スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「昔からあなたが大好きだった」 

カテゴリ:男女SS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 19:55:58.59ID:JmewXagq0
男「…はぁ…」 

男「(高校に入学すれば彼女ができるモンだと思ってた…)」 

男「(いっぱいヤったりデートしたり…)」 

男「(でもそんな事もなく…)」 

男「もう三年生か…」 

男「やってらんねぇ…」 

ピンポーン 

男「…?」 

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 19:56:32.30ID:JmewXagq0
男「はーい…」 

ガチャ 

女「……」 

男「あ、女…」 

女「今日もおじさん達いないんでしょ?」 

男「え? あ、う、うん」 

女「夜ご飯、作りに行くから」 

男「あぁ…いつも悪いね」 

女「それだけ。じゃ、また来るから」 

男「はいよ…」 




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 19:57:32.78ID:JmewXagq0
男「(幼馴染かぁ…)」 

男「(可愛い…っていうか美人で、何でもできるヤツ…)」 

男「ギャルゲーとかだったら俺も女と…」 

男「……」ムクムク 

男「いや…無いって…」 

男「ただの幼馴染だ。今日だって…」 

男「いつもみたいにおばさんか母さんに頼まれたから来るだけだ」 

男「はぁ~…」 




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 19:58:08.45ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
~学校~ 

男友「よ、元気してるか?」 

男「ん~…ぼちぼちだなぁ…」 

男友「今日もダルそうだな」 

男「高校ってさ」 

男友「?」 

男「勉強する所。 なんだろうけどさ」 

男友「う、うん…(急に何だ?)」 

男「やっぱ彼女作って青春を謳歌するべきだと思うんだよ」 

男友「そ、そうだな」 




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 19:59:31.28ID:JmewXagq0
男「彼女とイチャイチャしたりチョメチョメしたりさ」 

男「そういうのが高校!高校生らしさだと思うんだよ」 

男友「じゃあ告って彼女作っちゃえばいいじゃん」 

男「簡単に言うけどさぁ…」 

男友「好きな子とかいないのか?お前」 

男「好きなコねぇ……」 

男「う~ん…」 

男「……」 

男「いないかな。今の所は」 

男友「いないのにそんな事ばっか考えてたのかよ…」 




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:00:44.29ID:JmewXagq0
キーンコーンカーンコーン 

男「お、飯だ」 

男友「お前弁当は? それとも購買行くか?」 

ガララ 

男友「おっ!おい男」 

男「? あ…」 

女「はい、お弁当」スッ 

男「ああ、ありがと 今日もお前が作ったヤツ?」 

女「…そうだけど…嫌だった?」 

男「いや、よかったなぁ~って思って」 

女「…あっそ、じゃあ私戻るから」 

男「(おばさんや母さんのより上手いからな)」 




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:01:45.25ID:JmewXagq0
男友「いいねぇいいねぇ~いつもの愛妻弁当」 

男「ばっ!バカか! 親が共働きだと大変なんだよ」 

男「だからアイツかアイツの母さんが弁当作ってくれる…」 

男「そんだけだ そんだけ…」 

男友「ふーん… てかさ」 

男「何?」 

男友「女ちゃんは?幼馴染だろ?」 

男「? だから何が?」 




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:03:52.38ID:JmewXagq0
男友「女ちゃんに告れば?好きでしょ?」 

男「は、はぁ?」 

男友「あんな美人滅多に現れんぞ?」 

男友「ちょっとSっぽくて気難しそうだけど」 

男「男が一切近寄らないからな」 

男友「近寄るなって感じのオーラ出してるもんな」 

男友「もったいねぇええ!!超の付くほど美人なのに!」 

男「……まぁ、そうかもなぁ」 

男友「じゃ!告っちまいなよ!」 




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:05:05.87ID:JmewXagq0
男「なんでそうなるんだよ!?」 

男友「だって男子でお前だけじゃん普通に接してるの」 

男「幼馴染だからってだけだってば…」 

男「てか女が好きってわけじゃ…」 

男友「ホントかぁ~?」 

男「うっさいなコイツは……」 




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:06:33.98ID:JmewXagq0
~下校~ 

男「うわぁ~」 

ザー ザー 

男「雨ふってらぁ やだなぁ~」 

女「あ」 

男「? ああ、女か」 

女「傘持ってないの?」 

男「見ての通りですよ」 

女「予報じゃ午後から雨だったわよ?ニュースも見てないの?アンタ」 

男「(だから皆傘持ってきてたのか…)」 




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:08:43.44ID:JmewXagq0
男「ねぇ、入れてくんないか?」 

女「嫌。ほかの人に頼んでよ」 

男「だって知ってるやつら皆帰っちゃったし」 

女「だからって何であんたを傘の中に入れて帰らなきゃいけないの?」 

男「いやだって俺、傘が…」 

女「じゃあね。夜行くから」 

男「おいおい…」 




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:10:06.81ID:JmewXagq0
ザー ザー ザー 

男「何とかコンビニまで来たぞ…」ハァハァ 

男「雨…上がるまで待つか……」 

女「今日はずっと雨よ」 

男「うわ!女! 何で!?」 

女「ここで傘買って行けば?」 

男「財布は家に忘れた」 

女「……」 

男「?」 

女「…仕方ないわね…入りなさい」 

男「!!」 




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:12:18.14ID:JmewXagq0
男「女、俺が傘持つよ」 

女「そんなに濡れたくないの?」 

男「そ、そうじゃなくて!」 

男「頼みを聞いてもらったからさ…一応」 

女「…そ、じゃあお願い」スッ 

男「鞄も持つよ」 

女「それじゃあ、はい」 

男「よし、行くか!」 

女「…ありがと」 

男「? いいって別に」 




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:14:09.13ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
ガチャガチャ 

女「閉まってるわね…」 

男「おじさんもおばさんも出かけてるみたいだな」 

女「仕方ない…このまま男の家に行きましょう」 

男「え?いいのか?」 

女「どうせ行くつもりだったし。いいでしょ?」 

男「ならいいけど…」 




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:16:39.57ID:JmewXagq0
男「たーだいまー。まぁ誰もいないけど」 

女「おじゃまします」 

男「あぁ…俺も女も結構濡れちゃったな」 

女「あんたのせいでね」 

男「…ごめん…」 

女「別にいいわよ。気にしてないし」 

女「それよりシャワーを浴びたいの。お風呂借りていい?」 

男「あ、うん。どうぞ」 




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:19:06.00ID:JmewXagq0
バタン 

女「男、ありがと 出たわ」 

男「うん。じゃあ俺も入ってきちゃうわ」 

女「ええ」 

女「あと、男」 

男「なに?」 

女「あなたの部屋、行ってていいかしら眠くなっちゃって」 

男「はいよーわかった。そんじゃ」 

女「じゃあね」 




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:20:51.61ID:JmewXagq0
ヌギヌギ 

男「さーて入るか」 

男「お!!?」 

男「せ、洗濯カゴに…」 

男「(パンツもブラもある!!??)」 

男「可愛いパンツしやがって…」ビーン 

男「……」 

男「よっし」 




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:22:08.53ID:JmewXagq0
女「……」クンクン 

女「服…男の匂い…」 

ドサ 

女「男のベッド…」 

女「ん……」ゴソゴソ 

女「…あ、パンツとブラまで洗濯カゴに入れちゃった…」 

女「……」ゴソゴソ 




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:22:58.49ID:aUW7h1sQ0
まってくれ女は今何を着てるんだ 

全裸か? 




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:23:52.17ID:JmewXagq0
男「(女のアソコの部分にあてがって…)」 

男「(こ、これは…!!)」 

男「(さっきまでここに女のアソコがあったんだ!!)」 

男「(そこに俺のち○こが今ここに!!)」 

男「これはもはやセックス!!」 

男「うおおおおおぉおお!!」シュッシュッ 

男「女ぁああ!!気持ちいいぞおおお!!」シュッシュ! 




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:25:20.65ID:GjexfXhO0
おwwwとwwwこwwwwwww 











まるで俺じゃねえかよ 




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:26:50.47ID:JmewXagq0
女「ん……」 

女「(枕も…男の匂い…)」 

女「(男……)」 

女「……」スースー 




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:28:28.04ID:JmewXagq0
ガチャ 

男「ふぅ~! すっきり」 

女「……」スースー 

男「女…」 

男「(俺女のパンツでしごいちゃったんだ…)」 

男「(美人のパンツで…)」 

男「いかんいかん」ムクムク 

男「…てか、寝てるのかな…」 

ツンツン 

女「……んっ…」 

男「(やべっ、こんなんバレたら殺される…)」 




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:34:36.98ID:JmewXagq0
男「こんなに毛布にしがみついちゃって…」 

女「……」スースー 

男「やっぱコイツすげぇ可愛いなぁ…」 

男「……可愛い…」 

男「(好きな…人…)」 

男「(女が…?いや…)」 

男「昔からずっと一緒だった…」 

男「…だから余計に…わかんねぇな…」 

男「(コイツが好きなのか?コイツの体が好きなのか?)」 




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:54:04.38ID:JmewXagq0
男「(はたまたただ異性が好きなだけなのか?)」 

男「ま、どうでもいいか」 

女「……」スー 

男「……」ムラムラ 

男「ちょ~っとだぁ~け…」 

ツンツン 

女「…んっ」 

男「(やっぱり!ブラ着けてねー!!)」 

男「失礼…」 

ピラッ 




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 20:57:40.52ID:JmewXagq0
男「!!!!!」 

男「(すっげぇ!!おっぱいも!!乳首も!!)」 

男「(綺麗すぎる…こんなに綺麗なのか!乳首の色!!)」 

男「(こんな綺麗なのエロ漫画だけかと思ったわ!!)」 

ツン ツンツンツン 

女「……ぁ…」ピクッ 

男「すげ……」 




54:マリカ7やってたら3dsにキズできた。最悪:2012/01/02(月) 20:59:33.76ID:JmewXagq0
男「こ、こっちも」 

サワサワ 


男「bingo!!!ノーパンだぜ!!」 

女「…んー…」ピクッ 

男「おっといけね」 

ツー 

女「あっ…」ピク 




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:01:06.43ID:JmewXagq0
サワサワ 

男「(は、初めて触った…!!)」 

男「(すっげええええ!!)」 

女「んっ…くぅん…」ビクビク! 

女「あっ……」 

女「…?」 

男「(あっ…)」 

女「!!」 

男「(ばれた……)」 




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:04:10.32ID:JmewXagq0
女「あんた…何してんの……」 

男「い、いやぁ…」 

女「胸と……がなんではだけてるの?」 

男「なんでだぁ~?」 

女「触ったのね?寝てる間に」 

男「……」 

女「……キスとか…勝手にした?」 

男「い、いやそれはしてない…」 

女「……私の体のほうが大事なんだ」ボソッ 

男「…?」 

女「ばーか」ゲジッ 




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:07:55.33ID:JmewXagq0
男「いってぇ!!」 

女「ねぇ」 

男「…は、はい」 

女「なんか言うことないの?」 

男「す、すみませんでしたぁあああああ!!!!」 

女「このことに関しての罰…」 

男「ば、罰!!?」 

女「考えとくから」 

男「…罰…」 

女「まずはとりあえず夕飯ね」 




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:15:01.35ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「(これはまずい……)」 

男「バラされたらたまったもんじゃないぞ…」 

男「(学校生活が…いや…)」 

男「(人生が終わる!!)」 

男「(女の言う通りにならなければ…)」 

男「(にしても、女の体…)」 

男「エロかったなぁ…」ムクムク 

男「おっといかん」 




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:17:59.71ID:JmewXagq0
女「男」 

男「ひ!! なんでしょう?」 

女「夕飯。何がいい?」 

男「……」 

女「ねぇ」 

男「か、かつ丼で!」 

女「カレーの支度しかないわ」 

男「じゃあ聞くなよ!!」 

女「…あんた自分が私に何したかわかってるの?」 

男「す、すいません…」 

女「口のきき方には気をつけなさい」 




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:21:20.36ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「ん、おいしいなぁ…」 

女「そ、ならよかった」 

男「女は何作ってもおいしいよ」 

女「ありがと」 

男「顔も美人だしスタイルいいし…」 

男「(女の…おっぱい…綺麗だったな)」 

女「ばか。無理して褒めなくていいのよ?」 

男「(おっぱいおっぱいおっぱい…)」 

女「?」 

男「女、お前何カップあんの?」 

女「はぁ?」 




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:25:09.65ID:JmewXagq0
女「何言ってるの?」 

男「え?だからおっぱ…」 

女「ずいぶんと余裕そうじゃないあんた」 

男「あ……」 

女「罰を与えるって言ったのによくもまぁヘラヘラしてられるわね」 

男「す、すいません…(興奮しすぎた…)」 

女「明日」 

男「え?」 

女「明日から罰。受けてもらうから」 

男「は、はい…」 

女「それと…」 

男「なんですか?」 

女「Cよ」 

男「はぁ?何が?」 

女「……ほんとバカね」 




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:27:40.59ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「なーにが罰だ…」 

男「バカ女が……」 

男「ノーパンノーブラの女が自分の部屋にいたら」 

男「誰でもあーするっつうの」 

男「……」 

ムクムク 

男「あー…」 

男「寝る前に抜いてこよ…」 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:30:29.07ID:JmewXagq0
女「あ、パンツとブラ…」 

女「……ま、いいや男の家で洗濯してもらお」 

女「ん?」 

女「なんで洗面所にドライヤーが…」 

女「……」 

女「私のパンツ…あったかい?」 

女「それに少しだけ変わったニオイがする…」 

女「…これって…」 




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:33:02.18ID:mw2qzYHH0
どんだけ温度保ってるんだよ 




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:35:52.79ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
女母「女、今日も男ちゃんのお弁当作ってるの?」 

女「うん」 

女母「男ちゃん大変だから冷凍食品ばっかでいいって言ってたのに」 

女「……」 

女母「全部手作りなんて 愛がこもってるわね~」 

女「ち、ちがうわ!私は料理が好きなだけで…」 

女母「自分のはコンビニか冷凍食品ばっかなのに?」 

女「……だから違うって…」 




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:39:32.65ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男友「やぁ男よ、元気かぁ~?」 

男「あ、う、うん」 

男「(よかった…バラされてないっぽいぞ…)」 

男友「?どうかした?」 

男「い、いいや全然!」 

男友「昨日お前と女ちゃんをセ○ンで見たけどさぁ」 

男「!!」 

男友「そのあとは…?家に行ってヤっちゃったりした!?」 

男「……はぁ?」 

男友「なんだ違うのか」 




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:41:53.53ID:JmewXagq0
ンーデーアルカラシテー 

男「……」 

男「(罰…か)」 

男「(罰ってことだからなんかやらされるんだろうな…)」 

男「(憂鬱だ…)」 

男「(い、いや…エッチなお仕置きかもしれない…!!)」 

男「(だとしたら……)」ムクムク 

男「……」 

男「(ないない)」 




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:46:41.37ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「…あー」 

男「5時かぁ」 

男「てことはそろそろ来るか…」 

ピンポーン 

男「うわ、来た」 




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:50:41.50ID:JmewXagq0
女「さて男」 

男「はい」 

女「何を言うかわかってるわよね?」 

男「罰の事…だろ?」 

女「ええ」 

男「ちゃっちゃと言ってくれよ…」 

女「私にこれから…」 

男「?」 

女「え、えっちな…」 

男「え、えっち!!?」 

女「わ、私にこれからえっちな事をしてるのを見せなさい」 

男「は、はぁ!?」 

女「言うことちゃんと聞いてたらあの事はバラさないから」 

男「…は、はぁ」 




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:53:06.75ID:JmewXagq0
女「さ、まず服を全部脱いで裸になりなさい」 

男「し、下もか?」 

女「あ、あたりまえでしょ…」 

男「えぇ~恥ずい…」 

女「いいから」 

男「は、はひ…」 

ヌギヌギ 

男「(うわ…)」 

男「(女のヤツじっと見てるよ…)」 




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 21:56:44.41ID:JmewXagq0
ポロン 

女「っ……///」カァ 

男「(お、耳と顔が真っ赤だ…)」 

男「(これはいい表情)」ゴクリ 

女「お、男 あなた以外にがっちりしてるのね」 

男「(下を見ないようにしてやがる…可愛いなぁもう)」 

男「一応筋トレしてるしな」 

女「そう…」 

サワサワ 

男「わっ」 

女「すごいわね…」 




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:01:41.78ID:JmewXagq0
男「こっちはいいのか?」 

女「……///」カァ 

男「…お前が下も脱げって言ったんだぞ?」 

女「(久しぶりに見た…)」 

女「(男と私が小学3年生くらいのときに見たのが最後だったかしら…)」 

ツンツン 

男「な、なんだよ」 

女「ん…」ピラ 

男「(え?スカート…めくって…)」 

女「さ、これでオカズになるかしら」 

男「(パンツ丸見えだ…)」 

女「私の前でお、オナニー、見せてちょうだい」 

男「え!!?」 




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:05:17.79ID:JmewXagq0
女「ただし、出しちゃダメ」 

男「はぁ!?無理だろそんなん!」 

女「出したらあなたのしたこと即バラすから」 

男「う…」 

女「だから私がいいって言うまでずっとしごいてちょうだい」 

女「もちろん手の速さを遅めちゃだめだから」 

男「マジですか…」 

女「ほら、やって」 

男「……」 

男「(しかたねぇ…)」 

ムクムク 

女「わ、すごい…」 




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:09:15.09ID:JmewXagq0
シュッシュッ 

男「(女のパンツ…!パンツ!!)」 

男「はぁっ、はぁっ…」 

女「必至になっちゃって」 

女「男、面白い」 

ニギ 

男「うわ!ばか!!」 

女「ふふっ…」 

男「(た、楽しんでやがる…)」 




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:14:06.10ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「(うわぁ…女 顔真っ赤だ…)」 

男「(可愛いな…)」 

シュッシュッ 

女「ん、何この汁…」 

ツー 

男「が、ガマン汁っ…」 

女「これってせ、せーしじゃあないの?」 

男「っはぁ…ちがう…」 

男「出すのガマンしてると出るんだ…はぁっ」 

女「ふーん…」ボー 




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:18:41.92ID:JmewXagq0
男「(もう…何分たったんだろう…)」 

シュッシュッ 

男「(女の事を考えずに)」 

男「(和田ア○コの裸を想像してなんとか耐えたけど…)」 

女「……」 

男「(あのパンツをどうしても見てしまうんだよぉおおお!!)」 

女「男」 

男「…な、なに…?」 

女「お疲れ、もういいわ」 

男「お、おわった?」 

女「ええ、今日はね」 

男「きょ、今日!?」 

女「まだあるにきまってるじゃない。これだけで許されると?」 

男「は、はは…そっか…」 




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:22:26.28ID:JmewXagq0
女「もちろん自分で勝手に出すこともダメよ」 

男「うえー…」 

女「私がいないとこで処理したら困るから…」 

男「困るから?」 

女「しばらく泊まるわ。男の家に」 

男「あ、マジで!?」 

男「(やべ…ケッコーうれしいかも…)」 

女「でもまた前みたいな事しないでね?」 

女「したら即バラす」 

男「う、ういっす…」 




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:26:27.47ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「じゃ、女 俺寝るから、じゃ」 

女「何言ってるの?」 

女「え?女は下に布団敷いてあるからさ…」 

女「それじゃあ勝手にあんたが処理してもバレないじゃない」 

男「(読まれてやがる…)」 

女「私がいいって言うまで出しちゃいけないの。わかる?」 

男「重々承知してますが…」 

女「じゃあ男の部屋で私も寝るから」 

男「なっ!」 




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:29:32.41ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
女「じゃ、おやすみ男」 

男「お、おやすみ…」 

男「(お、俺にピッタリくっついてやがる…)」 

男「(興奮せずには…)」 

女「変な事したら…」 

男「わ、わかってるって…!」 

女「ならよし」 

男「(無心無心…)」 




96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:31:42.28ID:JmewXagq0
男「……」クー 

女「…」 

女「案外はやく寝ちゃったわね…」 

女「疲れたのかしら…」 

男「んー…」 

女「……」ギュ 

女「あったかい…」 

女「…お休み…」 
・ 
・ 





97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:34:56.24ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
男「んー…」 

女「男」 

男「……」 

バァン! 

男「!!? いってぇ!」 

女「男、いい加減に起きなさい」 

男「ああ、すまんすまん 今何時?」 

女「10時半」 

男「はぁ!!?大遅刻じゃん!やべぇ!!」 

女「今日は土曜だけど」 

男「へ…」 




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:37:29.55ID:JmewXagq0
女「男ちょっといい?」 

男「?」 

女「んしょ…」 

ゴソゴソ 

男「う、うわお前なにやって…」 

クンクン 

女「うん、私が寝てる間も何もしなかったらしいわね」 

男「当たり前だろ…人生終わりたくねーし」 

女「ふーん…」 

女「その調子で、さっそく今日もいきましょうか」 

男「い、今から!?」 




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:40:22.17ID:JmewXagq0
ヌギヌギ 

男「何脱いでるんだよお前!!」 

女「さ、どうかしら」 

男「(女の下着姿…)」 

ムクムク 

男「あ」ビーーン 

女「よし、じゃあ始めましょうか」 

男「ま、また俺がしごくの?」 

女「違うわ」 

ニギッ 

男「!!」 

女「今日は私がしてあげる」 




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:45:39.30ID:JmewXagq0
男「手、手コキじゃん…これ」 

女「そうね」 

シュッシュッ 

男「(女の手…き、きもちええ…)」 

女「男、気持ちいい?」シュッシュっ 

男「あ、ああ…」 

男「(女の下着姿…ヤバい…可愛い…)」 

女「まだ始まったばっかなのに辛そうね」 

シュッシュッ 

男「こっちの…身になってみろよ…はぁっ…」 

女「自業自得じゃない」シュッシュッ 

ポロッ 

男「(女のブラのヒモがずれて…)」 

女「あっ…」 

男「(やっべえええええええ!!!!!)」 




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:49:07.50ID:JmewXagq0
男「(乳首ピンクぅうううううう!!!!!)」 

男「(きたぁああああ!!!やばいやばいやばい!!!)」 

女「ば、ばかっ…見ないで…!」 

男「(前も実は見たけどね)」 

男「(と、とにかくやべぇえええええ!!!!!!)」 

女「ばかぁ…」 

男「女っ…スピード落ちてるけど…」 

女「あ、あんたのためにやってるの!」シュッ…シュッ 

男「(あー乳首なめてぇ…)」 




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:52:01.12ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
女「男…もう終わりよ」 

男「はいよ~」 

女「……」 

男「(女が恥ずかしがってずっと手のスピード落としてたから…)」 

男「(昨日より全然楽だったぜ…)」 

男「(でもやっぱ出せないってキツイなぁ…)」 

男「…出してぇ……」 

女「……」 




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:56:09.61ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
ジャー 

男「(夕飯までずっとだんまりだったな…女のヤツ…)」 

男「そんなに恥ずかしかったのかな…」 

ガララ 

女「男」 

男「何勝手に風呂入ってきてんの!?」 

女「今から二回戦」 

男「ま、またか…」 

男「(いい加減出させてくれないかな…パンパンなんだけど…)」 




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 22:59:35.44ID:JmewXagq0
女「あんた朝はずっと私の胸、見てたわよね?」 

男「(根に持ってるくせー…)」 

男「う、うん…」 

女「触りたい?」 

男「え!!? お、女の胸に…?」 

女「ええ」 

男「ぜひとも!!」 

女「じゃあ…」ヌギヌギ 

ポロンッ 

男「うわ…すげ…」 

女「私の胸、触りながらしごきなさい」 

男「よ、喜んで…」 

女「もちろん出しちゃダメだから」 




110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:03:02.90ID:JmewXagq0
モミモミ 

女「……」 

モニュモニュ 

女「……ぁ…」 

男「(まさか…)」シュッシュッ 

モニュモニュモニュ 

女「んっ…あっ、あっ…」 

男「(こんな早く女の胸を触れるとは…)」シュッシュッ 

女「あっ……くぅん…」 




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:05:20.50ID:Fmm5sgPD0
どこが罰なんだよ 




113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:07:55.84ID:JmewXagq0
女「ここ…」 

男「?」シュッシュッ 

女「好き…でしょ?」 

男「ち、乳首…」 

ツンツン 

女「きゃっ…」 

男「お、女…」シュッシュッ 

モニュッ クリクリ 

女「はぁっ…んっんっ…」 

チュー 

女「あっ!…ん、んんっ…!」ビクッビクッ 

男「(イった!?)」シュッシュッ 




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:10:30.68ID:JmewXagq0
女「もう…終わりでいいわ…ありがと」 

男「そ、そうか…」 

女「出して…無いわよね?」 

男「うん、なんとか」 

女「そう、じゃあ私上に戻るわね…」 

男「わかった…」 

女「あと、お風呂で勝手に処理しちゃだめよ?」 

男「はいはい…」 




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:13:50.44ID:JmewXagq0
男「……」 

男「やべーよ…」 

男「やっべぇえ!!女の乳触ってそのうえ吸っちゃったよ!!」 

男「やっべぇやっべぇ…」 

男「あの感触!乳首の絶妙な硬さ!」 

男「そしてなによりあの!」 

男「快感を必死にガマンする表情!!」 

男「くぅ~!!たまらん!!」 

男「…風呂ならシコってもばれないんじゃ…」 

男「…でも女の事だし…」 

男「……」 

男「…やめとくか…」 




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:17:46.18ID:JmewXagq0
女「…」 

バサッ 

女「男の毛布…いい匂い…」 

女「私たち…昨日二人でここに寝たのよね…」 

女「…」 

ギュウウ 

女「おとこぉ…」 

女「んんっ……」 




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:21:44.51ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
ガチャ 

男「女、出たぞ~」 

女「ええ、でもその前に…」 

男「?」 

女「三回戦よ」 

男「へ?まだやんのかぁ!?」 

女「ええ また頑張ってもらうわよ」 

男「で、今度は何を…」 

女「…」 

ヌギッ 

男「おま…下!!?」 

女「ばか…あんまり見ないで」 




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:24:45.23ID:JmewXagq0
女「ほら、これで…」 

男「(女の…パンツ…)」 

ニュチュ 

男「!!!!」 

女「ほら、男の好きなパンツでしごいてあげる」 

男「(ぱ、パンツコキ!!?)」 

男「(てか俺が女のパンツ使った事ばれてる!?)」 

ニュチュニュチュ 

男「(う、うおおお…こ、これは…)」 

男「(き、気持ち良すぎる!!)」 




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:29:16.49ID:JmewXagq0
男「(こ、ここにさっきまで女のマンコが…)」 

ニュチュニュチュ 

男「(っていうかパンツちょっと濡れてる!?)」 

男「(ああっ…やべぇ…)」 

ジワ… 

女「もうガマン汁がいっぱいよ?大丈夫かしらね」 

男「うっ…はぁ…」 

男「!」 

男「女…見えてる…」 

女「え?」 

女「!! ば、ばかっ見ないで!」 

男「(毛が薄くて…すっごい綺麗だな…)」 




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:32:31.97ID:JmewXagq0
ニュチュニュチュ 

男「(もう…汁まみれでやばい…)」 

女「おとこ…」 

男「はっ…はぁっ…くっ」 

クチュクチュクチュ 

女「男っ、男ぉ…」 

男「女…?」 

女「おとこぉ…」 

ニュチュクチュ シュッシュッ 

女「…好きぃ……」トローン 

男「!!!」 




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:35:46.47ID:JmewXagq0
男「(今…好きって…?)」 

男「うっ…」ビクッ 

男「(あっぶね!!出るとこだった!!!)」 

女「……」ギュー 

男「?」 

女「もう…15分もやってたんだ…」 

男「そんなに…」 

女「男、いったん中断」 

男「中断?」 

女「私と一緒にお風呂に来て」 




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:39:33.23ID:JmewXagq0
ヌギッヌギッ 

男「あ、あのー女さん…?」 

女「男も、全部脱いで」 

男「あ、はい…」 

ヌギヌギ 

ガチャ 

女「きて」 

男「あ、ああ」 

男「(おいおい…素っ裸だぞ…アソコまでくっきり見えちゃってますけど…)」 

女「男の部屋のえっちな本で見たの」 

男「?な、なにを?」 

女「…素股ってヤツ」 

男「す、素股!!?」 

女「やって」 




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:44:12.13ID:JmewXagq0
女「もう我慢しなくていいから」 

男「出していいのか?」 

女「ええ」 

男「(きったああああああああ!!!!!!)」 

女「じゃ、始めましょう」 

男「お、おう…じゃあこっちきてくれ」 

女「……」 

男「いくぞ…」 

女「んっ…」 

女「男、動いて…」 

男「よし、ふっ…ふっ…!」 

クチュ…クチュ… 

男「(すげぇ…超濡れてる…)」 

女「あっ…あっあっ…」 




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:49:24.00ID:JmewXagq0
ニュチュニュチュニュチュ 

女「あっ…んっんっ…」 

女「男ぉ…当たってる…あっ…」 

クチュックチュッ 

男「これは…はぁっ…気持ちいいっ…」 

チュックチュッ 

女「あぁっ!んっ!んっ!」 

女「あぁん!ひゃっ!んっ…」 

男「女っ…気持ちいいか?」 

女「うんっ…うんっ…」ギュ 

女「男ぉ…おとこぉ…」 

男「やべ…もうでるっ…!」 

ビュッビュッ ドビュウウ… 

男「はぁっ…はっ、はっ…」 

女「うわ、すごい量…」 




135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:51:56.22ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
シャーー 

男「よし、これで全部流れたか」 

女「ねぇ、男」 

男「なんだ?」 

女「一緒にはいろ、お風呂」 

男「え!?」 

男「い、いいのか…?」 

女「ええ、一緒に」 

男「そ、そうか…じゃあ」 

ザブ 




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:53:34.82ID:JmewXagq0
女「……」 

ギュー 

男「あっ…」 

女「……」ギュウ 

男「…女……」 

女「………」 

・ 
・ 





137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/02(月) 23:56:57.22ID:JmewXagq0
・ 
・ 
・ 
女「お休み。男」 

男「ああ、お休み」 

女「…」ギュー 

男「(まただ…風呂の時と一緒…)」 

男「(抱き着いてきやがった)」 

男「……」 

男「女…」ギュー 
・ 
・ 





139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:01:12.09ID:doSv7csl0
・ 
・ 
・ 
男「うぅ~ん」 

女「男、起きて」 

男「なんだよぉ~今日は日曜日だろぉ~」 

女「買い物に付き合って」 

男「はぁ~…?」 

女「バラす」 

男「ったく…はいはい…行きましょうね~」 

女「じゃ、支度してくるから。男も着替えといて」 

男「うい~」 

男「……」 

男「あれ…」 

男「(これはまさか…デートなるものでは!!?)」 




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:05:30.44ID:doSv7csl0
~某ショッピングセンター~ 

男「さて、何を買うのかな女さん」 

女「えっと…」 

女「まぁ下着と服ね」 

女「男にも選んでもらうから」 

男「わかったよっと」 

男「(女…けっこーはしゃいでるな…)」 

男「(昨日、女とあんなことしちゃったんだよなぁ…)」 

ムクムク 

男「おっとこんな人がいるなかでこれはいかん」 

男「…」 

男「(これも罰の一つ…なのかなぁ…)」 




144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:10:06.24ID:doSv7csl0
~下着屋~ 

女「ねぇ」 

男「何」 

女「私、店の前で待ってるからさ」 

男「……?」 

女「私に似合うと思う下着、探して持ってきて」 

男「はぁ!!?」 

男「俺が女モンの下着売り場に行くのか!!?」 

女「そうよ」 

男「おっかしいだろ!変態と思われる!!」 

女「元からじゃない」 

男「いや、そーいうわけじゃ…んもー…」 

女「彼女の下着選びを手伝ってる彼氏に見えるだろうから大丈夫」 

男「でも…」 

女「バラすわよ」 




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:10:43.97ID:doSv7csl0
男「行ってきます!!」 

女「それでよし」 

女「ふぅ…」 

・ 
・ 





147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:14:29.77ID:doSv7csl0
・ 
・ 
・ 
男「女!女!」 

女「何?決まったの?」 

男「これこれ!」 

女「…ちょっと派手じゃないかしら…」 

男「いやお前なら似合うって!もう一つのほうはちょっと清楚っぽいだろ?」 

女「……」 

女「男は…私にそれが似合うと思って選んだのよね?」 

男「当たり前だろ」 

女「ならいいわ。これにする」 

男「やったーー!」 

男「(アレを着た女がいつか見れるというワケか!胸が熱くなるな)」 




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:16:59.65ID:doSv7csl0
~服屋~ 

男「はぁ~可愛い服がいっぱいあるなぁ~」 

女「男」 

男「? また選んで来い。か?」 

女「ええ、似合いそうなのを男が選んできて」 

男「ういういっ!」 

男「そんじゃ行ってきます」 

女「よろしくね」 




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:20:00.07ID:doSv7csl0
・ 
・ 
・ 
男「これこれ」 

女「あ、結構いいかも…」 

男「だろ?」 

女「驚いたわ…男って結構センスあるのね」 

男「まぁ女は可愛い系から美人系までなんでも似合うからなぁ…」 

女「……やだ…」 

男「?」 

女「…ありがと男」 

男「どういたしまして」 




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:22:17.19ID:doSv7csl0
~屋上~ 

男「うわ、いい景色だな…」 

女「ほんとね…」 

男「あ、観覧者があるぞ!?すげーー!」 

女「……」 

女「ねぇ、乗ってみない?」 

男「(珍しい…)」 

男「じゃ、乗ろうか」 




153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:23:58.23ID:oe98Iesu0
こんなの現れないかな 




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:29:00.21ID:doSv7csl0
ゴウン…ゴウン 

女「今日はありがとう付き合ってくれて」 

男「そりゃバラされたらヤだもん」 

女「……」 

女「ごめんなさい…罰なんて言って散々弄んで…」 

男「いや、俺もお前の寝込みを襲うような事して…」 

女「…元から皆にその事をバラす気なんてなかったの」 

男「え?」 

女「ただ、男とああいう事をするいいきっかけだと思って…」 

女「いきなりし、しごいて。なんて言えないでしょ?普通…」 

男「じゃ、じゃあ女は俺とああいう事したかってって事か?」 

女「……」カァ 

男「oh…」 




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:31:06.25ID:5X9N4OL/0
ベタなのが一番来る 
はよはよ 




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:32:22.15ID:VMvX++JX0
ちょっとたまらんのだけど 




158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:34:02.32ID:doSv7csl0
女「男…」 

女「ごめん…なさい…」 

男「いやいや全然いいって」 

男「(出せないのは辛かったが基本気持ちよかったしな…)」 

女「…」 

ギュウ 

女「こんな時に言うのも変かもしれないけど…」 

男「……?」 

女「あなたが好き…」 

女「昔からあなたが大好きだった」 

女「おとこぉ…」 

ギュウウウ 

男「え、…お、女…?」 




162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:38:31.87ID:doSv7csl0
女「男とえっちな事…してる間に…」 

女「我慢…できなくなっちゃって…」 

女「本当に好きなの…どうしようもないくらい…」 

男「ま、マジでか……」 

女「好きじゃなきゃ、男じゃなきゃあんな事しない…」 

男「俺…は…」 

男「(女の事…好きか?)」 

男「(体と顔が好きなだけなんじゃないのか?)」 

男「(いや……)」 




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:40:42.49ID:doSv7csl0
~~~~~~ 
男友「また愛妻弁当かぁ~?」 

男「バカ、ちげーよ」 

パカッ 

男「うまそ~」 

男友「おお、全部手作りっぽくない?」 

男「いつもそーだよ」 

男友「いいなぁ~」 

男「…女…」モグモグ 
~~~~~~~~~~ 




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:42:53.45ID:doSv7csl0
~~~~~~~~ 

女「男、まだ数学の課題終わってないの?」 

男「…そうだけど…」 

女「…ホントにばかね…」 

男「……」 

女「ほら、手伝ってあげるから終わらせちゃいましょ?」 

男「…ありがと女」 

~~~~~~~~~ 




167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:46:08.78ID:doSv7csl0
~~~~~~ 

女「男…」 

ギュ 

男「なんだよ暑苦しいなぁ…」 

女「男ぉ…」スースー 

男「……可愛いなコイツ…」 

男「…おやすみ女…」 

~~~~~~~ 




168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:48:12.60ID:doSv7csl0
男「女」 

女「?」 

男「俺も好きだ、大好きだぞ」 

女「っ…!」ブワッ 

男「えっと…こういうときは…」 

女「ひっぐ…おと…こぉ…」 

男「おい」 

女「…?」 

チュッ 

女「!!」 




171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:51:32.97ID:doSv7csl0
女「男…」 

男「お、女」 

女「男が…キスしてくれた…」 

男「あ、ああ したぞ」 

女「ファーストキス…」 

男「いや小さい時散々したろ」 

女「小さいときのはいいの!」 

男「はぁ…そうですか…」 

女「…嬉しい……」 




173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:55:01.84ID:doSv7csl0
女「前、私が寝てるとき…」 

男「(この事件の原因な…)」 

女「男…私にキスせずに体ばっか触ってたから…」 

女「体にしか興味無いのかなって思って…」 

女「だから…嬉しくて…」 

男「なら何度でもしてやる」 

チュッ チュム… 

女「ん…」 

クチュ 

女「んっ…んんっ」 

男「…ん」 




176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 00:58:12.92ID:doSv7csl0
・ 
・ 
・ 
・ 
男「はぁ~帰ってきたぁ~」 

女「そうね」 

男「女、どうすんの?」 

女「…泊まりたい…」 

男「え?」 

女「泊まってっていいかしら…男」 

男「うん!もちろん」 

女「今日も一緒に寝てくれる?」 

男「喜んで!」 




177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:01:41.17ID:doSv7csl0
・ 
・ 
・ 
男「女、いい匂いだな…」 

女「んっ…」 

女「…男…」 

男「なんだ?」 

女「最後の罰…ううん、お願い 聞いてくれる?」 

男「ああ、できる限りなら」 

女「えっとね…」 

女「その…私と…え…」 

男「なんだって?」 

女「私と…エッチ…してください……」 




179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:05:45.35ID:doSv7csl0
男「え、えええええっち!!?」 

女「うん…」 

男「おれのチンコがお前のマソコに入るってことだぞ!!?」 

女「…///」 

男「い、いいのかよ…」 

女「男と…したいから……」 

男「……じゃあ、しよう 待ってろちょっとゴム…」 

女「男…嫌」 

男「は?」 

女「そんなの、なくていい」 

男「っつてもお前…」 

女「結婚して、男」 




181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:08:40.59ID:doSv7csl0
男「話が急すぎるって…!」 

女「男としたいの…夫さんになってほしいの…」 

男「お、お前キャラ変わりすぎ…」 

女「そりゃ今まで照れ隠しばっかしてたもん…」 

男「わかった…わかったってするから、結婚」 

男「幸せにしてやるよ、女」 

女「男ぉ…」カァ 

男「じゃ、するか」 




185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:14:35.82ID:doSv7csl0
男「ほら、足広げて」 

女「…ん」くぱぁ 

女「恥ずかしい…」 

男「いやぁ…ほんっとに綺麗だわ」 

女「ばかぁ…」 

ツンツン 

女「んんっ!…」 

男「すっげぇ濡れてる…」 

女「好きな人とこんなことしてるんだもん。当たり前でしょ…」 

男「…そっか」 

ピトッ クチュ 

女「あっ…当たってる…」 

男「やるぞ、女」 




187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:18:13.30ID:doSv7csl0
チュッ 

女「男…」 

男「!」 

ギュウウ 

女「大好きっ…!」 

ニュプ ミリミリミリ 

男「(う、きっつっ!)」 

女「あっ!ああぁっ…!」 

男「女!痛くないか?」 

女「んんっ…ちょっとだけだから…大丈夫…」 

女「だから、気持ちよくなろ?」 

男「じゃあ、動くぞ!」 




190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:23:04.86ID:doSv7csl0
ニュチュ ニュチュ… 

女「奥まで…全部入ってる…」 

女「すごい…」 

男「やべっ…気持ち良すぎる…!」 

ニュポニュポ クチュ 

女「あっあっ…んんっ…私も…気持ちいい…」 

女「(すごい…気持ちいい…)」 

女「(どうかしちゃいそう…)」 

ニュチュ ニュポニュポ 

女「あっ…あっ…あぁあっ…!」 




192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:26:39.34ID:doSv7csl0
クチュクチュ ニュル 

男「お、ん…なぁ…はぁっ…」 

女「ぬるぬるしてて…あっ!…」 

女「気持ちいよぉ…男ぉ…」 

男「女ぁ…くぅっ…」 

パンパンッ 

女「ひゃぁ…んっ…ぁあ!」 




193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:30:27.52ID:doSv7csl0
ニュプッ ニュプッ 

男「女、まだいけるか?」 

女「うんっ…うんっ…」 

女「あんっ…あぁ…あっ…あんっ」 

女「もっとぉ…もっといっぱい突いてぇ!」 

男「女っ…可愛すぎっ…」 

女「あっ!あっ!ふぁあっ…んっ!」 

パンッパンッ 




195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:36:01.92ID:doSv7csl0
男「女、もっと激しくするぞっ…」 

女「ひゃいっ…んんっ…」 

グニュグニュ クチュクチュ 

女「あぁぁぁっ! んっんっ…あんっあぁぁっ!」 

パンパンパンパン 

女「あぁん!あぁっ!あんっ!だ、だめぇ…」 

男「はっ、はっ、くっ…」 

女「男ぉ…おとこぉ…!」 

クチュン ニュチュチュ 




197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:41:07.93ID:doSv7csl0
男「女っ…そろそろ限界だ…!」 

グポッグポッ 

女「やっ…あぁぁん!だめぇ…そこぉ…んんんっ…!」 

グポッ ニュポニュポ 

女「やだぁ…あぁっ!あぁ!んんっ!」 

男「女…!」 

パンパンパンパンパン! 

女「おとこぉ…!だめっ…だめぇ…あぁあんっ!」 

男「出すぞっ!」ビュルルル 

女「おとこぉ、おとこぉ…んっ…あっ…あっ…」ビクンビクン 




198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:45:28.76ID:doSv7csl0
女「男っ…」 

ギュゥゥ 

男「はぁっ…はっ…女っ…」 

男「悪かった…ちょっとやりすぎたな…」 

女「大丈夫…」 

男「これで…二人とも脱童貞、脱処女だな」 

女「男に初めてあげれてよかった…」 

男「お、俺だって」 

女「男…」チュ 

男「女ぁ…」 




199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:46:30.92ID:hg3nqixEO
俺も脱オナ禁だ 




200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 01:48:50.93ID:doSv7csl0
女「男ぉ…おとこぉ…」 

女「好きっ、大好きっ!」 

男「女、好きだぞ」ギュウ 

女「…私…幸せ…」 

男「俺もだよ…」 

女「これからもずっとよろしくね男」 

女「ううん、あなた」 

男「ちょ、まだ気が早いって!」 

女「ふふっ」 






                    ~おしまい~ 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。