スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「Googleの画像検索で【一夏 一番 嫁】を入力、と…」カタカタ 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 02:10:54.89 ID:P7oqurVw0

一夏「これで、誰が俺の嫁に相応しいのか分かるぞ!」 

一夏「ん……ん…?」 
一夏「これは…!!」 

管理人は前期の試験おちたんで勉強モード入ります
なので更新する日としない日があるのですが、過去の記事でも読みあさっていてくださいな!
 
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:00:29.96 ID:D0RXh2aE0

一夏「…ラウラか…ラウラなのかぁ」 

ラウラ「どうした?何を悩んでいるのだ?」 

一夏「あぁ、ちょうどいい所に。なぁ、ラウラ」 

ラウラ「なんだ?嫁」 

一夏「はっ…そうか、そういうことか…あの検索だと、ラウラが最初に来る確率が高いのは明らか」 

ラウラ「??」 

一夏「嫁という言葉はダメだ。妻?それとも、彼女……これだっ!」 

ラウラ「一夏?」 

一夏「ありがとう。ラウラ。お前のお陰で謎がとけたよ」 

ラウラ「そ、そうか」 


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:03:05.38 ID:D0RXh2aE0

※Google画像検索『一夏 一番 彼女』

一夏「シャルきたー!!!……え?シャル?」 

シャル「あ、一夏。何してるの?」 

一夏「あぁ、シャルか。ん~」 

シャル「なに?じっと見て」 

一夏「浮気されそうだしなぁ」 

シャル「え?え?え?」 

一夏「あ~、でも、そう決まったわけじゃないし」 

シャル「あの~。一夏?」 

一夏「…よし、シャル。君に決めた!」 

シャル「意味がよくわからないよ」 

一夏「だから、俺の彼女をシャルに決めたってことだよ」 

シャル「……え?えぇぇぇぇぇぇ!?」 


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:06:09.83 ID:D0RXh2aE0

一夏「さて、まずは彼氏としてシャルに何か…どうした?固まって」 

シャル「え?あ、あの、えっと。その、それは、え?」 

一夏「完全にパニックになってるな」 

シャル「ボクが一夏の彼女で、一夏はボクの嫁?」 

一夏「それはラウラだろ。ほら、深呼吸して」 

シャル「う、うん。すーはーすーはー」 

一夏「落ち着いたか」 

シャル「すーはー…うん。えっと、あのね、一夏とボクが付き合うってことでいいんだよね」 

一夏「まぁ、そうなるな」 

シャル「ボクが一夏の彼女で、一夏はボクの彼氏なんだよね」 

一夏「あぁ」 

シャル「じゃあじゃあ、一夏はボクが好きなんだ!」 

一夏「いや、それは違う」 

シャル「え?」 


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:09:22.48 ID:D0RXh2aE0

一夏「いいか、俺は彼女に相応しい女の子をグーグル先生に聞いてみた」 

シャル「グーグル?」 

一夏「そしたら、シャルだったから、付き合おうってことだ」 

シャル「え?えっと、ごめんね。ボク、ちょっと頭がおかしくなったのかもしれない」 

一夏「いいぞ。いくらでも待つさ。なんたって、俺はシャルの彼氏だからな」 

シャル「だよね!えっと、だから、一夏はボクのことが好き」 

一夏「ではないな。あぁ、嫌いでもないから安心しろ。どちらかと言えば好き寄りだ」 

シャル「うん?……ね、ねぇ、それ、もし検索結果でセシリアとか出たらどうするの?」 

一夏「セシリアを彼女にするだけだろ」 

シャル「うん。おかしいのは一夏の方だね」 

一夏「なにっ!?」 


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:12:01.70 ID:D0RXh2aE0

シャル「普通、そういうのを決めるのにネットの検索エンジンは使わないよ」 

一夏「そうなのか?」 

シャル「うん。普通は好きな人と付き合いたいってものじゃないの?」 

一夏「好きな人か」 

シャル「一夏は好きな人居ないの?」 

一夏「千冬姉」 

シャル「うん。一夏の思考はどこかおかしいねぇ」 

一夏「なんだと!?」 

シャル「織斑先生は血の繋がったお姉さんでしょ?」 

一夏「あぁ」 

シャル「まぁ、好きなのはわかるけど、それは家族愛。付き合いたい相手とはちょっと違うかなぁ」 

一夏「むしろ、突き合いたい、あぁ、漢字で書くと」 

シャル「うん。いいよ。なんとなくわかったから」 


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:14:37.02 ID:D0RXh2aE0

シャル「う~ん…わかった、一夏はシスコンで頭が弱い子だ」 

一夏「シャル、さすがにそこまで言われると傷つくぞ」 

シャル「だって、それ以外に相応しい表現がないし」 

一夏「あ、そうか。彼女だと、少しノリが軽かったんだ」 

シャル「そこに戻るの!?」 

一夏「今度は。一夏 一番 パートナーで検索してみよう。
    パートナーならなんとなく一生モノって感じだし」 

シャル「あ~、好きにしてよ…ボクはもう行くね」 

一夏「あぁ、ありがとう」 

シャル「はぁ…一夏のバカ」 


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:18:42.83 ID:D0RXh2aE0

※Google画像検索『一夏 一番 パートナー』 

一夏「こ、これは……シャルとラウラと箒……う~ん」 

箒「一夏」 

一夏「あぁ、箒」 

箒「デュノアに聞いたぞ。お前、また変なことしているそうだな」 

一夏「変なこと?」 

箒「だから、その、か、彼女を……いんたーねっとで探すというか」 

一夏「あぁ、それで、どうやら、シャルとラウラと箒がそうみたいなんだ」 

箒「なに!?わ、私も入ってるのか」 

一夏「うん。これは由々しき事態だ」 

箒「三人居ることがか?」 

一夏「あぁ……俺の息子は1本しかないからな、3人同時は」 

箒「…は?」 

一夏「やはり、パートナーなら、セックスもあるだろう」 

箒「…貴様は…くっ」 


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:21:36.07 ID:D0RXh2aE0

一夏「どうした?箒…うつむいて」 

箒「貴様ぁ!!その性根叩きなおしてくれるわ!!!」 

一夏「ま、待て、竹刀を振り回すな!」 

箒「逃げるなぁぁぁ。一夏ぁぁぁぁぁ!!!」 

一夏「ちょ、っ、ぁ、お、ほっと」 

箒「くそっ、ちょこまかと」 

一夏「それ、マジで危ないから」 

箒「ならば、先ほどの、言葉を、撤回、しろ!!」 

一夏「えっと、俺、何を、言った、うわっっと、撤回って」 

箒「わからぬなら、体に教え込むまでだ!」 

一夏「くそっ、に、逃げ切ってやるっ」 


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:24:13.02 ID:D0RXh2aE0

一夏「はぁ……はぁ……なんとか逃げ切ったか」 

セシリア「あら、一夏さん。どうなさいましたの?」 

一夏「セシリアか……嫁でも彼女でもパートナーでも出てこなかったな」 

セシリア「はぁ?」 

一夏「つまり、世間一般的にセシリアは無い」 

セシリア「ちょっ!?どうして、世間的に否定されないといけないのですの!!」 

一夏「だってさぁ、検索で引っかからなかったし」 

セシリア「検索?」 

一夏「だから。無い。あと、鈴も無いな。うんうん」 

セシリア「…意味がわかりませんわ」 

一夏「そういうことだから、またな」 

セシリア「はぁ?」 


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:30:08.17 ID:D0RXh2aE0

一夏「一夏 一番 妻で検索してみるか……柏崎 星奈?
    ……可愛いけど、2次元だしなぁ。さすがに2次元嫁はちょっと」 

一夏「じゃあ、一夏 一番 奥さんなら……また同じか……いや、その後に…これは!セシリア」 

セシリア「あら、一夏さん。また会いましたわね」 

一夏「セシリア」 

セシリア「どうかしまして?」 

一夏「料理は上手くなったか?」 

セシリア「料理ですの?私、料理の腕前は天下一品」 

一夏「ジョークはそこまでだ」 

セシリア「いえ、その」 

一夏「この前の夏休みに、鍋を爆破させたのは記憶に新しいが」 

セシリア「あ、あれは。ISのビームに耐えられない鍋が」 

一夏「悪いわけあるかぁぁぁぁ」 

セシリア「ひっ」 

一夏「やっぱり飯マズはダメだな」 


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:33:29.09 ID:D0RXh2aE0

一夏「……しかし、ここまで鈴は一切なしか。
    ある意味メインヒロインの一人のはずなのに。すごいな」 

セシリア「あの、一夏さん?」 

一夏「ん?セシリア。まだ居たのか」 

セシリア「いえ、その」 

一夏「飯マズはなぁ」 

セシリア「…一夏さん…そんなに私のご飯はおいしくありませんか?」 

一夏「美味しいとか美味しくない以前の問題だけど」 

セシリア「なら、なら、一夏さんが、その、お、教えてくれませんか?」 

一夏「ん?あぁ、なるほど…その手があるか」 

セシリア「では」 

一夏「けど、単純に飯なら、鈴も箒も上手いしな。教えるまでもなく」 

セシリア「くっ」 

一夏「まぁ、検索で引っかかったし、候補には入れておくよ」 

セシリア「こ、候補・・・」ズーン 


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:37:16.73 ID:D0RXh2aE0

一夏「さて、あとは何で検索するかな」 

鈴「そこは発想を変えて、一夏に相応しい中国代表の子とかは?」 

一夏「おぉ、なるほど。それもいいな…相応しいだと、変なレスラーか…あ、ふさわしいなら鈴だな」 

鈴「でしょでしょ」 

一夏「なるほど。これで、鈴も揃ったか」 

鈴「一夏」 

一夏「ん?」 

鈴「杏仁豆腐作って来たけど食べる?」 

一夏「お、いただくよ。ん、んめぇ。さすが鈴だな」 

鈴「でしょでしょ。自信作なんだ」 

一夏「へぇ。鈴か」 

鈴「ん?」 

一夏「家事全般OK、一緒にいて楽しい、ちょっと暴力的なのが問題だが」 

鈴「どうしたの?」 


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:39:33.74 ID:D0RXh2aE0

一夏「鈴」 

鈴「な、なに?」 

一夏「……けど、2組だしなぁ」 

鈴「ちょっとー!?今はクラス関係ないじゃない」 

一夏「いや、2組はちょっと」 

鈴「あったまきた。学園長に直談判してクラス替えしてやる」 

一夏「あ、あぁ。頑張れよ。1組になったら続きを話そう」 

鈴「待ってなさいよ!!すぐに変えてやるんだから」 

一夏「さて…ラウラ、シャル、箒、セシリア、鈴…誰も違った…グーグル先生もあてにならないな」 


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:43:01.81 ID:D0RXh2aE0

千冬「一夏。すまないが、今日マッサージを頼みたいのだが」 

一夏「あぁ、いいよ。夜に行く」 

千冬「頼む。それにしても、何をしているんだ?」 

一夏「あぁ、ネットで俺にぴったりの女性を探そうと思ったんだけど」 

千冬「何をバカなことを。そういうのは、自分の心に従えばいい」 

一夏「心…そっか」 

千冬「さて、では後で」 

一夏「千冬姉。俺の子供を生んでくれ」 

千冬「断る」 

一夏「断られた!」 

千冬「当たり前だ。私は姉だぞ」 

一夏「……そうだよね」 

千冬「…まぁ、だが。一夏に相応しい相手が出来るまで…私でよければ付き合ってやろう」 

一夏「突き合ってくれるの!?」 

千冬「…バカが。マッサージしてくれるなら…お前を受け入れてやる」 


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 03:46:13.64 ID:D0RXh2aE0

一夏「ま、待って。千冬姉。今すぐマッサージしてあげるから」 



シャル「くっ…やっぱり、一番の敵は織斑先生なんだ」 

ラウラ「教官。私は教官を倒さなければならないのですね」 

箒「姉弟でなどと…っ、ありえん!」 

セシリア「まったくですわ。それに、織斑先生だって、そんなに料理は上手くないはずです」 

鈴「1組の担任の座…私が貰い受けるわ!」 



千冬「ふん。お前はいくつになっても甘えん坊だな」 

一夏「ん~、千冬姉」 

千冬「さ、今日は一緒に寝るぞ」 

一夏「あぁ!」 



完 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。