スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「なんだお前!?」モッピー「モッピーだよ」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 20:30:09.36 ID:ejbX6oPE0

一夏「はぁ・・・今日も疲れたな」 

ガチャ 

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
           {::{/≧===≦V:/ 
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ 
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ 
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i 
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 
      ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/ 
       ∧::::ト “        “ ノ:::/! 
       /::::(\   ー'   / ̄)  | 
         | ``ー――‐''|  ヽ、.| 
         ゝ ノ     ヽ  ノ | 

一夏「・・・・・・」 

バタン

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 20:34:23.92 ID:GtlsVqnP0

一夏(なんだ今の・・・・・・なんか変なのが俺の部屋に居てこっち見てた気がするけど・・・) 

一夏(気のせいだよな・・・・・・今日軽く頭打ったしそのせいだろ・・・) 

ガチャ 

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
           {::{/≧===≦V:/ 
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ 
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ 
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i 
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 
      ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/ 
       ∧::::ト “        “ ノ:::/! 
       /::::(\   ー'   / ̄)  | 
         | ``ー――‐''|  ヽ、.| 
         ゝ ノ     ヽ  ノ | 

一夏「やっぱりなんかいる!?」 

モッピー「モッピー知ってるよ。モッピーはなんかじゃなくてモッピーだって」 





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 20:38:11.51 ID:GtlsVqnP0

一夏「喋った!?な、なんなんだお前!」 

モッピー「モッピーはモッピーだよ」 

一夏「モッピー?モッピーっていうのか?」 

モッピー「そうだよ」 

一夏「どっから来たんだ?」 

モッピー「あっちから」 

一夏「あっちって?」 

モッピー「あっちはあっちだよ」ニヤニヤ 

一夏「そうか・・・ちょっとトイレ行ってくるな」 

バタン 

一夏(なんか変なのと普通に会話してしまった・・・・・・) 

一夏(にしても、なんなんだあれは・・・?モッピーとか言ってたけど) 





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 20:42:17.96 ID:GtlsVqnP0

一夏(とりあえずあんなのが部屋に居たら休めないし・・・出てってくれるよう頼んでみるか) 

ガチャ 

                        ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
  |`ヽ.     __      , -‐ ァ    {::{/≧===≦V:/          -──‐  . 
  .|  ,>: :´: : : ト: : `丶、/   ノ    >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、     /r‐v‐v‐v‐、  ヽ 
__l_/: : /  :: : |: :丶 : : : |   ∠   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    , ' / ̄ ̄ ̄ ̄|   ', 
\  / : : { : : : : : 、: : :\ : |_/ / //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   /  /_____j 
   } / : !、ハ: : : : : : 〉: : トゝ|  く| ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i  /  /Y^Y^Y^Y^Y}     i 
   Yイ: !/`V、 : /}メ._V\:ヽ:ヽ  j 、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l .′ !,メ、_{ l| 厶斗|     | 
   |从 ┃ `′┃ }: :}-、:/: : :|    ヾ::::::|.≧z !V z≦ /::::/′ { | ◯ \{'  ◯′/  八 
  厶イ “   -‐v、 “/ :リ ノ: イ:|   ∧::::ト “        “ ノ:::/! i  Y “      “イ  /   、 
   ト(\_{     }_ 7:// ̄)/: : !     (\    ー'   / ̄) | .| /(\   ー'   // ̄) 、 〉 
     | ``ー――‐''|  ヽ、: : |      | ``ー――‐''|  ヽ、| |   | ``ー――‐''|  ヽ、. | 
     ゝ ノ     ヽ  ノ | : |     ゝ ノ     ヽ  ノ |    ゝ ノ     ヽ  ノ | | 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

一夏「おいモッって増えてるぅうううううううう!!!」 





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 20:51:58.11 ID:GtlsVqnP0

一夏「ドアの前には俺がいたのに、ど、どっから入ったお前ら!?」 

??「ニクミーがどこにいたってニクミーの勝手でしょ!」ガブッ 

一夏「いてぇっ!噛むなこのっ!」ヒョイッ 

ニクミー「離しなさいよ!離せぇーー!!」バタバタ 

一夏「ったく凶暴だなこいつは・・・」 

ニクミー「はーなーしーてー!」バタバタ 

一夏「もう一匹は」 

??「・・・Zzz」 

一夏「って寝てる!?」 

??「ふぁ・・・なんですの?セッシーは眠いんですの!・・・Zzz」 

一夏「人のベッドで寝るなって!起きろ!」 

モッピー「モッピー知ってるよ。セッシーは万年寝ぼすけだって」 

ニクミー「うぅぅぅぅーーー!」バタバタ 





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 20:58:18.98 ID:GtlsVqnP0

一夏「噛んだら怒るからな?」 

ニクミー「うぅぅー・・・わかった」 




一夏「にしても・・・なんなんだこいつらはほんとに・・・」 

モッピー「ニクミーは騒がしいよ」 

ニクミー「なによ!ひねくれ者のあんたに言われたくないし」 

セッシー「むにゅ・・・zz」 

一夏「どうしたらいいんだこれ・・・ん?」 

一夏「視線を感じる・・・」 





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:00:14.75 ID:GtlsVqnP0

 |-――-  、 
 |       \ 
 |`         \ 
 |   ヽ、___   ヽ 
 | \ミ ー―‐ '   '. 
 |  ヽ ― ミ|   |  | つ 
 |、  |\_|ヽ |   | 、 
  | \|. 丐ミk    、  \  つ       
 |     ヒク }} ./ / ミΓ 
 |      ''/ノ ./ノ Ν  つ 
  |_冖__ .ィ/ // ノ 
 | }X /ミゝ/_ノ ,∠. 
 | 咒/{ ヘ=<.__.> 
 |:.   :|. V ヽ   \ 


一夏「・・・・・・」 

??「・・・っ!」バッ 

一夏「・・・よーし、怖くない、怖くないぞ」チョイチョイ 

??「・・・・・・」 

一夏「ほーら怖くないぞーおいでー」チョイチョイ 





24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:02:42.20 ID:GtlsVqnP0

 |-――-  、 
 |       \ 
 |`         \ 
 |   ヽ、___   ヽ 
 | \ミ ー―‐ '   '. 
 |  ヽ ― ミ|   |  | 
 |、  |\_|ヽ |   | 、 
  | \|. 丐ミk    、  \       
 |     ヒク }} ./ / ミΓ 
 |      ''/ノ ./ノ Ν 
  |_冖__ .ィ/ // ノ 
 | }X /ミゝ/_ノ ,∠. 
 | 咒/{ ヘ=<.__.> 
 |:.   :|. V ヽ   \ 

タタタッ 

一夏「おーよーしよし」ナデナデ 

??「へへ・・・えへへ」 

一夏「お名前は?」 

??「し、シャッピー・・・だよ」 





25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:06:41.30 ID:GtlsVqnP0

一夏「シャッピーか、シャッピーは他のと違ってなんか、可愛いな」ナデナデ 

シャッピー「えへへ・・・」 

                         __ 
                      ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ         -──‐  . 
    |`ヽ.     __      , {::{/≧===≦V/     /r‐v‐v‐v‐、  ヽ 
    |  ,>: :´: : : ト: : `丶、/  >:´:::::し::::::::::::::::`ヽ、  , ' / ̄ ̄ ̄ ̄| υ ',   
 __l_/: : / :  : |: :丶 : : : |γ::::::::::::::::::::::::::::::し::::::::ヽ./  /_____j 
 \  / : : { : : : : : 、 : : ヽ_//:::::::::::::::::::}i::::::::::::::::::::::::::/  /Y^Y^Y^Y^Y}     i 
   } / : !、ハ: : : : : : 〉∪: :l {{ ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::′ !,メ、_{ l| 厶斗|   ∪ |   
   Yイ: !/`V、 : /}メ._V\、ヾ|:::::::::|:::/`ト-}:::::/ _,X:j:::′{ | ◯ \{'  ◯′/  八 
    |从 ┃ `′┃ }: :}-ヾ:::::::::|V≧z !Ⅳ z≦/  Y “      “イ  /   、 
  n 厶イ “  -‐v、 “/ :リ ノ:∧::::ト “        “ ノ| /个 、_/エエヽ  ノ/   、 〉 
  と{ {} ト . _{     }_ 7:/゙´//:::::\ト ,_ )‐ _, ィ::〈 \|> 〉||下芥|>く<      lVヽ 





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:12:21.81 ID:GtlsVqnP0

ニクミー「なによそれ!ニクミーのが可愛いのに!」ゲシゲシ 

一夏「いでっ!」 

セッシー「セッシーですわ!」 

モッピー「モッピー知ってるよ。モッピーがなんだかんだ一番だって」 

ニクミー「このっ!シャッピーのくせに!」ゲシゲシ 

シャッピー「いたいっ!・・・うえええええんいちかぁーーー!!」ギュッ 

一夏「おーよしよし」ヒョイッ ナデナデ 

一夏「こら!蹴ったらダメだろ!」 

ニクミー「ふんっ!」 

シャッピー「あああああああああああああん!」 

一夏「よしよし」ナデナデ 

モッピー「モッピー別にうらやましくないよ。モッピー別に一夏に抱っこされたいなんて思ってないよ」 

セッシー「・・・・・・zzz」 





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:18:43.86 ID:GtlsVqnP0

一夏「とりあえずどうするか・・・お菓子でも食べるか?」 

モッピー「モッピー食べるよ」 

ニクミー「はやくしなさいよ!」 

一夏「確か戸棚に・・・ん?」 

ボリボリボリ 

一夏「ね、ネズミか!?」 

ガラッ 


        . -―――-  . 
      ≠    _      、 
     /    く <⌒      . \ 
    /  /    \\      ヽ. ヽ 
.    '   ′   、  \\.  ヽ  ヘ ' 
   |   |     |ゝ   \\  V } | 
   |   |.  T寸ー\ \ー< |  | 
   |   |  |丐弌ミ.\ヽ\\|  | ボリボリ 
   /   ハ.   |弋zリ    {ゝ__ノノ }.| 
.  /.イ   (ヘ   、''      ー―イ  /リ  ボリボリ 
 〃|    ヽ ミ.__∩_ . ィ ./ | 
 {{ .|     .>、斤{ヽ>r イ>. /// | 


??「しけたばかうけもまた美味い」ボリボリ 





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:26:43.48 ID:GtlsVqnP0

一夏「・・・また増えた」 

??「うまい・・・うぬにはやらんぞ?」 

一夏「俺のなんですけど」 

??「ぬぅ・・・ならば一つだけやろう」 

一夏「どうも」 

ニクミー「ちょとラオー!独り占めすんじゃないわよ!」 

モッピー「モッピー知ってるよ。ラオーは食い意地が張ってるって」 

シャッピー「いちか・・・抱っこして?」クイクイ 

一夏「おう」ヒョイッ 





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:31:02.42 ID:GtlsVqnP0

ニクミー「へっへーん、もらいー」ヒョイッ 

ラオー「ぬぅ!それはラオーのものだぞ!」 

モッピー「モッピーももらったよ」ヒョイッ 

ラオー「うぬら・・・北斗剛掌波!!」ドォォォン!! 

モッピー「うわーーーーーー!」ピューー 

ニクミー「にゃーーーーーー!」ピュー 

セッシー「・・・ぐぅ・・・zzz」ピュー 

ニクミー「よくもやったわね!」ヒュン 

ラオー「この動きは・・・トキ!」 

モッピー「モッピーもいるよ」シャオッ! 

ラオー「ぬぅん!これはレイの拳!?」 


一夏「あー全部なくなってる・・・また買ってこないとな」 

シャッピー「いちか、お菓子好きなの?」 





66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:37:25.67 ID:GtlsVqnP0

一夏「あぁ、そういや冷蔵庫にケーキがあったな」 

ラオー「なにっ!?」 

ニクミー「ケーキですって!?」 

モッピー「モッピーも食べるよ」 

一夏「北斗の拳ごっこはもういいのか?」 

ラオー「引かぬ!」 

ニクミー「媚びぬ!」 

モッピー「省みぬ!」 

セッシー「・・・zzz」 

一夏「よくわからんけどケーキ持ってくるから大人しく待っててくれよ。シャッピーも降りて」 

「「「「「はーい」」」」」 





74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 21:50:16.89 ID:GtlsVqnP0

一夏「大人しくケーキ食べてる姿は結構可愛いな」 



ニクミー「いちごもーらい」ヒョイッ 

シャッピー「ん・・・あぁ!か、返して」 

ニクミー「ふっふっふ・・・あーん」パクッ 

シャッピー「あっ・・・うえええええええええええんいちかぁー!」トタトタ 

一夏「ほら俺のやるから」 


セッシー「・・・zzz」 

ラオー「・・・」ヒョイッ 

ラオー「・・・美味い」モグモグ 

セッシー「んん・・・あれ?セッシーのケーキがありませんわ?」 

モッピー「モッピー知ってるよ。ラオーが食べちゃったって」 

セッシー「な、なんですって!ラオーさん、返して下さいまし!!」 

ラオー「・・・ゴグン。寝ているうぬが悪い」 

セッシー「むきー!!」






83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 22:05:47.48 ID:GtlsVqnP0

セッシー「ケーキの恨みですわ!北斗千手壊拳!」ヒュオッ 

ラオー「うぬの柔な拳など効かぬわ!天将奔烈 !」ドゴォッ! 

セッシー「あーーーーー!」 

一夏「前言撤回。ケーキくらい静かに食べられないのか・・・」 

一夏「そういやこいつらどうしよう・・・どうしようか。一人じゃ手に負えないし、助けを呼ぶか・・・」 


ガチャッ 

箒「一夏、こ、こんな時間に用とはなんだ?」 

        , -―――-  、                 ,  -―――-  、 
       ≠    _     \            /__        \ 
     /    く <⌒      . \       /  \  `        \ 
    /  /    \\      ヽ. ヽ       /       \   ヽ、___   ヽ 
.    '   ′   、  \\.  ヽ  ヘ '      ′   |.    \ミ ー―‐ '   ' 
   |   |     |ゝ   \\  V } |    |   . -―  ヽ ―- .|   |  | 
   |   |.  T寸ー\ \ー< |  |    | | | |_ へ.  |\_|ヽ |   | 、 
   |   |  |丐弌ミ.\ヽ\\|  |    | | 乂巧ミ \|. 丐ミk    、  \ 
   /   ハ.   |弋zリ    {ゝ__ノノ }.|.    /.∧. {{.ヒzリ     ヒzク.}} ./ / ミΓ 
.  /.イ  弋ヘ   、''      ー―イ  /リ   /ノヘ \} ''       ''/ノ ./ノ Ν 
 〃|    ヽ ミ.__∩_ . ィ ./ |      |   ヽ、. __冖__ .ィ/ // ノ 
 {{ .|     .>、斤{ヽ>rイ>. /// |      |∧. Ν.ィ´}X /ミゝ/_ノ ,∠. 
. 、 ハ   .// , ィ Ζ≧Xス.ヽ   ハ.       ヽγ{{ У咒/{ ヘ=<.__.> 


箒「・・・へ?」 





84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 22:06:58.00 ID:GtlsVqnP0

                        ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
  |`ヽ.     __      , -‐ ァ    {::{/≧===≦V:/          -──‐  . 
  .|  ,>: :´: : : ト: : `丶、/   ノ    >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、     /r‐v‐v‐v‐、  ヽ 
__l_/: : /  :: : |: :丶 : : : |   ∠   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    , ' / ̄ ̄ ̄ ̄|   ', 
\  / : : { : : : : : 、: : :\ : |_/ / //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   /  /_____j 
   } / : !、ハ: : : : : : 〉: : トゝ|  く| ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i  /  /Y^Y^Y^Y^Y}     i 
   Yイ: !/`V、 : /}メ._V\:ヽ:ヽ  j 、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l .′ !,メ、_{ l| 厶斗|     | 
   |从 ┃ `′┃ }: :}-、:/: : :|    ヾ::::::|.≧z !V z≦ /::::/′ { | ◯ \{'  ◯′/  八 
  厶イ “   -‐v、 “/ :リ ノ: イ:|   ∧::::ト “        “ ノ:::/! i  Y “      “イ  /   、 
   ト(\_{     }_ 7:// ̄)/: : !     (\    ー'   / ̄) | .| /(\   ー'   // ̄) 、 〉 
     | ``ー――‐''|  ヽ、: : |      | ``ー――‐''|  ヽ、| |   | ``ー――‐''|  ヽ、. | 
     ゝ ノ     ヽ  ノ | : |     ゝ ノ     ヽ  ノ |    ゝ ノ     ヽ  ノ | | 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

箒「・・・・・・」 

バタン 

一夏「お、おい箒!」 





91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 22:14:28.21 ID:GtlsVqnP0

一夏「おい箒!」 

箒「・・・今、お前の部屋に変なのがいた気がしたんだが・・・気のせいだな?」 

一夏「いや気のせいじゃない。俺にもなにがなんだか」 

箒「悪い冗談はよせ!どうせぬいぐるみかなにだろう!」 

ガチャッ 

モッピー「モッピー知ってるよ。モッピーはぬいぐるみじゃないって」 

箒「っ!?」 

一夏「こらモッピー、出てきちゃダメだろ!」 

ラオー「もっと食べ物はないのか」トテトテ 

箒「・・・しゃ、喋ってる・・・」 





96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 22:20:31.01 ID:GtlsVqnP0

一夏「すまん箒、とりあえず部屋に入ってくれ!」 

箒「あ、あぁ・・・」 



ラオー「ぬぅう」ボアアア 

ニクミー「ちょっとラオー!オーラ出すのやめなさいよ!暑苦しいでしょ!」 

箒「・・・・・・なんなんだ?」 

シャッピー「・・・・・・」ジィィィ 

箒「ん?」チラッ 

シャッピー「ひゃっ!」サッ 

モッピー「モッピー知ってるよ。箒は怖くないって」 

シャッピー「・・・ほんと?」 

モッピー「ほんとだよ」 

シャッピー「・・・・・・」チラッ 

箒「・・・ん?」ヒョイッ 

セッシー「ぐぅ・・・zzz」 




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 22:30:43.15 ID:GtlsVqnP0

箒「なんだこれは」グイッ 

一夏「セッシーだ。どうやら寝てばっかりらしい」 

セッシー「・・・んみゅ・・・zzz」 

箒「・・・なんなんだこいつらは?」 

一夏「わからん」 

シャッピー「ああああんいちかぁーーー!ニクミーがぶったあああああ!」トタトタ 

一夏「おっと、こんどはなんだ?」ヒョイッ ナデナデ 

ニクミー「すぐに言いつけんじゃないわよ!泣き虫!」 

一夏「この子がシャッピーで、すごい泣き虫。あっちはニクミー。怒りっぽいみたいだ」 

箒「・・・あの闘気出してるのは?」 

ラオー「こぉぉぉ」ボォォォ 

一夏「ラオー。食いしん坊で強い」 

モッピー「そしてモッピーだよ」 

一夏「モッピーは・・・なんかニヤニヤしててよく分らん」 

モッピー「っ!」 





119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 23:49:36.42 ID:GtlsVqnP0

箒「で、どうしてわたしを呼んだんだ?」 

一夏「俺一人じゃ手に負えないからだ」 

ギャーイタイイタイナニスンノヨギャーーワーーードタドタ 

箒「確かに・・・」 

一夏「一応みんな呼んだんだけど」 

ガチャッ 

セシリー「一夏さん!何の用で・・・」 
ラウラ「緊急事態か!?・・・」 
シャル「一夏なにかあった・・・」 



一夏「というわけで、みんな一人づつ預かってくれ」 





123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 23:53:44.76 ID:GtlsVqnP0

シャル「預かるっていったって・・・」 

一夏「頼む、流石にこれじゃ生活ができない。それに、なんかみんなそれぞれ似てる気がするだろ?」 

鈴「・・・確かに」 


    |`ヽ.     __      , -‐ ァ 
    |  ,>: :´: : : ト: : `丶、/   ノ 
 __l_/: : / :∪ : |: :丶 : : : |   ∠ 
 \  / : : { : : : : : 、: : :\ : |_/ / 
   } / : !、ハ: : : : : : 〉∪: トゝ|  く 
   Yイ: !/`V、 : /}メ._V\:ヽ:ヽ _j 
⊂   |从 ┃ `′┃ }: :}-、:/: : :| 
  n 厶イ “   -‐v、 “/ :リ ノ: イ:| 
  と{ {} ト . _{     }_ 7:/´ /: /: : ! 


ニクミー「なに見てんのよ!」 





130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 23:57:01.85 ID:GtlsVqnP0

セシリア「なんだか」 

          -──‐  . 
       /r‐v‐v‐v‐、  ヽ 
.       , ' / ̄ ̄ ̄ ̄| υ ',  つ 
      /  /_____j 
.     /  /Y^Y^Y^Y^Y}     i 
     ′ !,メ、_{ l| 厶斗|   ∪ |  っ 
    ′{ | ◯ \{'  ◯′/  八 
   i  Y “      “イ  /   、 
   | /个 、_/ ̄”ヽ  ノ/   、 〉 


セッシー「なんですの?」 

シャル「似てる気も」 


 |-――-  、 
 |       \ 
 |`         \ 
 |   ヽ、___   ヽ 
 | \ミ ー―‐ '   '. 
 |  ヽ ― ミ|   |  | つ 
 |、  |\_|ヽ |   | 、 
  | \|. 丐ミk    、  \  つ       
 |     ヒク }} ./ / ミΓ 
 |      ''/ノ ./ノ Ν  つ 
  |_冖__ .ィ/ // ノ 
 | }X /ミゝ/_ノ ,∠. 
 | 咒/{ ヘ=<.__.> 
 |:.   :|. V ヽ   \ 





133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 00:00:48.88 ID:Qj3Hxzhv0

ラウラ「するな」 

        . -―――-  . 
      ≠    _      、 
     /    く <⌒      . \ 
    /  /    \\      ヽ. ヽ 
.    '   ′   、  \\.  ヽ  ヘ ' 
   |   |     |ゝ   \\  V } | 
   |   |.  T寸ー\ \ー< |  | 
   |   |  |丐弌ミ.\ヽ\\|  |  
   /   ハ.   |弋zリ    {ゝ__ノノ }.| 
.  /.イ   (ヘ   、''      ー―イ  /リ   
 〃|    ヽ ミ.__∩_ . ィ ./ | 


ラオー「なんだ」 

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
           {::{/≧===≦V:/ 
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ 
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ 
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i 
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 
      ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/ 
       ∧::::ト “        “ ノ:::/! 
       /::::(\   ー'   / ̄)  | 
         | ``ー――‐''|  ヽ、.| 
         ゝ ノ     ヽ  ノ | 

箒「・・・・・・しない!!」 





140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 00:06:05.15 ID:Qj3Hxzhv0

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
           {::{/≧===≦V:/ 
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ 
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ 
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i 
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 
      ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/ 
       ∧::::ト “        “ ノ:::/! 
       /::::(\   ー'   / ̄)  | 
         | ``ー――‐''|  ヽ、.| 
         ゝ ノ     ヽ  ノ | 


一夏「そうか?結構似てると思うんだけど」 

モッピー「モッピー知ってるよ。モッピーと箒は似てるって」 

箒「似てない!!なんだその・・・そのニヤニヤ笑いをやめろ!!」 

モッピー「・・・・・・」シュン 

一夏「おい箒、モッピーが可哀想だろ」 

箒「そ、そんなこと・・・」 


シャル「シャッピーっていうの?おいでー」 

シャッピー「・・・」トテトテ 




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 00:13:49.50 ID:Qx+76vpp0

ラオー「おぉぉぉ・・・」ボォォォ 

ラウラ「ほう・・・中々鍛えているようだな。感心だ」 

セシリア「・・・一瞬にして膝の上で寝てしまいましたけど、これは懐いてくれているということですの?」ナデナデ 

セッシー「ぐぅ・・・zzz」 

鈴「ほら、抱っこしてあげるから来なさい」 

ニクミー「・・・ふんっ」ゲシッ 

鈴「いたっ、なにすんのよ!」グイッ 

ニクミー「うやっ!」バタバタ 

鈴「悪いことしたらお尻ペンペンって昔から決まってんのよ?」ベシン! 

ニクミー「あぅっ!ごめんなさいぃぃ!!」 


一夏「みんな懐いてくれてるみたいで良かったな・・・けど」 

箒「・・・・・・」 

モッピー「・・・・・・」 





160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 00:42:41.84 ID:Qx+76vpp0

箒「・・・・・・」 

モッピー「・・・・・・」 

箒「・・・・・・」 

モッピー「・・・・・・」キュムキュム 

箒「・・・どこに行くんだ」 

モッピー「モッピー知ってるよ。もともと不人気だから仕方ないって」 

箒「・・・」 

モッピー「モッピー平気だよ。慣れてるよ」キュムキュム 

箒「・・・待て」 

モッピー「・・・」 

箒「わたしとお前が似ているとは思わないが、部屋で寝るくらいはいいだろう」 

モッピー「・・・」 

箒「ほら、お前も来い」ポンポン 

モッピー「・・・」キュムキュム ポフッ 


一夏「・・・やっぱり似てると思うけどな、色々と」 





168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 00:53:54.56 ID:Qx+76vpp0

一夏「で、結局この不思議な生物がなんなのかは分らなかったけど」 

一夏「なんだかんだみんな仲良く暮らしてるようで」 


ラオー「北斗剛掌波!!」ドゴォォ 

セッシー「あーーーーーー!」ピュー 

ニクミー「うあーーーーーー!!」ピュー 

鈴「ちょっとラウラ!すぐ北斗神拳使うのやめさせなさいって言ったでしょ!」 

ラウラ「そうは言っても、強者とはこうあるべきだと」 





173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 01:03:21.90 ID:Qx+76vpp0

モッピー「・・・」ニヤニヤ つバナナの皮 

シャッピー「・・・」ツルッ 

シャッピー「あやっ!・・・うええええええええええしゃるーーー!!」トテトテ 

シャル「よしよし、どうしたの?」ナデナデ 

シャッピー「転んだよぉーーああああん!」 

箒「こらモッピー!」 

モッピー「モッピー悪くないよ。ただバナナの皮置いただけだよ」 

箒「まったく・・・どうしてお前はいつもシャッピーにいじわるするんだ?」 

モッピー「モッピー知ってるよ。人気があるように見えて、ニワカが流行に乗ってるだけだって」 

モッピー「だから1年もすれば人気は逆転するって、モッピー知ってるよ」 

箒「よくわからんが・・・ひねくれてるってのは顔から伝わってくるな」 

モッピー「・・・」ニヤニヤ 





180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/10(金) 01:11:24.74 ID:Qx+76vpp0

と、いうわけで、騒がしかった学園生活がさらににぎやかになりました 



劇終 



終わりだ。じゃあの。 





128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/09(木) 23:56:42.69 ID:5YdFrBpa0

         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
           {::{/≧===≦V:/ 
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、 
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ 
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i   
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/ 
       ∧::::ト “        “ ノ:::/! 
       /:::::\ト ,_ ー'  ィ::/::| 
        /         ::::i \ 
       /  /       ::::|_/ 
       \/          ::| 
          |        :::|  キュム 
          i     \ :::/     キュム 
          \     |::/ 
            |\_// 
            \_/




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。