スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏奈「またか春香。男作ってそいつに弄ってもらえって言ってるだろ」 

カテゴリ:みなみけSS

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 14:34:21.25 ID:mV2qYRnH0
春香「だ、だって……」 
夏奈「だって何だよ」 

春香「うぅ……」 

夏奈「悪いけど、私疲れてるから」 

春香「そんな……っ」 


夏奈「ここで自分でやってみな。見ててやるから」 

春香「……ぁっ……!」 
 20091700036
6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:05:45.25 ID:mV2qYRnH0
春香「はっ……あぁ、ん……んぅっ!!」 
夏奈「……」 

春香「ぁ……は、ぁっ……か、なぁ……!!」 
夏奈「何だ」 

春香「んんっ……はっ、い……、」 

夏奈「ん?」 

春香「んっ……イッ、て………い、い……っ?」 


夏奈「……んー、だめ」 


9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:35:40.12 ID:mV2qYRnH0
春香「んっ………うぅ……」 
夏奈(んー……私別にそっちの趣味ではないんだけど) 

春香「…はぁっ、ぅうんっ……!」 

夏奈(えっろ……) 

春香「ぁ、はっ……ぁ、……か、なぁ……!!」 
夏奈「……何だ」 

春香「あ、んんっ……も、もう……!!」 
夏奈「イキたい?」 

春香「お……ね、がいぃ……!!」 


夏奈「あの店のプリン、春香の分食べていい?」 

春香「それはダメ」 


夏奈(プリン強いなちくしょう!!) 


12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:12:38.38 ID:mV2qYRnH0
春香「はっ、んんっ!!か、なぁ……かなぁっ!!!!」 
夏奈「声抑えろ。千秋が起きるぞ」 

春香「んっ、あぁんっっ!!……むり、だよぉっ……!!」 
夏奈「なら、口塞いでやろうか?」 

春香「っ!!……あ、あぁ……んむぅーーっ!!」 

夏奈(何でこれで男できないかね……あー、フッてるからか) 

春香「んーーっ!!んぅっーー!!!」 


夏奈「ぷは……ほらイけ、春香」 

春香「あ、ぁ、んぁぁぁぁぁぁあああーーーーっっ!!!!」 

―― 

夏奈「……春香、指よごれた」 

春香「はっ……ぁ……」 


ぴちゃ……ぴちゃ…… 


14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:50:45.75 ID:mV2qYRnH0
翌日 

夏奈「……」 

藤岡(な、なんか南、俺の事見てる……?見てるよな、絶対見てる!) 
夏奈(うーん……いっその事藤岡とでもくっつけてみるか?) 

藤岡(も、もしかして、ひょっとしたらひょっとしたりするのか!?) 

夏奈(まぁいいやつだし、ルックス的にも釣り合う……。 
千秋も懐いてるし、春香も文句はないだろう) 

藤岡(ま、まだ見てる!!どうしよう、話しかけたほうがいいのか!?) 

夏奈(……いや、さすがに藤岡に失礼か。こいつにも好きなやつ位いるだろうし。 
となると、どうする……) 


藤岡「み、南!!」 

夏奈「今忙しい、後にしてくれ」 


15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 17:24:32.96 ID:mV2qYRnH0
速水「春香ちゃん春香ちゃん」 
春香「速水先輩。どうしました?」 

速水「春香ちゃん、バストいくつ?」 

春香「――っ!?」 
男子(――っ!?) 

春香「は、はは速水先輩、ちょっと外に……!」 
速水「いいじゃないサイズくらい。減るもんじゃな、し!」 

春香「ひぃんっ!!」 


速水「……へ?」 
男子(――っ!!!?) 

速水「ご、ごめん、そんなに弱かったとは露知らず……」 
春香「い、いえすみません……大きな声出したりして……」 


マキ「……あれ、男子どこ行った?」 


23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 19:51:48.62 ID:ZsSGjg/y0
春香姉さま好きの俺歓喜 


24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 20:16:27.68 ID:Q+naIhgD0
夏奈ちゃん好きの俺換気 



千秋ちゃん好きな俺歓喜


34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 21:51:31.12 ID:ZWU2My780
南家 

夏奈(春香の彼氏か……) 

速水「おーい夏奈ちゃーん」 

夏奈(私は並以上の男であれば別にいいんだが……問題は三次(ょ)面接だな) 

速水「お邪魔してますよー?」 


夏奈「聞いている。そしてなぜ胸を揉んでいる」 
速水「揉むほどないよ」 

夏奈「うるさいよ!!何しに来たんだ!!」 


36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:12:06.40 ID:ZWU2My780
速水「何ってぇ……、なーんか春香ちゃんの様子がおかしいのよねー?」 
夏奈「へー。で、当の春香は?」 

速水「アツコちゃんと買い物だって」 
夏奈「で、春香がいないのになぜいるんですか」 

速水「ひょっとしたらお家で何かあったかと思ったんだけど……ふふ、」 
夏奈「……」 

速水「夏奈ちゃん、春香ちゃんに何かしたでしょー?」 


37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 22:16:52.66 ID:ZWU2My780
夏奈「いえ特に」 

速水「ホントにー?答えてくれないんだったら……、」 

夏奈「……」 

速水「……無理やり聞いちゃおうかしら?」 

夏奈「……」 

―― 

速水「はっ……あ、ぁ……っ!!」 


夏奈(なぜ私の周りはこんなんしかいないのか……) 



なんか方向性がおかしくなってきた 


41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:51:34.32 ID:VYncZbEki
で、続きは? 


42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:58:24.17 ID:ZWU2My780
なんでそんなにいい感じに保守してんだよちくしょう 

日常を淡々と描くのがいいの? 
それともハルカナでいちゃいちゃすんのがいいの? 


43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 23:59:57.84 ID:v570nL7G0
マコト×内田で 


44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:00:52.76 ID:OA+ksiB20
とりあえず全員攻略 


45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:01:38.54 ID:rX90ZBoKP
まったり日常系かメンタル系の百合で 


46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:18:42.63 ID:wnYCC8dq0
俺の中では夏奈はカウンター使いなんだよ。 
食いかかって来る奴しか食わないんだよ。 
だから全員攻略は無理だ。 


夏奈「というわけで、春香は女に月1回来る誤作動の日だと思うので、とりあえず帰ってください」 
速水「か、夏奈ちゃんがこんなテクどこで……」 

夏奈「帰りますか?帰りませんか?」 
速水「分かったわよ帰るわよぅ……」 


夏奈「ふー……酔わなくてもめんどくさいなあの人は」 

マコト「誰が?」 

夏奈「……おいマコト、お前いつからいた」 

マコト「え?ほんの10秒前位からだけど」 


49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:27:44.79 ID:wnYCC8dq0
夏奈「見てないな?」 
マコト「な、何を?」 

夏奈「見てないならいい……ってお前、10秒前に来たのになぜすでに女装している」 
マコト「あー、今日これで来たから」 

夏奈「……お前、終わりかけているな。いや、始まったと言うべきか……」 
マコト「だって面倒だし……ねぇ春香さんは?」 

夏奈「心配するな、もうすぐ帰ってく……、――!」 


……待てよ? 


夏奈「……おいマコト、お前春香の事好きなんだよな?」 
マコト「な、ななな何言ってんだよ!!好きとか、そんなんじゃ……!!」 

夏奈「いやいい言うな分かってる。お前今日どうせ飯食う時間までいるんだろ?」 
マコト「で、できればそうしたいけど」 

夏奈「ならちょうどいい。お前今から、」 



夏奈「春香に襲われろ」 


51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:38:51.09 ID:2difbG/f0
ふむ… 
息子を起動させるか 


53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:40:41.66 ID:wnYCC8dq0
マコト「おそわれろ?……どういう、」 

夏奈「アイマスクに……手はタオルで……」 
マコト「何ブツブツ言ってるんだよー!襲われるってなに……」 

『ただいまー』 

マコト「は、春香さんっ!!」 
春香「あら、マコちゃん来てたの。お夕飯食べてくでしょ?」 
マコト「はいっ!!手伝いますっ!!」 


夏奈「手伝うな。お前はこっちだ」 

マコト「へ?」 


55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 00:49:33.18 ID:wnYCC8dq0
夏奈「よく聞けマコト。春香はな……深刻な病気なんだよ」 
マコト「……え、病気!?何の!?」 

夏奈「定期的に「おかしな事」をしないと頭の方がおかしくなる……それはそれは深刻な病気だ」 
マコト「おかしなこと……」 

夏奈「おかしな事……わかるな?」 
マコト「……あ、あぁぁぁ、え、ええと」 

夏奈(小5でも立つんだな……) 

夏奈「はい、後ろ向け」 
マコト「あ、え?うわっ!何!?」 

夏奈「ただのアイマスクだよ。それ、と」 
マコト「な、何で縛るんだよ!!」 


夏奈「いいから。さて、……おいマコト、」  ふー…… 

マコト「ひっ……ぃ……!!」 


夏奈「……せいぜい優しくしてもらいな」 


58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 01:03:30.69 ID:wnYCC8dq0
夏奈「おーい春香、ちょっと来て」 
春香「何?どうしたの?」 

夏奈「はい、マコちゃん」 
マコト「何なんだよ!?外してよ夏奈ぁ!!」 

春香「ち、ちょっと何して……!!」 


夏奈「いつもされてる事をしてやればいい。大丈夫、こいつ絶対嫌がらないから」 
春香「え……?」 

夏奈「優しく苛めてやれよ?……私が春香にしてるみたいにさ」 

春香「ぁ……っ……!!」 


夏奈(……さーて、どうなるかな) 


60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 01:20:44.13 ID:wnYCC8dq0
マコト「なに!?何なんだよーっ!?」 

春香「……マコちゃん?」 

マコト「ひっ、……は、春香さんっ!?」 

春香「……力抜いて?」 

マコト「はる……な、何を……んむっ!?」 


ちゅっ……ちゅぅ…… 


マコト「ん……ぁ……」 
春香「ん……んぅ……」 


マコト「ぁ……ん、ぅっ……!!」 

春香「……ふふ、気持ちいい?マコちゃん」 


74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 11:18:25.38 ID:h/Er354L0
亀でもいいと許可が出たので、仕事しながらダラダラ書いてく。 
1時間に1回くらいになるけど…… 


夏奈(これを機に春香が男に……まぁ、小5だが) 

マコト「はぁっ……うぅっ!!」 

夏奈(こいつはこいつで労せずして男とカミングアウトできる。 
……完璧だ、パーフェクトな策だ) 

春香「んっ、んんっ……可愛いよ、マコちゃん……」 
マコト「は、るか、さぁん……!!あ、あぁっ、駄目っ、なんかっ、ぁっ、駄目!!」 

春香「……我慢しちゃダメ。イッていいよ」 

マコト「あっ、あ、あぁっ、あっ……っっっっ!!!!」 


夏奈(へぇ……下触らなくてもイケるものなのか……まぁ惚れてる相手だしな) 


77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 12:03:47.21 ID:h/Er354L0
春香「ふふ……イッちゃったね、マコちゃ、……?」 
マコト「ひっ、い、いま触っちゃっ……!!」 

夏奈(……気づいたか) 

春香「ま、マコちゃん、これ……っ!!」 

夏奈「そうだよ、そいつ男だ」 
春香「え、ぇ?い、いつから……え?」 
マコト「うっ……うぅ……」 

夏奈「いつからも何も、そいつマコトだよ。女装してるだけ」 
春香「な、何で女装なんて……」 

夏奈「男の姿だと千秋が家に呼んでくれないからだよ。けしかけたのは私だけど」 
春香「そう、だったの……」 
マコト「ごめん、なさい……」 


夏奈「さて、どうだった春香」 
春香「……どう、って?」 


夏奈「……自分の身体で、男をイカせた感想は」 


78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 12:43:10.17 ID:h/Er354L0
春香「……っ!!」 

夏奈「気持ち良かったよなぁ?マコト」 
マコト「ぁ……はっ……」 

夏奈「声も出ないってさ」 

春香「わ、私……」 

夏奈「どーする春香。こいつのココ、」 
マコト「ぅあぁんっ!?」 

春香「……え、」 

夏奈「まだして欲しいみたいだぞ?」 


春香「ぁ……あっ……!!」 


82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 13:20:37.30 ID:h/Er354L0
春香「……マコト、君?」 
マコト「は、はひっ……!」 


春香「……脱がすね?」 

マコト「ぁっ……、は、」 


マコト「……は、い……っ……」 

―― 

ちゅ……ちゅ……、ちゅぷ…… 


マコト「ふぁぁんっっ、あぁー、あぁぁぁぁっっっ!!」 

春香「んっ……んんっ……」 


83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 13:48:07.94 ID:h/Er354L0
マコト「んあぁぁっ!!はるかさんっ、はるかさぁんっっ!!!」 

夏奈「おい、春香」 
春香「んっ……な、に……?」 

夏奈「やるんなら一滴も残すなよ?自分の為にも」 
春香「どういう、こと……?」 

夏奈「小学生っていってもこいつも男だ。手枷もとっくにほどけてる。 
力が抜け切った今のお前じゃまともに抵抗できないぞ」 

春香「あ……」 

夏奈「主導権は離すな。大事なところはとっとけよ?」 
春香「……うん」 


春香「……マコト、くん?」 
マコト「はっ、い……っ」 


春香「もうちょっと……頑張れるよね?」 


86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 14:17:16.86 ID:h/Er354L0
―― 

夏奈「終わったみたいだな」 
春香「……うん。寝ちゃった」 

マコト「(すぅ……すぅ……zzz……)」 

夏奈「おっぱいまくらとは贅沢なヤツめ」 

春香「お、おっぱいとか言うのやめてよ」 


夏奈(……今さら何を気にしてんだ) 


88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 14:36:08.18 ID:h/Er354L0
夏奈「……この様子じゃ、」 
春香「んんぅっ!!は、ぁっ……!!」 

夏奈「春香も満足出来たみたいだな」 
春香「ぁ、……う、うん……っ」 

夏奈「まさかとは思うけど……」 
春香「……うん、大丈夫」 

夏奈「そうか。……どうだ?男とイチャつくのもいいだろ? 
まぁまだ小学生だけど」 

春香「夏奈は……男の子と、そ、そういう経験あるの?」 
夏奈「へ?ないよ?」 


春香(この娘なんでこんなに上手いのかしら……) 


89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 14:54:08.41 ID:h/Er354L0
「ただいまー」 

春香「あっ、ち、千秋帰ってきちゃった……!」 

夏奈「飯もう出来てんだろ?千秋には上手い事言っとくからもうちょっと寝てな。 
マコト見られるのもマズいし」 

春香「う、うん……お願い」 

―― 

千秋「春香姉さまは?」 
夏奈「寝てる」 

千秋「……何かあったのか」 
夏奈「学校で疲れただけだろ。たまにはそういうこともある」 

千秋「ふーん、まぁそうだな」 

吉野「……あ、か、夏奈ちゃん……」 


夏奈「ん、どーした吉野」 
吉野「な、なんでも……ない……!」 


夏奈(おー……すっかりMオーラが出てるな) 


91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 15:35:26.75 ID:h/Er354L0
内田「最近吉野がやけにモテるんだけど。何で」 
夏奈「……。誰だ」 

内田「えぇ!?ひどいっ!!」 

夏奈「冗談だ。何でって、もともと可愛いだろあいつは」 

内田「そういうんじゃなくて!ここ最近急になの!おかしいよ!」 
冬馬「ウチのクラスでもいたな。そういえば」 

吉野「そ、そんなこと、ないよ……っ」 


夏奈「口を閉じろ。そうすればお前もモテる」 
内田「え?そうなの?」 


冬馬(……それは夏奈もだろ) 


92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 15:39:57.61 ID:M4Qfb4iI0
夏奈は閉じてもモテない気が・・・ 


93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 15:42:34.03 ID:h/Er354L0
>>92 
おいお前この野郎何言ってやがんだおいバカ野郎 


94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 15:48:03.23 ID:nGglwxkO0
>>92ひさきれおくじょう 


95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 15:52:48.72 ID:6GGLWJQI0
>>92 
          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、 
        /;;ィ''"´  _,,,,....ニ、 ,.,_ `ヾ;;;;〉 
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´  屋上へ行こうぜ・・・・・・ 
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i' 
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.  久しぶりに・・・・・・ 
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i! 
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l  キレちまったよ・・・・・・ 
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ 
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    / 
        人、      `゙’゙::.   イ 


96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 15:53:32.89 ID:v7aW1L4I0
>>92 
ちょっと裏まで行こうか 


100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 16:32:39.84 ID:h/Er354L0
夏奈(さて……そろそろ帰してやんないとな) 

夏奈「おい千秋、春香が寝てる間にアイスでも買ってくるぞ」 
千秋「え、アイス……い、いや駄目だそんなの」 

夏奈「安心しろ、春香が食べたいって言ったんだ」 
千秋「……!分かった」 

夏奈「お前らも行くぞ。ついでに買ってやる」 
内田「わーい!」 

―― 

夏奈「おいマコト、起きろ」 

マコト「ん……、あ、わぁっ!!春香さんっ!?」 
春香「おはよう、マコトくん」 

夏奈「全員外連れ出してやるから、今の内にシャワー浴びて家帰んな」 


マコト「……え、ご、ご飯は?」 


夏奈「ご、ごはん!?お前大物過ぎるだろこの状況で!!」 


102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 16:49:23.92 ID:u7t+Miv/0
春香さんはそろそろ帯刀してバイトにいく時間じゃね? 


105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 17:03:07.29 ID:DboMHks50
>>102 
似てるけど人違いだ! 


106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 17:07:32.85 ID:uoxDc9Ia0
>>102 
WORKINGの八千代さんは関係ないだろ 


104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 16:52:28.48 ID:h/Er354L0
マコト「は、春香さん……おれ、……俺っ……」 
春香「ん、なぁに?マコトくん」 

マコト「あ、あの……!!……な、……なんでもない、です……」 
春香「?」 

夏奈(……根性無しめ) 


春香「今度来る時は、男の子の格好でいらっしゃい。千秋には私から言っておくから」 
マコト「え、……いいの?」 

春香「うん。でも、えっちな事ばっかり考えちゃダメよ?」 
マコト「は、はいっ!!」 


夏奈(……一見いいシーンだが、お前が言うな春香) 


110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 17:48:52.03 ID:h/Er354L0
夏奈「じゃ、ちょっと行って来る」 

春香「うん、いってらっしゃい」 

―― 

夏奈(ま、子供好きだからな、春香は) 


夏奈「……一緒に入るな、あいつら」 

―― 

マコト「お、俺シャワー浴びてきますっ……」 

春香「うーん……、」 


春香「一緒に入ろっか、マコちゃん」 


もう終わりでいいよね。 


111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 17:49:53.04 ID:6GGLWJQI0
>>110 
駄目だ 


114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/13(木) 17:57:18.19 ID:h/Er354L0
>>111 
無理無理。 
今から超昴閃忍ハルカ買戻しに行かないとなんないから 


145Q+hiLRqz0保守しすぎだろ……:2010/05/13(木) 22:43:08.76 ID:71nq6uw60
冬馬「何であんな遠くのコンビニ行ったんだよー!」 
千秋「アイス溶け始めてるぞ!」 

夏奈(25分か……さすがにもう帰っただろ) 

――ガチャ 

「はっ、春香さん!くすぐったいよ!!」 
「もう、動いちゃダメでしょ!」 

――バタン 

夏奈「………、」 
冬馬「入んないの?」 

夏奈「……おい、千秋」 
千秋「何だ」 


夏奈「……お前の姉は、お前が思ってるよりもずーっと馬鹿だぞ」 

千秋「?言われなくても知っている」 


夏奈「……そうか。さすがだな」 

千秋「あぁ」 


167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 10:29:38.97 ID:3TxG1gV30
なんか随分長持ちしてるけど……みなみけスレは書いてていつもゴールが見えない。 
どういう終わりならいいんだよ……。 



夏奈「……コンビニに戻るぞ」 
冬馬「なんでだよ!」 
内田「んー!」 

夏奈「よく見ろ、スプーンが短い。これではパナップが食えん」 

千秋「家に長いスプーンあるだろ」 
吉野「そもそもパナップ買ってないよ」 
内田「んー!!」 

夏奈「そういう問題じゃないんだよ!!」 

―― 

マコト「はっ春香さん!!あああのっ、当たって、当たってますっ!!」 

春香「んー?ふふ、背中もちゃんと洗わないとねー」 


175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 11:28:24.36 ID:3TxG1gV30
夏奈「おい春香、たかがシャワーに1時間ってどーいう事だ」 

春香「い、いや、普通にお風呂入っただけよ。ホント、普通に」 

夏奈「ふつう?子供の身体をおっぱいたわしで洗ってやる事のどこが普通だ。 
随分サービスしてやったもんだね。えぇ?」 

春香「なっ、何で知……――っ!!」 

夏奈「本当にやったのかよ!どこの風俗嬢だお前は!!」 

春香「え、えぇと……あ、あのね?な、なんかこう、勢いでね? 
一緒に入ってたらマコちゃんその、え、えーと……また、あの……」 

夏奈「立ってきたのか」 

春香「たっ!?……う、うん」 


夏奈「当たり前だろ!! 
惚れた相手に裸で身体洗われて立たないヤツがどこにいるんだよ!!」 


182以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 12:52:31.44 ID:3TxG1gV30
春香「う……」 

夏奈「初体験がこれか……一応まだ童貞だが、首の薄皮一枚だろ。 
年上で美人の優しーいお姉さん、もう普通の女じゃ満足できないだろうな」 

春香「うぅ……」 

夏奈「あいつこれから家来る時やる事しか考えないぞ。 
無理もないよ。あれだけされちゃったんだから」 

春香「うぅぅ……」 


夏奈(……ま、最初けしかけたのは私だけど。どうするか……) 


184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 13:02:33.32 ID:3TxG1gV30
俺(マジどうするか……) 


188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 13:13:03.99 ID:e1YTDRAh0
         /../..:..:._:|.-十_.工..l-ヽ- ヽ..vー.、 
      /../_ -ニ|-.7. ̄..:..:..:..|:..:|:..:..l..:..:..V!ヽ:| 
      ,斗'.l ̄:|.:..|..ハ、..:..:..:..:∧:ハ..:.l..:..:..:l|..:...! 
     j:..:ト:|..:..:.V |{  lレ、:..:..l:ト-|--Ⅵ!..:..:.|!..:._| 
      |..:.i!、|..:. 斗七_´  \:リィ' _.zミ}小 .:..l|ト-| 
    j__:.:ハ:|..:..:..{,z=ミ、  / ´  ̄`rう :..:小:..:.!   >>184お願いだよぉ~ 
    |‐: :| Ⅵ: ハ       ,       //:,イ┴.、.:|   亀でもいいから続けておくれよ 
     | :..::| .ヘl、:.ヽ    ,、     /イ://.:.:.:.:.:.:i:! 
.    !:..:.::l/.:.:.:.:.\ミ\   (__〉   .ィj/.:.:.:.:.:.:.:.:.:l..! 
   |..:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ>ァ―<ヽ彡'人:.:|/.:.:.:.:.:.|ハ 
    |l..:..:|:.:.:.:.:ヽ:.:./`//_二`_ Y __ `l!.:.:.:.:.:.:l::.:.:ヽ 
    |!:..:.:ト:.:.:.:.:.:.ヾ  { `_ .. -‐' |[_ |!/.:.:.:.:.:.:.i::::..:.|:i 
    ||..:.::|ハ.:.:.:.:.:.:∧ ハ‘ー‐_.ニフj ー' ,′.:.:.:.:.:从::..:l:.l 
   _||!:..::! i:.:.:.:.:.:.:∧ ∧ こ.. - ハ  l.:.:.:.:.:.:.://j::..:.ハ| 
 ̄ ´ lハ..::l ハ:.:.:.:.:.:.:/   A   `iヽ、.:.:.:./  |::./ `ヽ 
- 、  |. ト::| j...ヽ.:.:./l     /ハ     }.:.:.:.:.∧  l:/  ̄`′ 
  ヽ  | ∨.......∨:.:ヽ.___ /`丁ヽ.__ノ:.:.:.:.:/....i /| 
    }  i ハ..........\:.:.:.:ノ.ム┴v'..\.:.:.:.:./.......ト.、| 
    jイ ̄!.................... ̄..../   |.........`¨´...........|......〉 
  〈...........l............................/     i............................|.....| 


189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 13:13:13.64 ID:3TxG1gV30
1.夏奈×リコ 
2.夏奈×ケイコ 
3.夏奈×冬馬 
4.藤岡×アキラ 
5.その他 

さあ選べ。書けるかどうかは分からん 


190以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 13:22:27.51 ID:B1d/P1xh0
3以外あんの? 


191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 13:27:36.68 ID:NJLeum7N0
3。異存はおまへんで 


199以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 15:05:01.67 ID:3TxG1gV30
夏奈(……ま、まだ小学生だし、同い年の子と真っ当に恋愛するのが一番だよな。 
私だって語れるほどの経験もないけど) 

藤岡「フォーメーションがどうたらこうたら……」 

夏奈(同い年……千秋、吉野、内田に冬馬か) 

冬馬「ドイツ代表がうんたらかんたら……」 

夏奈(……しっかし、飽きないねコイツらも。………ん?) 

藤岡「あーだこーだ……」 
冬馬「どーだこーだ…………、」 

夏奈(……あらまぁ) 


夏奈(矢印そう向いてたか) 


201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 15:15:55.22 ID:3TxG1gV30
夏奈「……。なぁ藤岡、」 
藤岡「ん、なに?南」 

夏奈「お前、どういう女の子がタイプなの?」 

藤岡「――っ!?」 
冬馬「――っ!!」 

藤岡(な、何この質問!?) 
夏奈「そんな考え込まなくてもいいよ。参考までに」 

藤岡「え、えと、あ、明るくて、元気があって、一緒にいると楽しくて…、 
でも、女の子らしいところもあって……!」 

冬馬「……、……!」 

夏奈「へー」 
藤岡「み、南!!俺……!!」 

夏奈「ふむ、」 
藤岡「南!!お、俺南の事!!」 


夏奈「よし、ちょっと来い冬馬」 

冬馬「へ?」 


203以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 15:53:42.73 ID:3TxG1gV30
冬馬「何だよ急に!藤岡はいいのかよ! 
たぶんすごい重大な事言おうとしてたぞ!!」 

夏奈「知っての通り同じクラスだ。藤岡の話なら教室でいつでも聞ける」 
冬馬「教室でできる様な話かよ!」 

夏奈「?」 
冬馬(だめだこいつ……) 

夏奈「今はこっちの話だよ。なぁ冬馬。お前、このままでいいの?」 
冬馬「な、何の話だよ」 

夏奈「明るくて元気で一緒にいると楽しくはあるだろうが、」 
冬馬「……?」 


夏奈「お前、男と思われてるんだぞ?」 

冬馬「っ!!……だ、だから何の話……」 

夏奈「顔真っ赤」 
冬馬「!!!」 


夏奈「気づいてないとでも思ったか。あまり私を舐めるなよ」 


208以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 17:07:13.32 ID:3TxG1gV30
冬馬「う……で、でも藤岡は……!」 

夏奈「お前の兄貴から、ウチに出入りする様になってから冬馬が男らしくなって困ってる 
って苦情が入ってるんだよ。知ってるだろ」 

冬馬「それとなんの関係が……!」 
夏奈「大アリだ」 

冬馬「――んぐっ!?」 

夏奈「……ん、ん……」 
冬馬「んーっ!!んんっーー!!」 

夏奈「うん、悪くない」 
冬馬「ぁっ…はっ……ぉっ、おおお前、何して……っ!!!」 

夏奈「藤岡帰してくる、ちょっと待ってろ」 
冬馬「……な、何なんだよ……っ……!!」 


夏奈「ここらで一つ、「女の子らしく」なってもらおうか」 


212以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 17:32:14.09 ID:3TxG1gV30
――バタン 

夏奈「……」 
冬馬「や、やめろ夏奈……こっち来んな……!」 

夏奈「……」 
冬馬「ホントにっ……ダメだって……!!」 

夏奈「……おい、当麻」 
冬馬「な、なんだよ……!」 


夏奈「……なんか、告白されたんだけど」 

冬馬「……は?」 


223以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 19:15:32.61 ID:3TxG1gV30
冬馬「ふ、藤岡に?」 
夏奈「……藤岡に」 

冬馬「そっか……。ど、どーすんの?」 
夏奈「何が?」 

冬馬「い、いや、つ、付き合うとか断るとか、何かあるだろ、やる事が」 
夏奈「あ?ん、あー、そ、そうだな……いやこういうの初めてでどうすりゃいいものか……」 

冬馬(たぶん初めてじゃないんだろうな……気づいてないだけで) 

夏奈(そっかぁ……まさか藤岡がねー……) 

夏奈「……ま、それはそれだ」 
冬馬「……は、……――んむぅっ!!?」 

夏奈(なんか、こいつに悪い事しちゃったな……) 

冬馬「んーっ、んぅーー!!」 
夏奈「……ぷは。予定通り、ちゃんと女の子になってもらうよ」 
冬馬「や、やめ……!」 


夏奈「恋敵に良い様にされたくないなら、本気で抵抗してみせな」 


233以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 22:49:28.17 ID:y2iF3t/50
冬馬「ふっ…ぁ、んんぅ!!や……だめっ……!!」 

夏奈「あのまま、男のままあいつと話してていいのか?」 
冬馬「いいっ、よ……!!だから放、せっ……!!」 

夏奈「……損してるんだぞ、お前」 
冬馬「な……に、が……っ」 

夏奈「こうしてれば、」 
冬馬「ひぁっ!!」 
夏奈「可愛い女の子なのに」 
冬馬「んうぅっ!!」 

夏奈「胸も膨らんで来てるだろ」 
冬馬「ぅあぁんっ!!」 


夏奈「さっきみたいに膝に座って話せなくなる日が、すぐ来るんだぞ」 


235以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:03:49.71 ID:y2iF3t/50
冬馬「……え……?」 

夏奈「……」 
冬馬「か……な……?」 

――コンコン 

「南、あの……俺帰るから」 

冬馬(ふ、藤岡!?) 
夏奈「……」 

「すぐじゃなくていいから、さっきの返事……」 

冬馬「ひぁぁんっ!!」 

「え……冬馬?」 


236以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:14:52.48 ID:y2iF3t/50
夏奈「分かってる。ちゃんと返事はするから」 
藤岡「う、うん」 

冬馬「んぁぁっ!!や、めっ……!!かな……あぁっ!!」 

藤岡「と、冬馬?大丈夫か?なんか声……」 
夏奈「ちょっと調子悪いみたいだな。寝れば治るから心配するな」 

冬馬「(おねが、いっ……藤、おかにっ……聞こえっ……!!)」 
夏奈「(聞かれろよ。お前の女の子の声)」 

藤岡「そ、そっか、わかった、お大事に、冬馬。じゃあ……またね、南」 


冬馬「あ、ぁっ!!……ん、んぅっ!!んんぅーーっ!!~~~~っっ!!」 


238以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:37:00.05 ID:y2iF3t/50
―― 

冬馬「ん……ぅ……」 
夏奈「おはよう」 

冬馬「っ……ふ、藤岡は……?」 
夏奈「とっくに帰ったよ」 

冬馬「……」 
夏奈「ほっといても、もう1年もしない内に気付くぞ」 

冬馬「……」 

夏奈「その時になって、あわてて女でしたってバラすのか? 
その後今まで通りに話せるか?お前ができたとしても、藤岡もそうだって言い切れるか?」 

冬馬「それは……」 
夏奈「好きなやつとそうなるのは、つらいだろ」 


冬馬「……夏奈、俺に気つかってんの?」 

夏奈「いんや、別に」 


239以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:45:53.03 ID:y2iF3t/50
翌日 

夏奈「今日、家に来い」 
藤岡「えっ、そ、それって」 

夏奈「その話とは無関係だ。とりあえず来い」 
藤岡「……?」 

―― 

藤岡「あ、あの」 
夏奈「もうすぐ来るよ。……たぶん」 


――ガチャ 

「……お、おじゃま、します」 


241以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:52:12.64 ID:y2iF3t/50
藤岡「なんだ、冬……ま、か……?」 

冬馬「……」 

藤岡「ど、どうしたの?スカートなんか履いて」 
夏奈「……」 


冬馬「お、俺さ……お、女、なんだ」 
藤岡「へ……?」 


冬馬「本当は女なんだよ。……黙っててごめん」 


242以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:55:11.00 ID:y2iF3t/50
藤岡「……」 
冬馬「……」 


藤岡「どうした?座んないの?」 
冬馬「……え?」 

――ポン、ポン 

冬馬「い、いいの……?」 
藤岡「いいよ。いつも座ってるだろ、ここ」 

冬馬「う、うんっ……」 


夏奈(へー……) 


夏奈(なかなかかっこいいじゃないの) 


247以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:16:14.18 ID:4d359+tR0
翌日 

千秋「最近内田が「んー」しか言わないんだが、お前なんかしたか」 
夏奈「……?いや、知らないな」 

千秋「そうか。頂点のお前が知らないんじゃ、誰も知らないだろうな」 
夏奈「何の頂点だ何の!」 

―― 

マキ「……なんか春香、最近妙に雰囲気エロくない?」 
アツコ「えろ……も、もうちょっとオブラートに包もうよ」 

春香「……♪」 

マキ「なんかあるわ、あれは……」 

―― 

藤岡「……こ、こないだの返事だけど」 
夏奈「あぁ」 

藤岡「お、俺とつ、付き合ってください!」 
夏奈「……」 


夏奈「―――。」 


248以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:19:24.85 ID:4d359+tR0
なんかあんまりエロくなかったけど終わり 
もう限界だ。 

自分で読んでてみなみけっぽさを出せたのは>>145しかなかったな…… 


249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:22:09.88 ID:h14+ogM10
おつかれ 
こっからマキも絡んでって欲しかったが・・・ 
  
贅沢はいわんよ 


250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:23:00.80 ID:zosO6ehu0
ここで終わるとか・・・俺に死ねと申すかっ・・・ 

まあでも無理強いはできないな。 
お疲れ様。 


252以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:59:51.84 ID:wICNBaAr0
夏奈かっこいいな…… 



253以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:10:36.39 ID:JC1+aBp+0
乙 
みなみけSSもっと増えて欲しいなあ
 


254以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:15:03.31 ID:+xkiFE7s0
おつおつ!! 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。