スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「え、うちに別荘なんてあったの?」 

カテゴリ:男女SS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 00:36:07.89ID:LmNoJQ6z0
母「おじいちゃんが昔使ってた家なんだけど、すごく山奥だから売れなかったらしいのよ」 

男「で、なんでその話を急に?」 

母「いや、あんた、今度の仕事先山のほうでしょ?」 

男「あぁ、そうだけど」 

母「じゃ、ガソリン代もったいないから別荘に住んで」 

男「……日本語でお願いします」 

母「でてけ穀潰し」 

男「働いとるわ!」 
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 00:40:05.46ID:LmNoJQ6z0
男「で、ここが別荘か……古い建物だなぁ」 

男「原付でここまでこれたのが奇跡と思えるほど山奥だし、電気通じてるのかこれ。あ、電線発見」 

男「とはいえ、まだ電気は流れてないか。水道は1週間前から使えるようになったらしいけど……まぁいいや」 

男「……」がらっ 

男「あれ、思ったより中がきれいだ。埃くさくもないし……」 

男「まぁいいや、引越しの荷物を整理するだけですみそうだし……ここは茶の間かな?」がららっ 

狐娘「え?」着替え中 

男「え?」 

狐娘「ぎゃああああ!!!?」 

男「ええええええ!!!?」 




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 00:43:12.37ID:LmNoJQ6z0
狐娘「ななな、何じゃおぬしは!?」 

男「それはこっちの台詞だ! なんでコスプレイヤーが俺の家にいるんだよ!?」 

狐娘「なに!? ここはワシの寝床と5年も前から決まっておるのだ!」 

男「何を言って! 警察を呼ぶぞ!」 

狐娘「呼べるものなら呼んでみるがよい!」 

男「なら、遠慮なく」 

雪娘「……待って」 

男「!?」 

男(またなんか増えた……肌と髪が真っ白な着物少女?) 




6: 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 【関電 60.6 %】 【5.3m】 :2011/11/08(火) 00:45:48.35ID:sa3o5kEj0
パンツの墓を建てた 

はよ 




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 00:47:02.58ID:LmNoJQ6z0
雪娘「何でここに人間がいるの?」 

狐娘「ふほーしんにゅーじゃ!」 

雪娘「……」 

男「おい、子供だからって人の家を使うのはいけないことだぞ!」 

狐娘「子供じゃないわ!」 

雪娘「……狸、いるんでしょ? 説明してあげて」 

狸娘「ふえっ!?」 

男(さ、さらに増えた……が……ぼいん……圧倒的ぼいん……っ!) 

狸娘「え、獲物を狙う狼の目ですよぉ!」 

雪娘「……いいから、事情を説明してあげて」 

狐娘「おぬしがすればよかろう」 

雪娘「めんどうくさい」 

男「なんなんだよ、これ」 




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 00:52:14.97ID:LmNoJQ6z0
狸娘「私たち3人は山に住んでる妖怪なんです。証拠の妖術なら見せられますが……」 

男「おk、ならそのぼいんを見せて」 

狐娘「変態じゃのぉ」ぺったんっ 

雪娘「……外見で判断する男は全員死ね」ぺったんっ 

狸娘「あ、あの、続けますね……それで、妖怪とはいえ、家になるものがないのはつらくて、5年位前に廃墟になりかかってたこの家を見つけて……」 

男「住み着いたと」 

狸娘「は、はい……」 

男「よし、許そう!」 

狸娘「ほんとですか!?」 

男「ただし、そのぼいんを触らせてくれたら」 

狐娘「よし」 

雪娘「殺そう」 




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 00:56:00.55ID:LmNoJQ6z0
男「……」正座中 

雪娘「反省しろ」 

男「しかし困ったな。住みやすくなるようにリフォームすることにしちゃったんだよな」 

狐娘「りほーむ?」 

男「家を建て直す感じかな?」 

狸娘「それじゃあ、数日はどこか別の宿に行かなければいけないんですね」 

雪娘「まぁ、持ち主が現れたのなら仕方がない。第一、ここで暮らし続けるわけにもいかない」 

男「俺は大歓迎だぞ」 

雪娘「なら、養え」えっへん 

男(なぜ胸を張るんだ?) 




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:00:12.25ID:LmNoJQ6z0
男「しかし、ただで住ませるのはやっぱりだめだな」 

狐娘「この鬼め!」 

男「住ませてもらえるだけいいだろ。とりあえず掃除とか家事をやってくれ。俺、そういうのにがてだし」 

狐娘「ならば安心じゃな! うちには狸がおるし!」 

男「いや、お前らも何かしろよ」 

狸娘「まぁまぁ……」 

男「狸さんが言うなら……ともかく、工事は明後日から来週までだから、来週の今日、もう一度ここに来てくれ」 

男「まぁ、仕事をするつもりがないなら来なくていいけどな」 

雪娘「……仕事面倒」 

男「お前は来なくていいよ」 




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:01:40.66ID:LmNoJQ6z0
1週間後 

男「で、結局3人とも来たのか……」 

雪娘「……」ぷいっ 

狐娘「おぉ、豪邸じゃ!」 

狸娘「大きくなりましたね……」 

男「ただの2階建てだけどな。じゃ、案内するから入ってくれ」 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:03:37.46ID:LmNoJQ6z0
狐娘「ふぅ、わしはもう満足じゃ~」ごろごろ 

狸娘「で、ですが、本当にお部屋までいただいてしまってよかったんですか?」 

男「気にするな。3人一緒じゃ、窮屈かもしれないけど」 

雪娘「なれた」 

男「ならいいや。じゃあ、おれは仕事に行くから家の中でおとなしくしてろよ」 

狐娘「はーい!」 




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:07:42.98ID:LmNoJQ6z0
夕方 

男「ただいまー」 

狐娘「今帰ったか? 夕食を作り終わったところじゃ」にこり 

男「夕食って、お前が作ったのか?」 

狐娘「うむ、働けといったのはおぬしじゃろ?」 

男「予想以上に出来る子だったか」なでなで 

狐娘「もっとほめるがよい!///」 

男(ちなみに、すべての料理がおいしかったのは認めるが、なんで全部油揚げ入り?) 




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:12:16.62ID:LmNoJQ6z0
夜 

男「風呂出たぞ。お前らも早く入れよ」 

雪娘「……」 

男「お前って確か、雪女的な妖怪なんだっけ? 入れるの?」 

雪娘「……無理」 

男「そ、そうか……」 

雪娘「……」 

男(こいつと二人だと会話が……) 

雪娘「……ありがとう」 

男「え……?」 

雪娘「私は、何も出来ないけど、ここに住ませてくれて……」 

男「ゆっくりでいいから何か覚えろよ」 

雪娘「ん」 




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:15:32.56ID:LmNoJQ6z0
男「はぁ……やっぱビールだなぁ!」 

狸娘「あまり飲みすぎはいけませんよ」 

男「いいのいいの、たまにはね」 

狸娘「本当にたまになんですか?」 

男「あ、狸さんも飲む?」 

狸娘「ごまかしてもダメですよ。ビールは1日1缶だけですからね」 

男「……もしかして、狸さんが一番強敵?」 

狸娘「え……なんのですか?」 

男「俺の日常生活の」 

狸娘「そ、そんなことありませんよ! ただ、男さんに体を壊してほしくないだけなんです!」 

男(なぜ大慌てする?) 




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:16:59.83ID:LmNoJQ6z0
男「さて、寝るか」 

コンコン 

男「ん? ノック? 誰だろう?」 

>>25 
1.狐娘 
2.雪娘 
3.狸娘 




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:20:15.43ID:iRWC/nI50
5.山男 




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:21:38.45ID:McqHIb940
おじさんの金の玉を上げよう 




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:22:09.19ID:LmNoJQ6z0
男「……あれ、だれもいない……」 

男(いたずら?) 

男「まぁいいや、こんどこそ……」 

コンコン 

男「……」 

>>30 
1.狐娘 
2.雪娘 
3.狸娘 
それ以外の場合安価下で 




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:23:29.90ID:6PVnaTuz0
 \                    / 
   \  丶       i.   |      /     ./       / 
    \  ヽ     i.   .|     /    /      / 
      \  ヽ    i  |     /   /     / 
   \ 
                                  -‐ 
  ー 
 __          わ た し で す            -- 
     二          / ̄\           = 二 
   ̄            | ^o^ |                 ̄ 
    -‐           \_/                ‐- 

    / 
            /               ヽ      \ 
    /                    丶     \ 
   /   /    /      |   i,      丶     \ 
 /    /    /       |    i,      丶     \   




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:23:49.41ID:8BhJnG/dO
せっかく面白いのに安価なんてやめて 
gdgdになるのはわかりきってるんだから 


安価3 




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:29:40.66ID:LmNoJQ6z0
おk 
次から安価やめる 

狸娘「あ、あの、まだ起きてますか?」 

男「バリバリ起きてるぞ」 

狸娘「で、では……その……一緒に寝てもらえませんか?」 

男「……」 

狸娘「……あ、あのー」 

男「喜んで!」 

狸娘(な、何であんなに目を輝かせて……) 


狸娘「すぅ……すぅ……」ベッド 

男「……あれ?」床 

男(おちつけ、夜這いじゃないのか!? どういうことなの!?) 


狐娘「じゃあ、明日はわしが男と寝るぞ!」 

雪娘「中途半端な狭さ……うざったい……」 




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:34:19.22ID:LmNoJQ6z0
男「つまり、あの部屋が狭くて3人寝れないと」 

雪娘「使ってない部屋、あるんだからそこ、使わせて」 

男「かまわんが、条件がある!」 

狐娘「またか!?」 

男「もふもふさせろ!」 

狐娘「はぁ?」しっぽふりふり 

雪娘「それならいい」 

狐娘「な、何勝手に了承して……!?」 

男「じゃ、遠慮なく」わしづかみっ 

狐娘「ひゃっ!?///」 

男「わしゃわしゃ」 

狐娘「ひゃうっ!?/// く、くすぐった……ひゃあっ……ちから、ぬけ……///」 

男「やべぇ……きもちぃ……」 




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:38:50.16ID:LmNoJQ6z0
雪娘「……」すくっ 

男「? どうした?」 

雪娘「なんでも……」 

男「なら座れば?」 

雪娘「……ちょっとトイレ」 

男「最初からそういえ」 

雪娘「……変態」 

男「なんで!?」 


雪娘「……なに、これ」わふーといれ 

雪娘(男に使い方を聞くと馬鹿にされる……ど、どうすれば……) 


雪娘「……」 

狸娘「あれ、雪ちゃん木の実ジュースいらないんですか?」 

雪娘「う、うん……」 

男「?」 




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:40:48.96ID:LmNoJQ6z0
狸娘「……」 

男「な、なんですか?」 

狸娘「……」じー 

男「おーい、狸さん?」 

狸娘「はっ! す、すいません、なんでもありません!」 

男「……?」 

狸娘(ど、どうして……急にこんな気持ちに……?) 

狸娘(もしかして、男さんと昨日一緒に寝たから? ……掃除に集中しよう) 




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:43:58.82ID:LmNoJQ6z0
狐娘「ふむ、人間と一緒に生活というのもなかなかいいものじゃな!」 

雪娘「……」もじもじ…… 

狸娘「あの……やっぱり、この家を出て行きませんか?」 

狐娘「え?」 

狸娘「男さんに迷惑ですよ……それに……」 

狐娘「そんなことなかろう。のう、雪」 

雪娘「え……う、うん」 

狐娘「どうした、顔色が悪いぞ」 

雪娘「い、いや、なんでも……」 

狸娘(……まだ、長い間一緒にいないから2人とも気づいてないだけです……) 

狸娘(このままじゃ……) 




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:47:32.25ID:LmNoJQ6z0
狐娘「男ー、雪が体調悪いみたいじゃ」 

男「え、まじ? 妖怪にも病気とかあるの?」 

狐娘「うむ、薬を作らねばなるまい。一緒にいてやってくれ」 

雪娘「よ、余計なことしなくていい!」 

男「ホントだ、顔が赤いな。ほら、こっちのベッドで休め」 

雪娘「だ、大丈夫、だから、さわるな!///」 

狐娘「看病を頼むぞー」 

狸娘「……」 




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:52:17.40ID:LmNoJQ6z0
男「狸さんは狐について行ってやってくれないか? こいつの面倒は見ておくから」 

狸娘「は、はい……」 

雪娘(ま、まずい……ずっとまえから、がまんしてて……げん、かい……) 

男「さてと、濡れタオル、おでこに当てとくだけでいいのかな?」ぴとっ 

雪娘「ひゃっ!?///」ぴくっ 

男「ん?」 

雪娘「あ、あぁ……///」ちょろ……しょおおお…… 

男「水の音?」 

雪娘「あ、あぁ……はぁ……///」 

男「……まさか……」 

雪娘「……ぐすっ……///」 

男(まじ?) 




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 01:56:52.56ID:LmNoJQ6z0
男「その、わるかったな……和風トイレ以外の使い方がわからないなんて……」みずしゃわー 

雪娘「……ぐすっ……うぅ……」 

男「というか、俺に聞くのがいやなら何であの2人に聞かなかったんだ?」 

雪娘「ばかに、されそうだった……」 

男「ともかくこのことは内緒にしてやるから元気出せって」しゃわわー 

雪娘「うん……っ」びくっ 

男「ん、どうした?」 

雪娘「……ねぇ、男……」 

男「ん?」 

雪娘「……たべて、いい……?」 

男「? 食べるって、何を?」 

雪娘「……あなたを」ぎろっ 




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:00:08.00ID:LmNoJQ6z0
狐娘「のう、狸。さっきから何を急いでおるのじゃ?」 

狸娘「いやな予感がするんです……雪ちゃん、多分男さんに付きっ切りで看病を受けて……」 

狐娘「おぉ、嫉妬という奴か。男も罪な男じゃな」 

狸娘「ちがいます! 私たちはもともと人食いの妖怪……いくら人を食べなくなったとはいえ……人間のにおいをかぎ続けたら、どうなるか……」 

がしゃんっ! 

狐娘「!? 何の音!?」 

狸娘「行きましょう!」 




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:02:41.06ID:LmNoJQ6z0
雪娘「……」ぎろっ 

男「ど、どうした、いきなりシャワーを凍らせるなんて!? 熱かったか!?」 

雪娘「……男、おいしそう……おと、こ?」 

雪娘「……あ……わた、し……いや、だめ!!!」 

がしゃんっ! 

男「!? 雪の周りに氷の柱が生えて……」 

雪娘「……ごめんなさい、さようなら……」すぅ…… 

男「……消えた?」 




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:09:18.12ID:LmNoJQ6z0
狸娘「……そうですか……きえ、たんですね……」 

狐娘「おそらく、ここから急いで立ち去ろうと思い、移動の妖術を使ったんじゃな……」 

男「どうして、いきなり……」 

狸娘「おそらく、妖怪の血に、負けそうになったんだと思います」 

狐娘「もともとワシらの先祖は人食らいの妖怪。あやつはおそらく……おぬしを食べようとしてしまったんじゃ」 

狸娘「だから、本当にあなたを殺す前に……ここから立ち去ったんだと思います」 

男「そんな……おれの、せいで……」 

狐娘「……それはおいておくとして、風呂場でいったい何をしておったんじゃ? 雪の着物はここにあるし」 

男「あ、いや、それは……」 

狸娘「……最低ですね」 

男「絶対間違った想像してますよね!?」 




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:12:41.63ID:LmNoJQ6z0
狸娘「……狐ちゃん、私たちは、どうします?」 

狐娘「雪の後を追う。男に気づかれぬようにな」 

狸娘「……私のせいです。あの夜、男さんに対する感情に半分気づいていたのに……皆に何もいえませんでした……」 

狐娘「……」 

狸娘「……ごめんなさい」 

狐娘「よい、ともかく、そうと決まればすぐに出るとしよう」 

狸娘「……はい」 




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:15:49.93ID:LmNoJQ6z0
狸娘「……男さん、今まで、ありがとうございました。短い間でしたが……楽しかったです」 

狐娘「……よし、行くとしよう」 

狸娘「……あれ」 

狐娘「どうした?」 

狸娘「……中から、男さんの気配がしません……まさか!」がちゃっ 

狐娘「いない!? ……あの、阿呆……まさか……」 




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:20:01.81ID:LmNoJQ6z0
雪娘「……はぁ……はぁ……」 

男「! いた、雪!」 

雪娘「! 来るな! ……私は、お前を食べたくない……」 

男「大丈夫だ、もしやばくなったらすぐに逃げる。だから聞いてくれ」 

雪娘「……」 

男「お前たちと一緒にいられて、この2日間すごく楽しかった」 

男「だから、俺はお前のことを恨んだりはしてないぞ」 

雪娘「関係、ない……私が男を殺そうとしてるのは、同じ」 

雪娘「やっぱり、人間と妖怪は一緒にいては、いけない」 

男「……何か方法があるはずだ! だから……」 

狐娘「あるわけなかろう」 

男「!」 




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:24:39.25ID:LmNoJQ6z0
狐娘「そんな方法があるのなら、ワシらはこんな山で暮らしてはおらん」 

男「……おまえたちまで、どうして……」 

狸娘「……正直に答えます。私も、男さんのことを食べたくて仕方がありません。いつ、噛み付いてしまっても、おかしくありません!」 

雪娘「……」 

狐娘「まぁ、ワシは平気なんじゃが……おそらく長く一緒にいればそれも変化してしまうじゃろ」 

男「けど、お前たちは、それでいいのか……俺はいやだ! もっと一緒にいてほしい!」 

狐娘「……いられるわけなかろう! ……大事なものを、自らの手で殺めてしまうかも知れぬというのに……そんな状態で近くにいられるわけがなかろう!」 

男「……」 




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:26:41.39ID:LmNoJQ6z0
男「……わかった……けど、たまには遊びに来てくれ……」 

狐娘「うむ……約束しよう」 

狸娘「……さよなら、男さん」 

雪娘「……ごめんなさい……」 

男(そして、3人は俺の前から姿を消した) 




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:32:12.19ID:LmNoJQ6z0
数日後 

男「おぉ、来たか。思ったよりも早かったな」 

狐娘「うむ、約束じゃからな。まぁ、まだあの2人は症状が残っておるからつれてきておらんがな」 

男「そうか。ところで、これだけ引っ張っていた問題が案外簡単に解決しそうだぞ」 

狐娘「そうじゃろう、そう簡単に解決するわけ……はあ!?」 

男「図書館で歴史と妖怪について調べたところ……そのだな……を、すると人間に対する食欲がなくなるらしい」 

狐娘「ん、よく聞こえん。もう一度頼む」 

男「だから……セックスを、だな」 

狐娘「せっくす?」 

男「つまり性交だよ!」 

狐娘「……はあああ!!?///」 




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:35:37.80ID:LmNoJQ6z0
狐娘「そそそ、そんな話信じられるわけなかろう!///」 

男「でも試してみる価値は……」 

狐娘「あるわけがなかろうが!」 

男「そっか……一生懸命調べたんだけどな……そりゃ、無駄だよな……」しょんぼり 

狐娘「……う、い、言いすぎたかの……」 

男「そう思うんなら狸さんを連れてきてくれ! 試すから!」 

狐娘「……ここに可愛いおなごがおるというのに……何を言っておるのかわからんのぉ」 

男「子供に興味ありません」 

狐娘「雪よりは成長しておるわ!」 


雪娘「くしゅんっ」ぺったーん 




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:38:09.30ID:LmNoJQ6z0
狐娘「……なら、ワシが勝手にやらせてもらうとするぞ!」 

男「試す価値ないんじゃないのかよ!?」 

狐娘「うるさい! 黙っておれ!」ぬぎぬぎ 

男「おぉ……」 

狐娘「あ、あまり見つめるでない……///」ぺったーん、つるつる~ 

男「うん、あと5年だな」 

狐娘「ほう、お主、死にたいのか」 




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:41:44.98ID:LmNoJQ6z0
狐娘「その気がないのならさせるまでじゃ!」ずるっ 

男「ズボンを下ろすな!」 

狐娘「なんじゃ? いまさらやるのをやめるとでも言うのか?」 

男「い、いや、さすがに子供とは……」 

狐娘「言っておれ」ぺろっ 

男「っ!?」 

狐娘「んぐっ……ぷはっ……じゅっ……///」 

男(う、うまい!?)むくむく 

狐娘「ふふ……もうこんなに大きくしおって……じゃあ、いただくとしようかの」すっ 

ずぶっ…… 

狐娘「はぁっ!///」びくぅ 




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:46:09.23ID:LmNoJQ6z0
狐娘「あ、ぁ……お主、こんなに、ふあっ……///」びくびくっ 

男「あれ、もしかして責められるのに弱い系?」腰ふり 

狐娘「きゅ、急に動くでない!/// あ、ああっ!///」 

男「やばい、きもちい……」ずぶずぶ…… 

狐娘「あ、あはっ、ひゃうっ!///」びくびく 

男「い、イきそうだ……」しっぽぎゅっ 

狐娘「し、しっぽは、だめ、じゃ……ああああああああっ!///」びくぅ! 

男「っ、お、俺も、でるっ!///」どぷっ…… 

狐娘「はぁ……はぁ……おなか、あったか……い……///」 

男「……はぁ……はぁ……」 




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:48:19.89ID:LmNoJQ6z0
男「……」 

狐娘「……そ、その、妖怪としての、本能が押さえられたようじゃ……///」 

男「そ、そうか……」 

狐娘「……」 

男「……」 

狐娘「……あ、あやつらにも伝えてくるとしようかの……」 

男「あぁ……」 

狐娘(うぅ、すこし気まずい……) 

男(気まずい……) 




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:52:35.39ID:LmNoJQ6z0
狸娘「……本当ですか!?」 

狐娘「う、うむ……恥ずかしながら……」 

雪娘「……なら、私が先に行く」 

狸娘「いえ、私が……」 

雪娘「先に行かせて。狸の後だと、勝てる気がしない……」ぺったーん 

狸娘「……?」ぼよよんっ 

狐娘(……)ぺったーん 




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:56:12.18ID:LmNoJQ6z0
男「で、お前が来たのか」 

雪娘「感謝してほしい」 

男「ともかく、暴走されると困るしさっさとやっちゃうか」ぬがしぬがし 

雪娘「っ!///」 

男「相変わらずきれいな肌だな」 

雪娘「///」 

男「ところで、こんなにミニの着物なのにパンツはいてなくていいのか?」 

雪娘「ぱんつ?」 

男「まぁいいや。なんか興奮気味だし……早速入れるぞ」 

雪娘「えっ、ちょ、ちょっと、まっ……///」 

ずぶりっ 

雪娘「~~~っ!///」ぴくっ 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 02:58:05.73ID:LmNoJQ6z0
ちょろ……ちょろろ……しょおおお…… 

男「ん?」 

雪娘「み、みるなぁ……///」しょおおお…… 

男「またおもらし?」 

雪娘「いきなり、いれるから……///」 

男「そんなに感じちゃったんだ」ずぶずぶっ 

雪娘「あ、ああああっ、おか、しくなっちゃ、ひゃああっ!!!」 




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 03:00:40.86ID:LmNoJQ6z0
雪娘「うぅ……///」 

男「やばい、やりすぎた?」 

狐娘「おもったとおり、すっかりSに目覚めておるのお」 

男「き、狐、いつのまに!?」 

狐娘「先ほど着たばかりじゃが」 

男「ノック位しろ!」 

狐娘「それよりも、狸を連れてきたぞ」 

狸娘「あ、あの……よろしくお願いします///」 

男「……ふぅ……」 




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 03:04:42.68ID:LmNoJQ6z0
男「やばい、おっぱおやばいやばいやばい……///」 

狐娘「な、何もしておらんのに大きく!? ……くやしい……」 

狸娘「じゃ、じゃあ、さっそく……」 

男「胸でしてください!」 

狸娘「え、でも……」 

男「胸でお願いします!!!」 

狸娘「わ、わかりました……こ、こうですか?」むぎゅっ 

男「イグウうううう!!!!!!!」どぴゅ 

狐娘「早っ!?」 

狸娘「ひゃっ……/// あ、なんだか、だいぶ楽な気持ちに……」 

狐娘「これで何とかなったのかのぉ?」 

狸娘「な、なんだか違う欲求が満たされてませんけど……」 

狐娘「なら、わしがしてやろうか?」 

狸娘「え……?」 




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 03:08:31.54ID:LmNoJQ6z0
狸娘「な、なにを……ひゃっ!?」 

狐娘「やはりおぬしも尻尾が弱いんじゃな。ついでにこっちの弱点もいじってやろう」ぐちょぐちょ 

狸娘「だ、だめ、ですぅ!/// い、いきなり、はげしすぎ……ああっ!///」 

狐娘「よいではないか、よいではないか!///」はぁはぁ 

狸娘「ひゃ……あ、やぁっ///」びくびくっ 

狐娘「よい感度をしておるのぉ」 

狸娘「も、もうらめ、れす……///」ぴくぴく 




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 03:15:07.04ID:LmNoJQ6z0
男「いてきまーす」 

狐娘「いってらっしゃい」 

狸娘「でも、こうやって4人で暮らせるなんて、夢のようですね」 

雪娘「……うん」 

狐娘「……今夜も、楽しみじゃな///」 

狸娘「……はい///」 

雪娘「……ちゃんと、おトイレ、行っておこう……///」 


男(どうやら妖怪たちは違う欲求が生まれてしまい、俺を食べるという考えを忘れてしまったようだ) 

男(まぁ、食べることには変わりはないのだけれど……) 


おしまい 




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 03:16:19.21ID:LmNoJQ6z0
ごめん、深夜テンションでエロ展開に持っていってしまった 
後悔はしてない 

後雪娘ちゃんは俺の嫁なので 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。