スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「プロデューサー、かなさんどー♪」 

カテゴリ:アイマスSS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/20(火) 23:12:43.45ID:RW8dTI4s0
P「俺もかなさんどーだよ、響」 

響「それじゃ足りないさー! もっともっと言って欲しいぞ!」 

P「ああ……好きだよ響。お前だけを愛してる。これからもずっと一緒にいような」 

響「もっちろんさー! 永遠に離れないからなー!」 

P「安心しろ。離れたいって言っても離さない」 

響「……えへへ~」 



律子「……ここ、事務所なんですけど。人目とか気にしないんでしょうか、あの二人は」 

小鳥「うう……あんな、これみよがしにイチャイチャしなくても……」 

4ee971bb-s
人気ブログランキング


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/20(火) 23:19:22.50ID:RW8dTI4s0
P「事務所のみんなは俺達の関係を知ってるし、いいじゃないですか」 

小鳥「そういう問題じゃないんです! 私だってまだ独身なのに……」 

響「ぴよ子、嫉妬は見苦しいぞー」 

小鳥「じゃあせめて事務所ではイチャイチャしないで!」 

響「だって。どうする、プロデューサー」 

P「無理」 

響「だよね~」 

律子「開き直ってるし……」 

小鳥「だ、だって、人前ではそういう行為は控えるのが常識ですよ!」 

P「常識などというチンケな枠では、俺のほとばしる響かなさんどーオーラは抑え込めません」 

響「も、もう、プロデューサーったら……恥ずかしいぞ!」 

律子「見てて恥ずかしいのはこっちなんだけどね」 




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/20(火) 23:25:08.79ID:RW8dTI4s0
P「音無さんも恋人ができればこうなりますよ」 

小鳥「それができれば苦労しません……ぐすっ」 

P「そうですか? 音無さん美人だし、黙ってても男は寄ってくると思いますけど」 

響「こらー! プロデューサー!」 

P「な、なんだよ……」 

響「いくらぴよ子が哀れだからって、自分の前で他の女を美人なんて言わないでほしいさ!」 

P「おいおい、それはしょうがないだろ。そうでも言わないと音無さん夢も希望もないんだから」 

響「それでもダメなんだ!」 

P「……わ、わかった。悪かったよ」 

響「ふんっ!」 

律子「……小鳥さん、ボロクソに言われてますけど……生きてます?」 

小鳥「無理。もう死んじゃう」 




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/20(火) 23:34:43.81ID:RW8dTI4s0
響「さっきのはホントに大罪なんだぞ! ただ謝るだけじゃ許さないさー!」 

P「ど、どうすれば許してくれるんだよ……」 

響「……どーしよっかなー? 針千本でも飲んでもらおうかなぁ」 

P「ほ、ほんとに勘弁してくれ……」 

響「あっ、そうだ! いいこと思いついた」ニヤァ 

P「うわぁ、それ絶対いいことじゃないだろ……」 

響「へへっ。じゃあプロデューサー、腕相撲するぞ!」 

P「……腕相撲?」 

響「そ。プロデューサーが勝ったら許してやる!」 

P「おお、そんなことでいいのか。って、俺が負けたらどうするんだ?」 

響「その時は自分の言うこと、なんでも聞いてもらうぞ!」 

律子「へぇ。ちょっと面白い展開になってきましたよ、音無さん」 

小鳥「死ぬ……」 

律子「あ、ダメだわこの人。思った以上に他人のイチャイチャに耐性無いみたい」 




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/20(火) 23:44:48.86ID:RW8dTI4s0
P「それ、『なんでも』にも限界があるんだよな。できれば先に要望を聞いておきたいんだけど」 

響「先に!? う、う~ん……ちょ、ちょっと考えていいか?」 

P「お前、考えてないのにそういうルールにしたのか……」 

響「う、うるさいなー。たまには自分がプロデューサーの上になりたかったんさ!」 

小鳥「ハッ! 『たまには上になりたい』……ですって!?」 

律子「立場の話ですよ、立場の。復活したと思ったらそんな話にしか食いつかないんですか」 

響「え~と……律子にぴよ子、何かいい案ないか?」 

律子「そして私たちにまさかのキラーパス!」 

小鳥「カップルがイチャイチャするネタを考えろなんて、私にとっては拷問そのものなんだけど……」 

響「そう言わないで、手伝ってくれたらぴよ子がいい人探すのも手伝ってあげるさー」 

小鳥「じゃあプロデューサーさんちょうだい」 

響「ダメ」 

小鳥「ケチ」 

律子「子供かあんたは」 




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/20(火) 23:52:51.63ID:RW8dTI4s0
小鳥「そうねぇ。カップルなんだから『キスして』とか?」 

響「きっ、ききききキスぅ!? そ、そんなの……ダメだぞ!」 

小鳥「あら、どうして?」 

響「だって……ここ事務所だぞ! 人が見てる前で、きっ、キスなんてできないさー!」 

律子「今更それ言うの?」 

P「口を挟ませてもらうと、俺はそれでもいいぞー」 

響「!?」 

小鳥「はい、決まり。プロデューサーさんが勝ったらさっきのは許す。負けたらキスね」 

響「え、ええぇぇぇ!?」 

小鳥「言っておくけど、手加減したら明日から事務所に入れないわよ?」 

響「うぎゃあああああ! そ、そんなのひどいぞ!?」 

律子「急にイキイキしてきましたね、音無さん……」 

小鳥「見てて落ち込むくらいなら、いっそイジる側に回ろうと思って」 

律子「なるほど」 







20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:00:17.80ID:TLq5xuT40
P「心配しなくてもどうせ俺が勝つって。まあ見てな」 

響「うう……じ、自分、一応全力でやるからな? プロデューサーも全力でやってほしいぞ」 

P「分かった分かった。じゃあ開始の合図は……律子に頼もう」 

律子「そうやって地味に巻き込むの、やめてもらえません?」 

P「そこはほら、同じプロデューサーのよしみってことで」 

律子「はぁ……しょうがないですねぇ」 

P「テーブルはこれ使うか。よっと」 

響「……勝っちゃったらどうするんさ、自分……」 

ギュッ... 

P「お……響の手、柔らかいな」 

響「ぷ、プロデューサーの手はあったかいぞ」 

律子「はいはーい、そういうのいいですから。始めますよー」 




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:05:11.36ID:TLq5xuT40
律子「レディ~……ゴー!!」 


バンッ!! 


P「…………え」 

響「あ……勝っちゃったぞ」 

律子「ええ、誰が見ようと響の勝ち。秒殺だったわね」 

響「プロデューサー! だ、だから全力でやれって言ったじゃないかぁ!」 

P「いや、俺は最初から本気だったんだけど。お前めちゃくちゃ強いんだな……」 

小鳥「ほらキース! キース! キース! キース!」 

響「うぐぐ……」 

律子「音無さん、精神年齢が中学生レベルになってますって」 

小鳥「ふふ。子供の心を失わないって大事なことですよ?」 

律子「……そうなんですけど、あなたが言うとガッカリです」 




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:10:11.12ID:TLq5xuT40
P「ほら響、こっちおいで」 

響「え…………」 

P「キスしよう。というかここまで来ると、俺もお前とキスしたい」 

響「~~~~っ!?」 

P「……それに、初めてってわけでもないしさ。えーと、3回目か?」 

響「違う! 5回目だぞ!」 

P「……よく覚えてるな」 

響「う……だ、だって……」 

小鳥「むっつり響ちゃんか……アリね」 

響「じ、自分むっつりなんかじゃないさー!」 

小鳥「はいはい。いいからプロデューサーさんのとこに行ってらっしゃい」 

響「……あ、後で覚えてろよ、ぴよ子!」 




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:17:31.98ID:TLq5xuT40
P「ソファでいいよな? 立ってすると落ち着かないし……」 

響「……そういえば今までのって、全部座ってやってたような気がするぞ」 

P「そうだっけ?」 

響「た、たぶん……そ、それじゃあ、失礼するさー……」 


ポフッ 


P「えっ」 

響「……ど、どうかした?」 

P「さすがに人前だし俺の隣に座ると思ってたら、いつも通りの対面座位だった……」 

響「隣だと……キ、キスしづらいじゃないか。首も痛くなるし」 

P「……まあ、なんでもいいですけれど」 




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:24:23.47ID:TLq5xuT40
響「かなさんどー……んっ……」 

P「ん…………」 

ちゅ......ぷちゅ、ちゅぷっ...... 


小鳥「り、律子さん。言い出した私が言うのも何ですけど、二人ともホントに……」ヒソヒソ 

律子「………………」ジィッ 

小鳥(あれ、真剣に見てる。律子さん、そういうのに興味なさそうな顔して実は……) 

律子「………………」パシャッ 

小鳥(写真撮ってる!?) 




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:33:44.57ID:TLq5xuT40
響「…………ぷは! い、息が……」 

P「ふぅ……ってお前、今まで息止めてたのか。鼻で息すればいいのに」 

響「……鼻息がプロデューサーにかかるの、なんかイヤなんさ……」 

P「そんなの気にしないって。それでキスの時間が短くなる方が困る」 

響「ま……またそんな恥ずかしいこと、平気で言うし……」 

P「もう一回するか?」 

響「……ぷ、プロデューサーがどうしてもって言うなら、してもいいぞ?」 

P「ああ。どうしても、したい」 

響「しょ……しょうがないヤツだなぁ、プロデューサーは」ニヤニヤ 



小鳥「いいですか律子さん。アレができる男です」 

律子「え?」 

小鳥「『別に俺はそうでもない』と言っておねだりを強要するのはダメ男です。空気がブチ壊しになりますから」 

律子「べ、別に私はそんなの、興味ないですから」 

小鳥「……ふ~ん」 




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:44:04.90ID:TLq5xuT40
2時間後――― 


ガチャッ 

美希「ただいまなの!」 

小鳥「おかえりなさい、美希ちゃん」 

律子「おかえり。今日のダンスレッスン、どうだった?」 

美希「うん! トレーナーの教え方が上手で、すっごく楽しかったの!」 

律子「それは良かったわ。トレーナーとソリが合わなかったら、またプロデューサーにお願いしないといけないから」 

美希「ミキ、前みたいにハニーが見てくれるなら大歓迎だよ?」 

律子「美希がよくてもプロデューサーがダメなの。プロデューサーは忙しいんだから」 

美希「む~。ハニーもたまには、響だけじゃなくてミキのことも見てほしいって思うな」 

律子「そのハニーって呼ぶのもやめなさいって言ったでしょ。プロデューサーには恋人がいるんだから」 

美希「まだ奪い取るチャンスはあるの!」 

律子「それ、本気で言ってたら怒るわよ」 

美希「……じょ、冗談なの。だから怒らないで、ね?」 




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:50:02.70ID:TLq5xuT40
美希「それで、ハニ……プロデューサーはどこ行ったの?」 

律子「さっきまでそこで響とイチャイチャしてたんだけど、仕事が終わったからって一緒に帰ったところよ」 

美希「……いちゃいちゃ?」 

律子「写真、見る?」 

美希「い、いいの……ミキ、そんなの見たら嫉妬で死んじゃうもん……」 


ピロリン♪ 


美希「あっ、メール来たの」 

律子「その写真、送っといたわ」 

美希「なんで!?」 

律子「だって美希、全然プロデューサーのこと諦めきれてないじゃない。それ見たらいい加減諦めもつくでしょ」 

美希「み、見ない! 見たくないの!」 

律子「見たくないならメール開かずに削除しなさい。要はあんた次第ってこと」 




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:57:20.25ID:TLq5xuT40
美希「削除、削除、削除……!」 

カチカチカチ... 

美希「あ、このメールなの……えっと『削除』っと」 


ピッ 

『未読メールを本当に削除しますか?』 


美希「………………」 

美希「…………」 

美希「……」 


ピッ ピッ 


美希「う゛わ゛あ゛あ゛ああぁぁぁぁぁ!!」 

律子「まあ、あんたなら絶対開くと思ったわ。だって気になってしょうがないでしょ」 

美希「ハニーが、ハニーがあ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁぁ!!」 





38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:05:53.62ID:TLq5xuT40
小鳥「律子さんが真剣にキスシーンを見てたのは、これに使うためだったんですね」 

律子「ええ。言葉ではなく行動でイチャイチャする二人は珍しかったので、いい機会かもと思いまして」 

美希「もう死にたい」 

小鳥「美希ちゃん……ようこそこちらの世界へ」 

律子「未成年を引き込まないでください。美希にはまだまだ可能性がありますよ」 

小鳥「わ、私には可能性が無いとでも言うんですか!?」 

律子「色恋沙汰に疎い私が言うのも何ですけど、今の小鳥さんはただの色ボケしたアラサーですからね……」 

小鳥「がふっ……!」 

律子「美希も、新しくいい人を見つけなさい。いつも自分の魅力ならどうこうって言ってるし、引く手あまたなんでしょ?」 

美希「そんなの上っ面だけだもん。ハニーみたいに、ミキの中身まで見てくれる人なんて他にいないの……」 

律子「……高校や大学で、また新しい出会いもあるでしょうし。誰か素敵な人が現れるわよ、きっと」 





42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:15:31.06ID:TLq5xuT40
【スーパー】 


響「プロデューサー、今日は何食べたい?」 

P「響が食べたい」 

響「……そ、それは夕食もお風呂も終わった後の話だろ!」 

P「すまん。カレーがいい」 

響「か、カレーだな。カレー粉は余ってたし……調味料もあるから、野菜だけ買ってくさー」 

P「最近太ってきたから、量は少なめで頼む」 

響「……そういえば、初めて会った頃より大きくなった?」 

P「一人でテキトーに食べてた頃は痩せてたんだけど、響がご飯を作ってくれるようになったからな……」 

響「じ、自分のせいなのか!?」 

P「ああ。響のご飯が美味すぎるのが悪い。いくらでも食べれるからな」 

響「え……そ、そうか? じゃあ今日も張り切って作っちゃうぞ!」 

P「だから、それを減らしてくれっていうお願いなんだけどね……」 




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:23:49.71ID:TLq5xuT40
【Pの家】 


P「ごちそうさまでした」 

響「お粗末様さー。少なめによそったのに、結局おかわりまでしてたぞ……」 

P「もう俺、完全に胃袋掴まれてるよな」 

響「へへっ。これでもう浮気はできないさー」 

P「そうでなくてもしないけどな」 

響「わからないぞー? 男は誘われると簡単に流されるって母さんも言ってたさー!」 

P「しないから」グイッ 

バタンッ... 


響「え……ぷ、プロデューサー? な、なんで押し倒して……」 

P「浮気なんて絶対しない。俺がどれだけ響を好きか、証明してやる」 

響「いっ、いまはダメだって……自分、お風呂入ってないから汗臭いし……」 

P「それがいいんじゃないか」 

響「!? へ、ヘンタイ! ヘンタイプロデューサー!」 




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:30:15.94ID:TLq5xuT40
P「そんなことを言うのはこの口か」 

響「んんっ……!?」 

響(ま、またキスされ……あ、カレーの味) 


ちゅぱっ......ちゅっ、ちゅうっ...... 


響(プロデューサーのキス、気持ちいい……) 

P「…………あ」 

響「ん……?」 

P「しまった。ゴム切れてるの忘れてた」 

響「えっ……」 

P「この間シた時、凄く使ったからな……すまん。襲っといてなんなんだけど、今日はやめとくか」 

響「ええっ!?」 




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:35:56.42ID:TLq5xuT40
響「やだ」 

P「…………え」 

響「こんな気分にさせといて、ここでやめるなんて絶対イヤだぞ」 

P「いや、ゴムがね」 

響「………………」ジー 

P「……おい、まさか」 

響「そのまさかっ♪」 

ドンッ 

バタンッ! 

響「攻守交替っ。へへ、文字通り『自分が上になった』ぞ?」 

P「いや、いやいや待てって! 生はまずい、生は!」 

響「ちゃんと直前で抜けば大丈夫さー」 

P「この体勢で直前に抜くのは物理的に無理だろ!」 




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:45:52.33ID:TLq5xuT40
響「じゃあ、出そうになったら言ってよ。抜いてあげるから」 

P「ほ、ホントだな?」 

響「沖縄人、嘘つかないさー」 

P「その発言がもはや嘘くさい……」 

響「じゃあ……挿れる、ぞ?」 

P「え。こう、いつもみたいに愛撫的な何かは……?」 

響「………………」 

トロッ... 

P「な……なんでそんな濡れてるんだ!?」 

響「だって……1日に2回もキスして、ガマンできるわけないさー……」 

P「……もしかして、襲われるの期待してた?」 

響「…………ちょっとだけ。えっちな女で、ごめん……」 

P「謝るなよ。その方が俺は嬉しい」 

響「ほんとか? へへっ……」 




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:56:37.63ID:TLq5xuT40
半年後――― 


響「はいさーい! 久しぶり、みんな!」 

春香「えっ、響ちゃん!?」 

美希「響、もう歩いて大丈夫なの?」 

P「医者の話だと安定期に入ったとか。むしろまったく動かない方がまずいらしい」 

律子「へぇ~、もうこんなにお腹が大きくなるものなんですね」 

貴音「これは面妖な……」 



小鳥「それにしても、まさかあの日に一発当たるとは思わなかったでしょう?」ヒソヒソ 

P「一発とか言わないでください……だからまだ独身なんですよ」ヒソヒソ 

小鳥「う……そ、それにしても、避妊はしなかったんですか?」ヒソヒソ 

P「ゴム切れてたんですよ。で、騎乗位だったんですけど、抜いてくれって言ったのに喘ぎ声で聞こえてなくて」ヒソヒソ 

小鳥「あらら……もう事故だと割り切るしかないですね」ヒソヒソ 






65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:05:27.34ID:TLq5xuT40
律子「プロデューサー、もう結婚も考えてるんですよね?」 

春香「ええっ!? そうなんですか?」 

P「まあな。響も結婚できる歳だし、なにより責任取るっていうのは態度でも示さないと」 

響「自分、気にしないって言ったんだ。でもこの人が結婚するって聞かなくて」 

P「実際に結婚するのは、子供が産まれて落ち着いてからだけどな」 

美希「さっすがハニ……プロデューサーなの! でも、学校はどうするの?」 

響「自分、学校はもともと沖縄だし、休学中だから影響ないんだ。それに、何年かしたらまたアイドルやるつもりだぞ!」 

P「アイドルに関しては、前例がほとんど無いから厳しいところだけど……」 

春香「でも子供産んでからもアイドル続けていけたら、歴史に残るかもしれませんね!」 




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:17:02.32ID:TLq5xuT40
小鳥「ちなみにプロデューサーさんは、お子さんは何人くらい欲しいんですか?」 

P「今のところ、男の子と女の子が1人ずつ欲しいです」 

美希「ミキ、どうせなら10人くらいパパッと作っちゃえばいって思うな! それで、みんなアイドルにするの!」 

P「お前は第二の765プロでも作れと?」 

響「それも楽しそうだけど、プロデューサーの体がもたないと思うぞ……」 

律子「がんばってくださいね、お父さん」 

P「……響が作りたいっていうなら頑張るけど」 

響「へへ……これから色々大変だけど、愛があれば何でも乗り越えられるさー!」 

P「それは間違いない。響、かなさんどー!」 

響「プロデューサー、かなさんどー♪」 



終わり。 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。