スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティファ「ガロード、抱いて」 

カテゴリ:未分類

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:11:50.30 ID:FE+WfaYKO
ガロード「へ?」 

ティファ「抱いて」 

ガロード「抱いてって……」 

ティファ「お願い……ガロード」 

ガロード「な、なんだかよくわからないけど……こ、こうかな……」ギュッ 

ティファ「……///」 

ガロード「な、なんだか照れちまうな……へへ」 
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:16:02.15 ID:FE+WfaYKO
パッ 

ガロード「あれ?」 

ティファ「もういい……ありがと、ガロード……」 

ガロード「う、うん……」 

タタタタタ…… 

ガロード「なんだったんだぁ……?」 




白イルカ『よう、どうだった?嬢ちゃん』 

ティファ「とても……温かかったです」 


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:18:37.79 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『ほーう!ほう、ほう!あのガキの子種をたっぷり注いでもらったっつぅわけかい!』 

ティファ「こだね……?」 

白イルカ『あのガキのイチモツを嬢ちゃんのオメコにズッポシヤっちゃったんだろ?』 

ティファ「……?」 

白イルカ『……まさか、言葉通り……』 

ティファ「抱いて、もらいました」ニッコリ 

白イルカ『ズコー』 


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:20:35.10 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『嬢ちゃん……そりゃあないぜ……』 

ティファ「いけなかったのでしょうか……?」 

白イルカ『ガキもガキだよな……女が抱けっつったらヤることはひとつだろ……』 

ティファ「あの、抱くとは……何か別の意味があるのでしょうか」 

白イルカ『あるも何も、ありまくりだっちゅーの!』 


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:21:21.31 ID:O+VxE7YX0
やっぱりこうなるかwwwww 


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:22:17.37 ID:jwn+jWNI0
白イルカこんな奴だったのかwwwww 


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:25:09.29 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『いいかい嬢ちゃん、抱くっていうのは確かにハグという意味もある』 

ティファ「ハグ……」 

白イルカ『だがなぁ……世間一般的に言って、抱くとはセックスを意味するんだよ』 

ティファ「せっ……?」 

白イルカ『リピートアフターミー、「セックス」』 

ティファ「セックス」 


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:28:09.54 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『良い発音だ、ならば教えよう、セックスの全てを!!』 

ティファ「お願い、します」 

白イルカ『ところで、赤ちゃんはどこから来るか知ってる?』 

ティファ「月からのマイクロウェーブが運んできます」 

白イルカ『月すげぇな、じゃなくて……こいつは骨が折れそうだぜ……』 


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:30:54.23 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『まず、男と女の違い、わかるか?』 

ティファ「……?」 

白イルカ『これがあるかないかで、男か女かがわかる』 

ティファ「ニュータイプ能力……?」 

白イルカ『アホか、男にもニュータイプ能力者はいるっちゅーの?』 

ティファ「……」 

白イルカ『……男の裸って、見たことない?』 

ティファ「はい」 


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:34:00.24 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『……ああ、ダメだ、ここまでだと言葉で教えているとキリがねえな』 

ティファ「ごめんなさい」 

白イルカ『いや、いいんだ……この時代、まともな教育を受けられるなんてことはないだろうし……』 

ティファ「それで、どうすれば……?」 

白イルカ『こっちゃ来なさい、そして……』 


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:36:12.47 ID:FE+WfaYKO
―――――――― 

ジャミル「ガロード」 

ガロード「ジャミル」 

ジャミル「ティファを知らないか?」 

ガロード「ティファなら、さっきまでここにいたよ」 

ジャミル「何?」 

ガロード「なぁんかおかしな感じだったんだ」 

ジャミル「おかしな、とは?」 

ガロード「急に抱いてって言ってきて……」 

ジャミル「何ィ!?」 


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:38:55.99 ID:FE+WfaYKO
ジャミル「そ、それでお前は抱いたのか!?」 

ガロード「抱いたよ、ティファの頼みだもんな!」ニカッ 

ジャミル「Oh……」 

ウィッツ「なんだどうしたんだ?」 

ロアビィ「急にでかい声出すから何事かと思っちゃったよ」 

ジャミル「ガロード……お前…………」 

ウィッツ「?ガロードがどうしたんだ?」 

ジャミル「ティファを……抱いたらしい……」 

ウィッツ「な、何だって!?」 

ロアビィ「そりゃホントかい?ガロード」 


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:43:51.89 ID:FE+WfaYKO
ガロード「ああ」 

ウィッツ「お前…………」 

ロアビィ「まぁ、いいんじゃない?」 

ジャミル「良くない!」ガタッ 

ウィッツ「どうしたんだよジャミル」 

ジャミル「避妊はしたのか!?」 

ガロード「ヒニン?ヒニンって何?」 

ジャミル「してないのか!?」 

ガロード「そもそも俺、ヒニンなんて知らねえよ!」 

キッド「おお!ガンダム坊やはお盛んだねぇ!」 


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:47:11.27 ID:FE+WfaYKO
ガロード「キッド!?いつの間に!」 

キッド「さっきからいたっつぅの」 

ジャミル「ガロード!私は確かに何も考えずに走れと言った、だがセックスにかけて何も考えずに走れとは言ってないぞ!!」 

ガロード「セックス?セックスって……何?」 

ジャミル「え?」 

ウィッツ「え?」 

ロアビィ「え?」 

キッド「え?」 


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:49:59.04 ID:FE+WfaYKO
ジャミル「セックスを……知らないのか?」 

ガロード「俺、ずっと一人だったし……」 

ウィッツ「な、なるほど……」 

ロアビィ「確かに、ガロードがそんなこと知ってるような奴じゃなかったよね……」 

キッド「ちぇっ、つまんねーの」 

ガロード「な、なんだよ!?セックスを知らないだけでこんなに責められなくちゃいけないのか!?」 

ウィッツ「ジャミル……」 

ジャミル「分かった……ガロードには私の方から教えておく」 

ロアビィ「それがいいよ、やれやれ無駄骨だよ」 

キッド「ホント、期待外れだよ……」 


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:52:39.06 ID:FE+WfaYKO
ガロード「なぁ、ジャミル、セックスって何だよ」 

ジャミル「教えて欲しいなら、教える」 

ガロード「俺……ティファに抱いてって言われた時、どういうことかわからなくて、ただ抱きしめてあげることしかできなかった、俺がバカだったから……」 

ガロード「だから、俺……今度こそティファの力になりたいんだ!!」 

ジャミル(超複雑な気分、でも教えないわけにはいかないか) 


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:57:35.66 ID:FE+WfaYKO
ガロード「なぁ、ジャミル」 

ジャミル「……月は出ているか?」 

ガロード「え?」 

ジャミル「月は出ているかと聞いている!」 

ガロード「で、出てるけど……」 

ジャミル「ならば、今こそ抱くがその真の意味を為す時間だ」 

ガロード「え?」 

ジャミル「いわゆる……子作りだ」 

ガロード「子……?赤ちゃんのことか?」 

ジャミル「そうだ」 

ガロード「赤ちゃんって、ガンダムが運んでくるんじゃなかったのか!?」 

ジャミル「ガンダムが運んでくるのは戦争だ」 


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 22:59:37.48 ID:KldGc13h0
ジャミルいいこと言うなw 


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:00:01.39 ID:FE+WfaYKO
ガロード「そっか……抱くって、子作りのことだったんだな……って」 

ガロード「まさか…………ティファは、俺と子作りをしたかったのか!?」 

ジャミル「そういう…………ことになる」 

ガロード「…………」 

ガロード「ええええええええええええええええええええッ!?////」 

ジャミル「全くけしからん」 

ガロード「ティファとこ、子作り……ティファの赤ちゃんか……かわいいんだろうなぁ///」 

ジャミル「爆発しろ!」 


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:04:16.64 ID:FE+WfaYKO
ガロード「よぉし……抱くの意味が子作りってことなら、今度こそティファにちゃんとやってあげなくちゃな!」 

ジャミル「ま、待てガロード!今は……!」 

テクス「思春期特有の暴走は、誰にも止められんよジャミル」 

ジャミル「テクス……!」 

テクス「それに、いつかは知る、いや……知らなくてはならない知識だ」 

ジャミル「それはそうだが……!」 

ガロード「俺、ティファを探しに行ってくる!」ダッ 

テクス「待つんだ」 


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:07:54.20 ID:FE+WfaYKO
ガロード「な、なんだよ」 

テクス「これを持っていけ」ポイッ 

ガロード「!これは……?」 

テクス「コンドームだ」 

ガロード「コンドーム?」 

テクス「暴走は、思春期の少年にのみ許されている特権だ、しかし、その暴走が取り返しのつかない過ちを起こしてしまうこともある」 

テクス「思春期は半分子供だが、もう半分は大人だ、大事なのは、暴走しつつ、それを防ぐ方法を知ることだ」 

ガロード「その方法が、これ?」 

テクス「そうだ」 


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:12:33.56 ID:FE+WfaYKO
テクス「行け、ガロード」 

ガロード「……うん、ありがとう!テクス!」 

ジャミル「ガロード……私からはもう何も言わない、だが、言えることがあるなら、一つだけだ」 

ジャミル「銃爪(ひきがね)はお前が引け」 

ガロード「よくわからないけど、ありがとうなジャミル!」タタタタタッ 


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:14:59.10 ID:FE+WfaYKO
―――――――― 

ガロード「ティファー!」 

ガロード「ティファ!どこだ!?」 

白イルカ「キュー」 

ガロード「あ!こいつは……あの時の白イルカ!」 

白イルカ「キュキュッ」 

ガロード「何て言ってるのかわかんねえ……どうすればいいんだ?」 

白イルカ「キュキュン」スイーーッ 

ガロード「……まさか、着いてこいって言ってるのか?待ってくれ!」ザブーン ザバザバ 


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:16:37.20 ID:FE+WfaYKO
―――――――― 

ガロード「ぷはっ!」バシャ 

白イルカ「キュー」 

ガロード「こんなところにまで……ティファが、ここにいるのか?」 

白イルカ「キュキュッ」クイッ 

ガロード「え?あっちに何かあるのか?」クルッ 


ガロード「あ……あ!あれは……ティファ!!!!」 


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:18:09.38 ID:FE+WfaYKO
ガロード「ティファ!探したぞ!」 

ティファ「ガロード……」 

ガロード「ティファ?ティ……うわ!は、裸!?///」 

ティファ「ガロード……私を見て……」 

ガロード「ティファ……!?」 

ティファ「ガロード………………『抱いて』…………」 

ガロード「…………!」 


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:20:04.09 ID:FE+WfaYKO
ガロード「ティファ……」 

ティファ「ガロード……」 

ガロード「その抱くって……子作り、ってことで……いいのか?」 

ティファ「!……うん」 

ガロード「ティファは、俺と子作りがしたいんだな……」 

ティファ「……うん///」 

ガロード「……わかった、俺……頑張るよ、ティファの頼みだもんな」ニコッ 

ティファ「……///」 


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:22:34.66 ID:FE+WfaYKO
ガロード「あ……!」 

ティファ「どうしたの?ガロード」 

ガロード「抱くの意味はわかったけど……お、俺……肝心のやり方を知らなかった……!」 

ティファ「え……」 

ガロード「ご、ごめん、ティファ!俺……またやっちまった……」 

ティファ「……くす、大丈夫、ガロード……私が導きます」 

ガロード「ティファ……ごめんな」 

ティファ「大丈夫……ガロードは変わらない、ずぅっと」 

ティファ「そんなガロードが好き、だから、私はずぅっとガロードが好き」 


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:25:24.18 ID:FE+WfaYKO
ティファ「ガロード……服、脱いで」 

ガロード「あ、ああ」 

ティファ「あ……待って」 

ガロード「え?」 

ティファ「やっぱり、私が脱がしてあげる……」 

ガロード「え!?」 

ティファ「バンザーイ」 

ガロード「あ、ああ……///」 

ガロード(こんな積極的なティファ……は、初めてかもしれない……) 

ティファ「下も……」 

ガロード「う……た、頼むよティファ……」 

ティファ「うん……」 

スルスル…… 


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:28:45.34 ID:FE+WfaYKO
ボロンッ 

ティファ「きゃ……///」 

ガロード「うわ……!」 

ティファ「大きい……」 

ガロード「て、ティファ……!」 

ティファ「大丈夫……」 

ティファ(確か……) 

―――――――― 

白イルカ『白イルカ式セックス講座ぁー拍手!』 

ティファ「はい」パチパチパチ 

白イルカ『イルカは前戯のあるセックスをするそうですね、ではそういうわけでまずは前戯から教えちゃいます』 


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:31:59.76 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『まずはフェラを覚えましょう!』 

ティファ「ふぇ……?」 

白イルカ『簡単に言えば、相手のポコチンを舐めてあげるんだよ』 

ティファ「ポコチン?」 

白イルカ『そこからだったなそーいや……』 

―――――――― 

ティファ(ガロードのこれを……舐める……///) 

ティファ「えー……」ソォー 

ガロード「ティファ?顔を近づけて……何するつもり……」 

ティファ「あむ……」パクッ 

ガロード「うひぃ!?」 


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:34:55.20 ID:FE+WfaYKO
ガロード「てててててててててててててててティファ!?」 

ティファ「む……あむ」ピチャピチャ 

ガロード「うああ……!」 

ティファ「ガロード……気持ち良い?」 

ガロード「え?……なんかわからないけど……すごいんだ……!」 

ティファ「ふふ……感じてる……ガロードが……ガロードが感じてるのを……感じます」チロチロ 

ガロード「うひぃ……!」 


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:37:46.51 ID:FE+WfaYKO
ガロード「ああっ……ティファぁ……!」ガクガク 

ティファ「んぇ……ガロード、出そう?」 

ガロード「あ、ああ!何か……来る……!」 

ティファ「ガロードの……子種……」ペロッ 

ガロード「うあああ……!」 

ティファ「ください……!」ジュポジュポ 

ガロード「て、ティファぁぁ……!!」ビュクンッ 

ティファ「――!んむ……!」 

白イルカ『さしずめ、子種のサテライトキャノンってとこやな』 


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:36:26.78 ID:GrHDerlu0
お、俺のサテライトキャノンにもマイクロウェーブが来るぞおお! 


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:41:01.06 ID:FE+WfaYKO
ガロード「うああああ……!!」ガクガクガク 

ティファ「んむ……ごくっこく……」 

ガロード「!?ティファ!?の、飲んでるのか!?」 

ティファ「こくっ……はい……」 

ガロード「そ、そんなの……!」 

ティファ「大丈夫です……ガロードのだから……」ニコッ 

ガロード「ティファ……///」 


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:43:00.85 ID:FE+WfaYKO
白イルカ『ようやったな、お嬢ちゃん』 

ティファ(はい……私、ちゃんとできていたでしょうか……) 

白イルカ『100点満点だったぜ』ニッコリ 

ティファ(良かった……) 

白イルカ『じゃ、次は』 

ティファ(本番……ですね) 


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:46:00.38 ID:FE+WfaYKO
ティファ「ガロード……」 

ガロード「て、ティファ?」 

ティファ「ガロード……仰向けになって」 

ガロード「わ、わかった……」 

ティファ「ありがとう……じゃあ……」 

白イルカ『!待ちなお嬢ちゃん!』 

ティファ「え……?」 

ガロード「ど、どうしたんだよティファ」 

白イルカ『こいつ……なるほど、誰にもらったかわからないが、用意がいい』ニヤリ 

ティファ(……?) 

白イルカ『そいつの脱いだ服のポケットに、箱があるだろ?それを取るんだ』 

ティファ「これ……?」 

ガロード「あ、それ、テクスにもらった……」 


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:48:49.42 ID:FE+WfaYKO
ティファ「これは……?」 

白イルカ『コンドームだ、避妊に使う』 

ティファ(避妊?) 

白イルカ『赤ん坊はまだ早いってことだ、今は……な』 

ティファ(どうすれば……) 

白イルカ『つけてやりな、ガキのポコチンに……そうだな、口でつけてみんさい』 

ティファ「口で?」 

ガロード「ティファ?さっきからどうしたんだ?」 

ティファ「動かないで」 


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:50:15.58 ID:FE+WfaYKO
ティファ「よいしょ……」 

ガロード「わ、わ!!」 

ティファ「うむ……難しい……」クイッ クイ 

ガロード「うあああ……!///」 

ティファ「ガロード?」 

ガロード「だ、大丈夫!」 

ティファ「?」クイクイッ 

白イルカ『エロいな』 


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:53:06.59 ID:GrHDerlu0
>白イルカ「エロいな」 

おまえ…そこかわれ 


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:52:36.45 ID:FE+WfaYKO
ティファ「うん……できた」 

ガロード「コンドームってこう使うんだな……ティファ、よく知ってたな」 

ティファ「勉強しました、ガロードの為に」 

ガロード「て、照れるな……///」 

白イルカ『じゃあ、教えた通りに』 

ティファ(はい……) 

ティファ「ガロード、動かないで、そのままでいてね」 

ガロード「わ、わかった」 


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:55:08.14 ID:FE+WfaYKO
ティファ「ん……」クチュ 

ガロード「おお……!?」 

ティファ「んん……!」ズズ…… 

ガロード「お、俺のが……ティファに入っていく……!」 

ティファ「ふー、ふー……」 

白イルカ『そうだ、焦るな』 

ティファ「ふー……んん!」ズンッ 

――――プツンッ 


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:56:52.68 ID:FE+WfaYKO
ティファ「くぅっ……!」 

ガロード「ティファ……?」 

ツゥ…… 

ガロード「!?血……!?ティファ!大丈夫か!?」 

ティファ「大丈夫……でも……すこし、このまま……」 

ガロード「あ、ああ……」 

ティファ「ふぅ、ふぅ……ガロードはそのままで、私が……動きます」 

ガロード「む、無理するなよ」 


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 23:58:45.04 ID:FE+WfaYKO
ティファ「ん……」ズッ ズッ 

ガロード「おおお……!?」 

ティファ(まだちょっと痛い……)ジンジン 

ガロード「なんだこれ……!?うあ……!!」 

ティファ(でも、ガロードが気持ち良いのなら……)ズッ ズッ 

ガロード「き……気持ち良い……!!」 


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:01:39.71 ID:wrDTT7Y3O
ティファ「ふっ……ん……」ズン ズン 

ガロード「ティファ……!気持ち良いよ……!」 

ティファ「んっ、んっ、私も……なんだが、変な……」 

白イルカ『それが、気持ち良いだよ』 

ティファ「気持ち良い……」 

白イルカ『愛する者の手に抱かれる、女の幸せは、遠くにあるようで、身近にある』 

ティファ「ガロード……」 

白イルカ『でも、なかなか気づけない、君たちは気づけた、だから幸せだ』 

ティファ「ガロード……!」ズン ズンッ 


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:03:23.83 ID:wrDTT7Y3O
ガロード「ティファ……俺ぇ……!」 

ティファ「ガロード……!いいよ……出して……出してください……!」 

ガロード「ティファ、ティファぁ……!」 

ティファ「ガロード……ガロード……!」 

ガロード「ティファぁ……っ!」ドクンッ ビュクッ ビュク 

ティファ「ふぁぁぁあっ///」 


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:05:42.53 ID:wrDTT7Y3O
ティファ「すごい……ガロードが、中でピクピクいってる……」 

ガロード「はぁ、はぁ、はぁ……!」 

ティファ「ん……」ズッ 

ガロード「はぁぁ…………」 

ティファ「すごい……コンドームの中、いっぱい……」 

白イルカ『飲んじゃえ』 

ティファ「!///……はい」スルスル 

ガロード「うわ……」 

ティファ「んぇ……」トロッ 

ガロード「!!!!」 

ティファ「ん……おいし……」コクン 


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:08:52.51 ID:wrDTT7Y3O
ガロード「ティファ……ティファ!」ギュッ 

ティファ「きゃっ……!」 

ガロード「俺……バカだし、力もないけど……!」 

ガロード「ティファのこと、守ってみせる!ティファが大好きだから!」 

ガロード「ティファ、俺……ずぅっと側にいるよ!!」 

ティファ「……約束、してくれる?」 

ガロード「約束する!!」 

ティファ「ずぅっと側にいてくれる?」 

ガロード「いる!!!俺はティファとずぅっと一緒にいる!!!!」 

ティファ「ありがとう……ガロード……好き、大好き……」 


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:11:19.19 ID:wrDTT7Y3O
白イルカ『見ていて胸焼けしそうだぜちくしょう』 

ジャミル『君もそう思うか』ザッ 

白イルカ『あんたは……ふっ、そうかい、あんたも……』 

ジャミル『あの二人は、この戦後の時代の希望だ』 

白イルカ『ああ、だから……』 

ジャミル『私たちが、守ってやらねばならん』 

白イルカ『へっ……まだまだ死ねねえや』 

ジャミル『私たちは、やらねばならないことがある』 


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:14:49.70 ID:wrDTT7Y3O
ティファ「見て、ガロード」 

ガロード「ん?」 

ティファ「月が、とってもきれい」 

ガロード「本当だ……きれいだな」 

ティファ「……これからも、ガロードといっしょに、この月を見られる……」 

ガロード「ああ、いっしょに……」 

ティファ「ガロード……」 

ティファ「ティファ……」 


この先、ガロードとティファの行く手に、様々な困難が待ち受けていても 
きっと、乗り越えていけるはず 
なぜなら…… 
月はいつでもそこにあるのだから 

BGM:銀色HORIZON 
 


終わり 


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:16:12.41 ID:jTnQJMu/0
乙うう!誰か砂糖回収班呼んでこい! 


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:16:22.40 ID:4+liiYkh0
乙 
コーヒーを入れよう 


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:16:26.61 ID:Bh1HSIJt0
乙 

銀色-ホラーイゾォーン 


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:17:09.74 ID:tQ+LLuMr0
乙 
とりあえずコーヒーくれ 


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:20:31.71 ID:s/5fj1oL0
無題


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:23:06.72 ID:PJWW54mX0
乙 

>>121 
ティファはガロードの嫁 


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:28:33.40 ID:7SoUbjGZ0
ティファにキスする場面は興奮した、子供だったのに 




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/13(火) 00:20:56.82 ID:wrDTT7Y3O
超絶誰得おまけ 

シャギア「どうだオルバよ」 

オルバ「兄さん……いいよ……すっごく……」 

シャギア「私の愛棒は……」 

オルバ「凶暴だね……っん……///」 



終われ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。