スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンデレ「あなたのことずっと見てます」男「おうどんどん見ろ」 

カテゴリ:男女SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:28:33.28 ID:8onIGGyH0
ヤンデレ「うふふふ…ほら見てこの血…あなたに飲んで欲しくて」 

男「血は飲むものじゃないぞ、吸うものだ」 

ヤンデレ「じゃあ、吸って欲しくて」 

男「いやでも俺は蚊じゃないから吸わないし」 

ヤンデレ「私はあなたに吸って欲しいの…」 

男「うーん吸いたいのはやまやまなんだけどなぁ~、俺、蚊じゃなくて人間だからな~」 

ヤンデレ「で、でも」 

9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:32:15.61 ID:Gko6VgZQO
男「で、ほらボタボタ落ちてる。あーあー床が」 

ヤンデレ「ご、ごめんなさい」 

男「あ、雑巾とってきて。玄関にあるから」 

ヤンデレ「う、うん」トトト 

男「あー!血落ちてる!あちゃー…」 

ヤンデレ「ごめんなさい…」 

15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:35:34.55 ID:Gko6VgZQO
男「はいティッシュ。これで傷抑えて洗ってきなさい」 

ヤンデレ「ふふふ…私はあなたのそういう優しさがたまらなく好きなのよ…あなたは私だけのm」 

男「ほら!早く洗ってこい!その後病院行くからな、切った言い訳考えとけよ」 

ヤンデレ「あ、う…うん…」トトト 

男「あ、洗面所あっちね」 

ヤンデレ「あっ」 

18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:39:16.93 ID:Gko6VgZQO
男「ふう…フローリングだからこんなもんか」 

ヤンデレ「ふふ…私、今日アナタのためにおうどん丼作ってきたの…つゆは私の経血と唾液と」 

男「悠長なことしてる場合か!医者にいう言い訳考えたんだろうな」 

ヤンデレ「まだ、です…」 

男「ほら、3つ数えるまでに考えろ。いーち」 

ヤンデレ「あっ…えっと…」 

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:42:25.84 ID:Gko6VgZQO
男「よかったな…死ぬほどじゃなさそうだ」 

ヤンデレ「アナタにだったら殺されてもいいわ」 

男「捕まるわ俺が」 

ヤンデレ「じゃあ一緒に死にましょう?二人の愛を永遠に…!!」 

男「でもお前まだおうどん丼食べてないじゃん」 

ヤンデレ「あっ…たっ食べてからでいいから…」 

男「あーでも伸びてそうだな」 

ヤンデレ「ごめんなさい…」 

男「いやいや謝らなくても」 

23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:43:41.47 ID:tZ4Ju6VT0
パンツ抜いどく 

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:45:56.60 ID:Gko6VgZQO
男「お笑い番組ってなんだかんだ面白いな。お前はこういうの嫌い?」 

ヤンデレ「私は好きな人と一緒にいるときしか笑わないの」 

男「あれ?俺と今一緒にいるじゃん。笑わないってことは俺のこと好きじゃないのね」 

ヤンデレ「あ!いや、違っそうじゃなくて」 

男「あっちゃー俺もとんだ勘違い野郎だったなー」 

ヤンデレ「いやっ!笑ってるわ!ほらっ!(ニコッ)ねっ!?ねっ!?(ニコッ)」 

29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:46:48.44 ID:MUwn0VzL0
ヤンデレってこんななんだ 

32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:50:21.98 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「またあの子と一緒に話してたのね…あなたは私のものなのに…」 

男「うんっお前よりも楽しかったよ」 

ヤンデレ「えっ…」 
ヤンデレ「そうよ…あなたはあの女に誑かされてんのよ、許せないわ…」 

男「てゆーかお前と離れれば他の女なら誰でもいいんだけどね」 

ヤンデレ「えっ…」 

男「つーか、あの子に何かしても、根本的解決じゃないというか…泣くなよ、嘘、冗談だから!」 

37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:54:45.94 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「今日はハンバーグよ…ふふ…」 

男「うわー美味しそう、何入れたの?髪?」 

ヤンデレ「ええ…あなたに私を味わって欲しくて…」 

男「あー本当だ。一本避けて二本避けて…」ヒョイヒョイ 

ヤンデレ「えっ」 

男「え?ハンバーグのつなぎは髪じゃないだろパン粉だろ」 

ヤンデレ「…パン粉も入れたのよ…」 

男「うん美味しい」 

ヤンデレ「!」パァッ 

男「この髪はまぁ適当にティッシュにくるんですてとくわ」 

ヤンデレ「そ…そ、う……」 

40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:57:40.97 ID:Gko6VgZQO
男「さぁそろそろ風呂に入るか」 

ヤンデレ「えぇそうね」 

男「さも当然のように入ってくるな」 

ヤンデレ「当然よ?私たちは四六時中どこでも愛しあって」ツルッ 

ゴスッ 

ヤンデレ「」 

男「お前は本当に詰めが甘いな」 

41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 00:58:39.06 ID:W8kzsNwx0
男が意外と優しいな 

43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:02:27.71 ID:Gko6VgZQO
男「最近学校でも火災訓練が多くなったな」 

ヤンデレ「あなたと一緒なら、火災の時だって…ふふっ」 

男「いや俺は作法通りに逃げるから、一緒にいたら普通に助かるよ。やったね!」 

ヤンデレ「そうね」 

男「そんな露骨に落ち込むなよ…」 

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:05:14.36 ID:Gko6VgZQO
男「あー、魔法使いたいって思うこと、ふとあるよね」 

ヤンデレ「私たちはもう魔法にかかっているわ…愛という魔法に…」ウットリ 

男「それを解除する魔法を使いたいんだが」 







男「ごめん泣くなよ!マホトーンとか言わないから」 

48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:09:03.19 ID:Gko6VgZQO
男「ブログやってみた。結構大変だなぁこれ」 

ヤンデレ「私もやってるわ…」 

男「お、ちょっと見せてくれ」 

ヤンデレ「私とアナタの愛の育みの記事よ」 

記事 
タイトル 男 
本文 
男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男男 


男「…」 
男「なんか彼氏募集中で男性に飢えてますみたいな記事だな」 

ヤンデレ「ちっ違うの!アナタのことで!こ、これは」 

49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:13:32.85 ID:Gko6VgZQO
男「将来の進路について考えてみよう」 

ヤンデレ「決まってるじゃない…アナタは私と結婚して、それから…私がアナタを養って、子どももいっぱいつくって…それからそれから」 

男「よーし!独身のカメラマンになろう」 

ヤンデレ「…」 

男「…ごめん、嘘。結婚するから泣くなよ」 

ヤンデレ「ほ、本当に!?」 

50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:18:21.29 ID:Gko6VgZQO
男「お前、俺の部屋で何やってんだよ」 

ヤンデレ「見てわからない…?私、アナタのベッドに潜るだけで体が火照っちゃって…」 

ヤンデレ「ね~ぇ、私たち、いつも愛しあってるじゃない…今だって」 

男「ごめん…そのベッドさ。俺の友達呼んだときに、そいつが酔ってそこに吐いちゃったんだよね…クリーニング出さなきゃ…」 

ヤンデレ「いやああああああああ」 

55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:21:06.70 ID:Gko6VgZQO
男「学校行くか」 

ヤンデレ「待って、いってきますのキスを」 

男「いやお前も行くだろ」 

ヤンデレ「私とキス…したくないの?」 

男「したいけどもう学校に走らないとな。あーキスしたかったけど仕方ないなーこれは仕方ない」 
男「ほら早くいくぞ」 

ヤンデレ「…はい…」グスッ 

59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:27:19.43 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「アナタの携帯のメールのあの女の子の名前…誰よ…!」 

男「お、お前…!見たのか?」 

ヤンデレ「安心して男くん。アナタを装って二度とかけないように言っておいたわ」 

男「なんてことするんだ」 

ヤンデレ「あの女が悪いのよ…私はアナタを守りきったのよ…!ふふふ」 

男「あれはサクラメールだよ!無視を決め込んでたのに返信したらまた送ってくるじゃねーか!」 

ヤンデレ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」 

61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:31:07.43 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「うふふ…今日はクッキーを作ったの」 

男「お、上手そうだな」 

ヤンデレ「ふふ、私の血がアナタの中に入っていくわ…」 

男「そのあと尻から出ていくけどな」 

ヤンデレ「…意地悪…」 

67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:35:58.87 ID:Gko6VgZQO
男「なんで裸で俺のベッドに入ってくる」 

ヤンデレ「ふふ…今夜もた~っぷり愛を確認しあいましょう?ねぇ?ねぇ?ねぇ?」 

男「そうか…お前は愛を確認しなきゃいけないのか…俺はお前を愛しすぎて確認しなくてもいいと思ってたんだけど」 

ヤンデレ「うっ…でも…」 

男「お前も確認なんていらないくらい愛してくれてると信じてたのに…」 

ヤンデレ「よ、よく考えたら確認なんていらないわね。私たちの愛が確認不要絶対だものね、そ、そうよね」 

男「ん」 

男(一発抜いててよかった。賢者って素敵) 

70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:39:28.31 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「最近アナタの私物を慰みものにしてるの」 

男「食事中になんてこと言いやがる」 

ヤンデレ「最近ハマっているものわね…ふふっ」 

男「やめろ」 

ヤンデレ「ボールペンよ。ふふっ」 

男「あ、それならいいよ。それ友達のペンだし、むしろアイツ喜ぶよ」 

ヤンデレ「いやあああああああ」 

72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:42:01.24 ID:us+F0Oqh0
ボールペンがオナホールに見えたのは俺だけのはず 

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:43:43.52 ID:Gko6VgZQO
男「久々に散歩でもするか」 

ヤンデレ「さぁ、これをつけて」ジャラ 

男「首輪?俺が?」 

ヤンデレ「アナタがどこにも行かないようにしなくちゃ…ふふふふふ」 

男「仕方ねぇな…」 
男「あれー!?おかしいなー!俺、首が太いから入らないぞ!これ小型犬用じゃん!あちゃー無理だわー」 

ヤンデレ「…」 

75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:47:25.33 ID:Gko6VgZQO
男「お前って美人だよな」 

ヤンデレ「えっ…」 

男「ボインちゃんだし細身だし、色白で艶のある髪、クリクリした目」 

ヤンデレ「それはアナタを愛しているからよ…ふふっ何だって、アナタのためなら…」 

男「二人の愛は永遠だ」 

ヤンデレ「……幸せ……夢みたいだわ……」 






男「おい早く起きろ」 

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:53:15.29 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「最近、欲しいの…」 

男「何が?」 

ヤンデレ「アナタの愛が…もっともっと…受け止めきれないくらいに欲しいの…」 

男「欲しい?」 

ヤンデレ「欲しいわ」 

男「そんなに欲しい?」 

ヤンデレ「欲しいの!」 

男「どのくらい欲しい?」 

ヤンデレ「狂おしいほど欲しいわ」 

男「そっかー、そんなに欲しいのかー」 

ヤンデレ「欲しいわ」 

男「欲しいのかー…」 





ヤンデレ「…は、はやくちょうだいよ!」 

82 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2011/10/12(水) 01:56:57.06 ID:Ok3d1qoU0
この男マジで出来るぞ 
かっこいい 

83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 01:58:31.41 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「耳掻きしてあげるわ…」 

男「お、悪いね」 

ヤンデレ「~♪」カキカキ 

男「ん~」 

ヤンデレ「アナタが愛しい…このまま脳まで突き破っちゃいたいくらいに…ふふっ」 

男「Zzz…」 

ヤンデレ「ねぇ、アナタが好きよ」 

男「ZZz…」 

ヤンデレ「ねぇ」ユサユサ 

男「んぉ?」 

プツッ 

男「痛っ!?」 

ヤンデレ「ひゃ!?ごめんなさい!!」 

86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 02:03:13.35 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「男くんがいない…」 

ヤンデレ「メール…しなきゃ…電話も…」ポチポチ 

ヤンデレ「…出ない…」 

ヤンデレ「出ない出ない出ない出ない出ない出ない出ない出ない」ポチポチポチポチポチポチポチ 


ガチャ 

男「人がトイレ入ってるときに電話とかなんつープレイだよ」 

ヤンデレ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」 

87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 02:09:01.38 ID:Gko6VgZQO
男「おかわり」 

ヤンデレ「わかったわ。ふふ」 

男「えらく大盛きたな」 

ヤンデレ「私の炊いたご飯、いっぱい食べてくれると嬉しいの」 

男「そっかー」 

男「おかわり」 

ヤンデレ「えっ?」 
ヤンデレ「あ…もうご飯がないわ」 

男「俺の胃袋舐めるな…いやいい!いいから!新しく作ろうとしなくてもいいから!まず涙拭こう!?ね!?」 

90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 02:13:58.31 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「はぁ…」 

男「なんだその赤い絵。お前が書いたのか」 

ヤンデレ「これがアナタよ」 

男「俺は翼生えてねーから」 

ヤンデレ「これがあの下衆」 

男「俺の友達血塗れじゃねーか」 

ヤンデレ「そしてこれが私」 

男「お前ブラックホールだったんだな」 

95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 02:20:41.44 ID:Gko6VgZQO
ヤンデレ「ケーキを作ったわ」 

男「おー、こりゃまた立派なもんだ」 

ヤンデレ「ふふ…あなたのためなら私は」 

男「で、何入れたの?爪?」 

ヤンデレ「…あっ」 

男「忘れたのか…あっいや今から入れたりとかしなくていいから!面倒くさいだけだから!愛は十分伝わったから!だからそうやって手首切るなって」ポカッ 

96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 02:22:22.58 ID:ELffellA0
ポカッ 

97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/12(水) 02:26:54.25 ID:Gko6VgZQO
男「そろそろ眠くなってきたな」 

ヤンデレ「えぇ、でもあなたが望むなら、私は一晩中だって、朝までだって」 

男「いやだから眠たいんだって」 

ヤンデレ「…」 

男「よし寝ようさぁ寝よう」 

ヤンデレ「…うん」 

男「なぁ」 

ヤンデレ「?」 

男「お前って、結構美人だよな」 

ヤンデレ「っ!」 

おわり 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。