スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「『可愛いな』で、皆の反応を見てみよう」 

カテゴリ:アイマスSS

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 16:55:46.75 ID:wSOLhvIk0

P「春香は可愛いな」

春香「え……」

P「いや、だから可愛いなと」

春香「あ……や、やだなープロデューサーさんってば///」

P「……」

春香「じょ、冗談が上手いんですからもー///」

P「いや、冗談なんかじゃないぞ。春香可愛い」

春香「……ありがとう、ございます……///」
imas07
人気ブログランキング


以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:00:25.38 ID:wSOLhvIk0

P「千早は可愛いな」

千早「そうでしょうか?」

P「あぁ、可愛いと思うぞ」

千早「そうですか……今まで言われたことがあまり無い言葉ですから、変な感じですね」

P「嫌だったか?」

千早「いえ、嬉しいです。ありがとうございます、プロデューサー」



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:04:38.68 ID:wSOLhvIk0

P「音無さんって、可愛いですよね」

小鳥「……」

P「?」

小鳥「…………はっ、すみません。あまりに突拍子だったものですからつい……」

小鳥「あまりお姉さんをからかうものじゃありませんっ」

P「からかってなんかいないですよ、可愛いです」

小鳥「そういうことはアイドル達に言ってあげるべきであってですね……」

P「音無さん超可愛い」

小鳥「……えっと……」

P「……駄目、ですか……」

小鳥「ほ、本気にしますよ?」




13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:07:45.57 ID:5PvrZcy60

やっぱ小鳥さんやな



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:10:24.79 ID:wSOLhvIk0

P「亜美は可愛いよなぁ」

亜美「おやおや→? この美少女亜美ちゃんの魅力にメロメロですかな→?」

P「おう、メロメロだ」

亜美「具体的にはどの辺りが?」

P「全部だ。俺の心は亜美で一杯だよ」

亜美「ぐふふ→♪ 棒読みなのが気になるけど、兄ちゃんに褒められて悪い気はしませんな♪」

亜美「あ→亜美の魅力を引き出してくれるような新曲はどこかにないっかな→♪」

亜美「あったらもっとメロメロにしてあげられるのにな→♪」



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:18:23.09 ID:wSOLhvIk0

P「真美、ちょっといいか」キリッ

真美「な、何かな兄ちゃん……?」

P「俺な、思ってた事があるんだよ。真美って可愛い過ぎるんだ」

真美「あ……え」

P「だから、この真美の魅力をもっと広めたい。その為に俺は、プロデューサーとして全力を尽くしたいんだ」

P「俺はまだまだ未熟だけど……これからもよろしく、真美」

真美「に、兄ちゃん……あの……!///」

P「なんだ?」

真美「……兄ちゃんはすごく頑張ってる……真美も、兄ちゃんみたいに頑張るから……だから……」

真美「…………真美からも……よろしくお願いします、プロデューサー!」

P「よろしく。一緒にトップ、目指そうな」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:22:18.90 ID:wSOLhvIk0

P「律子可愛いよな」

律子「はいはい……」

P「アイドルやってくれたら俺頑張っちゃうのになー」

律子「お断りです」

P「……まぁ、アイドル云々は置いといて、律子は超可愛い」

律子「お褒めに預かり光栄です」

P「反応薄すぎて辛い」

律子「……はぁ」

律子「ありがとうございます。女として、嬉しく思いますよ」

律子「これでいいですか?」

P「お、おう」

律子「はい、分かったら早く仕事に向かってください」

律子「私じゃなくて、アイドルを可愛くさせるのが、プロデューサーの仕事じゃないですか」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:23:47.87 ID:wSOLhvIk0

P「真は……可愛いよなぁ」

真「ホントですか!? どの辺りですか!? 出来ればその路線でボクをプロデュースしてくれませんか!?」ユサユサユサユサ

P「あうあうあうあうあ」ガクガクガクガク

真「さぁ!? さぁさぁ!?」

P「そそそその元気で明るい所と、褒められて笑顔満開になるところ」

真「ぃよしっ!!!」

P「言っておくけど、冗談じゃないからな」

真「はいっ、ありがとうございます!」

P「次の企画も王子物だけどな」

真「がーん!!!???」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:31:42.69 ID:wSOLhvIk0

P「あずささん、可愛いですよね」

あずさ「あらあら、ありがとうございます」

あずさ「この年で可愛いって言われるなんて……嬉しいですね」

P「そうでしょうか? 年齢なんて関係ないですよ、可愛いです」

あずさ「それはどう捉えればいいんでしょうかー……?」

P「そのままの意味で構いませんよ、俺はあずささんを可愛いと思います」

あずさ「それだけですか?」

P「はい、それだけです」

あずさ「あらあら……ふふ、残念♪」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:36:39.73 ID:wSOLhvIk0

P「伊織って可愛いな」

伊織「当然ね。そんな今更なこと言われても、別に嬉しくないけど」

P「とっくに聞き飽きてるよな、こんな言葉。悪かった」

伊織「な、何よ、別に嫌なんて言ってないでしょ」

伊織「むしろ……嬉しいくらいなんだから」

P「可愛い。超可愛い。どうしたらいい?」

伊織「言えとも言ってない! 目が変態っぽい!」

P「もっと苛めてくれ……もっと、もっと」

伊織「いやぁぁぁっ!!!!」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:44:15.40 ID:wSOLhvIk0

P「響は可愛いな」

響「そうだぞ! 自分は可愛い!」

P「可愛いし、歌も上手いし、ダンスも踊れるし、可愛いし」

響「今日のプロデューサーは、褒めて伸ばすタイプなんだな!」

P「何言ってるんだ、事実を述べているだけだぞ?」

響「いやー、分かってはいたけど改めて言われると照れるぞ……///」

P「可愛いな」ズイッ

響「か、顔が近いぞプロデューサー!」

P「なんでだ? その可愛い顔をもっと見せておくれ」

響「そ……それは、別にいいけど……///」

P「……やっぱ、響は可愛いよ」ポン

響「へっ……?///」

響「か、からかったなプロデューサー! このー!!!」プンスカ

P「悪い悪い。でも可愛いのは本当だからな」

響「可愛い可愛い言うな! そんなに連呼されたら恥ずかしいぞ!」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:49:20.35 ID:wSOLhvIk0

P「美希可愛いよな」

美希「ハニー、どうしたの? そんなこと言うなんて……まさか」

P「なんてったってアイドルとして、センスが桁違いだ」

P「客を引き付ける、圧倒的なモノを持ってるんだ」

美希「ふーん……ミキには、よくわかんないけど」

P「間違いない、美希はトップアイドルになる」

美希「……ハニーは、美希をアイドルとして見てるんだね」

P「? だって実際アイドルやってるじゃないか」

美希「………つまんないの」バフッ

P「おい美希、もうすぐ出発だぞ」

美希「ちょっと寝るだけなの」モゴモゴ

P「………美希の寝顔、可愛いから好きだけどな、俺は」

美希「……」



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:54:43.72 ID:wSOLhvIk0

P「貴音は可愛いな」

貴音「そうでしょうか?」

P「あぁ、間違いない」

貴音「そうなのですか……」

P「……何か変なことを言ったか?」

貴音「いえ、嬉しくもあり……同時に、物悲しいのです」

P「悲しいって……なんでだ?」

貴音「……わたくしの胸の内に留めておきます……お気になさらぬよう……」

貴音「ですが、『可愛い』と言って頂けたことには感謝致します」

P「……」

貴音「それでは……」



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 17:59:25.72 ID:wSOLhvIk0

P「杏ー可愛いぞー」

杏「ありがと帰っていい?」

P「ダメに決まってんだろ」

杏「……ケチ」





41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 18:00:13.26 ID:wSOLhvIk0

P「やよい、お疲れのハイタッチだ」

やよい「ハイ、ターッチ! イェイ!」

P「あぁ……やっぱりやよいはマジ天使だわ……」

やよい「天使?」

P「心が洗われるよ。本当に、やよいは可愛いんだ」

やよい「えへへー、ありがとーございます!」

やよい「プロデューサーも、かっこいいですよ!」

P「うっ……!」

やよい「プロデューサー?」

P「ダメだ……この眼差しが……大人の穢れきった心に突き刺さる……!」

P「やっぱり、俺みたいな穢れた人間じゃダメなんだ……やよいを幸せにしてやることは……俺には……!」

やよい「ぷ、プロデューサー!? 具合でも悪いんですか!? た、大変ですー! 救急車、救急車を呼ばないとー!!!」

P「ごめん……ごめんやよい……ぐすっ……ひんっ……!」



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 18:58:02.49 ID:wSOLhvIk0

春香「……///」

千早「春香」

春香「は、はいっ!?」

千早「……何を驚いているの?」

春香「ち、千早ちゃんか……びっくりさせないでよ……」

千早「別に驚かせたつもりはないのだけれど……」

千早「失礼だけど、レッスンにあまり身が入らないように見えたわ」

春香「あ、あは、あはは……ごめん」

千早「何かあったの?」

春香「な、なんでもないよ?」

律子「……プロデューサー」

春香「はうっ!!!???///」ビックゥッ!

律子「……みたいね、原因は」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 19:01:42.78 ID:wSOLhvIk0

千早「どういうことですか?」

律子「あなたも言われたんじゃない? 告白じみた何かを」

千早「あぁ……そういえば可愛いとかなんとか」

春香「……え?」

律子「あの人は……まったく……!」

千早「……それで、春香が……なるほど」

春香「い、言われてないよ? もし言われたら勘違いしちゃうかもしれないけど、言われてないからね!?」

律子「はいはい。捕まえるわよ、どうせまた誰か口説いてるんだろうし」



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 19:07:47.02 ID:wSOLhvIk0

―――――


伊織「次のターゲットは雪歩ね……」

亜美「とゆ→か最後じゃない?」

律子「……なんでこんなにこそこそ隠れてるの?」

真「なんというか……雪歩にはどういう事を言うのかなって気になって……」

小鳥「せ、せめて聞いてから行きましょう? ね?」

律子「結構です。ほら、止めますよ」

あずさ「まぁまぁまぁまぁ~……おさえておさえて」



P「お疲れ、雪歩」

雪歩「は、はい、ありがとうございます」

P「次の収録がすぐに入ってる。ごめんな、休む暇も作れなくて」

雪歩「大丈夫です。お仕事、楽しいですから」

P「雪歩……立派になったもんだよ」

雪歩「そ、それはその、プロデューサーの……おかげだから……///」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 19:12:46.03 ID:wSOLhvIk0

――――――


春香(雪歩……)

真「な、中々言い出さないね」

伊織「そうね、私の時は唐突だったわよ」

やよい「でも……お二人共、すっごく良い感じです……」

真美「そんなこと……ないよ……ない」

春香「うんうん、ないない……!」


P「……」

雪歩「プロデューサーが、私を変えてくれたんです……だから、ありがとうございます」

P「……可愛い」ボソッ

雪歩「…………ぇ?///」


亜美「ありゃ、ゆきぴょん固まった」

真「どうしたのかな?」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 19:17:19.34 ID:wSOLhvIk0

P「やっぱりそうだ。初めて見た時から思ってたけど」ボソ

雪歩「ふぇ……? ふえぇ?///」

P「俺幸せだな。こんな可愛い子のプロデューサーだなんて」ボソボソ

雪歩「ぁ……いえ、そ、え、かわ?///」

P「いや、駄目だ駄目だ。俺はプロデューサーだぞ、一体何を考えている」ボソボソ

雪歩「ご、ごめん、な、さ……!」ブワッ


亜美「ゆきぴょん、泣いてる……!?」

真「な、なんで?」

律子「ちょ、ちょっと、これ絶対変です! 止めましょう! 早く!」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 19:23:45.25 ID:wSOLhvIk0

P「雪歩、次のスタジオへ行こう」

雪歩「はぇっ!?」

P「どうした?」

雪歩「……な、なんでもないです、行きましょう」

P「お、雪歩が前を歩くなんて珍しいな」

雪歩(さっきのは……白昼夢、間違いない)

雪歩(プロデューサーが私を……なんて、絶対ない……有り得ないよ)

雪歩(疲れてるのかな……でも、プロデューサーが苦労して取って来てくれた仕事を休むなんて、出来ない……!)


真「元に戻った……」

響「むしろ勇ましいぞ……」

律子「何だったのかしら?」

千早「さぁ……」

貴音「……」



81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 19:28:48.00 ID:wSOLhvIk0

律子「まぁ、しょうがないわね。探偵ごっこはここまで」

律子「プロデューサーには、あとで私が話をしておくから」

亜美「つまんな→い」

真美「そ、そうだよ! ここまで来たら真実を……!」

律子「仕事をサボるの?」

真美「……そう、だよね。サボったらトップアイドル、なれないし」

亜美「あ→ちょっと真美ってば→!」

律子「亜美は午後からみっちりスケジュール詰まってるわよ」ガシッ

亜美「げ」

律子「空き時間はレッスンに充てるから、さっさと準備!」

亜美「へ→い……」

亜美(……真美……)








別ID


169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:04:41.13 ID:R1a7QJY80

春香「・・・皆言われた?」

千早「くっ」

美希「美希だけじゃなかったんだ・・・」

真「乙女心を弄んだ罪は重い」

伊織「粛清が必要ね・・・」

響「でも、どうやって?」



171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:08:38.76 ID:R1a7QJY80

あずさ「皆何であんなに怒っているんでしょうか?」

律子「可愛いって言われたよりも、それが他の皆にも言われていたって事実に腹を立ててるように見えるわね」

やよい「? どう言う事ですか?」

律子「ん~やよいは気にしないでいいのよ」

貴音「律子嬢は怒っていないのですか?」

律子「いや、別に私は・・・その・・・」

あずさ「?」



176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:32:18.37 ID:R1a7QJY80

律子「にしても、褒めるにしてもタチが悪いですよ! なんとか辞めさせないといけないとは思いますね」

あずさ「そうですか・・・」

律子「な、何で残念そうなんですか」

あずさ「律子さんは可愛いって言われて嬉しくありませんでしたか?」

律子「・・・嬉しくない訳無いじゃないですか。私だって一応女の子なんですから」



178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:39:35.41 ID:R1a7QJY80

律子「あー何だか腹が立ってきた。あんた達、私も入れなさい! 会議室使うわよ!」

あずさ「あらあら~」

貴音「難儀な事ですね・・・」



183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:51:25.06 ID:R1a7QJY80

数時間後

真「・・・成程」

美希「でも、それで効果があるとは思えないの」

春香「ていうかそもそも根本的解決になるのかな?」

律子「発案者の真美は、どう思う?」

真美「いや、私の案が通るとは思わなかったんだけど」

伊織「な、なによそれ・・・」

響「あ、あまり気が進まないぞ」

春香「よし、結構は明日ですね!」

千早「何でそんなにノリノリなの?」



186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:59:51.33 ID:R1a7QJY80

翌日

P「ふう~」

春香「あ」

P「おぉ春香、きょうも」

千早「は、春香! 今日も可愛いわね!」

P「!?」



187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:01:41.56 ID:R1a7QJY80

P「は、春香」

千早「春香可愛い超可愛い! 世界一可愛いすっごい可愛い!」

P「そ、それを言うなら千早も」

春香「千早ちゃんも可愛いよすんごい可愛い銀河一可愛い!」

P「」



189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:08:59.15 ID:TPuUXfU00

P「は、春香」

春香「なんですか?」

P「今日の営業の話だけど、11時に現地向かうからそれまでフリーでレッスンしててくれ」

春香「はい解りました!」

P「千早は今日丸一日レッスンだったな、しっかりやれよ」

千早「勿論です」

スタスタ

P「・・・あれ?」



191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:14:24.60 ID:TPuUXfU00

P「お、真~今日も」

雪歩「ま、真ちゃん! 今日も可愛いね!」

真「雪歩こそ可愛すぎだよ!」


伊織「やよい可愛い! すっごい可愛い!」

響「可愛すぎてペットにしたいぞ!」

千早「高槻さんなでなでさせて!」

やよい「うっう~! 皆可愛いです! けどペットにはなりませんしなでなでも嫌です!」



194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:23:53.62 ID:TPuUXfU00

P「おかしい・・・なんでみんなこんな事になってるんだ?」

亜美「真美可愛い!」

真美「亜美はもっと可愛い!」

亜美「真美はさらに可愛い!」

P「やっぱり俺が原因か?」


P「・・・まぁ良いか。皆可愛いのは紛れもない事実だしな」



199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:36:26.93 ID:TPuUXfU00

P「けどその殺られる前に殺るみたいな発想は間違ってると思う」

一同(確かに・・・)

P「まぁいいか。ほら、皆スケジュールを確認したらそれぞれ動けよ~」

美希「は~い」

春香「美希は私と営業だったよね」



201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:44:35.97 ID:TPuUXfU00

P「・・・そして誰もいなくなった」

小鳥「私はいますけどね」

P「小鳥さん可愛いですよ」

小鳥「もう聞き飽きました」

P「・・・」


P「はぁ、ちょっと言い過ぎたか。照れる皆が可愛いからつい調子に乗ってしまった」

P「普通に接してれば元に戻るか」



202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:52:43.56 ID:TPuUXfU00

夜の事務所

P「ふう・・・」

律子「・・・」

P「お、律子か」

律子「!」(し、しまった! 今は私一人だけ・・・・! 言われる!)

P「お疲れ様。コーヒー飲むか?」

律子「え? あ、頂きます・・・」


P「仕事が全部終わった後に事務所で飲むコーヒーは美味いよなぁ」

律子「・・・そうですね」


P「・・・」

律子「・・・」



206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:00:10.73 ID:TPuUXfU00

律子「・・・」

P「なんだ? 俺の顔に何か付いてるか?」

律子「いや、カッコいいなぁと思って」

P「は、はぁ!?」

律子「ただ思っただけです。カッコいいなって」

P「ば、馬鹿言え・・・」

律子(こ、これは・・・)



211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:07:07.43 ID:TPuUXfU00

律子「ふふ~ん成程成程♪」

P「んだよ」

律子「いえいえ、昨日のプロデューサー殿の気分がよぉく解りました」

P「・・・」

律子「可愛いですよ♪」

P「律子や他の皆には負けるよ」

律子「どうだか。少なくとも私は皆みたいな可愛さは持ち合わせていませんが」

P「・・・」



213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:10:51.96 ID:TPuUXfU00

P「・・・」

律子「どうしたんですか?」

P「いや、今を何言っても効果が無いと思ってな・・・」

律子「・・・何を言いたいのかは知りませんが、ああ言う発言はなるべく慎んだ方がいいですよ? 言葉が軽くなっちゃいますからね」

P「そうだな・・・悪戯にあんな事は言うもんじゃないか」

律子「女の子以外にもいろいろ言ってましたけどね」

P「あの時はどうかしてた」



215 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:16:05.95 ID:TPuUXfU00

律子「じゃあ、皆には伝えておきます。もうプロデューサーも反省したってね」

P「あぁ、頼むよ・・・。律子」

律子「何ですか?」

P「ありがとな」

律子「・・・ふふっ」

P「な、なんだよ? 真剣に言った事を笑うのは失礼だぞ」

律子「そうですね、ごめんなさい」



218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:27:43.72 ID:TPuUXfU00

P「けどやっぱり納得いかんなぁ」

律子「何がです・・・」

P「・・・」

律子「ちょ、ちょっと、プロデューサー殿?」

P「・・・」

律子「あの、ち、近いです」

P「・・・」




219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:28:32.44 ID:TPuUXfU00

律子「だ、誰かに見られたらマズイですよ!」

P「いいじゃん別に、律子は今の所アイドルじゃないんだから」

律子「そう言う問題じゃ・・・あっ! め、メガネ返して下さいよ!」

P「いや、やっぱ可愛い」

律子「か、返してって! 怒りますよ」

P「さっきの仕返しだ。ほーら取ってみろ」

律子「反省してるんじゃないんですか!?」

P「それとこれとはまた別」

律子「あうぅ・・・意地悪しないで下さいよぉ! 返して下さい!」



221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:33:52.74 ID:TPuUXfU00

律子「このぉ!」

バキィ!

P「いってぇ! グーで殴る事無いだろ!」

律子「うるさい! 女を泣かせる男は最低だって偉い人が言ってました!」

P「わ、悪かったよ。やりすぎた。けどさ」

律子「・・・」

P「メガネ外してみればいいのに。言うのはこれが最後だけど可愛いぞ?」

律子「・・・っ!」プイッ



223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:37:49.95 ID:TPuUXfU00

翌日 事務所

P「おはようございまーす。調子に乗ってすいませんでした、今日から心機一転頑張りまーす」

春香「あ、おはようございます」

美希「ハニー、おはようなの!」

P(良かった、元通りだ・・・)



律子「お、おはようございます・・・」

P「律子おはよう・・・ん?」



224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:42:34.40 ID:TPuUXfU00

春香「律子さん・・・メガネは?」

律子「コンタクトに替えてみたんだけど・・・どうかな?」



美希「律子、さんすっごい可愛い!」

真「うわぁ~ビックリした。律子ってこうして見るとメチャメチャ可愛いなぁ」

律子「ちょっと、止めてよ・・・」

雪歩「本当・・・凄く可愛いです」

やよい「うっう~! 可愛いです!」


ヤイノヤイノ ヤイノヤイノ





226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:44:45.94 ID:TPuUXfU00

律子「うぅ・・・皆騒ぎ過ぎよ・・・」

P「律子」

律子「あ、プロデューサー・・・ど、どうですか?」


P「あぁ、やっぱり律子は『可愛いな』」

律子「あぅ・・・」

P「お、今の反応が一番可愛かった」

律子「・・・ばか」



終わり



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。