スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「ハーイ今開けます」ガチャ 鈴「ハハ…き、来ちゃった…」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

13 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 03:03:10.23 ID:KUxyEmPs0
一夏「大丈夫か?なんか顔色悪いぞ」 

鈴「な、なんでもないよ」 

鈴(なにやってんだろう私) 

鈴(やっぱり盗撮されて脅されてるなんて相談できないよ……) 

鈴(でも不安に押し潰されそうになって……そしたらこいつの顔が見たくなって……うぅ) 
16 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 03:13:48.41 ID:KUxyEmPs0
一夏「とりあえず上がれよ。麦茶でいいよな」 

鈴「あ!い、いいよ。ちょっと寄っただけだもん」 

鈴(盗撮犯に指定された場所にいかなきゃ……ううぅぅ) 

一夏「ん、そっか」 

鈴「うん!じゃ、じゃあね」ジワ 

一夏(涙?) 

一夏「ちょっと待てよ、おい」 

鈴「う……ううぅ…ぐすっ、一夏ぁ」 





続きどうぞ 


17 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 03:14:23.41 ID:XgDcorh8i
鈴ちゃん盗撮とか 





何故ばれた 

22 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 03:22:46.29 ID:C33ucBfK0
シャル「この動画をネット上に流されたくなかったら金輪際一夏に近付かないでね」 

25 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 03:52:52.42 ID:KUxyEmPs0
一夏「どうしたんだよ?なんかあったんだろ!?」 

鈴(誰かに相談したら名前付きでネットに流すって……) 

鈴「な……なんでもないよっ……心配させてごめんね、さよならっ」 

一夏「あ、おい」 

タッタッタッ…… 

一夏「……」 

一夏「なんでもない。そんなわけねえよな」 

一夏(多分俺には言いにくいことだったんだろうな) 

一夏(……後を追うか) 






27 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:02:17.01 ID:KUxyEmPs0
タッタッタッ 

一夏(街外れの廃工場か……ずいぶんと寂しいところだな……) 

鈴「……」キョロキョロ サッ 

鈴「……約束通り来たわよ」 

男「こんにちわ、鈴ちゃん。もし来なかったらどうしようかなって思ってたんだよ」 

鈴「………」 

男「あれっ、なんか目が腫れてない?泣いてたの?」 

鈴「うるさいわね!」 

29 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:07:09.78 ID:KUxyEmPs0
一夏(物陰に隠れて、と……何やってるんだ?あの男は誰だ?) 

男「まあいいや。約束の物は?」 

鈴「……」スッ 

男「おお!鈴ちゃんの下着!ちっちゃくて可愛いね!」 

鈴(くそう……公衆トイレにカメラが仕掛けられてたなんて……) 

一夏「……!!」 

30 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:13:52.30 ID:KUxyEmPs0
鈴「もういいでしょ!早くデータ返してよっ!!」 

男「……それはもう一つ頼まれごとをしてくれたらね」 

鈴「!」 

男「おっと、ISで殴っても良いけど、そのときは僕の仲間が流す手はずになってるって言ったよね」 

鈴「……なによ、お願いって」 

男「それはね、鈴ちゃんの通ってる学校にカメラ設置して欲しいんだ」 

鈴「!!!」 

一夏「あのやろう……!」 



33 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:20:58.15 ID:KUxyEmPs0
鈴「そんなのっ……できるわけが」 

男「更衣室と、トイレだけで良いからさ。つけ方も教えるよ」 

男「学校の大体の構成は把握してるんだ。だから鈴ちゃんの寮の部屋も分かったんだよ」 

鈴(封筒が部屋に届いたときのは不思議だったわ……何で部屋番知ってんのよ!)ブルッ 

男「だからさ、君の友達の可愛いところを撮って、僕に渡して欲しいんだ」 

男「もちろんこれは僕だけのコレクションにする。鈴ちゃんもこれで解放されるよ」 

鈴「ふざけないでよ!友達を売れって言うの」 


34 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:26:36.06 ID:KUxyEmPs0
男「……まあ、別に良いけどね。鈴ちゃんは友達を庇って自分だけ晒されちゃうんだ」 

鈴「!」ブルッ 

男「かっこいいねー。でもネットに流されたら守った友達からは引かれちゃうねー」 

男「好きな相手にも距離とられちゃうな、こりゃ。こういう事件に関わった子ってめんどくさいんだ」 

鈴(ど、どうすれば……) 

鈴「……う、うぅぅ……」ポロポロ 

一夏(鈴!) 


35 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:33:58.01 ID:KUxyEmPs0
一夏(出るか!いや、あいつをぶっ飛ばしたら仲間が流すって言ってるし…) 

男「泣いてないでさあ……どっちにすんのか教えてよ」 

鈴「うわぁぁん……!ぐすっ……ひぐっ……う……」 

男「……」 

男「泣いてるところも可愛いね」スッ…… 

ドンッ 

鈴「!?かはっ……?」ガクッ 

男「あまりにも可愛いから腹パンしちゃったよ♪」 



37 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:42:03.25 ID:KUxyEmPs0
鈴「ぐっ…かはっ……げほっげほっ」フルフル 

男「膝折ってないでさあ……」 

鈴「はぁ…ううぅ」 

男「ちっ。しばらく会話できそうにねえな」 

男「おい、来週の火曜日の12時にここに来い。それまで返事は待ってやる」 

鈴「はぁ…はぁ…」 

男「変な気は起こすなよ。おまえの写真のデータはしっかり残ってんだからな」 

男「ま、一週間せいぜい悩んでくれや」 

スタスタ 

鈴「……来週までに……」 

鈴「う、うわぁぁぁぁぁん!」 

鈴「げほっげほっ、ぐすっ……うぅぅうううぅぅぅ…ひくっ…ひくっ」 

一夏「鈴」 

39 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:46:15.47 ID:DWROhMwJ0
鈴ちゃん…(・ω・`) 

40 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 04:52:13.61 ID:KUxyEmPs0
鈴「!ごほっ……一夏っ!?なんで……ひくっ…ここに……!?うぅぅ」 

一夏「……」 

ギュウウウ 

鈴「ふぇっ!?一夏がわたしを抱きしめ…」 

一夏「後をつけたんだ。鈴があんな顔するなんて、心配でさ」 

鈴「はぁ……うっうっ……ぐすっ……いぢがぁあ」 

一夏「おまえは俺に知られたくなかったとは分かってたんだ。でもさ、気づいたら今こうしてるよ」 

一夏「ごめんな……もっと強引にでも話を聞いてやるべきだったよ」 

鈴「ごほっ……いちかぁ、私、わたし、どうすればいいのぉ……?」 

一夏「安心しろ。手は打つよ。鈴だけに苦しい思いをさせない。後は俺たちに任せとけ」 

鈴「俺たち……?」 

41 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:02:09.46 ID:KUxyEmPs0
ピッピッピッ Prrrrrrrr 

弾「おう、どうした?」 

一夏「弾か?今日店休みだろ?ちょっと何も聞かずに協力してくれないか」 

弾「……女がらみか?」 

一夏「まあ、そうだけどさ」 

弾「いつもおまえの騒動には女が絡んでっからなあ。で、なによ」 

一夏「工場の方角からな、薄汚れたパーカー着た痩せぎすな男が街に来ると思うんだ」 

一夏「その男をこっそりつけて、何してるか連絡くれ。俺もすぐ向うからさ」チラッ 

弾「はいはい、OKよ」 

一夏「……」チラッ 

鈴「ぐす……ううぅぅ」メソメソ 

一夏「あ、ごめん。すぐ行くって言ったけど多分時間かかるかも」 

弾「……それも女の用だろ?」 

一夏「まあな。でも頼んだぜ」 

43 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:12:03.51 ID:KUxyEmPs0
ピッ 

鈴「ううっ」 

一夏「鈴、おまえばかり苦労してたんだな」 

鈴「一夏っ……私、ずっとこんな陰の中で生きていくのかな?」 

鈴「お父さんも、いなくなっちゃうし……ISだって、箒たちと差が付いてるし」 

鈴「もう、嫌だよ……疲れたよ……」 

一夏「……とりあえずここを出よう。そうだ、帰り道でジュース買ってやるよ」 

一夏「ほい、来いよ」 

背中を見せてしゃがむ一夏 

鈴「え、おんぶ?」 

一夏「ああ。鈴は軽いから平気さ!」 

45 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:23:56.21 ID:KUxyEmPs0
鈴「……えっと」 

一夏「どうした?遠慮はいらないぞ」 

鈴「じゃ、じゃあ……」ポスッ 

一夏「よし、行くか!」 

鈴「一夏あ……」ギュッ 

鈴(……なんだか、お父さんみたい) 

一夏(足腰が強くなってるから、鈴ぐらいの重さならずっと歩けるな。稽古してくれた箒に感謝だな) 

一夏「あ、そうだ。鈴」 

鈴「なに?」 

一夏「さっき俺が協力者に電話したろ?そいつにおまえが盗撮にあったことを話さなきゃいけなくなるかも知れん」 

一夏「もちろん絶対に漏らさせないし、そもそもこういうことを他言するような奴でもないんだ。そこは安心してくれ」 

鈴「……一夏が信頼してるなら、私も信頼するよ」 

46 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:29:41.85 ID:KUxyEmPs0
一夏「そっか……今日は疲れたろうから、ゆっくり休めよ」 

鈴「……ごめんね。一夏は今頃家でのんびりしてるはずだったのに……」 

一夏「気にするなよ!そんなこと言うより、いつも通りの元気な鈴に戻ってくれる方がずっと嬉しいぞ」 

鈴「……う、うん!」 

一夏(お、ちょっと元気出てきたな!よしよし) 

―――――― 

―― 

― 

47 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:35:10.04 ID:XgDcorh8i
きれた一夏さんヤバそうだな 

48 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:39:58.87 ID:KUxyEmPs0
一夏「悪い、遅くなった」 

弾「よう。ターゲットはパチンコ屋に寄った後、6時半ごろに出てるぜ」 

一夏「そんで仲間一人と合流した後、このスーパーで買い物中……って訳だな」 

弾「出てきた後はどうする?家までつけるのは当然として」 

一夏「部屋に入る前に勝負を決めるよ」 

弾「お、出てきたぞ!」 

一夏「追うぞ!」 


49 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:45:17.63 ID:KUxyEmPs0
弾「なあ、ちょっといいか?」 

一夏「なんだ?」 

弾「おまえが助けようとしてる女の子ってどういう子なんだよ?」 

一夏「悪いけど、その子の気持を考えると、あまり言いたくはないんだ」 

一夏「でも、おまえは協力してくれてるわけだし、まったく教えないっていうのもどうかと思ってる」 

一夏「どうしてもっていうなら、教えてもいいんだ。その子の許可は取ってるし、おまえが絶対に他言しないという条件付きでだけどな」 

弾「いや!わかった!皆まで言うな!」 

一夏「?」 


51 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 05:55:48.15 ID:KUxyEmPs0
弾「おまえの言い方から察するに、とてつもなく繊細でか弱いお嬢様と見た!」 

一夏「え?」 

弾「おまえが羨ましいぜ、そんな美少女から頼られるって、気分いいだろうなあ」 

弾「いや、まて、俺もその子を助け出す十字軍の一員なんだよな……よし、なにがなんでもやり遂げるぜ!」 

一夏「おいおい……ってそろそろ奴らがマンションに着くぞ」 

一夏(どうする……やはり奴らが部屋に入る直前に確保するか?) 

一夏(いや、そのあとはどうする?あいつが騒いだら、マンションの住人からしたら俺たちが悪者に見えるかも) 

弾「よしっ!ここらで俺のマル秘テクを見せてやっか!」ピッピッピッ 

弾「もしもし、警察ですか!?ちょっと○○っていうアパートの前で、喧嘩が始まってるんですけど!」 

一夏「!」 

52 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:00:17.49 ID:KUxyEmPs0
―――――― 

――― 

― 

鈴「一夏、大丈夫かなあ」 

鈴(あのとき、一夏がいてくれなかったら……) 

鈴(一夏って、辛いときにいつもそばにいてくれるのよね) 

鈴(ありがとう……) 

鈴(でも、本当に私が盗撮されたことを知られることなく収めてくれるのかな?) 

鈴(帰ってきたら、一夏と弾にお礼を言おう) 


54 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:12:07.85 ID:KUxyEmPs0
―――――― 

――― 

― 

一夏「通報するのは早いんじゃないのか?」 

弾「いいから。おまえは奴らを押さえたあとのことを心配してるんだろ?住人に俺らが悪いと勘違いされるのをさ」 

弾「今俺が通報したから、まもなく警官がここにくるだろう。それと並行して、上の階で俺らがあいつらを捕まえる」 

一夏「そうか、警官も怪しく思って上の階に来る。ここで俺らが『こいつ盗撮してるんです』って大騒ぎするわけか」 

弾「そう!奴らもとっさに知らん顔に声かけられて、すぐ警官が来るんだからうまく対処できないぜ」 

一夏「それでいこう!でも、……おまえ、いつもこんなことやってるのか?手慣れてるな」 

弾「こ、細かいことはいいんだよ。ほら、奴らエレベーターに乗ったぞ」 

一夏「しまった!弾は回数表示を見て電話で何回に止まったか教えてくれ、俺は階段でいく!」 


55 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:12:49.26 ID:kp8UUCHG0
マンション?アパート? 

56 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:21:39.11 ID:KUxyEmPs0
弾「急ぐのはいいが、階段踏み外すなよ!」 

一夏「おう!」ダンダンダン! 

一夏(あいつ……鈴をあんな目に合わせやがって……絶対に許さねえ!)ダンダンダン! 

弾「5階だ、5階に止まった」 

一夏「行き過ぎたか、くそ」タンタンタン 



男「いや~今日は良いもん手に入ったわ」スタスタ 

中年「お、例の女子高生のパンツですか?」 

男「おう!あとな、良い経験もさせてもらったわ」 

中年「なんですなんです?」 

男「おまえ、女の腹殴ったことあるか?あれは癖になるぞ~~」 

中年「ええ~~外道っすねえ」 

男「まあまあ、今度おまえにも殴らせてやるよ。結構クルぜ、あの感覚は」ガチャ… 


57 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:27:16.94 ID:KUxyEmPs0
一夏「あれえ!あなたどっかで会いませんでしたっけ?」 

男「!」ビクッ 

中年「なんだ、おまえ」 

一夏「どっかで見た顔だなあと、思ったんですけどね」 

男「……帰れ。餓鬼が、警察に通報するぞ」 

中年「こいつ、どっかで見ませんでしたか?昔ニュースになってたような」 

一夏(警官が来るまでの時間稼ぎだ……) 



>>55 
ほら、リアルでもよくごっちゃになるじゃない…… 

61 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:34:52.78 ID:KUxyEmPs0
一夏「いやあ~~なんか似てるなって思ってたんですけどね~~」 

弾「ほら、こっちっすよ!大声でやってるでしょ」 

警官「確かに」 

一夏「(来たか!)でも、先輩に盗撮の趣味があったなんて、意外だなあ!!」 

男「なっ!」 

警官「!」ピク 

中年「な、何言ってやがる!」 

一夏「女子高生のパンツがどうとか言ってたじゃないですか。持ってるんでしょ」 

一夏(俺が注意を惹く!弾は奴のかばんを奪い取れ!)アイコンタクト 

弾(OK牧場の決闘)アイコンタクト 

男「なにをこいつ……あっ!」バッ 

弾「中を検めてください、おまわりさん」スッ 

62 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:43:01.90 ID:KUxyEmPs0
ザワザワ ナンダ? ジケンカ? 

男「きさまら……あの娘の仲間か……あいつ、ばらしやがったなあ!」 

一夏「!」 

男(ち、ちくしょう。こうなったら、あの女も道連れにしてやる……) 

男「ああ、そうさ!俺はちゅうごっ」ドゴォ!!「………!!」 

男「ぐっ……がっ……(こいつみぞおちに……息が)」 

一夏(鈴のお返しだ、変態野郎) 

警官「君、これはどういうことかね」 

男「……」フルフル 

弾「都合が悪いから黙ってますね」 


63 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:50:37.85 ID:KUxyEmPs0
一夏(あとは……) 

中年(こいつ、相棒のみぞおちに的確に決めて……)ブルブル 

一夏「……」ギロッ 

中年「は、白状します!俺たち盗撮してました!許してください!」 

警官「ち……まず交番まで来い」 

―――――― 

――― 

― 

一夏「ふう、終わったか」 

弾「俺の機転があってこそだな。おまえの突きも見事だったけど」 

一夏「事情聴取に付き合ってたらこんな遅くなっちまったな。千冬姉に電話したら不機嫌そうだったよ」 

弾「へっへっ、俺も蘭の奴が『お兄どうしたの』だってよ。だが俺は黙して語らず!カッコよすぎるな」 

64 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 06:56:58.51 ID:KUxyEmPs0
一夏「まあ、おまえがいてくれて良かったよ。助かったぜ」 

弾「まあ良いってことよ。これはすべて、邪悪な毒牙にかかった弱きお嬢様のための……」 

「「「「ああーー!」」」」 

箒「一夏!おまえこんなところにいたのか!」 

シャル「今日のお昼に皆一夏の家に行ったのに!」 

セシリア「要件も言わずに出て行くなんて、先生も心配していましてよ!」 

ラウラ「連絡の徹底はすべての組織の基本だぞ!」 

一夏「あっ!」 

弾「おお、美女ばかり!」 

65 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:04:05.34 ID:KUxyEmPs0
セシリア「一夏さん、私たちがどういう思いをしたのか知ってまして!?」 

箒「千冬さんに『上がって待っていろ』と言われたのはいいものの、落ち着かなかったんだからな!」 

シャル「先生、ソファに座ってる僕たちを審査するような目で見てくるんだもん」 

ラウラ「あれはいいものだった……久々に教官分を補充できた」 

一夏「あ、ええと」 

弾「……じゃあな一夏!邪魔しちゃ悪いから帰るわ!また似たようなことあったら言えよ!」 

一夏「あ、おい!」 

一夏「あいつがねえ……セシリアたちに話しかけずに帰るとは」 

弾(今はお嬢様を救出した英雄の気分に浸ってたいんでな!) 

箒「一夏、おまえはこんな時間まで何をしていた?」 

67 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:11:40.17 ID:KUxyEmPs0
一夏「え、ええーと、弾とゲーセン行ってたんだ」 

セシリア「ええ!ずっと遊んでたわけですの!?」 

一夏「遊びっていうか、シミュレーションだよ!ズンダとかタッグプレイの呼吸の感覚とかを勉強する機械!」 

ラウラ「ほう、そんなものが娯楽施設にあるのか!」キラキラ 

一夏「まあな、こんどラウラも連れていってやるよ」 

箒「……貴様には呆れたぞ」プイッ 

セシリア「少々幻滅しましたわ……」スタスタ 

シャル「んー、ゲームばっかりしてちゃだめだよ?僕も遅いから帰るね。ラウラもおいで」 

ラウラ「おう」スタスタ 

一夏「あっ…」 

一夏「でも本当のこという訳にはいかないしな……」 



69 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:20:40.59 ID:KUxyEmPs0
一夏「勘違いされたままって、結構きついんだろうが……ま、仕方ないか」 

一夏「結構家まで遠いな。ゆっくりと歩いて帰ろう……」トボトボ 


タッタッタッ 

一夏「ん?向こうから誰かが……」 

一夏「箒に弾に……ていうか皆!?」 

箒「はぁはぁ、おまえ!話は聞いたぞ!」 

セシリア「さすが私の見こんだ男性ですわ!」 

シャル「一夏!さすがだね!」 

ラウラ「ふふん、それでこそ私の嫁だ!」 

一夏「え……?」 

鈴「一夏」 


71 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:28:20.38 ID:KUxyEmPs0
一夏「鈴!おまえまで……!」 

鈴「一夏、私、もう一回一夏に会いたくなって探し回ってたの」 

一夏「安心しろ、俺たちはうまくやったぜ」 

鈴「うん、弾から聞いた!ありがとう!」 

弾「……………………………」 

鈴「そんでね、探してる途中で箒たちに会ってさ」 

鈴「そしたら皆『一夏はずっと気楽に遊んでた』って言うのよ。それで、一夏がわたしを気遣って黙ってくれたってことがわかってさ」 

鈴「でも私のせいで一夏が皆の信用失っちゃうのが耐えれなくてさっ……」 

72 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:30:35.79 ID:p+UFI5bvO
鈴は可愛いなぁ 

73 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:33:37.32 ID:KUxyEmPs0
鈴「そんで、うまく言えないけど、私のために頑張ってくれる一夏と、自分の恥ずかしい事情を天秤にかけたらさっ……」 

弾「自分から告白してしまいましたって訳よ。帰る途中でこいつを見かけて何やってんだと思いながら目で追ってたらこれだよ」 

一夏「鈴……優しい奴だな、おまえは」 

箒「急に涙ぐんで訴えてくるから何事かと思ったぞ」 

セシリア「鈴さんも今まで誰にも相談できなくて、お辛かったんでしょうに」 



74 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:35:49.46 ID:kI+4bzSs0
セ尻ア可愛い 

75 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:36:43.71 ID:aaHUHH8BO
オルコット様は最初から見抜いていた 

76 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:40:50.94 ID:Cl/FJ/1A0
弾・・・・・・・・ 

77 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:41:45.49 ID:KUxyEmPs0
鈴「弾も、その、ありがとうね」 

弾「まあ、こいつとは結構付き合い長いしな。そりゃ最初はお嬢様はこいつだったのかと思ったけどな」 

弾「このちんちくりんが泣かされてたんだとわかったときは、なぜか捕まえたはずの犯人への怒りがもう一回燃え上ってきたんだ」 

ラウラ「む!貴様、少々口が悪いぞ!」 

シャル(一夏はお友達も良い人なんだね) 

鈴「ずっと、悩んで生きていくのかと思ってたけど……周りには皆がいたのよね」 

鈴「変な目で見られちゃうかと思ったけど、皆全然そんなことなかった……うぅ」ポロッ 


79 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:45:55.20 ID:KUxyEmPs0
鈴「う……うぅう………皆……ぐすっ……」 

箒「鈴!」 

シャル「大丈夫!?」 

セシリア「どうかなさいましたか?」 

ラウラ「もう泣かなくてもいいんだぞっ!」 

鈴「う、ううう……」ポロポロ 

一夏「鈴」 

80 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:46:13.44 ID:rKKjNmQa0
1組にしか相談出来そうな人がいないなんて辛いよね 

81 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 07:50:39.38 ID:KUxyEmPs0
鈴「……?」 

一夏「ほい、おんぶ」スッ 

鈴「う……う……」トサッ 

鈴「うわぁぁぁん……!」 

一夏「よいしょっと」 

弾(良いショット) 

ラウラ「泣いているのは、まだ心の傷が癒えていないということか?」 

シャル「違うよ、あれはさ………」 

83 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 08:03:04.38 ID:KUxyEmPs0
鈴(温かい。体も、心も) 

一夏(こんな小さい体に、世の中ってやつは厳しい仕打ちをするんだな……) 

一夏(これからも俺が守っていかなきゃな) 

一夏「そうだ、皆、晩飯はまだか?俺の家に来るなら作ってやるぞ!」 

箒シャルラウラ「行く!」 

セシリア「ふふ、私も料理してさしあげますわ」 

弾「(お嬢様の料理!)よっし、おれも行くぜ!一夏、おまえのはいらねえぞ!」 

一夏「鈴もおなか空いてるだろ!腹いっぱい食ってくれよな!」 

鈴「……う、うん!ねえ、一夏!」 

一夏「おう!どうした?」 

鈴「その、ね………あの……えいっ!」チュッ 
これまでの記事
一夏「!」 

鈴「えへへ!さあ、一夏!家に向かってゴーゴー!」 

一夏(やっと、元気が戻ったな) 

終わり 


84 : ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ :2012/01/17(火) 08:04:04.03 ID:KUxyEmPs0
見てくれた皆、ありがとう 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。