スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森さん「はぁ...キョンさん...」 

カテゴリ:ハルヒSS

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:26:18.88 ID:0z7YtCu20
森さん「せっかくの休暇だし、買い物でもいこっと♪」 


森さん「~♪」ブロロロロ… 

森さん「ふんふふんふ~ん♪」 

森さん「かにったっべいこお~♪」ニコニコ 

森さん「ふふんふんふふふふ~ん♪」 

森さん「リ~ズ~ム~に~あ~わ~せ~て♪」 

森さん「あ」 

ドギャッ!! 

森さん「あ…」 

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:29:23.08 ID:0z7YtCu20
キキッ…… 

森さん「……」 

森さん「……」ダクダク… 

森さん「……」ガタガタガタガタ 

森さん「ひ…人…轢い…轢い…ひぃ…」ダクダクダク… 

バンッ 

森さん「ごめんなさぁ~い!!だっ、だだ大丈夫ですかあ~!?」タッタッタ… 


キョン「あう…あうっふぅ…」ヒクヒク 



森さん「―――――」ツゥーン…(※注 





※注 鼻にサッカーボールが直撃した感覚 




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:30:10.71 ID:1A+mIdtt0
>ドギャッ!! 
何の音だよ 




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:33:58.95 ID:0z7YtCu20
森さん「きょ…」 

キョン「ぐは…はぐぅ…ぬふぅ…」ピクピク 

森さん「きょんくん…」 

森さん(キョン君を…撥ねちゃった…私…キョン君を…殺しちゃった…?) 

森さん「ひ…ひぃ…ひぃぃいいぃいいい~…」ガタガタ… 

森さん(もうお終い…何もかも…どうしよう…どうしようぅ~…) 

キョン「うふぅ…ぐぅ…ぬふぅ…ぬふぅ…」カクカク 




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:36:38.95 ID:0z7YtCu20
森さん「ああ…何てことを…私、どうしたら…」 

森さん「……」 


~~~~~~~~~ホワンホワン~~~~~~~~~~~ 

涼宮さん「ええ!キョンが死んだ?うわーん悲しいなーせつないなー!」 

わたし「ごめんなさーい」 

涼宮さん「こんな世界、もうやだ!リセット!そうりゃ!」 

わたし「わぁやめて!」 

涼宮さん「どーん!ハイどーん!!」ドーン 

――こうして歴史が終わった―― 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

森さん「あわわ…あわわわ…」ガタガタ 

森さん「あわわわわー…」 




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:39:43.82 ID:0z7YtCu20
森さん「あわー…」 

森さん「……」 

森さん「…」 

森さん「死のう」 

森さん「死んで償おう」 

森さん「あ、そだ」 

森さん「死ぬ前に古泉に借りたお金返さなきゃ」 

森さん「うふふふ」 

森さん「いや、どーせ死ぬならもう少しお金借りて」 

森さん「甘いモノいっぱい食べてから死のう」 


キョン「んん…んぐふ…くは…」ガクガク 




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:41:15.73 ID:0z7YtCu20
森さん「新川さんのヅラも取っちゃえ、ふふ」 

森さん「そいで新川さんの目の前でヅラを引き裂いちゃえ」 

森さん「うふふふふ…」 

キョン「ぐはっ…はぐぅ…」ガシ 

森さん「うふふふふふふふ…う?」 

キョン「きゅ…きゅ…しゃ…救急車…がは…」ガクリ 

森さん「大丈夫ですか!?キョン君!しっかりしてください!」キリッ 




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:44:47.23 ID:0z7YtCu20
森さん(良かった、良かったぁ!!生きてた!キョン君が生きてたよー!!) 

森さん(あー良かった、ホントよかった~) 

森さん(良く見たら別に大出血してるわけじゃないし、体のパーツは揃ってるし車もそんな速くなかった気がするし?) 

森さん(私ったらすっかり動転しちゃった!) 

森さん(あ、でも腕が若干変なほう向いてる…) 

キョン「うぐぐ…きゅ…救急車は…まだですか…?」ムクリ 

森さん「はっ!ああのあのあの、もうじき来るとおもいます、ハイ」 

キョン「そ…そですか…あ…また意識が…」カクン… 

キョン「……」 

森さん「……」 

森さん「いけないいけない…えと、携帯はっと…」ガサガサ 




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:47:16.14 ID:0z7YtCu20
森さん「ええっと、いち、いち、きゅーっと」ポチポチ 

『救急ですか?消防ですか?』 

森さん「えっと、救急です」 

『どういう状況ですか?』 

森さん「えっとですね…」 

森さん「……」 

~~~~~~~~~ホワンホワン~~~~~~~~~~ 
偉い人「病院から情報があったよ…キミ、やってくれたね…」 

わたし「申し訳ありません…」ショボン 

偉い人「危うく世界の終りだったな…私はキミを買い被っていたようだ」 

わたし「えっ」 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

『もしもし?もしもし?』 




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:49:54.96 ID:0z7YtCu20
森さん「……」 

~~~~~~~~~ホワンホワン~~~~~~~~~~ 

偉い人「キミには今回の責任を取ってもらう」 

わたし「あう」 

偉い人「クビ。退職金はなしよ」 

わたし「えーっ」ガーン 

古泉「おやおや、森さんともあろうお方が…へっ、これだから女は…」ヘラヘラ 

新川さん「全く…恋人もいない寂しい女のくせに余計なことを…家でマンガでも書いてろよ…」ペッ 

わたし「うぐ…ううう~…」ポロポロ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『ちょっと!?大丈夫ですかー!?もしもーし!もしも』 
プツ 

森さん「……キョン君、少しだけガマンしてくださいね!」 




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:54:05.15 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・ 
・・・・ 

某闇医者「~♪」コポコポ… 

キュリリリ…ッ 

闇医者「?」 

闇医者「うん」 

闇医者「いい香りだ」 

闇医者「確か貰いモノの羊羹がどこかに」 

キャキャキャ…バロロロ… 

闇医者「何だいうるせえな…お、あったぞ」ガサ 

キュキュキュキュキュ…ブロロロロロロロロロ… 

闇医者「さっきから一体何の騒ぎ 

ドガシャッ!!メキメキメキバキバキ… 

闇医者「…!」ビクッ 

??『先生!急患で…あれ?ドアが開かない!んににに…』グギギ… 

闇医者「……」 




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:56:34.47 ID:0z7YtCu20
バキッ 

森さん「ああっ、ドアが…あっ先生!」 

闇医者「ウチが立体駐車場に見えたのか?いい眼医者を紹介するぞ」 

森さん「え?いえ、あの、この子の治療をお願いしたいんです」 

キョン「うーん…」 

闇医者「キミんとこからは何も聞いてないが…」 

森さん「まあ色々ありまして…」 

闇医者「何だいこりゃ…見た感じ交通事故のようだが」 

森さん「え?そう見えますか?」 

闇医者「わたしを甘く見ないでほしいね…お前さん、やらかしたろ」 

森さん「……」 




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 07:59:19.27 ID:0z7YtCu20
闇医者「…命に別条はないよ…町の病院でも十分治療できる」 

森さん「そうですか…え?見てくれないんですか?」 

森さん「大きい病院は…その、ちょっと…」 

闇医者「うちは高いですぜ…?」ニヤリ 

森さん「払います!一生掛っても払いますとも!」 

闇医者「その言葉が聞きたかった」キリッ 

森さん「もう、マンガの真似してないで早く処置してあげてください!」 

闇医者「はいはい…」 

森さん「あとこのことは機関にはナイショで…」 

闇医者「はいはい…」 

森さん「恩に着ます~!今年のお中元は奮発しますからね♪」 




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:16:40.73 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・ 


キョン「う…?」 

森さん「あ、目が覚めましたか」 

キョン「あれ?俺…ぁいででででっ!」 

森さん「あっ、まだ動かないでください…」 

キョン「んん?あれ?ここは…?俺は一体…」 

森さん「ここは私のアパートです…」 

キョン「はぁ……お、何だコレ…手に包帯が…?」 

森さん「あ、あの…キョン君…」 

キョン「森さん、一体何があったんですか?」 

森さん「ごめ…え?」 

キョン「俺、何があったのかイマイチ憶えてないんです…」 

森さん(これは) 




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:20:55.42 ID:0z7YtCu20
森さん(これはチャンスなのでは) 

森さん(何とかして誤魔化しきれば…) 

森さん(私への社会的ダメージを軽減できるかもしれません…) 

森さん(幸いキョン君の怪我は腕の脱臼と打撲…) 


キョン「森さん?」 


森さん(骨はもう嵌めてもらったし、打撲は軽度…) 

森さん(あの藪医者が言うには全治1週間…それを凌げば…) 

森さん(更に幸運なことに北高は今、連休中…) 

森さん(うまくやれば、十分誤魔化せるはず…!) 


キョン「あの…森さん?」 

森さん「キョン君…私がこれから言う事、よく聞いてください」 

キョン「はあ…」 




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:23:36.74 ID:0z7YtCu20
森さん「キョン君、あなたは…狙われています!」 

キョン「ええっ!?」 

森さん「あなたは路上で奴に襲われて…」 

キョン「襲われて?車に撥ねられたように感じたんですが…」 

森さん「は、犯人は車に乗ってキョン君に襲いかかったんです」アセアセ 

キョン「なっ…殺す気まんまんじゃないですか…!」ゴクリ 

森さん「恐ろしい相手なんです…」 

キョン「犯人とは…一体…?」 

森さん「え?」 

キョン「犯人は一体誰なんですか?」 




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:25:42.14 ID:0z7YtCu20
森さん「…わかりません…」 

キョン「そうですか…長門なら解るかな…?」 

森さん「あわっ、わ、解ってるのは」アセアセ 

森さん「長門さんでも解らないだろうということだけです…」キリッ 

キョン「………」 

森さん「~~~~~っ」ダラダラ 

キョン「一筋縄ではいかない強敵…ってことですね…」ゴクリ 

森さん「そ、そうなんです…」ホッ 




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:28:21.54 ID:0z7YtCu20
森さん「キョン君は、あの、犯人の顔とか、その、見たりしてませんよね?」 

キョン「ええ…でも女性だったように思います」 

森さん「!!」ギク 

森さん「なぜ、そう、オモウノデスカ?」カタカタ 

キョン「車に撥ね飛ばされた直後、女性の声がこっちに向かってきたんです」 

森さん「へ、へぇ~…」 

キョン「俺はてっきり事故の加害者が駆け付けたのかと…そうか…危ないとこだった…」 

キョン「クソ…青信号の横断歩道を歩く人間を轢き殺そうとするなんて…なんちゅう外道だ…」 

森さん(はうっ) 

キョン「でも何で森さんが?」 

森さん「え?」 




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:31:42.70 ID:0z7YtCu20
森さん「あ、わ、私は犯人を追跡してたんです…」 

キョン「え?犯人が誰か解らないのにどうやって?」 

森さん「うぎっ…は、犯人は……」 

キョン「?」 

森さん「犯人は…顔を…じゆーに、変える事が…でき、る、のです…」ダラダラ 

キョン「………」 

森さん(うう~~っ) 

キョン「……何てこった…つまり人知を超えた怪物ってことですか」 

森さん「はい……はい、そうなんです」ホッ 

キョン「俺を撥ねた犯人は、その後どうなったんですか?」 

森さん「はひっ?」 




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:35:03.34 ID:0z7YtCu20
キョン「だって機関でも未だに拘束できなくて、顔を自由に変える超人で、丸腰の相手を轢くほどの外道なわけでしょ」 

森さん「ひゃい…」 

キョン「森さん、俺を助けてくれた時にそいつと対峙したんですよね?」 

森さん「え?」 

キョン「相手は車から降りてたんでしょ?俺にトドメを刺しに…」 

森さん「……降り…たかな…?降り…たかも…」 

キョン「? 一体そのあとどうなったんですか?何があったんですか?」 

森さん「えと、えと、わ、私はこれでも機関の超能力者ですからね!なんとか撃退しました!」 

キョン「なるほど…じゃあ俺が救急車を頼んだのは森さんだったのか…」 

森さん「そ、そうなんです…」 

キョン「てっきり俺を撥ねた相手だと思ってたんですが…」 

森さん「!」ギクリ 

キョン「まああの時は意識が朦朧としてたからな…」 

森さん「そ、そうでしたね~…」 




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:36:41.07 ID:0z7YtCu20
キョン「あれ?でも超能力は確か閉鎖空間でしか使えないんじゃ…」 

森さん「!!」ドキ 

キョン「何かひっかかる…何か…今までの話に違和感が…」 

森さん(あわわわわえっと、えっと、ああもう!!) 

森さん「キョン君!!」 

キョン「はい」 

森さん「私、あなた達に隠していたことがあるんですっ!」 




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:39:21.17 ID:0z7YtCu20
キョン「といいますと?」 

森さん「実は、私は、えーと、他の超能力者とは違うんです!!」 

キョン「え?」 

森さん「私は古泉のような超能力者ではありません!」 

キョン「そうだったんですか?」 

森さん「はいっ」 

森さん「私は、涼宮さんとは関係なく、もっと前から超能力を使えました!」 

キョン「いつからなんですか?」 

森さん(えっと、えっと) 

森さん「しょ、小学生?」 

キョン「いや、小学生?て聞かれても」 




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:44:06.08 ID:0z7YtCu20
森さん「だから、とにかく、実は閉鎖空間以外でも超能力が使えるんです!」 

キョン「そうだったんですか…」 

森さん「そうだったんですよ…」 

キョン「何があったんですか?」 

森さん「えっ?」 

キョン「いや、超能力に目覚めた切っ掛けですよ」 

森さん(ええ~っと、えええ~~っとぉ~…) 

森さん「け…」 

キョン「け?」 

森さん「契約…です」 

キョン「契約!?何と?」 

森さん「も…森の妖精…」ジワッ 




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:48:28.00 ID:0z7YtCu20
キョン「も…森さん…」 

森さん「はい……」 
   (もう泣きたい…) 

キョン「それ、超能力じゃなくて魔法じゃないですか」 

森さん「そうです全部うs…はえ?」 

キョン「なんてこった…超能力者、宇宙人、未来人と来て、ここで魔法使いとは…」 

森さん「…ま、まあ、そうとも言いますか…」 

キョン「しかも小学生の頃って、完全に魔法少女じゃないですか」 

森さん「え、ええ、昔は色々無茶したものです…」 

キョン「すげえ…」 




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 08:51:11.54 ID:0z7YtCu20
キョン「例えばどんな魔法を…森さん泣いてるんですか?」 

森さん「いえ、ちょっと目にゴミが…」 

キョン「そうですか…で、どんな魔法を使うんですか?」 

森さん「それは、まあ…色々…」 

キョン「ビーム出したりできるんですか?」 

森さん「そんなたいそれたことはちょっと…」 

キョン「空飛んだり?」 

森さん「それもちょっと…」 

キョン「え?閉鎖空間では飛ぶんですよね?」 

森さん「あそっか、えっと、古泉と同じ超能力者でありながら、魔法使いなんです…」 

キョン「まじですか!!古泉の比じゃないじゃないですか!超マルチ!」 

森さん(うう…気分が悪くなってきました…) 




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:06:56.56 ID:0z7YtCu20
キョン「あ、じゃあこの怪我とか治せます?」 

森さん「それもでき……治せ…ます…」 

キョン「一つお願いできませんか」 

森さん「治せますが自然治癒のほうが早いです…」 

キョン「………」 

森さん「………」 

キョン「……それ、意味あるんですか…?」 

森さん「ふふ…無いですね……申し訳ありません…」 

キョン「いや、仕方ないですよ…」 

森さん「本当に…ごめんなさい…」 

キョン「森さんは悪くないです…悪いのは犯人のクソ野郎なんですから」 

森さん「ううぅ~…ごめんなさい…ごめんなさい…」メソメソ 




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:09:54.96 ID:0z7YtCu20
キョン「森さん元気出してくださいよ」 

森さん「グス…はい…」 

キョン「で、話は戻るんですが、どんな魔法を使うんですか?」 

森さん「ううう~…」 

森さん(もうダメ…もう誤魔化せない…もう…正直に言っちゃおう…) 

キョン「森さん?」 

森さん「あの…私…魔法…使えない…ですぅ…」 

キョン「え?……ああ、そういうことですか…」 

森さん「ごめ…なさい…ひっく、大人のくせにこんな…ごめんな…ひゃい…」 

キョン「変身して魔法を使うタイプの魔法使い…なんでしょ?」 

森さん「ごめ……へっ…?」 




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:13:51.83 ID:0z7YtCu20
キョン「無理言ってすみませんでした…生身で魔法使えだなんて…」 

森さん「あの、その…キョン君、本当に私が魔法使いだと思ってるんですか?」 

キョン「ええ…そりゃ確かに荒唐無稽な話ですけど…」 

キョン「他ならぬ森さんが言うなら信じますよ」 

森さん「………!?」 

キョン「もしウチの妹とかハルヒがそんなこと言いだしたら…」 

キョン「2~3発引っ叩いて頭の病院に連れてきますね」 

キョン「退院しても暫らく距離を置いて接します」 

森さん「………」 

森さん「で、ですね…はは…」 
   (なんでこうなるの…) 




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:21:29.97 ID:0z7YtCu20
キョン「というわけで変身を希望します」 

森さん「そんなぁ…無理です…」 

キョン「え、何故ですか?」 

森さん「だって…」 

キョン「だって…?」 

森さん「だってぇ…」ソワソワ 

キョン「………?」 

キョン「!」ハッ 

キョン「そ、そうか…変身の際に服が一瞬消えると!そうなんでしょう!」 

森さん「あっ、そ、そうなんです…」 

キョン「知らなかったとはいえ何と言うセクハラ発言を…すみません!森さん!」 

森さん「うう…」 
   (夢…これは悪い夢です…はやく覚めて…) 




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:25:35.55 ID:0z7YtCu20
キョン「ま、その問題は俺が目を閉じていればクリアですね!じゃあどうぞ!」 

森さん(もう…覚悟を決めるしかないんですね…) 

森さん(一度だけ…せめて一度だけでも誤魔化さなきゃ…) 

森さん(その後は適当に犯人が捕まったとか言っておけば…) 

森さん(そしたら後は怪我が治るまで、ウチで保護(注,監禁の意)すれば…) 

森さん(よし…やるしかない……やるしか…) 

森さん「キョン君!!」 

キョン「は、はいっ!」 

森さん「行きますよ!絶対見ちゃダメですからねっ!」 

キョン「はいっ!」 

森さん「すー…はー…すー…」 

キョン「……」ワクワク 


森さん「ッ!!」カッ 




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:28:45.35 ID:0z7YtCu20
森さん「ラブリィイイイイイイ~~~ッ!!」(今のうちに…) 

キョン「!!」ビクッ 

森さん「プリティィイイイイイッ!!」ガサガサ 

キョン「…」ドキドキ 

森さん「ムゥウウウウウンスパイラルパワァアアアアア!!」(どこにしまったっけ…?) 

森さん「マジカルゥウウウウウウ!!!」ガタゴト 

森さん「臨!兵!闘!者!皆!陣!列!在!前!!!」(早くしないと…!) 

キョン「………統一感が全く無いな…」 




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:32:07.78 ID:0z7YtCu20
森さん「ぱいるだぁああああああ、あっ」ゴトッ 
   (あった!良かったぁ!) 

森さん「スタープラチナ…」パチチチチッ 

森さん「ザッ!ワールド!!」 
   (キョン君ごめんなさいっ) 

バチバチバヂバヂッ 

キョン「しぶぁあああああああっ!!」シビビビビ 

キョン「―――――ッ…」 

キョン「」ガクリ 

森さん「ふう…初めてスタンガンが役に立ちました…」 




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:34:03.65 ID:0z7YtCu20
森さん「……」ジー… 

キョン「」ピクピク… 

森さん「……」 

森さん「キョンくーん…?」ツンツン 

森さん「……」 

森さん「念のため…」 

バヂバチバチバチ… 

キョン「―――ッ!―――ッ!!」ビクンビクン… 

キョン「」プスプス… 

森さん「よしっと」 




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:35:06.95 ID:8/D8kxy4O
森さん…… 




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:36:27.37 ID:0z7YtCu20
森さん「これで暫らく時間が稼げますね…」 

森さん「今のうちに何とか魔法少女に変身しないと!」 

・・・・・ 
・・・ 

森さん「うーん…」 

森さん「頭はメイドカチューシャで誤魔化せるとして…」 

森さん「えーと…魔法少女ってどんな格好だっけ…?」 

森さん「ググってみましょう…」 




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:38:01.48 ID:0z7YtCu20
・・・・・ 
・・・ 

森さん「えー…」 

森さん「色々ありますが…」 

森さん「ニーソックス、ピッチリした衣装、申し訳程度の布、手袋あたりは必須のようですね…」 

森さん「ニーソックス…そんなの持ってないです…」 

森さん「仕方ない、パンスト切っちゃえ…」ショキショキ 

森さん「……こんなもんかなあ…」 




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:39:36.82 ID:0z7YtCu20
森さん「手袋は…友達の結婚式に着て行ったパーティードレスのサテンでいいか…」 

森さん「………あっ!」 

森さん「しまった…アレ、見てると得も言われぬ不安感が過るから実家に持ってっちゃったんだっけ…」 

森さん「………」 

森さん「私、こんな仕事してて結婚できるのかな…」 

森さん「ううっ」ゾクゾク… 

森さん「考えまい…考えまい…」 




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:43:11.66 ID:0z7YtCu20
森さん「でもそうなると…」 

森さん「ウチには軍手とゴム手しか…」 

森さん「防寒手袋とか料理用のミトンもあるけど…ダメですよね…」 

森さん「うーん…」ガサゴソ 

森さん「あ、これ!」 

森さん「トレーニング用のオープンフィンガーグローブ!」 

森さん「まえに古泉と組み手した時、殴りすぎて血で汚れたから洗濯しに持って帰ってたんだっけ」 

森さん「人体に対する打撃の感覚を掴むためにクッションの薄いのを選んでるから、そんなにゴツくない…」 

森さん「良かったぁ、これならギリギリ何とかなりそうです…」 

森さん「きっと普段の行いがいいから神様が助けてくれたんですね♪」 




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:47:10.72 ID:0z7YtCu20
森さん「次はピッチリした衣装ですか…困りました…」 

森さん「うー……買いに行くにしても、どこで売ってるんでしょうか…」 

森さん「んん~…」ガサゴソ 

森さん「……あっ!これ…!」 

森さん「……」 

森さん「いや、でも…」 

森さん「うう…」 

森さん「着るの、何年ぶりだろう…」 

森さん「スクール水着……」 




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:51:10.60 ID:0z7YtCu20
森さん「ふぅ…大方集まりましたね…」 

森さん「うーん…何か味気ない…」 

森さん「そうだ、手芸用のファーとかビーズを付けてみましょう」 

森さん「うふふ…なんか楽しくなってきました♪」 

森さん「メイドカチューシャも改造しちゃお」 

森さん「ねこ耳はなんか被りそうだから…」 

森さん「犬耳でいいかな…何か私は犬な気がする…」チクチク 




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:53:37.71 ID:0z7YtCu20
森さん「~♪」チクチク 

森さん「部屋とワイシャツとわたし♪」ショキショキ 

森さん「愛するあなたのため♪」 

森さん「毎日~鍛えて~いたいから~♪」 

森さん「………」 




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:56:20.72 ID:0z7YtCu20
森さん(そう言えば…初めてだ…) 

森さん(部屋に男の人を入れるのって…) 

森さん(わぁ、すごいすごい) 

森さん(えへへ…新婚さんみたい…)ニヤニヤ 

森さん(……) 

森さん「あ、あなた、起きてくださいな…」 

森さん「なんてね!きゃーっ!うふふふ♪」 

キョン「う…うぐぐ…」モゾ… 

森さん「あっ」 

バリバリバリバリッ 

森さん「ふぅ…危ない、危ない…」 




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:58:45.57 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・・ 
・・・・・ 

森さん「うーん…」 

森さん「一応完成して装着しましたが…」 

森さん「この年でこの恰好…何かの法律に接触しそうですね…」 

森さん「まぁいいか…きょんくーん、起きてくださぁい」ユサユサ 

キョン「」 

森さん「あれ…」 

キョン「」 

森さん「…フンッ!!」グッ! 

キョン「ぐはあっ」ビク-ン 

キョン「…あ、……あれ?」キョロキョロ 

森さん「お目覚めですか?変身、終わりましたよ☆」 


※妄想してみよう! 




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 12:59:43.03 ID:MIXfJub0O
どうしてこうなった…… 




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 13:01:43.51 ID:0z7YtCu20
キョン「うわっ!森さんその格好…」 

森さん「私が魔法少女って、信じてもらえましたか?」 

キョン「ああ…そういやそんな話してましたね…」 

森さん「ぽいでしょ?」 

キョン「ぽいっちゃあぽいですが……んん?外が暗くなってる…」 

森さん「!」ギク 




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 13:04:38.12 ID:0z7YtCu20
キョン「あれ?ていうか俺、何で気を失ってたんだ…?」 

森さん「そそ、それはアレです!」 

キョン「?」 

森さん「私が変身した際に発生した電界(注,1)の中にキョン君がいたから感電しちゃったんですよ!」 

キョン「ああ~、それでですか…なるほど道理で…」 

森さん「起こすのもなんだったので…」 

キョン「そんな気にしなくていいのに…」 


(注、電界とは、電撃が迸っている空間のことである!少なくとも森さんの中ではそうなのだ!) 




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 17:59:21.47 ID:0z7YtCu20
森さん「と、ところでどうですか?似合ってますか?」クルリン 

キョン「に、似合ってますよ…////」 

森さん「フレッシュガーデン モーリン!なんてね!」キラッ 

キョン「犯罪的に似合ってます…////」 

森さん「もうっ!ちゃんと見て言ってくださいよ~」テレテレ 

キョン「いや、はは、ちょっと森さんの素肌が眩しくて…////」 

森さん「やだ、もうキョン君たら……ん?」 




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:05:10.01 ID:0z7YtCu20
森さん「………」 


森さん(今窓に映ってるの…誰…?) 

森さん(なんて破廉恥な恰好してるんですか…?) 

森さん(いい年して恥ずかしくないんですか……?) 

森さん(一体何を考えてるんですか…?) 

森さん(頭、大丈夫ですか……?) 

森さん(何とか言いなさいよ……) 

森さん(…わたし………) 



森さん「!!!!!」カァッ 




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:11:48.88 ID:0z7YtCu20
キョン「じ、じゃあ早速魔法を見せてくださ…森さん?」 

森さん「ううっ、ひっ、ひっく、うえっ、ひんっ…」シクシク 

キョン「どうしたんですか!?うずくまっちゃって…お腹痛いんですか?」 

森さん「ひっ、ひっく、なんでもないです…もう着替えるからあっち向いててください…」 

キョン「着替え!?変身解除は手動なんですか!?変身の度にコスチュームが量産される仕様なんですか!?」 

森さん「そーです…もうそれでいいですから…見ないで…」 

キョン「顔が真っ赤ですよ!?もしかして火属性なんですか!?」 

森さん「知りません…もうしりません…」ブンブン 

キョン「お願いします!一度だけ!一度だけ魔法を見せてください!」 

森さん「できません…できないもん…」メソメソ 

キョン「せっかく変身したのに…あっ!!そ、そうか…」 

森さん「ふえ?」ズビ 

キョン「魔法を使う媒体が手元に無いんですね…?」 




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:15:39.75 ID:0z7YtCu20
森さん「ば、ばいたい…?」 

キョン「杖とかブレスレットとか…」 

森さん「そ、そうなんです…無くしちゃって…」 

キョン「大変じゃないですか!もし今奴が来たら…」 

森さん「だ、大丈夫ですよ、多分…」 

キョン「何をゆーちょな…」 

チンポーン…チンポーン… 

キョン「はっ…誰だ!?まさか奴じゃ…」 

森さん「…ちょ、ちょっと失礼します…」ソソクサ 
   (一時しのぎだけど助かりました…) 




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:18:55.77 ID:0z7YtCu20
闇医者「クソッタレ!いるのは解ってるんだぞ早く開けろ!!」ポチチチチ… 

森さん「あのぅ…どなたですか…?」キィ 

闇医者「やはりいたか!玄関の修理代貰うの忘れてた!払え!」 

森さん「あ、あの、今はちょっと、持ち合わせが…」 

闇医者「ふざけなさんな!入るぞ!寒くてかなわん」ズカズカ 

森さん「あっ、ちょっと待って…!」 




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:25:09.99 ID:0z7YtCu20
キョン「うわっ、何ですかアンタ…」 

闇医者「おっ、キミは今日の少年じゃないか、経過はどうだい?」 

キョン「へ?」 

森さん「あわわわ…」 

闇医者「君も災難だったねぇ!何たって」 

森さん「わーっ!わーっ!」 

闇医者「うるさいよ…って、よく見たら何ちゅうカッコしてるんだアンタ…」 

森さん「えっ…」 

闇医者「むっ、もしかしてお楽しみの最中に…お邪魔だったかな…」 

森さん「あっ…あっ…」カァアア… 

キョン「あの、状況がよく…」 




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:33:33.59 ID:0z7YtCu20
闇医者「何だ聞いてないのかツバメ君…キミは今日この女の車に 

森さん「フォレスト袈裟斬りチョップッ!!」ビスッ 

闇医者「ほぐっ」ガク 

森さん「キョン君!!」 

キョン「はい」 

森さん「こいつが例の犯人です!」 

キョン「え、あれ?確か犯人は女性…」 

闇医者「うぐぐ…何すんだ…」グググ… 

森さん「よくもキョン君をっ!フォレスト逆水平チョップ!!」バチィ 

闇医者「ん゛んッ!!」 




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:37:09.63 ID:0z7YtCu20
森さん「ここで会ったが百年目!キョン君は私が守るっ!とうっ!」 

闇医者「イカれちまったのか…ッ」 

森さん「おだまりっ!フォレストモンゴリアンチョップッ」ドスッ 

闇医者「る゛っ…」 

闇医者「…ッ」ドサ 

キョン「す、すげえ…魔法いらねえ…」 

森さん「押忍ッ!!」ビシ 




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:42:47.54 ID:0z7YtCu20
キョン「凄い…肉弾戦もこなすなんて…」 

森さん「ふぅ…ふぅ…」ハァハァ 

キョン「流石ですね!魔法少女は伊達じゃない!」 

森さん「お、お任せください…」 
   (良かった…何とか誤魔化せた…かな?) 

キョン「いやぁ、良いモノ見せてもらえました…一件落着ですね」 

森さん「ですね…」 

キョン「では、危機も去ったことですし、俺はそろそろおいとまします」 

森さん「えっ」 

キョン「お世話になりました」 




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:51:18.91 ID:0z7YtCu20
森さん(………) 

~~~~~~~~~~ホワンホワン~~~~~~~~~~ 

古泉「おや?その怪我は?」 

キョン君「いやあかくかくしかじかで…森さんのお世話になったんだ」 

古泉「ほっほーう…そんな報告は聞いてませんねぇ~」ニチャアア… 

わたし「あの、そのぉ…」 

古泉「なんで報告しないんですかぁあ?ねぇえええ森さぁぁああん?」ニタニタ 

わたし「はわわ…」 

古泉「色々調査しないとねぇええ~そういや森さん、今日は車じゃないんでぇすかぁ~?」ベロォオオ… 

わたし「ひぃいいいい…」 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

森さん「まっ、待ってください!」 




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 18:54:34.93 ID:0z7YtCu20
キョン「ん、どうかしましたか?」 

森さん「えと、あの、もう少しゆっくりしていっても…」 

キョン「いやぁ、そろそろ親も心配するだろうし…」 

森さん「あの、その、えっと…」 
   (わああどうしようどうしよう) 

闇医者「うぐ…」 

森さん「!!!」 

闇医者「つ、ツバメ君、聞け…キミはこの女にだまs 

森さん「モリサンダー!!!」 

バヂヂバヂバリバリッ 

闇医者「ささささいふぉんふぃるたああああっ!!!」シビビ 

闇医者「―――――ッ…」 

闇医者「」ガクリ 

キョン「!?」 




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:04:09.19 ID:0z7YtCu20
キョン「え…森さんの陰で良く見えなかったけど…まさか今のって…魔法…?」 

森さん「……ッ!!……わ、私の魔法のお味はいかがですかっ!」 

キョン「やっぱり…!」 

闇医者「」プスプス 

森さん「えっ!?何ですか?『いい気になるな、私は四天王の中でも最弱の存在だ』ですって!?」 

キョン「なっ」 

闇医者「」プス… 

森さん「なになに、『今に第二、第三の刺客が大体1週間くらいの間を目処に狙う』…なんてこと!」 

キョン「やべえ!」 

闇医者「」 

森さん「ふんふん、『それ以降は諦めるが、少なくともキョン君の怪我が治らないうちは外に出ない方が身のため』ときましたか!」 

キョン「すぐ家に連絡入れます!」 




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:08:22.00 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・ 
・・・ 

キョン「とりあえず部活の合宿ってことで誤魔化しておきました」 

森さん「そうですか…」 

キョン「あれ?さっきの刺客は?」 

森さん「キョン君が電話してる間に機関に回収させました…」 

キョン「迅速ですね…流石森さん…」 

森さん「と、ところでキョン君、私が魔法少女ってこと、他の人には内緒で…特に機関とか…」 

キョン「あぁ、そういうタイプの…いいですよ」 

森さん「ほっ…約束ですからね?」 

キョン「二人だけの秘密ができましたね」 

森さん「そっ…そそ、そう、ですね…」ドキドキ 




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:09:14.75 ID:+lz5uWpEO
かわええWWW 




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:18:47.02 ID:0z7YtCu20
闇医者「…う」 

闇医者「ここは…って、臭っ!寒っ!」 

闇医者「ゴミ捨て場…鬼か…あの女…」 

闇医者「ん…?」カサ 

闇医者「額にメモが…なになに」 

闇医者「えー、『お金は払います 喋ったらヒドイですよ』…」 

闇医者「…何ちゅう女だ…」 

闇医者「ツバメ君…女難の相が出ているぞ…」 




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:21:24.31 ID:0z7YtCu20


森さん「……はぁあああ…」 

キョン「とんでもない事になりましたね…」 

森さん「ええ…もう…ホントに…」 

キョン「しかし1週間…でしたっけ?律義に期限を指定してましたね」 

森さん「ええ…ここは大人しく従って、ウチから出ないでくださいね…?」 

キョン「はあ…じゃあその間は森さんと同棲ですか」 

森さん「そうですね…」 

森さん(……) 

森さん(…?) 

森さん(どうせい…?) 




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:25:07.39 ID:0z7YtCu20
森さん(どうせい……) 

森さん(同棲…一緒に住むこと…) 

森さん(え?誰が?) 

森さん(えっ?キョン君が!?) 

森さん(私の部屋で!?) 

森さん(ええっ!?そんな、だって、やだ、まだ心の準備が…!) 

キョン「森さん?」 

森さん「ひゃいっ!?」 

キョン「しばらくの間、ご厄介になります」ペコリ 

森さん「こっこちらこそ…ふっ…ふつつつつかものですが、よろしくお願いしますでございますで蹌踉…」フカブカ 




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:31:25.25 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・ 
・・・・ 


森さん「…………」 

キョン「…………」 

森さん(ああ…何…この沈黙…) 

森さん(ううう…耐えられない…キョン君…何とか言ってください…) 

森さん「……」チラ 

キョン「…コホン」 

森さん「…!!」サッ 

森さん(すごく居心地悪そう…なんでですか…?) 

キョン「……」 




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:36:07.92 ID:0z7YtCu20
森さん「~~~っ」ソワソワ… 

森さん(あああ…ダメ…どうしたらいいんでしょう…?何か話さなきゃ…ええっと、えーと…) 

キョン「あの、森さ 
森さん「キョン君!!!」 

キョン「はい」 

森さん「キョン君…」 

キョン「何か」 

森さん「あの~、えっとぉ…」 

キョン「?」 

森さん「あの、あそだ、ごはん!ごはんにしましょう!」 

キョン「はぁ…」 




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:41:15.39 ID:0z7YtCu20
森さん「今から作りますから、待っててくださいね!」 

キョン「はい」 

森さん「腕によりをかけて作りますから!」 

キョン「はぁ…」 

森さん(やった!この調子で何とかしのごう…) 

森さん(ええっと、食材、食材…)ガパ 




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:43:43.58 ID:0z7YtCu20
森さん(卵と鳥肉…ネギ…親子丼コースですね) 

森さん「…」 

森さん「はっ!!」 

~~~~~~~~ホワンホワン~~~~~~~~~~ 

わたし「どうですか?」 

キョン君「森さんの腕によりをかけて作った料理って親子丼のことですか…」 

わたし「えっ」 

キョン君「なーんか拍子抜けしちゃったなぁ」ヘッ 

わたし「えっ」ウルウル 

キョン君「凄い御馳走を期待してたのになぁ…」 

わたし「ええ~っ!?だってぇ~っ」ウルウルウルウル 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

森さん「……」 




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:46:40.37 ID:0z7YtCu20
森さん(いやいや、それは無いです) 

森さん(ありえないですねそれは) 

森さん(キョン君がそんな酷いこと言うはずがないですよ、うん) 

森さん(キョン君はそんなこと言う子じゃありませんよバカらしい) 

森さん(…言う子じゃないです…) 

森さん(…………) 

森さん(言う子じゃないけど思うかもしれないッ……!!!)クラッ 

森さん(いや、それでもそう思う確率は低いですよ?)ググ… 

森さん(九分九厘、思わないはずです)ハァ、ハァ… 

森さん(…………) 

森さん(一厘は…思うのかも…)ヘタリ… 




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:47:25.15 ID:0z7YtCu20




森さん「キョン君」 

キョン「はい」 

森さん「おすし取りましょう、おすし」 

キョン「はぁ」 




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:51:38.49 ID:0z7YtCu20
キョン「ごちそうさまでした…いや、恥ずかしながらウニって初めて食べましたよ(※)」 

森さん「喜んでもらえて幸いです」 

キョン「ふう…腹いっぱいだ…」 

森さん「お茶、如何ですか?」 

キョン「あ、頂きます」 

森さん「~♪」コポコポ… 

キョン「森さん」 

森さん「なんですか?はい、お茶どうぞ」 




※、当然森さんは特上を注文したのだ!見栄っ張りなのだ! 




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 19:55:42.07 ID:0z7YtCu20
キョン「あ、どうも…えっと、気を遣わせちゃってすみません」 

森さん「え?」 

キョン「ホラ、手がこのザマですからね…正直食事はどうしたもんかと悩んでたんです」 

森さん「あ…ああ、いえ、別にそんな…」 
    
キョン「流石ですね、ホントに…気配りが行き届いてる」 

森さん「うふふ…」 

森さん(ああ…気付かなかったくせに…なんて小さい人間なのかしら…私って女は…) 




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:03:07.27 ID:0z7YtCu20
森さん「それでは、片づけてきますから、お寛ぎくださいね?」 

キョン「はい…あぁ、そう言えば森さん」 

森さん「はい、なんでしょうか?」ニコ 

キョン「さっきから気になってたんですが…」 

森さん「はぁ」 

キョン「いつまで変身してるんですか?」 

森さん「え?」 

森さん「………」 

森さん「……ッ!」ボッ 

森さん「きき、着替えてきます…」コソコソ 




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:07:54.26 ID:0z7YtCu20
森さん(うわああ…だから出前のお寿司屋さん、変な顔してたんだ…)ヌギヌギ 

森さん(先生を外に捨てに行った時も…うあー…) 

森さん(あー、ダメ…何か全部カラ回りしてばっかり…) 

森さん(ここらで気持ちを切り替えて、もっと大人の余裕を取り戻さなくては…) 

森さん(キョン君を幻滅させたくない…) 

森さん(………) 

森さん(私って、こんなに見栄っ張りだったっけ…?) 

森さん(いけないいけない…落ち着きを保っていきましょう…) 

森さん(別に取り繕う必要なんてないんですから…) 

森さん(……) 

森さん(でもジャージはやめとこう…) 




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:37:50.27 ID:0z7YtCu20
森さん「失礼しました…」 

キョン「お、普段着もお似合いですよ」 

森さん「うふふ…ありがとうございます」 
   (~♪) 

キョン「あー…何か一息つきましたね…」 

森さん「そうですねぇ」 

キョン「あの、ちょっといいですか?」 

森さん「はい、何でしょう?」 

キョン「俺はどこで寝ればいいですかね」 

森さん「え……あ…」 




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:40:31.05 ID:AxANlMTBO
うさキョンスレを思い出す 




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:45:03.57 ID:0z7YtCu20
30分後… 

キョン「お断りします!」 

森さん「遠慮なさらないでください!」 

キョン「遠慮なんかしてませんて!俺はこのソファで寝ますから!」 

森さん「いーえ!私がここで寝ます!キョン君がベッド使ってください!」 

キョン「解ってくださいよ!女性をソファで寝かせて自分はベッドとか許せないんですよ!俺は!」 

森さん「だから私の事は気にしないでって言ってるじゃないですかぁ!」 

キョン「だからそういう問題じゃ…じゃあ一緒に寝ますか?」 

森さん「ホント気になさ…ひぇっ!?」ボッ 

キョン「隙ありっ」ササー 

森さん「あっ!キョン君、いいですから、私ここでいいですから!」グイグイ 

キョン「いたたた森さん痛いやめて」 

森さん「あっ……もぉ~…」 




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:48:09.13 ID:0z7YtCu20
森さん「寝苦しかったら何時でも言ってくださいね?すぐに代わりますから…」 

キョン「大丈夫ですよ…」 

森さん「でもぉ…」 

キョン「森さん」 

森さん「はい?」 

キョン「おやすみなさい」 

森さん「お、お…おやすみなさいませ…」ドキ 

森さん「………」ポフ… 

森さん(…おやすみなさい…か…一人暮らし始めてから…そんなこと言われた事無かったな…) 

森さん(キョン君…おやすみなさい…) 




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:52:20.83 ID:0z7YtCu20
森さん(はぁ…今日は疲れたなぁ…) 

森さん(明日に備えて寝よう…) 

森さん(……) 

カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ 

森さん(……) 

森さん(眠れない!)ギン 

森さん(うう…同じ部屋に男の人がいるよぅ…) 

森さん(どうしても意識しちゃいます…) 

森さん(キョン君、もう寝たかな…) 

キョン「くー…………すー…………」スヤスヤ 

森さん(うう…憎らしいほどよく寝てる(※)…) 




※、キョン君は人の家で、かつ隣におっぱいで有名なみくるちゃんがいても寝ちゃうくらい寝付きがいいのだ! 




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:57:17.69 ID:0z7YtCu20
森さん(ダメダメ、無理にでも寝なきゃ…) 

森さん(明日は早起きして市場へ行って…) 

森さん(キョン君においしい朝ごはんを食べてもらうんだから…) 

森さん(よし…目を瞑って…明日の朝まで開かないと誓おう…) 

森さん(そうすればいつの間にか眠ってるから…)キュ 

森さん(………………)キュー… 


アン…アン…イクッ…イイワ…モット… 


森さん「ッッッ!?」カッ 




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 20:59:43.81 ID:0z7YtCu20
森さん(ななななんですかぁ!?)カァ… 

森さん(この声は…もしかしてお隣さん!?)ドキドキ 

森さん(……)ドキドキ 



『ね、お願いシンジ君…もう入れてぇ…』 

『仕方ないなあ、ほら、お尻向けて初号機みたいに四つん這いになってよ』 

『こう…?んぁっ…きたぁ~♪』 

『どうですかミサトさん、僕のエントリープラグは!』スパンスパン 

『あひぃ~』 



森さん(はわわ…あわわわ…)プルプル 




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:02:07.24 ID:0z7YtCu20
森さん「…」ゴクリ 



『シンジ君!凄いわっ!いつかのボーリングマシンみたい!』 

『腰振りは男の仕事ッ』スパンスパン 

『あぁああぁあああっ!シンクロ率やばいっ!』 

『目標をセンターに入れてスパンキン!目標をセンターに入れてスパンキン!』ペチンペチン 

『あああ~っ活動限界まであと62秒~~~ッ』 



森さん(し、シンジ君って、あの中学生くらいの…うわー…甥っ子だと思ってた…) 




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:08:19.40 ID:0z7YtCu20
森さん(うう…最近の中学生って…じゃあ高校生のキョン君だって…) 

森さん(……っ) 

森さん(て、何考えてるんですか、まったくもう…) 

森さん(よそはよそ、うちはうちです…) 

森さん(でも、お隣さん、私より年上なのに…) 

森さん(あんな若い子と…) 

森さん(そういうのもあるんだ……あっていいんだ…) 



『こっちの穴にはダミープラグを挿入!!』ヴィ-ン 

『セカンドインパクトッ!!』 

『夜のポジトロンライフル発射ぁあああ!!!』 

『サードインパクトォオォオオオ!!!』 


森さん(…でも上級すぎて何が起きてるのか良く分からないです…) 




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:12:41.18 ID:0z7YtCu20
森さん(…はぁ…やっと終わった…) 

森さん(駄目…寝なきゃ…明日早いんだから…) 

森さん(羊が一匹…羊が二匹…) 



『初号機、活動再開!暴走ですっ!』 

『なんですって!?』 

『フォオオオオオオオオッ』 

『あたしを殺さないでぇええ~』 



森さん(お願いだから寝かせてくださいっ) 




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:14:32.35 ID:0z7YtCu20
リンゴーン  
    リンゴーン 

神父「アナタハ、コノモノヲ、ツゥマァトゥ、ミトメマスカァ?」 

デービス「イエース!ミィトゥメマァス!」 

神父「アヌァタハ、コノ、ムォノゥヲゥ、オットトゥ、ミィトゥメマスカァ?」 

森さん「………」 

神父「ヘイ、ヘイネェチャン、ドウカシタ?」 

森さん「……私…」 

??「ちょっと待ったぁ!!」バン 

森さん「!!」 

ザワザワ… 




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:16:34.27 ID:0z7YtCu20
バンッ 

キョン君「森さん!!」ドルドルドル… 

わたし「キョン君!?どうして…」 

キョン君「迎えに来たぜ!!乗れっ!!」ブオンブオーン 

わたし「は…はいっ!」ダッ 

神父「ワオ!kake-ochi!!」ヒュー 

キョン君「飛ばすぞ!しっかり掴まってろ!」 

わたし「はいっ…きゃっ」バロロロロ- 

キョン君「遅れてすまなかった!幸せにする!結婚しようぜ!」 

わたし「はいっ…」ギュウ… 

ドルルルル… 

エンダァァアアアアア… 

~fin~ 




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:19:36.06 ID:ZHtOXAWx0
えっ 




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:20:25.01 ID:0z7YtCu20
森さん「はっ!!」ガバッ 

森さん「………」 

森さん「…あれ?」 

森さん「なんだ…夢か…って、何ですかアレは…」 

森さん「ど、どうして私がキョン君と…私は別にそんな…うふふっ」ニヤニヤ 

森さん「ん?…11時…」 

森さん「獣医、知事…」 

森さん「じゅーいちじ…」 

森さん「はぁあッ!しまったぁ!」 




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:21:41.36 ID:nWeX5pZ2O
えっ? 




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:22:31.69 ID:aZf3EDBN0
つい「えっ」とカキコするとこだった 
危ない危ない 




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:25:25.11 ID:0z7YtCu20
キョン「あ、おはようございます、森さんよくお休みでしたね…」 

森さん「ごっ、ごめんなさいっ!私ったら…すぐに朝…朝?朝ごはんの用意を…」 

キョン「キッチン借りましたよ…はい、座った座った」カチャカチャ 

森さん「へ…コレ…」 

キョン「片手なもんで難儀しましたが…スクランブルエッグとベーコンです」 

森さん「あ…」 

キョン「オムレツを作ろうと思ったんですがね…今パン焼いてますからね」 

森さん「うー…キョン君…」ウルウル 




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:32:09.84 ID:0z7YtCu20
キョン「いただきまーす」 

森さん「いただきます…」ズーン 

キョン「ん、どかしました?」 

森さん「いえ…私、こんな日に限って寝坊しちゃって…もう情けないやら恥ずかしいやら……」シュン 

キョン「まあ、昨日は色々ありましたからね…俺も二度寝から覚めたら10時だったし」 

森さん「でもぉ…今日こそ私の料理を食べてもらいたかったのに…」 


キョン「んん…まあまだ始まったばかりだし、すぐまた御馳走になりますよ」 

森さん「そ、そうですね!」 

キョン「楽しみにしてますからね」 

森さん「はいっ!お任せください!」 

キョン「ささ、それより温かいうちにブランチといきましょう、森さん」 

森さん「はいっ!」 

キョン「ん…少し細かすぎたかな…このスクランブルエッグ…おっと」ポロ 

森さん(キョン君…片手じゃ食べにくい…ですよね…) 




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:38:04.25 ID:0z7YtCu20
森さん「……きょ、キョン君…」 

キョン「?」 

森さん「あ、あの…私が…その、あの」 

キョン「はぁ…」 

森さん「あ…あ、あ…あーんしてください…」ポ 

キョン「えっ…?」ポ 

森さん「さ、どど、どうぞ…あーん」プルプル… 

キョン「コホン…では…あーん…」//// 

森さん「~~~~ッ」//// 
   (だめ…恥ずかしくて直視できない…ッ)キュッ 

グサ 

ギャアアアアア!!! 
    キャアアアアア!! 




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 21:53:43.74 ID:0z7YtCu20
そんなこんなで… 


キョン「王手」 

森さん「ま、待った…」 

キョン「またですか」 

森さん(うう…こんなはずでは…大人の威厳が…) 



二人の同棲生活は… 


森さん「ユニ○ロの安物ですけど…」 

キョン「着れれば何でもいいですよ…どうですか?」 

森さん「ふふっ…素敵ですよ?」 

森さん(胸板厚いな…肩幅広いな…キョン君も男性なんですね…) 


二日目を迎えたのだった… 




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:02:47.65 ID:0z7YtCu20
そして… 


森さん「苦手なモノとかありませんか?」 

キョン「森さんの手料理なら何だって頂きますよ」 

森さん「もう、お上手ですね♪」 

森さん(ひゃー…何か…凄く嬉しい…) 


また… 


キョン「今度は…ちゃんとお願いしますよ…」 

森さん「だ、大丈夫ですから…あーん」プル… 

キョン「あ、あーん」ドキドキ 

森さん(あ…これ、間接キスじゃ…あわわ、ごめんなさいキョン君…)ドキドキ 


夜が来る…!! 




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:09:43.89 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・ 

森さん(うう…トイレに行ってる間に、またソファを取られてしまいました…) 

森さん(流石に今夜は昨日ほど緊張してないから眠れるかも…) 

森さん(……) 

森さん(…今日はお隣さん…静かだし…) 

森さん(明日こそは…ちゃんと早起きしよう…) 

森さん(おやすみ…キョン君…) 



カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ 




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:11:22.63 ID:0z7YtCu20
カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ… 



キシ…キィ… 


森さん(…ん?) 

森さん(キョン君?) 

ミシ…ミシリ… 

森さん(も、もしかして…こっちにくる…?) 

森さん(そんな、どうしよう……) 

キシ… 

森さん(き、きたぁっ!) 

森さん(視線を感じるっ!) 

森さん(こ、これ…夜這いってやつでは…あわわ、寝たフリしなきゃ…!) 

キョン「………」 




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:13:56.12 ID:8/D8kxy4O
はあはあはあはあはあはあはあはあはあはあはああ 




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:14:12.46 ID:0z7YtCu20
森さん(~~~ッ) 

キィ…ミシ… 

森さん(ふえ?離れてく…) 

カチャ… 

森さん(な、なんだ…トイレかぁ…びっくりしたぁ…) 


『…うっ…く…』 


森さん(!?) 




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:16:47.21 ID:0z7YtCu20
森さん(キョン君?ま、まさか晩御飯でお腹壊したんじゃ…) 

『はぁ、ふっ…う…はぁはぁ……くっ…』 

森さん「ああ…」モゾモゾ 

森さん(違う…ああ、そんな…キョン君が…)クリクリ 

『はぁっはぁ…うっ…ううっ…くっ!』 

森さん(ずるいですっ…ひとりで、そんな…ふあ、ふわあ…)クリクリ 

『はうっ…くぅ……さんっ……森さんっ…うっ…ううっ』 

森さん(!?…嘘…わたしで…わた…あああっ!んんぅ~~~ッ!!)ピーン 




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:19:49.06 ID:0z7YtCu20
森さん(嘘…こんなの…少し触っただけで…)ドロリ 

『くそ…まだ収まらん…』 

森さん(キョン君…私も…)シュッシュ 

『うう…すみません…森さん…くっ』 

森さん(いいのよキョン君…ふっ…私の方こそ…ひっ…)コシュコシュ 

『はぁ…う…く…』 

森さん(はぁう…凄い…こんなの初めて…ひぃ…)クチュクチュ 

『うぐ…く…はっ…』 

森さん(キョン君!また私の名前…名前、呼んでください…!)グチュクチュ 

『うう…く…う…』 

森さん(お願い…ッ!一緒…一緒に…っ)ガクガク 

『森さんッ…うっ…森さん…ッ』 

森さん(んっぐうぅううううッ!!)ピピーン 




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:24:17.40 ID:0z7YtCu20
ジャー…ゴポゴポ… 

カチャ… 

キョン『ふぅ…まったく俺って奴は…畜生め…』 

キョン『はぁ…でもこれで眠れそうだな…夢精の危険も無くなったし』 

森さん「すぅ……すぅ……」 

キョン『森さんすみません…ごちそうさまでした』 

キョン『あー…やれやれ……』ドサ 

キョン「………」 

キョン「くぅ…すぅ…」 


森さん「すぅ…すぅ…」 

森さん「すぅ……すぅぅぅ……………………」プルプル… 

森さん「ぷはっ…!」 

森さん「はぁ…はぁ…はぁ……」 




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:28:22.62 ID:0z7YtCu20
森さん(うう…キョン君のバカ…) 

森さん(また明日起きられないじゃないですか…) 

森さん(もう…今夜は寝ないでこのまま起きてよう…) 

森さん(ええっと、明日の朝ごはんは…) 

森さん(ミネストローネと…ハムエッグ…あとは…) 

森さん(もしかしてご飯派だったりするのかも…) 

森さん(……あれ……すっきりしたからかな…) 

森さん(なんだか眠れそう……) 







キシ…ミシ… 

森さん(え?…キョン君?) 




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:30:30.37 ID:0z7YtCu20
キョン「……」 

森さん(ま、またですかぁ…?) 

キョン「……」 

森さん(また視線が…) 

キョン「森さん」 

森さん(!!!)ピク 

キョン「聞いてたでしょ」 

森さん(え…?え?) 

キョン「バレバレでしたよ」 

森さん(嘘…え、嘘ぉ…) 

キョン「森さん、起きてるんでしょ」 

森さん「……」 

森さん「……ぁぃ…」 

キョン「セックスしませんか?」 




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:32:55.30 ID:0z7YtCu20
森さん「あ…あぅ…」 

キョン「キスして唾液を交換したり胸を揉んだり」 

キョン「俺の性器を森さんの性器に挿入しましょう」 

キョン「交尾しましょう、獣みたいに連結して」 

森さん「はぁ…はぁ…交尾…キョン君と…」ゾクッ 

キョン「きっと死ぬほどセカンドインパクトですよ」 

森さん「キョン君…笑わないでね…わたし……」 

森さん「…って、え?セカ…?」 

キョン「きっと死ぬほどサードインパクトですよ」 

森さん「……」 

森さん(あー…これはもしかして…) 




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 22:33:33.75 ID:6i+qMWzW0
急展開すぎるwwww 




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:02:31.58 ID:0z7YtCu20
森さん「…はっ」パチ 

森さん「…やっぱり…」 

森さん(うあああああっ…もう…なんちゅー夢を……) 

森さん(………でも…) 

キョン「ん…あ、おはようございます、森さん」 

森さん「あっ、おはようございます…」 

森さん「………」ジー 

キョン「…な、何ですか…?」ドキ 

森さん(どこから夢だったんでしょうか…)ジー 

キョン「えー…あー…な、何か…?」ソワソワ 

森さん「いえ、寝ぐせついてますよ?」 

キョン「え?あ、はは、そうですか…ふー…」ホッ 

森さん(半分は夢じゃなかったか…でも…ふふ…うろたえるキョン君、可愛い…) 

森さん(まぁ…お互い様なんですけどね…でもちょっと楽しくなってきました////) 




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:07:47.13 ID:0z7YtCu20
その事件を切っ掛けに… 


森さん「すみません、洗濯物を取りこんでもらえませんか?ちょっと手が離せなくて…」 

キョン「お安いご用…って、下着が…」//// 

森さん(うふふ…悪戯しちゃダメですよ…) 


森園生の中で何かが変わった… 


森さん「キョン君、一緒に映画でも観ませんか?」 

キョン「あ、いいですね」 

森さん「隣、失礼しますね」ポフ 

キョン「え、ええ…まぁ…」ドキドキ 

森さん(ちょっと…くっつき過ぎでしょうか…ああ、ドキドキします…) 


調子に乗り始めた 




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:13:49.97 ID:0z7YtCu20
森園生には打算があった… 


森さん「ふぅ…暑い…」ヌギヌギ(注1) 

キョン「わっ、え、エアコン止めれば…」 

森さん「何でも機械に頼るのはよくないですよ?」 

キョン「はぁ……え?」 


全ては… 


森さん「やっぱ暑い…下もぬいじゃおっと」ヌギヌギ 

キョン「どわぁっ!森さん!!」 

森さん「ちゃんと履いてますよ…うふふ♪」(注2) 

キョン「………」 


夜のお楽しみのために! 



(注1 ノースリーブなのだ!  (注2 ホットパンツなのだ! (結論 夢いっぱいなのだッ! 




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:20:05.43 ID:0z7YtCu20
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・ 

森さん「キョンくん♪新調したパジャマのサイズは如何ですか?」 

キョン「は、はい…ていうか…森さんもよくお似合いで…」 

森さん「ふふ…ペアだったからお買い得でした…それじゃあ、おやすみなさい」 

キョン「お…おやすみなさい…」 


カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ 


森さん「すぅ…すぅ…」 

森さん(キョン君…無理しないでいいんですよ…?) 




ミシリ…ミシ… 

森さん(うふふ…はじめよっか) 




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:28:16.49 ID:0z7YtCu20
キョン「はぁ……はぁ…ゴク…」 

森さん「すぅ…すぅ…」ドキドキ 

キョン「……」 

ミシ…キシ…カチャ…ン 


『くそ…っ…ふっ…く…』 

森さん(きた、きたぁ…あ、私ったら…もうこんなに…)グチュ… 

『なんちゅう一日だ…うっ…う…』 

森さん(私も…今日は…ずっと…ひぃ…ドキドキして…我慢して…ふぁあ…) 

『く…ふぅ…う…うぅ…も…』 

森さん(呼んで…私の名前…くぅっ…)ガクガク 

『ぐっ…う…』 

森さん(はやく…おねが…もう、もう…!)フーッフーッ 

『森さんっ…ううっ…くっ』 

森さん(キョン君!きょ、んぐうっ)ビクン 




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:34:06.86 ID:0z7YtCu20
『おいおい…なんちゅう量だよ…』 

森さん(はふ…ふぁ…そんな…私なんかで…あぁ…嬉しい…)ゾクゾク 

『ぬぅ…スタンバってたティッシュが持ってかれたぞ…』 

森さん(私も…こんなに…なって…怖いくらい…)ドロリ 

『ダメだ、全然収まらねぇ…くそ……う…くっ』 

森さん(そんな、少し休ませてくださ…あっ…ん……) 

『うう…く…森さん…可愛すぎるだろ…』 

森さん(キョンくぅん…嬉しい…はへ、おかしくなりそう…はぁへ、キョンくん…) 

『はっ…ふっ……ぐっ…で、出る…』 

森さん(出してっ!キョン君の、いっぱい中に出してぇッ!!) 

『森さんっ…うぐっ…く…う…』 

森さん「んっ…ぅ…ぁ…ぁぁ…っ!!」ビクーン! 

森さん(…はあぁ~……感じる…熱いの…キョン君の…)ゾクゾク 

森さん(す…凄い…なんなのコレぇ…) 




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:40:23.25 ID:0z7YtCu20
森さん(凄い…凄すぎ…引き返せなくなりそう…) 
                                            キィ… 
森さん(キョン君…キョン君…ああ、キョン君…)クチュ 
                                        カチャ… 
森さん(ごめんねキョン君…わたし…大人のくせに…)クチュクチュ 
                                    ミシ…   
森さん(でも、キョン君だって悪いんですよ?)クリクリ 
                                ミシリ… 
森さん(ふふ…キョン君…♪) 
                      カタンッ 
森さん(!!!)ドキン 

キョン「………」 

森さん(キョン君…いつの間に出て…やだ、布団が捲れたまま…おしりも半分出て…)ドキドキ 

キョン『……森さん…』 

森さん(ばれた?え?嘘でしょ…?ばれたの?ばれちゃったの?)ドキドキドキドキ 

キョン「………」ミシリ… 

森さん(なんて言おう…どう取り繕えば…あぁ、言い訳しなきゃ…何か…)ドキンドキンドキン… 

キョン「………」キシ… 




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:48:36.03 ID:0z7YtCu20
森さん(くる…こっちに来る…!見られるっ!浅ましい姿、見られちゃう…)ドッドッドッドッド… 

キョン「………」 

森さん(夢!夢!これは夢!ああ、視線が、怖い、恥ずかしい、イヤ、嫌われちゃう、ああっもう滅茶苦茶…)バクンバクン 

キョン『…はぁ…コホン』 

森さん(いるっ!ベッドの横にキョン君が!ばれた、謝らなきゃ!)バクンバクンバクンバクン 

キョン『全く……』 

森さん(ひぃぃ……!)ギュゥ… 




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:51:41.57 ID:0z7YtCu20
キョン『なんちゅう恰好で…風邪引きますよ…』パサ… 

森さん(―――――――――ッ!)ピ―― 

キョン『やれやれ…賢者タイムでよかったぜ…』ミシ…ミシ… 

森さん(……っ…はッ…はッ…)ドクドクドクドクドク… 

キョン『何度もすみません…ごちそうさまでした…』ボフ… 

キョン『ふー…やっと眠れる…』 

森さん(はー…はー…はー………はぁぁあああ~~っ…)ポロポロ 

森さん(はぁ…はぁ……)ポロポロ 




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 12:30:57.41 ID:BeHBrI/o0
翌日・・・ 


森さん「うう…また寝坊…なのに全然寝た気がしません…」ゲッソリ 

キョン「おはようございます森さん…顔色悪いですよ?」 

森さん「か、風邪ですかね…」 

キョン「あんな恰好で寝てるから…」 

森さん「!!」ビクッ 

キョン「?」 

森さん「ど…どんな格好でしょうか…わ、わ、私には何のことやら…」 

キョン「あ、いや、あ、新しいパジャマが合わなかったのかな、と…」 

森さん「あ~…わ、わたし、顔洗ってきます…」 

キョン「あ、じゃあ俺、朝飯の支度を続けます…」 




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 12:34:01.46 ID:BeHBrI/o0
森さん「………」モグモグ 

キョン「………」カチャカチャ 

森さん「あの、キョン君」 

キョン「は、はい」 

森さん「手の包帯、取ったんですね…」 

キョン「あ、ええ、まだ少し違和感はありますが…」 

森さん「そうですか…」 

キョン「はい…」 

カチャカチャ 

森さん(会話が続かない…何で?) 




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 12:38:59.62 ID:BeHBrI/o0
キョン「あの、森さん」 

森さん「は、はい…」 

キョン「怪我も大方治ったみたいだし、俺そろそろ帰ろうかと思ってるんです」 

森さん「えっ」 

キョン「連中も俺の怪我が治ったら襲わないような旨の発言してましたし…」 

森さん「キョン君、え?だって…」 

キョン「あまり長く世話になるのも申し訳ないですからね…後は家で大人しくしてます」 

森さん「キョン君…そう…ですか…そう……ですね…」 

キョン「お世話になりました…森さん」ペコリ 

森さん「………」 

森さん「………いえ…」 




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 12:41:32.12 ID:BeHBrI/o0
キョン「ええと…忘れ物は…無いよな…」 

森さん(……キョン君…帰っちゃうんだ…) 

森さん(別に今生の別れでもないのに…なんか寂しいな…) 

森さん(そのうちまた…会えますよね…?) 

キョン「それじゃあ森さん、いつかお礼しますから」 

森さん「もう、私とキョン君の仲じゃないですかぁ…ふふふ」 
   (…変なの…目の前にいるのに…遠くに感じる) 




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 12:45:00.05 ID:BeHBrI/o0
キョン「んん…久しぶりに外に出るな…」ポキポキ 

森さん(キョン君…もう少し、もう少し一緒にいましょうよ…) 

森さん(こんな気持ちでお別れするのは嫌です…) 

森さん(行かないで…ねぇ、行かないで…) 

森さん(手を伸ばせば届くのに…お願い…行かないでください…) 

森さん(ああっ…キョン君…キョン君…) 

森さん(行っちゃ嫌っ!) 


キョン「それじゃあ森さん、本当にお世話になりました!」 

森さん「はい♪お気をつけて!」ニコ 




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 12:47:20.00 ID:BeHBrI/o0
パタン… 

森さん「ふー………」 

森さん「………」 

森さん「私の部屋…こんなに広かったっけ…」 

森さん「はぁぁあ…眠い…」 

森さん「……寝よう…あ、その前に…」 

森さん「……」ガパ… 

森さん「…昼間っからお酒なんて初めてかも…」プシュ 

森さん「ん…んっ…」コクコク 

森さん「ぷぅ……うえ…苦い……」 

森さん「はぁーぁ…」 

森さん「おやすみなさい…キョン君…」 

しーん 

森さん「…なんてね……」ポテ… 




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:08:25.36 ID:BeHBrI/o0
森さん「…………」チラ 

    3:00 

森さん「…………」 

森さん「…………」 

森さん「…………」 

森さん「眠いのに…」 

森さん「眠れない……」 

森さん「…………」 

森さん「はぁ………」 

森さん「…………」ゴロゴロ 

森さん「…………」パタパタ 

森さん「…………」 

森さん「…………」チラ 

    3:01 

森さん「……………」 




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:13:16.68 ID:BeHBrI/o0
森さん「…………」 

森さん「…………」 

森さん「…………」ムクリ… 

ガチャ…パタン……シュル…ガサゴソ…パチチチ… 

森さん「…………」 

森さん「…………」 

ガパッ 

森さん「…………」 

森さん「……」プシュ 

森さん「んっ…んっ…んっ…」ンビッンビッンビッ… 

森さん「ぷはあっ!」 

森さん「…ふぃ~……」メシャコ… 




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:17:19.29 ID:BeHBrI/o0
外 

キョン「えーと…駅は…この先か…なんだ、案外ウチから近いんだな」 

古泉「おや、誰かと思えばやはり貴方でしたか」 

キョン「ん?おお、古泉か…こんなとこで会うとはな」 

古泉「んっふ…このあたりは機関の社宅が多数ありましてね…」 

キョン「あぁ…なるほどね」 

古泉「それよりどうです?せっかくだからどこかでお茶でも」 

キョン「んー…そうだな…いい店でもあるのか?」 

古泉「ええ、近くに変わった雰囲気の喫茶店があr… 

??「あぶなぁああああああいッッ」ビスッ 

古泉「るいすッ」バターン 

森さん「魔法少女フレッシュガーデン・モモリン参上!!」シャキーン! 

森さん「偽物め!FFCC(フォレストフライングクロスチョップ)のお味はいかが!?」 

キョン「も…森さん…何を…?」 




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:19:29.09 ID:BeHBrI/o0
森さん「キョン君!騙されてはいけません!そいつは第二の刺客ですっ!」 

キョン「え?いやどうみても古泉じゃ…ていうか確かモーリンでは…」 

森さん「お忘れですか!敵は顔を自由に変える超人なんです!」 

キョン「あっ…そう言えば…」 

森さん「やはりまだ外に出るのは早すぎたようです!」 

ヒソヒソ…ナニアノカッコ… 
  …AVノサツエイカナ…ヒソヒソ 

森さん「くっ…/////」カー 




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:24:39.25 ID:BeHBrI/o0
森さん「キョン君!私の家に避難しましょう!」 

古泉「うぐぐ…一体何が…なんか今一瞬モノ凄い恰好したもりさ 

森さん「モリサンダー!!」ぐっ 

バヂバヂバチバリバリバリバリリバヂバヂバヂバヂ 

古泉「ひぎぃいいいいいいいいいっ」シビビビビビビビビ 

バリバリリバビビババヂバヂバチバチドゥリリリリリリ 

古泉「らめぇぁぁあああああああッ」シビビビビビビビビビビ 

古泉「――――――ッ…」 

古泉「」カクン…プスプス 

森さん「さぁ!早く!」 

キョン「は、はいっ」 




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:27:14.31 ID:oNTLCZrW0
相変わらずのひどさw 




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:31:26.67 ID:XP0kPjZcO
有無を言わさぬ猛攻だwww 




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:33:03.00 ID:BeHBrI/o0
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・ 

バタン 

キョン「はぁ、はぁ…」 

キョン「追手はこないようですね…」 

森さん「………」 

キョン「しかしなんと狡猾な奴なんだ…本物にしか見えなかったぞ」 

森さん「キョン君…ごめんなさいっ」ギュ 

キョン「うわっちょっ…もりさ…」//// 

森さん「あの時私が引き留めてたら…こんなことには…」ギュウ… 

キョン「そっ……そんなに気に病まないで…助けてくれてありがとうございます、森さん」 

森さん「もう少し…もうすこしだけ…ここに居てください…お願い…」ギュー… 

キョン「森さんは心配性だなぁ、はっはっは」ナデナデ 




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:41:10.78 ID:BeHBrI/o0
森さん(あ…私…男の人に…キョン君に抱きついてる…) 

森さん(離れなきゃ…でも……) 

森さん(ふにゃ…あたま…なでられてる…) 

森さん(ずるい…こんなの…もっと…) 

キョン「森さーん…?」ナデナデ 

森さん「ふに……にゅ…」 

キョン「あのー、森さん?」 

森さん(おねがい…やめちゃいや…もっと…) 

キョン「えーと…うぅ…」 

森さん(キョン君…もっと…なでなでしてぇ…) 




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 18:47:03.68 ID:BeHBrI/o0
キョン「………」 

森さん「………」ギュゥ 

キョン「…あ、あの…もりさ 

森さん「もぉ、キョン君たら!」スッ 

キョン「は、はい」 

森さん「軽々しく女性の頭をなでちゃダメですよ?ふふっ」 

キョン「あ、すいません…ちょっと調子にのっちゃって…はは…」 

森さん「全くもう…離れるタイミング、逃しちゃったじゃないですかぁ…めっ」ツン 

キョン「ははは、何ならもう少しなでて差し上げましょうか?」 

森さん「…!」 

森さん「……お、大人をからかうんじゃありません…」 

キョン「はっはっは、面目ない」 

森さん「じゃあ、私は晩御飯の支度しますね♪」 


森さん(わたしのバカ…意地っ張り…弱虫…いくじなし…) 

森さん(でも、キョン君が…また私の部屋にいる…) 




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:02:34.54 ID:BeHBrI/o0
・・・・・・・ 
・・・・ 

キョン「うん…やはり森さんの料理は最高ですね…」モグモグ 

森さん「嬉しい!ありがとうございます♪」 

キョン「手も包帯取れたし、やっと自分で食べられるな…」モグモグ 

森さん「むぅ、私が食べさせてたのは不満だったんですか?」プー 

キョン「いやいや、貴重な体験でしたよ…そうだ」 

森さん「?」 

キョン「ほい、森さん、あーん」 




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:12:42.27 ID:BeHBrI/o0
森さん「……え…?」 

キョン「今までのお返し」 

森さん「そ、それじゃあ失礼して…あーん♪」パクッ 

キョン「どうです?」 

森さん「美味しいです!さすが私ですね♪」 

キョン「ははは、ノリノリですね森さん」 

森さん「え、そうですかぁ?」 

キョン「ええ、何だか打ち解けてきた感じですよ」 

森さん「うふふ♪」 


森さん(そうかもしれませんね…でも、それはキョン君が居てくれるからですよ…?) 




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:24:08.65 ID:BeHBrI/o0
森さん「キョンくーん、お風呂沸いたんで先にどうぞ!私は半身浴するので後でいいですからね」 

キョン「気にしないでいいのに…こういうとこ頑固だな森さんは…」 

森さん「そう言わずに入った入った!」 

キョン「はいはい…」 



森さん「さてと、お洗濯お洗濯っと…」ゴソゴソ 

森さん「あ」 

森さん「…………」 

森さん「……これ…」 

森さん「……キョン君の…」 

森さん「……………………」チラリ 


キョン『いついれぶんふぃふてぴえんまだながしてるすとりぃ~♪』ザバッ 


森さん「……………」 

森さん「ふぅっ………」ギュ 




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:31:51.12 ID:BeHBrI/o0
キョン「うおう…きくぜ…」カポーン 

キョン「ここんとこシャワーだけだったからな…」パシャ 

森さん『お湯加減はどうですか?』 

キョン「最高です…うー…」 

森さん『そ、そうですか…』 

森さん『ゆっくり…はいってくださいね…』 

キョン「ありがとうございます…そうさせてもらいますよー…はぁ~…」 

ガタッ 

キョン「ん?」 

キョン「森さん?」 

森さん『着替え、こっここに、置いときますね』 

キョン「あぁ、どうもです…」 

キョン「~♪」 




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:39:46.68 ID:BeHBrI/o0
森さん(ハッ…ハァッ…ハァ…キョン君の匂い…キョン君の下着…ふぅぅ)スンスンスンスン 

森さん(もうダメ…自分が抑えられない…)スゥーッスゥウーッ 

森さん(気が狂いそう…ああ、私なんてことを…)クチュクチュ 

キョン『きくぜ…ここんとこシャワーだけだったからな…』 

森さん(んんんん~っ!!キョン君、声、キョン君の声…!)コシュコシュコシュ… 

森さん(はぁ、はぁー、はぁ、はぁ、きかせて…もっと…ゴク)クチュクチュグチュ… 

森さん「ぉ…お湯加減はどうですか?」フルフル 

キョン『最高です…うー…』 

森さん(私も、私も最高…ッ!最高で最低で最高…ッ)ガクガク 

森さん「そ」 
   (あぁ、くる…) 

森さん「そうですか…」 
   (あああ、くる、くるぅ) 

森さん「ゆっくり…ヒィ、はいってくださいね…ヒィィ」 
   (すごいのくる、ひぃぃダメ、声っ絶対っ我慢、ひ、ひぃ、ひ…) 




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:45:31.76 ID:BeHBrI/o0
森さん「フギッ」ビーン… 

プシャップシャァアアア…パタタッ 

キョン『ありがとうございます…そうさせてもらいますよー…はぁ~…』 

森さん「………ッ…ッ」プルプル 

森さん「…ッ」ヘタリ… 

ガタッ 

キョン『ん、森さん?』 

森さん(きっ、きききき…き、き…) 

森さん「きがえ」 

森さん(ここ、こっ、こっ…) 

森さん「こっここに」 

森さん「置いときますね…」 

キョン『あぁ、どうもです~…』 

森さん「フゥ、フ、フゥゥ、フゥ…」フキフキ… 

森さん「…………」ポロポロ…フキフキ 




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:52:28.57 ID:tSLCnqxAO
お互い隠れてオナニーの倒錯プレイですか 




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:53:07.64 ID:BeHBrI/o0
森さん「……」ボフッ 

森さん(何してるのよ…最低…) 

森さん(最低…最低…最低…) 

森さん(頭おかしい…恥知らず…) 

森さん(馬鹿…淫乱…痴女…) 

森さん(もう死んじゃえ…)ジワ 

森さん(こんな惨めな思いするなら…)ポロ 

森さん(一人のままでよかったのかなぁ…)ポロポロ 

カチャ… 

キョン「ふぅ…いい湯だった…」ペタペタ 

森さん「!」ピク 

キョン「すみません、先に頂いちゃって…次どうぞ」ポカポカ 

森さん「…」ゾク 

森さん「は、はぁい…」 




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 19:57:35.60 ID:BeHBrI/o0
パシャ… 

森さん「………」 

森さん(あったかい…気持ちいい…キョン君の残り湯…) 

森さん(キョン君…酷い人…) 

森さん(こんな仕打ち…酷すぎます…) 

森さん「………」パシャ… 

森さん(駄目よ…そんなの…止めなさい…) 

森さん(それはただのお湯よ…どこまで堕ちれば気が済むのよ…) 

森さん(駄目だ…このままじゃおかしくなる…)パシャ 

森さん(本当に狂っちゃう…) 

森さん(もう出よう…)ザパ… 

森さん(……でも、少しだけなら…舐めるだけなら…)チラ 

森さん(……) 

森さん「ふふ…ふふふ」 

森さん(…死ね…) 




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 20:02:21.99 ID:BeHBrI/o0
キョン「ふぁあぁ~あ……っと、ん?森さん、顔真っ赤ですよ…」 

森さん「そ、そうですか…のぼせちゃったかな…」 

キョン「仰ぎましょうか?」 

森さん「だ、大丈夫です…」 


森さん(夜が怖い…灯りが消えたら…) 

森さん(救いようの無い淫らな私が顔をだしちゃう…) 

森さん(あぁ…ぁあ…でも…) 


キョン「そろそろ寝ますか?」 

森さん「そうですね…おやすみなさい、キョン君♪」 

キョン「おやすみなさい、森さん」カチ… 


森さん(あの狂った灼熱を…体が渇望してる…) 

森さん(浅ましい涎が…腿を伝ってる…) 

森さん(ふふ…ふふふ…キョン君…今夜も一緒に…ね?) 




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 20:11:03.83 ID:BeHBrI/o0



カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ 
コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ  カチ  コチ 


キョン「くぅ…すぅ…くぅ…」zzz… 

森さん(ひどい…ひどいぃぃぃいいぃ…) 

森さん(キョン君、なんで?なんで今日はしてくれないんですか…?) 

森さん(信じてたのに、信じてたのにぃ…っ) 

森さん(ひどいよキョン君…あぁ…苦しい…切ないよ…) 

森さん(我慢できない…あぁ…狂いそう、狂い死にしそう…) 

森さん「ハッ…ハッ…ハヒ…ハッ…」ムクリ 

ミシ…ポタ…ミシリ…ポタタ… 

森さん「はー、はー、はー、はー、キョン君…」フルフル 

キョン「すぅ……くぅ……」zzz… 




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 20:17:15.27 ID:BeHBrI/o0
森さん「んっ…」クチュクチュ 

森さん「くひっ…ひ…ひはぁ…」ボタボタ… 

森さん(狂ってる…キョン君の前で…ひ、ひぃぃ…) 

森さん(眠ってるの…いいことに…こんなこと…おひっ) 

森さん(しぬぅ…脳みそ焼き切れて死ぬ…あ゛、あ゛あ゛…ぎぼぢいい…) 

   『その上があること、知ってるくせに』 

森さん(ああ…あああ…そう、もっと上、まだ私の知らない高みがある…) 

   『もう素直にキョン君に打ち開けちゃいなさい』 

森さん(キョン君は…今、お休みに…) 

   『起こせばいいじゃないですか』 

森さん(女の方からなんて…はしたない…) 

   『何よ、今さら…』 

森さん(キョン君に、嫌われちゃう…) 

   『大丈夫ですよ…きっとキョン君も受け入れてくれます』 




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 20:58:59.08 ID:BeHBrI/o0
森さん(そんな…そんなの…もしキョン君が…ダメ、それもダメ…) 

   『そうですか?キョン君にしがみついて、体に足を廻して…』 

森さん(ちがう…そうじゃなくて…) 

   『唇を合わせて、舌を絡めながらお互いの唾液を交換して…』 

森さん(やめて…) 

   『力強く突き上げてもらうの…何度も…何度も…一晩中…私は大声張り上げてよがりまくって…』 

   (やめて…やめて…) 

   『体の中からキョン君に染め上げてもらうの…』 

   (ああ…それは…)ゾクゾク 

   『きっと幸せよ…何もかも吹き飛ばすくらい…』 

   (ちがう…それでもダメなの…そんなの…あ…ああ…) 

   『世界のため?そんなこと今まで忘れてたくせに…もうどうでもいいくせに…』 

   (あ…あ…ぁああっ!) 

   『ほら、モタモタしてるから…』 

森さん「ひぐっ!ああっ!むぐ、…うっ…ぐう…ふぐ…」プシャァァ… 




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:02:33.92 ID:BeHBrI/o0
パシャ 

森さん(キョン君の顔に…!) 

キョン「ん…」 

キョン「んん?……んー……すぅ…」zzz 

森さん「は…はぁあぁああああ…」ヘナヘナ… 

森さん(あぶなかった、声、出てた、よかった、あぶなかった…!) 

森さん(だめだ…ここ、だめ…ここにいたら…)フラ… 

カチャ…キィ……パタン 

キョン「くー……すー……」zzz 




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:05:12.89 ID:BeHBrI/o0
外 


ペタ ペタ ペタ ペタ… 

森さん(私は世界を守る…それが使命…) 

   『卑怯者』 

森さん(涼宮ハルヒは彼に好意を持っている) 

   『臆病者』 

森さん(自分勝手な感情で動くわけにはいかない) 

   『偽善者』 

森さん(だからこれは世界のため…そう、任務を円滑に進めるための処理…) 

   『淫乱女』 

森さん(うるさい…うるさい…仕方ないじゃない…) 




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:10:12.58 ID:BeHBrI/o0
――屋上―― 


森さん「ふふ…うふふ…」 

森さん「はぁぁ…♪」クチュ… 

森さん「ここなら…ここならぁ…」ヘタリ 

森さん「キョン君…見て…見てぇ…?」 

森さん「私もうこんななの…うふ…あはは…」 

森さん「ああっ!!」ビクン 

森さん「ああああっ!!」ビクン 

・・・・・・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・・・・ 
・・・・・ 

森さん「……」 

森さん「…寒…」 

森さん「もどろ…もう夜明けだ…」 

森さん「もう、大丈夫…」 




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:12:15.75 ID:BeHBrI/o0
キィ…カチャン… 

森さん(ただいま…キョン君…) 

森さん(…?) 

森さん(キョン君が…いない…) 

森さん(…え…何で…?) 

森さん(何で…?) 

森さん(え…?え…?なんで?) 

森さん(なんでなんで…?) 

森さん(え…いない…きょんくん…いない…) 




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:15:04.18 ID:BeHBrI/o0
森さん(聞かれてた…?) 

森さん(聞かれてたんだ…) 

森さん(バレたんだ…屋上のことも…) 

森さん(それで出てっちゃったんだ…きっとそうだ…) 

森さん(私の事、いやらしい女だとおもって怒ってでてっちゃったんだ…) 

森さん(わたしのこと、嫌いになっちゃったんだ…) 

森さん「……………」 

森さん(そっか………これで…) 

森さん(これで安心して眠れる…さよなら…キョン君…)ガク… 

森さん(……もう……このまま……目が覚めませんように…)ズズ… 





ガチャ… 

キョン「一体どこに…って、森さん…?森さん!森さん!?しっかりしてください森さん!」 




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:19:36.18 ID:BeHBrI/o0
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・ 
・・・ 

森さん「………ん…」 

森さん「……あ、あれ?」ムクリ 

キョン「森さん、まだ寝ててください…」 

森さん「キョンくん…ひっ」バッ 

キョン「ど、どうかしたんですか?」 

森さん「ひっ、ひぃっ…ごめんなさいっごめんなさいぃ~…」ガタガタガタガタ 

キョン「落ち着いてください!もう大丈夫ですって!」 

森さん「嫌、嫌ぁ…叱らないで、ごめんなんさいっキョン君ごめんなさい!」ガタガタガタガタガタ 

キョン「森さん…」 

キョン「森さん!」ギュ 

森さん「ああ、あ、ごめ…ごめぇ…えっ…えっ…ふえええ~…」ポロポロ 

キョン「安心して…もう大丈夫ですからね…」ナデナデ 

森さん「うっ…うぅ…ふぐっ…キョンくぅん…」グシグシ 




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:22:33.44 ID:BeHBrI/o0
キョン「一体何があったんですか?」 

森さん「…………」 

キョン「夜中に目が覚めたらいないんで驚きましたよ…靴はあったのに」 

森さん「…………」 

キョン「探し回って、さっき戻ったらパジャマのままで倒れてるし…やたら汚れてるし…」 

森さん「……ぅ…」ジワ 

キョン「全く…あんまり心配させんでくださいよ…」 

森さん「ふぐぅぅ~…」ポロポロ 

キョン「おわっ!べ、別に怒ってるわけじゃないですよ~泣かないでいいんですよ~」ナデナデ 

森さん「……ぐす…」 

キョン「うーん…とりあえず、お風呂沸かしといましたから、ゆっくり浸かってきてください」 

森さん「……」コクリ 




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:26:40.30 ID:BeHBrI/o0
カポーン 

森さん(………あったかい…) 

森さん(はぁ…何だか…疲れちゃいました…) 

森さん(…キョン君…私を見限ったんじゃなかったんですね…) 

森さん(私はまた…あの苦しみを味わうんですね…) 

森さん(でも…よかったぁ……) 

森さん(そうですよね…キョン君、優しいもの…) 

森さん(それなのに私は…自分勝手な嘘を重ねて…) 

森さん(どんどん自分を落としめて…) 

森さん(違う…落としめてたんじゃない…これが私の本性…) 

森さん(どうしようもなく淫らで臆病で自分勝手…) 

森さん(あーあ…私はもっと大人の……) 

森さん(ふふ…誰が大人ですって?…笑っちゃいますね…) 




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:30:04.33 ID:BeHBrI/o0
森さん(……………) 

森さん(はぁ、やめやめ!) 

森さん(もう忘れましょう!昨日の記憶は全部夢です!) 

森さん(そういうことにしときましょう、ウン…) 

森さん(そ、それにキョン君もキョン君ですよ?) 

森さん(私の嘘を全部信じちゃうんですから…) 

森さん(魔法使いだなんて…全く…) 

森さん(引くに引けないじゃないですか…もう…) 

森さん(ふふふ) 

森さん(そこが可愛いとこなんですけどね…) 




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:35:13.22 ID:BeHBrI/o0
森さん(あ、そう言えば私、キョン君撥ねたんだっけ) 

森さん(うあー…あとで謝らなきゃ) 

森さん(そうですね…この際、今までの嘘を全部打ち明けちゃいましょう) 

森さん(嘘をついた理由は…私の人としての弱さと…) 

森さん(キョン君が可愛いから独占してみたくなったからでいいか) 

森さん(私は世界を守る崇高な仕事をしてるんですからね!) 

森さん(そのくらいの悪戯する権利はありますよ…ウン) 

森さん(それにこっちだってキョン君の秘密を握ってるんですからね…) 

森さん(正直になろう…それで全部清算です…) 

森さん(…………) 

森さん(…でも…最後に一つ…一つだけ…嘘をついてみよう…) 




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 21:57:10.12 ID:ZTmD4Te60
>あ、そう言えば私、キョン君撥ねたんだっけ 
ひどすぎワロタwwwwwwwwww 




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:00:50.77 ID:BeHBrI/o0
キョン「……」ウトウト 

森さん「キョン君」 

キョン「…ん、ふぁ…ん、んん?森さん?」 

森さん「うふふ…」 

キョン「何で変身してるんです?」 

森さん「ふふ…キョン君…抱いて…」ズイ 

キョン「い、いきなり何を…って、ちょ、近い////」 

森さん「私は森園生ではありませんよ…私が第三の刺客…あなたを狙 

キョン「何言ってるんですか森さん」 

森さん「森さんじゃないです」 

キョン「森さん」 




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:02:50.15 ID:BeHBrI/o0
森さん「本物の森園生は今頃のんきにお散歩 

キョン「森さん」 

森さん「だ、だから私は顔をじゆーにかえ 

キョン「間違いなくあなたは森さんですよ…」ナデ 

森さん「わ、私は…ふにゅ…わ、わた…ぁ…」フニャ 

キョン「俺が森さんを見間違えるわけないでしょう…」ナデナデ 

森さん「あ…ちが…だめなの…それじゃ…」 

キョン「うそつき…」ポコ 

森さん「ひゃんっ…ごめ…ごめん…ごめんねぇ…キョンくぅん…」メソメソ 

ポトッ 

キョン「う…スタンガン………あなたって人は…」 




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:03:58.37 ID:BeHBrI/o0
森さん「だって、だってこんなはずじゃ…困ります、見破るなんて…」 

キョン「すみません…」 

森さん「決心したのに、明日から、ひっく、大人の森さんを、ひっく、頑張ろうって…」 

キョン「空気の読めなさには定評がありましてね…それに」 

森さん「ひどいよぅ…これじゃ、あたし、せっかく勇気だしたのに、ひんっ」 

キョン「それに、俺の初めての相手が偽物じゃあ洒落にならんでしょう」ズイ 

森さん「ふぇ…?キョン…くん…」 

キョン「偽物は嫌だ…本当の森さんとじゃないと…」ズズイ 

森さん「あ…」ボフッ 

森さん(ああ…) 

森さん(ああああ…キョンくぅん…) 




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:06:46.05 ID:BeHBrI/o0
森さん(不思議…あの猛り狂う濁ったような欲望とは全然違う…) 

森さん(熱いのに…逆に透き通って…凄く…安心するぅ…) 

森さん(私の秘密…このままじゃキョン君にばれちゃうな…) 

森さん(笑うかな…この歳でなんて…) 

森さん(自分で処理してると思われたら、なんか恥ずかしいな…) 

森さん(でも、キョン君ならきっと受け入れてくれる…) 

森さん(それより…ああ、だめ…頭が蕩ける…) 

森さん(…なんなの…この幸福感…ああ…これが…女の幸せ…) 

森さん(キョン君…好き…大好きぃ…もう…熔けそう…) 

森さん(キョンくん…あ、あああ…) 

森さん(キョンくんのが…あんなになって…嬉しい…) 




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:08:49.15 ID:BeHBrI/o0
キョン「はぁ、はぁ、森さん、俺、もう…」 

森さん「……ッ」コクン 

キョン「俺、初めてで、上手くできるかどうか…ゴムも…」 

森さん「今日大丈夫…だから…来て…はやくぅ…はやく私に…」 

キョン「森さんッ」 

チュプ… 

キョン「入れますよッ…く…」 

森さん「私に…キョン君で…一生消えない…キョン君との…」 

ミチィ… 

森さん「いっ…ッ!き…キョンくぅん…」 

キョン「は…入った…これが…て、これ…血…森さ…」 

森さん「キョン君っ!キス、キスしてぇっ」 

キョン「森さん!」 

森さん(蕩けて…とけてく…もう…痛いのも…全部…ながれだして…) 




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:12:26.41 ID:BeHBrI/o0
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・ 
・・・・ 

キョン「………色々と意外でした…自分で処理を…?」 

森さん「たっ、体質なんだから仕方ないじゃないですかぁ…」//// 

キョン「本当に…意外でした……まさか俺が森さんの…」 

森さん「もぅ、そこは素直に喜ぶトコじゃないんですかぁ?」 

キョン「あー…えー…光栄です…でもたまにそんな気はしてましたがね…」 

森さん「う…マジですか…」 




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:15:18.82 ID:BeHBrI/o0
キョン「いやぁ…しかし初体験がコスプレってのはどうなんですかね…」 

森さん「い、いいじゃないですか…もう…」 

キョン「全部脱がさないほうがよかったかな…」ポツリ 

森さん「もう!もう!何言ってるんですか…キョン君のイジワルっ」 

キョン「はは……ねえ、森さん…」 

森さん「なんです?」 

キョン「順番が逆な気もしますが…その…森さん、俺と… 

森さん「だめっ」 

キョン「!?」 

森さん「ダメ…これだけは…ダメなの…」 




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:18:26.91 ID:BeHBrI/o0
キョン「…何故ですか…」 

森さん「私には…使命があるから…」 

キョン「そんな…」 

森さん「解って…私の我儘で世界を危険に晒せないの…」 

キョン「………」 

森さん「世界には家族や仲間がいる…会った事もないけど、幸せに暮らしてる人達もいる…」 

キョン「………」 

森さん「それに…それにね…この世界に、私の…一番大切な人が…できたから…」 

キョン「…………」 




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:22:21.20 ID:BeHBrI/o0
キョン「ハルヒに…あんな力が無ければ…」 

森さん「…キョン君、あの子は悪くないんです…」 

キョン「解ってます…けど…」 

森さん「涼宮さんはとってもいい子です…ずっと見てたから判るんです」 

キョン「……」 

森さん「私、あの子を一人ぼっちにさせたくない…」ジワ 

キョン「森さん」ギュ 

森さん「勝手ですよね…私…」フルフル 

キョン「……」ナデナデ 

森さん「うう…うっ…うっ…」ブワ 

森さん「ごめんね…ごめんねぇ…分かってたのに…こうなるってっ、でもっ、えっぐ、わたひ、えぐぅ~…」ポロポロ 

キョン「森さんはホント泣き虫だな…」ナデナデ 

森さん「ふぃいい~ん…ごめんねぇ…バカな大人でごめんなさいぃ~…」ポロポロ 




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:25:29.68 ID:BeHBrI/o0
森さん「ぐす…」クスンクスン 

キョン「俺…明日、家に帰ります」 

森さん「うん…」 

キョン「寂しい?」 

森さん「…うん…」 

キョン「一日延ばしましょうか?」 

森さん「大丈夫です…」 

キョン「本当に?また泣いちゃったりしませんか」 

森さん「お、大人をバカにしちゃいけません…」 

キョン「さっき一緒に大人になった人が何を言う」ギュッ 

森さん「も、もう…その話はいいじゃないですか…」ギュー 




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:27:20.53 ID:1bVxLGX20
悲しいな 




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 22:49:26.01 ID:XP0kPjZcO
だな 




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:02:13.65 ID:BeHBrI/o0
キョン「ははは…そろそろ寝ましょうか?」 

森さん「グス…そうですね…ね、キョン君、腕、腕…」 

キョン「こうですか?」 

森さん「えへへ…腕枕って憧れてたんですよ」 

森さん「重かったらどけてくださいね」 

キョン「…おやすみ…森さん」 

森さん「おやすみなさい…キョン君…」 





……ギシ…ギシギシ…アンアン…… 

森さん「!?」 

キョン「……」 




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:04:08.67 ID:BeHBrI/o0
……アンアン……ペチンペチン… 


森さん「////」ギュ… 

キョン「……」 


……ギシギシ…アヒンアヒン…… 


森さん「はぁ…はぁ…キョン君…」ウルウル 

キョン「森さん…俺はさっき…ふられちゃった訳なんですが…」 

森さん「これは…あの、その…お、大人の関係というやつで…ゴニョゴニョ」 

キョン「くくっく…ふふ…」 

森さん「わ、笑っちゃダメです…」 




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:08:11.88 ID:BeHBrI/o0
森さん「あんっ!キョン君っ!ひぃ、ひぃっそこっ!そこダメぇえぇっ」ビクッ 

キョン「ここですか森さん…ここが好きなんですか?」 

森さん「違いますっ!違うのそこはぁっ!そこダメ、そこすぐ…っ、あ、んあああっ!」ピーン 

キョン「どう違うんです?」 

森さん「あああまたイクッ!もうイクぅ!!こんな、恥ずかしいっんあああっ!!」ピーン 

キョン「もうですか?いやらしい女性ですね森さんは…」 

森さん「ちがっんっ!ふぎぃ…ふぎ、ひぎぃ……あああダメごえんなさいキョン君っもうイクっいくぅっ!」ピピーン 

森さん「は…はふぅ…」クタ… 

キョン「はぁ…はぁ…」ナデナデ 

森さん「はー、はー、は―…」 




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:09:43.08 ID:BeHBrI/o0
ミサトさん「あああシンジくんっイクッいっくぅううううううっ!」ガクガク 

シンジ君「ううっ…うっ…うっ…」 

ミサトさん「はぁ、はぁ、はぁ…」 

シンジ君「はぁ…ふぅ…はぁ…ふぅ…」 

ミサトさん「はぁ~~~~~♪」ポフ 

『あああダメごえんなさいキョン君っもうイクっいくぅっ!』 

ミサトさん「!!」 

シンジ君「!!」 

ミサトさん「……」 

シンジ君「……」 




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:13:50.11 ID:BeHBrI/o0
森さん「ああ…こんな恰好…」 

キョン「俺が森さんに逆レイプされてるみたいですね…楽だけど」 

森さん「言わないで…くっ…恥ずかしい…ひっ…」ヘコヘコ 

キョン「腰振りながら何言ってるんですか」 

森さん「だっ、て、だっでぇ…んんっ、勝手に、あふっ、はぁ、ふぁっ」ヘコヘコ 

キョン「じゃあ俺も動きますからね」パンパン 

森さん「かはっ、はあっ…あんっ!あんっあんっあんっ!」 

キョン君「ほら、俺の手を離さないで」 

森さん「うんっ!あっあんっ!あああっ」ギッシギッシ 

キョン「俺達息ピッタリですよ森さん!」 

森さん「だって、腰、止まんなぁ…いぃっ!あっダメダメダメあああいっくぅうううっ!!」ピピーン 

森さん「―――――…」プルプル 

森さん「―――っ」ポテ… 

キョン「はぁ…はぁ…」ナデナデ 

森さん「ひぃ…ひぃ…ひぃ…」カクカクカク 




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:16:27.87 ID:BeHBrI/o0
ミサトさん「ごめんなさいシンジくんっ!あああっ!」ピピーン 

シンジ君「うううっ…うっ…くっ…」プルプル 

ミサトさん「はぁ、はぁ…こういうのもいいわね…謝罪プレイ」 

シンジ君「そ、そうですね…はぁ…はぁ…」ゼエゼエ 

『あっダメダメダメあああいっくぅうううっ!!』 

ミサトさん「!!」 

ミサトさん「…負けてられないわ!」 

シンジ君「もう寝ましょうよ…」クタッ 

ミサトさん「これが寝ていられますかっての!」 




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:17:45.27 ID:+06sO8v30
ミサトさんェ… 




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:19:28.37 ID:BeHBrI/o0
森さん「キョン君っこんな…獣みたいな…ぁあああんっ!」 

キョン「獣みたいなモンでしょう!俺も!森さんも!」スパンスパン 

森さん「ひぃ…コレ、スゴ…だめぇ…ほひぃっ!ひひぃ!」 

キョン「何がダメですか!獣はそんなこと言いませんよ!」 

森さん「あああ…けも…いい…キョン君、いいっいいよキョン君!凄い気持ちイィですぅっ」 

キョン「そうですよ!恥ずかしがることはないんです!獣ですから!」 

森さん「突いてっ!突いて突いてもっとぉ!!たっ、たたっ…叩いてぇっキョンくぅん!」 

キョン「そこまで恥を捨てろとは言ってませんよっ」パチーン 

森さん「ひぃあッ!あ、ぁああああっ!ごめんなさぁい!もっと、もっとぉおおおおおっ!」ビグビグ 




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:21:52.99 ID:BeHBrI/o0
キョン「ワガママな森さんだなっ…どうだっ!」パチーン 

森さん「んぐふぅううううっ!ひーっ!」ビーン 

キョン「獣だって交尾しながらこんなオネダリはしませんよっ!」パチーンパチーン 

森さん「交尾ッ!あああ交尾してるっ!!キョン君とっ、獣っ!きもちっ!ナカっ!うあああああっ」ビーン 

キョン「オラオラオラオラオラッ!!」パンパンパパパ… 

森さん「ふぃいいいえぇぁあああああああッ!!……あっ……あああああっ!!」ビビーン 

森さん「―――――――…っ」プルプル 

森さん「」ドサッ 

キョン「はー…はー…はー…」ナデナデ 

森さん「はわ…はわわ…あ…あー…」ヒクヒク 




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/13(水) 23:23:44.97 ID:BeHBrI/o0
ミサトさん「…いい声で鳴くわね…お隣さん…」 

シンジ君「4時間も致してましたね…もう3時ですよ…」 

ミサトさん「私の勘だと今頃愛を語りつつインターバル取ってるわね」 

シンジ君「あの…僕、明日学校あるんで寝ていいですか…?」 




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:02:50.22 ID:RZ5V6ltF0
キョン「んっ…んっ…」ゴキュゴキュ 

キョン「ぷは…あー水うめえ…森さんも飲んだ方がいいですよ」 

森さん「は…ふぅ…」ペロペロ 

キョン「森さんや」 

森さん「へふ…へぁ…」ペロペロ 

キョン「森さんてば…もうキレイになりましたから」 

森さん「はぁぁ…」ペロペロ 

キョン「仕方ないな…」ゴキュ 

キョン「ん…」チュ 

森さん「んは…ん…」コクコク… 

森さん「……けほ、けほ…」 

森さん「……」ポケー 

森さん(あれ…?) 




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:03:51.67 ID:RZ5V6ltF0
キョン「森さん」 

森さん「あ、キョン君…」キョトン 

キョン「はい、お水ですよ」 

森さん「ど、どうも」 

キョン「いやぁ…それにしてもあの森さんがねぇ」 

森さん「?」ゴクゴク 

キョン「まさか叩いて欲しいとか言い出すとは…」 

森さん「??」コク… 

森さん(……?………?…………………!!) 

森さん「ぶはっ!!」 

キョン「うわ」 




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:06:09.86 ID:etqJhyhx0
年上のお姉さんとらぶらぶ同棲生活したい 




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:06:50.43 ID:RZ5V6ltF0
森さん「あわわ…あわわわ…」モゾモゾ 

キョン「隠れてどうすんですか…お尻出てますよ」 

森さん(おしり)「違うんですっあれは…あううう~」プルプル 

キョン「今思い出したんですか」 

森さん(おしり)「あの時はもう…何が何だか…」プルプル 

キョン「そのあと自発的に俺の息子を舐めて綺麗にしてくれたのも覚えてませんか」 

森さん(おしり)「嘘っ………ち、違うんです…いじわるしないでぇ…」プルプル 

キョン「森さん…」 

森さん(けつ)「な…なんですかぁ?」 

キョン「森さんがあんまり丁寧に舐めるもんだから…このザマなんです…」 

森さん「……////」モゾ 

キョン「可愛い森さんがまた見たいんですが…」 

森さん「////」 

森さん「や、優しくなら…////」 




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:10:17.54 ID:RZ5V6ltF0
森さん「ん…ちゅ…んっ…」チュッチュ 

キョン「ん~♪」チュチュ 

森さん「キョンくぅん…」 

キョン「森さんはキス好きですね…」 

森さん「ウン…好き…キョン君…ん~…」 

キョン「森さん…どうしてもダメですか?」 

森さん「うん…んっ…ごめん…にゃっ…あっ…ん…」 

キョン「どうしても?」 

森さん「せか…ひぃ…キョンくっ…あ、守ら…きゃんっ」 

キョン「………」 

キョン「森さん、しっかり掴まっててください!」グイ 

森さん「え、きゃっ」ギュ 




288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:12:40.88 ID:RZ5V6ltF0
キョン「よっこらしょういちっと…」スクッ 

森さん「キョンくんっ?危な…んううっ」ギュウ 

キョン「どうですか森さん、今森さんが触れてるのは俺だけですよっ」 

森さん「…ッ…ッ…ウンッ、うんっ!」 

キョン「まるで世界に二人だけみたいじゃないですか」 

森さん「んっ…あ、ああああぁ…す、素敵…」 

キョン「せめて今だけは、そんな使命なんて忘れていいんですよ…」 

森さん「き…キョン君…」ウルウル 




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:13:50.97 ID:tmtb4I1o0
ヤダ、キョンさんイケメン…/// 




290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:15:41.60 ID:RZ5V6ltF0
キョン「それに、上手に嘘をつけるのも大人ってもんです…」 

森さん「キョンくぅん…」ポロポロ 

キョン「森さん…俺と、付き合ってください」 

森さん「………っ」 

森さん「は、はいっ…こんな私で良ければ…」 

キョン「………」 

キョン「ふふっ………嘘つき…」チュ 

森さん「ううううぅ~っ」ポロ 

森さん「ごめんね…ありがとう…ごめんねぇ~…」ポロポロ… 




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:17:18.63 ID:RZ5V6ltF0
キョン「まったく…」 

森さん「ごめんね…キョン君ごめんね…」 

キョン「許しませんよ…嘘つきな森さんにはお仕置きが必要ですね!」パンパン 

森さん「ふぇ…あっ!あんっ!キョンく、ひゃぁっ!」 

キョン「しっかり掴まらないと落ちますよッ!!」パンパンパン 

森さん「あんっ、あっ!や、優しくって、ひぃ、言ったのに…ッ、くぅっ!」ギュウウ 

キョン「はっはっは、これでおあいこですよっ!」パンパンパン 




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:20:25.18 ID:RZ5V6ltF0
森さん「かっ、き、キョンく、だめ、これ、だめなっ、とこ、なんども、だめ、あたっ、てっ」 

キョン「聞こえませんねっ!」パンパンパンパンパン 

森さん「だえ、ほ、ほんとに、これ、いく、えんあ、いき、かか、ひはぅ、あああ…」 

キョン「森さんッいや…」パンパンパンパンパパパパパパパパパパ… 

森さん(だめえっ!やめて!とめて!キョン君!ダメなの!コレダメ!) 

森さん(喋れない!声でない!怖い!イク!逝く!変なイキかたしちゃう!) 

森さん(なんかくる!すごいおおきいのくる!!あああ!!) 


キョン「園生ッ!愛してるぞ園生ォオオッ!」ビュルッ 

森さん「―――――――――…」 
    



295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:24:00.54 ID:RZ5V6ltF0
森さん「うふふ…キレイ…」 

森さん「素敵なお花畑ですね…」 

森さん「はぁ~…いい香り…」 

森さん「…それにこんな青い空…初めて…」 

森さん「お日様が眩しい…」 

森さん「あ~…ぽかぽかしてあったか~い…ふふ♪」 

森さん「寝転がっちゃおっと…ん~♪」 

森さん「むにゃむにゃ……ん?」 

森さん「あれ…?」 

森さん「おばあちゃん!?」 




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:25:25.72 ID:1ekc1ZpZO
昇天しちゃった 




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 00:26:09.69 ID:RZ5V6ltF0
キョン「うっ…く…ぁ、はぁ、はぁ…」 

森さん「―――――ッ―――――ッッ」ガクガクガク 

キョン「ん…森さん?」 

森さん「―――――ッッ!―――――ッッ!―――――ッッ!」ガグガグガグ 

キョン「森さーん…もしもし?」 

森さん「――――――ッッ――ッッーッッ」プッショァアアアア…ボタボタボタ… 

キョン「おわっ!森さん!?ちょっと!大丈夫ですか!?ねえ!」 

森さん「―――――ッッ!―――――――ッッ!」チョロロロロ… 

キョン「………」 




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:00:28.60 ID:RZ5V6ltF0
森さん「わぁい!おばあちゃんだぁ!なんだか凄い久しぶりだねぇ」 

森たん「そうだ、おばあちゃん、あたしね、すごくステキなおとこのこと会ったんだよ!」 

森たん「へへ…ちょっと年下だけど、あたしのことスキっていってくれるの!」 

森たん「ねーねー、おばーちゃん!また縁日のお祭りにいこうよ!」 

森たん「えへへ…なんだかすっごいしあわせ…ねーまた綿あめ買ってくれる?」 

森たん「おっまっつり♪おっまっつり♪」ピコピコ 

モリサン…モリサン… 

森たん「ん?」 




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:01:23.35 ID:RZ5V6ltF0
キョン「森さん!森さんてば!しっかりしてください!」 

森さん「―――ッ―――オバーチャン…ステキ…ダヨ…―――」 

キョン「何意味の解らない事言ってるんですかっ森さん!」ペチペチ 

森さん「―――ッ…トシシタ…スキ…」 

キョン「そうでしょうとも…森さん!森さんてば!」 

森さん「エンニチ…スッゴイ…ワタアメ…オバーチャン…マツリ…」 

キョン「どんな祭りですか…これ…やばいんじゃないのか…?」 




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:02:28.16 ID:RZ5V6ltF0
森たん「…?」 

森たん「おばーちゃん、早くお祭りにいこーよ!」 

森たん「え?今はだめなの?なんで?どーして?」 

森たん「え?あの声?」 

森たん「ん~…わかった…いうこときく…」 

森たん「そのう、よいこ?」 

森たん「えへへへへ…じゃあおばーちゃん!またね!」 

タッタッタッタ…… 

森たん「この声…あのこだ…きょんくん…いまいくね!」 




306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:03:11.40 ID:RZ5V6ltF0
キョン「そうだ救急車…!!」 

キョン「ぐわっ」ドテ 

キョン「何てこった…腰が…」ガクガク 

キョン「森さん…うおお…」ズリズリ 

キョン「よし、届いた…今救急車を…」ガシ 

森さん「うう…きょ…キョンくん…」 

キョン「森さん…?」 

森さん「やめて…」 

キョン「よかった、気がついた…」 

森さん「ホント…やめて…」 




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:07:31.01 ID:RZ5V6ltF0
キョン「…すみません…調子に乗りすぎました」 

森さん「ほ、ホントにホントに死んじゃうかと思ったじゃないですかぁ…」 

キョン「森さんがあんまり可愛いから…許してくださいよ…」 

森さん「ふん…キョン君は勝手です…」プクー 

キョン「森さん」ナデナデ 

森さん「な、なでなでしたって…ふにゃ…」 

キョン「ふふふ」ナデナデ 

森さん「うー…ズルイです…」 

キョン「ごめん」ナデナデ 

森さん「ん…もっとなでてくれたら…」 

キョン「はいはい…」ナデナデ 




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:08:12.32 ID:RZ5V6ltF0
キョン「もう夜が明けちゃいましたね…」ナデナデ 

森さん「はい…」 

キョン「さて、俺は今日帰る予定でしたが…」ナデナデ 

森さん「……」ギュ 

キョン「ん~…徹夜明けだしな…」 

森さん「……」ギュー… 

キョン「やっぱり明日にしますよ…いいですか?」 

森さん「……」ギュゥ… 

森さん「……」コクリ 




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:12:21.20 ID:RZ5V6ltF0
そして月日は流れ… 


森さん「え…キョン君…これ…指輪…」 

キョン「森さん、いや…園生、結婚しよう」 

園生「は…はいっ」ギュ 


二人は… 


園生「ね、アナタ♪」 

キョン「んん?何だかご機嫌だな…どうかしたか?」 

園生「うふふ…愛してるわ…パパ」 

キョン「何だい改まって…ぱ、パパって…お前…」 

園生「うふふふふ♪」 


新しいステージに立つ… 




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:13:03.85 ID:RZ5V6ltF0
平凡な… 


園生「あなた…私、頑張るから…くっ」 

キョン「園生!頑張れ!俺がついてるぞ!」 

園生「うん…うん…愛してる…キョン君愛してる…」 

キョン「俺もだ!園生!みんなで家に帰ろう!」 


しかし掛け替えの無い… 


キョン子「いってきまーす!」 

園生「いってらっしゃい、車に気をつけるのよー」 

キョン「園生ー」 

園生「はい、なんですか?」 

キョン「そろそろ二人目…欲しくないか?」 


幸福を掲げて…! 

~fin~ 




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:13:45.46 ID:RZ5V6ltF0
森さん「……」 

森さん「ナレーション入りの夢って初めて…」 

森さん「んー…6時か…昨日…ええと…」 

森さん「あのあとお風呂に入って…軽く食事してお昼前には眠ったから…」 

森さん「うう、20時間近くも寝ちゃったんですね…」 

森さん「うーん…」ポキ 

森さん「…ふぅ………」 

森さん「今日で最後…かぁ…」 

キョン「すぅ…すぅ…」zzz 

森さん「…ふふ」チュ 

森さん「キョン君が起きるまで、もう少し寝てよ」ギュ 




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:16:57.55 ID:RZ5V6ltF0
森さん(とはいうものの…流石に眠気はないな…) 

森さん(それにしても…私ってあんなに甘えんぼだったんですね…) 

森さん(ずぅっとキョン君に撫でてもらっちゃった) 

森さん(それに手をつないで寝たと思ったら…) 

森さん(起きたらキョン君にしがみ付いてるんだもん…) 

森さん(ふふふ…キョンくぅん…) 

キョン「んん…ん?」 

森さん(!) 




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:45:52.89 ID:RZ5V6ltF0
キョン「んー…うおっ…20時間近く眠ってたのか…」 

森さん(………) 

キョン「あー、やれやれ」 

森さん(…ふふふ) 

キョン「………」ナデ… 

森さん(…?) 

キョン「…」チュ 

森さん(!!) 

森さん(えへへへぇ~…)//// 




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:46:49.15 ID:RZ5V6ltF0
・・・・・・・・・ 
・・・・・・ 
・・・・ 


キョン「それじゃあ森さん、お世話になりました」 

森さん「忘れ物はありませんか?」 

キョン「ええ…森さんをモノに出来なかったのは残念ですが」 

森さん「もお、キョン君ったら…ふふ」 

キョン「また、会えますかね」 

森さん「………」 

キョン「………」 

森さん「止めときましょう」 




325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:53:19.72 ID:RZ5V6ltF0
キョン「…そう…ですか」 

森さん「このままズルズル行くのは、きっと良くありませんよ」 

キョン「まぁ…そうですね」 

森さん「でも、私、この一週間のことは忘れません」 

キョン「俺もですよ…」 

森さん「……」 

キョン「……」 

森さん「笑ってお別れしましょ?」 

キョン「…そうですね…じゃあ森さん!お世話になりました!」 

森さん「はいっ!キョン君も、お体に気をつけてくださいね!」 




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:55:29.11 ID:RZ5V6ltF0

森さん「さようならキョンく~ん!お元気で!」ブンブン 

森さん「………」 

森さん(…あ、振り返った) 

森さん「……」ブンブン 

森さん「…………」 

森さん(………いっちゃったか…) 

森さん「さよなら…キョン君…」 




328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 01:58:54.05 ID:RZ5V6ltF0
パタン… 

森さん「………」 

森さん「あ、そうだ」 

森さん「洗濯物たたまなきゃ」 

森さん「……」 

森さん「…あ…これ…」 

森さん「魔法使い…か……ふふ」 

森さん「偽物の魔法使いは…」 

森さん「これから時々、自分にかけられた魔法を思い出して…」 

森さん「泣いたり笑ったりするんですね…」 

森さん「………」 

森さん「これで…よかったんですよね…?」 




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:00:16.73 ID:RZ5V6ltF0
森さん「………」 

森さん「………」 

森さん「んん~~~っ……」ググ 

森さん「………」プルプル 

森さん「ふー…」 

森さん「こういう時、年上は損ですね…」 

森さん「そう言えば休暇も今日で終わりか」 

森さん「さて、明日はお仕事頑張りますか!」 




330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:07:06.36 ID:RZ5V6ltF0
翌日 

ハルヒ「ぅおそいっ!」 

キョン「そ…掃除当番だったんだ、察せ」 

ハルヒ「言い訳するんじゃないの!全く、これだからいつまで経ってもキョンなのよ…」 

キョン「人を出世魚みたいに言うな」 

古泉『さっきまで貴方が帰ってしまったのでは、と心配そうにしてたんですよ…』ヒソヒソ 

キョン『どうだか…』 

古泉『ところで、連休中に貴方に会った時に、いきなり意識を失ったんですが…何か知りませんか?』

キョン『何のことだ?夢でも見たんじゃないか…?』 

古泉『そうでしょうか…』 




333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:12:42.48 ID:RZ5V6ltF0
ハルヒ「なに男同士でくっついてんのよ…アンタ達、もしかして…」 

みくる「ひゃ~…」ドキドキ 

キョン「アホウ」 

古泉「んふ」 


ハルヒ「…ん?」 

みくる「どうかしましたか?」 

ハルヒ「…誰かに見られてる気がするわ…」 

みくる「?」 

長門「…」ペラ 




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:16:13.10 ID:RZ5V6ltF0
新川さん「時間です…森、ちゃんと気配を消しなさい」シュタッ 

森さん「………」ジー 

新川さん「……交代の時間ですが」 

森さん「ん~…このまま続けますから、新川さんは休んでてください」 

新川さん「これは珍しい、それとも何か動きでもありましたか」 

森さん「いいえ…いつも通りです」 

新川さん「そうですか…?」 

森さん「~♪」 

新川さん「何か御機嫌ですな」 

森さん「そう見えますか?」 

新川さん「休暇中に何か良い事でも?」 

森さん「えー、まあ、そんなとこです」 




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:18:32.56 ID:RZ5V6ltF0
新川さん「それは結構……しかし本当にこのまま続ける気ですか?」 

森さん「はい…今日は暖かいし、まだ大丈夫です」 

新川さん「確かに…しかし私を気遣うというなら無用の心配ですよ…私はまだまだ 

森さん「いいんです…それに今日は風が強いし…大切なモノが飛ばされたら大変です」 

新川さん「……!…な、なんのことですかな…?」ギクリ 

森さん「何が、とは言っておりませんよ」 

新川さん「そ、そうですか…いやいや、別に風なんか全然気にする必要は無いんですよ私は」 

森さん「そういえば以前、職員達が集まってヒソヒソと囁き合ってました…新川さんの名前が聞こえた気も…」 

新川さん「あ、そうだ急用を思い出した、ではお言葉に甘えるとしますかなワハハ」 




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:20:42.39 ID:RZ5V6ltF0
森さん「あ、新川さん…」 

新川さん「なな、なんでしょう」 

森さん「頑張って世界を守りましょうね」 

新川さん「…?」 

森さん「大切な人達を守るために…」 

新川さん「ふむ…休暇中、良い出会いでもありましたかな?」 

森さん「うふふ…」 

森さん「ひみつです♪」 


おし まい 




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:22:47.39 ID:nQntOXxpO
>>337 
すげえ乙! 
俺のお姉さんの魅力が三割増しに見えた 




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:27:06.08 ID:buuMirun0
森さん抱きしめたい 




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 02:28:19.47 ID:sqO9m78rP
おい、ちゃんと森さんはキョンとくっつくんだろうな? 




341 : ◆HC2Lies.5SJV :2010/10/14(木) 02:28:52.00 ID:RZ5V6ltF0
>>105 
今更だけどうさキョンを書いたのは俺だったりする… 

おやすみなんし 




342 : ◆HC2Lies.5SJV :2010/10/14(木) 02:29:55.01 ID:RZ5V6ltF0
>>340
残ってたらエピローグ的なのを書きたいお 




355 : ◆HC2Lies.5SJV :2010/10/14(木) 12:04:39.51 ID:RZ5V6ltF0
エピローグ 



森さん「ただいま~」 

森さん「ふぅ…」 

森さん「あ~疲れたぁ…」 

森さん「……」 

森さん「テレビでも見ましょう…」ポチ 

森さん「……」 

森さん「………」ゴロゴロ 

森さん「…………」パタパタ 

森さん「つまんない」プチ 

森さん「んんー……」ボフ… 

ピンモーテルェシューイックラィガチョラックゥーウ(チョッラックーウ)♪ 

森さん「!!」ガバッ 




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:08:51.12 ID:RZ5V6ltF0
森さん「はいっ!もしもし!」 

森さん「なーんだ、古泉か…」 

森さん「あぁ、ゴメンゴメン…で?何か用ですか?」 

森さん「………」 

森さん「し…しらない…」 

森さん「何それ…私が?夢でも見てたんじゃないの?」 

森さん「うん…うん…ふーん…うん…知りません」 

森さん「はい、はいはい…はいっ、お疲れ様…」プチ 

森さん「ふー、あせった…」 

森さん「はぁ……よく考えたらキョンくん、私の携帯番号知らないもんね…」 

森さん「あーあぁ…肝心なとこで…って、ダメダメ…未練は捨てましょう」 

森さん「はぁ~あ~…暇ですね…」 

森さん「ご飯の支度でもしますか…」 




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:43:33.79 ID:RZ5V6ltF0

グ゙パァ… 

森さん「…う……この量…」 

森さん「うう…腐らす前に食べきれますかね…」 

森さん「あ…しまった…」 

森さん「これ、せっかく買ったのに…」 

森さん「あ~…バカバカ…得意料理だったのになぁ…」 

森さん「何で今思い出すかな…二人で…」 

森さん「…………」 

バタム 

森さん「………」 

森さん「いいや」 

森さん「お風呂はいろう…」 




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:46:14.81 ID:RZ5V6ltF0
森さん「はぁ~…」カポーン 

森さん(あー…疲れがとれる…) 

森さん(…………) 

森さん(………キョン君が古泉に…) 

森さん(私の連絡先を聞いたら…) 

森さん(あいつ教えるかな…) 

森さん(てか聞かないか…) 

森さん(こっちは一応知ってるんですけどねぇ…) 

森さん(携帯に涼宮さん関係の連絡先は網羅してあるし…) 

森さん(いつか私からかけちゃうなんてことは…) 

森さん(だめ…お風呂からあがったら…消そう) 

森さん(…………) 

森さん(いや、それもダメか…もしもの場合もありますし…) 




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:47:32.47 ID:RZ5V6ltF0
森さん(電話じゃなくて…直接来たりして…) 

森さん(そしたらまぁ、仕方ないですよね…) 

森さん(邪険にするわけにもいかないし、まあお茶くらいはいいですよね) 

森さん(お腹空かせてるなら…ご飯を一緒に食べて…) 

森さん(暇だったら…一緒にDVDでも見て…そしたら終電終わっちゃって)ニヤ 

森さん(仕方ないから…お風呂に入れてあげて…)ニヤニヤ 

森さん(その日に何故かソファが壊れるから…じゃあそしたら…)グググ… 

森さん(ベッドしかないですよね…)ポ… 

森さん(私は…キョン君を泊めてあげる立場なわけですから…)クスクス 

森さん(当然、お礼になでなでされて然るべきで……)ニヨニヨ 

森さん(……………) 

森さん「………」ザパッ 

森さん「ああっ!もう!」 




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:55:03.09 ID:RZ5V6ltF0
森さん「もう寝ましょう」 

森さん「早寝早起きは美容の基本ですからね!」 

森さん「ラジオでも聞きながら…」カチ 

部屋とワイシャツとわたし♪愛するあなたのため♪まいに 

森さん「うるさい」カチ 

森さん「おやすみなさいっ」ボフ 

『森さん、おやすみ』 

森さん「……おやすみ…キョン君…」 




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 12:59:07.25 ID:RZ5V6ltF0
森さん「…………」 

森さん(……羊が一匹…羊が二匹…) 


『くっ…森さんっ…』 


森さん(キョン君が3人…キョン君が4人…そ、そんな…キョン君が…5人…?) 

森さん「うう」 

森さん「……」モゾ 

森さん「……ん…」モゾモゾ 

森さん「ふっ…くぅ…あ……」 

森さん「んっ…キョンくぅん…はぅ…」 

森さん「………」 

森さん「………」ムクリ 




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:02:19.39 ID:RZ5V6ltF0
ガパァ プシュ 

森さん「んっ…んっ…」ンビンビ 

森さん「ぷはぁ……あー…眠れない…」 

森さん「ダメダメ…これを乗り切らないと…」 

森さん「時間をかけて、少しずつでも…」 

森さん「……」 

森さん「……」プシュ 

森さん「んっ…んっ…」ンビンビ 

森さん「ふぅ……ケフ…」 

森さん「……」 

森さん「……」プシュ 

森さん「んっ…んっ…」ンビンビ… 

森さん「……」 

森さん「……」 

森さん「……グス…」プシュ 




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:04:18.15 ID:RZ5V6ltF0
キョン部屋 


キョン「そろそろ寝るかな…」 

キョン「やれやれ…」 

『おやすみなさい…キョン君』 

キョン「おやすみ…森さん…」ボソ 

キョン「………」ボフッ 

キョン「はぁ……」 

マッカネッマッジェンタリップカラリプカラマッテエィジャ♪ 

キョン「ん?」 

キョン「誰の番号だ…?」 

キョン「もしもし…?」 




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:05:36.02 ID:RZ5V6ltF0
キョン「もしもし?」 

   『………』 

キョン「もしもーし」 

   『…グス……』 

キョン「………」 

   『……ヒック……』 

キョン「…森さんでしょ」 

   『ガタン…ガッ…ぁ…』 

キョン「はぁ…」 

   『………』 




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:07:51.84 ID:RZ5V6ltF0
森さん部屋 


   『どうしたんですか森さん』 

森さん「ぅ…グス…ぁぅ…」 

   『寂しくなっちゃったんですか?』 

森さん「ぅぇ…えぐっ…ふぇっ…」 

   『一日持たんのですか…』 

森さん「えぐっ…ふぇええ~ん…」 

   『仕方ない人だなぁ…』 

森さん「ごめっ…ひぐ、ごめんねぇ…ヒック」メソメソ 




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:14:29.98 ID:RZ5V6ltF0
森さん「えぐっ…ひぐっ…ごめん…どうしても我慢…できなくって…」 

   『笑ってお別れするんじゃなかったんですか?』 

森さん「うう…情けない限りです…」 

   『全く…どうしちゃったんですか?』 

森さん「…一人で…寂しくて…」 

   『はぁ』 

森さん「部屋の中…キョン君がいなくて…いつもと同じなのに…ひっく」 

   『それで?』 

森さん「声だけでも聞きたくってぇえ~…うえ~ん」 

   『泣くこたないでしょう…』 

森さん「ひっく…ひっく…少しだけ…お話させてください…」 

   『いいですよ…俺も何だか寝つけなくって』 




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:37:18.48 ID:RZ5V6ltF0
・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・ 
・・・・ 



   『そしたら古泉が「アッー」って、もう可笑しいやら臭いやらで…』 

森さん「もお、キョン君たら…ふふふ」 

   『そんなこんなな一日でしたよ…』 

森さん「ふふ…元気そうで安心しました」 

   『…大分長電話しちゃいましたね』 

森さん「…そうですね…」 

   『そろそろ、おっと、ここか』 

森さん「?? どうかしましたか?」 

   『いえ、こっちの話です…さて、そろそろお休みしますか』 

森さん「……うん」 

   『あ、そう言えば森さん』 

森さん「はい?」 




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/14(木) 13:39:55.85 ID:RZ5V6ltF0

   『最後の四天王が残ってましたけど…』 

森さん「あっあっあれはそのぉ…キョン君のイジワル!忘れて下さいよぅ…」 

   『もしかしたら今日あたり現れるかもしれないんで、気をつけてくださいね』 

森さん「え?」 

   『それじゃ、お休み…森さん』 

森さん「? あ、はい、お休みなさい…」 

森さん「……?」 


チンポーン チンポーン… 

森さん「!!」 








ミサトさん「おっシンジ君!お隣さんがまたおっぱじめたわよ!」  

                おし まい 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。