スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏子「懺悔室あんあん」 

カテゴリ:まどかSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:30:03.25 ID:1upBsMDt0
杏子「よーし、今日も働くぞ」 

ほむら「失礼するほむ」 

杏子(誰だろう、なんか声は聞いたことある気がすんだけどな・・・) 

ほむら「実は私はとんでもない事をしてしまったわ」 

杏子「ほう」 

ほむら「いつもまどかのパンツを盗んで、一日着用してまた元の場所に戻すという行為をしているのだけど」

杏子「うわぁ・・・(どん引き)」 

ほむら「間違えて私のパンツを置いてきたらしくてばれてしまったのよね」 

杏子「・・・」(何もいえねえや) 

ほむら「まどかは二度と近寄らないでくれって言ってたけどいつか許されるわよね」 

杏子「そ、そうだね。人には間違いはあるもんだよ」 

ほむら「話して気が楽になったわ、ありがとう」パァッ 

杏子「うん」 

・・・ 

杏子「きちがいだったな」
1889877i
人気ブログランキング




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 18:54:49.38 ID:3i+ky2zCO
さやか「失礼しまーす…」ヒョコッ 

杏子「はいはーい」 

さやか「あの…相談なんだけど…」 

杏子「うんうん」 

さやか「あたし…好きな人を親友に取られちゃって…」 

杏子「うん…?」 

さやか「あたし…これからどうしたらいいんですかね…」グスッ 

杏子(お、重い…)




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:20:41.02 ID:1upBsMDt0
おや


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:41:20.89 ID:naQtXVlA0
杏子「んー、まあ、あんまり思いつめないことかな」 

さやか「でも……!」 

杏子「真剣だったってのはわかるさ」 

杏子「でも、思いつめて悲観的になっていくのは違うんじゃないかな」 

さやか「……」 

杏子「あんたのこと、心配してるヤツだっているだろ?」 

さやか「……うん……」 

杏子「そいつらのためにも、あんたのためにも、さ」 

杏子「前向きに考えていきなよ。そうすれば、きっと道は開けるからさ」 

さやか「うん……うん……」ポロポロ 

杏子「がんばりな。神様はきっと見てるからさ」 

さやか「……ありがとう……ございます……」ポロポロ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:52:59.25 ID:3i+ky2zCO
あんこちゃんマジ女神


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:54:25.42 ID:naQtXVlA0
>>24 
いるなら続き書けやw


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 20:57:19.51 ID:3i+ky2zCO
>>25 

だが待って欲しい 

私は>>1ではない


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:01:06.57 ID:Tdgj0tu/0
しかも>>1>>22で帰ってきてるという


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:00:53.07 ID:naQtXVlA0
勝手に続けていいのかな? 



杏子「……なんか重い話になっちまったな」 

杏子「もっと変な懺悔ばっかりだと思ったのに」 

杏子「勝手にから揚げにレモンをかけてしまったんです、とか」 



マミ「失礼します……」 

杏子「はい、どうぞ」 

マミ「実は私、友人にひどいことを……」 

杏子(また重い話かよ……)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:01:23.56 ID:Tdgj0tu/0
>>28 
どうぞ



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:05:05.83 ID:naQtXVlA0
杏子「で、どんなことをしたんだい?」 

マミ「実はその……最近ケーキの食べすぎで……」 

杏子「食べすぎ?」 

マミ「はい。それで、ちょっと体重が増えてしまって……このままじゃいけないと……」 

杏子(ダイエットでも始めたのか? でも友人にひどいことって……) 

マミ「その……友人が食べる分だけ生クリームを多めにしたり……」 

杏子「え」 

マミ「わからないように多めに切り分けたり……」 

杏子「それは……」 

マミ「いずれ太るなら、みんな太るしかないじゃない!」 

杏子(その理屈はおかしい)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:12:34.26 ID:naQtXVlA0
マミ「こんな自分勝手なことをしてしまいました……」 

杏子「あー、えーと、うん、悔い改めたならいいんじゃないかな」 

マミ「……そう……かしら」 

杏子「悪いことをしたと思って、反省もしてるなら、許されると思うよ」 

マミ「……はい」 

杏子「許されない罪を犯したわけじゃないんだ。深刻にならないことだね」 

マミ「ありがとうございます。明日からはいつもどおり、平等にケーキを分けるわ」 

杏子(体重気になるなら食わなきゃいいのに)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:15:20.70 ID:naQtXVlA0
杏子「急に懺悔の内容が軽くなったな」 

杏子「といっても、他人を不幸にしようとしたんだから重いのか……?」 

杏子「んー、でもいいや。アタシはアタシの思ったようにやろう」 


人いるかな? 試しに安価 

次の懺悔者 >>41 

懺悔内容 >>44




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:16:29.13 ID:Z+q0gGtFP
マドパパ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:17:23.71 ID:lQPuIxlN0
和子先生に手を出した



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:22:43.66 ID:naQtXVlA0
知久「失礼します」 

杏子「あ、どうぞ」 

知久「……実は……私、妻がいるのですが……」 

杏子「はい」 

知久「その……大変言いにくいことなのですが……」 

杏子「ここはそういう自身の罪を話すところさ。さ、続けなよ」 

知久「私……浮気をしてしまいまして……」 

杏子(うわー……アタシの苦手なタイプの話だ……)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:27:03.88 ID:naQtXVlA0
知久「その相手というのが……娘の担任の先生でして……」 

杏子「えーと、それは浮気相手に奥さんも面識がある、ってことかい?」 

知久「……その、面識どころか……古くからの親友なんですよ」 

杏子「その浮気相手の先生と、奥さんが?」 

知久「……はい……」 

杏子「つまり、あなたは奥さんの親友と関係を……?」 

知久「Year!」 

杏子(なんでテンション上がってんだよ!?)




56 :>>54 素で間違えたw 2012/03/31(土) 21:32:36.01 ID:naQtXVlA0
知久「妻と和……先生が家で飲み明かしてたんです」 

杏子「はあ」 

知久「結婚相手が見つからないとずっと愚痴っていたようで……」 

知久「それを聞いてたもので、妻がいない時につい優しい言葉をかけてしまい……」 

杏子「それは悪いことじゃないさ。困ってる人には手を差し伸べたくなるものさ」 

知久「その日のうちに関係を……」 

杏子「早いよ。早すぎるよ」 

知久「最初は罪悪感でした……」 

杏子「まあ、そうだろうね」 

知久「でもそれもほんの数分で消えました」 

杏子「だから早すぎるっての」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:38:44.06 ID:naQtXVlA0
知久「相手が妻の親友という背徳感に……なんていうか……その……」 

知久「下品なんですが……フフ……勃起……してしまいましてね……」 

杏子(……ぼっき、ってなんだ?) 

知久「つい魔がさしてしまったんです……」 

杏子「……それは許されないことかもしれない」 

杏子「それでも、罪を認め悔い改めることで道は開けるかもしれない」 

知久「はい……罪を認めます……」 

杏子「悔い改めて、もう二度としないと誓えるな?」 

知久「……」 

杏子「ここで沈黙とはいい度胸だ」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:39:22.30 ID:MHuQ9NeB0
こいつやめる気ないのかよw


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:42:08.19 ID:naQtXVlA0
知久「反省はしているんです……」 

杏子「反省してないヤツはみんなそう言う」 

知久「でも、先生も寂しがっていて……」 

杏子「……その相手が良くても、奥さんはどうするんだよ」 

知久「……なんとか3人……いや、子供たちも合わせて5人でうまくやっていけたら……」 

杏子(ダメだこいつ……早く何とかしないと……)



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:46:00.46 ID:naQtXVlA0
杏子「ここは懺悔する場だよ。悔い改める気が無いなら帰んな」 

知久「……いえ、悔い改めます。こんな関係、これっきりに……」 

杏子「本当に二度としないと、神に誓えるな?」 

知久「実は私……無神論者でして……」 

杏子「帰れ」 



杏子「なんだったんだあいつは……通報でもしとけばよかったか?」 

杏子「あー、でもこういうことじゃ警察って動かないんだよな」 


gdgdになったから次ー 

次の懺悔者 >>65 

懺悔内容 >>68 





65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:47:03.43 ID:MHuQ9NeB0
マミ



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:48:19.77 ID:KZzvIbD10
ついうっかり一般人をティロフィナでヘッドショットしてしまいました…


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:53:39.52 ID:naQtXVlA0
マミ「すみません……」 

杏子「どうぞ」 

杏子(ん? この声、さっきのケーキの人か?) 

マミ「実はまた懺悔したいことが……」 

杏子(また、ってことはやっぱりさっきの人か) 

杏子(ま、この人なら大して重い話じゃないだろうし) 

杏子「はい、話してください」 

マミ「実は……さきほど、一般人の方をヘッドショットしてしまいました……」 

杏子「」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 21:59:07.63 ID:naQtXVlA0
杏子「え? それって死……」 

マミ「いえ、死んでません!」 

杏子「だって頭を撃ち抜いたんじゃ……」 

マミ「あ、頭に当たっただけで、撃ち抜いたわけじゃ……」 

杏子「銃で撃っておいて頭に当たっただけですむわけないだろ……」 

マミ「……止めの一発だったのだけど」ボソッ 

杏子「え? いまなんて?」 

マミ「い、いえ……それで幸い、私は魔ほ……ふ、不思議な力が使えるので……」 

マミ「なんとか一命は取り留めたのですが……」 

杏子「そ、それは、良かった、な」 

杏子(状況がわかんねえ……そんなの魔法少女でもないと無理だろ……)


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:01:39.47 ID:MHuQ9NeB0
ワロタwww


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:04:33.71 ID:naQtXVlA0
杏子「確かにあなたのしたことは罪深きことです」 

杏子「しかし、命が助かったのもまた事実です。これを教訓に……」 

マミ「でも……」 

杏子「でも?」 

マミ「その方の名前は中沢さんと言うんですけど……」 

杏子「ふむ」 

マミ「後遺症なのか……その……性格が少し……」 

杏子「? 知り合いなのか?」 

マミ「友人のクラスメートです」 

杏子「おい」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:09:56.45 ID:naQtXVlA0
杏子「まるっきり赤の他人ってわけでもないのかよ」 

マミ「でも、私は面識がないから……」 

杏子「……まあいいや。続けて」 

マミ「……それまではごく普通の方だったらしいんですけど」 

杏子「うん」 

マミ「その……同性の方を愛するようになったようで……」 

杏子「」 

マミ「私はどうすれば……」 

杏子(むしろアタシがどうすればいいのか聞きたい)



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:14:23.46 ID:naQtXVlA0
杏子「えー、あー、うん。その、起きてしまったことは仕方ないさ」 

杏子「その人が幸せな人生を送れるよう、願ってやるくらいしかないんじゃないかな」 

マミ「……はい」 

杏子(そんなんで納得されてもアレなんだけど……) 

杏子「あとは誠心誠意、その人のために何かしてあげることだね」 

杏子「アタシが言えるのはそれくらいかな」 

マミ「……はい……彼のために、何ができるか考えてみます……」 



杏子「なんか完全に他人事になっちまったけど、正直アタシの手に余る」 



次ー。もっとあんこちゃんに優しくしてあげて! 

次の懺悔者 >>82 

懺悔内容 >>85




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:15:16.52 ID:EEWK+Vc60
シャルロッテ


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:16:57.66 ID:cc5TglLe0
魔法少女をみると首に食らいつきたくなる


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:17:03.66 ID:KZzvIbD10
なんやノリで女の子の首をもいでしもたんやけど…


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:18:29.05 ID:9gDMZMgI0


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:24:43.21 ID:naQtXVlA0
シャルロッテ「ちょっとすまんな」 

杏子「ど、どうぞー」 

杏子(か、関西弁!? やべ、言葉わかるかな……) 

シャルロッテ「ワイの話、聞いてくれんか?」 

杏子「はい。では神の前で全てを告白するのです」 

シャルロッテ「実はな、ワイらには天敵、ちゅーたらええんかな?」 

シャルロッテ「まあ、そんな存在がおるわけよ」 

杏子(天敵、ねえ。アタシにとっての警察みたいなもんか?)


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:27:07.33 ID:Tdgj0tu/0
やっぱあんこも警察を恐れるんだな


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:32:46.82 ID:naQtXVlA0
シャルロッテ「まあ天敵ゆうても恨みがあるわけやないんやけどな」 

シャルロッテ「あちらさんもワイらを狩るのが仕事みたいなもんやし」 

杏子(あー、相手が警察で、この人はなんかの犯罪者なのか) 

杏子「続けてください」 

シャルロッテ「まー、その天敵と一戦やらかしたんやけどな」 

シャルロッテ「そん時はちょいと脅かしたったろと大口開けて迫ったんやが……」 

杏子「ということは、脅かしただけですまなかった、と」 

シャルロッテ「なんや予想外だったらしく、あまりにもびっくりしてもうてな」 

シャルロッテ「ほんまは寸前で避けるやろ、と思ってたんやが、動けんくなってな」 

杏子「ふむ」 

シャルロッテ「あ、ここで寸止めにしたら視聴者もつまらんやろ、と思ってもうて」 

シャルロッテ「つい頭からパクッと」 

杏子「え」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:46:24.01 ID:naQtXVlA0
杏子(え? 警察の頭を? いや、その前に視聴者って……?) 

杏子「えーと……」 

シャルロッテ「おかげで人気も出て、マルチメディアに展開できたみたいなんやが」 

シャルロッテ「代わりに嬢ちゃんはいたるとこでネタにされるようになってもうてな」 

シャルロッテ「正直、すまんことをした思うとる」 

杏子(よくわからなくなってきた……) 

杏子「……その反省の気持ちがあれば、きっとその子も報われるさ」 

シャルロッテ「……せやろか?」 

杏子「あんたの懺悔の心が神様に届けば、きっとな」 

シャルロッテ「それがほんまなら、ワイは……ワイは……」 

杏子「その気持ち、忘れないでいなよ」 

シャルロッテ「……あんたの言葉で、ワイの心も救われた気がするわ。ありがとな」 

杏子「礼はいらないよ」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:48:27.70 ID:naQtXVlA0
杏子「でも何の話だったんだろうなー」 

杏子「警察相手かと思ったら、相手女の子みたいだったし」 

杏子「ま、いっか」 



次ー。関西弁とか無理w 

次の懺悔者 >>105 

懺悔内容 >>108


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:49:00.37 ID:2pcRkeWk0
さっき来たマミさんは首なしで喋ってたりケーキ食ったりしてたのか


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:51:42.19 ID:9gDMZMgI0
まどか




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:52:11.68 ID:EEWK+Vc60
気になる同級生がいる


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:52:53.78 ID:Tdgj0tu/0
これは>>112


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 22:54:24.62 ID:naQtXVlA0
懺悔内容>>112でいいかな。 

あとマミさんの首は無事です。シャルロッテの発言はメタということで一つ。


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:00:06.87 ID:naQtXVlA0
まどか「すみません……」 

杏子「どうぞー」 

まどか「懺悔というか、悩み事なんですけど……」 

杏子(んー、まあたまにはいいか) 

杏子「はい、かまいませんよ」 

まどか「実は……その……同じクラスに……」 

杏子「ええ」 

まどか「き、気になる人がいるんです……」 

杏子「……まあ、普通だと思うよ」 

杏子(わざわざ教会に来て言うことじゃないと思うけどさ) 

まどか「それが……」 





まどかの気になる同級生>>122





122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:01:21.96 ID:KBexTzir0
ほむらちゃん


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:07:02.49 ID:naQtXVlA0
杏子(こういう恋の話とか苦手なんだよなー。さらっと流すか) 

まどか「その、気になる同級生っていうのは……」 

杏子「ふむ」 

まどか「お、女の子なんです……///」 

杏子「え」 

まどか「や、やっぱり変だと思いますよね?」 

杏子「あ、そ、そうじゃなくてだな。ちょっと驚いたけど」 

まどか「……///」 

杏子(さらっと流すわけにいかなくなってきたぞ……)


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:15:13.75 ID:naQtXVlA0
杏子「えーと、それは元々そういう趣味だったってこと?」 

まどか「……違います。仲の良い友達とかはいますけど」 

まどか「そういう風に思ったのは、その子が初めてで……///」 

杏子「じゃあなにかきっかけがあったってことかな?」 

まどか「きっかけというか……その子は私のことをすごく大事にしてくれるんです」 

杏子「ふむ」 

まどか「最初は優しいな、って思ってただけなんですけど……」 

まどか「優しくしてくれるのが嬉しくて、気がついたら……私は……///」 

杏子(こりゃ気持ちは本物だねえ)


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:22:34.10 ID:naQtXVlA0
まどか「でも、やっぱり女の子同士なので……」 

まどか「こういう気持ちになるのって、やっぱりいけないことですよね……」 

杏子「……教義によれば、神様は同性の付き合いをお許しにはならない」 

まどか「……そう、ですよね」 

杏子「本来あるべき形は、健全な男女の交際だ。それは、あんたもわかってるんだろう?」 

まどか「……はい」 

杏子「……でもさ、それはあくまで、記された教義にある、教義の中の神様の話だ」 

まどか「え?」 

杏子「その話をする前に、アタシから質問してもいいかな」 

まどか「あ、は、はい」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:30:36.08 ID:naQtXVlA0
杏子「じゃあ聞くよ」 

まどか「……はい」 

杏子「もし、その相手の子にそういう気持ちが無かったら、あんたはどうする?」 

まどか「……それは……」 

杏子「難しいかい? じゃあ、質問を変えるよ」 

杏子「相手の子にそういう気持ちが無かったら、あんたは自分の気持ちが変わっちまうのかい?」 

まどか「え?」 

杏子「相手が好きになってくれなかったら、自分はそいつを好きになれないかい?」 

杏子「そいつに嫌われちまったら、自分はそいつを嫌いになっちまうかい?」 

杏子「自分の気持ちは、相手の気持ちで変わっちまうのかい?」 

まどか「……そんなことはないです」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:35:48.52 ID:naQtXVlA0
杏子「変わらない? 本当にそう言えるのかい?」 

まどか「言えます! もし、ほむらちゃんが私のことを好きじゃなくても」 

まどか「私はほむらちゃんのことを好きでいられます!」 

杏子「ぶっ!?」 

まどか「え? え?」 

杏子「いや、ごめ……すみません、ちょっとむせてしまって……」 

杏子(え? ほむらって? え? じゃあこいつ、ほむらのクラスメートか?) 

まどか「……あの……」 

杏子「ああ、大丈夫。それで……」 

杏子(どうすっかな……って、相手によって態度を変えるのはルール違反だよな)


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:43:15.15 ID:naQtXVlA0
杏子「さっきも言ったとおり、アタシの信仰の教義の神様は許してくれないさ」 

まどか「……」 

杏子「でもさ、あんたの信じるものは、アタシと同じってわけじゃないだろ?」 

まどか「……え?」 

杏子(そう、昔は親父も教義に無い説教を行ってた) 

杏子(あの時はなんでそんな余計なことをしてるんだろうと思ったけど) 

杏子(でも、今ならわかる。自分の信仰で救えない人を救うにはどうすればいいのか) 

杏子「いいんじゃねぇの。好きなんだろ?」 

杏子「その気持ちが本物だってなら、間違ってるかどうかなんて気にすんなよ」 

杏子「後はもう、とことん突っ走るしかねぇんだからさ」 

まどか「……はい」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:48:37.70 ID:naQtXVlA0
杏子「自分の気持ちに素直に、上を向いて生きなよ」 

杏子「自分が正しいと思うなら、うなだれてちゃダメさ」 

まどか「はい……」ポロポロ 

杏子「懺悔なんか必要ないよ。あんたは何も間違ってない」 

まどか「……ありがとう、ございます」ポロポロ 

杏子「アタシには無責任にこう言うしかないけどさ……がんばりなよ」 

まどか「はい……がんばります……」ポロポロ 



杏子「なんかこっちまで涙腺にきちまったよ……」グス 

杏子「……少しは親父に近づけたのかな」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/31(土) 23:59:07.11 ID:naQtXVlA0
杏子「ふわぁ……今日は疲れたな……」 

杏子「ただ話を聞いて相槌打ってればいいのかと思ったけどそうでもなかったし」 

杏子「でも、懺悔に来る人がいるうちは、アタシもがんばらないとな」 

杏子「……親父がやってたように、な」 



さやか「おーい、杏子ー」 

杏子「ん? さやかか?」 

さやか「どしたの? 疲れた顔してるぞ」 

杏子「今日は精神的に疲れたんだよ」 

さやか「へー、珍しい」 

杏子「珍しいことしてたからな」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 00:02:39.12 ID:NZqwmme20
さやか「で?」 

杏子「あん?」 

さやか「なんで疲れたの?」 

杏子「……んー、そうだな……目指すものの難しさを痛感した、ってとこかな」 

さやか「なんだそりゃ」 

杏子「バカにはわかんない話さ」 

さやか「む。さやかちゃんはバカじゃないぞー」 

杏子「そういうところがすごくバカっぽい」 

さやか「むー」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 00:05:12.78 ID:NZqwmme20
さやか「杏子」 

杏子「なんだよ」 

さやか「さやかちゃんに何か相談しなさい」 

杏子「はぁ?」 

さやか「なんか悩み事くらいあるでしょ。さやかちゃんがズバっと解決してあげるのだ」 

杏子「いきなりどうしたんだ?」 

さやか「いやー、実は懺悔室なんて珍しいものを見つけてさ。そこで相談したんだけど」 

杏子(……!) 

さやか「……よく考えたら懺悔しないで相談をしてた気がする。ま、いっか」 

杏子「それで? 続きは?」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 00:10:05.53 ID:NZqwmme20
さやか「相談して、なんていうんだろ、すっごい「救われた」って感じがしたんだよ」 

杏子「救われた?」 

さやか「うん。問題は何一つ解決してないのに、なんか、すっごく心が軽くなったんだ」 

さやか「それで相談してよかった、って、柄にもなく感動しちゃってさ」 

杏子「……」 

さやか「だからさやかちゃんも同じように誰かの相談に乗ってあげようと思ったってわけさ」 

杏子「……それで、アタシに相談しろって?」 

さやか「Yes!」 

杏子「無駄にテンション上がったんだな」 

さやか「無駄って言うな」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 00:15:03.29 ID:NZqwmme20
さやか「さあ、なんかあるだろ? さやかちゃんに話してみるのだ~」 

杏子「相談することなんてアタシにはないよ。それに――」 

杏子「今のアタシは「救われた」って感じてるからさ」 

さやか「へ?」 



杏子(アタシの下手な説教で人が救えるのか疑問だったけど) 

杏子(ここにこうして一人でも救われたヤツがいるのなら、アタシは満足だ) 



杏子「疲れも飛んだし、また明日もがんばるかな」 

さやか「そっかー、いるだけで癒されるさやかちゃんオーラのおかげだね、きっと」 

杏子「やっぱりバカっぽいよな」 

さやか「バカ言うな」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 00:20:14.86 ID:NZqwmme20
杏子「ありがとな、さやか」 

さやか「え? 何で?」 

杏子「アハハ、わかんなくていいよ」 

さやか「なんでだよ。気になるじゃん」 

杏子「気にしない、気にしない」 

さやか「むー」 





杏子「救われたいヤツは、アタシのところに来なよ」 

杏子「アタシの懺悔室は、いつでも開けておくからさ」 





おしまい

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。