スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシリア「一夏さんっ授業をサボってトイレでこんなっ…あんっ---」 

カテゴリ:インフィニットストラトス SS

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:09:01.74 ID:I+p4ByWg0

一夏「駄目だ。便秘をなめちゃいけないぞセシリア」 

一夏「消化器系の問題はいずれ全身のトラブルにつながるからな」 

セシリア「だからといって殿方に浣腸をされるなんて…んっ、や、やめてくださいましっ!」 

一夏「ちょっとだけ!さきっちょだけだから!」ツプッ 

セシリア「んあっ!!」 

一夏「まずは500mlな」チュー 

セシリア「は、入ってきますわっ……」 
人気ブログランキング
 

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:14:08.65 ID:I+p4ByWg0

セシリア「んん~~~~っ///」ブピッ 

一夏「我慢しなくていいぞ?おなか押そうか?」グッグッ 

セシリア「ちょ、一夏さんっ……!ほんとにもう……だめっ!!」ブブピッ 

一夏「我慢しなくていいって。医療行為なんだから恥ずかしがっちゃだめ」 

セシリア「は、恥ずかしいものは恥ずかしいんですわっ!!」ブブッ 

一夏「んー、もう一本くらい入れた方がいいのかなぁ」 

セシリア「ま、お待ちになって…くだs……ひゃああああ!!!!」 

一夏「ほいっと」ツプッ チュー 


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:18:23.44 ID:I+p4ByWg0

セシリア「ひゃあああああ!!!!!」ガクガクガク 

一夏「いいかセシリア、浣腸には刺激物がはいってるんだ」 

セシリア「い、い、い、一夏さん何を」 

一夏「腸には少し刺激が強い。だからこうやって体内からだそうと……」 

一夏「排便を促すっ!!」ググッ 

セシリア「も、……だめっ……あ、あああ、あ……ああああああああああ!!!!!!!」 

ブブッ ブバッ ブバババババッ ブブッ 

セシリア「だめぇええええ!!!!!!!」 

ビュビュッ ビュバババババババッ 


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:26:33.02 ID:I+p4ByWg0

セシリア「うぅ、うぅぅ………」ヒック 

一夏「よく頑張ったなセシリア。よしよし」ナデナデ 

セシリア「う、うわぁあああああ!!!!!」 

一夏「泣くなよ……アレ以上貯めたらほんとに大変な事になってたぞ?」 

セシリア「だ、だからといってこんな……女性の医務の方に頼んでも……!!」 

一夏「駄目だっ!」バンッ 

セシリア「ひっ」 

一夏「俺はセシリアが本気で心配なんだ。
    大学の実習程度しか修了していない高校の保健医なんて……」 

一夏「まったく信用できん!!」 

セシリア「い、一夏さん……」 


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:31:47.10 ID:I+p4ByWg0

一夏「よし、もう授業も終わりだからついでに今後のプランを立てていこう」ガララ 

セシリア「一夏さん?そこは使われていない教室で立ち入り禁止では……」 

一夏「だからさ」キュッ 

一夏「よしセシリア、黒板にここ二週間の食事についてできるだけ詳細に書いてくれ」 

セシリア「え?え?」 

一夏「便秘の原因は生活習慣、特に食生活と運動量に負う所が大きい」 

セシリア「はぁ」 

一夏「まずは現状の把握からだ。さっ」 

セシリア「……」キュキュッ 


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:39:02.45 ID:I+p4ByWg0

一夏「ふむ……」 

セシリア「ど、どうですか?一夏さん」 

一夏「はっきり言うとあまりバランスはよくないな」 

セシリア「ぐっ」 

一夏「肉類が中心の食生活、野菜は豆がメインであとは付け合せばかりか」 

一夏「さらに肉料理はこってりしたソースをたっぷりつけたソテー……」 

セシリア「ぐぐっ」 

一夏「…………セシリア、ちょっと体重量ってみようか」 

セシリア「いやあああああああ!!!!!!!!!」 


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:43:57.85 ID:I+p4ByWg0

セシリア「うぅぅう……」 

一夏「むぅ……欧米人は日本人に比べて筋組織が多いとは言え」 

一夏「まさかこの身長で体重がr」 

セシリア「わあああああああああああああああああ」 

一夏「ちょ、落ち着けセシリア」 

セシリア「どうせわたくしはデブですわあああああ!!!!!!」 

一夏「まぁまぁ」 

一夏「それについても少しずつ改善していこうぜ」ニコッ 

セシリア「一夏さん……」 


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:49:03.89 ID:I+p4ByWg0

一夏「まず食生活。これは俺が三食作ることで改善しよう」 

セシリア「い、一夏さんの手作りですかっ!?」 

一夏「もちろんだ」 

セシリア「いいんですの?」 

一夏「当たり前だろ。次に運動は放課後の訓練で……」 

セシリア(思わぬところで一夏さんの手料理が……) 

一夏「水分補給はなるべくたっぷりと、睡眠時間は6時間で充分だができるだけ規則正しく」 

セシリア(これはチャンス……!?) 

一夏「まずは徐々に摂取カロリーを絞っていこう。そうだな、まずは三ヶ月プランで」 


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:51:14.39 ID:8p5Zbuz2O

オカン系男子の本領発揮やで 


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:52:14.54 ID:I+p4ByWg0
---------------- 

鈴「あれれ?なんかセシリア……変わった?」 

セシリア「? どういうことですの?」 

鈴「いやなんというか…久しぶりに見たら肌が……」 

セシリア「??」 

箒「毎日顔をあわせていると良くわからないが……」 

シャル「言われてみると確かに肌の艶がいいね」 

セシリア「え?そ、そうでしょうか……///」 

箒「うむ。こころなしか髪も美しくまとまっているように見える」 


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 16:56:41.73 ID:I+p4ByWg0

セシリア(も、もしかして一夏さんとの生活改善の効果がもう……) 

鈴「ちょっと何したのよ。アタシにも教えてよ」 

シャル「秘密の美容法?僕も知りたいな」 

箒「わ、私も今後の参考に……」 

セシリア「えーと、その……」 

一夏「セシリア!!」 

セシリア「一夏さん!」 

一夏「行こうぜ。時間が押してる」 

セシリア「あ、はい!」 


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:02:14.29 ID:I+p4ByWg0

タタタタタタッ 

シャル「………あ、あはははは。なんかいい雰囲気だったね」 

鈴「ちょっと箒!あれはどういう事よ!」 

箒「私に聞くな!」 

シャル「まぁまぁ。二人でISの訓練だと……」 



ラウラ「ふむ」ピョコッ 

鈴「ら、ラウラ!?」 

ラウラ「単なる訓練かと思っていたが……何かウラがありそうだな」 

ラウラ「どれ、私も合流するとしよう」トテテテテ 

鈴「あ、アタシもいく!」 

箒「私もだ!」 

シャル「…………ぼ、僕もいこっかな」 


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:07:24.59 ID:I+p4ByWg0

一夏「はっ!!はっ!!」ガイン ガイン 

セシリア「いい動きですわ一夏さん!うまく相手の懐に飛び込めてますわよ!」 

一夏「そ、その割りには振り回されてる気が」ガキンッ 

セシリア「当然ですわっ!まだまだIS初心者には負けませんわ……よっ!!」バシュッ 

一夏「うわっ!!!」ボンッ 

ショウシャ セシリア・オルコット! 


------------------------- 

箒「……ただの模擬戦闘のようだが」 

鈴「ほんとね」 

シャル「一夏も結構強くなってるなぁ」 

ラウラ「あまり効率的な訓練とは言えないが」 


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:12:23.79 ID:I+p4ByWg0

セシリア「少し休憩にしましょうか」 

一夏「はぁはぁ……すまんセシリア、俺のほうが先にへばっちゃって」 

セシリア「かまいませんわ。目的は適度な運動ですもの」 

一夏「んーー、まぁ目標のカロリーは消費できたかなぁ」 

セシリア「良かったですわ。では、わたくしシャワーを……」フワッ キラキラッ 

一夏「せ、セシリア……!」 

セシリア「? なんですの?」 

一夏「…………いやなんでもない」 

セシリア「ふふ、変な一夏さんですわね」ファサッ ファサッ 

一夏(この短時間でこれほど美しい髪を取り戻すなんて……さすがセシリアだぜ)ゴクリッ 


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:16:30.00 ID:I+p4ByWg0

ラウラ「む、どうやらトレーニングは終わりのようだな」 

鈴「ほんとだ」 

シャル「なんだか普通にISの練習してただけだったね」 

箒「あれが美容法か?」 

シャル「んー、何か他に秘密があるのかも」 

箒「そういえば最近あまり一夏の姿を見かけないと思っていたが」 

ラウラ「セシリアもあまり見ないな」 

ラ鈴シ箒『…………………』 

鈴「あしたから尾行ね」 


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:26:30.64 ID:I+p4ByWg0

一夏「生の野菜にも火を通した野菜にもいいところがある」ジュワワワッ 

一夏「問題はバランスだよ」 

セシリア「なるほど」 

一夏「というわけでまず前菜だ」コトッ 

セシリア「いつもながら美味しそうですわね……」ゴクリ 

一夏「油は控えめ。ボイルした野菜をあっさりしたソースに絡めただけだからな」 

セシリア「いただきまーす」 

一夏「たくさん食べてくれ」 


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:27:35.57 ID:I+p4ByWg0

箒「一夏のやつ……また食堂にいないのか」キョロキョロ 

ラウラ「おい、席をとれたぞ」 

箒「あ、うん。今行く」 

箒(セシリアも……いない、か) 


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:38:51.48 ID:I+p4ByWg0

----------------大浴場 

シャル「ねーねー、セシリアって最近食堂に来ないけどどこで食事してるの?」シャワシャワ 

セシリア「あ、それは……」 

箒「…………一夏もいないが?」 

ラウラ「二人で何かしているのか?」ワシャワシャ 

セシリア「あ……う、……」 

箒「答えられない事でもあるのか?ん?」 

セシリア「いえその……」 


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:43:00.87 ID:jd76QNW60

箒さんこええ 


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:29:36.04 ID:12iWKFc40
       ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ 
       {::{/≧===≦V:/ 
       >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、 
    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
  _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ       
. | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i      
  、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 
   ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/ 
    ∧::::ト “        “ ノ:::/! 
    /::::(\   ー'   / ̄)  | 
      | ``ー――‐''|  ヽ、.| 
      ゝ ノ     ヽ  ノ | 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:43:10.80 ID:I+p4ByWg0

シャル「………………」ツンツン 

セシリア「ひゃあああああ!!!しゃ、シャルロットさんっ!?一体何を……」 

シャル「あ、ごめんごめん。最近セシリアってほんとに綺麗だなと思って」 

箒「ほんとに、こうして見るととても美しいな」 

箒「この体……」ツンツン 

セシリア「ひゃあああああ!!!!!」 

箒「一夏が何かしたんじゃないのか?どうなんだ?」ツンツン 

ラウラ「髪も凄いな……」サワッ 

セシリア「ひゃあああああ!!!!」キラキラキラッ 

シ箒ラ「……………」ゴクリ サワサワサワ 

セシリア「わ、わかりました!!言いますから!!もうやめ……ひゃっ!!駄目ですって…ばぁ!!」 


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:48:39.39 ID:I+p4ByWg0

コンコン 

一夏「おう、いいぞセシリア!」 

ギィッ …バタン 

一夏「おそかっt…てあれ?」 

箒「やぁ一夏。その、なんだ……セシリアばかりマッサージするのはどうかと思う!」 

ラウラ「そうだぞ。仮にも私の嫁という自覚がだな」 

シャル「き、来ちゃった」テヘ 

セシリア「ごめんなさい一夏さん~~~」 

一夏「…………ま、しょうがないか」アハハ 


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:53:48.81 ID:I+p4ByWg0

ラウラ「で、なぜ鳳まで来ているんだ」 

鈴「うるさいわねっ!いいじゃない、専用機持ちなんだし」 

一夏「まぁまぁ。順番にマッサージしてやるからまずはそれに記入してろよ」 

箒「い、一夏。この体重欄はやはり空白では……」 

一夏「だめだめ。みんなに最適のプランを考えたいんだ。正直に全部記入してくれよ」モミモミ 

セシリア「んあっ……い、一夏さん、そこ痛いですわっ……」ピクピクッ 

一夏「セシリアは少し腹直筋が弱いみたいだな。欧米人には珍しく猫背気味だ」モミッ 

セシリア「あぁぁあ!!!」ビクッ 

一夏「おっとすまん。もう少し優しくいくよ」サワサワッ 

セシリア「あっ…んっ……あっあっ…!!」ピクピクピクッ 

シラ箒鈴「………………」ゴクリ 


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:57:35.86 ID:jd76QNW60

ごくり 


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 17:59:58.88 ID:I+p4ByWg0

一夏「ほい、次は……箒にしよっか」ポン 

セシリア「あっ……」ビクッ 

箒「よ、よろしく頼む」トサッ… 

一夏「……あー、うつ伏せになってくれるか?」 

箒「あ、ああああすまん!こうだな!」ゴロン 

一夏「よしよし……よいしょっと」モミッ 

箒「あんっ……!」 

一夏「お!良い筋肉だなぁ……さすが箒だ」モミッモミッ 

箒「んぁっ!!はんっ!!」ビクビクッ 



鈴(こ、これもう出来上がってるんじゃないの?)ツンツン 

セシリア「………っ…っ♪♪」ビクッ 


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:01:42.27 ID:I+p4ByWg0


--------------一ヶ月後 

セシリア「おはようございます、みなさん」フワッ 

『えっ…』 



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:04:37.05 ID:I+p4ByWg0

『なにこの良い匂い』 
『セシリアさんっ?』 
『最近さらに美しく……』 

セシリア「失礼しますわ」トテトテ フワッ キラキラキラッ 

『ご、ゴージャス……』 

箒「おはよう、前を失礼するぞ」キラッ キラッ 

『えっ!?篠ノ之さん!?』 
『篠ノ之さんってあんなに可愛かった?』 
『セシリアの金髪との対比で美しい黒髪が……!』 

箒「おはよう…ああ、おはよう」スタスタ フワッ キラキラキラッ 

『せ、セクシー……』  


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:05:15.53 ID:jd76QNW60

なんぞこれ… 


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:09:43.40 ID:I+p4ByWg0

ガララッ 

シャル「でねー、その本がすっごく面白いんだよ」キラキラッ 

ラウラ「ほう。今度読んでみるか」パアァアアッ 

『うっ……あの二人、可愛すぎて直視できないっ』 
『どういうこと!?』 
『うぅ……勝ち目ゼロ……』 

シャル「あ、おはようみんなー」キララッ キララッ 

ラウラ「ん、おはよう。」パァッ 

セシリア「おはようございます」キッラァアアッ! 

箒「おはよう」キラララッ 

『なんなのいったいいい!!!!!』 
『専用機持ちに何が……』 


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:20:06.49 ID:I+p4ByWg0

<キャアアアアア!!!カワイイイイ!!! 

『ちょ、二組でも……』 
『鳳さんが凄く可愛くなってるんだって!!』 
『なになに!?なんなのっ!?』 
『ちょっとわたし見てくるわ!』 


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:21:07.66 ID:jd76QNW60

一夏にこんな特技があったなんて… 


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:34:28.39 ID:I+p4ByWg0

『織斑せんせー!原稿オネガイシマス!』 
『今度美容番組出演の依頼が……』 
『うちのコスメサロンで講演をお願いできませんか?』 

一夏「はいはい……よいしょっと」 

セシリア「うふふ……大変ですわねアナタ」フワッ キラッ 

一夏「うん、まぁ仕事だからな」 

セシリア「あまり無理はなさらないで下さいね?」キラキラッ 

一夏「ああ。じゃあ行って来るよ」チュッ 

セシリア「いってらっしゃい」チュッ 


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 18:39:00.39 ID:I+p4ByWg0

一夏「今俺は美容研究家としてTVコメンテーターや本の執筆をやっている」 

一夏「男で唯一ISを操れる俺だが結局全然別の道にすすんでしまった」 

一夏「それでも俺は今の暮らしに満足している」 

一夏「美しい妻と二人のこどもに囲まれ幸せな毎日」 

一夏「これ以上の幸せはないだろ?」 

一夏「……それじゃ、今日も仕事に向かいますかっ」 


fin 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。