スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐天「気に入らない人を浜田がしばいてくれる能力かぁ」 

カテゴリ:とある系SS


佐天「能力者になったのはいいけどどうすればいいんだろう…」 

DQN「ねぇ彼女いま暇?」 

DQN2「暇なら俺らと遊ぼうよ」 

佐天「ちょっと止めてください!」 

DQN3「いいじゃん!すぐ終わるからさ!」 

佐天「ちょっと!」 

美琴「何やってんのあんた達!」  
Baidu IME_2012-3-15_10-3-34



人気ブログランキング

 
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 22:04:43.09 ID:Zl+jDOtkO [4/18回発言] 
佐天「御坂さん!」 

美琴「こんな『無能力者』の女の子をよってたかって最低ね!」 

佐天「無能力者?」イラッ 

美琴「だいたいあんた達ね…」チョンチョン 

美琴「何よ!」 

浜田「ンーー!フンッ!」バシン 

美琴「ぶひょ!」 

浜田「ンナハハハッ!」スタスタ 

美琴「…えっ?何で?」 
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 22:27:00.87 ID:Zl+jDOtkO [6/18回発言] 
佐天「大丈夫ですか御坂さん!」 

美琴「う、うん…」 

DQN「うわ!こりゃ酷いな!早く冷やした方がいいぞ」 

DQN2「とりあえずこれで冷やしな」 

DQN3「大丈夫か?立てるか?」 

美琴「大丈夫です…ありがとうございます」ポロポロ 

DQN「大丈夫か?痛かったか?」 

佐天『思ったより優しい人達なんだな』 

上条「おい!何やってんだ!」 
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 22:34:48.88 ID:Zl+jDOtkO [7/18回発言] 
DQN「何だこいつ?」 

美琴「あ、あんた…」 

上条「中学生相手に何やってんだ!」 

佐天「ち、違うんです!この人達は!」 

上条「黙ってろ!こんな『性の知識もないアホそうな子供達』に何しようとしてんだって聞いてんだよ!」 

佐天「」イラッ 

上条「おい!答えろよ!」チョンチョン 

上条「何だよ!」 

浜田「イクゾー!!」バシン 

上条「そげぶ!」 

浜田「ンナハハハッ」スタスタ 

上条「」ピクピク 



23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 22:50:08.47 ID:Zl+jDOtkO [8/18回発言] 
佐天『あれから1ヶ月が過ぎた。私の能力の事はまだ誰にも言っていない』 

佐天『そして私はレベル2になったのだが…』 

浜田「フンッ」バシン 

DQNa「ふぎゃ!」ピクピク 

ホンコン「ありゃりゃ失神してますがな…兄さんやりすぎでっせ」 

浜田「そうか?ンナハハハッ」 

佐天『ホンコンが増えた…』 
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 22:55:30.92 ID:Zl+jDOtkO [9/18回発言] 
佐天『今のところホンコンさんが何故出てきたのかは分からない』 

佐天『ちなみにホンコンさんは浜田さんにしばかれた(ぶたれた)人に氷や濡れタオルで手当てをしているみたいだ』 

佐天『そしてホンコンさん自身も時折浜田さんにしばかれている』 

佐天『これ以上レベルが上がったらどうなるのだろう』 


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:08:41.28 ID:Zl+jDOtkO [10/18回発言] 
佐天「はぁ…こんな能力誰にも言えないよ…」 

DQNa「この!この!クソが!」ゲシゲシ 

犬「キャンッ!」 

佐天「あ、あなた何やってるんですか!」 

DQNa「あぁ?あっ!テメーはこの前の!」 

DQNa「この前は世話になったな!あん時のお礼はたっぷりしてやるからな!」 

佐天「いやっ!」 

浜田「お前何してんねん!」 

DQNa「!?」 
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:13:45.06 ID:Zl+jDOtkO [11/18回発言] 
浜田「ホンコン!そっちの犬っころは大丈夫か!」 

ホンコン「大丈夫そうです兄さん!」 

浜田「そうか!」 

浜田「生きて返さへんぞワレェ!」 

DQNa「ひっ!」 

浜田「オラァ!」バシン 

DQNa「ふぎゃ!」 

浜田「ウラァ!」バシン 

DQNa「ひぎゃっ!」 

佐天「ちょっ、ちょっと!それ以上やったら死んじゃいますよ!」 

浜田「知るかボケェ!」 

佐天「もう止めてぇぇぇぇぇ!」 

その時、私の能力はレベル3になった 
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:20:11.86 ID:Zl+jDOtkO [12/18回発言] 
佐天『その時私の周りが金色の光に包まれた事を今でも鮮明に覚えている』 

佐天『そして…』 

ホンコン「なんやこの光は!」 

?「俺たち!」 

?「放課後電磁波クラブ!」 

佐天「……」 

ホンコン「……」 

浜田「………」 

DQNa「」ピクピク 


佐天『際どい格好をしたキワモノ2人がいた』 
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:26:43.43 ID:Zl+jDOtkO [13/18回発言] 
佐天「格好はおかしいけどなんか強そう!お願いです浜田さんを止めて下さい!」 

S極「ぬっ?あいつか…」 

N極「おいそこのゴリラ!それ以上やるというなら俺達が相手になろう!」 

佐天「凄い!あの浜田さんに全くビビってない!」 

佐天『しかし次の瞬間』 

浜田「あ?何やねんお前らぁぁぁぁ!」 

S極「ひぃっ!」 

N極「ひぃっ!」 

佐天『あの2人はしばかれていた』 

浜田「ンナハハハッ」 
57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:31:54.63 ID:Zl+jDOtkO [14/18回発言] 
佐天『だが、あの怒り狂ってた浜田さんが今度は楽しそうに2人をしばいていた』 

佐天『私はあの2人は歯止めがきかなくなった浜田さんを止める係なのだと解釈しました』 

佐天『ちなみに2人の名前は』 

S極「S極」 

N極「N極」 

浜田「あ?」 

N極「今田です」 

S極「東野です」 

佐天『今田さんと東野さんというみたいです』 
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:40:11.50 ID:Zl+jDOtkO [15/18回発言] 
佐天『さて皆さん。大変な事になりました』 

佐天『浜田さん達が消えなくなりました』 

佐天『今では用件が終わるとそのままいなくなっていたのに居残るようになりました』 

佐天『そして勝手に行動するようになりました』 

佐天『おかげでこの前も…』 
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:47:02.75 ID:Zl+jDOtkO [16/18回発言] 
美琴「はぁ…ゲコ太ストラップ手に入らなかった…」 

美琴「ん?」 

浜田「ンナハハハッ!んなアホな!」 

美琴「あ、あいつは前に私をぶった奴!」 

美琴「ちょっと待ちなさい!」 

浜田「ん?」 

今田「浜田さん知り合いですか?」 

浜田「いや、知らんなぁ」 

美琴「なっ!あんた私の事ぶっておいてよくそんな事言えるわね!」 

東野「浜田さん殴りはったんですか!」 

浜田「やってへんって!アホな事言うなや!」 
65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:52:35.21 ID:Zl+jDOtkO [17/18回発言] 
美琴「もういいわ…」 

美琴「あんたら絶対に許さないんだから!」 

ホンコン「よう分からんけど俺らも入っとるな」 

今田「浜田さんのせいで僕ら巻き添えですよ!」 

浜田「だから知らんって!」 

美琴「」ドゴーン 

東野「へっ?」 

美琴「常磐台の超電磁砲を舐めるな!」 
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/10(土) 23:58:27.54 ID:Zl+jDOtkO [18/18回発言] 
市民A「おい、河原で第3位が決闘してるらしいぜ」 

佐天『御坂さんが?』 

市民A「なんかゴリラみたいな奴と決闘してるらしい」 

市民B「ゴリラ?第1位じゃないのかよ!」 

佐天『ゴリラ!?きっと浜田さんの事だ!』 

佐天『やばいやばいやばい!いくら浜田さんでも学園都市第3位の御坂さんが相手じゃあ…』 

佐天『無事でいて浜田さん!』 
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:05:58.11 ID:5SpTPeiuO [1/25回発言] 
佐天「大丈夫ですか浜田さ」 

美琴「くっ…」ハァハァ 

佐天「み、御坂さんが…おされてる」 

今田「どうした!もう終わりかい?」 

御坂「まだまだ!」 

東野「いくらやっても君の電撃も僕たちの前では意味をなさない!」 

今田「俺達!」 

東野「超電磁波クラブ!」 

浜田「ンナハハハッ」 
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:14:49.83 ID:5SpTPeiuO [2/25回発言] 
浜田「勝負あったみたいやな」 

御坂「ま、まだよ…」 

ホンコン「やめときやお嬢ちゃん。フラフラやないか」 

御坂「まだよ…まだいけるわ…」 

浜田「うっさいんじゃボケェェェェ!」 

美琴「ひぃっ!ご、ごめんなさい」 

浜田「お前ら行くで」 

今田「珍しい。浜田さんがしばかないなんて」 

東野「今日は雪が降るんとちゃいますか?」 

浜田「アホな事言うなや!俺今まで誰かをしばいた事なんて一度もないで」 

ホンコン「兄さんよくそんな事言いますね」 
77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:23:10.89 ID:5SpTPeiuO [3/25回発言] 
佐天「大丈夫ですか御坂さん!」 

御坂「佐天さん…」 

ホンコン「ちょうとええ。あんたこのお嬢ちゃんを家まで送ったってくれや」 

佐天「はい」 

東野「おい、お嬢ちゃん」 

美琴「何よ…」 

東野「良い電撃だったぜ」 

今田「だがいつも浜田さんにしばかれてる俺達からしたら蚊に刺された程にも効かないがな」 

美琴「……あいつはそんなに強いの?」 

今田「あの人が本気でビンタしたら風圧で海が割れるねんで」 

浜田「ンナハハハッ!んなアホな」 
79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:31:46.64 ID:5SpTPeiuO [4/25回発言] 
佐天「じゃあ私御坂さん寮まで送ってきますね」 

ホンコン「おぉ頼むわ」 

黄泉川「ちょっと待つじゃん!」 

浜田「なんやいきなり」 

黄泉川「さっき河原で戦争をやってるって通報があってね。あんたらに色々と聞きたい事があってね。一緒に来てもらうじゃんよ」 

黄泉川「逃げようとか思わない方がいいじゃん」 

東野「浜田さんやばいですよ!囲まれてます!」 

ホンコン「どないします兄さん?」 

佐天『やばい…どうしよう…』 

?「ちょっと待ったーー!!」 
84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:40:07.57 ID:5SpTPeiuO [5/25回発言] 
黄泉川「だ、誰じゃん!」 

佐天「あっ、あそこ!」 

佐天『その人は私たちのいる場所から300m離れた場所にいました』 

?「ちょっと待ったーーー!」 

黄泉川「いや、待ってるじゃんよ!」 

?「」ボソボソ 

浜田「いや、聞こえへんからこっち来てくれる?」 
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:42:21.37 ID:5SpTPeiuO [6/25回発言] 
?「」スタスタ 

一同「……」 

?「」スタスタ 

一同「……」 

?「」ピタリ 

?「」ジー 

浜田「はよ喋れや!」 
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:47:31.14 ID:5SpTPeiuO [7/25回発言] 
黄泉川「あ、あんた誰じゃんよ」 

?「おい、人に名前を聞く時はまず自分から名乗るのが礼儀ちゃうんかい」 

黄泉川「そうだね悪かったじゃんよ。私の名前は」 

?「俺の名前は板尾創路」 

佐天『また変なのが現れた…』 
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 00:53:50.76 ID:5SpTPeiuO [8/25回発言] 
板尾「時にお前らなに人のこと囲んでんねん」 

黄泉川「あ、あんたが勝手に入ってきたんじゃんよ」 

板尾「うるさい散れー!散れー!」 

板尾「散れー!」 

東野「浜田さんこの人ちょっと頭やばいんとちゃいます?」 

浜田「ンナハハハッ」 

板尾「」ジー 

東野「な、なんやねん」 

板尾「散れーー!」 

東野「なんやねんこいつ!」 

黄泉川「ひ、ひとまず退散するじゃんよ」 
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:01:29.82 ID:5SpTPeiuO [9/25回発言] 
佐天「そ、それじゃあ帰りましょうか」 

浜田「そやな」 

ホンコン「もう遅いから着いてってやるわ」 

佐天「あ、ありがとうございます」 

今田「ホンコンさんだけじゃ頼りないから俺達も着いてってあげるよ」 

佐天「あ、ありがとうございます。」 

佐天『変な格好してるから離れてほしいんだけど』 

板尾「」スタスタ 

佐天『何でこの人も着いてきてるの…』 
93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:10:03.69 ID:5SpTPeiuO [10/25回発言] 
佐天『それから私は御坂さんに自分の能力について話した』 

佐天『御坂さんは「私は何でしばかれたの?何か恨みでもあるの?」と困惑していたが私の意思に関係なく出てきて私自身困っているといったら納得してくれた』 

佐天『ちなみに御坂さんが「まぁ、覚えたばっかじゃ能力の扱い方なんて分からないわよね」とちょっと人をバカにした感じで笑ったら浜田さんがきてしばかれてた』 

佐天『とりあえずもう浜田さんの事は狙わないと約束してくれた』 
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:17:16.67 ID:5SpTPeiuO [11/25回発言] 
佐天『そして最近仲間になった板尾さん』 

佐天『彼の能力がいまだに把握できていません』 

佐天『板尾さんは浜田さんが不良などをしばいている時は一定の距離からずっと眺めるだけで何もしないのです』 

佐天『とりあえずは様子見でいようと思いたのですが…』 

佐天『まさか浜田さんが学園都市第1位に狙われるとはこの時は思ってもいませんでした』 
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:26:41.74 ID:5SpTPeiuO [12/25回発言] 
佐天『ある日私の家に一通の手紙が届いたのです。』 

手紙『仲間は預かった。帰してほしくば第4倉庫までこい』 

東野「仲間って誰ですかね?」 

佐天「ホンコンさんですよ!」 

今田「あっ、本当だ!浜田さんホンコンさんいませんよ!」 

浜田「あぁ?別に助けにいかんでもえぇやろ」 

今田「それもそうですね」 

佐天「いや助けにいきましょうよ!」 
107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:35:24.53 ID:5SpTPeiuO [13/25回発言] 
佐天『結局4時間ほど説得したら助けに行ってくれました。途中コンビニで立ち読みをしたので約束の時間より2時間遅れてます』 

佐天「着きました!」 

浜田「またしょーもない所やな」 

一方通行「遅ェじゃねェか三下ども!」 

今田「浜田さん何かいますよ」 

一方通行「約束の時間とっくに過ぎてますよォォォォ!」 

東野「あかん。めっちゃキレてる。浜田さんのトイレが長いせいですよ」 

浜田「人のせいにすんなや!お前らかて立ち読みしてたやろ」 

一方通行「ごちゃごちゃうるせェんだよォォォォ!」 
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:42:46.55 ID:5SpTPeiuO [14/25回発言] 
佐天『その時周りにあったコンテナが浜田さんたち目掛けて飛んできたのです』 

佐天『私も噂には聞いていました。学園都市第1位一方通行はこの世のありとあらゆる物のベクトルを操作できると。まさかここまでとは』 

東野「まずいですよ浜田さん!数が多すぎてガードしきれません!」 

今田「それに動きが不規則すぎて全く読めません!」 

佐天「危ない!」 

佐天『その時』 

板尾「散れー!散れー!」 
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 01:53:33.77 ID:5SpTPeiuO [15/25回発言] 
佐天『板尾さんが叫んだ瞬間、無数にあったコンテナが一気に消えてしまいました』 

佐天『私は前に河原で囲まれた時も板尾さんの一喝でアンチスキルの人達がいなくなったのを思い出しました』 

佐天『そして初めて板尾さんの能力を理解したのです。板尾さんは浜田さんが人をしばきやすいように邪魔な人や物を排除する能力なんだと』 

一方通行「なっ!なかなかやるじゃねェか!」 

一方通行「ならこれならどうだ!」バキ 

東野「効かんな」 

今田「常に浜田さんにしばかれてる俺達からしたらお前の拳など赤子のパンチにも劣る」 

佐天「凄い…第1位を圧倒してる…」 
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:01:32.44 ID:5SpTPeiuO [16/25回発言] 
東野「諦めろお前の負けだ」 

一方通行「俺が…負ける…」 

今田「そうだ」 

一方通行「びゃっはは!ふぎゃああああはっはあああっ!」 

東野「なんだこいつ!」 

一方通行「俺が負ける?それはまだ早いンじゃねェか?」 

東野「何?ぐっ!グハァ」 

今田「どうしたS極」 

一方通行「苦しいだろォ?こいつの体内の血液を操作してからなァ」 

板尾「なんやと!」 
120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:08:05.29 ID:5SpTPeiuO [17/25回発言] 
今田「くっ!この!」 

一方通行「反射ァ!」 

今田「なっ!攻撃が効かないだと!」 

一方通行「お前も終わりだァ!」 

今田「グワッ!」 

一方通行「お前もだァ!」 

板尾「ウワァ!」 

一方通行「びゃっはは!ふぎゃああああはっはあああっ!形勢逆転だねェ!」 
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:18:02.19 ID:5SpTPeiuO [18/25回発言] 
一方通行「さァ!どうする?あとはあンた1人だ」 

浜田「一応言うといたるわ。お前じゃ勝てへん」ハァハァ 

一方通行「びゃっはは!ふぎゃああああはっはあああっ!そンなボロボロになってもまだ勝てる気でいるンだ」 

浜田「当たり前や!俺達とのどつき合いは今からが本番や」ハァハァ 

一方通行「俺達?もうあンたしか残ってねェよ」 

浜田「お前にはわからんのや。もうそこまできとるで」ハァハァ 

一方通行「あァ?」 

?「待たせたな!皆の衆!」 

佐天「えっ?」 

浜田「ったく、来るの遅いねん」 
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:23:14.04 ID:5SpTPeiuO [19/25回発言] 
?「う、産まれる~」ヌルヌル 

佐天「へっ?」 

佐天『そこにいたのは変な格好をしたおじさんでした。』 

一方通行「びゃっはは!ふぎゃああああはっはあああっ!これか!これがあンたが待ってた助っ人か!」 

浜田「おい」 

一方通行「とンだ期待外れだぜ!」 

浜田「おい」 

一方通行「なンですかァ?」 

浜田「オラァ!」バキ 

一方通行「なっ!」 
127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:31:04.65 ID:5SpTPeiuO [20/25回発言] 
一方通行「な、なンでだ!今まではちゃンと反射できてたはず…」 

浜田「自分に1つ教えといたるわ」 

浜田「俺の能力はツッコミ言うてな、ボケがいて始めて成立すんねん」 

?「私きのうレイプされたの…」 

浜田「で、あそこにいるのが俺の相方の松本。俺が知ってるかぎり最高のボケや」 

松本「1、2、3…7人。私をレイプした人数とちょうど一緒だわ」 

浜田「せやからあいつがいる時は俺は初めて本来の力が出せんねん」 

松本「冷蔵庫をドーン!」 

浜田「うるさいわボケェェェ!」 

松本「!?」ビクッ 
130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:40:27.21 ID:5SpTPeiuO [21/25回発言] 
一方通行「だからって…だからって俺が負ける理由にはならねェ!」バキ 

浜田「効かんのぉ」 

一方通行「な、なンで…」 

浜田「理由は2つ」 

浜田「1つは俺がお前の力を遥かに超えてること。まぁ、これは元々やけどな」 

浜田「そしてもう1つはお前の演算能力が下がったからや」 

一方通行「ど、どういう事だ!」 

浜田「あんな変な奴を前にして正しい演算なんてできるわけないやろ!」 

松本「産ませてよ!産ませてよ!」 

浜田「お前の敗因は1つ!俺達を敵にしたということや」 

浜田「これでしまいじゃボケェ!」バキ 

一方通行「グハァ!」 
133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 02:49:01.82 ID:5SpTPeiuO [22/25回発言] 
浜田「お前らぁ!帰るで」 

佐天「でも浜田さん板尾さん達が!」 

浜田「ホンコンが治療してるから大丈夫や」 

ホンコン「やっと出番きたで」 

浜田「今田も東野も板尾ももう歩けるやろ!」 

東野「あの人ひどいなぁ。こっちはさっきまで死にかけてたのに」 

今田「そんな事より浜田さん僕腹へりましたよ!なんか食べて帰りましょう」 

佐天「いいですね!ハンバーグなんてどうです?」 

浜田「うわぁーい!ハンバーグだー!」 

松本「うわっ、めっちゃ子供やん」 

板尾「松本さんなんて格好してはるんですか」 
136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 03:07:08.98 ID:5SpTPeiuO [23/25回発言] 
次の日 

浜田「あっ、お嬢ちゃん。ちょっと話あんねん」 

佐天「話ですか?」 

浜田「あのな。実は俺らお嬢ちゃんの知らない所でお笑いやってたんや」 

佐天「そうなんですか?」 

ホンコン「せやねん」 

東野「君が学校に行ってる間にネタ合わせしたりして道端で披露してたりしてたんだよ」 

佐天「はぁ…」 

浜田「それでな、この前TV局のプロデューサーのお眼鏡にかかってコント番組をやらせてもらえる事になったんや」 

佐天「えぇ!凄いじゃないですか!」 

浜田「せやねん。またとないチャンスやねん」 

佐天「そりゃそうですよ!応援しますね!」 

浜田「ありがとう。でもなそうなると俺ら東京に行かなあかんねん」 

佐天「……えっ?」 
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 03:14:44.17 ID:5SpTPeiuO [24/25回発言] 
佐天「学園都市のTVじゃないんですか?」 

浜田「確かに学園都市のTV局も凄い!せなけどな俺らが目指してるのはもっと上なんや」 

佐天「それじゃあ、私の能力はどうなるんですか?」 

浜田「……」 

佐天「浜田さん!」 

浜田「……すまん」 

松本「お嬢ちゃんがせっかく手にいれた能力や。失いたくないのは分かる」 

佐天「だったら!」 

松本「でもな俺らもやっと手にいれたチャンスなんや。分かってくれ」 

佐天「っ!勝手にしてください」 
143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/03/11(日) 03:30:47.22 ID:5SpTPeiuO [25/25回発言] 
浜田「悪いな嬢ちゃん。行くでお前ら」 

東野「お世話になりました」 

今田「お元気で」 

佐天「もう二度と帰って来ないで下さい」 

浜田「……」 

佐天「でも、DVDくらいは送ってきてもいいですよ。暇な時に見ますから」 

浜田「……おう!ぎょうさん送ったる!」 

佐天「皆さんどうかお元気で」 

浜田「おう!涙子もな!」 

佐天『こうして浜田さん達は東京へと旅立って行きました』 

佐天『そして毎月差出人不明のDVDが私の元に届く』 

佐天『そのDVDには見覚えのある6人の芸人さん達が面白可笑しく暴れまわっている』 

佐天『私はそれを見る度に涙を流しながら笑い転げるのです』 


終わり 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。