スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「最近、ラボでオカニーとやらが流行っているらしい」 

カテゴリ:シュタインズゲートSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:31:15.08 ID:HrNb4vyN0

岡部「なあ、ダル。ちょっといいか」 

ダル「なに?」 

岡部「最近、まゆりたちの間で
    オカニーとやらが流行っていると聞いたのだが、オカニーってなんだ?」 

ダル「えっ?オカリン、オカニー知らないの?
    ラボメン間の流行を把握してないなんてリーダーとしてマズいっしょ常考……」 

岡部「ぐっ……だから貴様に聞いたのだ。それで、オカニーにとはなんだ」 

ダル「そりゃあ、オカリンオナニーの事に決まってるでしょ」 

岡部「なるほど、それを略してオカニーか」 

ダル「うん」 

岡部「………」 

岡部「えっ?」 

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:32:48.00 ID:0FycW1f50

ダルに実践してもらおうか 


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:43:36.05 ID:HrNb4vyN0

岡部「ちょっと待て、ダル!オカリンオナニーってなんだよ!」 

ダル「いや、オカリンオナニーはオカリンオナニーっしょ。オカリンをオカズにしたオナニー。
    それがオカリンオナニー略してオカニー」 

岡部「……誰がそんな馬鹿げた事を言い出したのだ」 

ダル「最初に考案したのは牧瀬氏だお」 

岡部「あのHENTAI処女め!」 

ダル「それがまゆ氏やるか氏たちにも広がって、いまに至るお」 

岡部「……なあ、ラボ内にある俺の私物が最近無くなっているのはそれのせいか?」 

ダル「あっ、やっぱり気付いてた?実はそれ僕」 

岡部「………えっ?」ゾクッ 


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:06:54.60 ID:7fzaYcPXO

>ダル「それがまゆ氏やるか氏たちにも広がって、いまに至るお」 

るか氏の部分くやしく 



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:49:40.12 ID:HrNb4vyN0

岡部「ま、まさかお前ってほ、ほ、」 

ダル「勘違い乙!僕はホモじゃないお!ノーマルだお!」 

岡部「ではなぜ貴様が俺の私物を盗むのだ!」 

ダル「悔しいけど、フェイリスたんの頼みだから断れなかったんだお……
    それに、メイクイーンでサービスしてくれるし」 

岡部「貴様!俺を売ったのか!?」 

ダル「ちょっ、でもフェイリスたんに頼まれたのはオカリンの使用済み割り箸とかだし……」 

岡部「嘘を付くな!この前なんてラボに置いていた予備の白衣と下着が無くなっていたぞ!」 

ダル「あっ、それ牧瀬氏」 

岡部「」 


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:59:03.90 ID:HrNb4vyN0

岡部「下着や白衣に身の覚えのないシミが付いているのは……」 

ダル「まあ、牧瀬氏がエキサイティングした証拠でしょ」 

岡部「………ちょっと、着替えてくる」 

ダル「多分、ラボに置いてあるオカリン服全部、
    牧瀬氏のエキサイティング済みの奴しかないと思われ」 

岡部「………」 

ダル「因みに牧瀬氏、この前オカリンの歯ブラシで三時間近く歯磨きしてたお」 

岡部「Oh……」 


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:51:04.20 ID:Q7SLFl/60

実にありそうで怖い 


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:05:39.94 ID:JllQFY4H0

あのメンヘラ処女ならやりかねない 


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:08:33.68 ID:HrNb4vyN0

岡部「ま、まゆりもしているのか?」 

ダル「いや、まゆ氏は牧瀬氏と違ってそういうのはしないお」 

岡部「そ、そうか。良かった……」ホッ 

ダル「毎日オカリンの実家に行って、オカリンのベッドの中でエキサイティングしてるって聞いたお」 

岡部「少し、用事を思い出した。今から家に帰る」 

ダル「この時間帯なら間違いなく、オカリンの部屋でまゆ氏がよがってると思われ。
    まゆ氏に襲われてもいいなら帰ればいいと」 

岡部「や、やっぱり今日もラボで泊まるか!」 


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:18:35.67 ID:HrNb4vyN0

岡部「まさかとは思うが……ルカ子も、か?」 

ダル「もちのろん」 

岡部「そうか…………はあ」 

ダル「るか氏、毎日オカリンに修行(笑)の成果をメールで知らせてるらしいけど」 

岡部「(笑)をつけるな。ああ確かに毎日メールをしてくれるな。
    昨日は20回素振りをしたそうだ。全く、相変わらず非力な奴だ」 

岡部(とはいえ、毎日少しずつ回数が増えているから、修行の成果は一応出てはいるのだろう) 

ダル「その素振りってオカニーの回数なんだって」 

岡部「えっ」 

ダル「メールでオカリンにオカニーの回数報告して毎日、興奮を高めてるんだってお」 

岡部「なにそれこわい」 


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:19:40.36 ID:JllQFY4H0

確かに本番じゃないから素振りと言えなくもない 


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:22:53.20 ID:/n85GvNnI

ルカ子すげぇwwww 


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:27:18.76 ID:HrNb4vyN0

岡部「………なあ、20回って多くないか?」 

ダル「流石に僕も干からびるお」 

ブーブー 

岡部「!……ルカ子からのメール」 

ダル「今日は何回だった?」 

岡部「………25回」 

ダル「るか氏いつかテクノブレイクするんじゃね?……オカリンなんとかしてやれよ」 

岡部「俺にどうしろと……」 

ダル「そりゃあ……抜いて上げるとか?」 

岡部「余計に素振りの回数が増えそうだな」 


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:38:03.45 ID:HrNb4vyN0

ダル「メールと言えば、桐生氏も中々」 

岡部「指圧師もか……」 

ダル「オカリン、最近桐生氏から夜中にメール来るでしょ?」 

岡部「ああ、ちょうど寝る前に
    タイミングを図ったかのように来るな。面倒だから返信は次の日の朝にしているが」 

ダル「桐生氏、寝る前のオカリンにメール送った後、マンマンに携帯突っ込んで寝て、
    次の朝にオカリンからの返信メールバイブでイきながら起きるんだってお」 

岡部「もはやどこから突っ込んでいいのか分からないのだが」 

ダル「とりあえず牧瀬氏から突っ込んでみたら?物理的に」 

岡部「黙れHENTAI!」 


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:42:48.13 ID:j4eS0mgW0

もえいくが予想以上にダメだったふぅ… 


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:50:42.40 ID:HrNb4vyN0

岡部「……フェイリスもそんなHENTAIプレイをしているのか?」 

ダル「いや、フェイリスたんは普通にオカリンの使用済み割り箸をペロペロしたり、
    オカリンのオナニーティッシュで鼻をかんだりしてるだけだお」 

岡部「おい待て!割り箸はさっき聞いたがティッシュは聞いていないぞ!
    大体、俺はラボでそんな穢らわしい行為などせんわ!」 

ダル「オカリンがたまに実家に帰って抜いた時に、部屋のゴミ箱から回収してるんだってお」 

岡部「………」 

ダル「なんか僕もイライラしてきたお……」 


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:01:46.66 ID:HrNb4vyN0

岡部「というか、ダル。お前、なんであいつらのオカニースタイルをそこまで知っているのだ」 

ダル「いや、知っているも何もオカリンがいない時の
    ラボでみんな自分のオカニースタイルを自慢し合ってるから嫌でも耳に入るんだお」 

岡部「なん……だと……?」 

ダル「最初はどれが最高のオカニーかみんなで試行錯誤してたんだけど、
    今は各自で自分に合ったオカニースタイルを極めてるみたい」 

岡部「………因みにダルよ」 

ダル「なに?」 

岡部「今の状況でお前がさっき言ったみたいに、俺が誰かと付き合ったらどうなると思う?」 

ダル「nice boat」 

岡部「ですよね」 


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:13:08.91 ID:HrNb4vyN0

岡部「なぜこうなった」 

ダル「なぜって、オカリンがはっきりとしないからじゃね?」 

岡部「はっきりしない?馬鹿な!凶悪なる真実を真名に持つ
    この鳳凰院凶真のどこがはっきりしないと言うのだ!」 

ダル「牧瀬氏ラボメンに迎えて、異常なほど優しく接して
    二人で青森まで旅行まで行ったのに……関係を維持したまま放置」 

岡部「なっ」 

ダル「刺されて入院してから今まで以上にまゆ氏に過保護になって
    僕が居る前でも二人でイチャイチャしてたのに……牧瀬氏がラボメンになったとたんに放置」 

岡部「ち、違う!それは……」 


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:17:21.66 ID:AX3lClNs0

岡部って罪作りだな 


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:25:47.73 ID:HrNb4vyN0

ダル「まゆ氏と同じく、今まで以上に距離を縮めて毎日神社に行って修行(笑)して、
    メールのやり取りをし、たまに手料理を食べさせて貰っておきながら……るか氏を放置」 

岡部「ほ、放置ってなんだ!俺はそんな……」 

ダル「初対面の桐生氏相手に自分からガンガン話し掛けて、
    たまに桐生氏の部屋を掃除しに行ったりして、今ではオカリンとだけは
    メールを使わず直接話すようになった桐生氏を……放置」 

岡部「だ、だから放置って言うな!」 

ダル「なんか急に僕以上にメイクイーンに通うようになって、挙げ句の果てに
    休日に家に遊びに行って二人っきりで雷ネットを教えて貰うような関係になりながら……
    フェイリスたんを放置」バンッ 

岡部「壁を殴るな!穴でも空いたらMr.ブラウンに殺されるだろうが」 


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:42:34.28 ID:HrNb4vyN0

ダル「あれだけフラグ立てといて放置されれば誰だってオカニーするお」 

岡部「ふ、フラグって……俺は普通にあいつらとラボメンとして接しただけであって他意は……」 

ダル「わざわざバイトで金貯めて
    牧瀬氏にオーダーメイドのフォークをプレゼントしたのもラボメンとして?」 

岡部「そ、そうだ」 

ダル「二人っきりのラボではあだ名じゃなくて名前で呼ぶって聞いたけど」 

岡部「それはあいつが……名前で呼ぶと嬉しそうな顔をすりから、二人っきりの時だけは、そのっ」 

ダル「まゆ氏と出掛ける時は必ず手を繋ぐようにしてるみたいだけど、それもラボメンとして?」 

岡部「ふっ、それは違うな。あいつは俺の人質だから逃げられないようにしているだけだ」 

ダル「この前、まゆ氏に膝枕して貰って昼寝してたけど」 

岡部「そ、それも、ひ、人質としての義務なのだ、ふ、フゥーハハハ……」 


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:50:38.77 ID:HrNb4vyN0

ダル「明らかにラボメン以上の関係として接してる件について」 

岡部「そ、そんな事はない!」 

ダル「この前なんかるか氏と一緒にデートしたとか」 

岡部「し、しとらんわ!たまたま街で会って一緒に飯を食っただけだ」 

ダル「あのケチなオカリンが奢ったって聞いたけど」 

岡部「ルカ子と割り勘なんてできるか!周りからの視線を考えろ」 

ダル「どう見てもデートです。本当にありがとうございました」 


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:01:32.02 ID:9YugWqDZ0

おか…凶真さんは神社の跡取りになるべきです 


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:23:45.01 ID:9YugWqDZ0

最後にはまゆりと結ばれて終わるべきなのです 


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:06:22.11 ID:HrNb4vyN0

ダル「週一で桐生氏の部屋に通っているのは
    明らかにラボメンの関係を越えてる気がすんだけど、それは?」 

岡部「それはあいつが掃除のできない奴だからだ。
    ラボメンのあらゆる部分をケアするのもリーダーとしての役目なのだ」 

ダル「前の土曜日は桐生氏の家に泊まって
    翌日はフェイリスたんの家で雷ネットしに行ったけど………どういうこと?」バンッ 

岡部「あ、あれは掃除に手間取って遅くなったから萌郁に泊まっていかないかと言われて、
    それに従っただけであって、べ別にやましい事などない!
    次の日はフェイリスと約束をしていたから、その足でフェイリスの家に向かっただけだ」 

ダル「……んで、フェイリスたんの家にも泊まって次の日大学を休んだ、と」 


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:16:29.07 ID:HrNb4vyN0

岡部「そ、それは……つい雷ネットに夢中になって気付いたら朝になっていたんだ」 

ダル「……んで、フェイリスたんと寄り添って寝たんだよな」バンッ 

岡部「な、何故それを!?というか、何故お前はそこまで知っている!?まさかこれもか!」 

ダル「オカリンがいない間にみんなで自慢し合ってるお」バンッ 

岡部「」 

ダル「……あっ、穴空いた」 


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:27:54.30 ID:HrNb4vyN0

ダル「なあ、オカリン」 

岡部「……なんだ」 

ダル「正直言って、ラボメン以上の関係として牧瀬氏たちと接してるよな?」 

岡部「……否定はしない」 

ダル「やっぱり」 

ダル「誰とも付かず離れず、そんな状態が続いたからオカニーが生まれたんだお」 

岡部「なあ、ダル。俺はどうすれば良かったのだ?いっその事、誰か一人と付き合った方がいいのか?」 

ダル「nice boat」 

岡部「だよな……俺はどうすれば」 

紅莉栖「だったらラボニーすればいいじゃない」 

岡部・ダル「!?」 


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:29:51.18 ID:YFmzOIaI0

!? 


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:37:17.40 ID:HrNb4vyN0

ダル「ま、牧瀬氏!?い、いつのまに」 

紅莉栖「昨日、ラボの風呂場で岡部パンツでオカニーしてたらそのまま寝ちゃって……さっき起きたのよ」 

岡部「ふ、風呂場で一晩過ごしたというのか!?
    ば、馬鹿か!あんな所で寝て風邪でも引いたらどうするのだ!」 

紅莉栖「ふふっ心配してくれるんだ、ありがと」 

岡部「いや俺はただラボリーダーとしてラボメンの体調管理をだな」 

紅莉栖「もう、誤魔化さなくてもいい」 

岡部「えっ?」 


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:41:15.51 ID:foSoNCQa0

え? 




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:56:50.76 ID:HrNb4vyN0

紅莉栖「岡部は私たちの事をみんな平等に、大切に扱ってくれている。
     岡部が私たちに向けるその気持ちはまさしく愛よ」 

岡部「愛ぃ!?」 

紅莉栖「でも愛を超越すればそれは性欲になる。
     行き過ぎた岡部への愛情がラボ内でオカニーを誘発するように」 

ダル「いや、ねーよ」 

紅莉栖「岡部は今誰かを選んではダメ。
     今みんなが満足するには、私たちが岡部をオカズにオカニーをするように、
     岡部が私たちをオカズにラボニーをするしかないのよ!」 

ダル「いや、だからねーよ」 

岡部「みんなをオカズに……ラボニー」 


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:59:20.40 ID:IJrUQvbC0

なんぞこれ 


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:59:51.44 ID:JllQFY4H0

助手頭良すぎて何言ってるかわかんない 


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:10:54.19 ID:VVy/MAng0

岡部「本当に、お前たちはこれでいいのか?」 

紅莉栖「もちろん、ずっとこのままって訳にはいかないけど……
     岡部が私たちをオカズにしてくるなら、みんな今のところは満足できる」 

岡部「俺は……」 

紅莉栖「いつか、岡部が誰かを選ぶ日がきっと来る。その時まで、私たちはオカニーで我慢するわ。
     だから、岡部もラボニーをしながら、私たちの誰を選ぶのか、いつか決めて」 

岡部「………わかったよ、紅莉栖」 

ダル「いや、わかんねーよ」 

紅莉栖「じゃあ、さっそく」ヌギヌギ 

岡部「なっ、今からやるのか?」 

紅莉栖「岡部に私を最初のラボニーの相手にして欲しいから……ダメ?」 

岡部「……わかった」 

紅莉栖「パンツとストッキング、どっちがいい?」 

岡部「ストッキングで頼む」 




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:22:18.88 ID:VVy/MAng0

岡部「……いくぞ」 

紅莉栖「うん……」ゴクリ 

ダメ(股間にストッキングを巻いた男とそれを固唾を呑んで見守る生足少女……シュール過ぎるだろ) 

岡部「スゥ………はあ」 

岡部「うおおおおおおお紅莉栖!紅莉栖!紅莉栖!紅莉栖!
    紅莉栖の生足!紅莉栖のストッキング!はあ!はあ!はあ!はあ!はあ!
    すううううううはあああああああああ」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ 

紅莉栖「はぅ……」キュン 

ダル「これはひどい」 

岡部「紅莉栖!かわいいよ紅莉栖!愛してる!ペロペロしたい!その綺麗な生足ペロペロしたい!
    ストッキング越しでいいかペロペロ!ペロペロ!足の指と指の間を
    じっくりペロペロしたいぞおおおおおうおおおおおおお!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ 

紅莉栖「おかべ、おかべ!んっ、あっ」クチュクチュクチュクチュ 

ダル「いや、もうお前らセクロスしろよ」 


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:23:14.85 ID:IvNzRLxX0

激し過ぎワロタ 





184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:29:36.73 ID:VVy/MAng0

岡部「紅莉栖!紅莉栖!かわいい!天才ツンデレかわいい!
    鈴羽と1Cmしか違わないのに控えめのおっぱいもペロペロしたい!
    うおおおおおおお!!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ 

ダル「さりげなく人の娘と比較すんなよ」 

紅莉栖「んっ、あっ、おか、おかべが私の名前を呼びながら、
     あんな気持ちよさそうに、んっ」クチュクチュクチュクチュ 

岡部「紅莉栖!大好きだ!紅莉栖ぅううううううう!
    俺だああああああ結婚してくれえええええ!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ 

紅莉栖「うん、いいよ、んっ、お、岡部なら、私、あっ、お嫁さんに、んっ、んあ」クチュクチュクチュクチュ 

ダル「今の録音したらフェイリスたん諦めるかな」 


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:38:21.29 ID:VVy/MAng0

岡部「いよっしゃあああああああ!!く、紅莉栖と結婚んんんんん!紅莉栖は俺の嫁!俺の嫁!
    こ、子供は何人ほしいいいい!!!?うおおおおおおお!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ 

紅莉栖「ふ、二人がいいな、あっ、
     お、男の子と、んっ、女の子の、ん、あっ、りょ、両方、」クチュクチュクチュクチュクチュ 

岡部「了解した!子供は二人だな!?くっ、そ、そろそろ出るぞ!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ 

紅莉栖「うん、出して!おかべの!んっ、ぜんぶ!」クチュクチュクチュ 

ダル(あれ?これってセクロスだっけ?) 

岡部「おおおおおおおおおおおおおお!!!?
    いくぞ紅莉栖ぅううううううう!!まずは一人めええええ!!!」ドピュルルルルルル 

びちゃ 

紅莉栖「あっ、きてる、おかべの、いっぱい」プシャー 

岡部・紅莉栖「………ふぅ」 


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:46:30.48 ID:VVy/MAng0

岡部「!すまない、紅莉栖。夢中になりすぎてストッキングを破ってしまった」 

紅莉栖「ううん、いいわよ。それくらい。それに私もいいもの貰ったし」ペロ 

岡部「な、舐めるな!恥ずかしいだろ……」 

紅莉栖「……」ペロペロペロペロペロゴクリ 

岡部「ちょっ、おま」 

紅莉栖「ふう、ごちそうさま」 

ダル「………」 




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 00:50:52.83 ID:VVy/MAng0

紅莉栖「どうだった?その、初めてのラボニーは」ドキドキ 

岡部「その、最初は恥ずかしかったが、今は清々しささを感じる。
    それに俺がどれだけ紅莉栖の事を想っていたのか、自覚できた」 

紅莉栖「ふぇ!?わ、私も好きだよ、岡部」 

岡部「くっ、面と向かって話されると恥ずかしいな」 

紅莉栖「そ、そうね」 

ダル(面と向かってオナニーするのは恥ずかしくないのかと) 


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 01:00:53.04 ID:VVy/MAng0

紅莉栖「でも、ちゃんとまゆりたちにもラボニーをしてあげて」 

岡部「紅莉栖……」 

紅莉栖「岡部が私の事を想ってくれるのは正直嬉しい。でも、それはまゆりたちも同じだと思う」 

岡部「まゆりたちにもラボニーを、か」 

紅莉栖「まゆりなら帽子、漆原くんなら巫女服、
     桐生さんはブラ、フェイリスさんなら猫耳を使ってラボニーをすればいいわ」 

ダル(猫耳だけって、流石に難易度高杉だろ……) 

岡部「わざわざそんなアドバイスまで……すまないな、紅莉栖」 

紅莉栖「気にしないで。でも、その……全員のラボニーをした上で岡部が私を選ぶって言うなら、
     その……不束者ですがよろしくお願いします」ペコリ 

岡部「ああ、その時はよろしく頼む」 

紅莉栖「えへへ」 


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 01:04:25.15 ID:Tom4z7jz0

ちょっと共感できないですねこれは 


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 01:06:16.93 ID:VVy/MAng0

岡部「では、行ってくるか。ラボニーに」 

紅莉栖「待って、岡部」 

岡部「なんだ?」 

紅莉栖「その……もし、もう一度私でラボニーしたくなったら、私のホテルに来てくれない?」 

岡部「ホテルに……?」 

紅莉栖「あ、あそこなら、私をオカズにする時、パンツとか選べるし、色々と便利だからよ!」 

岡部「そうか、分かった。次に紅莉栖でラボニーする時はお前のホテルでする」 

紅莉栖「うんっ、」グッ 

ダル(これ牧瀬氏、絶対襲う気満々だろ) 


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 01:19:02.78 ID:VVy/MAng0

岡部「では、今度こそイってくる」 

紅莉栖「うん、いってらっしゃい。岡部」 

岡部「まゆり、幼馴染みで抜くのは少し気が引けるが……やってやるさ」 

岡部「ルカ子、男で抜くのもかなり気が引けるが……可愛いは正義だ。イケる!」 

岡部「萌郁、前の世界線で押し倒した時、
    この手に残ったあの柔らかい胸の感触は鮮明に覚えている。余裕だな」 

岡部「フェイリス、あの小柄な体型にあの胸。イケナイ妄想がリアルブートしそうだ」 

岡部「鈴羽、あの健康的なボディラインは素晴らしい。7年後に期待だな」 

ダル「………えっ?」 


岡部「さあ行こう!ラボニーに向けて!鳳凰院凶真、未来を切り開く!」 


おわり 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。