼りになりませんか!?一緒に戦う資格もありませんか!?」 

ほむら「そ、そんなつもりじゃ」 

マミ「だいたい!あれだけ約束したのに!起きたら一人ぼっちなんて……寂しすぎるじゃないですかぁ」グスッ 

マミ「あぅ……こ、これは違うんです」ゴシゴシ 

ほむら「……ごめんね、私が悪かったわ」 

ほむら「一緒に戦って、巴マミ!」 

マミ「はい!」 




592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:26:30.20ID:MYALdPuWO
マミ「てぇい!」 

ほむら「このっ!」 

ババババババーン! 

QB「魔法少女二人がかりの滅多撃ち」 

魔女「バゴアバゴアバゴア」 

QB「でも倒せないのか」 

マミ「ティロ・フィナーレ!」 

チュドーン! 

魔女「バゴアー!」 

マミ「そんな……」 

ほむら「……おかしいわね」 




594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:33:05.94ID:MYALdPuWO
マミ「えっ?」 

ほむら「いくらなんでも当たりすぎよ。的が大きいからって、まるでわざと当たってるみたい」 

マミ「再生するから避ける必要が無いと思ってるんじゃ?」 

ほむら「もちろんその可能性もあるわ」 

ほむら「でももう一つ、他から目を逸らさせたいって可能性も棄てがたいわね」 

ほむら「例えば」スッ 

魔女「バゴア!!」 

ほむら「貴方は本当は使い魔で、この結界自体が本体の魔女とか?」バキューン! 

魔女「バゴアァァァァァ!!」 

マミ「苦しんでる!?」 

ほむら「当たりかしら?」ファサァ 




601:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:43:00.91ID:MYALdPuWO
マミ「よーし、一気にいきましょう!」 

ほむら「そうしたいのだけれど、もう無理みたい」 

マミ「ほむらさん?」 

ほむら「ほら、手が透けて……もう銃も持てないわ」 

マミ「そんな!」 

ほむら「魔力を使ったことが帰るのを早まらせたのかしら?貴女が来なかったら、本当に約束を破るところだったわね」 

マミ「……」 

ほむら「そんな顔しないで、最後に、貴女の成長した姿を見せて」 

マミ「……はい」 

魔女「バゴアバゴアバゴア!」 

QB「来たよ!」 




607:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:53:46.84ID:9GVQRe5m0
( ;∀;) イイハナシダナー 




610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:00:07.20ID:MYALdPuWO
ほむら「バレたからには止めに来るわよね」 

魔女「バゴアァ!!」 

マミ「ずっと練習してた技を使う時!」 

マミ「いくわよ……覚悟しなさい!ティロ・フィナーレ!」 

ほむら「い、いつもと同じじゃない」 

マミ「アンコール!!」 

魔女「バゴアァ!?」 

ほむら「後ろから!?」 

QB「説明しよう!ティロ・フィナーレ・アンコールとは!」 

QB「わざと回避させた弾を、予め張り巡らせたマミのリボンによって滑らせ反射し、敵の死角に撃ち込む技だ!」 

ほむら「要するに狙った跳弾ね」 

QB「うん」 




613:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:03:42.58ID:MYALdPuWO
マミ「しばらく止まっててね」 

魔女「バゴア……!」ジタバタ 

マミ「……」 

ほむら「マミ……」 

マミ「……」 

ほむら「……合格、百点満点よ」 

マミ「はい!」 

QB「なんて眩しい笑顔」 

マミ「では改めて……ティロ・フィナーレ!」 

チュドーン!! 

~~~ 

ほむら「……よくやったわ」 

マミ「はい、ありがとうございました」 




617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:11:22.37ID:MYALdPuWO
ほむら「残念ね、この手じゃもう貴女の頭を撫でてもあげれない」 

マミ「いいんです、もう、一杯貰いましたから」 

ほむら「そう……強くなったわね」 

マミ「ほむらさんに一杯鍛えてもらいましたから」 

マミ「私は一人でも大丈夫です……そりゃあ仲間が欲しくないって言ったら嘘になりますけど」 

マミ「寂しいからって泣き喚いたりしません」 

マミ「ほむらさんに強くしてもらって一杯甘えさせてもらいましたから」 

マミ「だから……」 

マミ「泣かないでください、ほむらさん」ニコッ 




619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:16:57.48ID:MYALdPuWO
ほむら「ひっく……ぐすっ……卑怯よ……そんな顔するのは……」ポロポロ 

マミ「私にとって、ほむらさんこそがとっても強くて優しくて、格好良い魔法少女です」 

ほむら「ぐすっ……あり、がとう……」 

ほむら「本当に……貴女がいなかったら……私は……」 

マミ「……」ギュ 

ほむら「ごめんね、抱き締め返せない」 

マミ「謝らないでくださいってば」 

ほむら(この子はもう、私よりずっと……) 




626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:30:16.04ID:MYALdPuWO
ほむら「時間ね……」 

マミ「はい」 

マミ「一週間と半分くらいですけど、絶対に一生忘れません」 

ほむら「私もよ」 

マミ「さようなら、また会う日まで」 

ほむら「マミ……?」 

マミ「未来の私に、よろしくお願いします」 

ほむら「マミ!巴マミ!貴女に会えて良かった!ありがとう!本当にありがとう!」 

シュン! 

マミ「こちらこそ」 

QB(さよなら暁美ほむら。君のもたらした情報は有意義使わせてもらうよ) 




630:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:34:45.49ID:BvaLQg+n0
QBやめろ 




635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:40:28.39ID:MYALdPuWO
マミ「帰りましょうかキュゥべえ。いつまでも感傷に浸ってはいられないわ」 

QB「うん」 

マミ「ねぇ、この記憶ってずっと覚えていられるかな?」 

QB「さぁねぇ彼女が時間逆行者だったのは間違いないけど、イレギュラーとバグが大爆発したようなものだからね」 

QB「フッと消えてしまうかもしれない」 

QB(あれ!?じゃああのピンク髪や水色髪の子の事も僕忘れちゃうじゃないか!!) 

QB(急がないと!!あぁでもまだ資質が開花してないなら僕が見えないし!!)ジタバタ 

マミ「もしそうなっても、私の心と体にはあの人の教えが残るわ」 

マミ「その支えが有る限り、私は折れたりなんかしない」 

マミ「さ、今日はキュゥべえの好きなもの作ってあげる」 

QB「きゅっぷい~!!」ジタバタ 




644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 09:58:04.24ID:MYALdPuWO
2011年 

マミ「じゃあ魔法少女体験ツアーに出発しましょうか」 

まどか「だ、大丈夫かなぁ」 

さやか「平気平気、マミさんもいるし、このマジカルバットがあれば……」 

ほむら「ダメよ」 

まどか「ほむらちゃん!」 

さやか「転入生?」 

マミ「何かご用かしら?」 

ほむら「その魔女と戦ってはいけないわ」 

マミ「あら、これでも私結構強いのよ?」 

ほむら「勘違いしないで、私も……一緒に戦うわ。巴マミ」 

ほむら「だから、その二人は連れていかないで」 




648:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:03:39.70ID:MYALdPuWO
マミ「……」ジッ 

ほむら「……」 

まどか「ど、どうしようさやかちゃん」ヒソヒソ 

さやか「成り行きに任せよう」ヒソヒソ 

QB「まどかもさやかも、自分で行きたがってるんだからいいじゃないか」 

マミ「キュゥべえ、静かに」 

QB「ぷい」 

マミ「良いわ、貴女と私だけで行きましょう。確かに普通の子を連れてくのは危険だものね」 

ほむら「巴マミ……」 

マミ「それに、何だか貴女の言うことはきかなきゃいけない気がするの。年下なのにね」クスクス 




652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:11:08.55ID:MYALdPuWO
~~~ 

ほむら「さぁ、いくわよ」ヘンシン 

マミ「えぇ」ヘンシン 

ほむら「油断大敵、注意してね」 

マミ「わかってるわ、素人じゃないんだから」 

マミ「暁美さん……だったかしら?貴女、仲間と思って良いのよね」 

ほむら「当たり前よ」 

マミ「そう……ありがとう」 

ほむら「それともう一つ」 

マミ「?」 

ほむら「ほむらでいい」 

マミ「じゃあ……いきましょうか、ほむらさん」 

ほむら「そうね、マミ」 




653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:16:10.79ID:MYALdPuWO
~~~ 

さやか「おぉ、出てきた出てきた。どうでしたか?」 

マミ「二人なら楽勝よ、ね?ほむらさん」 

ほむら「えぇ」 

まどか「なんか急激に仲良くなってる……」 

QB「お疲れ様マミ、まどか達に勇姿を見せれなくて残念だね」 

マミ「ホイホイ見せびらかすものじゃないって、ほむらさんに怒られちゃったわ」 

まどか「上級生に説教……」 

さやか「命知らずー」 

ほむら「……」 

まどか「どうしたの?」 

ほむら「いえ……帰ってきたんだなって」 




658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:27:40.67ID:MYALdPuWO
まどか「帰ってきた?」 

ほむら「こっちの話よ」 

さやか「そういえばなんか、ちょっと穏やかになったよね。刺が抜けたというか」 

ほむら(そう見えるとしたら、あの子のおかげで色んな気持ちを取り戻せたからね) 

マミ「さ、帰りましょうか。家でお茶とケーキでもご馳走するわ」 

まどか「わーい!」 

さやか「やったー!」 

ほむら(今度こそ、皆守ってみせる) 

マミ「ほむらさんも、是非」 

ほむら「えぇそうね……帰りましょう、私達の家に」 

おしまい 




661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:30:02.51ID:BvaLQg+n0
乙 

子供のマミさんもいいね 




666:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:32:38.18ID:mj8Ir5U/0
おつまみ 

マグロのお刺身もどうぞ 




667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:33:49.85ID:MYALdPuWO
エピローグ 

杏子「っしゃー!!ワルプルギスぶっ倒ーす!!」 

マミ「三人だけで大丈夫かしら?」 

ほむら「やれる、やってみせるわ……貴女と私なら、できる!」 

杏子「もしもーし?あたしもいるんですけどー?」 

マミ「そうね……さっさと済ませて帰りましょう、鹿目さん達が待ってるわ」 

杏子「聞けよ!」 

ほむら「わかってるわよ」 

杏子「あーもう、二人で仲良くやってろ」 

マミ「拗ねない拗ねない」 




675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:38:42.30ID:MYALdPuWO
杏子「けっ」 

マミ「杏子ちゃんも大切な仲間よ、当たり前じゃない。ただ……」 

杏子「ただ?」 

マミ「ほむらさんからは、ずっと何か懐かしいものを感じるの……」 

杏子「はぁ?前世で恋人でしたってか」 

マミ「そういうんじゃなくて、もっと別の何かよ」 

杏子「まぁお前ら、戦い方も似てるしな。シンパシー感じる部分もあるんじゃねぇの」 

マミ「かもしれないわね」 

ほむら「来るわよ!」 




682:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:43:17.92ID:MYALdPuWO
杏子「おーおー、でっけぇなおい」 

ほむら「全てはこの日のために……絶対勝つわよ」 

杏子「任しとけって!」 

マミ「……」 

ほむら「マミ?」 

マミ「ねぇ、ほむらさん。一つお願いがあるの」 

ほむら「こんな時に何?」 

マミ「勝って帰ったら……頭を撫でてほしいなって」 

ほむら「!」 

マミ「ダメ?」 

ほむら「してほしかったら、勝つしかないわよ」 

マミ「えぇ!」 

杏子「いっくぜー!!」 




693:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:50:07.88ID:MYALdPuWO
~~~~~ 

マミ「頭撫でてもらうなんて……本当に久しぶり……貴女の穏やかな笑みも、ね」 

~~~~~ 



おしまい 




698:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 10:51:32.20ID:BvaLQg+n0
やったああああああああああああ 
よかったねマミさん!!!! 




717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 11:13:42.14ID:63LdVa6J0
乙乙 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。