スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏子「くんくん…私におうかなぁ…」 

カテゴリ:まどかSS


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:23:46.65 ID:YGN/k/Va0
杏子「はぁっ…はあっ…これで終わりか」 

杏子「チッ…最近使い魔ばっかでくたびれ損だぜ」 

杏子「お風呂入りてぇ…動いてばっかりだし…ベタベタする」 

さやか「あっ、杏子!」 

杏子「遅いぞさやか。もう私が全部やってやったぞ」 

さやか「へぇー、やるじゃん!」 

杏子「お、おう…まあな。へへっ」 

さやか「私の出番はナシかぁ~。仕方ない、帰るよ」 

杏子「あっ、ちょっと待った」 

さやか「なに?」 

杏子「あのさ…私…におう?」 


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:27:42.09 ID:YGN/k/Va0
さやか「 」 

杏子「おっ、おい!こっちだって恥ずかしいんだかんな!答えろよ!」 

さやか「あ、いや…えっ?」 

杏子「だから、私って…あ、その…くしゃい…かな…?」 

さやか「あ…えっと…」 

杏子「なんだよ…」 

さやか「ちょっと…わかんない…かな」 

杏子「……」 

さやか「いやあ…」 

杏子「…ああもう!ほら!どうだ!これで!」ギュウウウ 

さやか「わぷっ…!?」 

11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:31:56.80 ID:YGN/k/Va0
杏子「あっつ!息…そんなっ…ふぅふぅするなよ…!」 

さやか「んー!んー!くんくん…」 

杏子「うわぁぁ…」 

さやか「ぷはっ!」 

杏子「ひゃ…」 

杏子「ど…どう…だ?」 

さやか「いきなりなにすんのよ!!」 

杏子「わ…悪ぃ…」 

さやか「びっくりしたじゃない…もう…」 

杏子「それで…」 

さやか「あ…うん…。えっと…なんていうか?まあ…」 

杏子「…」ドキドキ 

さやか「すっ…ぱい…かな…みたいな…?」 

杏子「 」 

15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:33:26.19 ID:IT8Pipyz0
         さやか⌒  ヾ 
     r/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、 ヽ 
     /. ノ(  (゚ッ)/  ̄ ̄~ヽ ヾ 
    /  ⌒     ト、.,..    \丶。 
   彳、_      |  ∴\    ヽ 
    | ) r‐      /  ノ( \\  |∴  
     |           ⌒|⌒ ヽ ヽ  | 。o 
   ノ(           /    | |  / 
     .⌒      /    ヽ|/゙U 
           /     u 

16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:33:42.60 ID:uIyEdTeE0
フヒヒ… 

17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:36:27.74 ID:LBLQ43E6O
異臭あんこちゃんぺろぺろ 

18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:37:54.76 ID:YGN/k/Va0
杏子「…っ…っ…」プルプル 

さやか「い、いやべつに!嫌なにおいとかじゃ全然ないよ!?」 

杏子「ぅ…」 

さやか「き…杏子…?」 

杏子「しねえーーーー!」ダッ 

さやか「ちょ、ちょっと!待ちなさいよ!」 

杏子「しねっ…しねっ…ううっ…」 

杏子「すっぱいってなんだよ…そんな…うっ…」 

杏子「はぁ…はぁ…。くそぅ…また走っちまった…」 

杏子「くんくん……」 

杏子「ちゅっぱ!」ベ- 

杏子「うう…すっぱい…あうう…」 

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:39:14.66 ID:t7hRSQ0M0
              |:::::::::::::/::::::ヽ V  , -─‐. 、 
           ,. . .┴─十‐-. 、:::::!i/.--x二_ヾ、 
         ., イ:_: : : : : : : : : : : : ` ヽ 、::::::::::\: : :`丶、 
       , --': :/:ヽ: : : : : :_: : : : : : : : : `ヽ、:::::::ヽ、: : : : ヽ 
     /: : : /: : : : \ ,イ ヽ: : : : : : : : : : : :ヽ::::::::::`-ァ: : : :ヽ 
    ./: : : /: : : : :, -┐ : : : : V: : : : : : : : : : : :V:::::;/: : : : : : ヽ 
    /:,: : :Y: :,イ/  !: : : : : : } ‐---i: : : : : : : :V": : : : : : : : ヾ、 
   /イ : : i: / /"    !イ: : : : : i: : : : : :V: : : : : : :i: : : : : : : : : : :ハ 
   /"i: : : !:x、    / -!-x ハ:.!: : : : : : i : : : : : : i: : : : : : : : : : : :ム 
    .!,! : i!{.!r,ヽ   /  !: :/`ヽ!:i : : : : |: : : : : : :八 : : : : : : : ヽマ: i 
    '八: ! i:::!     _廴'_/ i!: : : : :!: : : : : :/ : : _: : : : : : : ハマ:i 
     !ヾ. ゝ'      ,う示`ヽ!: : : : :i__ : : /: : : :! ヽ、: : : : : Vノ 
     人"" ,     i:::::::リ './: : : ,イ! i /: : : : : :|  \: : : : _:!       ., 、 
       \  _    `- ' ,/: : :/ , ノ': : : : : :; イ '   ` <!ヽ-──ァ ./ ノ 
        ヽ i.ヽ     / - '_ , イ.i:ト: : : Y/        , -、 ム.'  / .__   __ 
         ヾ'__    イ/   !`.T .Y -i ●        ヽ V    '‐' ノ  / i ,、 
         /   rヽ、 ,./" _  マム `ゝ! ,     ●   ヽ ヽ   _∠  /  .!,/. } 
         i   {::` ヽ,、,/::::::::}  マム   .`ゝ、_ ,  _   ∧  ヽ .∧/ /  !" .i 
         !   .i!::::::::{::::}:::::::::::::{  マム      ` ヽ(_r__ヽ._ノ i!ヽ ヽ~ !i  ./    ./ _ 
         .!   !{::::::::ゝ' 、:::::::i   マム     _   / ⌒ヽ、ヽ  !i_i !-.'     / "ノ 
         .i   ! ゝ '  i !` ‐┘   マム─ < __∠. --   ヽ ヽ .ヽ.!.i      ./ 
          !  !    ! .i  , --、_マム  ,/          ,イ ` -!i__  イ 
          ヽ !     Y, イ _/ ヽ>` --< ヽ        ./!: ヽ、!i i ! ._ 

25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:43:12.48 ID:YGN/k/Va0
翌日 

QB「やあ杏子、こんなところへ呼び出して、どうしたんだい?」 

杏子「…頼みがある」 

QB「なに?」 

杏子「この…よっと…魔法少女に変身した後の装備だけど」 

QB「活動的で、実に君らしくていいじゃないか。似合ってるよ」 

杏子「そうじゃねぇ!このカッコ!変えてくれよ!」 

QB「どうしてだい…?」 

杏子「いや…ほら…なんか、腋とかでてるし…ええと、あ、そうだ恥ずかしいんだよ!」 

QB「恥ずかしい?どうして?腋が見えると恥ずかしい理由があるのかい?」 

杏子「あ…あるんだよ!とにかく変えろ!」 

QB「腋が隠れれば満足なのかい?仕方ないなぁ」 

29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:49:30.19 ID:YGN/k/Va0
さやか「たぁっ!!」 

さやか「よし!これで最後だ!」 

杏子「よ…よう…」 

さやか「あっ、杏子!?えっと…あの…」 

杏子「いいよ、もう」 

さやか「へっ…?」 

杏子「ほら、どうだこれ!QBに頼んで長袖にしてもらったんだ!これでもう…」 

さやか「杏子…あんた…」 

杏子「な、なあさやか!だから、このカッコなら近くで…あ、いや…あの…一緒に戦ってもいいだろ?」 

さやか「あんた何言って…」 

杏子「これならしゅっ…すっぱいの気にならないだろって言ってんだよ!バカ!」 

さやか「(噛んだ…)」 

さやか「じゃなくて…バカはあんたよ!バカ杏子!」 

32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:54:21.06 ID:YGN/k/Va0
杏子「なんだと!?」 

さやか「だから、バカはあんたのほう!別ににおいとか気にしてないよ」 

杏子「!!…だ、だってお前…すっぱいって…」 

杏子「だから一緒に戦うの嫌だと思って…それで…」 

さやか「もしかして、私が遅れて登場するのは、あんたと戦いたくないからだと思ってたの?」 

杏子「う…うん」 

さやか「はぁ…まったく、杏子ってほんとバカっ」 

杏子「なに…っ?」 

さやか「そんなの気にしてないよ!すっぱいって言ったのは、その…」 

さやか「いいニオイって意味で…えっと…」 

杏子「さやか…?」 

37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 00:58:54.72 ID:YGN/k/Va0
さやか「あーもう!とにかく!あんたのこと避けてなんかないからね!」 

さやか「それに…私だって…ほら、袖ナシの格好だし…運動したらそれなりに…ね?」 

杏子「うっ…うう…」 

さやか「な、なに泣いてんの!ホラ!しっかりしなさいってば!」 

杏子「ざやがぁぁぁ…!」ウワァァァン 

さやか「おーよしよし、帰ったら一緒にお風呂入ろ、ね」 

杏子「うん…うわぁぁぁん…」 

さやか「まったくもう…妹か!」 

杏子「…ねぇ、さやか?」 

さやか「なに?」 

杏子「すっぱい」 

さやか「…」 


end 

39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:01:05.69 ID:+ixDyWNw0
乙 

41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:01:48.81 ID:jQcKcOH20
パンツ円環の理に導かれた 

47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:07:14.85 ID:YGN/k/Va0
ちゃぽん 

さやか「ふいー…いい湯だ…」 

杏子『さやかあ…』 

さやか「お、早く入ってきなよー」 

杏子『う…うん…』ガララッ 

さやか「ほほう…」 

杏子「な、なんだよ…」 

さやか「引き締まったボディですなあ」 

杏子「へっ…ヘンタイ!」 

さやか「まあまあ…」ピトッ 

杏子「ひぅっ!?」 

さやか「洗いっこ、しないとねぇ」 

杏子「あわわ…」 

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:12:59.32 ID:YGN/k/Va0
さやか「このミルキー石鹸ね、すごくきもちいんだよ。ほら」ニルッ 

杏子「ひっ…くすぐったいぞ…おい…」 

さやか「逃げちゃダメだよ。すっぱいの、嫌なんでしょが」ニュッニュッ 

杏子「うう…腋は…自分でするから…ぁ」 

さやか「まぁまぁ、まかせなさいって」ヌコッヌコッ 

杏子「いひひっ!ちょっ…タンマ!タンマ!うひゃぁ!!」 

さやか「ほらあー、キレイキレイしましょうねー」 

杏子「んひぃぃっ!やめっ…ちょっ…あ…ッ!!」 

さやか「ほらほらー!もっとやっちゃうぞ…って、杏子?」 

杏子「 」ピクピク 

61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:17:26.10 ID:YGN/k/Va0
さやか「きょ、杏子!しっかりしなさいよ!」 

杏子「…カ」 

さやか「ん?」 

杏子「さやかのバカぁ!!」 

さやか「ちょっ、なにそんなに怒って…ん?」ピチャ 

杏子「…//」カアアア 

さやか「あ…あんたもしかして…」 

杏子「言うなっ!!」 

さやか「えっ…えっと…まさかそんなに気持ちよかったとは…あの…ゴメン」 

杏子「…いいよ、別に」 

杏子「まあ…次はもうちょっと…なんつか…手順を…ふまえて」 

さやか「……」プルプル 

杏子「さや…か…?」 

さやか「杏子ぉぉぉおおおお!!うぉぉぉおおお!!!」 

65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:22:45.45 ID:YGN/k/Va0
……… 

さやか「ハァ…ハァ…じゅるり…」 

杏子「…ぁ…ぅ…」ピクピク 

さやか「(やりすぎた…)」 

さやか「き…杏子ちゃん?大丈夫ですかー?」 

杏子「 」 

さやか「くっ…我ながらすごい情景だ…犯罪に見える…」 

さやか「いやはや…私が男じゃなくてつくづく良かったわ…」 

さやか「男だったら杏子がこれまで何人子供を産んでたことになるやら…」 

杏子「…ょ」 

さやか「ん?」 

杏子「さやかなら…いいよ…」 

さやか「っ!?」ドッキィィィン 

さやか「あああ、あた、あんた何言って…!!」 

71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:30:06.42 ID:YGN/k/Va0
杏子「私の…んまい棒…やるよ…」 

さやか「へ?」 

杏子「…」 

さやか「はいはい…寝言寝言…まったく」 

さやか「さて…と、この子はもう…寝顔がまるで子供なんだから…妹か!」 

さやか「寝室までおんぶだな…よっこいしょっと」 

杏子「…アリガト」 

さやか「なんか言った?」 

杏子「…」 

さやか「寝言が多い子だこと」 

杏子「エヘヘ…」 


the end 

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:31:19.28 ID:t7hRSQ0M0
私のうんまい棒って……下ネタかよっ! 

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:39:10.28 ID:YGN/k/Va0
チュンチュン…チチチチ 

さやか「ん…んん…ありゃ、もう朝か…ふぁぁぁ」 

杏子「ス-ス-…」 

さやか「あはぁ…可愛いなぁもう…」 

QB「おはようさやか」 

さやか「うわっ出た!」 

QB「ひどいじゃないか。最近調子はどうだい?」 

さやか「んー、まあ、まずまずかな」 

QB「それはよかった。これからも魔法少女として頑張ってね。じゃあ…」 

さやか「…あ、ちょっとまった!」 

QB「なんだい?」 

さやか「いやー…別に大したことじゃないんだけど…」 

86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:46:56.79 ID:YGN/k/Va0
QB「なんだって?」 

さやか「いやー…聞いてみただけだよ。ははっ」 

QB「願いの追加か…そもそも君たちの願いが叶う仕組みはかくかくしかじかで…」 

さやか「うん、わかってるよ。だから、ほら、試すだけ試すだけ」 

QB「まあ…僕としてはエントロピーの回収ができればなんでもいいんだけどね」 

さやか「じゃ、じゃあ!」 

QB「君の願いを言ってごらん?」 

さやか「ちんちんがほしい!!」 

QB「…」 

さやか「…」 

QB「やっぱり無理だっ…」 

さやか「…!?」ムクムク 

QB「できたね」 

さやか「うおぉぉぉぉ!!!すごい!!!これが…これが私の…!!!」 

88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:49:03.04 ID:qBNk2m1x0
まーたさやチンですか 

90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:52:15.92 ID:jQcKcOH20
マジできちがいじみてるからやめろ 

92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:53:35.44 ID:YGN/k/Va0
QB「すごいパワーだよさや… 

さやか「うっひょぉぉぉおおお!!」 

QB「今回の願い事によって君の力は… 

さやか「本物だ…これで…これで…うぉぉぉおお!!」 

QB「…」ヒョイッ 

さやか「うほぉおおお…って、あれ?キュゥべえ?」キョロキョロ 

杏子「んっ…むにゃむにゃ」 

さやか「…ゴクリ」 

杏子「ス-ス-…」 

さやか「杏子さーん…おなかすいた…?」 

杏子「ん…おなかすいた…むにゃむにゃ」 

さやか「じゃ…じゃあ仕方ないよね…うん…」ボロン 

さやか「ソーセージですよぉ…」ドキドキ 

杏子「…カプッ」 

さやか「んひぃっ!?」 

96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 01:59:12.51 ID:YGN/k/Va0
杏子「あむ…んちゅ…」 

さやか「ひぃぃ…杏子が…杏子の舌が…」 

杏子「ちぅ…ちぅ…」 

さやか「ひゃぅぅ…っ!!だ…だめっ…マジで…!!」 

杏子「ん…くっ…」グポッ 

さやか「んひぃぃぃッ!!もう無理!!出…ッ」ビュルッ 

さやか「あ…あぁ…」ビクンビクン 

杏子「んくっ…んくっ…」 

さやか「杏子が…私の…飲んでる…」 

さやか「う…う…うわぁぁぁ!!辛抱たまらん!!!ごめん杏子!」ガバッ 

さやか「杏子の初めて…私がもらうね…っ!!」クニュ 


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:03:25.52 ID:YGN/k/Va0
さやか「あっ…あっあっ…入るぅ…」グニュゥ 

杏子「うっ…ん…っ」 

ボンッ! 

さやか「ひゃぁっ!!」スカッ 

杏子「ん…んん…さやか?」 

さやか「あれっ…?あれ…!?」カクカク 

杏子「うわぁぁ!!なんだよその格好!!丸出しじゃないか!!」 

さやか「私のちんちんが!!私のぉぉぉお!」 

杏子「おっ、落ち着けよ!なにいってんだよ!!ってうわぁっ!?」 

さやか「杏子ぉ…杏子の初めて…」カクンカクン 

杏子「なんで私まで裸なんだよ!何しようとしてた!!」 

さやか「なにって…ナニよ…うっ…うっ…」 

103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:09:36.21 ID:YGN/k/Va0
QB「おはよう杏子」 

杏子「きっ、キュゥべぇ!見るなバカ!!」ボスッ 

QB「あ痛っ。おっと、やっぱりその様子じゃあ願い事は完遂されなかったようだね」 

杏子「願い事?なんだよそれ…どういうことだよ!!」 

QB「かくかくしかじかで」 

杏子「んなっ!?///」 

……… 

さやか・QB「 」プシュゥゥゥ… 

杏子「…っ///」 

QB「ど、どうして僕まで…」 

杏子「うるさい!!」 

さやか「うう…杏子…杏子ぉ…」 

杏子「なんでそんな願い事したんだよ…」 

さやか「だって…うっ…杏子の初めてが…ぐすっ…他の男に取られるなんて…ううっ」 

杏子「なっ…!」 

106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:14:07.98 ID:YGN/k/Va0
さやか「そんなの全然耐えられないものぉぉおおお!!!」ガバッ 

杏子「はっ…はなせぇぇ…!」ギュゥゥゥゥ 

さやか「それなら…それなら私が初めての人に…なろうと…ううっ…」 

杏子「心配しなくても初めてはお前にやるよ!!」 

さやか「ううう…う?えっ!?」 

杏子「はぁっ…!はぁっ…!///」カァァァ 

さやか「きょう…こ…?」 

杏子「他のやつなんかに…あげる気なんて…ねぇょ…」 

さやか「杏子…」 

杏子「さやか…」 

エンダァァァァアアアアアア! 

111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:19:09.69 ID:YGN/k/Va0
杏子「さやかっ…さやかぁ!あっ…んっ…!」 

さやか「杏子ぉ…うっ…んちゅっ…」 



QB「…」 

ガラガラピシャッ 

QB「いやあ。貝が美味しい季節だね」 

テクテクテク 



final end 

112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:19:56.66 ID:1YkiMona0
まど貝ぺろぺろ 

114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:20:27.06 ID:LxyLNRWTO
ふん…まあ、いいだろう 
>>1乙 

117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:22:04.02 ID:US5xAE1s0
限りなくうんこに近い杏子 

118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:23:13.94 ID:BczJiasj0
でもお菓子ばかり食ってたら確実に臭くなるよね、屁とか 

119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:24:30.32 ID:YGN/k/Va0
こうしてふたりは正式にお付き合いを始めました。 
めでたしめでたし。 
mbgk9hole 
2mmdg4os9g 


121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:24:50.54 ID:KaRx0jd80
なんだもう終わりか…なんてな 
乙 

125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/17(土) 02:52:24.46 ID:7iUg+N+X0
>>1乙 
   / : : : : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : /:.:.:.:.:\:\ /:l: : :|: : : :/|: : : |: i: : : |: : : : : : : : : : : : : |: : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : :.| 
  / : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : :.:/ 丶.:.:.:.:.::l: イ: : ll: : : / |: : : i: l: : : |: : : : : : : : : : : : : | ̄,⊃) : : : : : : : : : : : : : : : :| 
 /: : : : : : : : :、 : : : : : : /: : : : : : : : : : : .: .:/  -.,丶:l.:i:..|:l |: : l: : : :ト、|: :,ハ: :|: : :.|: : : : : : : : : : : : .:|r‐'´: : l: : : : : : i: : : : : : : : : | 
| : : : : : : : : /: : : : :/: :/ : i : : : : : :/:.:.:.:、゙    `|:i.:i丶.:|:| |: : l:l: : / |ヽ| .|:ハ : : |: : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : l: :|: : : :|: : : : : : : : : | 
l.: : : : : : :/: : : : :/:/.:/ :/l: : : : :/:.:.:、i:、゙     |ヾ  丶| |: :| : : :|  .|: :|`|:| l: : :|: : : : : : : : : : : : :| ヾ==,ァ |: |: : : :|: : : : : : : : : | 
|: : : : : :/ : : : ://l:.:.:/:/ :l: : :/:.:.:/ |.:、゙   、/ /|.  V ! .|: |Vヽ|,< レ'  | l ヽ: :|: : : : : : : : : : : : |ヽ r'´ : : :|: l: : : :|: : : : : : : : : | 
|: : : : : : : : : :、/:.:!.:/:/.:.:.:|: : .:.:.:/  |:l 、/´ 、ゝ   ソ  ヾ /   ゝ、  !  ヽ:|: :|: : : : : : : : : : ト、, _____: l: |:|: : : :|: : : : :i: : : :i:.| 
: : .、.i : : : : : :/ : :!:.://:.:.:.:V.:.:.:.:/   |;    _、.ミ-   ` r‐ '     ` ヽ    V: :.|: : : : |: : : : : |'´ ,.―、ヽl l: : : : :|: : : : :|: : : | | 
 :/.:l: : : : :/: : :.:!.:ヾ:.:.:.:.:.: :l: : :/    |  =ー゙´      ゙、            |: :|: : : : l: : : : : | ム-、  |: : : :l: : :|: : : : :|: : i:|: | 
、.:.:.:.l: : : : : : : : :!:.:.:.:.:.:: :、--: : :l                i      ////   |: : |: : : : : : l: : :|r-、   }: : : : : :/: : : : /: : /i: :| 
:.:.:.:.:l: : : i丶 : : : !: : : : :、!.へ.,,ノ:|    /////       ヽ          |: :|: : : : : :/:|: : |<_ノ,.ノ ノ: : : : : :/: : : : /: : /:ハ:.| 
:.:.:.:.:.l: : .:l:.:丶: : !: : : : 、: :|  ´ノ \              、i`'         ,|:.l |: : : : : : :|: : |、_,.,r: :'|: :|: : : : :/ i: : : /: :イ:/ l:| 
.:.:.:.:.:l.: : !.:.:.:丶:.!: : : :/: : :丶  .,_丶             |ヽ         |: |l: : : : : : :/ : /  | : :|:/|: : : : イ/;: : /.l:/ レ   ` 
:.:.:.:.:.:l /:.:.:.:.:.:':.:. :/ : : : : :\, __              / ヽ____,/:l,|: : : : :: :/l: :/  /:,:イ:,|: : : : // |: :,イ:.{ 
:.:.:.:.:.:!.: : : : : : / : : :: : : : : : : :T  '       ___ -ー ´   |:ヽ: : i: | V:A|: : : : ::./|: :/,. -/// /: : // レ' }:ヽ 
 : : : : : :、/.:´: : : : : : : : : : : :、i:|       / ̄          |l ヽ: :|,リ }/ |: : : :/:=|: /     /: :/    ,r'//,|ヽ 
 ー :゙ :´: : : : : : : : : : : : : : :/ |:|      |             ヽ: |  |/ /: : :// |:/    //   ,. -'/////ノ  \ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。