スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋「…夏奈、ナプキンを貸してくれ」 夏奈「なんだそれ?」 

カテゴリ:みなみけSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 22:56:02.21 ID:dd1JYaGT0
千秋「…私のはもう無いんだ。だからナプキンを…」 

夏奈「だから、ナプキンってなんだよ」 

千秋「…ああ、すまない、夏奈はタンポン派か」 

夏奈「はぁ?きりたんぽがどうしたって?」 

千秋「…夏奈、すまないが悪ふざけはやめてくれ。今は本当にちょっとやばいんだ」 

夏奈「だから、何のことだよー」 

千秋「夏奈、これ以上とぼけると本気で怒るぞ」 


春香「…千秋、ちょっといいかしら」 

千秋「…なんでしょうか、春香姉さま」 

春香「夏奈はね、まだなの」 

千秋「…そうでしたか」 

夏奈「おい、何の話だよー」
20091700017
 
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 23:18:57.79 ID:dd1JYaGT0
千秋「…すまない、夏奈。私はまだまだ未熟者だ」 

夏奈「だから、何の話だよー」 

春香「夏奈は気にしなくていいのよ」 

夏奈「なんだよ春香まで…まぁいいか」 


夏奈「ってなことがあってだなー」 

ケイコ「ちょ、ちょっと夏奈。学校でそういう話はあんまり…ていうか、本当に知らないの?」 

夏奈「何ぃ?私をバカにするのか!?そうなのか?千秋だけでなくお前まで!このこの!」 

ケイコ「ちょ、ちょっと!髪引っ張らないでよー!」 

藤岡「どうしたの?何の話?」 

夏奈「おお、藤岡。ああ、そうだ、お前に聞こう、ナプキンとかタンポンって何だ?」 

藤岡「ええっ!?(…いきなり何言ってるんだよ、南…教室で女の子が言う話題じゃないだろ、それ!)…い、いやー、俺もよくわからないなぁ、ははは」 

夏奈「ほれみろ、ケイコ!藤岡だって知らないぞ!」 

ケイコ「…そりゃあ、ねぇ…(…知ってても言えないわよねぇ)」 


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 23:22:58.58 ID:dd1JYaGT0
夏奈「まったく…む」ブルル 

ケイコ「どうしたの?」 

夏奈「ああ、、まぁその、あれだ…」ガタッ 

藤岡「どこか行くのか?南?」スッ 

夏奈「ついてくるなよ!」 

藤岡「そ、そんな…俺が何したってんだよ、南!」 

夏奈「何もしてないよ!いいからついてくるなよー」 

藤岡「み、南…な、何か悩みごとがあるなら俺に相談してくれていいんだぞ!」 

ケイコ「…あ、あの藤岡くん、夏奈は多分…」 

夏奈「トイレに行くんだよ!なんだよ、お前も一緒に来るのかよー!」 

藤岡「えええっ!?み、南とトイレ!?(そ、そんな…そんなの早すぎるよ!)」 


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 23:29:56.61 ID:dd1JYaGT0
藤岡「…はっ!?ご、ごめん、南、トイレとは知らず…」 

夏奈「もういいよ、じゃあ私は行ってくるぞ」ガララー 


ジャー 
夏奈「…ふー…まったく、それにしても藤岡のやつ、空気読めないやつだなー」 

夏奈「……あれ?……なんかまだ…残ってるような感じが…」 

ツー 
夏奈「………っ!?お、おおぅ!?こ、これは…!?…股から…いや、まんこから血がっ!?」 



ケイコ「…あ、戻ってきた。…どうしたの夏奈?顔色が悪いけど…?」 

夏奈「…ケイコ…私はもうすぐ、死ぬかもしれない…!」 

ケイコ「…え?」 


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 23:34:53.26 ID:dd1JYaGT0
ケイコ「夏奈、一体何を言って…」 

夏奈「…さっきトイレに行ったんだ…そしたら、なんと…股、いや、まんこから血が…!」 

ケイコ「ちょっと夏奈!大きい声でそんな単語喋っちゃダメだよ!!」 

夏奈「そうか?…まぁ、とにかく、血が出てきたんだ、いやーびっくりだよ。しかし、これはもう私も長くは無いってことかねー」 

ケイコ「…いや、夏奈、それはきっと初k 

リコ「ねぇねぇ!さっき藤岡くんと話してたよね!ね、何の話してたのー?」 

夏奈「おう、藤岡はナプキンとかタンポンって知ってるかー?ってな」 

ケイコ「ちょっと夏奈!?ち、違うの、これは…」 

リコ「…そ、それで…それで、藤岡くんはどっちが好きなの!?」 

ケイコ「…え」 


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 23:43:46.20 ID:dd1JYaGT0
夏奈「どっちが好きか?いや、あいつはどっちも知らないって言ってたぞ」 

リコ「そう、よかったぁ…私タンポン派だから、もし藤岡くんがナプキン好きだったらどうしようかと思ったー。ちょうど今、してるんだけどね」

ケイコ「…それはタンポン好きだったとしても色々問題があると思うけど…」 

夏奈「…ん?その口ぶりだと、お前はナプキンもタンポンも、何のことかって知ってるのか!?」 

リコ「え?何のことかって…小学校で教わったじゃない、ほら女子児童だけ集まって説明を…」 

夏奈「あったかー?………ああー、なんかあった気が…でもあの時、ビデオの途中で寝たっけかな」 

ケイコ「…それで知らないわけね…でも、夏奈ってお姉さんいたじゃない、何も教えてくれないの?」 

夏奈「春香か?…うーん、いや何も…お、藤岡ー」 

藤岡「あ、南、さっきはごめんな」 

夏奈「いやそれよりさー、リコはタンポン派らしいぞー。今、ちょうどしてるとか」 

藤岡「ええええっ!?(と、いうことは、今まんこに挿れてるってことか)」 

リコ「ちょ、ちょっと夏奈!!いきなり何言って…ち、違うの藤岡くん!私まだ膜はあるから!」 

ケイコ「ちょっと何言ってるの!?落ち着いて!!!」 

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/09(土) 23:53:53.42 ID:dd1JYaGT0
藤岡「と、とりあえず俺はもう行くよ!」 


リコ「…行っちゃった、じゃあ私も」 


ケイコ「…ふぅ…なんだか疲れた」 

夏奈「どうしたんだよー、いきなり大声出して」 

ケイコ「元はと言えば夏奈のせいよ!………そういえば、夏奈…ナプキンとかタンポン持ってないんだよね?」 

夏奈「持ってないよー、っていうかなんなんだよそれー、いい加減教えてくれよー」 

ケイコ「…その…血、どうやって止めてるの?」 

夏奈「ん?ああ、とりあえずトイレットペーパーで」 

ケイコ「…ちょっとぱんつ見て見たら?」 

夏奈「何ぃ!?私のぱんつをタダ見するつもりか!?」 

ケイコ「違うわよ!」 


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 00:00:40.93 ID:dd1JYaGT0

ドロ… 
夏奈「………うぉぉ、な、なんだかすごいことになってるぞ…ぱんつが血まみれ…とりあえず、拭かないと」カラカラカラ…フキフキ 

ケイコ「…やっぱり…トイレットペーパーじゃ全然ダメよ」 

夏奈「や、やはり私は死ぬのか?…ま、まだ私は中学生だというのに…!」 

ケイコ「…死なないから落ち着いて…、はいこれ、ナプキン。私の予備よ」 

夏奈「ほうほう、これがナプキン…で、これは何に使うんだ?」 

ケイコ「これを、その…あてるのよ」 

夏奈「あてる?何に?」 

ケイコ「もう、言わせないでよ!まんこよ!!」 

夏奈「わかったよ、そんなに大声出すなよー…まったく、女子トイレだったらまんこって言っていいのかよ」 



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 00:06:06.78 ID:Rl6+hJBO0
ケイコ「と、とにかく、早くあてないと、また血が垂れてきちゃうわよ?」 

夏奈「わかってるよー……これでいいのか?」 

ケイコ「うん、大丈夫だと思うよ」 

夏奈「しかし世の中には便利なものがあるもんだなー…ん?ということは、ケイコ、お前もまさか不治の病を!?」 

ケイコ「無いから。…あのね、夏奈、これはね、初経って言って、女の子は誰でもなるんだよ?」 

夏奈「処刑…!?私は何か罪を犯したのか!?」 

ケイコ「違うわよ!…とりあえず、今日くらいはそれで持つから…後は、家に帰ったら、お姉さんに言えば後はなんとかしてくれると思うわ」 

夏奈「そうか、まぁよくわからんがサンキュー」 

ケイコ「…でもぱんつは汚れたままね」 

夏奈「まぁいいさ。今日くらい血まみれぱんつ穿いたって問題ないって」 

ケイコ「…くれぐれも誰にも見られないようにね?…本当は保健室に行けばいいんだけど…今日に限って先生が居ないんだよねー」 


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 00:12:26.90 ID:Rl6+hJBO0
夏奈「なんならノーパンで過ごしてやってもいいぞー」 

ケイコ「ダメよ!っていうか何言ってるのよ!?」 



夏奈「…と、言うわけだ、春香。ぱんつもこの通りだ」 

千秋「これで夏奈も一人前の女、ということか」 

夏奈「なんだ、千秋、お前もまんこから血が出るのか?」 

千秋「まぁな。タンポン入れるのが怖いからナプキン派だけど…お前なら面白がって入れそうだな」 

夏奈「何ぃ!?また私をバカにするのかー!?」 

千秋「とにかく、今日はお赤飯ですね、春香姉さま…春香姉さま?」 

春香「…うぅ…!」ぐすっ 

千秋「ど、どうしたんですか!?春香姉さま!?」 


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 00:49:23.26 ID:Rl6+hJBO0
春香「…実はね…夏奈のは、初経じゃないの…ガンなの…」 

夏奈「………は?」 

千秋「…春香姉さま?一体何を言って…」 

春香「…夏奈がまだ小さいころ、子宮にガンが出来たの。…放射線療法でなんとかなったんだけど、もしまた出血があったら…その時はって言われてたの」 

夏奈「……ははは、な、何言ってるんだよ、春香…」 

千秋「そ、そうですよ、春香姉さま…こ、こいつが、ガンとか、そんな馬鹿な話…」 

春香「…本当よ…もし再発したら…1年は持たないだろうって…」 

夏奈「………」 

千秋「……か、夏奈…」 


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 00:55:38.43 ID:Rl6+hJBO0
千秋「…あれから部屋に篭りっきりになってしまって…」 

内田「…嘘だよね、そんなの…」 

吉野「…もう一度、治療出来ないの?その…放射線療法ってやつで…」 

春香「…進行したガンにはあまり効果が無いの…あくまで予防なの」 

千秋「…そ、そんな…」 

春香「…夏奈は…もう1年しか生きられないのよ!」タタタッ 

千秋「…春香姉さま…」 



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 01:02:13.18 ID:Rl6+hJBO0
藤岡「…嘘だろ…南が…南がガンだなんて!」 

冬馬「落ち着けよ!…オレだってまだ信じられないよ…けど、本当なんだよ!」 

藤岡「…く…」 

マキ「…それで、夏奈は…」 

千秋「…もう入院してます…春香姉さまは付き添いで…」 

アツコ「…なんとかならないの…?」 

千秋「…なんともならない…なんともならないよ!」 

冬馬「…千秋…」 

藤岡「…すまない、俺は…千秋の気持ちも考えずに、騒いだりして…」 

マキ「…どうして、こんなことに…」 



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 01:13:35.07 ID:Rl6+hJBO0
保坂「…マキ、南春香は今日も休みか?」 

マキ「…うん…ちょっとね」 

保坂「なんだ、話してみろ!」 

マキ「…春香の妹…夏奈ちゃんって言うんだけど、ガンだって…」 

保坂「………そういうことか」 

マキ「…だから、今はなるべくそっとしといてあげて…保坂先輩?」 

保坂「何を言う、マキ。…ガンならば…特効薬でも創ればいいじゃないか」 

マキ「何言ってるんですか!?真面目に…」 

保坂「俺はいたって真面目だ。…南春香の笑顔を取り戻すためならば…この俺に不可能など無い!!!」 


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 01:25:17.88 ID:Rl6+hJBO0
-半年後- 

夏奈「…うぅ…」 

千秋「おい、しっかりしろよ!!」 

春香「夏奈!!」 

夏奈「…ははは、私もここまでみたいだなー…」 

千秋「何言ってるんだよ!?冗談でもそういうこと言うなよ!!」 

夏奈「なんだよー、いつもは私のことバカにしてるくせにー…ははは、はは…」 

春香「…う、うぅ…か、夏奈ぁ…もう、全身に転移しちゃって…治療も、できないの…ごめんね…ごめんね…!」 

夏奈「気にするなよー…くっ…う…ま、あ、二人とも、元気でなー」 

千秋「夏奈!」 

春香「夏奈!!」 




「ちょ、ちょっと!?いきなりなんですか、あなたは…あっ!」 

ガラッ 
保坂「失礼する」 

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 01:26:27.18 ID:Rl6+hJBO0
春香「…保坂くん…?どうしてここに…」 

保坂「それよりもこれを。どうやら間に合ったようだ」 

千秋「…あなたは…いつぞやのカレーの妖精…」 

保坂「今はそんなことはどうでもいい、さぁ早く」 

春香「これ何かしら…」 

保坂「…ガンの特効薬だ」 

千秋「…っ!?…そ、そんなバカな…」 

春香「う、嘘よ…そんな、だってガンの特効薬なんて…そんなものあるはず…」 

保坂「俺が創った。半年掛かったが…ちょうど、一回分だ」 

春香「で、でも…ガンの特効薬なんて、すごい発明じゃない…もっと後の世のために…」 

保坂「…南春香、君の笑顔が無い後の世など、意味が無い」 

春香「…ありがとう。…夏奈、これ、飲んで頂戴」 

夏奈「ん?おおー………うげぇ、苦いぞこれ」 

千秋「こ、これで本当に治るんだろうな!?」 

保坂「はっはっは。当然だ」 


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 01:29:53.03 ID:Rl6+hJBO0
-半年後- 
夏奈「いやー、一時はどうなることかと思ったぜー」 

春香「でもよかったわ…こうやって退院出来たんだもの」 

千秋「カレーの妖精のおかげですね」 

夏奈「そういえば、そのカレーの妖精とやらはどうしたんだ?」 

マキ「…今、アメリカの大学に居るわよ。…次のノーベル賞確実とか言われてるわ」 

内田「すごい人だったんですねー」 

マコちゃん「な、なんて男らしい人なんだ…!俺もいつかあんな人に」 

吉野「マコちゃんは女の子なのに男の子を目指すのー?」 

マコちゃん「っ!い、いや違いますです、はい」 

藤岡「でもよかったよ、南…俺、南が死んじゃうって知らされた時、ショックだったよ…」 

夏奈「いやー、私もだよー………む!………ああ、これはもしかして…」 

千秋「どうしたんだよ」 

夏奈「…いや、何、そういえば私はまだだったなーってさ…さて、千秋」 


夏奈「ナプキン貸してくれ」 
                                                     -完- 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。