スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「湘南新宿ラインって便利だねー」 

カテゴリ:まどかSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:18:20.11 ID:lLKzeGTY0


ほむら「そうね、このまま一時間半も乗っていれば高崎まで着くものね」 

まどか「一時間半かあ・・・・やっぱり東京って遠いんだね」 

ほむら「そうかしら?」 

まどか「うーん、私の家ってあんまり旅行とかしないからかも」 

ほむら「それなら私も誰かと出かけたことは多くないわ」 

まどか「えー? でもほむらちゃん、武器集めにいろんなとこ行ってたよね?」 

ほむら「あれは旅行とは呼べないでしょう?」 

まどか「そっかあ。……そうだよね、うん」 
8ea619a8
人気ブログランキング



3
 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:22:49.80 ID:lLKzeGTY0


ほむら「だから、こんな風に出かけるようになったのは転校してきてからね」 

まどか「そうだね・・・・・おつかれさま」 

ほむら「ふふ、急にどうしたの」 

まどか「なんとなく、言わなきゃって思ったの」 

ほむら「よくわからないけれど、ありがとう。まどか」 

まどか「ほむらちゃんには感謝してもしきれないよ」 

ほむら「私だって・・・って、この話はきりがないからやめようって」 

まどか「てぃひひ、私が言ったんだったね」 



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:26:53.22 ID:lLKzeGTY0


がたんごとん 

まどか「ねえほむらちゃん、あの中学の制服ってまだ持ってる?」 

ほむら「どうだったかしら・・・・実家のクローゼットを探せば見つかるかもしれないけれど」 

まどか「実家って、なんだか大人って感じだね」 

ほむら「そう?」 

まどか「ほら、一人暮らしのOLって感じしない? 両親に結婚迫られちゃったりして」 

ほむら「ふふ、ドラマの見すぎじゃない?」 

まどか「そうかなあ・・・・ほむらちゃん、かっこいいもん」 

ほむら「どうしてそうなるのよ・・・・」 



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:30:56.49 ID:lLKzeGTY0


ほむら「それで、制服がどうしたの?」 

まどか「あの中学の制服かわいかったから、ほむらちゃんが着たとこみてみたいなーって」 

ほむら「そう……私としては、実感がわかないけれど」 

まどか「校舎の写メ送ったらさやかちゃんもびっくりしてたもん」 

ほむら「さやかもマミも、コスプレか何かと勘違いしてるのかしら・・・・」 

まどか「こんど制服デートしよっか、中学の制服で」 

ほむら「もう・・・・それじゃあ本当にコスプレじゃない」 



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:35:00.15 ID:lLKzeGTY0


まどか「ほむらちゃんはやっぱり懐かしかった?」 

ほむら「懐かしい、というよりも新鮮に感じたかしら」 

まどか「やっぱり町の様子とかちがった?」 

ほむら「そうね。入院していた分も含めると、かなり長いこと見ていなかったから」 

まどか「そっか・・・・」 

ほむら「・・・・でも、あの公園は変わってなかった」 

まどか「あの野球場のそばの?」 

ほむら「うん、あの公園は小さい頃にもよく来たから」 

まどか「静かでいいとこだったなあ、外は車も人もたくさんですごかったのに」 

ほむら「でしょう? ……よかった」 



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:39:03.71 ID:lLKzeGTY0


まどか「もしかして、ほむらちゃんの思い出の場所?」 

ほむら「うん。……私の、原点みたいなところね」 

まどか「原点?」 

ほむら「外で遊んだ記憶ってあの公園ぐらいしかなかったの」 

まどか「……」 

ほむら「学校に通うまで、あの公園が私の世界のすべてだった」 

まどか「・・・・すべて、かあ」 



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:43:07.29 ID:lLKzeGTY0


ほむら「あの学校に通い始めてからも、気が向いたときはあのブランコに乗っていたわね」 

まどか「そっかあ、それで昨日の夜、ブランコに乗ろうなんて言ったんだね」 

ほむら「おかしかった、かな?」 

まどか「ううん、でもほむらちゃんって、くーるびゅーてぃーって感じだったから」 

ほむら「今は違うのかしら?」 

まどか「ううん、でも最近はかわいいなってよく思うかも」 

ほむら「……」 

まどか「私がはじめて見たほむらちゃん、なんだろ・・・ぴしゃっ、としてて」 

ほむら「ぴしゃっ?」 

まどか「うん。かっこよすぎて、私なんかが話しかけちゃいけないような気もしちゃった」 



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:47:10.87 ID:lLKzeGTY0


ほむら「そんな風に感じさせてしまってたなんて・・・・ごめんなさい」 

まどか「そうだよー、さやかちゃんだって最初はびっくりしてたんだから!」 

ほむら「あのさやかが?」 

まどか「さやかちゃんって強がりだもん」 

ほむら「そうね、他の美樹さやかもそうだったわ」 

まどか「もーっ、さやかちゃんに上条君のこと言っちゃだめだからね」 

ほむら「今じゃあむしろ持ちネタの自虐ギャグ扱いじゃない、あれ・・・」 

まどか「さやかちゃん・・・・」 



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:51:14.43 ID:lLKzeGTY0


まどか「でも、あの公園ってそんなに大事な場所だったんだね」 

ほむら「あの時は、昔話をする雰囲気じゃなかったもの。まどか、へとへとだったじゃない」 

まどか「そうだね・・・・びっくりしちゃったよ。渋谷ってほんとに人多いんだね!」 

ほむら「一度や二度は来たことあったんじゃない?」 

まどか「それでも、っていうか街の中を歩いたのは初めてだったもん!」 

ほむら「そうねえ、竹下通りの人混みは相変わらずすごかったわ」 

まどか「マミさんと三人でたくさん買っちゃったもんねー」 

ほむら「下手したら魔女戦よりも輝いてたわね・・・」 



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:55:17.99 ID:lLKzeGTY0


ほむら「……でも、あの場所にまどかと来れたのはよかったかな」 

まどか「うん、私もよかった。ほむらちゃんのこと、またひとつ知れたもん」 

ほむら「ブランコに三人で乗ったでしょう? あのとき、少し昔のことを思い出してたの」 

まどか「マミさんおどろいてたね、『暁美さん、公園の遊具で遊ぶ子だったの・・・?』って」 

ほむら「ひどいなあ。ふふっ」 

まどか「てぃひひっ、でもありがとう。ほむらちゃん」 



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 18:59:21.54 ID:lLKzeGTY0


がたんごとん 

ほむら「マミ……元気そうだったわね」 

まどか「東京の高校に通うって聞いたときはびっくりしちゃったよね」 

ほむら「送別会とか、懐かしいなあ・・・・」 

まどか「杏子ちゃん泣いてたよね」 

ほむら「そうそう、それをちゃかすさやかの目にも一筋の涙が・・・」 

まどか「ほむらちゃんだってー」 

ほむら「ま、まどかだってー」 

まどか「・・・・・ぷふっ」 

ほむら「くふふっ・・・・わらわせないで、電車の中」 

まどか「えー、いまの自爆じゃーん」 



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:03:25.27 ID:lLKzeGTY0


ほむら「すっかりあか抜けてたわね・・・」 

まどか「うん。なんだかすごく大人に感じて、どきどきしちゃった」 

ほむら「・・・・うん」 

まどか「ほむらちゃん、おこった?」 

ほむら「そんなことないわよ。子供じゃないんだから」ふぁさっ 

まどか「ふふ、それじゃあほむらちゃん子どもだって言ってるのとおんなじだよ」 

ほむら「え? どういうこと?」 

まどか「それには及ばないわ」ふぁさっ 

ほむら「・・・・私のまね?」 



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:07:29.08 ID:lLKzeGTY0


まどか「ほむらちゃんって、隠しごとできないもんねー」 

ほむら「えっ・・・・私、そんなに顔にでるの・・・・?」 

まどか「てぃひひっ、ほむらちゃんには内緒だよ!」 

ほむら「はあ・・・・」 

まどか「大人っていえば、杏子ちゃんがんばってたねー」 

ほむら「そうね、なにも知らないで夕飯買いに行ったらびっくりしたわ」 

まどか「さやかちゃんがね、売り物のお総菜食べるなよーって言ったらひやかしなら帰れ!って」 

ほむら「ふふっ、変わらないわね」 

まどか「ほむらちゃんだって変わってないよ!」 



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:09:00.75 ID:2Yx5sdIo0

やはりほむまどはいい、心が洗われるようだ 


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:11:32.63 ID:lLKzeGTY0


ほむら「そ、そうかな・・・・」 

まどか「転校してきたときからずっと、ほむらちゃんは私のあこがれだもん」 

ほむら「・・・・私は、鹿目さんみたいになりたかったかな」 

まどか「会ってみたいなあ、鹿目さん」 

ほむら「まどかは鹿目さんだよ」 

まどか「違うよ。鹿目さんって人は、もっとすごい人なんだよ」 

ほむら「・・・・」 

まどか「だって、ほむらちゃんをめろめろにしちゃう人なんだよ?」 

ほむら「やっぱりまどかで合ってるじゃない」 

まどか「もっもう、そういう意味じゃないよ!」 



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:15:36.17 ID:lLKzeGTY0


ほむら「・・・・」 

まどか「・・・・」 

ほむら「ところでまどか、一昨年の文化祭の劇、覚えてる?」 

まどか「うん、覚えてるよ」 

ほむら「練習の時、ひどいところを見せちゃったでしょう」 

まどか「うん・・・ほむらちゃん急に泣き出しちゃって、いそいで追いかけて」 

ほむら「ふふ、天使の衣装のままだったものね」 

まどか「もう、他のクラスの子にもからかわれちゃったんだからね!」 

ほむら「いい宣伝になったじゃない。『魔法少女の願いごと』、大成功だったもの」 

まどか「あはは・・・・」 

ほむら「・・・・あのときのまどかはね、鹿目さんだった」 

まどか「?」 



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:19:39.72 ID:lLKzeGTY0


ほむら「今でもどうしてあんなことしちゃったのか分からないけれど」 

まどか「・・・・うん」 

ほむら「燃えつき症候群だったのかな、『もうまどかには私は必要ないんじゃないか』って、怖くなって」 

まどか「そんなことないのに」 

ほむら「だから、夢と同じように私を助けてくれて、初めて出会ったときと同じように助けてくれて」 

ほむら「でも、夢の中のまどかと違って、私の世界に残ってくれて」 

まどか「ほむらちゃん・・・」 

ほむら「ごめんなさい、なんだかしめっぽくなっちゃって」 

ほむら「でも。私の中で鹿目まどかは、あなたは、ずっと鹿目まどかだよ」 

まどか「ほむらちゃんは、ずっとほむらちゃんだったけどね。・・・てぃひひ、ずるいなあ」 



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:22:44.65 ID:lLKzeGTY0


がたんごとん 

まどか「だいぶ暗くなってきたね」 

ほむら「そうね、乗客も乗ったときに比べればだいぶ減ったわ」 

まどか「なんだかずっとおしゃべりしてた気がするよ。行くときはあっという間だったのになあ」 

ほむら「あっと言う間ってまどか、三十分もしたら寝ちゃってたじゃない」 

まどか「だってその前の日、ほむらちゃんと出かけるって考えたら眠れなくって」 

ほむら「子どもみたいね」 

まどか「だって旅行だよ? お泊まりだよ? 東京だよ? ほむらちゃんなんだよ?!」 

ほむら「さ、最後のはよく分からないけれど・・・・」 



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:26:48.22 ID:lLKzeGTY0


まどか「これでさやかちゃんがいたら卒業旅行だったんだけどなー」 

ほむら「さやか、まだ大阪だったかしら?」 

まどか「うん。おばあちゃんちに行くついでに、上条くんの演奏を見に行くんだって」 

ほむら「さながらおっかけね。魔女化してなければいいけれど」 

まどか「てぃひひ、ひどいよほむらちゃん」 

ほむら「行くときさんざんからかわれたんだもの、これぐらい言ってやらなきゃ釣り合わないわ」 

まどか「でも、ふたりっきりだと卒業旅行じゃなくて・・・・」 

ほむら「じゃなくて?」 

まどか「・・・・はねむーん?」 



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:30:51.87 ID:lLKzeGTY0


ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「……まどか、顔、真っ赤でしょ」 

まどか「……ほむらちゃん、だって」 

ほむら「……いまの、まどかこそ、自爆じゃない」 

まどか「……うぅ」ぎゅ 

ほむら「……はあ・・・」なでなで 



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:34:55.42 ID:lLKzeGTY0


まどか「……なんか田んぼばっかりだね」 

ほむら「さっきまでは工場ばっかりだったわね」 

まどか「この先の見滝原がいかに田舎かって思い知らされるよ……」 

ほむら「いいところじゃない。そう思わないの?」 

まどか「えー、そんなの越してきたほむらちゃんだから言えるんだよー。東京とかすごいじゃん!」 

ほむら「すごい?」 

まどか「だって見滝原なんてだだっ広い駐車場と団地と100円ショップとつぶれたデパートしかないんだよ?」 

ほむら「まどか、それは見滝原に失礼よ」 

まどか「ちぇー」 

ほむら「……まどかは、マミみたいに東京に行きたいの?」 



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:42:24.41 ID:lLKzeGTY0


まどか「うーん……やっぱり一人暮らしとか、あこがれるかなあ」 

ほむら「見滝原だって、いいところじゃない」 

まどか「学校とか駅に近い方はいろいろあるけど、少し車で行くと……なんかなあって」 

まどか「それに、居心地よすぎてちょっと怖いかな。いつまでも、おばあちゃんになってもいられそうで」 

ほむら「贅沢な悩みね……カントって世界的な哲学者は、一生を自分の町から出ないで終えたそうよ?」 

まどか「うーん、でも私はいろいろやってみたいなあ。もっといろんな世界を知りたいかも」 



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:43:52.31 ID:lLKzeGTY0


ほむら「もしかして、前に言ってた都会のOLにあこがれてるとか?」 

まどか「うん、きゃりあうーまん! って感じで!」 

ほむら「……まどかのお母さんみたいな?」 

まどか「そうかな・・・・うん、そうかも。かっこよくなりたいな」 

ほむら「それじゃあ、高校卒業したら就職?」 

まどか「うーん、まだわかんないや。ほむらちゃんは?」 

ほむら「私は・・・・・どうなんだろう」 



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:46:55.69 ID:lLKzeGTY0


まどか「ほむらちゃんだってわからないじゃん」 

ほむら「そういうものよ。……それに、私は、」 

まどか「ほーむーらーちゃーん?」じとーっ 

ほむら「あっ……ごめんなさい」 

まどか「だめだよ、ほむらはもっと無責任でいいんだって言ってたじゃん」 

ほむら「さやかたちは無責任すぎるのよ……でも、そうね」 

まどか「そうだよ。高校生になれたんだから大学生にだって、OLにだってなれちゃうよ」 

ほむら「ふふ、OLにはこだわるのね」 

まどか「てぃひひっ」 



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:50:59.25 ID:lLKzeGTY0


ほむら「それなら……まどかについていってみたい」 

まどか「私はほむらちゃんについてきたいのに……」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「……マミ、東京でも元気そうだったわね」 

まどか「一歳しかちがわないなんて思えないよ・・・・」 

ほむら「……東京行ったら、大人になれるかな?」 



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:55:02.77 ID:lLKzeGTY0


まどか「東京のことはほむらちゃんの方が詳しいよ」 

ほむら「そうね。でも、あのころの私には苦手だったから」 

まどか「そうなの? ごめんね」 

ほむら「そうじゃないわ。でも、渋谷の学校通ってたときは無理して大人になってたから」 

まどか「転校してきたときだって無理してたじゃーん」 

ほむら「あれは違うわ。東京っていうのは、人をむりやり大人にするところだから」 

まどか「そっか……あんなに人が多いところだと、そうなのかも」 

ほむら「……でも、リベンジっていうのもいいかもね」 

まどか「じゃあ私も東京の大学いく! それで、ルームシェアとかしちゃおうよ!」 

ほむら「あ・・・・それ、楽しみ!」 



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 19:59:06.44 ID:lLKzeGTY0


まどか「……約束だよ? 高校出たら、同じ大学いくんだからね?」 

ほむら「ええ。これからもがんばらないとね」 

まどか「これから……そっかあ、高校の勉強ついてけるかなあ……うぅ……」しゅん 

ほむら「ふふ。どうしたの、さっきまでの勢いは」 

まどか「だって高校受かったのもまぐれだし、ほむらちゃんや、マミさんに助けてもらったからだもん……」 

ほむら「繰り返し繰り返し勉強していけば、できないことなんてないわ」 

まどか「……ほむらちゃんが言うと、その言葉って重いね」くすくす 

ほむら「経験者は語るわよ?」 

まどか「ちぇ、ほむらちゃんには勝てないや」 



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:04:21.87 ID:lLKzeGTY0


がたんごとん 

ほむら「そろそろ着くわ」 

まどか「うん、そうだね」 

ほむら「……」 

まどか「……」 

ほむら「……」 

まどか「……楽しかったなあ」 

ほむら「そうね、久しぶりに羽根を伸ばせたかな」 

まどか「六本木ヒルズにもお台場にも行って、東京タワー見に行って」 

ほむら「神宮外苑の並木道を散歩して、青山のカフェでマミとおしゃべりして」 

まどか「……みんなに自慢しなくっちゃね!」 

ほむら「そうね、杏子あたりは目を丸くしそう」 



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:08:08.30 ID:lLKzeGTY0


まどか「……」 

ほむら「……」 

まどか「……でもね、」 

ほむら「?」 


ぎゅっ 


まどか「……こうしてるだけでも、なんかいいなって、わかったかも」 

ほむら「……うん」 


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:12:16.50 ID:lLKzeGTY0


まどか「ねえ」 

ほむら「なあに?」 

まどか「ずっと、一緒だよ?」 

ほむら「……うん」 



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:14:24.30 ID:lLKzeGTY0


ほむら「あのね……まどかが、天使になる夢の話は前にもしたでしょう?」 

まどか「うん。……おぼえてるよ。私がみんなを救って、消えちゃうんだよね」 

まどか「だってほむらちゃん、その夢の話する時、いつもとってもかなしそうだったもの」 

ほむら「あの夢、昨日も見たの」 

まどか「・・・・そうなんだ」 

ほむら「でも、昨日の夜はまどかは宇宙の向こうに消えていかなかった」 

まどか「……」 

ほむら「天使の羽衣を脱いで、一緒にいてくれたわ。……ちょっと、思い出しちゃった」 

まどか「……そっか」 



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:14:52.36 ID:lLKzeGTY0


ほむら「……ずっと、一緒だよ?」 

まどか「……うん!」 



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:17:50.32 ID:lLKzeGTY0


がたんごとん 

ほむら「……っと、着くわ。忘れ物はないかしら?」 

まどか「うん。ていうか、おみやげも着替えもほむらちゃんが持ってるでしょ?」 

ほむら「そうね……ふふ、コインロッカーいらずね」 


ぷしゅー 

ほむら「大丈夫?」 

まどか「うん、ありがと。……てぃひひ」 



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:21:34.28 ID:lLKzeGTY0


ほむら「どうしたの?」 

まどか「……手、つめたいね」 

ほむら「まだ三月だもの、冷え性はつらいわね……」 

まどか「あっためたげるね」ぎゅっ 

ほむら「ふふ、どうしたの」 

まどか「ほむらちゃんが手を引いてくれるから、私はほむらちゃんの手をあっためたらいいかなって」 

ほむら「うん……ありがとう、まどか」 



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 20:24:03.57 ID:lLKzeGTY0


ぷるるるっ 

ほむら「メールよ?」 

まどか「ん。パパからだ。……ほむらちゃん、夕飯ふたり分用意できてるって!」 

ほむら「それはよかったわ。よろしくって伝えておいて」 

まどか「そうだね、じゃあいそがなくっちゃ!」 

ほむら「あ、ちょっと!」 

ぎゅっ 


ほむら(……ふふ。やっぱり、手を引くのはまどかの方だったじゃない) 

まどか「どうしたの?」 

ほむら「ううん。いま行くわ」ぎゅっ 


おわり。 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。